徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月29日(水)

詫びず懲りずで、1年経とうがバカはバカのまま 

28日付けの時事ドットコムの記事から

原発事故対応は「大失敗」=官邸に備えなく、情報不十分-菅前首相
 菅直人前首相は3月11日で東日本大震災発生から1年となるのを前に時事通信のインタビューに応じ、東京電力福島第1原発事故について「事前の備えがあまりにも不十分だった。備えがなかったという意味で大失敗だった」と述べ、事故を想定していなかった政府や東電の対応に大きな問題があったとの認識を示した。

 菅氏は「それ(備え)があればもっと事故も放射線被害も大きくならずに済んだと思うだけに、責任を感じる」と指摘。同時に「東電から上がってくる情報そのものが極めて不十分だった」とし、その原因については「全部『3・11』前になる。つまり全電源喪失を一切想定しなかったからだ」と断じた。

 政府の初動対応をめぐり、民間の「福島原発事故独立検証委員会」(民間事故調)は、官邸が過剰に現場に介入したなどとする報告書をまとめた。これに関し、菅氏は「首相が陣頭指揮を執るのは例外だ。今回はやらざるを得なかったからやった。(官邸執務室に)黙って座っていても何も情報が来なかった」と釈明。震災翌日にヘリで原発視察に向かったことについても「黙って見ているときではなく、現場で実際に対応している所長に、きちんと話を聞かないといけないと思った」と語った。
(2012/02/28-15:45)

 相変わらず自己弁護のためとなると何よりも必死に動くようですねぇ、この下衆は。

 無能の代表であるバ菅が陣頭指揮を執って何の意味があったか?

 事故調の報告書にもあるようにむしろ現場を徒に混乱させて状況を悪化させただけでしたし、しかも震災対応の片手間にやっていたものだからそっちも全く捗らず、混乱を増大させて被害規模をより拡大させるばかりでした。

 今回の報告書によってやはりバ菅が自身を原発の専門家だと馬鹿げた錯誤をしていたことも、明らかになりました。

 官房長官を始めとした周りの制止の声を無視して視察を強行し、移動中のヘリでは説明をしようとした斑目委員長に対して「俺は基本的なことは分かっている。俺の質問にだけ答えろ」などと述べて聞く耳を持たなかったと記されており、その後、いざ現場についてからはただ怒鳴り続けて徹夜で作業に当っていた現場の士気を著しく挫いただけだったことは既に側近が明かしています。

 今回の報告書にもありますが、ヒスっているだけのバ菅は邪魔だから来させるなと言われている始末で、バ菅の行動派常にただ対応の邪魔をしただけでしかなかったことは間違いありません。

 大体、言ってることがコロコロ変わりすぎなんですよね。

 自らを原子力の専門家と称し、官房長官にも記者会見でそう答弁させておきながら後に対応を批判されるとそれをあっさり撤回していますし、「現場で実際に対応している所長に、きちんと話を聞かないといけないと思った」そうですが、自称専門家、実態ド素人のバ菅が対応中の所長に話を聞いてどんな陣頭指揮が取れたかは結果が示すとおりです。

 パニックに陥りヒステリーを起こしたバ菅は、その後辞任するまでの数ヶ月間に原子力事故及び行政において七転八倒の対応を繰り返して混乱を助長させただけでした

 特にSPEEDIや最悪の事態を想定したシナリオの隠匿など、情報の隠蔽によって国民の混乱は増大し、世界からの疑惑の目は折角の救助・支援の盛り上がりに大きく水を差しただけでなく、逆に日本へのバッシングさえ巻き起こしました。

 そのことについて謝罪どころか責任転嫁と自画自賛を今尚繰り返し続けるバ菅…いやはや、例えや冗談ではなく本気で死刑にして欲しいものですね。

 MSN産経ニュース『パニックと極度の情報錯綜 「やめた方がいいですよ」 枝野氏は菅首相にダメ出していたが…』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/120228/plc12022800190001-n1.htm

 同『報告書要旨』
 http://sankei.jp.msn.com/science/
news/120228/scn12022800250001-n1.htm
スポンサーサイト
02月28日(火)

結局大きな国民負担になった 

25日付けの朝日新聞デジタルの記事から

大幅値上げ不可避=「原発停止」で電気料金-枝野経産相
 枝野幸男経済産業相は24日、民放の番組収録で、原発を再稼働しなければ「電気料金が5%とか10%とか15%とかいうレベルで上がるのは間違いない」との見方を示した。火力発電の燃料費増加による大幅な値上げが避けられないと説明した。

 原発停止が続いた場合、「(今夏は)相当な節電をお願いしないと無理だ」と述べた。その上で、企業活動や市民生活への影響を回避するため、安全性の確認と地元の同意を前提に、「(原発を)稼働する必要がある」と訴えた。
(2012/02/24-22:33)

 ま、実際に東電は既に企業の料金で17%、民間10%の料金値上げを宣言していますしねぇ。

 再生エネ法案を通過させて自然エネルギーを普及させれば、電気料金の買取による上乗せは10年で150~200円…昨年7月にバ菅政権はこんな試算を出していました。

 しかし、素地となる電気料金そのものが既にその時点で毎月値上げされており、以降現在に至るまで頻繁に値上げをされてきました。

 分母が増えているのに、それを考慮しない計算なんて何のあてにもならず、価値がありませんよねぇ?

 で、結局はこうやって昨夏以上の節電が必要です、原発の再稼動が必要ですとなる

 こうなる事は最初から目に見えており、原発廃止派の無責任で無思慮、無節操な態度をだからこそ私は批判してきたんですが、その先頭に立って国民を扇動し、自らの人災を隠蔽しようと躍起になっていたのがバ菅が率いていた当時の民主党政権だろうと。

 やれ、全部停止だ、ストレステストだと、無計画に思い付きをあれこれと垂れ流し、建設的な意見、対応を何一つやってこなかったツケが全部今出ているだけです。

 加えてイラン問題によるホルムズ海峡封鎖の危機で、原油が高騰、入手自体が難しくなるかもだのと、先見性をカケラも持たないバカが政治をやる事の罪深さを肌身で味わう羽目に陥っているわけです。

 油の入手先にしたってブルネイなど東南アジアのものを一定量でも入手できるように交渉を進めるとか、クウェートなどから輸入できるようにアラビア湾・ペルシャ湾方面の経路を整備するとか、この1年で火力発電でやるにしても準備しておけるものは幾らでもあったと思うのですがねぇ?

 バカどもの無能政治のツケが全部国民生活に跳ね返ってきている。

 ま、原発廃止派は望みの代償なんですから、10%だろうが100%だろうが値上げは大歓迎なんでしょうけど、そんな阿呆どもに巻き込まれて割を食うこっちは堪ったものじゃありませんね。
02月27日(月)

人権無視のテロ民族が謳う人権擁護 

25日付けの朝日新聞デジタルの記事から

朝鮮学校に高校無償化適用を NGOが国連委に勧告要請
2012年2月25日1時22分
 日本政府が朝鮮学校に高校無償化を適用しないのは人種差別撤廃条約に違反するとして、日本などの三つのNGOが24日、ジュネーブの国連人種差別撤廃委員会に対し、日本政府に適用を勧告するよう要請する。

 NGOの「外国人学校ネットワーク」「在日本朝鮮人人権協会」「反差別国際運動」が、無償化を適用しないのは特定の民族への差別であることを委員会から日本政府に明確に示すよう求める。朝鮮学校への地方自治体の補助金が維持されるための必要な措置を働きかけることも求める。

 NGO側は、昨年に続き無償化が適用されないまま卒業の時期が近づいているため、緊急の対応を求めることにした。国際的な人権の基準や植民地支配の歴史に照らして、日本政府には朝鮮民族の子らが言葉や文化、歴史を学ぶ権利を保障する責務があると主張している。

 ま、要するに朝鮮人自身によるマッチポンプに、頭のイカレたブサヨが一緒になって蠢動しているってことです。

 「高校授業料の無償化から朝鮮学校を除外するなどという憲法にも国際人権規約などの諸規定にも明らかに反する非人道的な事態を現出させるようなことがあっては断固ならないように思います」

 これはレイバーネットに投稿されている東本高志という人物の記事、「国民の「過半数」が朝鮮学校無償化除外を支持している事実に私たちはどう立ち向かうか」の一文です。

 これだけでも明らかなように、ブサヨってのは言論や法理を履き違えねば何も出来ない異常種です。

 日本の税金を犯罪国家とその支配下にある朝鮮人学校のために費やさねばならないなんて憲法は日本には存在しませんし、朝鮮人に金を与えない事で侵害される人権なんてものも当然ながら世界中の何処にもありません

 資本主義だろうと社会主義だろうと金とは自分で働いて稼ぐものであって、誰かの貢いで貰わねばならないものではそもそも無いのですから。

 因みにこの東本なる人物は過去に天安沈没事件について北の犯行であるとの合同調査結果を否定し、それを事実として報じる日本のメディアなどを批判していたのですが、凄いのが「米原潜と韓国海軍艦艇の同士討ちというのがこの問題の真相ではないか、という問題提起をして見事な分析になっています」なんて主張を真面目に展開しているんです。

 わざわざアメリカの原潜が南北の衝突が絶えない国境線近い白翎島から僅か2~3kmの浅瀬まで近づいた挙句、同盟国の船に雷撃をかまして撃沈しましたとか、そっちの方が余程有り得ないのに、根拠も無くそんなものを信じられる背景には、やっぱりブサヨ典型の北への盲従があるんでしょう。

 そもそも自国の庭先とも言える黄海の内深くまでアメリカの原潜が活動していましたなんてなったら中国が黙っていないですよねぇ?

 だって現場から北京までは精々700~800km程度であり、原潜からのトマホーク攻撃が余裕を持って届く距離ですし、しかも渤海を経てそのまま一直線に海上を通過できるので迎撃どころか発見すら非常に困難

 もしそんなところで本当にアメリカの原潜が活動をしていたら中国政府は戦々恐々どころの話じゃ無かったでしょうよ。

 まぁ、日本人の拉致事件と一緒で朝鮮人の蛮行を本人が認めるまで決して認めないのがブサヨですから、理屈とか道理じゃないんですよね、もはや異常な信仰であって。

 この高校無償化にしたって出所が税金である以上、それをどう使うかはその国が決める事であって、他人が口出しをするのは明確な内政干渉です。

 「無償化を適用しないのは特定の民族への差別」などとの主張はそもそもがお門違いも甚だしい。

 人類愛だの平等だのをそういう風に履き違えなければならないというのなら、ODAだって日本が特定の国に多額を与えたり、与えていない国があるのは差別だって話になっちゃいますよねぇ?

 でも、貧困にあえいでいるからと言って日本がその国へ援助をしてやらねばならない義務など何も無い。

 同じく、朝鮮人如きに金を与えねばならない義務など日本は勿論、世界のどの国にだってありはしない。

 乞食を養うのが人権だなどと狂った主張をするのは、それこそ乞食に対して見下した感情を持っている証拠であり、そういう姿勢こそ自らを高みにおいて相手を卑下した差別でしかありません。

 まして、植民地支配の歴史がどうだのなんてのは論外もいいところ。

 朝鮮人が日本に居座っているのは自分達の勝手でやっていることであり、しかも殆どの朝鮮人は戦後に日本へ住み着いたのであり、おまけにソフトバンクの孫やマルハンの会長など元を辿れば不法入国を当たり前にやっている謂わば犯罪者やその末裔が現在の在日なんですから、日本が負い目を感じて何かをしてやる義務など無く、まして朝鮮人が言葉や文化、歴史を学びたいなら自助努力でやればいいだけのことでしかありません。

 他民族に寄生しなければその程度の事すら出来ないというのなら、それこそ自然界の法則に従って淘汰されて行くべき、その程度の種でしかなかったということでしょうよ、朝鮮人なんてのは。

 ピテカントロプスとか北京原人とかと一緒で。

 何よりもそこまで差別だなんだと言うのなら、無理にそんな日本に住まわせるのではなく、祖国へ纏めて帰還させてやろうって話にすればいいのにねぇ?

 ついでに自分達も楽園へと行って二度と帰ってこなければ、日本も幸せ、朝鮮人とブサヨも幸せで八方丸く収まるじゃありませんか?

 馬鹿な恥を国際社会にまで晒してないで、ホントに消えてくれませんかねぇ?

 レイバーネット『国民の「過半数」が朝鮮学校無償化除外を支持している事実に私たちはどう立ち向かうか』
 http://www.labornetjp.org/news/
2010/1268107215147staff01

 同『韓国・天安艦沈没事件について(東本高志〕』
 http://www.labornetjp.org/news/
2010/0523higasi
02月26日(日)

「恩」は即座に忘れるが「恨」は何代経っても忘れない蛮族 

24日付けの朝日新聞デジタルの記事から

「キム・テヒは東日本大震災で…」韓国市民団体が反撃
2012年02月23日08時56分
 「独島(トクト、日本名・竹島)は韓国領」という主張をしたという理由で韓流スターのキム・テヒが日本の極右派の反韓感情のターゲットになったことを受け、韓国の右翼団体が反撃に出た。

 これはキム・テヒを主人公に制作された日本のロート製薬の基礎化粧品「雪ごこち」のCM発表会が21日に日本極右派の攻撃可能性のため取り消されたことを受けたもの。

 これと関連し、独島サラン会は22日に声明を出し、「日本の極右ネットユーザーは“独島守護天使”キム・テヒに対する暴力行為をただちに中断せよ」と促した。独島サラン会のキル・ジョンソン会長は、「わずか1年前の日本大地震当時、韓国民が送った熱い人類愛を日本の人々は忘れてしまったのかわからない。キム・テヒも1億ウォンの多額を寄付したがあきれ返る」と話した。

 また、日本が定めた「竹島の日」7年目を迎えたこの日、「竹島の日」制定をただちに撤回することも促した。独島サラン会はこれと関連し、韓国政府も市民団体が「独島の日」に決めた10月25日を公式の国家記念日に制定すべきと主張した。市民団体の活貧団もこの日午後に日本大使館前でデモを開き、日本の極右派のこうした行為を糾弾した。

 正直、このキムなんとやらには微塵の興味や関心も抱けないんですが、朝鮮人のこのバカさはホント、いい加減にして欲しいものです。

 「極右ネットユーザー」だの、「暴力行為」だの、お前ら朝鮮人かよと

 気に入らないからF5連打のDdos攻撃だの、メールを何千、何万通送りつけて自分の偏見をごり押しするだのと極右思考に基いて暴力行為をするのはお前達蛮族の専売特許だろうと。

 その為にわざわざVANKなんて国際的なサイバーテロ集団を国が支えているという世界に類を見ない異常民族が自分達の異常さを棚に上げて何をほざいているのか?

 しかもWikipediaで調べると1980年生まれだそうですから、既に30を過ぎている女性を守護天使だとかって祭り上げるなんて、余りにも言動が痛々し過ぎますよねぇ?

 加えて献金が人類愛とやらに基いた行為だというのなら、それに対してだからあぁしろ、こうしろという代価を求めるなんてのはあってはならないことですし、ましてやそれを当人ではなく第三者がやるなんて論外もいいところだと思うのですが、相変わらず常識が通じないですよねぇ、下等な蛮族だけに。

 あと、寄付ってのは金額の多い少ないではなくやったかどうかが重要だと思いますし、幾らであれ寄付してくれたことには一人の日本人として感謝の意を示しますが、独島サラン会はなる珍妙な集団が敢えて金額が1億ウォンもだぞと協調しているので書いてしまいますけど、円換算すると精々700万円です。

 当然ながら芸能人関係の寄付額としてはむしろ低い方であり、日本で一世を風靡したあのヨン様ことペ・ヨンジュンはその10倍の10億ウォン(約7000万円)ですし、日本の芸能人も個人で寄付をやっている人間は大体何千万円という単位です。

 因みに外国の芸能人としては他にレディ・ガガは1億2000万円と同額のリストバンドの収益金全額、バービィー・スーは、自身の結婚式のご祝儀全額と、自身の懐から3750万円を寄付とあります。

 むしろやってやったんだぞと取り巻きのバカどもが気炎を上げるほど、折角の好意すら色褪せてしまうのですが、自分達を絶対だと盲信する下賤な連中にはそんなことも判らない。

 それに人類愛で助けた事やその金額の大小で代価を要求してよいというのならこれまで愚劣な朝鮮人を助ける為に日本が出してやった金なんて途方も無い額であり、朝鮮人は一生どころか子々孫々まで日本人に傅いて感謝の言葉を述べ続けなければならないと思うのですがねぇ?

 何せ国策としてやりすぎて建て直しが出来なくなったウォン安を助けてやる為に昨年野豚が半島に出向いて決定した通貨スワップの額だけでも5兆4000億円ですよ?

 ウォン計算だと約75兆ウォン以上ですかね?

 因みに韓国の国防予算が精々30兆ウォンですので、約2年半分に相当する巨額であり、韓国の国家予算で見ても数分の1という規模(日本と違って国家予算に占める軍事費の割合がバカみたいに高いのは北も南も一緒)です。

 これほどに面倒を見てもらいながら馬鹿げた主張を繰り返し、感謝の念一つもてないのですから、下等動物なんですよ、朝鮮人ってケダモノどもは。

 ホント、なんでこんな連中を我々と同じ人科としてカテゴライズしないといけないんでしょうね?

 asahi.com『安室5000万円 キム・テヒ700万円を寄付』
 http://www.asahi.com/showbiz/
nikkan/NIK201103190017.html

 時事ドットコム『外貨融通、700億ドルに拡大=為替安定へ規模5倍に-日韓首脳合意』
 http://www.jiji.com/jc/zc?
k=201110/2011101900346
02月25日(土)

小学生の問題じゃないの? 

24日付けの朝日新聞デジタルの記事から

大学生の4人に1人、「平均」の意味誤解 数学力調査
2012年2月24日19時18分
 大学生の4人に1人が、「平均」の意味を正しく理解していない--。そんな結果が、数学教員らでつくる社団法人日本数学会(理事長・宮岡洋一東大教授)が初めて実施したテストで分かった。

 国公私立の48大学に依頼し、1年生を中心とした5934人にテストを解いてもらった。

 「100人の平均身長が163.5センチ」の場合、(1)163.5センチより高い人と低い人はそれぞれ50人ずついる(2)全員の身長を足すと1万6350センチになる(3)10センチごとに区分けすると160センチ以上170センチ未満の人が最も多い--のそれぞれが正しいかどうかを聞いた。正解は(1)は×、(2)は○、(3)は×だが、全問正答率は76%にとどまった。

 まさにゆとり恐るべしって感じですね。

 私の記憶が確かなら、「平均」って小学生の問題だったと思うんですけど…

 要するに、文系だから理系だからという以前の問題なんですよね、本来は。

 それを現役大学生、それも受験を突破して入学したばかりの1年生が、それも4人に1人の割合で解けないってかなり致命的な話だと思うのですがね。

 しかも出した問題が「100人の平均身長が163.5センチ」というまさに小学生向けとしか思えない超がつくほど簡単な問題を○×で答えるだけなのに。

 (2)全員の身長を足すと1万6350センチになる

 順番にいくのなら(1)からですが、根本となるのがこっちなので先にこちらからいきます。

 これは実に単純で、100人の合計なのだからそのまま100で割れば平均値が出るし、そんなのは小学生だって暗算で出来る話ですよね?

 だから答えは言うまでも無く163.5であり、○と。

 (1)163.5センチより高い人と低い人はそれぞれ50人ずついる

 次のこれは、高い人が90人、低い人が10だったとしてもその合計値が先程と同じ16350cmであれば平均は163.5になるし、何よりも100人全員が163.5cmの人間であっても良いので、当然ながら×と。

 (3)10センチごとに区分けすると160センチ以上170センチ未満の人が最も多い

 最後のこれは一つ前の(1)の回答で記したように肝心なのは合計値なので、極端な話、160センチ以上170センチ未満の人が1人もいなくても成り立つので×と。

 大学にまで進学できる程度に日本語を読解できる知能があれば間違うどころか迷ったり戸惑ったりする必要性すらないと思うんですけどねぇ…

 いやはや、日教組ら狂師による学業そっちのけの洗脳教育の賜物なんでしょうか?

 こんな状態の若者がこれからどんどん量産されて社会に出てくるいや、もう幾らかは出てきている状態だというのですから、この国の将来ってすっごい不安になりますよね…
02月24日(金)

間接的に自らの詐欺行為を認めたルーピー 

23日付けのMSN産経ニュースの記事から

「維新八策」を批判 鳩山元首相
2012.2.23 17:45
 鳩山由紀夫元首相は23日、鳩山グループの会合で、大阪維新の会が作成している次期衆院選の事実上の政権公約「維新八策」について、「数値目標が書かれていない。ビジョンが不十分だ」と批判した。

 数値目標を掲げた民主党の平成21年衆院選マニフェスト(政権公約)が実現できていないと野党から指摘されることに触れ、「(維新の会は)その教訓に学んだのだろう」と皮肉った。

 そうですね、元々出来もしない嘘を人気取りのためだけに、政権を奪う為だけに羅列したのが民主党でしたものねぇ?

 で、出来もしない妄想を並べるなと批判されたから、今度はそれに何の根拠も無い数字を添えて、ほら数字を添えたぞ、だから出来るぞと更に嘘を重ね、実際にやってみれば元々数値に裏づけとなる根拠が何も無かいんですから、当然失敗してアレもコレも撤回せざるを得なくなった。

 つまりは最初から見切り発車でビジョンなど定まっていなかったと、ルーピーは自身が掲げて選挙を行ったマニフェストの欠陥ぶりを間接的に認めたわけです。

 しかし、そのくせに汚沢と結託してマニフェストを遵守しろと原理主義を掲げており、自らが幾ら時間と金を浪費しても達成できなかった普天間の県外移設などを実行しろと喚き散らしているんですから、いやはや、つくづく名に相応しいバカですよねぇ、コイツって。

 野豚批判を隠す為の方便でマニフェスト原理主義を掲げて国をまた惑わそうとか、本当に最低ですよね。
02月23日(木)

流石は民主党代表まで勤めた逸材 

23日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

前原氏、産経記者の会見拒否「ペンの暴力だ」
 民主党の前原政調会長は23日、国会内で開いた定例記者会見で、報道内容を理由に産経新聞記者の出席を拒否した。

 前原氏は産経新聞記者に会見場を出るよう求めたが応じなかったため、隣室に移動して産経新聞の記者を入れずに記者会見を行った。

 記者会見では、読売新聞など各社の記者が前原氏の対応に異論や抗議の意を伝えて、説明を求めた。前原氏は「事実と異なることを人をおとしめるために書き続けるのはペンの暴力であるという思いを強く持っている。事実に反することを書かれ続け受容の範囲を超えた。公正、公平な報道をしてほしい」と述べた。出席拒否の理由とした産経新聞の報道内容については具体的な言及を避けた。
(2012年2月23日21時42分 読売新聞)

 年が明けて以来仕事が忙しくて休みすら殆ど無い状態で、中々こっちまで手が回りません…ちょっと更新できなかったり出来ても時間が不定期な状態が続くかもしれませんが、極力更新を続けていきたいと思います。

 あれだけ自民を批判し、開かれた政治を謳い文句にしてきた詐欺集団ですが、その実都合の悪い事実は常に隠蔽を続け、責任も所在を明らかにしないで有耶無耶にするというまさに詐欺師の面目躍如と言える活躍を繰り広げて日本を解体してきました。

 その立役者の一人がこの言うだけ番長、前原です。

 最初に化けの皮が剥がれたのは党代表時代に起こした偽メール騒動でした。

 「事実だ」「証拠がある」と強弁を繰り返していましたが、蓋を開けてみれば何の事はない、永田町によく出回る怪文書を確認もせずに勝ち誇っていただけであり、偉そうに言いながら実は事実関係の調査など自身は何もやっていなかった事が明らかとなって、敵将の首級を挙げるどころか逆に自分が腹を切らねばならない事態に陥るという大間抜けぶりを晒しました

 その後も八ッ場ダムの建設中止、自公との折衝を悉く失敗するなど口先ばかり威勢がよくて全く結果が伴わない醜態を繰り返しています。

 批判されるのが嫌ならば姑息な真似などせずに堂々と仕事で結果を出せばいいんですけど、ま、それが出来ないからこそこういう真似をするんでしょうねぇ…

 とは言え、与党の政調会長が、それも国会で特定の新聞社だけ会見に参加するのを拒絶なんてことをすれば余計に風当たりが悪くなるのに、それがわからない辺り、本当に無能ですよね。

 しかも読売が最後に「出席拒否の理由とした産経新聞の報道内容については具体的な言及を避けた」と記しており、実際にどの報道が虚偽の貶めの報道であるかを明かさなかったのですから、その卑劣な手法に対しては他社からも批判の声が上がる事でしょう

 大臣としても場を混乱させるだけで何ら成果と呼べるものを出せず、政調会長としても同文、加えて今度はマスメディア対応でも大失態とは…いやはや流石は民主党で党首まで勤めた逸材、セコさやバカさでルーピーやバ菅に負けず劣らないんですからね。

 セコイ嫌がらせの報復でどれ程の対価を今後支払うことになるやら、何とも見物です。
02月21日(火)

クズの喚きは晒しで対抗してやれば? 

21日付けの時事ドットコムの記事から

雪遊びイベント中止に=「放射性物質心配」の声-青森の630キロ無駄に・沖縄
 那覇市と海上自衛隊第5航空群(同市)は21日、23日に予定していた子ども向け雪遊びのイベントを中止すると発表した。雪は同航空群が青森県十和田市から搬送したが、沖縄県に自主避難している父母らから、「放射性物質が含まれているのでは」と懸念する声が相次いだためという。イベントは2004年度から続く恒例行事で、中止は初めてという。

 イベント用の雪は約630キロ。八戸航空基地(青森県八戸市)の訓練に参加した隊員らが16日、十和田市内で集めてP3C哨戒機で運んだ。搬送時と到着時の2回、放射線量を計測した結果、過去の平常値と同じ水準だったという。

 一方、那覇市には2月中旬ごろから、東日本大震災後に自主避難してきた人たちから、会場となる児童館や市に対し、中止を求める声が10件程度寄せられた。市は20日、児童館で説明会を開催。集まった約20人の父母らに対し、放射線量の測定結果を伝え、危険性はないとして開催への理解を求めた。

 しかし、参加者からは「雪に含まれた放射能が溶けて空気中に拡散するのでは」「放射能汚染を避けるため沖縄に避難している。少しでも放射能が測定されているなら中止してほしい」などの声が上がった。
(2012/02/21-21:04)

 よーするに、「我が身可愛さで沖縄まで逃げ出したのに、東北のものなんて持ってくるなよ、怖いだろ」とそういいたいんですよね、自主避難している父母という名の下衆どもは。

 場所は青森、しかも運んだのは海自です。

 ちょいと考える知能があれば人体に有害なレベルの放射能など全く検知される訳が無いし、そもそも自衛隊が前以ての検査をしていない訳が無いと判るはずですが、所詮は自分のことしか頭に無いクズども、理屈や常識など通じるわけもありません。

 「少しでも放射能が測定されているなら中止してほしい」とか、阿呆すぎますよねぇ?

 こういうバカに限って四六時中携帯握ってたり、病気が怖いと毎年X線検査を欠かさずに受けたりしているんですから、本当に笑えます。

 X線は言わずもがなですが、携帯やPCなどはレアメタルとして放射性物質のコバルトなどを使用しています。

 それ以外にも地殻や大気中などにも放射性物質は存在しており、所謂自然被爆というのは普通に生活をしていても一定量は被爆をしていること、或いはその被爆のことなどを指します。

 つまりは例え山の中で文明からきり離れて生活をしようとも、少しでも放射能が測定されないところなんて地球上に存在しないってことです

 それでもと言うのなら、そんなバカどもは生きる事そのものを止めればいいんですよ。

 何せ地球上の何処にいようが、或いは宇宙にまで逃げ出そうが被爆量がゼロになる生活なんて有り得ないのですから、生きている以上は被爆しない方法なんて無いんですもの。

 そういえば、居候させてもらっている沖縄で喚いているこのバカどもはまず間違いなく飛行機で逃げ込んでいるでしょうけど、高度1万メートルの高空って宇宙線の被爆量がとても高く、X線検査より上だそうです。

 それに沖縄って移動手段は車がメインになりますけど、車に使われているレアメタルにも当然ながら放射性物質はあるんですけど、危険性など全く検知されていない雪如きには恐慌騒ぎを起こすくせに、バカどもってそういうのはなんで怖くないんでしょうかねぇ?

 このイベントは雪の降らない沖縄で自衛隊が小学校や幼稚園を巡って子ども達に雪を届け、子ども達はお礼に沖縄の名産であるサトウキビをプレゼントするという長年続いてきた交流行事であり、上記のように無知蒙昧極まりないバカどもが騒いで台無しにするなど許されないものです。

 メディアも報道するのなら居候の分際で馬鹿げた振る舞いをして回りに迷惑を掛けているバカどもの実名や顔写真を晒してやれよと思いますよ。

 どうせこの手のバカはどれだけ説明しようが、証拠資料を掲示しようが納得などするわけがないのですから、徹底的に晒し挙げてキチガイっぷりを周囲に知らしめてやればいいんですよ。

 海上自衛隊八戸基地『2011 2月のフォトギャラリー「さとうきび」のプレゼント』
 http://www.mod.go.jp/msdf/hatinohe/gallery/
photogallery/23nenn/2gatu/2gatu.htm

 朝日新聞デジタル『青森の雪「被曝が不安」 那覇、避難者の電話で催し中止』
 http://www.asahi.com/national/
update/0221/SEB201202210017.html
02月20日(月)

バカヒこそ「その説くところを、かみしめ、よく考え」ろ 

20日付けの朝日新聞デジタルの記事から

大阪の条例-司法の警告受け止めよ
2012年2月20日(月)付
 同じ職務命令に3度違反した公務員はクビにする。そんな条例案が、近く始まる大阪府と市の議会に提出される。大阪維新の会を率いる橋下徹市長が、かねて唱えていたものだ。

 「卒業式や入学式で日の丸に向かって立ち、君が代を歌え」という命令も対象になる。

 最高裁は先月、同じ命令に従わなかった教職員を停職や減給にした東京都の処分を取り消した。人の内心にかかわる微妙な問題だと指摘し、いきすぎた制裁に歯止めをかけた。

 だが橋下氏は「免職にする前に研修を受けさせ、誓約書を出させる。それでも違反する者は公務員にふさわしくない」として慎重論を押しきった。

 憲法が定める思想・良心の自由をどう考えているのだろう。やろうとしているのは、つまりは思想改造ではないか。

 君が代をめぐる別の訴訟で、最高裁は今月、さらに注目すべき判決を言い渡している。

 東京都の教職員が処分の事前差し止めを求めた裁判だ。都は起立・斉唱命令の違反者を、まず戒告、2~3度目は減給、4度目以降は停職としてきた。

 これについて最高裁は、「式典のたびに処分は繰り返され、重くなる。裁判をして後から取り消しても、意味のある救済と言えない」と述べた。そして、減給や停職という重大な処分が高い確度で想定されるときは、「処分してはならない」と裁判所が命令できるとした。

 司法による行政監視を強めるため、8年前の法改正で差し止め訴訟が整備された。その趣旨にかなう踏み込んだ判断だ。

 判決に照らせば、免職は違法として差し止め、あるいは取り消され、慰謝料も認められる可能性がある。出どころは税金だ。それが、人々が維新の会に求めた府政や市政なのか。

 折しも橋下氏は、「特定の政治家を応援する活動に参加したことがあるか」などの質問に答えるよう全職員に「業務命令」を出し、厳しい批判を浴びた。

 調査は凍結されたが、心の中に土足で踏み込む体質は、ここにも表れている。大阪の有権者は氏に権力を与えた。それを正しく使うために、自らの立場の重みを認識し、「おそれ」をもってもらわなくては困る。

 「こうでなければならない、こうあるべきだという思い込みが、悲惨な事態をもたらすことを、歴史は教えている」

 差し止め訴訟の最高裁判決のなかで、宮川光治裁判官はそう述べた。その説くところを、条例案を審議する議員もかみしめ、よく考えて欲しい。

 職業選択の自由も無い組織に強制的に所属させられてというのなら、まだ言い分もわからなくありませんが、国旗を掲揚し、国歌を式典で歌うなんてのは始めから当たり前の事と知っていて所属したのですから、自己責任であり、ルールに納得がいかないなら辞めるのが筋ってものです。

 辞める自由が狂師どもにはあるんですから。

 認められないと喚きながら、それを掲げる組織に属し、そこから離脱する事、させられる事にピーピー喚く気狂いの言い分に本来価値なんてあるわけがないんですけどね。

 それに、相変わらず朝日は都合が悪い事実を隠匿していますけど、停職や免職などは行き過ぎだと最高裁は判断しましたが、処分することは妥当であるとも判断しており、組織の定めたルールに従うことを思想だの信条だのと下劣な言い訳を弄して逃げることは許されていませんがねぇ?

 また、大阪市の調査についても朝日は因縁をつけていますが、そもそもそんな調査が必要になった原因、労組による違法な政治活動については批判するどころか全く触れていません

 これではまるで橋下市長が突然理由も無く暴挙を働いたかのように読める記述であり、やはり非常に偏った記述です。

 まぁ、何時ものように大事なお客様を敵に回す真似なんてバカヒに出来るわけがありませんから、お得意の報道しない自由を行使しているだけなんですよねぇ?

 アレだけ沖縄防衛局長の話を書きまくっていたくせに、言動に法令に触れるような違法行為など無い事が明らかになって無罪放免となるやその事実には全然触れず、その追求中に明らかになった沖縄や大阪での労組による違法な政治活動の数々はそれ以上に黙殺をする毎度の卑劣ぶり。

 自らの立場の重みを認識しろなんて偉そうに記し、「こうでなければならない、こうあるべきだという思い込みが、悲惨な事態をもたらすことを、歴史は教えている」なんて判事の言葉を引用していますけど、バカヒ自身のことを言ってるも同然だと分からない辺りが流石朝日新聞って感じですよね。

 バカげた思い込みによって国民を扇動し、古くは日比谷焼き討ち事件引き起こしや満州事変以降の大陸での拡大政策推進、第二次世界大戦への参戦、国民総玉砕要求などなど、思い込みで散々悲惨な事態を引き起こしてきた当事者がよくも恥ずかしげも無く言えるものです。

 原発事故にしたって過去に推進派として紙面に後押しするコラムを掲載していたのは有名な話ですし、半島で婦女を拉致して慰安婦にしたなどの妄言を垂れ流して今も治まらないどころか拡大する一方の国際問題を生み出したのも朝日新聞です。

 「日本は正義でなくてはならない」「日本は強大な国でなくてはならない」という思い込みで戦前は国民を戦争へと誘い、戦後は掌を返して「日本は過去に大悪を犯した国でなくてはならない」という思い込みで国と国民を貶め続けて悲惨な事態を齎し続けている下衆が何をほざくかと。

 上から目線でほざく前に、自分達こそ「その説くところを、かみしめ、よく考え」ろよって話ですよね。
02月19日(日)

群発し続ける地震 

13日付けの毎日jpの記事から

大震災後の誘発地震、15分で100回
 東日本大震災の発生から15分以内に、100以上の地震が国内で誘発されていたことを、京都大学防災研究所の宮沢理稔まさとし准教授が17日、東京大学の研究会で発表した。

 マグニチュード(M)9の巨大地震で発生した「表面波」という地震波が、もともと地震が起こりやすい地域で小さな地震を引き起こしながら、広がっていった。

 大震災直後に各地で起きた誘発地震はこれまで、大震災による揺れとの区別が困難なため、発生の実態が分からなかった。宮沢准教授は約1500の地震計記録から、大震災の揺れを除去する手法を使い、M5未満の地震を検出した。

 その結果、誘発された地震の震源域が秒速3・1~3・3キロで南西方向に広がっていったことが分かった。これは表面波の伝わる速度と一致するという。
(2012年2月18日01時28分 読売新聞)

 火薬の誘爆みたいなことが地中で起こっていたということですか。

 不幸中の幸いは、この表面波によって起こされた地震はどれも大震災による揺れと判別がつかない程度のものであったということでしょう。

 連鎖で大地震が起きていたりしたら、しかも東北沖から南西方向に広がっていたということは千葉や東京、神奈川など首都圏方面ってことですから、被害規模は更にトンでもないレベルになっていたかも知れないんですね…

 というか、もしかしてむしろ今の方が危ないんじゃないでしょうか?

 昨年の大震災以来、大きな地震が発生し易くなっており、更にここ最近は関東周辺で結構大きめのものが群発しているんですよね。

 今日の15時前にあった地震は茨城北部でM5.1、最大5弱の揺れですし、昨日千葉県北西部のものはM4.2で最大4、などと結構ハッキリ体感できる規模の揺れがあり、しかも富士山周辺でもここのところ度々揺れており、かなり関東周辺が不安定なんです。

 そんな状態ですから、もしここで再びM7だ8だ、或いはまた9だと大きいのが起きた場合、連鎖反応で関東周辺に大きいのが起こるんじゃないかと、この記事を読んで少々不安になりました。

 もうあと20日程であれから1年になるというのに、未だ連日体感できる規模の揺れが起こっているだけに、何とも不気味な感じがするんですよね…

 東海大学などの国際研究グループがキルギスで人工的に小規模な地震を発生させ、エネルギーを解放するという研究を行っているそうですが、こういう技術こそ迅速に実用化されて欲しいですよね。

 日本経済新聞『地震は制御できるか 地中に電流流しエネルギー解放』
 http://www.nikkei.com/news/headline/article/
g=96958A9C889DE1EAEAEBE2EBE
2E2E3E5E2E0E0E2E3E09F88EBE2E2E2
02月18日(土)

東京の新たな道が漸く完成 

13日付けの毎日jpの記事から

東京ゲートブリッジ:初日は渋滞も 富士山・都心くっきり
 東京都江東区若洲と中央防波堤外側埋め立て地を結ぶ「東京ゲートブリッジ」が12日、開通した。冬晴れのもと、橋の上からは東京スカイツリー(墨田区)や富士山がくっきりと見え、初日から多くの人でにぎわった。

 東京ゲートブリッジは湾岸部の渋滞緩和のために建設され、東京都は国道357号の渋滞が2~3割解消するとみている。しかし景観が良く一般道で通行料が無料であることから、初日は渋滞も起きた。午前10時の開通から3万5000台が通行、歩道の利用者も約6000人に上った。

 歩道は午前10時から午後5時まで通行可能で、当面は若洲側から入って戻ることしかできないが、早くも絶好の観光スポットとなりそうだ。足立区の無職、高村繁樹さん(73)は「風が強く寒かったが、青い海と絶景が広がっていた」。中央区の川崎晴陽君(7)は「スカイツリーや東京タワー、遠くの山、たくさんのものが見えて楽しかった」と双眼鏡を手にはしゃいでいた。

 東京ゲートブリッジは全長2618メートル(海上部1618メートル)で海面からの高さは最高87.8メートル。橋の下を大型船が通過でき、上部は航空機の障害にならない構造とするため、恐竜が向き合うような形をしている。鋼材を三角形にしてつなぐ「トラス橋」と呼ばれる構造では、全国で2番目の長さ。【柳澤一男】
2012年2月13日

 ちょっと時間が経っちゃいましたけど、漸く開通したんですね。

 かなり前から外観は完成しているように見受けられたのに、一向に開通しませんでしたから気になっていたんですよね。

 まぁ、昨年はあの大震災があったのでもしかしたらその影響による遅延もあったのかもしれません。

 というのも、若洲側の袂に若洲海浜公園というものがありまして、そこに釣り用の堤防があるんです。

 一昨年の暮れから昨年の3月末に掛けて水域整備工事によってその堤防が一部立ち入り禁止となっていたのですが、あの震災によって損壊してしまい、そのまま全面立ち入り禁止となってしまっていたので、もしかしたら同様に何らかの影響が無いかの確認などに追われていたのかなぁと。

 私は釣り上げたことも、誰かが釣り上げているところも見たことが無いのですが、一応スズキやカレイ、クロダイが堤防の先の方で釣れるとなっています。

 しかし、確かに橋の見通しはいいでしょうねぇ。

 何せ周辺は工場などの施設が幾つかある程度ですし。

 因みに、橋が大型船の通行や航空機へ配慮した恐竜のような外観構造をしているというのは、先程も記したように周囲は工場地帯で波止場が随所にあるので大型船が結構停泊していますし、若洲側にはヘリポートもあるからでしょう。

 恐らく夏場のお台場での花火時なんて絶好の眺めでしょうが、残念、歩道の利用は午後5時までとは。

 まぁそれでも87.8メートルもの高さなら周囲は一望できるでしょうから人気は出るかもしれませんね。

 問題は行くのが面倒ってことですけど…何せ車以外方法が無く、一番近い新木場駅から直線距離で見ても約3.4kmもあるんで…

 何にしても、先程も記した袂の釣り場には何度か行っているので、機会があれば橋の方も通ってみたいですね。
02月17日(金)

コイツこそチェンジをしろと 

16日付けのMSN産経ニュースの記事から

閉塞自民、中堅にも「谷垣降ろし」の動き ポスターもやり玉
2012.2.16 21:59
 自民党重鎮に加え、執行部に同情的だった中堅にも「谷垣降ろし」の動きが広がり始めた。だらだらと続く政党支持率の低下、政権奪還への明確な道筋が見いだせない閉(へい)塞(そく)状態…。谷垣禎一総裁に対するいらだちは爆発寸前。谷垣氏は土壇場に追い込まれつつある。

 16日、口火を切ったのは最重鎮、森喜朗元首相だった。党本部での国土強(きょう)靱(じん)化総合調査会(二階俊博会長)に姿を見せ、地方活性化のための優遇税制問題で谷垣氏を詰問したのだ。

 「あなたが総裁になったときから、何度も言った。本当に真剣に取り組むのか」。最後通告にも聞こえる口ぶりに空気が凍り付いた。森氏は昨年3月の東日本大震災後、民主党との大連立構想に否定的な谷垣執行部と意見を異にしていたが、公然の場で面と向かって難詰したことはない。

 坊主憎けりゃ袈(け)裟(さ)まで憎い-ということわざがあるが、次期衆院選向けに作成された党の新ポスターもそこかしこでやり玉に。

 16日の派閥総会では、伊吹派会長の伊吹文明元幹事長が谷垣氏の表情を「戦う意志があるのかと言うほど穏やかだ」と一喝。町村派でも、「地味で暗い」(衛藤征士郎衆院副議長)、「総裁は入っていなくてもいい」(安倍晋三元首相)と酷評が続いた。

 新ポスターの選定に加わった中堅の松野博一副幹事長でさえ「選挙が近いので自分のポスターを張っている」という悪評を聞きつけてか、森氏は同日の党政治制度改革実行本部総会に再び登場し、こう発言した。

 「このポスター、わざと総裁の顔を暗くしたのか? こんなポスター、俺の選挙区で引き受けないぞ」

 それでも、谷垣氏は同日の記者会見で批判に反論せず、「そのときそのときの風向きがある。風向きの苦しいときは常に総裁の責任だ」とだけ述べた。

 民主党という名の詐欺師集団が政権を略取してから既に2年半近い年月が流れました。

 既に総理大臣は3人目であり、その3人目ですら支持率は2割台という末期状態にあるにも関わらず、最大野党である自民党の支持率は殆ど変わらぬままです。

 誰もが民主党という組織が如何に口先だけで実行力の無いクズ集団であるかをまざまざと見せ付けられてきて、もはや倦怠感ばかり漂っているのに。

 出てくる総理大臣が揃って決断力を欠いた無能ばかりなのに、どいつも保身だけは上手いという下種ぶりにウンザリしているのに。

 それでも尚、もう民主はダメだ、選挙で変えようという機運が盛り上がらないのは偏に自民党が全く頼りないからです。

 そして、その頼りないの象徴が麻生さんの後を継いだ谷垣という青瓢箪です。

 「戦う意志があるのかと言うほど穏やかだ」などの自民党議員自身が述べる表現からも判るように、今の混迷とした不安ばかりの時代に求められるのは強いリーダーシップを持った人間であり、正反対のナヨナヨとして全く信頼性を抱けない顔付きに加え、答弁や討論も下手で毎回新聞各社に駄目だしをされるのに改善されない姿などもあり、青瓢箪に信頼なんて誰が置けるのかと。

 だからこそ汚沢のような独裁者にさえ縋る愚かな人間が未だ少なからずいるし、橋下知事改め、市長があれほど人気を博しているというのに、そういう分析能力すら今の自民党には無くなっているのでしょう。

 見た目は小役人然としているし、経歴にしても7浪もして漸く司法試験に受かったと思ったら、翌年には衆議院議員になっていて全然社会経験が無く、コイツに国民生活の何が判るのかって不安しか抱けませんし。

 この2年半近い時の中、まったく変わろうとしないどころか、現状を恥だとも思っていないような有様ではこの先コイツを筆頭とする現体制のままでは次の衆院選だってどうなることやら…

 いいとこ辛勝で、民主の協力無くしては何も出来ない決められないなんてことになってしまうんじゃないかと。

 まぁ、結局は反安倍、反麻生という馬鹿げた騒ぎを起こす一方で国民の声を無視してチンパンジーを総理大臣に祭り上げて自民党の凋落・無能ぶりを曝け出して国民の気持ちを自ら乖離させた位ですから、空気なんて読めやしないのは間違いないのでしょうし、だからこそ未だにこんなのを総裁として据えているんでしょう。

 あの猿芝居のような無為な1年間、そして自分がなりたくてなったわけじゃないだの、私は貴方とは違うんだだのと言い訳を繰り返して逃げ出した愚劣極まりない姿は国民に絶望とともに自民党への不快感を強く抱かせましたからねぇ?

 こんなですから、幾ら個々の議員が国会で頑張って質疑などを行って評価を得ても党の評価が一向に上がらないのは当然ですが、今の自民党にはそれが判る人間よりも判らない人間が上部を固めちゃっているんでしょうね。

 いい加減、存在価値の無い裸の王様を祭り上げるのは止めようと誰か言わないんでしょうかね?
02月16日(木)

個人資産まで狙う盗掘屋紛いの民主党政権 

15日付けの朝日新聞デジタルの記事から

休眠預金、復興に活用案 年800億円の一部、政府検討
2012年2月15日3時3分
 政府は、銀行などで10年以上お金の出し入れがない「休眠口座」の預金を、東日本大震災の被災地企業の支援策などに使う検討に入った。休眠預金は毎年800億~900億円発生しており、その一部を有効活用するのがねらい。だが、銀行業界は「もともとは顧客のお金。国が使うのはおかしい」と反発している。

 金融機関は、最後にお金を出し入れした日や、定期預金の最後の満期日から10年以上放置された預金のうち、預金者と連絡が取れないものなどを「休眠口座」に分類している。

 金額は公表していないが、政府の内部資料によると、2007~09年度には毎年、銀行は730億~770億円、信用金庫・信用組合・労働金庫は計100億円強の休眠預金が発生している。農協やゆうちょ銀行も含めると、さらに増える。

 この金額は、12年度の政府予算案に盛り込まれた中小企業の資金繰り対策(882億円)に匹敵する大きさだ。「眠らせておかず、社会に還元するべきだ」(政府関係者)として、野田政権は15日開く関係閣僚による「成長ファイナンス推進会議」で、休眠預金の活用の議論を始める。

 第三者機関がつくる基金などに休眠預金を繰り入れる案が有力で、被災企業や資金不足のベンチャー企業、NPOに回すことを想定している。

 商法上、銀行の預金は最後の取引から5年、信用金庫などの預金は民法上10年たつと、預金者の権利が失われる。ただ、金融機関は休眠預金でも預金者の求めがあれば、払い戻しに応じている。払戻額は年350億円前後で、800億~900億円からこの分を差し引いた450億~550億円が金融機関の収入になっている。

 政府も、休眠預金の活用について「預金者などの理解と同意」を前提としている。金融機関の口座から第三者機関にお金を移したうえで、預金者の払い戻しの請求にはいつでも応じ、残ったお金を活用する考え。

 だが、第三者機関が口座を管理するにしても、払い戻しに備える必要があるなど、毎年相当な管理費用がかかる。今は銀行がこうした費用を負担している。銀行業界には「国が自由に使えるお金がどれだけでるのか疑問」との声が強い。運用手法など課題も多く残されている。(伊藤裕香子、大日向寛文)

 遂には個人の銀行預金にまで手を出してきましたか…

 しかも「眠らせておかず、社会に還元するべきだ」って論理にすらなっていない手前勝手な言い分は丸っきり盗人のソレですよね?

 大方、バカどもの内の一匹が盗掘屋の番組なり本なりでも見てヒントを得たとかそんなところじゃないんですかねぇ?

 何せ上記の言い分、「死体と一緒に放置している位なら、俺様が有効活用してやるぜ」って盗掘屋による自己正当化のための言い分と瓜二つですものね。

 で、完全に奪ってしまうと問題があるから一応銀行を真似て請求があれば返してやるよと。

 でも、そもそもが連絡のつかない休眠口座。

 まず殆どは請求が無いでしょうから、政府予算として食い潰す気でいるのは間違いありません。

 何よりも連絡がつかない休眠口座と言えど、そもそも国民が銀行に信託した個人資産であり、眠っているからと言って国がそれに手をつけてよいなんて道理はありません

 いいことに使うから、景気を良くするために使うから、こんな理由でまさか盗掘屋紛いの所業が正当化出来ると本気で思っているのなら政治家どころか人間を辞めるべきですね、民主党の下郎どもは

 第一、連絡がつかないからこそ休眠状態になっている口座についてどうやって政府が「預金者などの理解と同意」を得るというのか?

 まさか既にあるものについては葉書か何かで一方的通達と言う形にし、新規の口座開設には銀行側に契約書へ小さく盛り込ませて同意したことにするつもりなんですかねぇ?

 ましてや個人→金融機関→第三者機関→政府って構図にするってことは返還要求があった際にも当然ながらこれを反対向きにやるってことなのですから、トンでもない手間とコストが掛かるんですけど、誰が負担するんですかねぇ、それは。

 本当に姑息で卑劣な連中です。

 資産運用で毎年何兆円も稼ぐとかほざいていたのはどうしたんだと。

 それにスワップで韓国なんぞに5兆円もやる無駄な金があるのならそっちを自国のために有効活用すれば、個人資産の、それも高々年数百億に手を出さなくもいい話だと思いません?

 敵対行為を繰り返す愚劣な隣国のために捨てる金はあるのに、金が無いから増税だ、個人資産の略取だって、つくづく国民をバかにしていますよね。
02月15日(水)

メタンハイドレートの海底掘削、漸く開始へ 

14日付けのMSN産経ニュースの記事から

メタンハイドレート海底掘削へ 愛知県沖で世界初
2012.2.14 18:02
 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は14日、次世代エネルギー資源として期待される「メタンハイドレート」の海洋産出試験に向けた掘削作業に着手する最終準備に入った。作業は愛知県の渥美半島沖で3月下旬まで継続。海底に井戸を設置して来年1-3月に世界初となる海洋産出試験を実施する環境を整える。

 掘削作業は当初14日午前に始める予定だったが、悪天候などで間に合わず、同日夜の開始に向けて準備を進める。

 メタンハイドレートを含む地層は海面から約1260メートル下に存在するとみられる。海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」のやぐらから、先端にドリルをつけたパイプを連結させて海底まで下ろしていき、掘り進める。

 遂に、遂に採掘に漕ぎ付けましたね。

 もっとも、試験が始まるのは来年になってからとまだまだ掛かるみたいですが、日本周辺海域には世界でも屈指の埋蔵量を誇るといわれるメタンハイドレート。

 これをエネルギー資源として使う事ができれば、多少エネルギー事情が変わってくるでしょうけど、そこまで行くのには、例えうまく行き続けたとしてもまだまだ時間が掛かります

 何せ、記事にもあるように天候などによっても簡単に作業が遅延を来たしますし、採算ベースに乗るかだってまだまだ現段階じゃ判りません。

 浮力を奪って船を沈める原因とも言われるだけに、もしも事故を起こせば、先日の海底トンネル事故のような大事故になる可能性だってあるかもしれません。

 でもまぁ、無資源国日本にってはそれでも挑むに足る魅力があるのも確かですよねぇ。

 東電とバ菅による原発事故で衆愚のヒステリックな核アレルギーが再燃している現在、代替エネルギーの確保は数も規模も出来るだけやっておきたいですし。

 怖いのは先日のブサヨによる原発投票の件で、都知事に対して反射的に批判する声が非常に多いってことです。

 去年乗り越えられたんだから原発が無くても大丈夫だとか、安直で無思慮な論拠を翳してバッシングをしている姿には恐怖を抱きますね

 昨年、アレだけ節電節電とやっただけでなく、代替エネルギーとして各地で油が使われていました。

 発電力が足りないからと老朽化して使われていなかった火力発電所を使って、中には案の定事故を起こしたところもありましたし、それでも足りないからと外国からタービンを貸してもらい、ロシアなどからは天然ガスを優先的に回してもらいました。

 単純に無くても影響せず大丈夫だったわけではなく、文字通り非常事態の体制で乗り切っただけです。

 現在は新しく製造したタービンも出来てきていますが、当然その製造費、それらを動かす油代などは全部毎月の電気料金値上げと言う形で我々の生活に跳ね返ってきていますし、今後産油量が減ればまたぞろ中東の各国は大幅な値上げに動く可能性はありますし、ロシアからの天然ガスにしたって民主党政権になって以来の日本に対する圧力の掛け方を見ていれば、とてもあてになど出来ませんよね?

 自然エネルギー関係にしても、開発は丸っきり遅々として進んでおらず、むしろ関西電力の風力発電のように遅延につぐ遅延(元々10年12月には運転を始める予定だったが、現時点でもまだ完成すらしておらず、それどころか当初の半分の規模に減っているのに来年2月に運転の予定という体たらく)だとか、事故だトラブルだなんて話題ばっかりです。

 因みに福島県沖に風車を浮かべる計画なんてまだ実証実験の入札をやっている段階です。

 ここで安直に原発を全部無くせなんて話に乗ろうというのが感傷的といわずなんというのか?

 加えて、ただ批判するだけだったり、楽観論や理想論で現実性というものが絶無な批判しか無いというのが非常に怖いところなんです。

 今回の事故がここまで深刻になった一端がバ菅、つまりは民主党政権にあるのは誰もが認めるところですが、そもそもその民主党政権こそが衆愚による感情論や楽観論で誕生したものであり、短絡な思考が重大な事態を招くと身を持って叩き込まれている現状でも、それが抜け切らないってのが私には理解できません。

 国民生活自体、これだけ困窮しているのに、自ら更に首を絞める選択をして、果たして将来それに納得が出来るのかと。

 民主党政権に対する現状みたいに、自分達で選び、招いた事態なのに許せない、ふざけるなと文句だけ言うとかってことになるんじゃないのかと。

 野豚政権が早くも支持率3割を切って2割台へ突入したそうですが、コロコロ、フラフラと自らが定まらず、危機意識も責任意識も希薄な子どもの如き精神の人間が政治に関与するって本当に怖いです。

 新しい総理大臣だから、内閣の顔ぶれが変わったから、取り合えず支持したけど、気に食わないからやっぱり不支持にしますとか、余りにも行動が無責任です。

 そういう事情もあるからこそ、メタンハイドレートなどのような切り札になり得る手札は一枚でも多く持っておきたいですよね。

 MSN産経ニュース『関電、淡路島の風力発電を運転延期』
 http://sankei.jp.msn.com/economy/
news/120213/biz12021313010002-n1.htm

 時事ドットコム『福島沖で大風力発電=世界最大規模、16年度にも商業化-丸紅など』
 http://www.jiji.com/jc/c?
g=ind&rel=j7&k=2012021400815
02月14日(火)

歪な法 

13日付けのasahi.comの記事から

ガールズバーで接客の女子高生死亡 急性アル中か
2012年2月13日14時28分
 大阪市中央区東心斎橋2丁目のガールズバー「SORA」で12日午後0時半ごろ、従業員で大阪市内の公立高の3年女子(18)が息をしていないのを経営の男性(27)が見つけ、119番通報した。女子生徒は死亡が確認され、府警は急性アルコール中毒の疑いがあるとみて調べている。南署によると、女子生徒は11日深夜から勤務し接客中に飲酒していたとみられ、店の営業形態に問題がなかったかも調べる。

 「店の営業形態に問題がなかったかも調べる」って…

 確かに労働基準法の年少者として制限されているのは満18歳に満たない者ですから、理屈の上では18歳の女子高生でも深夜のバイトは出来るし、職場としてバーを選択する事も許されていますけど、普通は倫理上雇用しないと思うのですがね?

 これが普通のスーパーなどであれば、高校生は年少者として一律に同じ扱いとなり、深夜の業務には就かせないで9時過ぎに上がらせるのが当たり前です。

 フリーターやパートとしての18歳ならば多少は本人の意向を尊重してというのもありますけど、今回の件は明らかにそんな仕事をさせていた会社と家族に問題があるでしょう。

 大体酒場で接客の仕事をしていて飲酒を全くしないなんて有り得ない話ですし。

 まぁ、これは労働基準法自体も欠陥であるのに改善がされていないからなのもあるんですが。

 先程記したように、労働基準法では年齢で一律的に従事できる出来ないが規定されており、しかも「交替制によつて使用する満16歳以上の男性については、この限りでない」などと意味不明な捕捉もある始末で、その気になれば高校1年生の男子でも深夜業務が出来るんです。

 馬券などの購入について、かつては学生・生徒は20歳以上でも禁止と法で定められていたのですが、平成17年に改正され20歳以上であれば学生・生徒でも購入できるとなっており、柔軟な運用がされているのに、労働に関しては逆に中途半端に甘い法が改善もされずそのままになっているから、今回みたいな事件が起きるんです。

 そもそも成人として認めるのは20歳からなのに、一方で労働での成人扱いは18歳からというのもヘンな話ですよねぇ?

 まぁ、こっちには高校卒業後の就職なんて問題も絡んでくるから20歳に引き上げるなんてのは無理な話だとは思いますが、少なくとも18歳になっていても高校生は不可、未成年者の酒席に侍する業務、特殊の遊興的接客業の禁止などはあってもよいというか本来あるべきだと私は思うんですけどね。

 18歳の飲酒は禁止だけど、酒場で接客をするのは良いとか、意味不明ですもの。

 何れにせよ、関係者には相応の罰を与えるべきですし、保護者や学校の監督責任も問うべきですが、何よりも歪な労働基準法を見直すべきですよねぇ…
02月13日(月)

政治の無能は命まで奪う巨悪 

12日付けのMSN産経ニュースの記事から

警告無視の「人災津波」 救えたはずの命が…
2012.2.12 18:00
 2年前の3月11日。政権交代から半年が経過した通常国会中の衆院災害対策特別委員会で、自民党衆院議員の小野寺五典氏(宮城6区)が声を張り上げて「警告」を発していた。

 取り上げたのは「GPS(全地球測位システム)波浪計。沖合約20キロに浮かぶブイが海面変動を観測し、そのデータを陸上の基地局に送る仕組みだ。つまり、沖合の波の変動から沿岸に到達する津波がいつ、どの程度の高さなのかが予測できるわけだ。東北地方の青森県から福島県の太平洋側には7地点にブイが浮かんでいる。

 小野寺氏は当時、チリ地震による東北の太平洋沿岸部への津波被害を踏まえ、「波浪計を活用して、今回はたまたま(遠い)チリで起きたので4時間ぐらい前に大津波警報を出すことができた」と評価しつつ、一つ注文をつけた。

 「波浪計で確認した情報を陸上でコンピュータソフトに手作業で打ち込まないと情報が出てこない。国土交通省だけですべて完結するとどうなのかとか、いろいろなことがあってつないでいないが、なぜリンクさせないのか」

 津波襲来の際、職員が慌ててデータを入力するのではなく、多方面にリンクしたりするなどシステムの拡充を求めたのだ。

 同時に「宮城県沖あるいは三陸沖にこれから大きな地震が来た場合は津波が来るまで時間がかからない。その場合には波浪計が多くの人の命を救う」と付け加えた。これに対し国交省の長安豊政務官(当時)は「(小野寺氏が)おっしゃられたように今後、開発を進めていきたい」と約束したのだ。

 ところが、警告は生かされなかった。ちょうど1年後の「3・11」。東日本大震災が発生し、巨大津波による多数の犠牲者を出した。

 時系列でみると、気象庁は震災発生から3分後に大津波警報を発表。津波の高さを「宮城県最大6メートル」「岩手、福島両県最大3メートル」と低く予測した。発生から約30分後、「宮城県最大10メートル」「岩手、福島両県最大6メートル」に修正したが、同じ時間帯に津波はすでに沿岸に到達し、多くの沿岸住民は修正されたことも知らず、飲み込まれてしまった。その15分後、気象庁は「全域で10メートル以上」と再修正したものの、もはやなんの意味もなかった。

 震災から丸1年を迎えようとしている今月2日。小野寺氏は衆院予算院会でこう訴えた。

 「波浪計は気仙沼沖合で約6メートルだった。そこから想定される沿岸の津波の高さは4倍か5倍と言われ、20から30メートルが来る。もしデータを生かしていれば、ちゃんとオンラインでつながっていれば…。ちょうど震災の1年前、オンラインにして気象庁に使ってくれと委員会で言ったのに…」

 さらに「実は今回の震災で波浪計のデータは気象庁に届いていた。だけど、気象庁は『予報を出すときには今までずっとやってきた仕組みがある』と。データの第一報を無視して、津波が来た後に修正、修正を繰り返している。こんな後に出されても困る」と語気を強めた。

 これに対し平野達男復興担当相(当時)は、気象庁にデータが届いていたことを認めた上で、「データをどう解釈するかについて具体的な手法が周知徹底されていなかった」と釈明したが、罪は重い。

 沿岸部にある防潮堤を閉めれば防げる高さだと判断し、危険を顧みず沿岸部に駆けつけた消防団員。高いところに逃げるよりも家の2階にいれば大丈夫と思った地域住民。背景には、最初に出された見通しの甘い津波予想が根拠にあったのは間違いなく、多くの命を奪ってしまった。

 「3・11」後、ようやく復興庁が発足し、被災地復興への動きが本格化するとともに、風化を懸念する声もある。その一方で永田町は被災地そっちのけで、相変わらず政局的な動きが目立ち、国民の生命や財産を守るはずの「政治力」は心許ない。一人の国会議員の声さえかき消され、守ることのできた命を守れなかった重い現実がある。

 死者1万5848人、行方不明者3305人(10日現在)。「その中には、浮かばれない消防団員もいる。二度とこんなことがないように…」。目を潤ませながら訴える小野寺氏の言葉は、被災地の悲痛な叫びを代弁している。同時に今後懸念される東海、東南海、南海地震への警告でもある。

 2年前の3月と言えば、ルーピー政権誕生から半年が経ち、年度予算成立によって民主党のマニフェストが画餅であったことが露呈した頃ですね。

 選挙前にルーピーは国民に対して民主党政権ならばマニフェストに記載された数々のばら撒き政策を実行し、かつ国債発行を30兆円以下にすると宣言していながら、実際にはその1.5倍にもなる44兆円以上の国債を発行しました

 子ども手当て法案を内容も煮詰めないまま強行したものの、それでも予算不足で実行出来ないマニフェストがまだまだ残り、予定通り実行しようとしたら更に10兆円以上の確保が必要というまさに出鱈目そのものの状況であり、おまけに普天間での迷走は遂にどうにもならないところまで来ていて、ルーピーが辺野古回帰を言い出す2ヶ月前という末期状態にたった半年で至った、そんな時の国会です。

 ありもしない何百兆円という埋蔵金を発掘する為に、人民裁判モドキを開いて必要不必要の判断を下せる知識も知性も無いバカどもが居丈高に役人らを罵って正義の味方面をし、不必要どころか災害対策費など必要なものまでごっそりとばら撒き実行のために削り落としていた頃で、それが影響したのか、それとも無能なバカ集団を支える為に狂奔していて改修をする時間が無かったのか、はたまた、無責任な連中の尻拭いなんぞやってられるかとやる気そのものを喪失していたのか?

 いずれにしても、民主党政権という無能が貴重な人命を奪った事実に変わりはありません

 「データをどう解釈するかについて具体的な手法が周知徹底されていなかった」という大臣の答弁からも、こんな重要な問題を民主党政権は現場に丸投げのまま放置して何もしていなかった事は明らかであり、政治主導などと吹聴するばかりで実際に主導する知能も意欲も無いクズ集団にやらせてしまった結果、最悪の事態を招いたわけです。

 まして、じゃあ対応を当時の大臣や役人らを殺人罪で処罰するのかと言えば何にも処罰しないし、震災後にどういう対応を取ったのか、現在の状態と今後の予定はどうなのかという点も民主党じゃ全く見えないままです。

 こんな馬鹿げた真似を繰り返し、国民に不利益ばかり与えておいて、何が国民の為の政治だというのか?

 かつての村山政権が阪神・淡路大震災を楽観視して現地の声を笑い飛ばして取り合わず放置して、事態を著しく悪化させたように、無能なブサヨが権力を握るとロクなことが無いどころか人命を無為に奪うことに繋がると、改めて証明されたわけですが、政権誕生に貢献した愚劣な有権者達は今何を考えているんでしょうかねぇ?
02月12日(日)

最強&最善の能力を見せてみろ 

11日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

クイズみたいな質問でいじめられてる…首相
 野田首相は11日、千葉県船橋市で開かれた母校・県立船橋高校の同窓会に出席し、あいさつした。

 出席者によると、首相は「国会の中でクイズみたいな質問がいっぱい出てきていじめられているが、乗り越えて一つ一つ前進し、国民のために課題を解決していく」と語った。激しさを増す国会での野党の追及に、つい愚痴をこぼしたようだ。
(2012年2月11日18時06分 読売新聞)

 最悪ですね、この豚は。

 最強だの最善だのと恥じらいも無く自画自賛した任命閣僚が、自らの担当する職務の基本すら把握していないのが全ての元凶だというのに、何を被害者ぶっているのやら?

 職務上把握していなければならない事項を確認のために問うのがクイズみたいな質問をされるいじめだそうですけど、じゃあ麻生総理に対して漢字テストだの、カップ麺の値段だのと回答できようが出来まいが総理としての資質や職務遂行上に何の問題も無いクイズを国会で出していたクズは何処の政党だったのかと。

 アレこそ国会の貴重な時間と金を浪費してやっていたいじめ以外の何物でも無いだろうと。

 一方で自民党の質問は本来閣僚ならば即答できる基本中の基本であり、むしろ答えられないことが異常なのです。

 しかも官僚からレクチャーを受けているのに右から左へ聞き流して覚えようとすらしない無能を大臣に任命し、何時までも据え続けているのが悪いのに、被害者ぶっていじめられているだのって…

 乗り越えようと思うのだったらまずは田中の阿呆を更迭するか、いい加減、答弁で答えられるように基礎知識位は身につけさせろって話ですよねぇ?

 北沢だ、一川だ、田中だって、わざわざイロハすら知らないバカを持ってくるんですから、自ら弱点をさらけ出して叩いてくれと言ってるも同然なのに、改善しようとすらしないで言い訳ばかり。

 特に田中は妻の北京ダックともども元は自民党所属だったのですから、頭の程度なんて最初から相手に丸分かりなのに、それを敢えて党内事情優先で配置し、未だにそちらに慮って変えもしないでおいて、何が「国民のために課題を解決していく」だっての。

 国民のためなんて大嘘をまだ吹聴するのなら、せめて狂った人事を繰り返す元凶である輿石をクビにして見せろと言いたいですよね。

 ま、そもそも本当に最強かつ最善の人選である内閣ならば、たかだか職務に関するクイズ位簡単に全問正解し、早々に野党と主題を語り合えばいいだけなんですがねぇ?
02月11日(土)

バカとクズの叩きあい 

11日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

公務員人件費2割削減は困難の認識…岡田副総理
 岡田副総理は10日の記者会見で、民主党が2009年の衆院選政権公約(マニフェスト)に明記した2013年度までの国家公務員総人件費2割削減について、達成は難しいとの認識を示した。

 岡田氏は「2割と書いたが、これを数で出そうとすると解雇しないといけない。今の公務員制度のもとでは出来ない」と述べた。

 民主党の小沢一郎元代表が消費税率引き上げ関連法案に反対する姿勢を示していることについては、「政党人として党できちんと決めたことには従っていただけると思っている」とけん制した。
(2012年2月11日11時04分 読売新聞)

 毎度お馴染み、マニフェスト破りのお時間です。

 今日のマニフェスト破りは公務員人件費2割削減

 勧告も野党の反発も無視してまで期間限定&労使交渉権付与を条件にして7.8%という非常に中途半端な公務員給与の削減を行う一方、議員の歳費や定数の削減は一切行わないままでどうするのかと思えば、結局は公務員労組の望む形で特権を与えた挙句に出来ないから止めますと

 本当に卑劣ですよねぇ?

 労組丸儲けで、議員も安泰のまま。

 この調子なら議員定数削減の話だってどう推移するか非常に怪しいものです。

 挙句に「政党人として党できちんと決めたことには従っていただけると思っている」などと汚沢を批判していますけど、そもそもマニフェストって党で決めた方針であり、国民との約束じゃないんですかねぇ?

 自分から宣言した約束を相手の了解も得ずに次々と破棄する連中と、初志貫徹を求める連中という意味では、汚沢の主張の方が正しいんじゃないのかと(笑

 ま、実際に出来る出来ないを考えていないバカと、破る事に対して言い訳だけで詫びひとつできず、その後の対応も語れぬクズでじゃ、どっちもどっちの底辺レベルであることに相違ありませんがね。

 それに何より、党の方針に従うも何も、あれだけ迷走を続けて結局辺野古へ差し戻した挙句、責任を取りたくないからと総理を辞任して逃げ出したルーピーが現在ではまた県内移設反対を叫んで政府批判をしていますが、民主党は外交政策担当にこのルーピーを据えましたよねぇ?

 加えて辞任後に反原発を掲げているバ菅はエネルギー政策担当ですし、この矛盾だらけの政府・与党に党で決めたことがどうのとか言われても何が党の方針なのかすら判りません。

 詐欺による政権略取から既に2年半近い時間が過ぎようとしているというのに、未だ政府としても与党としても機能していない無能なバカ集団…それでいて権力が大好きだから席を降りようとは思わないし、労組など自分達に協力してくれる相手の為に卑劣な便宜を図ってばかりとくるのですから。

 借金も大幅に増え続け、経済も悪化するばかり…民主党によって破壊され続けるこの国は、あとどれ位持つんでしょうかねぇ?
02月08日(水)

国民から拒絶された人間を担当にする民主の狂ったセンス 

8日付けのMSN産経ニュースの記事から

鳩山氏「外交」、菅氏は「新エネ」担当
2012.2.8 11:09
 民主党は7日、計11人いる党最高顧問・副代表に特定分野の政策を担当させる方針を固めた。

 最高顧問の鳩山由紀夫元首相は外交、菅直人前首相は新エネルギー政策を担当し、幹事長室に提言する。輿石東幹事長が発案し、両氏も了承した。

 ただ、首相時代に鳩山氏は普天間飛行場移設問題で、菅氏は東京電力福島第1原子力発電所事故に絡むエネルギー問題で迷走した経緯があるだけに「ミスキャスト」との声も出そうだ。

 ミスキャストどころの話じゃありませんよ。

 ルーピーは普天間問題に代表される外交問題の失策が原因で僅か8ヶ月で総理辞任を宣言して散々引っ掻き回した挙句逃げ出して何の責任も取っていないままですし、バ菅にしても原発事故後の対応で散々迷走し、やれ脱原発だ、ストレステストをやれば継続だと意味不明かつ場当たり的対応で結局はルーピーらと対立し、身内からの糾弾によって総理辞任へと至った輩ですよ?

 加えてルーピーが自らの宣言を悉く反故にし、責任問題になると他人へ押し付けて逃げ出すクズっぷりはもはや世界的に有名となっており、特にアメリカはルーピーが前に出てきたらまた、その存在を無視するようになって日本の外交関係、国際的な立場や信用度が崩壊するのは目に見えています。

 しかもここのところルーピーは中韓への外遊を繰り返して、アメリカよりも中国だなどと韓国の先代大統領に負けず劣らぬ対米軽視・敵視の外交姿勢を明確に示してお得意の媚中・媚韓をやっており、こんな阿呆に外交を任せたらそれこそ民主の北京ダックにやらせるのとどっちが最悪の状況を招けるかを競うような事態になるでしょう。

 そして更に、その無能ぶりを遺憾なく発揮したルーピーは就任から僅か8ヶ月で支持率を50ポイントも下げて2割以下となった過去最悪の首相として記録を残しましたが、それを打ち破ったのがバ菅なんです。

 汚沢やルーピーによる汚職政治、閣僚らの不正などが次々と明らかにされて批判されたことから、オープンでクリーンな政治を謳い文句にして総理の座へ着いたバ菅でしたが、スタート直後にルーピーによる失策・逃亡でただでさえ国民の顰蹙を買っていたところへ増税話までぶちまけて参院選で大敗を喫し、9月に起こった尖閣事件では官房長官であった仙谷と結託して謳い文句は何処へやらの卑劣な密室政治をやって国民の怒りを買い更に支持率を大きく下落させ、その後も仙谷ら閣僚の悪事が次々と露呈して支持率は急速に下落。

 年明け以降も状況は変わらず、3月になるとバ菅自身の朝鮮人からの不正献金が暴露され、そしてあの震災と原発事故が起こり、パニックとヒステリーを起こしたバ菅の迷走による迷走で事態は更に悪化。

 対応は後手後手となり、行動指針は定まらず、宣言や約束の類は全く果たされず、遂に辞任せざるを得ない状況に至ったわけです。

 昨年7月に1割台切るか切らないかというところまで支持率が下落し、それでも1月以上居座りましたが、最終的には分裂騒動にまでなって辞めざるを得なくなったと。

 こうして、平時の最悪がルーピーなら有事の最悪はバ菅だと僅か2代で日本の憲政史上にこれでもかと言わんがばかりの汚名を次々と刻みつけました。

 こんなバカどもに役職を任せること自体が正気の沙汰じゃないですけど、その上バカどもが辞める理由となった一番の失策であった分野を任せるというのですから…民主党のトチ狂いっぷりは生半可じゃありませんね。

 第一、現在の野豚政権の外交方針とエネルギー方針って、ルーピーやバ菅の方針と一致していないと思うのですが、どうするつもりなんですかねぇ?

 特にルーピーは未だに東アジア共同体という妄想を掲げ、更にはまたもや論理性の無い普天間の県外移設を主張し、それらを放棄した野豚を事ある毎に批判しているというのに。

 輿石の阿呆は、また政府と党で正反対の主張をしてバ菅政権末期みたいな分裂騒動を引き起こしたいんですかねぇ?

 少なくともアメリカは、外交担当者としてルーピーが出てきたら、その瞬間に席を立って出て行き、二度と戻ってこないのは確実ですよね。

 自称原子力の専門家、バ菅の正体は既に露呈していますし、掲げたエネルギー政策はどれも妄想の域を出ずに立ち消えとなっているのに、担当をさせてどうしようというのやら?

 いやはや、バカとクズだけには困らない政党だけあって、出てくるのは本当にゴミとしか言いようの無い人間ばかりですね。
02月07日(火)

朝鮮人の我侭に付き合う価値は無し 

6日付けのMSN産経ニュースの記事から

韓国総選挙、在外登録低調 母国に対する政治的な関心低い
2012.2.6 14:44
 韓国で今年4月の総選挙から在外投票制度が導入されるが、駐大阪総領事館管内の有権者登録は約三千人と対象約14万人の約2%にとどまっていることがわかった。世界全体の在外韓国人についても申請は低調で、注目された選挙への影響は小さい見込み。制度の認知不足や手続きの煩雑さに加え、母国に対する政治的な関心の低さが理由とみられる。

 韓国は2009年に公職選挙法を改正し、大統領選と比例代表国会議員選について在外投票を認めた。昨年11月から在外公館で行われている有権者登録は、今月11日に終了する。

 在日韓国大使館などによると、世界全体で対象者は推定約223万人。これまでの登録は約8万5千人と全体の約4%に過ぎず、大都市に匹敵する票田になるといった当初の予想は外れた。大阪総領事館は数世代にわたる家族などが多く、在外公館のなかでも有数の対象者を抱えるが、申請はむしろ低調だ。

 在日本大韓民国民団は、韓国人としてのアイデンティティーを認識するいい機会でもあるとして申請を呼びかけてきた。しかし、「日本生まれ日本育ちでは韓国の政党の公約にまで関心を持ちにくいのは確かだ」とも認める。

 さらに、制度が十分に知れ渡っていないことや煩雑さもネックだという。パスポート所持が条件で、申請は在外公館に行く必要があり、投票にも出向かなければならない。選挙ごとの登録など、高齢者や遠方居住者には負担が大きい。

 一方、比較的申請が多いのは、韓国で生まれ近年来日した韓国人だ。こうした「ニューカマー」のひとりで大阪で貿易会社を営む朴(パク)良(ヤン)基(ギ)さん(53)は「せっかくの投票の機会だから登録した。12月の大統領選はもっと関心が高まると思う」と話している。

 あんなにまで選挙権を寄越せと人の国に要求するほど渇望していたのに、祖国がくれた選挙権行使のための登録を殆どしていないとは、一体どういうことでしょうかね?

 煩雑だの負担が大きいだの、違法な選挙支援活動に精を出し、これまた違法な献金までして日本の政治家を支援してまで求めたものがちょっと遠いだの手続きが大変だの程度の負担で手に入るなら、犯罪行為に手を染めるより遥かに良いと思うのですがねぇ?

 大体なんです?

 「日本生まれ日本育ちでは韓国の政党の公約にまで関心を持ちにくいのは確かだ」って。

 祖国の政治に感心が無いけど選挙権が欲しいというのなら、それこそ日本へ帰化すれば良いだけの話じゃありませんか。

 日本国国民となり、祖国の現在、そして未来に責任を背負う一員になれば日本の選挙権は与えられるんですから。

 なのに、興味は無いけど祖国は変えたくない、でも選挙権は欲しいし、政治に関わりたいとか、どんだけ我侭なんだよと

 そんな身勝手で無責任な話、聞いてやる価値ありませんよねぇ?

 いやはや、何ともアホらしい話です。
02月06日(月)

やっぱり他でもやっていたブサヨの犯罪行為 

6日付けのMSN産経ニュースの記事から

「組合員一丸」指示 選挙後に廃棄命令 大阪交通労組の選挙支援
2012.2.6 15:02
 大阪市職員の労働組合が、昨秋の市長選で現職支援に積極的に動いていことを裏付ける生々しい実態が6日、明らかになった。橋下徹市長率いる大阪維新の会が入手した、平松邦夫前市長支援のための「知人・友人紹介カード」と、管理用のチェックリスト。市交通局職員でつくる大阪交通労働組合(大交)が配布・回収を指示し、非協力的な職員には人事上の脅しともとれる「不利益」があることを示唆していた。

 「大阪市労連(市労働組合連合会、大交の上部組織)では、組合員が一丸となって知人・友人紹介活動に取り組み、平松市長を積極的に支援していくことが決定しています」

 「紹介カードを提出しない等の非協力的な組合員がいた場合は、今後不利益になることを本人に伝え、それでも協力しない場合は各組合の執行委員まで連絡してください」

 維新が入手したチェックリストには、交通局職員約1800人分の氏名などが記載され、協力しない職員への「脅し」ともとれる文言が記されていた。

 入手リストはA4判で36枚分。会社の社員番号にあたる氏名コードや氏名、「済」を記入する紹介カードの配布・回収のチェック欄などがある。氏名コードは交通局総務部のほか、組合費を徴収する関係で大交も把握しているが、リストには非組合員の局長級ら幹部職員の名前もあった。

 現職職員から情報提供を受けた維新市議によると、リストは職場で管理され、選挙後に上司から廃棄命令が出たという。維新市議は「こうした資料が職場にあること自体が問題で、交通局が組織ぐるみで選挙運動にかかわっていた疑いが強まった。特に管理職の選挙運動は違法性があり厳しく追及する」と話す。

 大交は交通局の非管理職のほぼ全員にあたる約6500人が加入。6日、産経新聞に対し「取材は一切お断りしています」と答えた。大交などで構成する大阪市労働組合連合会(市労連)は市長選で「大阪市と市労連の存続をかけた選挙」などとして、平松氏を全面支援していた。

 宜野湾市労組に続き、大阪市の労組でも同様の犯罪行為が横行していた事実が明らかになりました。

 しかも記事を読んでわかるように脅迫や恫喝という手段まで用いている、或いは用いようとしていることが記述から読み取れ、悪質なんてものではありませんよね?

 そして、「取材は一切お断りしています」と宜野湾市の労組と全く同じ対応をしている事からもこれが陥れの捏造などではなく実際にやっていた事実だから取材拒否という逃げ方をしていると判ります。

 事実無根であれば正面切ってそう言えばいいのであり、黙秘をする必要はないんですからね。

 因みに、この取材拒否という逃げ方って悪事がバレた時の朝鮮総連の常套手段であり、深い繋がりがあるブサヨ集団だけに、行動パターンも似かよってしまうのでしょう。

 それにしても凄いですよねぇ?

 先日記した通り、労組と局長の件を暴露した共産党はほんの数日前に国会前に集まって局長の行為を罵倒し、「内部告発がなかったら(選挙介入事件が)そのまま闇に葬られていたかもしれないと思うと、はらわたが煮えくり返ります」とかほざいていたんですよ?

 自分達は各地で明確な公選法違反行為を繰り返し、今回暴露された大阪市でなんて組員に強制どころか、脅迫などまでしていたのに何が「はらわたが煮えくり返ります」だか。

 自分達の愚劣さには怒りは湧かないんですから、本当にクズですよねぇ?

 そういえばこの際に連中は原発反対も唱え、署名を議員に渡していたそうですが、その反原発活動の先頭に立っている山本某も経産省敷地内への居座り行為に対して政府は大きな度量で認めろだとかって犯罪行為を正当化しろと求める意味不明な発言をしており、やはりブサヨという生き物は存在そのものが法治や民主主義を蔑ろにし、根幹から破壊するウィルスも同然の存在ですね。

 「自分たちの行動は正しい、だからどんな行為も自分達がした場合は合法化されて然るべきだ」とまぁ、相変わらずこの手の腐った思考を持っているんでしょうねぇ…

 「大阪市と市労連の存続をかけた選挙」と連中は位置づけていたそうですから、是非とも敗北した責任をとってキッチリと市労連は滅亡して欲しいものですよねぇ?

 バカヒは相変わらず黙殺を続けていますけど、各地での組織ぐるみによる違法な中立性を無視した選挙関与について追求されるべきは労組や日教組といった連中であることがもはや明らかであり、防衛省に対して社説で吐いた暴言を自分達の購入者にも向けてキッチリ言ってみろやと言いたいですね。

 産経には頑張って各地の労組による違法行為を今後も暴露してもらいたいですし、日教組についても過去に実例があったように他にも各地である可能性は強いですから、是非とも追求してブサヨ滅亡に向けて頑張って欲しいものです。
02月05日(日)

卑劣なマスゴミの情報操作 

5日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

沖縄局長「講話」 「普天間」前進へ態勢立て直せ
 違法ではないが、誤解を招きかねない行為だったのは否定できない。

 防衛省が、12日投票の沖縄県宜野湾市長選への投票を職員に呼びかけた真部朗沖縄防衛局長について、処分を検討している。

 真部局長は1月下旬、宜野湾市内に本人か親族が住む職員66人に講話を行った。米軍普天間飛行場の移設問題に関する政府の立場や立候補予定者の考え方を説明する一方、「公務員は政治的中立性が要求される」と注意を促した。

 真部局長は参考人として招致された衆院予算委員会でも、特定の候補を推薦してはいけないなどとする防衛省の服務規律の通達を踏まえた講話だったと強調した。

 宜野湾市長選は保革一騎打ちが予想され、その結果は普天間問題にも影響すると見られていた。

 真部局長とすれば、公務員の地位を利用した選挙運動を禁じる公職選挙法に抵触しない範囲で、普天間問題の前進の一助となれば、と考えて講話をしたのだろう。

 防衛省は、特定候補を支持する発言はなく、違法行為はなかったとしている。その判断は、基本的に妥当と言えよう。

 真部局長は一昨年の名護市議選などでも同様の講話を行った。

 今回は、一川、田中の2代の防衛相の失言・迷言に加え、前任局長の不適切発言や環境影響評価書提出時の混乱で、沖縄防衛局への地元の視線が険しくなっていたことが、問題を大きくした。

 田中防衛相は当初、3日に真部局長を処分・更迭する考えだったが、予算委などで局長の擁護論が出たため、決定を先送りした。

 田中氏が「局長に説明責任を果たさせる」と語ったのは、判断先送りで混乱を招いた自らの責任を回避するもので、不見識だ。

 前局長に続き、官僚に責任を押しつける安易な対応を重ねれば、政策課題に真剣に取り組んでいる官僚の士気をくじき、防衛行政自体を弱体化させかねない。

 野田政権を追及する自民、公明両党の対応にも、疑問がある。

 そもそも普天間飛行場の辺野古移設を決めたのは自公政権だ。

 野党として、政府の問題点を批判するのは当然だが、結果として辺野古移設の実現を困難にすれば日米関係を不安定化させ、国益を損ねる。党利党略でなく、より大局的な対応が求められる。

 普天間問題は今、正念場にある。辺野古移設が頓挫すれば、普天間飛行場は固定化が避けられない。野田政権は態勢を立て直し、移設実現に全力を挙げるべきだ。
(2012年2月5日01時34分 読売新聞)

 昨日のエントリでも記しましたが、やはり社説にまで書いておきながら、局長など比べ物にならない問題行動、犯罪行動を取っている労組について読売でも何も触れていません。

 それどころか具体的な内容にわざと触れず、「予算委などで局長の擁護論が出たため、決定を先送りした」と、やはり悪意ある表現をし、更には「そもそも普天間飛行場の辺野古移設を決めたのは自公政権だ」「野党として、政府の問題点を批判するのは当然だが、結果として辺野古移設の実現を困難にすれば日米関係を不安定化させ、国益を損ねる。党利党略でなく、より大局的な対応が求められる」などと自民党や公明党へのバッシングをしています。

 公明党は予算委で局長への低俗な罵倒繰り返していましたから、上記の非難もその通りですが、自民党に関しては昨日のエントリで記したように読売が言うところの「局長の擁護論」をしていた側であり、移設についても辺野古からぶれていないのですからこれに該当しません。

 というか、違法行為を犯したわけでもなく、むしろ逆に「公務員は政治的中立性」を論じ、選挙への参加を要請したのに、それを田中のバカが安直に尻尾切りを目論んでいたから、処罰をする根拠を述べろと追求していたに過ぎません。

 法治国家として当然のルールに則って動けよと政府に言う事が擁護論なんでしょうかねぇ?

 むしろ敢えて話を濁して歪曲させ、しかも実際に違法行為に勤しんでいる労組の存在を隠匿するマスゴミの態度こそ犯罪組織に対する擁護じゃないのかと思いますがね?

 「違法ではないが、誤解を招きかねない行為だったのは否定できない」

 読売社説の最初の文から判るとおり、考えに足らぬ点があったとは言えても、それをもって処分とするようなものではないのは明白です。

 加えてそれにも関わらず局長の処分を望んでいるのが公明や社民、共産であり、一方で連中が組合による明白な違法行為には目を瞑っている点からも既に今回の選挙が公正・公平性を欠いた日本の民主主義の歴史に泥を塗るものと開票前からなっていることが判ります。

 マスゴミでは朝日が処分追求派であり、やっぱりという面子ですからね。

 例えば2日の社説で「有権者名簿を作り、局長が働きかけていたのだから、膠着(こうちゃく)状態の普天間移設問題を念頭に、特定候補への投票を暗に促す意図があったと見られて当然だ」などと勝手な断定をしていますが、実際には昨日記したように局長は朝日の妄想とは正反対の公務員の中立性を職員へ説いていますし、何よりも各省庁の職員へ選挙参加を促し、その為の便宜を図るように指示する通達が総務省からされていたことがわかっており、局長が断罪されるというのなら全ての省庁で指示に従った管理職を処分さねばならないことになりますよね?

 公務上の指示である以上、それを勤務時間中に庁舎内で行ったことも何ら罰せられるような問題ではないことも予算委で確認がされており、朝日の社説は言い掛かりに言い掛かりを重ねた悪辣な貶めに過ぎません。

 しかも笑えるのが「全国の自衛隊駐屯地でも似たようなことがありはしないか」「第三者による調査機関を設けて、過去の選挙にさかのぼって、徹底的な検証をすべきだ」などと強硬論を唱えて自衛隊及び防衛省を散々誹謗中傷しているくせに、予算委で明らかになった労組による違法な選挙活動については全くの無言を決め込んで、以降はまるで事件そのものが存在していないかのように無視しているんですよね。

 国民の知る権利を著しく害するマスゴミと、卑劣な犯罪行為を平然と行う労組やそれと結託する共産党などブサヨ勢力の一掃こそがやはり今の日本で最も必要なものですね。

 本来マスゴミの偏向報道が無ければ民主党政権自体誕生する事などありえなかったのですし。

 朝日新聞デジタル『沖縄局長講話-組織ぐるみの「背信」だ』
 http://www.asahi.com/paper/
editorial20120202.html
02月04日(土)

労組と共産、社民の卑劣な犯罪連携 

3日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

沖縄防衛局長の更迭持ち越し…防衛相ら協議
 防衛省沖縄防衛局の真部まなべ朗ろう局長(54)が、沖縄県の宜野湾ぎのわん市長選(12日投開票)への投票を呼び掛ける「講話」をした問題で、真部氏は3日の衆院予算委員会に参考人として出席し、「誤解を招く部分があったことは反省しなければいけない」と陳謝した。

 同省は3日夕、田中防衛相ら政務三役が協議し、真部氏の更迭に向けて最終調整を進めたが、この日は結論を持ち越した。

 真部氏は衆院予算委で、「どちらかの候補(予定)者に肩入れする考え、認識は全く持っていなかった」と釈明した。「(講話は)私が発案して実施した。本省をはじめ、外部から指示や示唆はない」と述べ、本省の関与を否定した。

 野田首相は「国民や沖縄県民からすれば、批判せざるを得ない部分もあった」と述べ、真部氏の行動には問題があるとの認識を示した。そのうえで、真部氏への処分について「事実関係が明らかになる中で防衛相が判断する」と述べた。
(2012年2月3日20時13分 読売新聞)

 田中のバカ発言によってマスゴミはこの衆院予算委後に局長を更迭するなんて阿呆な憶測を立てていましたが、自民党による質疑で明らかになったように、処分に該当する名目が存在しないんですよね、そもそもが。

 むしろ総務大臣の答弁によれば選挙への参加呼びかけなどの啓発活動を行っており、所属職員に参加要請を求め、その為の時間調整など便宜を図るように指導をしてきており、文章による通達などはこれまでも各省庁でされていることが明らかになりました。

 実際、テレビ出演した元自衛官の自民党佐藤議員も隊にいた当時、上から選挙への参加を求める通達がされていたと述べており、今回はそれを越えた局長講話というところまでしていることが問題かどうか、争点になったわけですが、講話まで行ったという話は現状他に無いものの、それを根拠に処罰へ至れるような法規則は存在しない、つまりは違法行為では無い事が明らかにされたために即時処罰なんて話は消えました

 しかし、自民党の質問でそれが明らかになったにも関わらず、その後に発言をした共産党や社民党は勝手に局長の行為を犯罪行為であるかのように罵倒を繰り返し、辞めろだのと喚き散らしているんです。

 そのくせ、自民党の中谷議員が取り上げた労組による明確な犯罪行為についてはまったく黙殺しました。

 その内容とは、宜野湾の市労組が何と選挙1ヶ月前をとっくに切っている先月25日に組員に対して伊波を組織支持すると通達するのみならず、「支持者を1人20名以上獲得しろ」「組員1人辺り週2以上の活動をしろ」「投票日までの伊波支持&佐喜真県議罵倒のチラシ配布をしろ」などと、公選法も公務員の中立性も明らかに逸脱した違法活動を指示していたことが暴露されています。

 ま、共産党や社民党にとっては敵である防衛省幹部へ言い掛かりを付けて叩けても、支持者である労組を批判するなんて出来るわけが無いから当然ですけど、本当に卑劣ですよね、ブサヨって。

 局長は労組と違って特定の支持者を支持しろと述べたり、或いはそう明確に示唆する発言は一切されていないのに政治活動だ違法だと批判しておきながら、労組の上記した明確な違法行為は無視しているんですよ?

 しかも笑えるのが、3日午後に答弁をして局長に言い掛かりを付けていた社民党の照屋寛徳と共産党の赤嶺政賢は、参員の糸数慶子、山内徳信らとともに伊波の出馬会見に同席していた人間であり、その偏った発言からも明らかに政治的中立性を無視し、局長のみならず県議をも陥れる意図で発言を行っていた事がわかります。

 特にコレを問題だと暴露した共産党は赤旗において『沖縄防衛局 宜野湾市長選 介入に怒り 労組・民主団体が国会行動』という記事を掲載しており、共産党と労組が一体となっている事実、そして自らの違法行為を棚に上げて他人を罵倒する卑劣振りを遺憾なく発揮しています

 しかし、不思議な事にこの労組による遥かに悪質な政治介入・活動が国会で明らかにされたことを報じるメディアは何処にも存在しないのです。

 唯一産経新聞が前日の2日に宮本雅史那覇支局長の話として中谷議員の答弁に出てきた文章配布について報じ、3日の産経抄で触れているのみなんです。

 私には局長なんぞよりも照屋とか赤嶺、そして宜野湾市労組の連中などこそ参考人として問い詰めるべきだと思うのですが、マスゴミにとってはそちらは黙殺してもよい話なようですね。

 いやはや、本当にマスゴミとブサヨってのは卑劣千万であり、信用を一切置けない連中ですよねぇ?

 沖縄タイムス『宜野湾市長選:伊波氏が出馬表明』
 http://www.okinawatimes.co.jp/
article/2012-01-10_28324/

 しんぶん赤旗『沖縄防衛局 宜野湾市長選 介入に怒り 労組・民主団体が国会行動』
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/
2012-02-02/2012020205_01_1.html

 MSN産経ニュース『宜野湾市職労側も選挙運動 特定候補への協力呼びかけ』
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/
news/120202/crm12020214280013-n1.htm
02月03日(金)

連日恥を書いても学ばない愚か者 

3日付けの朝日新聞デジタルの記事から

無断離席の田中防衛相、コーヒー飲んでいた
2012年2月3日13時36分
 田中直紀防衛相が、1月31日の参院予算委員会の審議中に無断で10分以上席を離れた際、国会内の議員食堂でコーヒーを飲んでいたことがわかった。3日午前の同委理事懇談会で出席者が指摘。防衛省の鎌田昭良官房長が事実関係を認め、無断での離席を陳謝した。

 田中氏は参院予算委で、10分以上にわたり閣僚席からいなくなった。不在に気づいた委員会室が騒然とするなかで戻り、「風邪気味で鼻水がとまらなかったから、薬を事務所から持ってこさせた」と釈明した。

 理事懇での説明によると、田中氏は薬が届くまで議員食堂で待機。その間に「水だけでは悪いのでコーヒーを注文した」という。

 あんなのを妻にするだけあって、この夫も負けず劣らずですね。

 無断でいなくなるだけでも問題だというのに、わざわざ食堂へ行って、コーヒー飲んでいましたってねぇ?

 3日は流石にちゃんと座っていましたが、答弁は滅茶苦茶、もはや何を言っているのか誰にも理解出来ない発言を繰り返していましたね。

 まるでルーピーを見ているような始末です。

 今日もまた基本を幾つか問われて、何も答えられないままですし。

 普通はこれだけ失態を重ねていれば、勉強をしよう、基本位抑えておこうと考えると思うんですけどねぇ…

 まぁ、沖縄に行っても問題のキャンプシュワブには行かず、小学校校長の話も聞き流していて避難訓練の理由や内容すら覚えていないで平然としているような輩ですが。

 自民党議員がやっている連日の質問に、聞いている側としてはまるでイジメのような印象を抱くかもしれませんけど、自民党議員側からしてみると基本を知らない、知ろうともしない田中というバカが相手なので、一々確認しないとその先の話題に入れないと述べていましたが、確かにそうなんですよね。

 宿題を一緒にやる際に、応用問題を解こうにも基本が出来ていない状態の相手とであれば、まずはそこを教える段階から入らないといけないですよね?

 x=y,y=0じゃあxは幾つか?

 yが0で、xとyは同じなのだから当然x=0なんですが、むしろ田中の阿呆の場合はxとかyの意味すら理解していない状態なわけで、これでは専管大臣と個別問題の質疑なんて出来ません

 誰か田中に言ってくれないものですかねぇ、飲みに行く時間があるなら勉強しろ、妻の更迭から少しは学べって。
02月02日(木)

いい加減チェンジを 

2日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

硫黄島の読み、たどたどしく…素人ぶりの防衛相
 2日の衆院予算委員会で、自民党は田中防衛相の閣僚としての資質に照準を定めて、田中氏を厳しく追及した。

 同党は沖縄防衛局長の講話問題を巡る田中氏の責任も絡めて、田中氏に対する問責決議案を参院に提出する時機を探る構えだ。

 田中氏は、この日の答弁でも言い間違いや事実誤認の発言を連発した。国連平和維持活動(PKO)で民間活動団体(NGO)などを警護する場合の武器使用について、「一つの部隊の中で活動していればできると思う」と答弁し、自民党の質問者の石破茂・元防衛相から「民間人が部隊の中で活動するわけがない」と指摘された。

 自衛隊を合憲とする政府の憲法解釈の根拠についても、「私自身は理解していない」としたほか、自衛隊基地がある硫黄島いおうとうの読み方を問われ、たどたどしく「いおうとう、ではないかと思う」と答えるなど、「素人」ぶりを露呈した。
(2012年2月2日20時16分 読売新聞)

 表題の硫黄島の読みについてですが、先月23日に沖縄県知事と会った際にも「沖縄は石垣島に毎年1回ほど家族とうかがっているが、大体水族館や硫黄島に出かけ、街中は素通りだった」変わらぬ口と頭の軽さを発揮して意味不明な発言をしていたらしいので、そこから来ているのかと。

 というのも、前に書いたことがありますけど、沖縄に硫黄島なんて名前の島は存在しません。

 あるのは東京と鹿児島です。

 そして、東京にあるのは「イオウトウ」、鹿児島にあるのは「イオウジマ」と同じ漢字ですが読みが違うのです。

 田中の間抜けが会談の際にどっちの発音をしたのかはわかりませんでしたが、そういう有能無能以前の呆れるまでの無知ぶりから出た質問なんだろうなぁと。

 質問にあった東京の硫黄島は、近年はクリント・イーストウッドとスティーブン・スピルバーグというファンには堪らない組み合わせで日本と米国それぞれの視点から見た硫黄島の戦いが映画化されたり、読みについてアメリカが抗議して来たりと何かと話題になっている地であるとともに、太平洋における日米の重要拠点でもあります。

 かつての激戦地であったことから未だ多数の戦死者の遺骨が眠り続ける地であり、加えて上記したように現在は防衛上の重要拠点に島自体がなっているので関係者以外は立ち入り禁止であり、単なる一議員が家族連れで毎年訪問するなどは当然ながら不可能な場所です。

 とまぁ、そんなわけで恐らくは鹿児島の方と勘違いしていたのでしょうが、何れであっても素人じゃないと威張りながら問題の渦中にある地域の地理に疎く、防衛上の要衝の名すら未だ解さず、それどころかそもそも憲法と自衛隊の整合性というその存在をどうやって認めているのかという当事者にとって根幹を為す問題すら大臣が理解できていないというのですから、何処が適材で最強なんだと。

 PKOにおけるNGOの問題とかにしても、ホントに物を知らないってのが丸分かりですよねぇ。

 というか、知らなくてもちょっと考えればわかる様なレベルの話だと思うのですが、やっぱりあの妻にしてこの夫有りってことなんでしょうかねぇ?

 バカさや言い訳の低脳ぶりが身の丈に会わぬ外務大臣をやって失態を重ね、更迭されるに至った北京ダックにそっくりじゃありませんか。

 いやはや、こんな状況で何かあったら本当にこの国はどうなることやら…

 YOMIURI ONLINE『沖縄に硫黄島…田中防衛相、会談で言い間違え?』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20120123-OYT1T00474.htm?from=main4
02月01日(水)

法治国家に対する反逆者 

28日付けの朝日新聞デジタルの記事から

「反原発」イデオロギー強制も 日教組教研集会で報告
2012.1.29 22:13
 教研集会では、「反原発」など日教組のイデオロギーを一方的に押し付けるような授業が今年も報告された。

 仙台市立高校の男性教諭は現代社会の授業で、原発の危険性などを取り上げた上で、学科ごとに原発に賛成か、反対か、を問う趣旨の質問を実施した。

 教諭は、反対が少ない学科もあったことなどについて「教職員の授業における操作的射程は意外と成功しなかった」と報告。さらに「社会科の教師は、ある意図をもって授業をしようとするわけだが、そうはなっていない状況がある」と総括し、これまでにも自身のイデオロギーを生徒に一方的に押し付けてきたことをうかがわせた。

 神奈川県藤沢市立小学校の男性教諭は原発事故後、「情報が操作されている」ことなどを理由に「一つの考えしか許されなくなるのは、太平洋戦争前夜の社会状況に似ている」とし、「間違っていることは間違っているといえる子供たちを育てていきたい」と話した。

 「太平洋戦争前夜の社会状況に似ている」という「一つの考えしか許さ」ない教育をしている当事者が、自分たちを棚に上げてこういう発言をしているんですから、つくづく手に負えないですね。

 国旗・国歌の問題でも、信条や思想の押し付けを止めろと喚く一方、自分たちの偏狭なソレを子ども達に押し付けるのは当然のことだとやっているし。

 満州事変からで見たとしても精々10年ちょっとという日本の歴史において極々短い時期を切り取って悪だと罵る一方、それ以外の時期、特に戦後の同じ国旗・国歌を掲げる日本国が果たしてきた役割やその価値は一切評価しないという呆れるまでの偏向思想を子ども達へ押し付けてこれこそが教育だとほざく…

 しかも、連中が元凶視している軍にべったり寄り添って国民を惑わし、虚偽の報道で莫大な富を稼いでいた朝日や毎日らは例外とするどころかむしろ愛読し、テストにまで用いるなど重宝しているのですから、連中の価値観が実にクダラナイ下劣なものであるか判るでしょう。

 おまけに日教組は毎日自身が事実関係を既に否定している「百人斬り」報道を事実だとして子どもたちへ教え、日本国及び報道された将校2名の名誉を毀損して中国への罪悪感を刷り込む洗脳授業を行っているというのです。

 原発問題では「情報が操作されている」などと批判する一方、自分たちはこのように記事を発表した会社自身否定した話を事実だと断定して、子どもたちを洗脳する情報操作を平然とやるんです。

 竹島問題などでは相手の言い分にも耳を貸すのが云々と武力侵略をして日本から奪い取った韓国の立場を擁護したり、その主張を丸呑みするくせに、日本政府や日本人の言い分は認めないで、「一つの考えしか許されなくなるのは、太平洋戦争前夜の社会状況に似ている」などとほざき、「間違っていることは間違っているといえる子供たちを育てていきたい」と、そもそも自分たちの存在こそが大間違いである事を理解していないで的外れな教育思想を語る。

 非常にキモチワルイですよね。

 何より、「教職員の授業における操作的射程は意外と成功しなかった」「社会科の教師は、ある意図をもって授業をしようとするわけだが、そうはなっていない状況がある」と報告している高校教師の弁からも、自分たちの教育こそが情報操作によるものであり、信条や思想の押し付けであると理解してやっていることがわかります。

 とどのつまり、戦前戦中と何も変わっていないのがコイツら日教組ってことですよ。

 自分たちの都合次第で幾らでも事実なんて歪めるし、国の命令どころか裁判結果すら認めない、法治国家に対する反逆の徒なんですから、纏めて国外への放逐処分にでもしてやればいいのにねぇ?

 MSN産経ニュース『中学授業で「百人斬り」 自虐的教育を報告 日教組教研集会』
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/120130/edc12013020470002-n1.htm
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果