徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
08月29日(水)

チョウセンヒトモドキ、遂に対馬侵略欲を剥き出しに 

28日付けのlivedoorニュースの記事から

【韓国ニュース】韓国の地方議会に対馬の領有権を主張する決議案
2012年08月28日10時44分
 竹島の領有権を巡る日韓の緊張が高まる中、26日、韓国の地方議会に対馬の領有権を主張する決議案が出され、注目を集めている。

 韓国のソウル新聞によれば、意見を提出したのは、韓国側が領有権を主張している独島(竹島の韓国名)の所属行政区域である慶尚北道のジョン・チャンゴル道議員だ。同議員は、11名の同僚議員の同意を得て「日本の独島領有権侵奪野欲粉砕及び対馬島実地回復のための促求決議案」を議会に提出したと報じられている。

 決議案の中でジョン議員は「地政学的に釜山から対馬までは49.5kmで、日本本土からの距離147.5kmより近い」「三国志魏史倭人伝、対州編年略、13世紀日本書籍の塵袋、中国の古地図などは対馬が完璧な我が領土であることを立証している」と強調した。

 他にもジョン議員は対馬住民の血統調査結果、韓国血統と染色体が一致」「日本は1862年、欧米列強に対し対馬は朝鮮領だと主張した」「初代李承晩大統領と国会が対馬の返還を要求した」などの理由を根拠として挙げた。

 さらに、ジョン議員は慶尚北道議会の臨時会で決議案が通れば、韓国国会や政府宛にも提出する方針であるという。

 同記事のコメント欄には「愛国運動する姿、いいですね」「対馬を国際裁判所に提訴しよう」と、ジョン議員を支持する意見が多くみられた一方、「この主張が成立するなら我々は高句麗時代の領土を中国に要求できるし、モンゴルは全世界に土地の返還を要求できます。今、対馬が韓国領になってもそこの人々は…」「独島に対する日本の行動を真似するようでズルい」など、批判的な意見も目立っている。

 チョウセンヒトモドキの浅はかさには、毎度ながら脱帽させられますねぇ…

 距離が近いから自国領だって…イギリスやフランスなどが遥か海の彼方に今でも領土を持っている(例えばフランスが太平洋の自国領土で核実験を数年前にやって大顰蹙を買いましたよね?)ことや、世界には『飛地』というものさえ存在するということを、ちっぽけな半島すら満足に統一できないで大国を僭称する蛮族には想像すらつかないんでしょうねぇ?

 しかも、竹島問題で距離がどうのと騒ぐ時には必ず最も近い鬱陵島からの距離も出すくせに、都合が悪いから対馬の時には壱岐島の存在を無視して日本本土からだけにするとか、相変わらずセコイ限りですし。

 海自警備所などがある壱岐島北西部からだと47kmとか確かそんなもので、韓国より近いため、距離で何処の国のものというバカげた主張は完全に破綻するどころか、逆に日本領土であると認める結果になります。

 その後に出してきた文献に関してはそんな記述があるなんて聞いたこともないですし、中国の古地図なんて曖昧模糊とした表現をされてもねぇ?

 因みに、竹島を自国領土だとする根拠の一つに連中が挙げている『八道総図』で対馬は載ってはいるものの、実際よりも東にある上に形も東西へ「への字」に伸びた形で記載されており、サイズも鬱陵島と同程度という出鱈目千万なものであり、チョウセンヒトモドキの知能や技術が如何に貧弱極まりないかを示しています。

 だから名前を出したくなかったんでしょうね、竹島が鬱陵島の東ではなく西にあるなど、バカさだけが浮き立つ自民族の現実を晒すだけの証拠(笑)の

 人に似た外見をしていても中身が別物だから、人の考えや決まりといった中身の根本が理解出来ないんですね。

 血統調査の結果というのも非常に怪しいもので、実際に何時、誰がどうやって行ったのかが全く不明ですし、そもそもそのような真似を日本政府や対馬の行政に対して許可を得て行った形跡すら無いし、データの公表もされていない。

 1862年に云々というのも聞いたこともないし、調べてもそんなバカげた話は出てきませんでした。

 まして、「初代李承晩大統領と国会が対馬の返還を要求した」という話に至っては、そんなバカげた話を聞けるかとアメリカを始めとした連合国側に一蹴されて逃げ帰ったじゃありませんか。

 で、その次に、じゃあ代わりに竹島を寄越せと李承晩は主張そのものを変えてしまっており、対応で自らが領土欲から事実無根の主張をしていたことを認めています

 普通、それが自分の持ちものであることに絶対の自信があるのであればそんなにあっさり意見を引っ込めるなど有り得ず、むしろ再三再四に渡って要求をしますし、証拠を突きつけもするものですが、李承晩は対馬の時も竹島の時もそれをせず、最終的に一方的な領土宣言をして武力侵略をし、自らの主張に一貫性も正当性もないことを行動で示したのです。

 それを今更持ち出して正論だと思える辺りがモドキ故の知能レベルの限界なんでしょうね。

 それに何度も書いていますけど、チョウセンヒトモドキの領土であったなら、元寇において侵略軍の尖兵となった朝鮮が何故日本侵略の手始めに対馬を襲ったのか、説明をして欲しいものですね。

 いやはや、先日のソウル大のバカ教授に、何処の民族が領土欲を持たないのか、ぜひもう一度教えても欲しいものですが、チョウセンヒトモドキの下種さは存在する限り変わることなど有り得ない、理解や共存が不可能な異物でしかないことを毎度ながら教えられますね。
スポンサーサイト
08月28日(火)

害無省はそれでも中国のご機嫌伺いが大事! 

28日付けのMSN産経ニュースの記事から

外務省、抗議せず 中国謝罪で
2012.8.28 07:02
 日本政府は27日、北京の日本大使館ルートで抗議したものの、外務省本省が中国大使館側に抗議することは見送った。28日以降も「東京で抗議する予定はない」(日中外交筋)。玄葉光一郎外相もとくにコメントを出しておらず、中国側が速やかに謝罪していることから、今後の推移を見守る方針。

 中国・北京では2004年8月のサッカー・アジア杯決勝戦終了後に駐中国公使2人の車が群衆に襲われたが、大使が襲われたことは他国も含め近年では例がないという。

 暴走すれば外交官だろうが大使館だろうが平然と襲うのは蒋介石の時代から当たり前に連中がやっていることなんですが、害無省のバカどもは丸っきり反省も進歩も無いままなんですねぇ…

 自分達の先輩がかつて中国によってどんな目に合わされたかや、2004年のサッカー襲撃事件の裏でハニートラップに掛けられて国を売るくらいならと自殺へ追い込まれた同僚がいたことを、まるで他人ごと程度にしか思っていないんでしょうか?

 あの時も総理大臣や外務大臣に自殺へ追い込まれるほどの事件があったことを害無省のバカ役人どもは隠蔽していましたし。

 むしろ、日本では売国奴として蛇蝎の如く嫌われる媚売り大使、丹羽でさえ襲われたという事実に当事者としてもっと危機感を持つのが普通だと思うんですが、連中にとってはこの状況でも尚、中国のご機嫌伺いの方が大事なようで。

 でも、日本車や日本料理店といった物への襲撃事件から今度は実際に人、それも媚中派代表格の丹羽が襲われるところまで状況が悪化しているのに軽く一回抗議しただけで済ませたりしたら、恐らくというか間違いなく中国人は増長しますし、その次に待っているのは一般人、民間企業への暴力拡大であるのは確実です。

 それこそ日系企業そのものが襲撃されて中にいる従業員が強姦や虐殺、強盗の被害に遭う可能性も十二分に有るでしょう。

 まぁ、事件が起きた場合、害無省の責任だけでなく、チャイナリスクよりも目先の金儲けが第一の企業やそんなところで働く人間にも責任はあるわけですが。

 少なくともマトモな思考を持っているところはとっくに東南アジアなどへ生産拠点を移しているでしょうからね。

 何れにしても、害無省の媚売行為が一般国民にまで被害を拡大させる結果を招かないことを祈るばかりですが、これまでの中国人による悪行の数々、そして現在襲撃者を英雄と称えている姿勢を見るに、事件発生は時間の問題である気がしてなりませんがね…
08月25日(土)

根本を意図的に履き違え、間違っていないと強弁するチョウセンヒトモドキ 

20日付けの朝鮮日報の記事から

【記者手帳】天皇への謝罪要求、何が間違っているのか
2012/08/20 10:55
 日本の野田佳彦首相が李明博(イ・ミョンバク)大統領に送った「抗議の書簡」(親書)が、両国の対立をさらにあおっている。野田首相が李大統領に書簡を送った表面的な理由は、李大統領による独島(日本名:竹島)訪問だが、本当の理由は李大統領が天皇を批判したことだ。日本について詳しいQ氏は「韓国による日王(天皇)批判に対応しなければ、これ以上首相の座を維持できないからだろう」と述べた。

 李大統領は今月10日、韓国の大統領として初めて独島を訪問したが、この時点で日本の対応は比較的落ち着いていた。李大統領による独島訪問を、自分たちが望む「独島の紛争地域化」に利用できると考えていたからだ。

 ところが日本の雰囲気が急変するきっかけとなったのは、14日に李大統領が行った天皇批判だ。李大統領はこの日、韓国教員大学で開催された、校内暴力をめぐる教師たちのワークショップで、ある教師が独島訪問の感想を尋ねた際「(日王が)『痛惜の念』などの単語を持ってくるだけなら、来る必要はない」と発言した。

 日本の政治家たちはこの発言が報じられると同時に「礼儀知らずだ」「無礼だ」などと先を争って批判した。野田内閣が追加の「報復措置」に着手したのも、この天皇王批判が大きく作用している。しかし韓国の立場からすると、天皇批判に日本の政界がこれほどまでに敏感に反応する理由が理解できない。

 韓国史から見ると、今上天皇の父親、昭和天皇は1926年の即位後、日本が朝鮮半島を統治した時代に民族全体を迫害し、弾圧した人物で、太平洋戦争では韓国の若い男性を銃の盾とし、若い女性を日本軍の性的奴隷とした、まさに「特別A級戦犯」だ。今なお韓国民族を苦しめる南北分断も、昭和天皇が統治していた日帝時代の統治が原因になっている。その日本の王室に対し「韓国に来たければ、韓国の独立運動家が全てこの世を去る前に、心から謝罪せよ」と求めたわけだが、これはある意味当然の要求だ。李大統領による発言は、時期的には問題があったかもしれないが、決して言ってはならない言葉というわけではない。

 これまで韓国の大統領や政治家は、天皇を神聖視する日本の特殊な状況を意識し、可能な限り天皇に関する発言を公の席では控えてきた。今考えれば、こちらの方がおかしなことだ。

 米国も同じだ。天皇が日本で占める立場を考慮し、戦犯の天皇には戦争の責任を問わず、日本の王室の存続を認めたのだ。

 このような背景から、昭和-今上天皇は国際社会の要求があるたびに、歴史に対する遺憾の意を少しずつ表明することで、責任を回避することができた。1989年に即位した今上天皇は「平成」を年号として使用している。『史記』の「内平外成」と『書経』の「地平天成」から引用した平成という言葉は「世の中と日本内外の平和を願う」という意味だ。

 このように日本の王室が訴える平和を実現するには、まずは心から過ちを認め、これに対する批判を受け入れる勇気から持たなければならない。西ドイツのブラント首相(当時)は1970年12月、ポーランドのワルシャワにあるユダヤ人犠牲者慰霊碑前で膝をついて謝罪した。日本もこの事実を思い起こすべきだ。天皇は決して神聖不可侵ではない。

 今上天皇は手遅れになる前に、ブラント首相のように膝をついて謝罪する写真を歴史に残すべきだ。
李河遠(イ・ハウォン)政治部記

 反日を繰り返して反省という概念を理解しないチョウセンヒトモドキですが、そもそも何でそこまでイカレているのかと言う事がよーく分かる記事ですね。

 これを読んでみれば、チョウセンヒトモドキは自己洗脳による歴史事実の歪曲と、物事の善悪判断能力や礼儀の欠落、基準点の錯誤などなど、全てが出鱈目であり、まぁ一言で言えば「存在そのものがイカレているから話が通じない」ってことです。

 記事内でも繰り返しこの政治部のバカ記者が使っているように、「日王」という蔑称を国家元首が公の場で用いるなど論外の無礼な行為であり、例えば日本の総理大臣が対抗して李明博のことを「南鮮村の首長」などと呼んでも非礼じゃない、無礼じゃないとチョウセンヒトモドキどもが一切の抗議をしないでいられるでしょうか?

 また、自分達が訪韓要請を出しておきながら、日本側が望んでいると大嘘を李明博が付いていることを都合が悪いから朝鮮日報は記事には一切掲載していません。

 李明博が訪韓してくださいと頼み込んできていたこと、日本側がその要請を受諾していないからこそ実現していないことは揺らぐことのない事実であり、それを逆であると大法螺を吹くことは無礼じゃないんですかねぇ?

 まぁ、普通は内容がどうであるか以前に事実を逆に捏造して吹聴するという行為そのものが相手国に対する裏切り行為であり侮蔑行為であるのですから、それだけで罵られるに十二分なのですが、卑劣なペテン種族チョウセンヒトモドキはその事実捏造自体を認める気がないようです

 で、挙句に「日本が朝鮮半島を統治した時代に民族全体を迫害し、弾圧した人物で、太平洋戦争では韓国の若い男性を銃の盾とし、若い女性を日本軍の性的奴隷とした、まさに「特別A級戦犯」だ。今なお韓国民族を苦しめる南北分断も、昭和天皇が統治していた日帝時代の統治が原因になっている」などと妄想を逞しくする。

 滑稽ですよねぇ?

 だってその後の文で比較対象としてドイツのユダヤ人迫害への対応を例に挙げているんですよ?

 捕らえられて財産を没収され、強制収容所に入れられ、殺され、焼却されたり、石鹸などにされたりとまさに迫害と弾圧を受けたユダヤ人と、日本人と同等の権利を保証されるどころか高い給与や待遇を保証された慰安婦日本人よりも遥かに遅くまで徴兵の義務を負わずにいられた朝鮮人の若い男らの一体どこがユダヤ人迫害と同等だと言うのか?

 というか、志願制の段階で兵士にしてくださいと、我も我もと自ら詰め寄ってきておきながら、銃の盾にされたとか、相変わらず意味不明ですよねぇ?

 大体、「特別A級戦犯」ってなんだよって話ですよねぇ?

 A級戦犯という括り自体が当時の戦勝国による国際法を無視した人民裁判実現のために造られた違法なものであり、その証拠にそもそもA級戦犯として指名し、捌いた連中の中に国際法の専門家が誰もいなかったというのですから。

 唯一であったインドのパール判事が全員無罪を主張したのは周知の通りですし。

 ましてや南北分断がって言われても、アメリカの尻馬に乗ったテロリスト李承晩と、ソ連の尻馬に乗ったテロリスト金日成という、同質・同レベルのチョウセンヒトモドキ同士が権力闘争をおっぱじめた結果が朝鮮戦争とその後の南北朝鮮であるに過ぎず、全てにおいて日本は蚊帳の外なのに、それの何処が日本のせいなのやら?

 日本から独立をした後に身内同士で勝手に始めた醜悪な権力争いの責任を転嫁されてもねぇ?

 「遺憾の意を少しずつ表明することで、責任を回避することができた」と言うのも笑える言い掛かりで、じゃあチョウセンヒトモドキが今後遺憾の意を表明した場合は、責任逃れをするための方便を述べている最中だと国際社会から認識されるけど、それでいいのかと。

 「西ドイツのブラント首相(当時)は1970年12月、ポーランドのワルシャワにあるユダヤ人犠牲者慰霊碑前で膝をついて謝罪した」から天皇批判をしてもいいと言うのも呆れ返るばかりの論旨のすり替えであり、首相の謝罪がどうのと言うのであればそれは同じ様に日本の首相に求めるのが筋であり、地位の全く異なる相手を引き合いに出すのは話が全く違います。

 例えば、日本では在日や違法合法を問わずに来日するチョウセンヒトモドキによって多数の犯罪が発生して国内の治安を悪化させ続けていますが、その責任を国家のトップである大統領、つまりは李明博の自国民に対する躾けがなっていないからだと日本政府が批難したら、素直にその通りですと土下座して詫びるんですかねぇ?

 それに何より、特定民族の弾圧・虐殺行為に対するドイツの首相の話を出しておきながら、元自国民への対応に関する日本の首相による談話は一切無視している辺りもまた、チョウセンヒトモドキの卑劣さをよくよく表していますね。

 まったく、下卑た下等動物如きが吠えかかるなど以ての外であり、躾をせずにむしろ散々甘やかして図に乗らせた民主党の責任は非常に重いですね。

 ケダモノの躾け方をちゃんと理解しないで相手をするから、こういう事態を招くんですよ。
08月23日(木)

脳無し教授が戯言で自爆 

21日付けのJ-CASTニュースの記事から

ソウル大教授「竹島に竹はない。日本人は脳がないね!」
2012年08月22日12時39分
 ソウル大学のソン・ホグン教授の「竹島に竹はない」というコラムが2012年8月21日、中央日報日本語版に掲載された。

 ソン教授は、独島(竹島の韓国名)は韓国の領土であり、日本は太平洋戦争の敗戦で生まれた極度の被害意識から極度の妄想をしているとした上で

 「竹島と松島(竹島の過去の名称)を混同しながら自国の登記所に『島根県隠岐島町』として登記した竹島に竹はない。島の特徴や形を指し示して名称を付けることが朝鮮人の名づけの習慣だった。(中略)朝鮮式ならば竹島には竹が育たなければならない。ところがヤマブドウ、カンパニュラ、ヒエ、ダルマギク、すべて朝鮮の野生の花だ。ただ1株ニシキギが育つ。それは領土欲なく礼儀之理を守って2000年を生きてきた韓民族の自尊心、独島には竹がなくてニシキギがある。こんがらがる日本よ、『脳がないね!』」

と主張した。

 いやはや、毎度ながら笑わせてくれますよねぇ、チョウセンヒトモドキって。

 ソウル大の教授でさえこんなオヤジギャグとも言えないレベルの発言を真剣にするんですから、モドキと呼ばれるのは伊達や酔狂じゃないとつくづく教えてくれます。

 日本には他にも粟島とか、馬島とか貝島とか物の名を冠した島って一杯あるんですけど、それらはじゃあなんでそんな名前になっているのか、是非ともこのバカ教授に講義してもらいたいものですよねぇ?

 というか、そもそもチョウセンヒトモドキの命名方式がこうだから、人間様も同じでなければならないとか、どんだけ思い上がっているんだっての。

 ましてチョウセンヒトモドキに領土欲がなくて礼儀之理を守る??

 干潮時ですら海面下4mにある暗礁を国際法を無視して領土だと主張したり、ただの一度も占領したことすらない対馬や沖縄を自国領土だと騒ぐ蛮族がどの口で言うのやらと、呆れ返りますよ。

 しかもつい先日、大統領自ら無礼を働いて売国政党の民主党からさえも批判をされているような輩に礼儀なんて価値概念があるとは微塵も思えないんですがねぇ?

 そして何より、ヒトモドキの命名基準にそぐわないから領土じゃないとかほざいてますけど、じゃあ自分達が吹聴する独島って名こそ命名基準に全くそぐわないことをどう説明するつもりなんでしょうかねぇ?

 「島の特徴や形を指し示して名称を付けることが朝鮮人の名づけの習慣」だそうですけど、「独」の意味は誰でもわかるとおり、「一人」「一つ」「自分だけ」という単数の意味で、「独身」「孤独」など実際の使い方もそのまんまです。

 でも連中が言うところの『独島』「男島」「女島」2島及び周囲にある多数の岩礁から構成されており、ちっとも「独」ではありません

 おまけにチョウセンヒトモドキは間抜けなことに、竹島を自国領土だと主張する根拠の一つとして、「世宗実録地理志(1454年)には「晴れた日には傘(カガ)(于山・独島)と武陵(ムルン)(武陵・鬱陵島)の二島が互いに遠くなく晴れた日に眺めることができる」という記録が残っている」からだと吹聴しているのです。

 半島から鬱陵島までは約130km、竹島はその鬱陵島から更に西へ約90km先であり、0.7倍も離れたところにある竹島が「互いに遠くなく」なんてわけがありませんし、ましてや天気がどうであれ2島を揃って半島から眺めるなんて絶対に不可能です。

 人間が海抜ゼロ地点に立って水平線を眺めた場合、見えるのは4~5km先まで。

 高いところから、背の高いものを見ればまた話は変わってきますが、それでも200km以上離れた島を肉眼で観測するなど絶対に不可能ですから、考えられるのは蜃気楼か全く別の岩礁を勝手にそう名づけただけかということです。

 何れにしても朝鮮式なる命名法に従えば男女の2島からなる『独』の島などは全く見当はずれな命名であり、「極度の被害意識から極度の妄想をしている」脳がないバカが、他ならぬバカ教授らチョウセンヒトモドキであることは明々白々の事実です。

 自ら主張した根拠によって自らの首を絞める…本当、流石は存在そのものがエセ者民族ですね。
08月20日(月)

共産主義と軍国主義の悪を凝縮した政党、民主党 

19日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

中国大使交代、対立備えプロ外交官…脱官僚修正
 政府が秋に中国大使を交代させる方針を固めたのは、尖閣諸島の領有権を主張する中国との対立が一層深まる事態などにも備え、経済界出身者より、職業外交官の手腕が求められる局面になったと判断したためだとみられる。

 民主党政権が進めた「脱官僚」の軌道修正を象徴する人事とも言えそうだ。

 2年前に民主党政権が、民間人を戦後初めて中国大使に起用した背景には、自民党政権下の外交を「官僚主導外交」と呼び、不信の目で見ていたことがあった。日中が経済面で相互依存を強める中、大物経済人の丹羽宇一郎氏を起用すれば、政治問題の解決にも資するのではないかと期待した。

 しかし、日中関係は、経済外交で改善を進められる状況ではなかったというのが実情だ。中国は資源確保のための海洋進出を活発化させ、日本と対立が続く。
(2012年8月19日18時08分 読売新聞)

 プロだから、素人だからと言う以前に、自分に近しい人間への論功行賞で人事をやるという共産主義さながらの振る舞いをやるクズどもの人選など、そもそも上手くいく訳がないってことです。

 経済界出身?

 じゃあ丹羽が中国大使になって、政治面をさておいた経済面で何か目覚しい成果ってありましたか?

 何もないですよね?

 むしろ、ド素人の阿呆が政府方針も知らずになのか知っていながら敢えて無視してなのか中国へ媚を売って祖国や国民を貶める売国発言に勤しむ始末でした。

 しかも、2年前の尖閣での衝突事件の折には中国政府によって中国で仕事をしていた日本人ビジネスマンを拉致・監禁されて脅迫の材料にされて何時までも釈放をさせられないままでしたし、実際に被害が出たことでチャイナリスクを漸く認識した愚鈍な日本企業が次々とインドや東南アジアへ拠点を移行して日中の経済活動そのものにも罅を入れただけで回復の努力と言えるようなことも丸っきりしたという話がありません。

 日本へ一時帰国した際に情報を地方へ届けて活動活発化に役立てるという大使としての使命も、これまでに5回も帰国をしていながら一切果たしていなかったこともスッパ抜かれており、民主党の人選は、国民の血税を払って丹羽の遊興費を捻出したようなものでした。

 「大物経済人(笑)」が大使としてこの2年間に何をしてきたのか、民主党の目玉人事の一つであったのにも関わらずその成果を何一つ示せないことこそがその証拠であり、明らかなまでの人選ミスです。

 しかし、詐欺師集団は保身が第一であるため、共産主義国家同様に間違いを間違いとは認めません。

 だからこそこれだけ醜態を重ね、醜聞だらけであるにも関わらず大使をさせ続けて定期の人事に紛れ込ませる形での「罷免」をするわけですよ、「交代」と銘打って。

 まるで旧日本軍が敗走による「撤退」を、戦局の変化による「転進」と国民に説いたのと全く同じ構図です。

 いやはや、汚沢の腰巾着がかつて麻生政権を軍国主義に準えていましたけど、情報の悪質な隠蔽や歪曲、国民を無視した独裁的な専横政治、責任転嫁の保身主義などなど、遥かに民主党の方がその精神の腐った部分を色濃ーく受け継いでいますよねぇ?
08月18日(土)

繰り返す醜態…学ばぬ愚者、民主党 

18日付けのMSN産経ニュースの記事から

民主・前原氏「海保撮影ビデオ公開を」
2012.8.18 09:53
 民主党の前原誠司政調会長は18日午前、読売テレビの番組に出演し、香港の活動家による沖縄・尖閣諸島上陸事件の様子を撮影した海上保安庁のビデオについて「国民にしっかりと事実を知らせるためには、公開すべきだ」と述べた。

 前原氏は平成22年の尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ流出に関し「訴訟中だったので証拠物件としてビデオを公開しなかった」とする一方、今回の事件については「もう(活動家ら7人を)強制送還したわけなので、ビデオ公開に支障はない」と強調した。

 藤村修官房長官は17日の記者会見で「規制や逮捕の手法が明らかになり、今後の領海警備に支障が生じる可能性が高く、今の時点では公開しない」としている。

 腰砕けの強制送還に続き、ビデオまで非公開って、本当にこのバカどもは以前の醜態から何も学んでいないんですねぇ…

 前原は今回政府の人間ではないからか、ビデオの公開をと主張しているようですが、その言い分もやはり異常ですね。

 前回のは訴訟中だったから非公開って、不起訴処分で勝手に送り返しておいて何をほざいているんだって話ですし、だったら今でも一般国民に全映像が開陳されていないのは何でだと言う話だと思うのですがねぇ?

 一部の国会議員だけが見れて、国民に対しては今も事実を隠蔽したままじゃありませんか。

 ましてや藤村の阿呆が述べる、規制や逮捕の手法隠蔽なんてのは論外です。

 だって、メンバーには香港のフェニックステレビのリポーターとカメラマンがいたんですよ?

 一部始終を記録されていて、当然ながら事件を起こしている最中も衛星通信などで本社にデータは送られていたでしょうし、今ではそのまま帰っているのですから、中国側はそれらを全て把握できているわけですから、言い訳にすらなっておらず、単にヘタレの民主がやらせた粗末な対応を批判されたくなくて隠蔽しているだけに過ぎません

 ましてや領海警備に支障が出ることを懸念するのなら、2度に渡る自分達クズどもがやった中国の侵犯事件への失政にこそ、その思いを馳せろという話ですし。

 情報公開による透明性を持った政治を謳いながら、実際には一から十まで都合の悪いことは全て隠蔽…つくづく全てにおいて言動不一致の詐欺師集団ですよねぇ、民主党って。
08月18日(土)

口先だけの卑怯者、野豚 

17日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

尖閣不法上陸の14人、強制送還…刑事処分せず
 政府は17日、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島への不法上陸で入管難民法違反容疑で逮捕された香港の活動家ら14人について、同法に基づき国外への退去を命じ、強制送還の手続きを取った。

 刑事処分は見送った。

 活動家ら7人は同日の民間機で香港に送還された。ほか7人は、不法上陸に使用された抗議船で退去させた。活動家らの逮捕を巡って、中国各地で反日デモが拡大する恐れもあり、政府は日中関係の悪化を避けるため、事件の早期解決を図った。
(2012年8月17日21時50分 読売新聞)

 「法令にのっとり、厳正に対処する」などと口では勇ましいことをほざきながら、やっぱり保身第一で逃げ出した野豚。

 これが小泉政権が強制送還をした際に「甘い対応では誤解されかねない」などとほざいていた輩のやることだと言うのですから、やっぱり口先だけの卑怯者でしたね。

 おまけに関係閣僚会議の開催は17日と事件発生から2日も経ってからと相変わらず鈍間な対応ですし、尖閣防衛に関わる問題なのに、防衛大臣を参加させもしなかったんだとか。

 加えて海保を所管する羽田雄一郎国土交通相と警察を担当する松原仁国家公安委員長は事件発生の15日に登庁しなかったそうで、民主党政権そのものが領土問題に対する問題意識が鈍磨しきっていることが克明に伺えます。

 また、今回の事件では海保の巡視船に向かってレンガやボルトが投げつけられており、被害が出ているのにも関わらず、それを政治判断で犯罪として立件せずに不問にするというバカげた真似をしており、やはりバ菅政権の時と同じく法を捻じ曲げて法治国家の根底を否定する真似を平然とやってのけています

 むしろ、バ管の時みたいにレアアースの輸出制限や人質を取るなど中国が非道な真似をまだしてもいない段階から強制送還で自体を有耶無耶にしよう、終わった事にしようと目論んで実行したのですから、バ管以上に腰砕けで臆病な対応を野豚はしたと言えるでしょうし、全員の即時釈放を要求していた中国は日本が自分たちに言われるまま屈したと歓喜して更に卑劣な真似をしてくることも確実です。

 事勿れ主義の上にまたも現場に責任を押し付け、自らは記者会見すら開かず逃げ回っておきながら、「領土問題は国家主権に関する問題なので、不退転の決意で、体を張って取り組みたい」などと野豚はほざいていたというのですから…公邸に篭って責任を現場に擦り付け、記者会見も開かずにいることの何処が不退転の決意で、体を張った取り組みなのやら?

 やはり民主党でしかない以上、3匹目も前2匹同様に万死に値するクズでしかなかったと言う事です。

 前回の衆院選前、自民党との違い特アとの外交巧緻であり、責任をしっかり持つということをアピールポイントの一つとして謳っていた民主党ですが、実際には自民党以下どころか日本の歴史上最低最悪の外交音痴、無責任であったわけです。

 このクズどもの尻拭いは、一体何時、誰がやってくれるんでしょうかねぇ?
08月16日(木)

学べず、学ばず、愚鈍は愚鈍のまま 

16日付けのMSN産経ニュースの記事から

竹島・尖閣への対応、民主党は20日に決定へ
2012.8.16 18:17
 民主党は16日、国会内で国対役員会を開き、韓国の李明博大統領の竹島(韓国名・独島)上陸や香港の活動家らの尖閣諸島上陸などへの対応について、20日に開く政府・民主三役会議で決定することを確認した。他党から出ている国会決議についても同会議で検討することになった。

 国対役員会では「世界に向け、領土や主権についての国会全体としての姿勢を示すべきだ」(城島光力国対委員長)と衆参両院で国会決議をする必要性については一致した。

 ただ、党幹部が国会に姿をみせず、党として決議の内容を詰めるなどの作業は見送られた。城島氏は国会内で、記者団から党の対応の遅さを指摘されると「政府とは連携を取っている。スピード感がないとの指摘は当たっていない」と強弁した。

 一方、自民党の岸田文雄、公明党の漆原良夫の両国対委員長は16日、電話で会談し、来週中に衆参の予算委員会で外交・安全保障をテーマにした集中審議の開催を求めることで一致した。民主党も応じる方向で調整に入った。

 「スピード感がないとの指摘は当たっていない」…まさに恥しらずの強弁そのものですね。

 昨年の大震災及び直後に発生した原発事故について、余りにももたついて役に立たないどころか足を引っ張ったことから散々無能ぶりを誹られたというのに、相変わらずこのバカどもに成長という言葉は存在しないようです

 20日って来週の月曜日ですよ?

 李明博が不法入国をしたのが10日ですから、そこからで10日、2週間も隔ててから政府与党が対応を決定するのが遅くないとか言っても、他人から見れば自分達は愚鈍な間抜けですと宣言しているも同然です。

 で、なんでそんなに鈍間なのかと言えば、まずはこんな重大事件を無視して野豚が夏休みを取り、公邸に引き篭っていたためで、次に記事にも「党幹部が国会に姿をみせず、党として決議の内容を詰めるなどの作業は見送られた」とあるように野豚のみならず民主党のバカどもが雁首揃えて状況の危急性を全く理解せずに遊び惚けているからです。

 ロシア、中国、韓国と領土問題では最悪の負の連鎖(コンボ)が民主党政権誕生以来発生しており、今年に入ってからはそれが更に加速度的に酷くなっているのに、民主のバカどもはその現実から目を背けて身の保身走るか享楽に耽るばかりで国家のため、国民のために働こうという気概がまったくありません。

 まぁ、元より衆愚が下調べすらしないで票を投じ、選挙に勝たせた文字通り何処の馬の骨ともしれない怪しからん連中ばかりですから、こういう事態になったのも当然の帰結と言えばその通りなのですが、野党の自民党が16日の段階で記者会見を開き竹島・尖閣への見解を述べて具体的な対応の内容を発表して政府に要求しているのに、そこから更に4日も遅れてと言うのは遅いどころの話ではありません

 政府も民主党も全く機能をしていない証拠ではありませんか。

 その愚鈍ぶりが相手の蔑視を一層招き、加えて及び腰の対応が更なる増長をさせて事態を悪化させ続けているというのに、このバカどものイカレっぷりは文字通り死んでも治らないんでしょうね。

 最近私は、特アの暴走よりも民主党の愚劣ぶりなどで白熱し過ぎた国民の暴走の方が怖くなってきましたよ

 先日の韓国大使館への投石事件など、最近では実行動を伴ったレベルにまで至っていますし、しかもやってることややり方がまるで中国人や朝鮮人のソレと同じなんですもの。

 国を愛することや、厚顔無恥な蛮族の振る舞いに怒りを覚えるのはごく自然な感情ですけど、だからってそんな蛮族どもと同じ土俵に立つ、同じレベルにまで自分たち民族の名を貶めるというのは論外です。

 むしろ、スワップ拡大の無期延期や、不法滞在する朝鮮人の取り締まり強化、韓国への渡航を反日による危険性などから延期するよう声明を発表させるなど、日本政府や国会に正当な形での要求をする方がいいと思います。

 特にスワップ拡大停止や観光客の減少は、元より薄氷の上に成り立っているも同然の薄っぺらな韓国経済に深刻なダメージを与えられますから、自民族の名を徒に貶めるだけでしかない暴力的な行為よりも遥かに効率的かつ効果的ではないでしょうか?

 まぁ、裏で朝鮮人と結託しているのが民主党ですから、直に訴えたとしてもろくな対応は望めないでしょうけど、大多数の国民が望むとなれば自民党など野党もある程度応じてくるでしょうし、そうなれば何もしないというわけには流石の民主党もいかなくなるでしょうから、やるだけやってみる価値はあると思うんですよねぇ。
08月15日(水)

市長時代の大恥まで忘れ、反日に熱中する愚劣な李明博 

14日付けの朝日新聞デジタルの記事から

「天皇訪韓、謝罪するなら来なさい」 韓国の李大統領
2012年8月14日20時0分
 韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は14日、「(天皇は)韓国を訪問したがっているが、独立運動で亡くなった方々を訪ね、心から謝るなら来なさいと(日本側に)言った」と述べた。大統領府によると、現職の大統領が公の場で天皇の訪韓条件として謝罪を求めるのは初めて。

 李大統領は10日に韓国大統領として初めて、日韓がともに領有権を主張する竹島(韓国名・独島=トクト)を訪問し、その後も対日批判発言を続けている。だが、天皇の謝罪にまで言及したことで、日本側の反発は一層強まるのは必至だ。

 大統領府によると、忠清北道・清原で開かれた教員を対象としたセミナーで、出席者から竹島訪問の所感を尋ねられ、語った。

 何故か中央日報日本語版にも日本の新聞にも天皇と書かれていますけど、実際には「日王」という下等民族お得意の別称を大統領自らが用いたそうですし、心から謝るどころか、天皇陛下に土下座をしろと要求したというのです。

 本来怒り心頭となるところなんでしょうけど、なんていうかまぁ、こうも極端かつ余りに必死な反日アピールでの点数稼ぎをされると、怒りよりも流石は朝鮮人だなぁと劣等民族故の厚顔無恥さに哀れみの方が強く感じちゃいましたよ。

 既に身内からは逮捕者が出ており、政権自体もレームダック状態なので、このままだと待っているのは牢獄人生か死かというのが韓国大統領の定番コースだけに、地位にしがみつこうとなりふり構わず醜態を晒しもするんでしょうねぇ…

 だから毒を食らわば皿までといった具合に、反日へ転向して徹底的にやるからもう一度支持をしてくれという李明博の浅ましく下劣な性根がハッキリ見えるんです。

 あと、失敗から何も学ばずに繰り返すところなんか、如何にも南半分とは言え朝鮮人の首領に相応しいバカっぷりですね。

 李明博はソウル市長時代にディズニーランドの招致計画がソウルにあり、建設開始が近いかのように吹聴し、数日後にウォルト・ディズニーから全面否定をされるというピエロを見事に演じた赤っ恥な過去があります

 そしてこの天皇訪韓という話題にしても、元々李明博らが2008~2009年頃に翌年の日韓併合100周年に合わせて謝罪をさせようと躍起になって蠢いていただけで、元より宮内庁は全く乗り気ではありませんでしたので、陛下が訪韓したがっているなんてのは明らかな大嘘ですし、現に民主党が朝鮮人と一緒に策動しても実現には至りませんでしたよね?

 まぁ、汚沢がやった慣例破り事件など民主党が天皇陛下を蔑ろにする真似を繰り返したことも国民の怒りを買い、実現に至らなかった一因だと思いますが。

 ともあれ、ディズニーの件同様、日本側にその気は全くないし、第一独立運動と糊塗した単なる暴動に謝罪をしろとか言われても何を言っているんだって話ですよね。

 現在でも韓国で行われるデモがどういうものであるかを見れば、独立運動なんてものの実態は容易に推し量れますし、記録にも破壊や放火、殺人など現在のそれと実に相通じる朝鮮人特有の無軌道な暴動ぶりが記されています

 そんな反日を掲げれば愛国無罪でテロだろうが五輪の冒涜だろうが何でも許されるどころか、逆に認めない輩が悪なんだと逆ギレして暴れだす下劣な蛮族の元へ天皇陛下が訪れるなんてあるわけがありません。

 所詮は虚勢を張らねばすぐに精神異常を起こすような異常者の群れの長ですから、前回アレだけ国際的に恥をかいたことを忘れ、全く同じ真似を繰り返しているだけなのでしょう。

 ソウル新聞『작심한 듯 日王에 직격탄… ‘日 때리기’로 레임덕 돌파 행보』
 http://www.seoul.co.kr/news/
newsView.php?id=20120815003005
08月14日(火)

支離滅裂なペテン師国家 

13日付けの中央日報の記事から

独島訪問の李大統領 日本の歴史認識を激しく批判
2012年08月13日09時27分
 【ソウル聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領が10日に韓国大統領として初めて独島を訪問した際、日本の不誠実な歴史認識を激しく批判していたことが13日、分かった。

 関係者によると、李大統領は旧日本軍による従軍慰安婦問題について、高齢の被害者が亡くなれば、解決の道を見いだせなくなるとの認識を示した上で、「ひどい戦争を引き起こした日本は謝罪しなければならないのに、それをしない。謝罪をしないから、しこりが残っている」と話したという。

 李大統領は独島の環境問題を独島訪問の名目に挙げたが、領土問題や歴史問題が背景にあったことを裏付ける。

 李大統領は「日本を必要以上に刺激するつもりはないが、歴史問題についてあまりに不誠実すぎる」と打ち明けたという。

 青瓦台(大統領府)関係者は「大統領は独島訪問を一種の地方視察と考えており、日本が大騒ぎすることも分かっていたが、行動を見せる時が来たとの考えの下、実行に踏み切った」と話した。

 また青瓦台は、大統領が独島を訪問したので海洋施設物の同島への設置など実効支配を強化する措置を暫定的に中断すると伝えた。

 青瓦台幹部は聯合ニュースの取材に対し、「李大統領は独島全体が天然記念物である独島を環境問題の象徴のように考えている。施設を設置した場合、環境に影響を与える懸念があるので、建設推進を保留する」と話した。

 国土海洋部は昨年末の業務報告で、独島に総合海洋科学基地と防波堤を設置し、領有権強化に乗り出すと発表していた。

 嘘ばっかりついているからすべからく言動に綻びを生じるんですが、所詮はヒトモドキ、そんな簡単な事実にさえ気が付きません。

 「ひどい戦争を引き起こした日本は謝罪しなければならないのに、それをしない。謝罪をしないから、しこりが残っている」とまぁ、今回自己の犯罪行為を正当化するために李明博はこんなバカ発言を行なったそうですが、就任前に李明博は「日本に謝罪や反省は求めない」「日本は形式的であるにせよ、謝罪や反省はすでに行っている」と述べているんです。

 如何にも下賎な蛮族らしい記憶力だと思いませんか?

 4年前には謝罪をしたし、反省もしていると認めていたのを今頃になってひっくり返し、謝罪をしていない日本が悪いんだ、ですよ?

 どっちが「歴史問題についてあまりに不誠実すぎる」んだって話ですよね。

 おまけに、日本の反発が「理解できない」と感想を漏らしたという話がある一方で、上陸に対する日本側の反発は「予想したものだ」とも話したそうですし、記事にもあるように青瓦台関係者も「日本が大騒ぎすることも分かっていた」と述べているのですから、まさに万事が支離滅裂

 理解ができないのに行動予想がつくわけ無いんですが、朝鮮人のイカレた頭では矛盾が矛盾では無くなるんですから、きっと日本人でこの異常民族を理解できるとしたら同レベルの異常者、ルーピーくらいのものでしょうね、きっと。

 しかも、何とこの竹島への不法侵入を李明博は就任当初から目論んでおり、支持率が落ち込みきってレームダック状態になった今が実行時だと判断したというのですから、まさに最初から笑顔を見せ片手で握手をしながら、内心では日本への悪意を秘め、もう片方の手に刃物を握っていたわけです。

 そもそもひどい戦争を起こしたって…戦争にひどくないものがあるなら是非とも教えて欲しいですよ。

 何より、丸っきり関係のない第三者のくせに、大虐殺に略奪・強姦と好き放題暴れまわった韓国によるベトナム戦争参戦の方が余程ひどい戦争だろって思いますがねぇ?

 第二次世界大戦において、朝鮮集落の虐殺や化学兵器使用の話、強姦で生まれた朝鮮人混血児なんていましたっけ?

 不思議ですよねぇ、ベトナムでは韓国兵による強姦などで数も不明なほどの混血児が生まれているのに、20万人以上の女性が拉致されて強姦されていたと朝鮮人が主張する慰安婦からは、その証である混血児が一人も出てこないなんて。

 まぁ、ベトナム戦争については自分達の日本に対するこのような物言いとは正反対に、相手が勝手にしこりを持っているのが悪いと言わんがばかりの二枚舌な態度を平然とやっているんですから、そりゃあ「侵略者は未来志向といった言葉を使いたがり、過去を忘れようとする」とベトナム政府が李明博の恥知らずな振る舞いを批判したのも当然ですよね。

 他人には求めるけど、自らは実践しないで、それが当然とする人に非ざる外道民族。

 まるでダイオキシンみたいに害悪しかもたらさない生き物ですね。

 中央日報『李明博大統領の独島訪問、日本が自ら招いた』
 http://japanese.joins.com/article/376/
157376.html?servcode=100§code=110

 朝鮮日報『独島訪問:紛争化招いた「切り札」、揺らぐ政策基調』
 http://www.chosunonline.com/site/
data/html_dir/2012/08/11/
2012081100998.html?ent_rank_news

 YOMIURI ONLINE『李大統領、従軍慰安婦問題の日本政府対応を批判』
 http://www.yomiuri.co.jp/world/
news/20120813-OYT1T00481.htm

 MSN産経ニュース『李大統領「日本の力落ちた」 韓国人66%が評価』
 http://sankei.jp.msn.com/world/
news/120813/kor12081321290007-n1.htm
08月13日(月)

逃げ回るチョウセンヒトモドキ 

12日付けのMSN産経ニュースの記事から

国際司法裁への提訴検討「盗人たけだけしい」 韓国与党
2012.8.12 20:45
 韓国の李明博大統領による島根県・竹島(韓国名・独島)訪問への対抗措置として、日本政府が竹島領有権問題の国際司法裁判所への提訴を検討していることについて、与党セヌリ党の洪日杓報道官は12日、「盗人たけだけしい」と批判した。

 洪氏は「植民地支配に対する反省はおろか、独島の領有権主張や(歴史)教科書の歪曲で韓国国民を怒らせている」と日本の対応を非難。「日本は領土に対する野望を捨て、隣国と友好関係を維持するべく努力すべきだ」と訴えた。(共同)

 チョウセンヒトモドキとはよく言ったもので、どんなに人に似た外見をしていても、決定的な部分でやはり人類とは違う似非物だと教えてくれるバカ発言ですね。

 『盗人猛々しい』とは、「盗みなどの悪事をしていながら平然としていたり、それを咎められるや開き直る図々しい愚か者を罵る言葉」なんですが、所詮は人真似猿、満足に言語を理解し操る程の知能は身につけていないことを与党の報道官自ら知らしめてくれています

 国際法に基づいて日本の領土として編入されていることは紛れもない事実であり、だからこそアメリカを始めとした連合国も戦後のドサマギを狙った韓国による割譲要求を拒絶したわけです。

 何せ図々しい朝鮮猿は最初対馬を奪おうと狙って、拒絶されるや今度は竹島、そしてそれも拒絶されて失敗すると、最後には韓国は武力侵略を実行し、批難の声を無視し、第三者機関である国際司法裁判所による調停からも今尚逃げ続けています

 今回も提訴の話が日本から出るや、必敗を理解しているチョウセンヒトモドキは政府もマスメディアも声を揃えて尻を巻いて逃げるぞと大合唱ですからね。

 こうも大っぴらに泥棒行為をしておきながら、加害者が被害者を盗人呼ばわりですから、何処まで行っても人類とは相容れないケダモノであることがよく分かります。

 しかも、過去には北朝鮮の如く隠れて核開発をしていたり、対馬への侵攻を前大統領の時代に目論んでいた連中が、「領土に対する野望を捨て、隣国との友好関係を維持するべく努力すべきだ」とかほざいているんですよ?

 今だって長射程の弾道ミサイル開発や5000km以上の航続距離を持つ無人偵察機をアメリカに寄越せと要求する等、明らかに日本への侵略意図を持った兵器の開発・導入を目論んでいるくせに。

 全くもって、理解だの友好だのが永劫に不可能なヒトモドキだとつくづく実感させられますね。

 先日も、五輪のサッカーで勝利後に馬鹿な選手がルール違反行為をしたことを咎められるや、日本サポーターが持っていた旭日旗がどうの、体操選手のデザインがこうのと、全くもって的外れな言い掛かりを付け始めており、まさに「それを咎められるや開き直る図々しい愚か者」そのものとしか言い様のない行為を五輪でも繰り返しており、自らこそが全てにおいて「盗人猛々しい」振る舞いを繰り返す愚者なんですが、哀れかな、所詮はヒトモドキに過ぎないためそれが永劫に分からない。

 まぁ、所詮ヒトモドキに人の常識やルールなど通じるわけがないのですから、悪性の伝染病対策と一緒で半島へ永久に閉じ込めておかねば、各所で火病パンデミックを起こすのはお約束なのでしょう
08月11日(土)

元凶は民主党による政権詐取にあり 

11日付けのMSN産経ニュースの記事から

【産経抄】8月11日
2012.8.11 03:22
 昭和26年7月9日、ワシントンの米国務省を韓国の梁裕燦駐米大使が訪れた。国務省のダレス顧問に「対馬は韓国領だが、講和条約で韓国に引き渡されるか」と、とんでもないことを尋ねた。当然ダレスは拒否したが、10日後、今度は竹島(独島)の領有権を主張しにくる。

 ▼これに対し国務省は8月10日付の覚書を送る。「我々の情報では竹島は1905年ごろからこの方、韓国の一部として扱われたことはなく…それ以前にも韓国が領有を主張したことはないようだ」。こちらも全面否定といっていい。

 ▼昭和53年に公表されたサンフランシスコ講和条約前後の米外交文書で明らかになった事実である。日本の講和に紛れて対馬がダメなら竹島だけでも、と言わんばかりの韓国の「領土意欲」である。米側も辟易(へきえき)しているような様子がうかがえる。

 ▼むろん日本もその理屈抜きの領有主張に辟易させられてきた。東アジア史に詳しい豊田有恒氏は韓国人に竹島について領有の根拠を尋ねた。これに対し韓国側は「日本人が強奪したということを出発点にして話すから議論は成立しない」と、著書『韓国が漢字を復活できない理由』に書く。

 ▼しかし一般国民ならともかく、李明博大統領が竹島に上陸したとなれば辟易ではすまない。日本領土の不法占拠を固定化するという、先月、国後島入りしたロシアのメドベージェフ首相と同じ暴挙である。日本に対する重大な挑発といってもいい。

 ▼12月の大統領選を前に、与党有利となるように「反日」を強めているとの見方も強い。それなら日本でも「近いうち」に総選挙がある。そこで竹島など領土・領海をどう守るかを打ち出さなければ、足元を見られるだけである。

 朝鮮人をMMORPG風に表現すれば、デフォルトスキルとして「嘘をつく」「自己洗脳」「精神異常」が備わり、全てのステータスが通常以下っていう何のために存在しているのかさえ不明な種族ってとこでしょう。

 対馬は朝鮮人に侵略されたことはあっても、連中の領土となったことは古の時代よりただの一度もないのは種々の歴史書が記すとおりですが、嘘をつき、自己洗脳でそれを事実だと思い込んでしまう精神異常民族はこのように途方もなくバカげた要求をアメリカや連合国に対して求めたのです。

 当然ながらそんな馬鹿な話に付き合う必要はないと一蹴されるわけですが、お得意のデフォルトスキルで自らを戦勝国だと思い込んでいる蛮族はならばと竹島へ武力侵略を行います

 その後は日本どころか他国からの声も無視し、自らを正義と言いながら裁判による公正な判断から逃げ回り続けていました。

 そして昨今、外交音痴で頭の悪い宥和政策を唱える民主党という売国詐欺師集団が日本で権力を奪うことに成功し、それを好機と捉えたロシアや中国が横暴を繰り返しました。

 しかし、売国詐欺師集団民主党は全くの無力どころかむしろ相手を利するかの如き言動をし、一層調子づかせました。

 この間、韓国は議員の渡航やイベントの開催など小規模な挑発行為を繰り返していましたが、やはり民主のクズ集団がマトモな行動も起こせずいたことから、ならば俺達ももっと過激にと動き出したということは明らかですよね?

 案の定、大統領による訪問なんて過去に例のない暴挙をされながら野豚は遺憾の意を発表するだけであり、外務大臣は大使を一時的に帰国させるだけ(本日午前中になって国際司法裁判所への提訴を追加で発表しました)なんていう実に生温くやる気のない対応でしたし、防衛大臣に至っては内政問題だのとまるで韓国領土であることを認めるかのようなイカレた物言いをして慌てて釈明をはじめる始末

 国際司法裁判所への提訴は、無能大統領相手に安倍政権も検討していましたけど、その時は無能大統領が全力で逃げ出すと宣言して実施できないからと結局中止されたのに、今更それを言い出して相手が土俵に乗ると思っている…つまりは勝負を出来る十二分な目算があってやっているのか、はたまたそれから逃げ出したらどう対応する予定という先を十二分に見据えての行動なのかと非常に疑問です。

 どう見ても外交で失態続きだから、形だけでも国を守るために頑張っているという姿勢をアピールしようとしているだけなのが丸分かりの押取り刀な対応ですもんね。

 民主党は政権を詐取して以来、周辺国に媚を売り続けてきましたが、結局国情を危うくするばかりであり、各国との関係を散々悪化させておきながら一切そのことについて認めていません。

 ですから、それに対する謝罪もなければ対策も講じないままであり、民主党政権が今後も続くのならば確実に日本の周辺情勢は危機的段階にまで悪化することでしょう。

 YOMIURI ONLINE『竹島上陸「韓国内政の要請」防衛相発言が波紋』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20120810-OYT1T01190.htm

 同『竹島領有権で国際司法裁判所に提訴へ…外相方針』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20120811-OYT1T00358.htm?from=top

 MSN産経ニュース『民主外交、甘い幻想が失政招く』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/120811/plc12081100490000-n1.htm
08月10日(金)

マスゴミの悪意ある印象操作報道の実態とそのトチ狂った思想の根底 

7日付けの池田信夫 blogの記事から

遅れてきた帝国主義
2012年08月07日 11:17
 日本は朝鮮半島を植民地支配して搾取し、創氏改名などの屈辱的な制度を強制して、従軍慰安婦や強制連行で朝鮮人を酷使した――と思っている日本人は、まだ少なくないだろう。私も20年前にNHKの終戦特集で韓国を取材したときは、そう思っていた。私の班は男性の強制連行、もう一つの班は女性の慰安婦をさがすのが目的だった。

 しかし1ヶ月かけて50人ぐらいインタビューした結果、男女ともに「私は軍に強制連行された」という人は1人もいなかった。「口入れ屋にだまされて炭鉱に行ったら、タコ部屋でひどい目に合った」とか「女衒にだまされて戦地に連れて行かれた」という話はあったが、昔の思い出としてカメラの前で淡々と話してくれた。

 それではネタにならないので、番組は「告発調」になった。男女とも強制連行はしなかったが、一部の人が自由に帰れなかった事実はある。彼らの運搬や慰安所の管理に軍が関与した事実もあった。そういう書類をもとにして「日本にも道義的責任はある」というのが私のつくった番組のトーンだったが、もう一つの班は慰安婦を登場させて福島瑞穂氏に「これは日本の戦争犯罪だ」と言わせた。

 これが大反響を呼んだ。福島氏は「日本軍が朝鮮人にセックスを強制した」という性的好奇心に訴え、他のマスコミにも売り込んだ。特に朝日新聞が「慰安婦が女子挺身隊として強制連行された」という誤報を流したたことが、この問題に火をつけた。これは明白な誤りで、そのとき名乗り出た慰安婦も「女衒に連れて行かれた」と証言していたのだが、のちに裁判では「軍に連行された」と証言をひるがえした。

 「従軍慰安婦」は嘘だが、これに象徴される彼らのトラウマを生んだのが日本の植民地支配であることは明らかだ。その元をたどれば、本書も描く朝鮮の独立運動に始まる。今の北朝鮮のような状態になっていた李氏朝鮮を倒すために、金玉均などの改革派は近代化の先輩である日本の支援を求めた。これを受けて日本は朝鮮に介入したが、これが日清戦争の原因となって日本は朝鮮半島を支配せざるをえなくなった。

 結果的には植民地支配は失敗であり、朝鮮人に日本に対する恨みを植えつけただけで、経済的な収支はマイナスだった。植民地の収益率が高かったのは19世紀前半までであり、20世紀の帝国主義は時代遅れの戦略だった。「遅れてきた帝国主義国」としてその最後尾について行った日本は、高い授業料を払って植民地支配の愚かさを学んだのだ。

 今夜10時からのニコ生アゴラでは、片山さつきさん(参議院議員)と西岡力さん(東京基督教大教授)とともに、日韓関係の最大の障害になっているこの問題を解決する道をさぐる。

 まさに、数字さえ取れれば何をやっても良いというマスゴミの腐った思想の真髄を見せられた思いですね。

 インタビューの回答で出てきた、『口入れ屋』とは民間の職業斡旋所のようなものであり、『女衒』とは女性を買い付けて遊郭などへ売る売春業への仲介業者のことです。

 当然ながら、朝鮮半島での話ですから、その多くは他ならぬ朝鮮人自身による運営だったと思われます

 何せ今でも、日本へ騙されて連れて来られて売春をさせられたなんて朝鮮人の話が出てくると、それをやっていたのは朝鮮人でしたってパターンですからねぇ?

 自由に帰れなかったとの話は、一体どういう状況を指しているのか分かりませんが、敗戦によるハイパーインフレに苦しむ中で日本が朝鮮人を帰国させるための渡航船を出していたこと、1959年には残留する戦争終結までに法令に基いて渡航した朝鮮人は245人しか残っていなかったこと、この二点から少なくとも日本国内においては自由意思で帰らなかっただけの話であることが明白です。

 「彼らの運搬や慰安所の管理に軍が関与した事実もあった」という主張については如何にも頭のイカレた人間揃いなNHKの(元)職員だなぁとしか言い様が無いですよね。

 そもそも慰安婦って安全な都市部には不要な存在ですよね?

 だって、そんなところなら兵士を普通に街の遊郭へ行かせればいいんですから。

 最前線ではないものの、戦地での兵士の慰安(性欲の処理)を担当する為にわざわざ募集をかけているのですし、そんな下手をすれば敵潜や敵機が現れるかもしれないところを通って行って貰うのに、民間経営だからって何の護衛もつけないなんて真似をする方が余程非人道的だと思いませんか?

 特に対米戦においては太平洋艦隊を壊滅させられたアメリカ海軍は国際法を無視して潜水艦による無制限雷撃戦を開始しており、民間船どころか病院船だろうが無差別に沈めまくっていましたし、米軍機も民間の家屋や漁船、民間人を標的にして爆撃や機銃掃射を繰り返しており、護衛も無い輸送船などむしろ彼らには格好の的でした。

 管理への関与にしたって、あくまで前線で気の立っている兵士を発散させるのが目的なんですから、ルールの策定や遵守に関与せねば事故を起こす兵士が出る可能性がありますし、また、慰安所を利用したことが原因で性病や感染性の病気が蔓延すれば戦わずして戦力が壊滅する危険性があるのですから、軍医師の派遣による管理などが必要なのも極当たり前の話であり、関わっていること=悪という発想が物を知らないでトチ狂った義憤を燃やす、如何にも頭の悪いマスゴミらしい話です。

 ましてや慰安婦は実際にはその大半が日本人女性であったことを既に秦氏が記しているにも関わらず、マスゴミは今に至るまで日本人慰安婦を探して実相を調べようとはしていない点も忘れてはなりません

 わざわざ嘘を付く事そのものが生きがいであるかの如き蛮族に取材をしてそれを真実にしようとし、挙句には戦争どころか国際法の何たるかも分からなければ、妄想と現実の区別も付かない福島の如き天下の愚物を登場させて自国を毀損して喜ぶマスゴミの異常性は尋常ではありません。

 何よりも偽善で「慰安婦が女子挺身隊として強制連行された」などと大法螺を吹きまわる朝日などは福島同様に存在そのものが日本にとって恥じです。

 ブサヨやマスゴミのこういった嘘を愚劣な朝鮮人は簡単に利用できるからと取り込む性癖があり、結果現在では『韓国挺身隊問題対策協議会』という組織が誕生しているのです。

 本当に慰安婦であった人間が参加していれば、そもそも慰安婦と挺身隊が全く別のものであると分かっていたのですから、わざわざブサヨや朝日の嘘を真に受けて的外れな命名をするなんて有り得なかったのですがね。

 その後の記述も何とも偏った限りで、改革派の声を聞いて支援したというのは事実ですけど、日本が朝鮮を支配せねばならなくなったのは日清戦争が直接の原因ではなく、折角その勝利で独立をさせてやったのに今度はロシアの支配に甘んじようとするなど売国奴がのさばり続け、日本と対等な同盟国へ変わろうと言う気概を持ち得なかったからでしょうよ。

 植民地政策が失敗だった、収益がマイナスだったという話にしても何時、日本が欧米式の植民地経営を朝鮮半島でやったというのか?

 現地に自国民専用の豪華な街並みを形成したり、現地民を低賃金で奴隷同然の扱いをしたり、貿易の為に特産品だけを生産させて食糧危機に陥れたりと欧米のそれは一方的な収奪の構図であり、自国の資産を大規模に投資してインフラ整備、学校や病院の建設を行い出生率や死亡率、識字率を改善するなんて日本みたいなことをやった国は他に存在しません

 欧米の植民地支配と全く異相のものである事は、1000万人を超える程度に過ぎなかった朝鮮人の人口が、1945年には2500万人以上と倍にまで膨れ上がっていたことや多数の大学卒業者、中将まで上り詰めた者などの存在からも明白であり、お人よし民族の性が滲み出していることが分かりますし、同じ立場であった台湾が日本と最も親しい関係に現在あり、昨春の東日本大震災後に我が国を助ける為に尽力してくれたことからも、日本の統治の仕方ではなく、朝鮮人という生き物そのものがどうしようもないケダモノであることが問題の本質である事は明々白々です。

 まぁ、そもそも当時はアメリカやイギリスであっても一般人は満足に読み書きも算数も出来ないという就学率の低さであり、支配する有色人種にそんな真似を施してやるつもりなどあるわけがないのですがね。

 中公新書の『アーロン収容所』を読むとよく分かるのですが、イギリス兵は掛け算が全く出来ず、オーストラリア兵に至っては10以上の数さえ満足に数えられないと評されており、欧米と日本では一般国民に対する扱いの差からして既にこれだけ違うのですから、植民地や自国の併合した他民族に対する扱いがどうであるかなど考えるまでもありません。

 にも関わらずこれを混同して、時代遅れの戦略だったなどと日本がバカだったから失敗したんだと言わんがばかりの論調には呆れを通り越して冷笑しか浮かびませんね

 私は8日は日も昇らぬ早朝から出かける用事があったので、結局番組は見ていないのですが、こんな愚かな知識レベルの人間が果たして「日韓関係の最大の障害になっているこの問題を解決する道をさぐる」ことでどうにかなるとは到底思えないのですが、いったいどうだったのでしょうね?
08月09日(木)

無能な能天気青瓢箪 

9日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

党首交代なら「信を問う」合意は白紙…輿石氏
 民主党の輿石幹事長は9日の記者会見で、8日の野田首相と谷垣自民党総裁の会談で衆院解散について「近いうちに国民に信を問う」と合意したことに関して、それぞれ9月に党首選を迎える首相と谷垣氏が再選できなければ白紙になる可能性があるとの認識を示した。

 輿石氏は「2人がいなくなれば、2人の話は終わりでしょう。継続していると考えるなら、その時点で再度(党首会談を)やったらいい」と述べた。その上で、両氏の合意について、「社会保障・税一体改革関連法案を成立させるための合意だった。それが(10日に)成立すれば一区切りになる」とも指摘した。

 輿石氏の発言は「2人とも代わってしまうことは、まずないと思う」と断った上でのものだが、自民党からは「衆院解散の約束をほごにする発言だ」などと反発する声があがった。
(2012年8月9日21時56分 読売新聞)

 何ともまぁ、違法行為なんでもござれのクズ石さんらしい物言いじゃないですか。

 党代表であり、総理大臣である人間が公に交わした約定を平然と引き伸ばした挙句に、勝手な条件を設定してそれを満たさなかったら反故にしてしまってもいいんだと、後出しジャンケンを恥じらいもなくやってのける

 まさに詐欺師の詐欺師たる所以ですね。

 もっとも、具体的な日取りを決めず、「近いうちに」なんて曖昧模糊としたどうとでも言い繕える表現で納得をしたアホ垣の青瓢箪が一番バカなんですがね。

 その近いうちが1ヶ月後だろうが、1年後だろうが、そんなものはソイツの主観の問題であり、見解、認識の相違であると言われたらそれまでの話ですし、実際に丁度一年前、民主党が実にソックリな約束をしたバ管相手に内部分裂寸前の醜態を晒したことをすっかり忘れていたのでしょう。

 世紀のペテン師ルーピーが、バ管をペテン師だと罵るなど、実に滑稽千万かつ醜悪極まりない内輪揉めをやった挙句、衆院解散ではなく辞職によって野豚が総理大臣の椅子に座りました。

 結果、野豚は民主党がしないと言っていた増税路線へと舵切りを行い、ルーピー、バ管の二代に渡る最低・最悪コンビでボロボロになっている国民生活へ止めを刺すべく、国民の声も意思も約束も無視して邁進を始めました。

 改革によって日本を豊かにする、国民生活を向上させる、だから当然ながら増税などしないというのが民主党が前回の衆院選前に掲げた約束でしたが、野豚は4年間という区切りを設けていた点に着目し、やるのは約束期間が終わってからにすればいいだけで、その為の法整備をするのは約束違反ではないという子供染みた屁理屈を捏ね、愚かにもそこに青瓢箪が公明党と一緒に乗っかったわけです。

 元より総裁どころか議員の器ですらない青瓢箪ですから、攻め時も守り時も分からぬ本物の愚物であり、叩き潰すべき時に逆に相手を激励するわ、協力を申し出るわ、これまでも奇行を重ねてきましたけど、よくもそれを自民党の重鎮連中が黙認しているものだと思いますね。

 麻生さんが総裁選に出た時はアレほどまでに反対し、総理になって以後も反乱分子として散々に足を引っ張った連中が大勢いたのに、この3年間民主が失策を重ねていながら自民がじっとも盛り返せない最大の原因である青瓢箪には小泉議員や安倍・麻生といった割と若い人間しか批判の声を上げていない…自浄作用が一切働かずに損得ばかりになってしまっているのですから、もはや自民党自体、政党としての命脈が尽きているのかもしれませんね。

 実際にこんなバカげた物言いをされても満足に批判の声も上げない始末ですし。

 何れにしても詐欺師政党と無能な青瓢箪…どちらに転ぼうが国民生活は悪くなる一方であることだけは確実でしょうね。

 YOMIURI ONLINE『進次郎氏ら自民7人「造反」…内閣不信任案否決』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20120809-OYT1T01149.htm?from=y10

 同『「近いうち」とはいつ?麻生・安住氏らの解釈』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20120809-OYT1T01186.htm?from=main2
08月08日(水)

欲望を満たすことしか頭にないブサヨ 

7日付けのMSN産経ニュースの記事から

広島、長崎の慰霊の日を反原発運動に利用するな 大阪特派員・鹿間孝一
2012.8.7 15:10
 「原爆」と「原発」を同一視すべきではない。

 広島、長崎の慰霊の日を反原発運動に利用するな。

 言いたいことはこれだけだ。あとは付け足しである。

 被爆50年など節目の取材を重ねて、5度目の「8月6日」になる。いつもまだ薄暗い午前5時すぎに、広島市の中心部にある平和記念公園へ向かう。園内に幾つもある慰霊碑や供養塔に、もう手を合わせる人がいる。ここで夜明かしする人もいる。年々、車椅子のお年寄りが多くなっている。

 やがて昭和20年のあの日もそうだったという青空が広がり、蝉(せみ)の鳴き声が大きくなる。8月6日には不思議と雨の記憶がない。

 今年は蝉しぐれをかき消すように原爆ドーム前での集会のスピーカーの音声が響いた。「野田は帰れ!」「再稼働やめろ!」…。

 平和記念式典に参列した野田佳彦首相の耳にも届いたであろう。毎週金曜夜に首相官邸前から聞こえる「大きな音」だ。集会のそばにいたのでわからないが、耳慣れておそらく表情ひとつ変えなかったのではないか。

 この国では言論、集会の自由が保障されているから、あれこれ言わないが、原爆投下時刻の黙祷(もくとう)の最中にまで叫び続けるのは、犠牲者に対して無礼だとだけ言っておく。

余計な置き土産だ

 広島に原発を持ち込んだのは菅直人前首相である。記者会見で唐突に「脱原発依存」を宣言し、昨年の平和記念式典のあいさつでは「原発に依存しない社会をめざす」と語った。参列した歴代首相が原発に触れたのは初めてだった。

 政権浮揚を狙ったのだろうが、1カ月後に退陣を余儀なくされる。「原発には詳しいんだ」と自慢していた菅氏はその後、福島第1原発事故の各調査委員会で、表現の差こそあれ事態を混乱、悪化させた張本人と名指しされている。

 それにしても、余計な置き土産をしてくれたものだ。今やヒロシマ、ナガサキとフクシマは片仮名で並記され、反(脱)原発運動のシンボルになっている。この流れは加速しつつある。

 だから、当たり前のことだが、あえて強調せずにはいられない。核兵器と平和利用の原発はまったく異なると。

原爆と原発は違う

 連鎖的な核分裂反応の発見は当初、新しい重要なエネルギー源になるかもしれないという期待を持って迎えられた。しかし、科学者たちは、人類が手にしたことのない強力な爆弾になることに気づく。時はナチス・ドイツが台頭してきた時期で、ナチスに先を越されては、と危機感を抱いたアインシュタインは、ルーズベルト米大統領にマンハッタン計画のきっかけになる手紙を送る。

 米国は「戦争の早期終結のため」「本土決戦による日本人の犠牲を防いだ」と言い繕うが、広島、長崎への原爆投下は新型兵器の実験的意味しかなく、許されざる行為である。アインシュタインは晩年、ルーズベルトへの書簡を悔いたという。

 だが、いずれ、どこかの国が核兵器を開発したに違いない。超大国の核開発競争が世界を破滅の縁に立たせた冷戦の時代を経て、今も北朝鮮やイランが核保有国となるべく躍起になっている。広島、長崎の惨禍が教訓にならなかったのは悲しい。

 一方で、核分裂のエネルギーを制御しながら利用する原子力発電が開発されたのは、ある意味、健全な科学の進歩といえる。

 原発が危険を内在していることは否定しない。事故が起きれば甚大にして長期的な被害、影響をもたらすことは、福島を見ればわかる。

核兵器廃絶こそ願い

 それでも原発を放棄すべきではないと考える。安定的なエネルギー源として今、原発に代わるものはない。

 だから野田首相に求めるのは、「再稼働やめろ」や「原発いらない」ではなく、「安全な原発を作れ」である。現状でリスクは大きくとも、人間の英知でいずれ克服できると信じる。

 が、こうした声は、反(脱)原発集会やデモの叫びに、少数派に追いやられている。将来のエネルギー構成に関する意見聴取会も「原発0%」が多数を占めている。

 電力会社の社員という理由で、原発を支持する意見は排除された。そして、恣意(しい)的にヒロシマ・ナガサキ・フクシマが利用される。

 広島市の松井一実市長は平和宣言に3人の被爆体験を盛り込んで「私たちは、そのつらさ、悲しさ、苦しみとともに、その切なる願いを世界に伝えたいのです」と述べた。被爆の地が訴えるのは核兵器廃絶に尽きる。

 しかし、67年がたって被爆体験を伝える人は少なくなった。遺族も高齢化している。「慰霊の日」の変質を危惧する。

 だからこそもう一度、声を大にする。原爆と原発を一緒にするな。

 所詮、サヨクの掲げる「未来のため」「子供のため」などの語句は民主党が掲げた「国民の生活が第一」と一緒で衆愚を取り込み、利用するためだけの方便に過ぎません。

 自らの活動が第一、自らが脚光を浴びること、権力を得ることが目的であり、その為に丁度いいから利用しているに過ぎないため、黙祷の最中だろうが自らの掲げる正義を為すことに何の躊躇もなければ良心の呵責さえ覚えないんですよ

 広島記念公園の碑には亡くなられた被爆者の方々の名が記されていますが、その人数が今年遂に28万人を超えました

 アメリカによる広島への原爆投下により当時無差別虐殺をされた人々の数は、最大で14万人と言われていますから、最低でも14万人の人が被爆した苦しみに耐えながら戦後の人生を歩んで来たということですし、また、未だ幾人もの人々が歩み続けているということです。

 そういった人々、その家族や遺族の人々が年にたった一度、総理大臣まで参集して平和への祈りを捧げるその瞬間でさえも、己が醜い欲望や憎悪で汚し、恥じ入らないブサヨどもの下卑た精神にはまさに反吐が出ますよ

 思えば、原発に反対しているのはいい加減な調査と思い込みで人の名を汚して金儲けをすることに悪びれさえもしない大江健三郎や詐欺的手法で放射能拡散の危険性を捏造して国民を扇動しようと目論むテロリスト信奉者の山本太郎らクズに、ルーピーやバ管、社民の独裁者福島と言った世紀のバカ政治家などです。

 こうも品のないバカが雁首を揃えている姿を見れば、如何にその活動が偽善と欲望に根ざした汚らわしいものであることは明々白々ですし、そもそも事態を悪化させたバ管や歴代最低の無能者ルーピーが主張しているのですから、原発をその通りに廃止することがむしろこの国を破滅へと導く危険な行為であることと分かります

 あのバカ二匹が総理大臣を僭称した2年間が、その間に為したことがどれほどこの国にマイナスな結果をもたらしたか思い出せば、むしろ朝日新聞の主張同様、正反対の行動をすることこそが国にとってプラスとなるのは確実と言えますよね?

 意図的に混同して悪評をバラマキ、その為ならば人の思いも願いも土足で平然と踏み躙る…こういうクズどもをのさばらせては絶対にいけませんよ。
08月07日(火)

韓国との試合、これに勝る最悪などありはあしない 

6日付けの中央日報の記事から

<五輪サッカー>韓日間の決勝戦が最高のシナリオ、最悪は…
2012年08月06日16時08分
 洪明甫(ホン・ミョンボ)監督率いる韓国男子サッカー五輪代表がオリンピック(五輪)史上初めてベスト4に進出した。韓国は開催国の英国を撃破して勢いづいているが、準決勝の相手は優勝候補筆頭のブラジルだ。しかし洪監督は十分に戦えるという考えだ。選手たちも自信に満ちている。身体は疲労し、負傷選手もいるが、ブラジルに勝って決勝に進出するという気持ちが強い。

 韓国は今大会、敗戦なく8強に進出し、英国を破った。今後の最高のシナリオはこうだ。 韓国がブラジルを降し、日本がメキシコに勝ち、韓日が決勝でぶつかるケースだ。まずアジアの国同士が五輪の決勝戦を行うということ自体が歴史だ。五輪サッカーの決勝にアジアの国が進出した前例はない。韓日の決勝戦が実現すれば、欧州と南米が主導してきたサッカーの歴史に変化を与えることができる。その歴史に韓国が優勝国として記録されることは非常に大きな意味がある。

 日本との対戦で勝利する条件はそろっている。組織力を誇る日本だが、韓国もこれに劣らない。洪監督は2010年広州アジア競技大会から、ロンドン五輪を念頭に置いてU-21(21歳以下)選手を主軸に代表チームを構成した。その選手たちが今回の五輪に出場し、組織力を見せている。

 また韓国は日本との対戦でこれまでも爆発的な力を発揮してきた。日本ネットユーザーも「韓国は日本と対戦すれば戦力が30%以上も増幅するのでブラジルと対戦するのがよい」とコメントしている。

 一方、最悪のシナリオはブラジルに敗れた後、3位決定戦で日本と対戦し、4位に終わるケースだ。戦力面で劣るブラジルに敗れるのはまだしも、日本との対戦で銅メダルもつかめなければ、そのダメージは大きい。メダルを逃して兵役免除も受けられず、五輪史上初の4強入りという成績も色あせてしまう。

 どこまで粘着すれば気が済むのか、本当に気持ちの悪い蛮族ですね。

 というか、そもそもこんな蛮族どもとの決勝戦なんて世界中に恥を晒すだけですから、御免被りたいですよねぇ?

 朝鮮人の場合だと、最悪没収試合にってのも考えられますし。

 何せこの五輪予選として行われた女子バスケでもまた、韓国による卑劣かつ残虐な暴力行為が日本人選手に繰り返されていましたからね。

 顔面に肘打ち、突き飛ばし、掴んで放り投げなどなど、バスケではなく格闘技のようなマネが幾度も繰り返された実に酷い試合でしたね。

 韓国擁護や称える発言ばかりで、どっちの国のアナウンスしてるんだよってアナウンサー達でさえも途中から「酷すぎる」とか「またやった」と評する位でしたから。

 昔からこの蛮族は正々堂々勝とうと自らを練磨するのではなく、卑劣な行為を繰り返しており、審判の買収や相手選手への妨害、嫌がらせ、暴力的な違反行為によって勝利を手に入れることに恥じらいを持たないどころか当然のことと思っているんですから、まさに人外のケダモノです。

 そしてその凶暴性と残虐性は日本相手になると一層増すのですから、それが決勝の大舞台で戦うなんてなったらどれ程危険な目に日本人選手が遭う事か。

 かつては体格で負けているからと釘を隠し持って相手選手を刺したり、日本人相手だからとキーパーが顔面を殴り飛ばしたりなんてことを故意にやって、勝つための正当な行為だと開き直っていたなんて話まであるのが韓国サッカーであり、しかも八百長が日常茶飯事というスポーツの名を汚すだけの蛮族ですからね。

 是非ともブラジルには圧勝してもらいたいですね。
08月05日(日)

学んだ、次はどうするのか? 

5日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

広島で原爆被害学んだ…トルーマン大統領の孫
 広島、長崎への原爆投下を命令したトルーマン米大統領(1884~1972年)の孫、クリフトン・トルーマン・ダニエルさん(55)が4日、初訪問中の広島市で読売新聞の単独インタビューに応じた。

 ダニエルさんは「広島に来て初めて、原爆の被害について多くのことを学んでいる。核兵器廃絶の努力をなす上で、大切な道しるべを与えてくれた」と述べた。

 ダニエルさんは2010年、被爆後に白血病を患い、12歳で亡くなった佐々木禎子さんの兄雅弘さん(71)らとニューヨークで出会い、雅弘さんに誘われて広島訪問を決意した。この日、広島市中区の平和記念公園を訪問して原爆死没者慰霊碑に献花。広島平和記念資料館を見学し、被爆者から体験を聞いた。

 祖父が原爆投下を命令したことについて、ダニエルさんは「私は米国の教育を受け、原爆投下は早期終戦のためと教わった。家族や友人を亡くした被爆者が放射線を浴びて、今も苦しんでいることは、広島に来て知った」と話した。
(2012年8月5日10時51分 読売新聞)

 核兵器を最初に生み出し、そして唯一人類へ向けて使用した国家、アメリカ

 しかし、彼らはそのことの意味を全く理解していないということです。

 そして、それはアメリカ政府の方針であり、アメリカの掲げる正義と自由の実態でもあります。

 数年前、広島に原爆を投下したB-29『エノラ・ゲイ』を展示するスミソニアン博物館で、一緒にその被害実態を記すために写真パネルや焼け残った遺物などの展示をしようとしたところ、元アメリカ軍人らが強硬な反対活動を行い、遂に握りつぶされるという事件がありました

 自分達は他国で戦争や内紛が起こるたびに正義の味方面をして他人を罵り、正義を掲げて武力介入をすることも珍しくないくせに、自分達が行なった正義に悖る振る舞いを暴かれ、晒されるのは我慢がならないということです。

 だからこそ、慰安婦問題でも中韓の肩を持ち日本を非難するくせに、自分達が日本人女性をレイプしてきたことや、後のベトナムなどで現地の権力者を使って慰安所を設営させ、地元女性を彼らが言うところの性奴隷にしていたことなどを一切認めず、公にされることに激しい敵意を示します。

 その傲慢さ、愚かさこそが相も変わらず民主主義国家でありながら世界中から嫌悪される唯一の国である原因なのですが、力で全てを解決してこれたせいでしょうね、現実に彼らが目を向けることは一切ありません。

 クリフトン・トルーマン・ダニエル氏が今回広島で現実に触れ、何を学んだか、今後それをどうするかは分かりませんが、同盟国に対する扱いですらもこうも非道なアメリカが、今後自省して変われることがあるとすればきっと、こういう人たちが動き出せた時じゃないかと思いますね。
08月02日(木)

職責放棄でも解任しない売国政党 

1日付けのMSN産経ニュースの記事から

丹羽大使の政府方針造反また明らかに 地方出張ゼロ
2012.8.1 17:56
 丹羽宇一郎駐中国大使が就任以降に一時帰国した際、一度も地方出張していない実態が1日の衆院外務委員会で判明した。外務省は大使の帰国時に地方自治体を訪問する方針を掲げており、尖閣諸島をめぐる発言に続き“政府方針”に従わない丹羽氏の言動が明らかになった。公明党の赤松正雄氏の質問に、玄葉光一郎外相が答えた。

 「外交青書」では「大使が一時帰国する際には積極的に地方自治体を訪問し、外国の最新の情報を提供する一方、在外公館と地方自治体の協力について協議する」としているほか、玄葉氏は一時帰国した大使に東日本大震災の被災地を視察するよう求めていた。

 丹羽氏は平成22年7月に着任して以降、5回一時帰国したが、地方出張はゼロ。丹羽氏と同じく民間出身の戸田博史駐ギリシャ大使も2回の一時帰国時に地方出張をしていないという。玄葉氏は同委で「残念な思いがする」と述べた。

 丹羽氏は6月、英紙のインタビューで東京都による尖閣諸島(沖縄県石垣市)購入計画を批判。外務省は「政府の立場とは異なる」と口頭注意した。

 どうせ、理由を問い糾したところで「そんな決まりがあるなんて知らなかった」とか、「忙しくて余裕がなかった」とか、民主党の選出者に相応しい実に稚拙でバカげた言い訳しか出てこないでしょうよ。

 そもそも民主党が脱官僚を掲げたのは、官僚による統治機構の腐敗を正すためではなく、そういった報道の尻馬に乗って自民党と双璧をなす巨悪だと断罪・批判することで自らの票を増やすためでした。

 だから、官僚及びOBの天下りを廃止だのと吹聴しながら、政権を簒奪するや民間企業となった郵政の社長を恫喝して放逐し、天下り真っ最中の元官僚をその座に据えるなんて真似を初手からやってのけたわけです。

 ご存知の通りその後の郵政と言えば、問題続きだからこそ折角大金を投じて設置した監視カメラを勝手に撤去したり、いい加減な事業統合をやってシステムに混乱を来たして大勢の利用者に大被害を与えたりしましたが、民主党ら当時の政府与党によって選出された社長であるため、交代どころか丸っきり責任を取らずのうのうとし続けています。

 それを思えば、同じ様に民主党の強権で選ばれた不適切人事の結果がどうであるかなど、考えるまでもなく分かる話です。

 まして丹羽なんて、大使として務まるような何かをやった経歴皆無の輩ですよ?

 むしろ60年安保闘争で先頭切って暴れまわっていた学生運動家と言われており、中国の独裁制度に被れている危険性の方が遥かに高いことが最初から分かっていました。

 実際、結果は案の定でしたし、同じく学生運動家出身の仙谷とバ管のコンビが尖閣事件で中国相手にどんな対応をしたのかもご存知の通り

 報道によれば9月に他の人事と紛れさせる形で交代をする腹積もりみたいですけど、結局それで選ばれるのがチャイナスクールの外務官僚だったら大笑いですよね。

 人材がいないからだと、丹羽みたいなロクデナシを選んだのに、結果はチャイナスクール出身者以上にダメだったどころか、媚売のために自国民を卑下するような完全に頭がイカレた下衆野郎を大使に選び、3代に渡って使い続けたのですから、その責任は非常に重い。

 しかも頭がイカレているだけでなく、何度一時帰国しても仕事もただの一度もまったくやらずにいたというのですから、支払った給金は全部返納させ、掛かった交通費などの経費も全額請求するべきです。

 無論、こんな不祥事を暴かれたのですから、普通であれば9月どころか即座に解任して然るべきですが、恥知らずの民主党は絶対にやらないでしょうねぇ…

 それにしても実に恐ろしいですよねぇ、ルーピーの素で日本を破壊していく能力は。

 あらゆる行動が日本をダメにするために強力に作用するのですから、日本にとってその存在はまさにエイズや癌にも匹敵すると言えるでしょう。

 是非とも熨斗を付けて中国や韓国、ロシアなどにプレゼントしたいものですね
08月01日(水)

困惑する理由が何処にあるのやら? 

30日付けのKRNEWSの記事から

韓国人「日本人が1番嫌い」

極右団体・鈴木信行氏による慰安婦少女像テロ事件などで反日感情爆発
2012/07/30 [10:26]
 各国家を代表する最高のスポーツ選手団がロンドンに集まった。最高の技で正々堂々と戦いを繰り広げる選手たち、そして彼らを応援する熱気で全世界が熱くなっている。

 そんな中、韓国では興味深い調査結果が発表された。世論調査機関「韓国ギャラップ」は、ロンドン五輪を記念し、各国に対する韓国人たちの意識を調べた。

日本、“韓国人が最も嫌いな国”1位に

 ところが、結果は日本が困惑するものとなった。今月26日に発表された世論調査結果によると、韓国人が最も嫌いな国は、日本であることが分かった。日本は2002年に実施した調査でも、「韓国人が最も嫌いな国」1位に上がったことがあり、特別目新しい結果ではないといえる。

 しかし、“非好感度”が他国に比べて格段に高く、看過できない状態になっている。「嫌いな国」2位に選ばれた中国が回答者の19.1%を集めた一方、日本はその倍である44.1%で「嫌いな国」1位に選ばれた。全体の半分に近い比率でもある。

 また、日本の非好感度の上昇ポイントは10.7ポイントで、2002年の33.4%から今回は44.1%と急増した。2位に選ばれた中国が14.5ポイントを記録し、非好感度の上昇幅では1位を占めたものの、日本の非好感度を追い抜くには力不足だった。

 日本に対する韓国人の非好感度がずば抜けて高いのには、先月発生した極右団体・鈴木信行氏の慰安婦少女像テロ事件が影響を与えたと解釈される。韓国の成人男女1500人を対象に実施した本調査は、先月14日から29日まで16日間行われ、偶然にも鈴木氏はその期間に韓国を訪問し「竹島は日本の領土」と書かれた杭を慰安婦博物館と慰安婦少女像に立て、少女像を“売春婦”と侮辱するなどした。彼の行為は、先月18日の発見後、直ちにSNSを介して韓国社会に広まり、一瞬で韓国人の反日感情を爆発させた。

韓国人が“最も好きな国”は、AMERICA

 一方、韓国人が最も好きな国に挙げられたのは米国。米国は10年前に比べて5.0ポイント上昇した21.5%を記録し、1位を占めた。特に高齢者からの好感度が顕著で、60歳以上の回答者のうち32.8%が米国を好むと答えた。彼らは朝鮮戦争(1950~1953年、現在休戦中)を経験した世代で、当時戦争に協力してくれた米国に対し現在も感謝の気持ちを持っていることがわかった。

 米国は同調査で「嫌いな国」の4位にも上がったが、2002年の調査と比較すると非好感度が13.2ポイントも急落した。米国に対する韓国人たちの意識が、非常に友好的に転向したことがわかる。

 その他、韓国人の「好きな国」はオーストラリア(19.0%)、スイス(8.0%)、カナダ(7.4%)、英国(5.1%)の順となった。

 すっごく謎なんですけど、朝鮮人如きが日本人を嫌ったからって、何でそんなことで日本人が困惑をせねばならないと、この記事を執筆した「ユ・コンニム 」って記者は思ったんですかねぇ?

 昔から朝鮮人があらゆる面で自分達の方が上だと見下しながら、実際にはあらゆる面で劣っている事から歪んだ劣等感とそこからくる逆恨みの嫌悪の情を日本人に抱いているのは今時、日本人なら普通に知っている話のような気がするんですけどね。

 朝鮮通信使が自国より遥かに優れた日本の文化や街並みを見て、妬みながら奪えないだろうかと妄想を膨らませていたのは有名な話ですし。

 ま、賢いんだ優れているんだと吹聴しながら実際には日本の一地方にまで一時は成り下がり、おまけに独立も自力では出来なかったが故の憎しみと劣等感をそのまま教育に盛り込んで永劫に憎悪を募らせようと国策でやっているような下劣な蛮族なんですから、悪意を持つことがあっても好意を持つことなどありえないと簡単に分かります。

 おまけに、基本的に頭の構造がイカレているヒトモドキですからねぇ、朝鮮人って。

 何せ、自国内にある日本大使館へ放火事件を許すという大失態を犯し、警備の強化を誓っておきながら、その僅か数ヵ月後に今度はトラックで突入するというテロを平然と実行させ、挙句にそれを英雄行為だの、日本が悪いから無実だのと国民が主張しだすんですよ?

 反日行為なら違法建築物の設置だって平然と容認するし、日本側の抗議は無視、でもそれに杭と看板を設置するのはテロ行為だから許せないと喚くし。

 更に、先日対極旗を踏んで行進するデモをどこぞの右翼団体だか何だかがやってそれをニコニコ動画にアップしたそうなんですけど、ソレに対して実に笑える反応を連中は示しています。

 「いい加減にしろ」「ここまでしたいのか、ちっ」「ここまですると怒りを超えて間抜けにしか見えない」「礼儀もなく、恥も知らない」「個人の行動が日本の国民性を表しうるということを自覚しろ」などとコメントをしているとして上記と同じKRNEWSが取り上げ、「ニュースに触れた韓国のネットユーザーらは失笑を禁じえずにいる」と評しているんですよ。

 こちらこそ失笑を禁じえない話だと思いません?

 毎回反日デモをやる度に、日の丸を踏ん付けるどころか燃やしたり、引き裂いたりなんて当たり前にやり、物足りなくなって最近では全身に蜂を纏わせるだの、日本の国鳥である雉を惨殺するだのとまさに連中がコメントするとおりの限度も礼儀も恥も知らない頭のイカレた国民性を散々晒してきたバカどもが、自分達の行為を棚に上げて平気でこういう台詞を吐き、マスメディアがその尻馬に乗って反日記事を書き殴るんですから、連中の記憶力は鶏並みなんでしょう。

 そういえば、自称元慰安婦の朝鮮人達も、辛い記憶だのと言いながら見事にそれが毎回口を開く度に経緯も内容も全くの別物へ変遷していましたっけねぇ?

 それにしても可哀想なのは韓国に好かれている国々ですよねぇ?

 日本人ならそんなの即座にノーサンキューと辞退する話ですけど、恐らく首位のアメリカは勿論、2位nオーストラリアや4位のカナダなども全力で拒絶したいんじゃないでしょうか?

 何せ、それらの国々は日本同様に韓国による朝鮮人売春婦の輸出に散々頭を悩まされていますから

 特にアメリカは売春婦のみならず各地で無法なスラム街を形成されるわ、移住者で町を乗っ取って反日活動の拠点にするわ、銃の乱射事件も頻繁に起こされるわと日本に負けず劣らず大変な被害を被っていますからねぇ?

 少なくとも今回の記事を書いた阿呆な記者にはBBCの調査で毎回日本がトップ争いをするほど世界で好かれていること、逆に南北ともに朝鮮人は世界中で嫌われていること、そのどちらも理解できず困惑しているんでしょうねぇ…
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果