徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月31日(火)

猿の再調教 

28日付けの朝日新聞デジタルの記事から

「法案知ろう」「座って拍手を」 民主1年生の勉強会
2012年1月28日2時15分
 法案の内容を知らなかったり、審議中に退席したり。こんな体たらくをなくそうと、民主党は27日、当選1回の衆院議員向けに「勉強会」を開いた。

 対象は133人で、政権交代を果たした2009年8月の衆院選の初当選組。松本剛明国対委員長代理が講師役を務め、「本会議では座って拍手してほしい」「テレビに映ることがあるから、まじめにやることに損はない」と基本から説明。「法案の説明があるので(党の)部門会議に出席してほしい」といった要請もした。

 本会議や委員会では途中離席が目立つ。昨年12月の臨時国会では、海外への原発輸出を可能にする「原子力協定」の採決時に「中身を知らない」として棄権した議員も。初当選直後には、当時の小沢一郎幹事長の方針で連日にわたって新人教育を受けたはずだが、幹部の目に余ったようだ。

 「信じられないだろ?2年半与党やってる政党なんだぜ、これ」

 とまぁ、某著名な野球漫画みたいな台詞を吐きたくもなりますよね、このバカどもには。

 幼稚園児にお遊戯会への参加の仕方を説いているのかと

 流石は学級崩壊児童並の知能レベルしかないならず者集団ですよね。

 基礎常識のレベルをこの期に及んで教育せねばならないとか、普通なら絶対にありえないを当たり前にやるんですもの。

 拍手の仕方やタイミングがどうだの、会議では真面目にやれだの、会議にちゃんと出席しろだの、大人としてと言うよりも人間としてこんな注意を受けねばならないバカ猿が国会議員になれるんですから、やっぱり日本の政治は衆愚政治そのものであり、こういうバカどもに票を投じるような人間に選挙権なんて必要ないだろうと思いません?

 ま、国会議員の仕事を顔と名前を売り込むことだと教え、存在意義を党の権勢を高め、採決を可決する為の道具だとしか調教をしてこなかったのが汚沢ら民主党の幹部連中なんですし、その為に都合の良いバカ猿を敢えて引っ張ってきていたんですから、この結果は当然と言っちゃ当然でしょうけど。

 そう言えばつい先日も年甲斐も無くラウンドガールなんてものをやって、見っとも無いブヨ腹を晒して一人満悦していた40過ぎのバカ女議員が民主党にはいましたっけねぇ?

 それにしても「テレビに映ることがあるから、まじめにやることに損はない」って台詞、そもそも国会議員の仕事を真面目にやるのを損得の問題として幹部連中さえもが認識している時点で、このバカどもが国を憂いて行動しているわけではなく、我欲を満たす為だけの食い物としてやっていると分かります

 国会審議に参加せず、党の会議にすら参加せず、汚沢の命令に従って地元で選挙対策だけに狂奔する…まさに参院選で落選した河上満栄みたいなクズばかりなのでしょう。

 いやはや、こんな小学生にも劣る知能のバカどもが動かしているんですから国が迷走に迷走を重ね、借金と国民の負担ばかり増えていくわけですよねぇ…
スポンサーサイト
01月30日(月)

地獄行き、ノンストップ民主特急 

29日付けの朝日新聞デジタルの記事から

年金制度の試算、公表せず 政府・民主三役会議で確認
2012年1月29日16時10分
 野田政権は29日、民主党が掲げる新しい年金制度に必要な財源の試算を公表しない方針を決めた。この日の政府・民主三役会議で確認した。

 試算は、新年金制度への移行を終えた後の2075年度に、消費税率が10%への引き上げに加え、さらに最大で7.1%幅の引き上げが必要になる内容で、昨年春にまとめた。野党側は税と社会保障の一体改革の協議の前提として公表を求めていた。だが、もらえる年金額が減るケースも出てくることなどもあって、政権内では公表への慎重論が強まっていた。

 結局は都合が悪いから情報を隠蔽しますってことですよねぇ?

 開かれた政治、オープンな政治を謳い文句にして何十年も前の噂話の調査を命じるくせに、自分たちに都合の悪い事実は常にこうやって隠蔽する姑息さを恥とも思わないんですから呆れ返ります。

 連中の野党時代の言い分であれば政府与党は情報を収集し、開示するのが責任であり、判断及び審判を下すのは常に国民であるはずなのに、与党になってからは全く異なり、全てを行うのが政府であり、愚劣な民草はその判断にただ従がっていればいいという態度なんですから、これで未だによくも民主を名乗れるものですよ。

 昨年の震災及び原発事故対応、一昨年の尖閣事件や更にその前の年にあった普天間問題など、悉く民主党政権による隠蔽工作によって情報が国民に知らされぬまま結論だけを押し付けられており、民主党のバカどもが野党時代に喚き散らしていた民意などこれでもかと言う位に蔑ろにされ続けています

 最も判り易い例が支持率で、3割台や2割台、或いはそれすらも割っていてさえ解散総選挙どころか辞任をすることもなく、民意を正確に反映していないなどと逆ギレして3名とも平然と地位にしがみ付き続けています。

 現在の野豚政権だって本来なら既に3割台まで落ち込み、不支持が支持を上回っているのですから野党時代の主張に従うのならば速やかに辞職せねばなりませんし、民主の支持率も与党のそれに相応しい数字ではなく、何よりも解散要求の根拠としていたマニフェストの達成状況もまた到底認められるようなものではないのに、解散しませんよね?

 それどころか震災及び原発対応ではそもそも情報そのものを記録として残していなかったことも判明しており、与党経験者や閣僚経験者までいる政党でありながら、未熟だの経験不足だのと言い訳を繰り返して開き直る姿は到底許されるものではありません

 まったく…麻生政権を戦前の日本に例えて軍国主義への復古であるかのように山岡などは罵倒していましたけど、都合の悪い事実を隠蔽する一方で誇大な発表を繰り返す連中のこの姿勢こそまさにソレだと思いませんか?

 戦前・戦中に大和魂や神風があるから米英と戦争をしても勝てると吹聴していた愚劣な軍人やマスゴミ、衆院選前に捻出出来る金が沢山あるからばら撒きをやっても大丈夫、任せてくれれば国民に薔薇色の生活を与えると吹聴していた民主とそれを後押ししていたマスゴミ、構図は見事に瓜二つですし、至った結果も大敗して日本に大きな爪あとを刻んだと、まったくもって瓜二つですよね?

 まぁ、民主による悪夢からこの国はまだまだ解き放たれ無いままですから、これからどれだけ悲惨な未来が待っているのかは判りませんけど。

 何れにせよ増税による負担増、年金額の減額など、我々の行く先が地獄である点は確定事項ですけどね。
01月29日(日)

努力する気も無いバカが通うな 

28日付けのしんぶん赤旗の記事から

「通学代、バイトで稼げ」
橋下大阪市長が暴言
2012年1月28日(土)
 橋下徹大阪市長は27日、記者会見し、大阪市と大阪府で制定を狙う「教育基本条例案」に盛り込むとしている3年連続定員割れの府立高校の統廃合で、経済的に困難な家庭の子どもが遠距離通学になっても、「通学定期代くらいバイトして稼げばよい」と強弁しました。

 橋下市長は「生徒が集まらない学校をずっと置いておいても仕方がない」とし、「本当にそういう事情があるなら電車代を助成しますよ」と発言。一方で、「本当に家庭の事情で苦しいというなら通学定期代くらいバイトして稼ぎゃあいい。授業料までただにしてるんですから。通学代が出せないから地元に高校を残さないといけないなんて、そんな理屈は通らない」と述べました。

 強弁も何も、市長が述べているのって至極当たり前の話ですよねぇ?

 同じ府立の、同じ程度の学力レベルの学校に通うのに、普通は何十駅も移動するなんて有り得ません。

 精々が数駅で事足りる話であり、その交通費が何万円もするわけがありません。

 大阪府のHPにある『平成22年度以前に入学した皆さんへの補助制度』というページを見ると「大阪府内の全日制高等学校・中等教育学校(後期課程)・高等専修学校等」「標準授業料(年間55万円)」とあり、これを1ヶ月分で割ると4.6万円弱になります

 つまり、これまで学費として捻出していた毎月4.6万円弱が民主党のばら撒き政策によって現在はそっくりそのまま浮いているのですから、これを充てても本来なら十二分にお釣りが来るんです。

 生憎と私は大阪の鉄道網事情は分かりませんので、東京都の場合で記します。

 JR総武線都内東端の駅である小岩駅から新宿駅までとした場合でも、片道たったの290円

 定期代1ヶ月分が8820円ですので、何と半年の定期(42340円)を買っても1ヵ月分の学費だけで尚お釣りが来るんです。

 つまり、2ヵ月分の浮いた学費を充てるだけで1年分の交通費が捻出でき、それでも尚45万円以上年額で浮いている計算になるわけであり、これで払えないなどと言うのは余りにも馬鹿げた言い分だと分かるでしょう。

 仮に地下鉄など別路線への乗り継ぎやバス代が掛かったとしてそれぞれ月1万円のプラスを見込んだとしても3万円に満たないのですから、4.6万円弱が毎月浮いていることを考えれば捻出など造作も無い話ですよねぇ?

 何より、元手は2~3年前までの高校生を持つ家庭は何処もが当たり前に捻出してきた学費の話なんですから。

 大体、9000円弱程度の金額、前にも記しましたけど2日もバイトすれば余裕で稼げる。

 時給850円だったとしても1日5.5時間のバイトを2日やればよいだけのことであり、実際に高1の頃からバイトをして自分の必要品を購入してきた私みたいな人間からしてみれば、学費免除というおんぶにだっこをして貰うだけじゃ飽き足りず、交通費支給なんて哺乳瓶まで加えさせてもらえなければたかが高校一つ通えないなんて、余りに馬鹿げた話です。

 何よりも二宮金次郎のように、自身が本心から学問を欲しているのであればその為の労苦を負う事など厭うわけがないんですがねぇ?

 まぁ、二宮金次郎と比較するには月にたった2日のバイトでどうにかなるレベルなど労苦というのもおこがましい限りですけど。

 それに、交通費がと言うのなら、自転車で通うって手だってあるじゃないですか?

 私は高校の時は自転車通学で隣の区まで通っていましたし、2~3つ隣の区まで自転車で通っていたなんてのも別段珍しいものじゃありませんよねぇ?

 何の自助努力もしないで面倒を一から十まで見ろとか、甘ったれるなって話ですよね、ホント。

 こんな馬鹿げた言い分を本気で垂れ流しているんですから、やっぱり共産主義者なんてのは現実を見、対処する能力を欠いたバカばかりであり、人間を堕落させ、腐敗させて社会を壊すだけってことですね。

 大阪府HP『平成22年度以前に入学した皆さんへの補助制度』
 http://www.pref.osaka.jp/shigaku/
shigakumushouka/shigakumusyouka_22.html
01月28日(土)

民主によって深刻化し続ける政治の腐敗 

28日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

「政治主導」、官僚と溝…議事録作らず
 政府の東日本大震災関連の10組織で、議事録や議事概要の全部もしくは一部が作成されていないことが27日、明らかになった。

 「政治主導」を重視する民主党政権が頻繁に設ける関係閣僚会議などでも、議事録があるのかどうか不明だ。国家運営に対する感覚や歴史観が足りないとの批判が多い民主党の体質が、改めて問われそうだ。

 「このような問題が発生したもととなる原因を分析し、必要な改善策が作成されることが必要だ」。27日夜の記者会見で、岡田副総理(公文書管理担当)は早急に改善策を取りまとめる考えを強調した。

 今回調べた15組織のうち、議事概要すらない原子力災害、緊急災害の両対策本部、被災者生活支援チームの3組織は、震災と東京電力福島第一原子力発電所事故対応を担う中核だ。

          ◇

 日本の国家的危機への対応はなぜ記録されなかったのか。会合の大半に官僚がいたにもかかわらずだ。政府関係者は、昨年3月の東日本大震災の直後、災害対応に忙殺されたことを理由に挙げる。「電力需給に関する検討会合」の事務局の内閣官房職員は、「昨年3月の被災直後は業務が多忙で、正直なところ、議事録作成まで頭が回らなかった」と釈明する。

 しかし、物理的な多忙さだけでなく、「政治主導」をひょうぼうする民主党政権の体質が影を落としたのでは、との指摘も出ている。

 政府内では、震災直後から公文書作成が重要だとの認識は共有されていたはずだった。

 「震災から1か月経過したことを踏まえ、関連資料保存に留意願いたい」

 滝野欣弥官房副長官(当時)は昨年4月12日の被災者生活支援各府省連絡会議で、居並ぶ各府省の担当者に文書作成と保存の徹底を指示した。

 ところが、その後も議事録問題は事実上、たなざらしになっていた。当時の内閣官房幹部は「政務三役から言われない限り、あえて過去の会議の議事録を事後作成しようと言い出す発想は官僚にはない」と語り、政権内での政治家と官僚の“溝”を指摘する。

 鳩山政権下で迷走し、政権の命取りとなった米軍普天間飛行場移設問題に関する関係閣僚の協議などは、官僚は最初から排除され、政治家との距離は広がった。そのあげく、「非公式扱いで、議事録に残していないものも多い」(政務三役経験者)とされる。
(2012年1月28日10時56分 読売新聞)

 サヨクによる秘密主義が蔓延しきっていた結果なのですから、日本版鉄のカーテンといったところですかねぇ?

 というか、あれだけ漢字の読みだので総理大臣を馬鹿にしていた政党選出の副総理が「このような問題が発生したもととなる原因を分析し、必要な改善策が作成されることが必要だ」なんて発言をするとか、恥ずかしくないんでしょうかねぇ?

 「もととなる原因」って…常用漢字ですらないものの読みがどうこうなんて騒ぐなら、こんな小学生レベルの基礎すら出来ないバカを党の代表など要職に就けてきて、遂には副大臣にした民主党の方が遥かに問題だと思いませんか?

 マトモな日本人であれば「問題が発生した原因を分析し」と述べるのに、「もととなる」「原因」と全く同じ意味の語をそこで二重に用いるなんて、それぞれの語の意味を理解できていない証拠ですよ。

 麻生さんの時はアレだけ産経も朝日も読売も関係なく騒いだ読み間違い、言い間違いについて、民主になってからこうやってよくも平然とスルーできますよねぇ…だからマスゴミと呼ばれるんだと。

 まぁ何にせよ、「非公式扱いで、議事録に残していないものも多い」という発言が最後にあることからも分かるように、オープンな政治どころか実際にはお得意の裏工作、口裏合わせに狂奔して責任逃れにバ菅を筆頭とする民主のバカどもは邁進していたのでしょう

 元閣僚が尖閣事件でのバ菅並びに仙谷の裏工作や震災翌日に原発でバ菅が何をしていたかなどを暴露している現在、民主党政権、特にバ菅による時代が共産主義国家に負けず劣らぬ秘密主義による情報隠蔽・操作がされていたことは既に明らかであり、万民の公平・幸福を謳いながら実際には特権階級を作り、自分たちだけがそこに納まって利益を享受している北朝鮮のソレとまったく同じですよねぇ?

 バ菅は拉致問題でも解決への努力を被害者側に約束する一方、裏では北朝鮮との密議を行って在日への便宜供与などを画策し、何の制裁も行わないどころかその準備や調査すら示唆せず、次の政権に対しても一切引継ぎをしないどころか最後っ屁とばかりに便宜供与の話を推し進めており、こういう二枚舌ぶりも北朝鮮のソレと実にそっくりですし。

 そんなだからこそ未だネット上では在日説、その子孫説などが実しやかに囁かれるんでしょう。

 もっとも、北の思想に毒され、在日との癒着、拉致実行犯の釈放嘆願など朝鮮人の走狗となっている日本人の面汚しってだけなのが実態でしょうがね。

 しかし、そのバ菅を捕まえるどころか議事録作成の為に働かせもせず、ダボス会議に出席させてのうのうと反原発を吹聴させているんですから、この件に関しても野豚や岡田の主張、対応などまったくあてになりませんよねぇ?

 この問題の一番の責任者は誰もがバ菅であると分かっている、分かりきっているはずなのに。

 特に核となる震災と原発の対応組織トップはバ菅だったのですから、議事録を作るにおいては一番の重要参考人ですし、総指揮官としてこの大不祥事の責任を取る立場でもある。

 無論議事録だけでなく、SPEEDIを米軍にだけ提出して国民に非公表として大勢の被爆者を生んだ事実などについても詳細を明らかにさせ、責任を取らせねばならないのに、野豚がその為に動いている形跡は全くありませんよねぇ?

 結局は隠蔽体質、仲間での庇いあいといった悪癖を民主党は無くしたり、改善したりなど何時まで経とうが出来っこない、むしろ時間を重ねれば重ねるほど国が壊れていくだけ、ということです。
01月26日(木)

ブサヨの被害妄想は留まるところを知らず 

24日付けのBLOGOSの記事から

武道必修化は愚策そのもの
2012年01月24日 16:55
 今年4月から武道が必修化されます。
 安倍政権のときにできたこの武道必修化、安倍晋三元首相のタカ派思想そのものの具体化でしょう。
 武道は、柔道、剣道、相撲からの選択だそうですが、どれもお金がかかります。
 全て自己負担になるのでしょう。給食費すら未納問題が生じている中で、何故、このような負担を強いなければならないのか、その発想は気違い沙汰です。

 また柔道の危険性は、これまでも多く指摘されています。
 次のブログがとてもよくまとまっているので紹介します。
 村野瀬玲奈の秘書課広報室
 学校での武道指導への疑問と注文

 多くの危険性が指摘されながら、思いつきによって導入が決められた武道。
 危険であるという声に対し、政府の対応は、「柔道指導に警察OB 文科省検討 安全対策充実図る」(産経新聞2012年1月22日配信)だそうで、いかにも場当たり的です。
 警察OBの「再就職先」になるということで、また多額の予算を使うことにもなるのでしょうが、安全対策など考えてもいなかったことを露呈しています。
 しかも、ある程度、身体の出来上がった高校生ではなく、中学での必修化ということ自体も問題です。

 ところで、このような武道の必修は非常に問題です。
「柔道必修、未経験教員から不安…講習充実望む声」(読売新聞2012年1月24日配信)では、「ただ、必修化そのものを否定する声はほとんどない。三重県尾鷲市立中学の男性教員(52)は「他のスポーツ以上に礼儀作法を学べる。自分を鍛えるためにも経験してほしい」、岐阜市立中学の男性教員(38)も「受け身を習得すれば、日常のけがの防止にもつながる」と意義を強調する。」
 だそうですが、礼儀作法を学ぶ手段が武術とは、いかにも時代錯誤であり、思い上がりも甚だしいと言わざるを得ません。他のスポーツへの冒涜でもあります。
 内柴正人氏をみても「礼儀作法」とはあまりにかけ離れすぎています。
 ましてや事件になった練習中の小学1年の男児(当時6歳)に立ち技をかけ、後に死亡させたものなどは、とてもスポーツの発想とは思えず、そのような指導者とは一体何なのかとは思わずにはいられません。
 「受け身」と言っても、「受け身」だけを修得するわけではありません。
 「お家芸」なる発想であるならば、既に時代遅れそのものであるし、このような復古的な発想で、一体、教育の何を再生したいのでしょうか。

 特に日本のスポーツ界では、先輩後輩という上下関係であったり、根性論であったり、おおよそ前近代的な発想が横行しています(今なお、暴力事件で、甲子園出場辞退があることは嘆かわしことです。)。パワハラ、セクハラの温床でもあり、「礼儀作法」とは程遠いといえます。
 まるで軍隊のような世界であり、私は、武道必修という発想には、内向きな軍国主義思想がプンプンに臭う発想であり、徴兵制度の前提としての導入ではないかと思わずにはいられません。
 このような有害な武道必修は、即刻、やめるべきです。

参考
徳岡宏一朗弁護士のブログ
「安倍晋三政権の後遺症 教育基本法改悪→今年から中学での武道必修化で学校死亡事故多発か」

 今時、朝日の記者でもないのにここまでステレオタイプなブサヨってのも中々珍しいと思ったら、猪野亨…職業は弁護士…案の定腐った職業には腐った思想が蔓延するんですねぇ。

 そも、公立の中学や高校では剣道か柔道を習うなんてこれまでも至極当たり前だった話で、私も学生時代には柔道の授業を受けていましたし、柔道の死亡事故発生率が他より高いのは事実ですけど、だからといって短絡に「多発か」なんてのは憶測と呼ぶにも低俗すぎますね。

 どんな競技であれ運動に危険はつきものですし、イコール愚策というのは結局そういう悪い面だけしか見ておらず、ましてや改悪なんて言ったり、それを支持したりしているなんて、無菌栽培で子ども達を育てるべきだとやって大失敗に終わったゆとり教育と同様のブサヨの間抜けっぷりが未だに何の改善もされていない証拠でしょう。

 特に笑えるのが「給食費すら未納問題が生じている中で、何故、このような負担を強いなければならないのか、その発想は気違い沙汰です」という一文で、弁護士がキチガイとか公の場で記していいのかよと。

 しかも、給食費の未納問題は多くが単に支払いを拒絶しているから起きているのが大半であり、実際に電話や文書による督促、そして家庭訪問による督促での解決がワンツーフィニッシュを決めており、就学援助制度等の活用という経済的困窮で支払いが滞っていたケースの解決はその次となっています。

 ま、当たり前の話で、私立に行かせるような家庭が困窮しているわけがありませんし、公立にしても月々数千円の話なんですから、全く出せませんなんてのは余程ですからね。

 実際、「滞納があった学校の6割が、保護者の「モラルの低下」を原因として挙げている」のであり、このブサヨ弁護士は恐らく相当の無知蒙昧な輩なのか、或いは悪意でわざと誰もが困窮しているんだと読者を誘導するために混同しているのであり、何れにしろ気違いな発想をしているのはコイツの方だと分かります。

 第一、お金が掛かるから許せないとか、余りにも言い分が稚拙ですよねぇ?

 じゃあそもそも学校指定の鞄や制服、体操着や水着などが存在する事も否定しないとダメなんじゃないのかよと思いません?

 剣道の竹刀と防具一式を揃えるのは確かに数万と結構な額がしますが、たかが柔道着やマワシ程度、見栄を張って良いものを選んだりするのでなければたかだか数千円で済む話で、制服などの方がよっぽど高価であり、そっちは問題視してこなかったのに今更何を言っているんだと呆れますね。

 少しは朝日を見習ってもう少しマトモな言い掛かりを付けられないのかと初っ端から失笑です。

 更に「礼儀作法を学ぶ手段が武術とは、いかにも時代錯誤であり、思い上がりも甚だしいと言わざるを得ません。他のスポーツへの冒涜でもあります」とも記していますが、じゃあ武術と同じかそれ以上に礼儀作法を重んじるスポーツってのが何処にあるのか?

 読んで分かるようにサヨクお得意の批判の為の批判をしているだけなので、そんなものは何も記されていません

 だから、幾ら読み続けても他のスポーツへの何処がどう冒涜なのかサッパリと話が繋がらないんですね。

 単に内柴という極々例外的な一例を出してお茶を濁しているだけですが、それとて自らその後に「今なお、暴力事件で、甲子園出場辞退があることは嘆かわしことです」と、高校野球などはもっと酷い現状である事を記しており、実際には冒涜どころか他のスポーツである野球よりは柔道という武道の方が遥かにマシってことじゃないのかという結論に繋がる始末

 ホント、間抜けですよねぇ。

 しかも自分の記述こそが武道を嗜んでいる人間、本気で世界を目指している人間らに対する侮辱であり、ブサヨの時代錯誤な冒涜行為であるとは微塵も理解できていないんですから、つくづく頭の可哀想な人間です。

 弁護士にも悪事を働いて逮捕される人間がいますが、そういう一例をもって全ての弁護士が有害であり、犯罪者であるなんて素っ頓狂な論法を他人から持ち出された時、コイツは「ハイそうです」とでも言うつもりなんでしょうかねぇ?

 更に笑えるのがブサヨお得意の被害妄想を延々と拡大させて、「まるで軍隊のような世界であり、私は、武道必修という発想には、内向きな軍国主義思想がプンプンに臭う発想であり、徴兵制度の前提としての導入ではないかと思わずにはいられません」と、何の脈絡もない徴兵制度にまで話を勝手に飛躍させていますが、元より武道・武術の歴史は日本の軍隊が編成される以前から存在するもので、武道による精神修練イコール軍隊となるのなら、警察や消防、海保はその予備軍かよ、公立の学校を出た男性は須らく予備自衛官かよと、大笑いですね。

 加えて、現実的に考えた場合に国が徴兵制度を導入する可能性はゼロです。

 だって、防衛費で一番嵩んでいるのは人件費なんですよ?

 減っているとは言っても未だ100万人以上1年間に子どもは生まれているのですから、1年分の子どもだけで自衛隊の人員数と比較しても4~5倍もの人口であり、例えばその7割が2年間徴兵されたとしても年間140~150万人の人員追加となるのですから、10兆円の予算増程度じゃ賄いきれるわけがなく、その人件費で簡単に国が傾きますよ。

 やるのなら、単なる徴兵ではなく、かつて私が記したように学生の延長にするなどで経済問題をクリアせねば絶対に不可能です。

 で、こんな誇大妄想を垂れ流しまくった上で「このような有害な武道必修は、即刻、やめるべきです」と勝手に全て事実であるかのように断じているんですから、こんなのに弁護をされた人間や相手にせねばならない検事、裁判官は悲惨でしょうねぇ…

 いやはや、こんな程度の低い人間にも勤まるんですから、弁護士なんてホントろくなものじゃありませんね。
01月25日(水)

高説垂れる前に範を示せと 

24日付けの朝日新聞デジタルの記事から

「『政局』でなく『大局』見据えて」首相が施政方針演説
2012年1月24日13時17分
 野田佳彦首相は24日午後、衆参両院の本会議で施政方針演説を行った。税と社会保障の一体改革を「やり遂げなければならない大きな課題」と位置づけ、3月末までに消費増税法案を国会に提出する考えを改めて表明。「『政局』ではなく、『大局』を見据えよう」と、野党に事前協議に応じるよう呼びかけた。

 第180通常国会がこの日召集。6月21日まで150日間の論戦が始まった。

 首相は演説の冒頭で、「重要課題を先送りしてきた『決められない政治』からの脱却を目指す」と表明。「大震災からの復旧・復興」や「原発事故との戦い」「日本経済の再生」を優先課題とし、与野党で協力し合う必要性を訴えた。

 野党を引き込むために、自公政権時代の首相による施政方針演説の一節を引用した。4年前の福田康夫首相(当時)の演説では「与野党が話し合い、結論を出すことこそ政治の責任」。3年前の麻生太郎首相(当時)は、消費増税を「子や孫に負担を先送りしないためだ」としていた。

 大局などただの一度も見据えることなく、政局だけで動いて政権を転覆させ、権力を簒奪したのは何処の政党だと。

 自民党時代のチンパンジーと麻生さんの演説を引用って、ソレに対して猛反発をして妨害行動にのみ勤しんでいた側がよくもこういう台詞を臆面も無く言えますよねぇ、ホント。

 当時の民主党は社会党への先祖帰りをして反対の為の反対だけをしており、増税についてだって民主党が与党になったらやらない、無駄の削減と予算の組み換えでばら撒きをやっても尚十二分な金が余るからそんなことはする必要が無いんだと国際の大量発行によるリーマンショック後の不況対策を行い、増税に理解を求めていた麻生さんのことを無能扱いして散々罵倒していたのに、反省の弁は丸っきり無しでコレですから。

 つくづく詐欺師の二つ名がぴったりな連中です。

 しかも大局を見据えろなんて言っておきながら、防衛大臣にまたもド素人の田中を据え、連日の失言で早くも野党や沖縄から怒りの声を浴びせられていますし、問責を可決させられてクビになった前任の一川を党の参院幹事長に据えているんですから、自身は党利党略しか考えておらず、全く大局など欠片も頭にありません。

 ましてや増税や国会議員の歳費削減など直接身に影響の出る案件について話は保身第一で拒絶反応を示す党内を纏められない党首が大局を見据えて動けなんて自分達の現状を棚に上げて他人に高説垂れても説得力などあるわけがありませんよねぇ?

 当たり前の話ですが、この馬鹿げた演説に野党は感心するどころか呆れ返っていますし。

 我が身を正すどころか省みる事すら出来ないバカがバ菅の如く総理の地位にしがみ付いているんですから、何時まで経っても政治の混乱など収まるわけありませんよねぇ…

 朝日新聞デジタル『民主参院幹事長に一川・前防衛相』
 http://www.asahi.com/politics/
update/0124/TKY201201240231.html

 MSN産経ニュース『「こんなめちゃくちゃな演説聞いたことがない」 舛添代表が政府4演説批判』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/120124/stt12012418220011-n1.htm
01月24日(火)

歴代最悪の隠匿政権 

23日付けのMSN産経ニュースの記事から

原発事故の議事録を可能な限り復元 藤村氏が調査を表明
2012.1.23 19:58
 藤村修官房長官は23日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故の対応をめぐり政府の原子力災害対策本部が議事録を作成していなかったことについて「原子力災害対策本部、内閣府、原子力安全・保安院でどういうことになっているか問い合わせている」と述べ、政府内で調査し、可能な限り議事録を復元する考えを明らかにした。

 議事録をめぐっては昨年5月、枝野幸男官房長官(当時)が記者会見で、発生直後の事故対応に関する会議議事録がほとんど作成されていなかったとした上で「危機管理対応で議事録を取る場がほとんどなかったのが実態だ」と語っていた。

 議事録に欠損があれば、避難区域や除染などの方針に関する同本部の意思決定過程の検証が難しくなる。そのため、藤村氏は「(議事録作成は)公文書管理法に基づきやるべきことだ」と指摘。議事録がないことが確認された場合の対応に関しては「昨年3月にさかのぼってどういう風にやれるのか、きちんと追求しなければならない」と述べ、関係者から聴取し、議事内容に関する情報をできる限り収集する方針を示した。

 どう考えたってバ菅らが意図的に議事録を作らせなかったんですよねぇ。

 事故を引き起こした事実やSPEEDI非公開を筆頭に、最悪のシナリオを無かったことにするなど情報を悉く隠蔽してきた歴代最悪のバ菅政権。

 尖閣事件の折にも仙谷とタッグを組んで情報の隠蔽を図っていましたし。

 大体20回以上もやっていて、ただの一度も作成する余裕がありませんでした、メモなどの記録も一切残っていませんなんて話が、常識的にあるわけないじゃないですか。

 当時の政府資料を見れば分かるように命令の発動などは震災当日や翌日のものでさえ分単位でしっかりと記録して広報をしているんですから、議事録だけは毎回作れませんでしたなど、絶対にありえません。

 「開かれた政治」を実現するなどと、何十年も前の外交の話などを穿り返して自民批判を展開するなどしていたくせに、自分達はこうやって平然と隠蔽工作を繰り返している上に、先の尖閣事件についてなんて仙谷のクズが「私はいまだに、あの時のやり方、やったこと、すべて正しかったと思っている」と開き直っているんですから。

 「外交関係、司法制度、海上警察権の行使、行政情報の公開のあり方、いずれの立場からも今の時点で批判をきちっとする人はいない。誰か本格的な論争を臨んでくるのがおれば『さあ来い』と思っている」などと述べており、そもそも自らの政治判断ではなく、那覇地検による独自の判断であったと自らやバ菅の関与を当時は全否定していたのに、よくもまぁこういうことを言えるものですよね?

 この発言からも事件が内閣の関与どころか主導によって行われており、その悪意に基いて情報は隠蔽、犯人はチャーター機で送り返す、映像の一部を公開した海保職員はクビとしていた事が分かりますし、こういった自らの悪行を悉く隠蔽していながら本格的な論争を挑めとか言ってるのですから、頭のイカレっぷりが半端じゃないですよね、民主党の人間って。

 情報は与えません、平気で嘘を垂れ流します、でも自分を非難するのなら証拠、法に基いてきちっと挑めとか…

 詐欺師の群れが政府になった害は、一体何処まで拡大し続けるのでしょうね…

 MSN産経ニュース『仙谷氏が中国漁船衝突事件対応「すべて正しかった」と豪語 「論争『さあ来い』」』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/120122/stt12012220410009-n1.htm
01月23日(月)

誰がブサヨの思惑に乗るかと 

22日付けのasahi.comの記事から

原発住民投票-都民の関心、示すとき
2012年1月22日(日)付
 原発に、イエスかノーか。

 東京で住民投票をしよう。

 この署名活動が、いまひとつ盛り上がらない。

 呼びかけているのは、市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」。東京電力の大株主の東京都と、関西電力株を持つ大阪市に、住民投票を実施するための条例づくりを直接請求しようという活動だ。

 すでに1カ月間の署名期間を終えた大阪市では、請求に必要な「有権者の2%」を上回る、6万人あまりを集め、選管の審査を待っている。

 だが、東京では期間2カ月の3分の2が過ぎても、まだ必要な21万余の半分に届かない。

 この少なさは、どうしたことなのか。

 署名の趣旨は「原発反対」でも「推進」でもない。

 原発の是非を自分たちで決めるために、住民投票をしようというのだ。

 つまり署名の数は、関心の強さをはかる物差しになる。

 首都圏の電力は原発事故前、3割近くが原子力で賄われていた。その消費者の都民が、わずか2%の関心すら示せなかったら、福島県をはじめ原発の地元住民はどう思うだろう。

 一方では、関心はあるのに、どこで署名できるのかがわからないという人も多いようだ。

 東京の有権者は1千万人を超える。新宿駅前などに常設の署名場所があるが、隅々までは行き届かない。

 しかも、署名集めを担う「受任者」は、自分の住む市区町村の有権者からしか署名を集められない。こんな地方自治法の規定も、活動の壁になっているのは確かだ。

 リーダーの発信ぶりの違いも大きい。

 大阪の橋下徹市長は、住民投票そのものには懐疑的だが、市長選で「脱原発依存」を掲げていた。それで関心を持った市民も多かったろう。

 これに対して、東京の石原慎太郎都知事は「エネルギーをどうやって補給するかの設計図もない時点で、センチメンタルともヒステリックとも思える」と突き放すだけだ。

 だが、住民投票こそが、この「設計図」を市民がみずからの問題としてとらえ、考えていくきっかけになるはずだ。

 原発の行く末をみんなで考える。そのための住民投票をするには、もっと署名が要る。

 大震災を機に、エネルギー政策が根幹から問い直されているいまこそ、都民は消費者としてもの申そう。そのために、首都で住民投票を実現させよう。

 はい、本日もお馴染み朝日の偏向報道、世論誘導記事です。

 大阪市と都を比較をしていますけど、人口規模だけでなく、いる人間の知能レベルそのものが丸っきり異なるんですから、ブサヨの活動になど賛同する人間を満足に確保できると思っている方がどうかしていますよ。

 最高学府である東大を筆頭に、有名大学の大半がある上に、学力テストのランクでも東京は最下位争いを毎回しているような大阪とでは雲泥の差があり、比較する事自体がおこがましい限りですし、短絡に感情で動く大阪とは違って都知事が述べるように現実を見据えて動く人間の方が都民には多いのですから、下賤なブサヨの蠢動に誰が乗ってやるんだとなるのは当然です。

 大体、「署名の趣旨は「原発反対」でも「推進」でもない」「原発の是非を自分たちで決めるために、住民投票をしようというのだ」とかって相変わらず卑劣に、まるで中立の立場で物申しているように装っていますけど、投票実施の参加を呼びかけているこの朝日、そして実施を目論んでいる「みんなで決めよう『原発』国民投票」という政治団体にしたって賛同者を見れば分かるように反原発派の人間で凝り固まっており、最初から実施の意図がミエミエです

 加えて関連リンクを見ても分かるように、反原発・脱原発を掲げるところや賛同する見解を示しているところのみが掲載されており、中立派や賛成派が何処にも存在し無い事からも公正・公平が保たれていない活動であることは最初から明らかです。

 また、署名が出来るお店という地図を参照すると、新宿区や足立区、北区などまったく場所が存在しない区が存在していてそのバランスの悪さがよくわかりますし、緑豆と結託しているNPOなどサヨクの巣窟でやっているんですから、マトモな一般人が関わり合いになりたいなどと思うわけがありません。

 第一、反対派で無い人間は最初から現状を変える必要性などないのですから、わざわざバカどもの乱痴気騒ぎに付き合ってやる道理なんてどこにもないのに、それを「関心の強さをはかる物差し」だなどと勝手に規定して無関心扱いというのは明らかに差別と偏見ですよねぇ?

 これでよくもまぁ、「真実を公正敏速に報道し、評論は進歩的精神を持してその中正を期す」なんて自社の新聞綱領に記せるものです。

 もしかして、進歩的精神と言うブサヨ理論に基けば、自分の意見に同意しない、協力しないイコール無関心であり非難されるべき、というこの差別的かつ偏見に満ち満ちた評論こそが中立的見解となるってことなんでしょうかね?

 それに何より、「東京の石原慎太郎都知事は「エネルギーをどうやって補給するかの設計図もない時点で、センチメンタルともヒステリックとも思える」と突き放すだけだ」と当然の見解に対して突き放すなどと罵倒していながら、この主張に対する回答が「住民投票こそが、この「設計図」を市民がみずからの問題としてとらえ、考えていくきっかけになるはずだ」と来るんですから、全くの無計画で見通しも何も無いけど、ただ反対だから反対しますというブサヨお得意の低脳主張しかない、まったくもって聞くに値しない戯言であると分かります。

 ただでさえほぼ毎月行われている電気料金の値上げが、原発廃止となれば更に跳ね上がるし、他国からはCO2排出で25%削減どころか逆に増加する事へ当然ながら非難が出るでしょう。

 そもそもあと何十年持つかも分からない化石燃料に依存して、経済活動が維持できるわけが無いんですが、単なる思想ありきで動いているだけだから突き放したなんて稚拙かつヒステリックな非難をする以外何も朝日は言えないのです。

 最近の民主党が死刑問題など行き詰った諸問題で国民や野党の意見を求めるばかりで自らの解決策を何ら開陳出来ないのと一緒ですね。

 本来自らの意見を公のものとして通したいのであれば、それを実現させるための道程を示し、それによるメリットとデメリットを開陳した上で視聴した人間を同意させられるだけの内容に纏めるのが筋ですが、朝日らブサヨがやっているのは自らの享受できるメリットを吹聴しているだけなのですから、賛同する人間など最初から同類しかいないのは当たり前です。

 ま、だからこそお得意の論点すり替えによる非難を自治体や首長、そして我々一般市民に対して行って罪悪感を植え付けよう、そうして署名を得ようなんてセコイ真似を朝日はやっているんですが。

 つくづく下種な連中ですよねぇ。
01月22日(日)

文句があるなら解散しろ 

21日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

前原政調会長、総崩れ批判に「やり方がせこい」
 民主党の前原政調会長は21日の読売テレビ番組で、消費税率引き上げ関連法案の国会提出に向けた党内の事前承認の見通しについて、「昨年末の議論では9時間かかったが、満場一致でまとまった。造反は論理的にあり得ない」と述べ、増税に反対する小沢一郎元代表らをけん制した。

 また、自民党が民主党の衆院選政権公約(マニフェスト)を「総崩れ」と批判していることについて、「『マニフェストを取り下げろ』と言って、取り下げたら『できなかった』という。やり方がせこい」と批判した。
(2012年1月21日18時46分 読売新聞)

 出来もしない誇大妄想を評獲得の為だけに並べ立て、ものの見事に失敗に終わっても責任を取って解散どころか国民に謝罪一つしないで新しいのを作るぞと悪びれもしないまま開き直っている民主党の方がよっぽどやり方がせこいと思いますがねぇ?

 自民にマニフェスト達成率の低さを理由に責任追及し、解散を要求していたのは何処の政党でしたっけ?

 大体、実現不可能な妄想を何時までも垂れ流すなと批判するのと、出来なかったと批判するのはイコールなんですから、それをせこいとか…余りにも言い訳の仕方がさもしいですね。

 じゃあやめろと言われなかったらそのまま継続して、達成できていたとでも言うのでしょうか?

 そんなことできるわけありませんよねぇ?

 何せ元から財源不足で丸っきり目処なんて無く、人民裁判モドキの財源確保も失敗して組織そのものが解散に至っている始末なんですから、震災や原発事故があろうが無かろうが最初から出来っこないのは明白でした。

 しかも、しないと言っていた増税に踏み込んで国民生活を豊かにするどころか益々困窮へと追いやり、国としても借金を増やさず削減へと導くどころか、年100兆円近い規模で借金を膨らませておきながら経済状況は悪化の一途

 それでも法で定められた選挙までまだ期間があるからと責任を取らずに政府・与党の地位にしがみ付き続ける醜悪かつ下劣な民主党に勝るせこい政党なんてあるのかよと。

 自らの野党時代の主張を何一つ実行せず、守らない…ホントにせこい政党ですよねぇ。

 第一出来もしない誇大妄想を何時までも掲げてそんな事のために予算や人員を費やすなど冗談じゃない、止めろと言うのは野党として当然の義務ですし、アレだけ大法螺を吹き、達成率を批判もしていた連中がこういう結果になればそれを叩くのも野党の行動として至極当然のものであり、恨み節の泣き言を言って批判する方がおかしいんですよ。

 自分達がやってきた事がブーメラン政党にそっくり返ってきているだけですもの。

 文句があるのなら出来もしない誇大妄想を吹聴した自分達自身に言えって話ですよねぇ?

 国民に嘘を吐き、害を与えている加害者が、被害者ぶって他人のバッシングなど言語道断です。

 連中は自民批判をする前に、解散をして自分達の行為の審判を国民から受けるべきだと思いませんか?
01月21日(土)

キムチなんて百害あって一利無し 

21日付けのMSN産経ニュースの記事から

ソウルからヨボセヨ 新年の目標、ダイエット
2012.1.21 03:07
 日本人は「韓国女性はスタイルがよく美人だ」という。たしかに日本に比べるといわゆる北方系だから骨格が大きくスマートでスリムに見える。ただ都心のOLなどは、企業が見栄えのいい女性ばかり採用するので美人が目につくという背景もある。

 またスリムについて日本人からは「キムチなどトウガラシをよく食べるためだろう?」という声も聞く。トウガラシにはダイエット効果のあるカプサイシンがたくさん含まれているからというのだ。日本でのキムチ・ブームにはそんな背景もあるのかしら。

 ところが最近、韓国の小学生約2万人を対象にしたある調査によると、今年の「新年の目標」で何と「ダイエット」が1位だったという。韓国でも実際は小学生からすでに肥満が進んでいるというわけだ。そして肥満は将来、就職や結婚など社会的にマイナスになることを知っているのだ。

 調査では次いで「男・女友達を作ること」「スポーツでがんばる」「音痴脱出」「身長を伸ばす」となっていて「勉強」はやっと6位だったという。

 さらに「今年の願い」でも「全校で1位の成績」をおさえ「背の高い美人・美男に」がトップというから容貌への強いこだわりが早くも出ている。見てくれ重視の韓国社会の実情がよく分かる。(黒田勝弘)

 「韓国女性はスタイルがよく美人だ」って…どんな幻想だよと。

 大体、朝鮮人なんて整形している可能性が十二分にある上に、男女問わず性格最悪と有名で、結婚なんてしようものなら…

 例えば高嶋政伸が朝鮮人妻からのDV被害に遭い続け、現在離婚調停中なのは有名ですし、伊良部秀輝なんて自殺にまで至った挙句、葬式に実の親は参加させてもらえず、遺骨は勝手に無縁仏として日本のお寺に納められて遺産だけ朝鮮人妻一家に取られているんですからねぇ…

 それに、キムチを食べてるってのも、健康に良いどころかむしろ害悪だと思いますけど?

 朝鮮人のような唐辛子の過剰摂取は胃腸などにダメージを与え、胃炎や胃潰瘍、痔疾患などに至るどころか、胃癌や食道癌の発症率が高くなるとも言われていますし、脳の海馬にも被害が及ぶとか、舌の味を感じる味蕾細胞を破壊するので味覚障害も引き起すなど、害悪ばかりです。

 加えてニンニクの過剰摂取は口臭のみならず体臭を著しく悪化させますよね?

 実際のところ朝鮮人を見てみれば分かるように海外でもキムチ臭いと嫌われていますし、整形に加えて今回の記事で取り上げられているように肥満が問題となっていて小学生までダイエットだのと言い出すほどで、キムチなんぞを食ったところで美容どころか健康そのものに百害あって一利無しというのが真実です。

 何より、外面ばかり取り繕って内面を疎かにするのは朝鮮人特有の性癖であり、そこに南北の差異無いのはご覧の通りです。

 例えば純国産の世界最強だと喧伝したK2戦車が、実際にはドイツ製のエンジンがまともに再現できなくて結局ドイツからオリジナルを輸入する羽目になっているのがその証拠です。

 己の分も弁えずに形式や名目ばかりに捉われるから内実が全く伴わず、毎度無様を晒すのに、何時までもそれを理解出来ずに繰り返すんですから、つくづく哀れな民族ですよねぇ。
01月20日(金)

音声プログラムで済む仕事しか出来ない大臣 

19日付けのMSN産経ニュースの記事から

読むだけ大臣 田中直紀防衛相、インタビューでメモ棒読み…
2012.1.19 20:39
 田中直紀防衛相は19日、産経新聞などのインタビューに応じた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について「沖縄県の理解を得て早期に移設を進めることが重要」と述べ、県知事が埋め立て申請を許可しない場合、国に許可権限を移す特別措置法を制定することを否定した。

 また、海洋活動を活発化させる中国の動向に対しては「地域、国際社会の懸念事項になっている」と指摘し、「防衛分野で建設的な協力関係を強化することが大事だ」と述べた。

 田中氏はインタビュー中のほとんどを官僚が作成したペーパーに目を落とし、防衛省の“模範解答”を棒読み。これに先立って開かれた民主党の会合でも、田中氏はあいさつに先立ち、周囲に「ペーパーを読むだけだから…」とうっかり本音を漏らした。

 この慎重姿勢は15日に普天間飛行場の代替施設を年内に着工したい考えを表明するなど失態を演じたのが原因だが、田中氏は17日、資質への批判に「安全保障の基本はしっかり持っている」と反論したばかりだ。

 それにもかかわらずメモを棒読みする田中氏に、省内からは「もうすでに官僚主導」(幹部)との陰口が出ている。

 まぁ、総理か官房長官か、或いはその双方からなのかは分かりませんけど、アレだけベラベラと前任に勝るとも劣らぬほどの口の軽さで余計な事を吹聴してまわり、挙句に知識面でも負けず劣らずからっきしなのを全国ネットのテレビで晒しちゃったんですから、相当に絞られたのでしょう。

 そして、「もう官僚にペーパーを用意させるから、それをただ読むだけで余計な事を一切口にするな」と指示された。

 傍目にも流れが丸分かりですよねぇ…

 山岡や一川と言ったバカの起用とその失敗でマトモな人間なら懲りるはずですが、全く懲りずに行った愚劣な人事の結果がこの失態、ただペーパーを読み上げるだけだったら高い人件費支払ってこんなバカを大臣にするんじゃなく、それこそ初音ミクにでも喋らせた方が余程話題になって面白みがあるんじゃないのと

 冗談は兎も角、小学生にでも勤まる程度の仕事しか出来ない猿頭に税金から高い俸給を支払うなど無駄遣いの極みですし、結局は汚沢らは反発をして内部分裂状態は解消されない、纏った離党をされて勢力は減衰と僅か4ヶ月の間だけでもつくづく野豚が無能であると分かります。

 と言うよりも2年にも満たない間に総理が3人目へと変わり、全員が全員無能の烙印を押される…そんな人材しか出てこない民主党の党として、政治家集団としての格が如何に本来の地位に似つかわしくないものであるか分かりますね。

 いやはや、これで北なり、中国なり、或いは韓国なりで有事が起こった場合を想像すると非常に恐ろしい限りで

 まさか北沢という大馬鹿者の方がマシだったと思えるようになるとは夢にも思っても見ませんでしたが、より低劣な人材しか出てこない、出せない民主党の質の低さには毎度ながら脱帽ですね。
01月19日(木)

オマエこそが最も忌避されるべき過去の悪行の権化だろうが! 

17日付けのasahi.comの記事から

君が代判決-行き過ぎ処分に歯止め
2012年1月18日(水)付
 卒業式や入学式のシーズンを前に、最高裁から注目すべき判決が言い渡された。

 「式では日の丸に向かって立ち、君が代を歌うように」。そんな校長命令に従わなかった東京都の教職員への処分が、妥当かどうかが争われた裁判だ。

 結論はこうだった。

 規律や秩序を保つために、戒告処分はやむをえない。それをこえて減給や停職とするには、慎重な考慮が必要だ。式典を妨害したなどの事情がないのに、命令違反をくり返したというだけで、こうした重い処分を科すのは違法である--。

 日の丸・君が代は戦前の軍国主義と深い関係があり、その評価は一人ひとりの歴史観や世界観に結びつく。

 最高裁は、昨年の判決で「起立や斉唱を命じても、憲法が保障する思想・良心の自由に反しないが、間接的な制約となる面がある」と述べ、学校側に抑制的な対応を求めた。今回の判決はその延長線上にある。

 私たちは、日の丸を掲げ、君が代を歌うことに反対しない。だが処分してまで強制するのは行きすぎだと唱えてきた。

 その意味で、戒告が認められたことへの疑問は残るが、最高裁が減給・停職という重大な不利益処分に歯止めをかけたことは、大きな意義がある。

 教育行政にかかわる人、なかでも橋下徹大阪市長が率いる大阪維新の会のメンバーは、判決をじっくり読んでほしい。

 維新の会は大阪府と大阪市で「命令に2度違反で停職」「研修を受けたうえで3度目の違反をしたら免職」という条例の制定を打ち出していた。

 違反に至った背景や個別の事情には目を向けず、機械的に処分を重くしていくもので、今回の判決の趣旨に照らして違法になるのは明らかだ。

 さすがに橋下市長と松井一郎知事は見直す考えを示した。だがそれは、停職処分とする前にも研修の機会を設けるという案で、問題の本質を理解した対応とはとても言えない。

 選挙で圧勝した2人には、民意の支持という自信があるのだろう。もちろん民意は大切だ。

 しかし、精神の自由に関する問題を、多数派の意向や思惑で押しきってはならない。それは歴史の教訓であり、近代民主主義を支える精神である。

 自分とは異なる意見の存在を受け止め、心の内にはむやみに踏み込まない。そうした寛容な土壌のうえに、しなやかで、実は力強い社会が生まれる。

 判決の根底に流れるこの考えをしっかりと受け止めたい。

 自分とは異なる違憲の存在を受け止める?

 靖国で中国様の言い分だけを聞いて媚び諂い、その為に平然と靖国を守っている、想っている人々の心の内に土足で踏み込んで踏み躙る売国新聞社がよくもまぁ、言えたものですね。

 つまりは朝日には寛容さやしなやかさ、力強さなど存在しませんということですか(笑

 大体、朝日は「式典を妨害したなどの事情がないのに、命令違反をくり返したというだけで、こうした重い処分を科すのは違法である」と断定していますけど、コレは朝日お得意の大嘘です。

 実際には「戒告を超えてより重い減給以上の処分を選択することは、事案の性質などを踏まえた慎重な考慮が必要」と裁判所は慎重論を述べているだけであり、命令不服従による減給や停職処分を十把一絡げに違法だと禁じてはいません。

 何より、命令不服従だけだったから停職処分が取り消されたというのがいたのは事実ですが、判決そのものは「処分自体が教職員の法的地位に不利益を及ぼすものではない」と、命令の正当性に加えて処分もまた妥当な行為であると断じていますし、「過去の処分歴の有無にかかわらず、処分は相当」と、初犯であっても違反者を罰せられるとの判断を下してもいます

 つまりは朝日が言うところの「校長命令に従わなかった東京都の教職員への処分が、妥当かどうかが争われた裁判」の結果としては朝日らサヨク側は完敗に近い大敗北を喫したのであり、まるで北朝鮮のような話題摩り替えによる姑息な喧伝活動は言語道断の卑劣行為です。

 まずは自分達の思想だの信条だのと下賤な言い訳が完全に敗北で終わった事実を受け止め、それを理由に職務怠慢を働いてきた事、そのような狂師どもを支援してきた事を全国民に詫びるべきですよね?

 大体、毎度毎度自分を棚に上げて「日の丸・君が代は戦前の軍国主義と深い関係があり、その評価は一人ひとりの歴史観や世界観に結びつく」とか、もう恥って概念が無いバカは見ている方が赤面ものです。

 私に言わせれば朝日新聞、そして朝日の社旗こそ戦前の軍国主義と最も深い関係にある左翼が忌避すべき歴史観、世界観に結びつく象徴だとおもうのですがねぇ?

 何せ朝日はあの旭日旗を元にしたデザインの社旗を戦前から掲げて軍国主義、極右思想を賛美するどころか自身がその尖兵として筆を取って国民を戦争に駆り立て、朝日が言うところの侵略戦争の最前線で軍と行動を供にして、その行為を正当なものであると書き連ねてきていたんですよ?

 今を見ず、過去の一時期だけを理由にしてここまでの異常な嫌悪を示し、中には国旗を見るだの国歌を聞くだのってだけで精神異常まで引き起こすような狂師どもが、一方で同類であるはずの朝日を愛読して毎日その社旗を目にしながら何の違和感も感じず、しかも日の丸・君が代を国旗・国歌として制定している国やその下部組織である地方自治体から給料を貰う事には大喜びで、こうやって裁判を起こしてまでしがみ続けようとする…

 明らかにその根底にあるのは思想でも信条でもなく、単なる差別意識と偏見ですよねぇ?

 何で狂師どもは朝日の社旗が入った新聞を見ても蕁麻疹や冷や汗が出たり、気が狂ったりしないんでしょう?

 例えば朝日が中国と一緒になって吹聴した南京大虐殺なんて、その場に何十人もの記者やカメラマンを貼り付けていたのに当時は全くそれを報じず、逆に日本軍の勇壮さや勇猛さ、挙句は捕虜の食事の工面に四苦八苦する話などばかりを書いていたのが朝日ですよ?

 まぁ、元から狂いきっているから一般人のような感性や概念など通じず、こういう馬鹿げた偏りを持ち、その事に疑問も恥も抱かずにいられるのでしょうけど、つくづく滑稽ですよね。
01月18日(水)

意味不明な延長期間 

17日付けのasahi.comの記事から

原発40年廃炉「最大20年延長可」 政府の改革準備室
2012年1月17日18時31分
 内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室は17日、原子炉等規制法を見直して、原発の運転期間を40年間に制限することについて、環境相の認可を受ければ例外的に1回に限り最大20年間の延長を認める方針を明らかにした。原発の運転期間は最長60年間になる。

 4月に発足する原子力安全庁(仮称)の規制を監視する機関として、原子力安全調査委員会(仮称)を設置する。環境相、原子力安全庁長官らに対する勧告権を与え、行政権限として原発事故の原因究明調査にあたる。

 自治体から根拠の説明を求められても政府は丸っきり無視してきたのに、突然コレです。

 1年だと流石に短すぎるから、3~5年の延長ですというのならまだ分かります。

 その程度の延長幅なら元々安全性に十二分な余裕を持たせて廃炉にするはずですから、延びた所でまだまだ安全を確保できる範囲内だと素人にも分かりますからね。

 ですが、耐用年数を40年と定めたのに、延長が20年って明らかにおかしすぎますよねぇ?

 だってこれを判り易く例えるなら、本来の1ヶ月が賞味期限の加工食品を突如として安全の為だと20日期限だと一方的に設定し、まだまだ余裕で美味しく食べられるのを強制廃棄させようとしてたのに、今度は条件付で元通りの期間食べられますよとか言い出したわけであり、まったくもって意味不明です。

 40年で廃炉にせねばならないとしていたのは一体何を根拠にして算出していたのか、ホント、いい加減にそこを明らかにしろと。

 さもなくば、本来は40年で廃炉にせねば安全を確保しきれないレベルのものを、今までは騙して使えば60年は行けるとかって発想だったという事で、今後もやっぱりそれをやるぞという事なのか?

 どっちにしても設定が非常にいい加減だとしか思えませんよね。

 過程部分が欠落していてイキナリ結論に入る、しかもその結論が常識を一切無視した出鱈目なものであるというのはもはや言うまでも無く民主党の腐りきった体質ですが、そんな連中が政府をやっているから内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室とやらにしてもけっきょくそうなっているんじゃないんですかねぇ?

 相変わらず民主党政権のやる事は、不信感だけを増大させる対応ですね。
01月17日(火)

懲戒解雇で十分 

16日付けのMSN産経ニュースの記事から

「戒告は裁量権の逸脱に当たらない」国旗国歌不起立訴訟 処分の妥当性、最高裁が初判断
2012.1.16 15:42
 卒業式などで国旗掲揚、国歌斉唱の際に起立しなかったことを理由に東京都教育委員会から戒告、停職の懲戒処分を受けた教職員らが都に処分の取り消しと損害賠償を求めた訴訟2件で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は16日、「戒告処分までは基本的に懲戒権者の裁量の範囲」との初判断を示した。

 その上で、教員2人に対する戒告処分の取り消しを認めた東京高裁判決を破棄。別の同高裁判決で停職処分が容認された教員2人については1人の停職を取り消し、もう1人については過去の処分歴などから取り消しを認めなかった。

 校長が起立を命じた職務命令については最高裁が昨年5月以降、合憲との結論を示しており、今回は戒告、停職とした処分に裁量権の逸脱、乱用があったかどうかが争点となった。最高裁で処分の在り方の方向性が示されたことで、命令違反3回で免職とする大阪府の教育基本条例案への影響もありそうだ。

 同小法廷は、戒告処分について「処分自体が教職員の法的地位に不利益を及ぼすものではない」と指摘し、「過去の処分歴の有無にかかわらず、処分は相当」と結論付けた。

 一方、「戒告を超えてより重い減給以上の処分を選択することは、事案の性質などを踏まえた慎重な考慮が必要」と指摘。停職処分を受けた原告のうち1人は、不起立行為以外で過去に懲戒処分を3回を受けていることなどから「一連の非違行為の内容や頻度をかんがみると、停職処分は相当」とし、取り消し請求を認めなかった。

 裁判官5人のうち4人の多数意見による結論。宮川光治裁判官(弁護士出身)は反対意見で「戒告処分でさえも、裁量権の範囲の逸脱に当たる」と述べた。

 疑問が残るものの、概ね妥当な判決でしょうか?

 中に一人だけヘンなのがいたみたいですけど、弁護士出身じゃあマトモを期待するだけ無駄だろうと思っておきましょう。

 そも、戒告処分すら下せないというのであれば、教師は本当にフリーハンドで妨害活動が出来てしまい、法治どころか生徒に範を示す職業ではなくなってしまいます

 元々が職業選択の自由に従って選んだ職場なのであり、自身の意志で何時でも辞められる状況にありながら居座り続けて職務命令を遂行しない

 しかもそれが何ら違法性も無く、社会通念上で照らし合わせても問題ある行為でないにも関わらず、思想がどうの、信条がこうのと呆れる我侭を垂れ流し、抵抗をしたのですから、処分されるのは社会人として当然のことでしかありません。

 大体、こうやって裁判を起こして喚き、反省の色さえ見せないバカどもの処分を取り消して職場復帰させたところで同じことの繰り返しになるだけであり、それで被害を受けるのはそんなバカどもを師として仰がねばならない子ども達であるってことを反対した裁判官はカケラでも理解しているのでしょうかね?

 むしろ、仕事もしないどころか邪魔をしておいて処分するな、金を寄越せなんてほざく寄生虫なんぞ、停職や減給どころか解雇で十分だと思いますよ。

 そう考えると、この判決はまだまだ教師寄りと言えますね。

 免職が出来ないのであれば、職務遂行の意志が無く、式典を妨害する輩を何時までも居座り続けさせねばならないわけで、税金の浪費を裁判所が認めたも同然なんですから。

 どうしてもやりたいなら、私費で私塾でも開設して狂った思想を垂れ流せと言ってやればいいと思いません?
01月16日(月)

やっぱりド素人に過ぎなかった防衛大臣 

15日付けのMSN産経ニュースの記事から

田中防衛相「素人」露呈 武器使用と輸出を混同
2012.1.15 16:39
 田中直紀防衛相は15日のNHK番組で、自衛隊の海外での武器使用基準緩和問題と、武器禁輸政策の見直しを取り違え、誤りに気付かなかった。与党内には「安全保障の専門家でなく答弁が心配」との懸念が出ていたが、早くも「素人ぶり」を露呈した格好だ。

 番組で司会者が武器使用基準緩和の是非を聞いたところ、田中氏は「武器輸出三原則の基準を見直し、国連平和維持活動(PKO)で使った建設機械はその国に置いていくことも検討している」と述べ昨年末に官房長官談話で発表した武器輸出の新基準を説明した。

 司会者は「武器を使って安全を確保する基準の緩和には積極的か」と問い直したが、田中氏は「積極的でも消極的でもない。官房長官が発表した基準を具体的にどうするか防衛省も検討する」と述べ、最後までかみ合わなかった。

 田中氏は番組後、秘書官に誤りを指摘されたとみられ、記者団に「武器携帯と三原則は全然、別のことだ」と述べた。

 さぞややりにくかったでしょうねぇ、NHKの司会者も(笑

 ド素人が消えたけど、次のも素人が来たからと簡単な質問をしたはずなのに、丸っきり話が噛み合わず、かといって最初から間違いを突っ込んでしまうわけにもいかずで。

 使用基準と言えば、どんな時にどの程度の装備を使えるのか…例えると自衛隊とともにいる友軍がテロリストの襲撃を受けたらライフルやマシンガンによる射撃で友軍を支援してよいのかとか、荷台部分にマシンガンを取り付けた車両が乱射しながら突っ込んできた場合に、迫撃砲や対戦車ミサイルなどの高火力装備で車両を粉砕することで攻撃を阻止してよいのかとか、そういう話です。

 そう考えれば、建機を残すかどうかとか、そんなものは使用基準とは全く次元の違う話なのが分かるでしょう。

 だからこそ司会者が改めて「武器を使って安全を確保する基準の緩和には積極的か」と、バカな素人大臣にも判り易く質問をしてやったわけですが、返答を見れば分かるように田中のおバカさんはちっとも理解できていないんですね。

 経験あるぞ、素人じゃないぞと言ってたくせに、こんな初歩的な問題すら分からない…

 お勉強すらしないで番組に出るからこういう事になるんだって、もう何人もの閣僚が失敗してて本来なら理解しているはずなんですけど、学習能力ってものが欠落している民主党のバカどもには未だに予習をするって知能すらないみたいです。

 野党との討論じゃないんですから、どういう問題を話すのか、どういう流れで話すのかなんて、前以て段取りは決まっているんだから、最低限のことをキチンと踏まえておけばこんな無様を晒すなんて有り得ないですよねぇ?

 いやはや、わざわざ適材適所から最善・最強に改めた布陣の結果が最初からコレとは、漫才でもやっているつもりなんでしょうかねぇ、野豚は。

 海外派遣における基本中の基本である武器使用基準すら理解出来ないバカを大臣に据えるのが最善だとか、もう本当に野豚の程度が常人には計り知れないほどに低いのか、それとも民主党というバカの群れにおいてはこんな愚昧な輩が最善な人材でしかないのか…

 どっちにしろ、大臣の器じゃありませんし、そんな人材しか出せない政党には政府・与党をやる資格なんてありませんから、さっさと消えろと言いたいですね。
01月15日(日)

狂師排除へ一層の努力を 

14日付けのasahi.comの記事から

君が代起立斉唱、大阪府教育長が職務命令へ 今春卒業式
2012年1月14日3時0分
 大阪府教育委員会は、君が代の起立斉唱を義務づける府条例を踏まえ、府立学校の教職員約1万人を対象に教育長名で起立斉唱を求める職務命令を今月内に出す方針を決めた。職務命令は毎年数人程度に出していたが、今回は式典会場に入るすべての教職員を対象とする。近年の府立学校の卒業式では毎回60~80人程度が起立しないため、命令違反に基づく処分者が急増する可能性もある。

 府の君が代条例は、橋下徹前府知事が率いる大阪維新の会が府議会に提出し、昨年6月に成立。小中高校などの学校行事で演奏される君が代について「教職員は起立により斉唱を行うものとする」と定めている。

 君が代斉唱をめぐる職務命令はこれまで、各校長が事前に不起立を表明していた教職員のみを対象に出していた。しかし、府教委は条例成立後で初の卒業式シーズンを前に、条例順守を求める姿勢を示すため、教育長が一律的に命令を出すことにした。職務命令に反して起立を拒めば、地方公務員法に基づき懲戒や訓告などの処分対象となる。

 毎年何十人という単位で出る異常さが丸っきり改善されないどころか、昨年の卒業式なんて逆に悪化して84人と大幅に前年から増加しましたもんねぇ…

 2009年度の卒業式の際が63人、処分者4人だったのに2010年度は84人、処分者0人と3割も増加しており、現状の対応では全く効果が無いどころか逆に狂師による好き勝手が出来る状態が横行していたわけです

 この暴走した狂師らの存在はもはや社会に害を為すだけであり、徹底した排除こそが求められます。

 連中が政治活動、それもトチ狂ったサヨク活動にお熱になる結果、様々な問題が起こっているのはもはや一般人にも周知の通りですよね?

 輿石ら民主党議員への資金援助や選挙支援など度を超えて違法活動にまで従事して逮捕者を何人も出していますし、昨年末も沖縄などでの勤怠偽装による給与の不正受給が明らかになっています

 何よりも如何にサボるか、如何に不正をするか、如何に日本を毀損するかという反社会的活動にのみ汲々とする狂師とその組合による最大の影響は子どもに出ています。

 問題の大阪を始め、沖縄や北海道などは学力テストの順位が毎回底辺であり、最下位を争っている始末。

 実際、2010年の時は44位が北海道、45位が大阪、47位が沖縄です。

 何よりもそんなに国歌や国旗が嫌いなくせに公立学校の教師という地位に着いているってのは本当に狂ってますよね?

 ソレを掲げる母体に属するのは抵抗が無いどころか、裁判を起こしてまでしがみ付こうとする位大好きだってんですから、トチ狂った頭にはもはやどんな薬を使おうとも効果は無いのでしょう

 ならば、大阪のように明確な排除基準を設けるというのは当然のことです。

 現在は既に法文化もされている国歌と国旗を尊重する意志も持たず、むしろ反日行為に勤しんで職務を疎かにするような反面教師としての価値しかない連中に給与なんぞ払ってやる必要はありません。

 まぁ、「冬季ユース五輪スキーのジャンプ女子で、日本人金メダル1号を獲得した高梨沙羅」「試合よりも緊張したけど、君が代が流れたときは心に染みました」と述べたそうですし、最近ではスポーツ前の演奏でも歌手が余りに下手だと批判の声が出るなど狂師どもの思惑とは逆に浸透と愛着が着実に根付いてきているようですから、連中の排除さえ出来ればあとは心配要らないと思いますが。

 何にせよ、一日も早く連中を日本から排除して欲しいですね。

 YOMIURI ONLINE『国歌起立斉唱、全教職員に職務命令…大阪府教委』
 http://www.yomiuri.co.jp/national/
news/20120114-OYT1T00486.htm

 同『「君が代、心に染みました」金メダルの高梨沙羅』
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/
news/20120115-OYT1T00137.htm
01月14日(土)

ズブのド素人から、素人に 

13日付けのNHKオンラインニュースの記事から

防衛相 普天間移設で努力の考え
1月13日 21時30分
 田中防衛大臣は、13日夜、総理大臣官邸で就任後初めての記者会見を行い、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題について、沖縄県民の意向にも耳を傾け、名護市辺野古に移設するとした日米合意の実現に努力する考えを示しました。

 この中で、普天間基地の移設問題について「日米合意を堅持していくことは大前提だが、まずは沖縄県民の信頼回復が第一だ。世界一危険な普天間基地の固定化は避けるべきだという信念のもとに、この問題に取り組みたい。なんとか知恵を出して、国民的な議論の中から解決の糸口を求めていきたい」と述べ、沖縄県民の意向にも耳を傾け、名護市辺野古に移設するとした日米合意の実現に努力する考えを示しました。そのうえで、田中大臣は「日本としても実現が難しいことについては、アメリカ側と話をしなければならない」と述べました。

 ズブのド素人から、素人に代わったという印象しかないですよね、実際。

 野豚曰く、今度は「最善かつ最強の布陣」だそうですが、相変わらず向いているのは国民の方じゃなく、自らの身内や利益をくれる相手に対してだけだから、こういう素人を党利党略で入閣させた上で狂った物言いが出来るのでしょう。

 かつて一匹の北京ダックがド素人外務大臣となるも失策に失策を重ね、日米関係に日々を入れて内閣の足を引っ張り続けたために更迭されたのですが、それが気に食わないと民主へ移って自民批判を展開しています

 そして、その間抜けな北京ダックの尻に敷かれていて、同じく自民から民主へ蔵替えしたのがこの新たな防衛大臣です。

 丸っきりの経験不足は新聞各社が報じている通りですし、自主性があるのかすら疑わしい普段の妻に対する素行からも一川の時と変わらないだろうと民主党の人間以外最初から誰も期待していなかったわけですが、早々にこの発言ですからねぇ?

 「日米合意を堅持していくことは大前提だが、まずは沖縄県民の信頼回復が第一だ。世界一危険な普天間基地の固定化は避けるべきだという信念のもとに、この問題に取り組みたい。なんとか知恵を出して、国民的な議論の中から解決の糸口を求めていきたい」

 よく読めば分かるように、言ってることって自分達に都合の良い八方美人なものでしか無い上、現状では何の解決に向けた方策も無く、国民に知恵を貸してくれ、助けてくれと最初から懇請するような人頼みというド素人の無能振りを自ら開陳しており、前任の時とスタートと大差ない。

 まぁ、そもそも民主党内には未だルーピーと言う問題を拗らせたどころか今尚拗らせ続けるクズがいるわけですが、コレに対して金と力を持っているからと何の処罰もしないどころか好き勝手に放言をさせ続けているんですもの、自らの意見集約すら出来ないクズ集団に国民どころか日米関係の要の問題なんて規模の話を解決できるわけがありませんよ。

 何より、「日本としても実現が難しいことについては、アメリカ側と話をしなければならない」なんて言われてもそれは民主党が難しくしただけの話で、自民党政権のままだったらとっくに解決していたものであり、票田目当てで大風呂敷を広げて失敗し、何年も引き延ばして難しいんだ、理解しろなんて言われてもアメリカ側としたらふざけるなって話だと思いません?

 外交関係に携わってきたと言う割にはそれぞれの立場を考慮した物言いではなく、自分達の手前勝手を棚に上げて好き勝手な放言をしているだけにしか見えないんですけど、やっぱり最悪かつ最弱の布陣と言う方が正しいんじゃないかって、国会が始まる前から不安にさせてくれますね。

 唯一期待できるのは法務大臣でしょうか?

 「大変つらい職務だが、職責を果たしていくのが責任だ」と、死刑執行に対して少なくとも現状では非常に前向きな発言をしていますし、130人にまで膨れ上がっている事にも憂慮を示している。

 何よりもこの発言って、国民的議論がどうのと勝手にありもしないものを理由にでっち上げた挙句、それを行おうという努力すらしないままサインを拒んできただけの卑劣な前任者である平岡を、暗に無責任な奴だと批判しているわけで、そこが評価できますね

 そして何よりも裁判官に検事、弁護士と三者の立場を経て、バ菅内閣で法務副大臣就任と経歴や知識も法務大臣として最適と言え、唯一マトモな人選と言えるものですから。

 もっとも、実際に判を押すかどうかはまだ分かりませんがね。

 何れにせよ、トップの野豚が山岡や一川らにあのような開き直り発言を公の場でさせているんですから。

 指揮官としての能力の欠如、露骨な二面性と反省を知らぬ厚顔など、ロクデナシなのは確実であり、頭が腐っているゾンビ状態ではちょいと顔ぶれを変えた程度では中身は何ら変わりは無いと思いますがね。

 YOMIURI ONLINE『小川法相、死刑「職責果たす」…オウムは考慮』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20120114-OYT1T00009.htm?from=main1
01月13日(金)

バカは一生直らない 

13日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

一川氏、最後の会見でポロッ…発言内容即訂正
 「安全保障は素人」という発言で物議を醸した一川防衛相、マルチ商法(連鎖販売取引)業者との関係を国会で追及された山岡消費者相ら5人が13日、内閣改造に伴い閣外へ去ることになった。

 野田首相が「適材適所」と胸を張った組閣からわずか約4か月。「素人発言は間違っていない」「政局と割り切っている」。一川氏らは記者会見で、開き直りとも受け取れる言葉を続けながら、早々の降板に口調は弱々しかった。

 「間違っているとは思わない」。防衛省内で記者会見した一川氏は、自身の安全保障を巡る「素人」発言をこう振り返った。

 一川氏が「安全保障に関しては素人」と発言したのは、就任初日の昨年9月2日。沖縄県の米軍基地問題が迷走を続け、中国と摩擦が絶えないさなかだっただけに、国会でも「素人に務まるのか」と追及された。

 元農水省職員の一川氏は、1995年の沖縄県米兵女児暴行事件を「正確な中身を詳細には知らない」と語り、ブータン国王夫妻を歓迎する宮中晩さん会を欠席して出席した民主党議員のパーティーでは「こちらの方が大事」とあいさつし、批判された。

 この日の会見では、宮中晩さん会欠席を「軽率だった」と語り、昨年、山岡氏と共に参院で問責決議を受けたことに、「不徳のいたすところ」と反省も口にした一川氏。

 最後となった会見では、11日に北朝鮮がミサイルを発射したとされる問題に関する質問に、「事実関係は承知している」と述べたが、後から事務方が「そういう報道があったことは承知している」と訂正する一幕もあった。防衛省幹部は「情報収集能力をさらしかねず、通常は公開しない」と説明した。
(2012年1月13日14時41分 読売新聞)

 就任する前からこの間抜けの失言癖の酷さは有名で、任命の話が出た際には身内の民主党議員からさえ不安がられたものでしたが、蓋を開けてみれば案の定。

 失言につぐ失言、暴言につぐ暴言で就任僅か3ヵ月後には問責を出され、山岡ともどもあっさり可決される始末。

 結局野豚は己の無能さが原因で行き詰った国会状態を打開する為に、しないと言っていた内閣改造による事実上の更迭を一川や山岡にしましたが、その一川の最後の会見までがコレです。

 そして何より野豚、そして一川と山岡らが救いようのないバカであることの証明が「政局と割り切っている」との一川の発言です。

 同じく山岡が退任の記者会見で「山岡さん自身に全く瑕疵(かし)はないと思っているが、そういう情勢なのでご理解いただきたい」と野豚に言われたと暴露しており、野豚は問責は単なる政局であり、非は提出して可決した野党にあるが、お国の大事の為だからこっちが下手に出る為に辞めてくれという意味で二人に頼んだわけですね。

 ですが、それでは話の筋が通らないんですよ。

 自民党だけがというのならまだしも、実際には自公に加え、みんなの党、共産党、たちあがれ日本、新党改革の6政党が両名の問責に賛成をしています

 しかも社民党さえもが一川の問責に賛成し、山岡に棄権という形を示しており、単なる政局、野党による妨害なんぞとして片付く話ではないのです。

 元は与党として、今も在日関係など処々の点で共闘をしている社民が、野豚たちの言い分で行くならば党利党略でお仲間を裁き、見捨てる選択をしたということになるのですが、いいんでしょうかねぇ…そんな敵対的な発言をしちゃって。

 ですがま、言うまでもなくコレは身内の党内でしか賛意を得られない人事であり、問題行為の数々が浮かび上がり、継続させられないと民主党以外の政党に判断されるに十二分な3ヶ月だったわけです。

 にも関わらず政局だと相手に責を押し付けて開き直るその姿は、実に醜悪かつ無責任であり、これで話し合いが出来る、政治が動くと思っているのなら本当にどうしようもないバカっぷりですよ。

 まぁ、そういう無責任な豚野郎だからこそ、「行政・政治改革、社会保障と税の一体改革を推進する最善かつ最強の布陣」などと適材適所とした布陣を、僅か4ヶ月で入れ替えることに恥じ入りすらしないんでしょう。

 いやはや、こういう面の皮の厚さ、無責任さだけが3人目になっても変わらず人並み外れた高さを誇られても、選択権のない国民にしてみれば迷惑千万なだけなんですがねぇ?

 何せ知能レベルやモラル、常識といったものはどれも等しく人並み以下どころか最底辺レベルですし。

 何時まで続くんでしょうかねぇ、この詐欺師政党による最悪の政治は。

 時事ドットコム『山岡氏「自身に瑕疵ない」=問責閣僚が退任の弁』
 http://www.jiji.com/jc/c?
g=pol_30&k=2012011300360
01月12日(木)

恥知らずのルーピーがまた騒ぐ 

11日付けのMSN産経ニュースの記事から

永住外国人参政権実現に意欲 鳩山元首相
2012.1.11 21:31
 民主党の鳩山由紀夫元首相は11日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団(民団)の新年会に出席し、民団が実現を強く求めている永住外国人への地方参政権付与について「国会議員に課せられた大きな宿題を果たさなければならない。今年こそは、という気持ちで解決していきたい」と実現に意欲を示した。民主党の江田五月元参院議長、公明党の太田昭宏前代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首も早期実現を訴えた。

 ルーピーの名に相応しくこのバカは、自らの着いている地位が何の為のものかという基本、根本すら理解できていないんですね…

 国会議員に課せられている義務は国民の代表者として国家を導く事であって、国民の意思を無視するどころかコンセンサスを得ようとすらせぬまま隠れて勝手に、国民が保有する権利の枠を多国籍者に売ることではありません。

 ましてや最高裁判決でも外国人への参政権付与は違憲と判決が下されており、やるのであれば最低限度、憲法改正手続きを踏んで国民の賛同を得る必要があるわけですが、今回もまた、ブサヨ連中は国民には何ら語る事もなく、勝手に朝鮮人どもと約束を交わしているわけですから、まさに国民に対する背信行為であり、連中に国会議員のバッチを付ける資格はありません。

 即刻返上し、下野すべきですよ。

 何より、韓国国民と約束を交わしていますが、このバカどもの中にそれが何を意味するのかを理解しているのが一匹でもいるのか非常に怪しいですよね?

 公職選挙法を改正した結果、韓国政府は今年の4月より、永住権を所有する147万人を含む19歳以上の在外韓国人300万人余りが在外選挙人登録の申請をすることで最寄りの現地公館で国会議員比例代表選挙に投票できるようにしました

 つまり、在日韓国人も4月から韓国の国政に携わるようになるわけであり、当然ながら韓国の国益を第一として彼らは票を投じる事になるわけです。

 それが韓国にとってだけの内政問題などが議題である間は良いでしょうが、例えば両国で対立する竹島領有権のような問題が選挙の目玉になった場合はどうでしょう?

 当然ながら在日は自国での選挙には強攻策を掲げる政党を支持するでしょうが、そこで逆に日本で参政権を行使する場合には、韓国の利益のため、日本の利益を害する政策を掲げる政党や候補者を支持しますよねぇ?

 ですがそれは、日本にとも住み、生きていく仲間としての思考・心理ではなく、完全に自国の利益を第一に考える日本の『敵』の考えであり、そんな連中に一緒に住む仲間としての意識や連帯感を持つなど出来るでしょうか?

 そんな状態で未来のために一緒にやっていくなど、常識で考えれば不可能だって簡単に分かりますよね?

 連中の投票理由は同じコミュニティを構成する一員としてのソレではなく、自らの国益を求めてコミュニティを破壊しようとする工作員として動いているってことなんですから。

 連中がかつて朝日が社説で書いたように竹島なんて韓国にあげればいいんだという無条件領土割譲案を掲げ、それが友好だのと嘯く最低の詐欺師を在日が支持するのは誰もが簡単に分かる事です。

 尚、朝日は後にそれが友好でも何でもないただの売国行為であった事を、単なる冗談であったと執筆者自らが述べることで認めています

 本心からそれが国家間の友好に結びつく行為であると考えていたなら、例えどれだけの非難を浴びようとも主張を、それも社説として行ったものを曲げるわけがありませんし、むしろそれによって両国関係がどう良くなるのかを説くことが出来たはずですから。

 ですが、日本の『敵』に投票権を与えてしまえば、それは冗談ではなく本当にされてしまう力を持ってしまうのです

 在日の新年会に与野党のトップや幹部がわざわざゾロゾロと詣でていることからも明らかなように、自らの利益を第一に考えて国益を平然と毀損させようとする売国奴は幾らでもいます。

 もし在日に参政権を与えれば、評欲しさにこういったクズが一層の売国政策を進めるのは火を見るより明らかで、その内に国政参政権、被選挙権と拡大していくことに歯止めが効かなくなり、最後には朝鮮人によって国が壊される

 それにしても、敗戦や失態の責任も取らずにいるルーピーだの福島だの、テロ政党の代表だの、元トップだの、ロクデナシばかりよくも集まったものですよねぇ?

 中央日報『在外韓国人にも選挙権…2012年総選挙から』
 http://japanese.joins.com/
article/451/110451.html
01月11日(水)

援交の亜種 

8日付けのasahi.comの記事から

やくみつる、ファン現実に戻れ「前田敦子は振り向かない」
2011.6.10 15:14
 アイドル集団、AKB48が9日、次回シングルを歌う選抜メンバーを決める「第3回AKB48選抜総選挙」を東京・日本武道館で開催。前回2位の前田敦子(19)が13万9892票を獲得し、1位に返り咲いた。前田は「胸を張ってセンターで頑張りたい」と号泣。40位までの投票総数をCD売り上げで単純換算すると、実に17億円超にものぼったシ烈な選挙戦だった。(サンケイスポーツ)

漫画家、やくみつる(52)の話

 「投票している方々をテレビで拝見して、早く現実に戻れよと思った。現実のしがらみの中で生きている大人から見ると、疑似の世界だね。投票したアイドルには会えるかもしれないけど、リアルに付き合える人はいない。メンバーの1人ひとりはいい子ばかりだけど、前田敦子は振り向かないよ。もっとリアルな世界があることを知ってほしいな」

 ホント、頭がイカレてるとしか思えませんよねぇ。

 歌がいいわけでもなければ個々人に魅力だの華だのがあるわけでも無い、何処にでもいる平々凡々な、まさに単なる凡俗の群れに熱中し、そんな何の利益還元もない投資を出来るなんて。

 この馬鹿げた騒動、いわば肉体関係の無い援助交際そのものじゃないですか。

 必死になって相手の関心を、愛を金で買おうとして、でも絶対に実らず、その内に芸能人の誰々と熱愛発覚だの、引退してAVデビューだのってなって、裏切られたなんだとそこでまたバカ騒ぎ…

 個々人の好みだ趣味だと言えばそれまでですけど、そんなまさにカルト染みた偶像崇拝が出来る神経と、道の半分を塞いで如何にもって連中がニヤニヤしながらトレカを見せ合ったりしている姿は実に気持ちが悪いし鬱陶しいしで、余りに邪魔なのは殴り倒したくなりますね。

 表の大通りでソレやってるから本当に邪魔なんですよねぇ、AKBファンってその存在自体が。

 秋葉原でも基本的にコアな人間やその店って昔は裏通りでってのが当たり前だったんですけどね。

 まして、毎回テレビで放映されるような勝たせるために何百枚とかCDを買い漁るいい年した大人とか、なんでそこまでカルト染みた嵌り方が出来るのか?

 前田だとかってのに仮に振り向かれても、当のファン以外、誰が喜ぶのかと。

 国民的アイドルだのなんだのと連日テレビに出ている割に、芸能人ランクなどで見ると丸っきりで、如何に一部のカルト信者にしか認められていない存在なのか分かります。

 一体あんなものの何処に、或いは何にそんなに嵌れる要素があるのか、常人にはサッパリ理解できませんね。
01月10日(火)

教育腐敗の結果 

8日付けのasahi.comの記事から

沖縄の成人式、今年も荒れる 5人逮捕、警官と衝突も
2012年1月8日23時43分
 毎年のように逮捕者が出て「荒れる成人式」のイメージが広まってしまった沖縄県。8日、うるま市で旗ざおを持ってオートバイに乗ったとして道路交通法違反(禁止行為など)容疑で新成人2人が県警に現行犯逮捕された。新成人と暴走行為をしていた「後輩」の17歳計3人も公務執行妨害などの容疑で逮捕された。

 那覇市中心部の国際通りは、県警が総勢335人の態勢で警戒にあたった。20~30人の新成人グループ複数が大声を上げながら歩道を練り歩き、警官と衝突する場面も見られた。

 国際通りで客待ちをしていたタクシー運転手の女性(52)は「大震災後でまだ大変なとき。きちんと振る舞ってほしい」と話した。

 ま、ブサヨがメディアも学校教育も公的機関さえも支配する沖縄ですからねぇ?

 日本人としての品格なんぞ、元より求めるのが無理ってものなのでしょう。

 何よりも30年程遅れたファッションセンスや振る舞いを、格好良いと思ってやれるあのシュールさは余りにも滑稽です。

 もっとも、反日反米闘争に明け暮れて職務放棄を平然とし、勤怠を不正操作して給金をちょろまかすようなクズ教師らに教えられ、学生の時分から夜更かしどころか夜の街を歩き回り公園でさえ平然と飲酒に明け暮れるなんて真似が横行しているんですから、マトモな大人に育つ道理がありませんよね

 特に中学生の非行率が非常に高く、10代前半から、下手をすると小学生の頃から違法行為を当たり前にやってしまっているし、親が平然とそんな状況を放置するから成人しても分別など身に着かない。

 それでいて、貧乏だからいけないんだだのと喚いて我々に金の無心を繰り返す

 まさに朝鮮人みたいですよね。

 日本人なら米百俵の精神を見せろと言いたいところですけど、上記したように親も教師もそんな精神も考えも持っていない状況で次の世代が育っているわけですから、まさに負のスパイラルで改善などしないし、自分達でしようという気もないんですよね。

 岩手県陸前高田市であった成人式では、震災で亡くなった友の遺影とともに出席し、「遼の分まで命を大切にして、精いっぱい生きます」と涙を流しながらも若者が式典に臨んでいたというのに、まるで別世界のような沖縄の成人達の振る舞い…

 しかも、那覇市の各中学校区成人式の実行委員長らによる連盟の報道規制要求が昨年末に出されたことにより、肝心の沖縄タイムスや琉球新報といった地元紙は自粛と言う形で成人式の華々しい面や感動的な挿話だけを流し、都合の悪い事実を握り潰すことで沖縄の成人式の実態を歪めて報じています

 軍を嫌うくせに、軍紛いの情報統制や情報操作といった卑劣な真似を好んでやるんですよねぇ、沖縄のメディアと教育者って

 ホント、恥知らずな連中ですし、責任を他へ転嫁する事で自分達には無いと思い込もうとする姿は侮蔑しか感じられません。

 教育の腐敗が如何に深刻な影響を将来まで子どもに与えるか、沖縄を見ているとよくわかりますね。

 asahi.com『成人式、亡き友も一緒に 岩手・陸前高田』
 http://www.asahi.com/national/
update/0108/TKY201201080244.html

 沖縄タイムス『県内新成人 1万6639人』
 http://www.okinawatimes.co.jp/
article/2010-12-29_13277/
01月09日(月)

常人には理解不能な連中 

8日付けのMSN産経ニュースの記事から

韓国警察、靖国放火で日本の協力要請あれば検討
2012.1.8 23:13
 韓国鍾路警察署は8日、在韓日本大使館に火炎瓶を投げ付けた中国人の男が東京の靖国神社の門への放火を供述していることについて、日本側から直接取り調べたいとの要請などがあった場合、協力が可能かどうかを警察や裁判所が検討すると述べた。

 同署は、現時点で日本の警察当局などから共助要請はないと説明。日本側の要求に応じて身柄を引き渡すかどうかについても「韓国の裁判所で大使館の事件に関する法執行が終了した後に論議されることだ」とした。

 男が動機として慰安婦問題を主張したことから、韓国メディアも事件に強い関心を見せ、聯合ニュースが詳しく報じたほか、テレビ各局もニュース番組で取り上げた。(共同)

 この事件、靖国神社への放火直後に韓国へと高飛びし、翌日の12月27日にメディアへ自らが行った事と、祖母が平壌から中国南部へ連れて行かれた慰安婦だった、韓国の要求に対して謝らなかった日本政府の態度が許せなかった、だから犯行を行ったと主張していたそうです。

 そして今回の逮捕でも同様の主張をしているところか、まず間違いなく同一人物なのでしょう。

 現時点では中国・広州出身の37歳という事しか聨合ニュースでも報じておらず、朝鮮日報や中央日報に至っては何故か事件そのものを日本語版では報じていませんので、これ以上のことは分かりません。

 ですが、何れにせよ在韓中国人であれば、韓国人らが騒いでいた靖国神社への日本人自身による自作自演説は見事に破綻したわけであり、相変わらず荒唐無稽かつ無思慮で無責任な蛮族の下種な言い掛かりだったわけですね。

 それに、中国人と報じられてこそいますけど、肝心の祖母が元々に平壌にいたと言うのは引っかかりますよねぇ?

 言うまでも無く平壌は現在の北朝鮮の首都であり、当然ながら当時日本国の一部であったそこに敵国の人間が平然といるなんて状況は中々ありません

 特に華僑はスパイ活動などに従事している事があるため、憲兵が目を光らせていましたし。

 となると、可能性としてあるのは、その祖母は朝鮮人だけど慰安婦として中国南部へ赴き、そこで終戦を向かえたがそのまま帰国せず、現地の中国人と結婚したというケースですね。

 それならばこの不可解な話の流れも分かるというものですが、そうなると、最低でもこの犯人はその血の1/4が朝鮮人のものってことになります

 つまり、犯人の経歴が本当ならば、やっぱり朝鮮人が絡んだ犯罪だったという事です。

 しかも当時は2ヶ月ほど日本に滞在していたというのですから、在日であったわけですし。

 おまけに、犯行理由が既に解決済みの問題を解決済みですと言ったのが気に入らないとかってねぇ?

 第一、韓国政府は韓国人慰安婦へ支払うべき金を使い込んでしまって無いから、日本から二重取りしようとセコい真似をしているだけですし、そんな日韓間の問題について中国人が口を出すってのも全くの筋違いです

 文句があるなら、国交正常化の際に金を受け取っておきながらそれを高速や鉄工所などを造るのに使い込み、その事実を2005年まで40年も隠蔽し続け、バレた後もキチンと支払いをせずに更なる無心を日本へする厚顔無恥な韓国政府に対してすべきですよ。

 加えて、政府への恨みがどうのと言いながら当の日本では政府関係の施設には何もせず、慰安婦とも政府とも関係の無い靖国神社へこそこそと隠れて放火をし、自国へ帰るのではなく今度は韓国に渡って日本大使館へ放火するという流れも全く持って意味不明ですよね?

 ま、朝鮮人や中国人のメンタリティを理解するなどマトモな人間には不可能な所業でしょうけど。

 聨合ニュース『"中国人'私が靖国神社に火をつけた'主張"』(ページはハングルの原文です)
 http://www.yonhapnews.co.kr/politics/
2011/12/28/0503000000AKR
20111228221700073.HTML?template=3386

 同『大使館に火炎瓶投げた中国人「野田首相の発言に怒り」 』
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/
relation/2012/01/08/0400000000AJP
20120108001600882.HTML
01月08日(日)

適当な人材を適当な場所へ配しただけ 

8日付けのMSN産経ニュースの記事から

内閣改造方針 今度こそ適材適所人事を
2012.1.8 03:09
 野田佳彦首相が今週にも内閣改造を行う方針を固め、外国訪問を予定している閣僚に対して日程変更を指示した。

 内閣改造の柱は、昨年末に臨時国会で参院の問責決議を受けた一川保夫防衛相と山岡賢次国家公安委員長の交代にある。両氏が続投していることに自民党など野党が強く反発し、通常国会は冒頭から混乱必至とみられているからだ。

 首相が消費税増税に「不退転の決意」で取り組むために、改造を断行して与野党協議や国会審議の環境整備を図るというのなら、遅きに失したが当然といえる。

 問題は後任人事である。もともと「適材適所」をうたいながら、首相が小沢一郎元代表に近い山岡、一川両氏を起用したのは、就任時の「党内融和」路線に沿ったものだった。同じつまずきを繰り返してはならない。

 党内バランスにこだわらず、政策実現のための真の適材適所となる人事を強く求めたい。

 一川氏は7日、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に派遣される陸上自衛隊施設隊などに隊旗を手渡した。「安全保障は素人」などと失言を重ね、資質を問われているトップの存在が、隊員らの士気を高めることが十分にできただろうか。

 マルチ商法業界との深い関係を追及されている山岡氏は、内閣府職員への年頭訓示で「ユーロは破綻するんじゃないか」と金融危機に国際協調で対処する考えを欠く発言を繰り返した。資質を欠いていることは覆い隠せない。

 懸念するのは、死刑執行を見送り続けている平岡秀夫法相のように、職責を果たさない閣僚が他にもいることだ。

 平成23年の死刑執行が19年ぶりにゼロとなったのは、江田五月前法相に続き、平岡氏が執行を命じなかったためだ。執行が滞っているため、昨年末で確定死刑囚は戦後最多の130人となった。

 法と秩序を守る立場でありながら、法治国家の信頼性を自ら揺るがしている。

 子ども手当をめぐり、民主党マニフェスト(政権公約)に固執する発言が批判された小宮山洋子厚生労働相も、社会保障制度をめぐる審議が本格化した場合、答弁のぶれが心配だ。

 首相にとって、山積する内外の課題に総力で取り組むための布陣を再構築する好機である。

 今度こそなんて産経は書いていますけど、本当に適材適所を望むのならば野豚及び民主党そのものを政府与党から追放する必要がありますよねぇ?

 マニフェストは主要項目を始め悉くが破綻し、内政どころか外交でも失態を重ね、残ったのは放射能による汚染と震災復興への山積み課題と1000兆円もの借金と130人にも達してしまった死刑囚などなど、どれも足枷となるものだけです。

 一方で普天間移設、尖閣、慰安婦、CO2排出などの度重なる失策によって国際信用度と地位は急激に失われました

 これはとどのつまり、民主党という組織そのものが腐敗しきっていることのみならず、詐欺による政権略取から2年以上経ってもマトモな政治が出来ない、単なる無能なバカ集団に過ぎないが故ということです。

 実際、山岡と一川という問責を可決された愚物を何時までも切り捨てられいどころか、平然と適材適所だと擁護して恥じ入らないまま年を越し、今になって突然内閣改造だのと言い出す野豚の対応などその極みと言えます。

 例えば誰かが謝罪をした際、それが問題の起きたその時点であればされた側としては少なくとも相手には自らの過ちを認めていると感じるでしょうが、それが問題が起きてから数週間、或いはそれ以上もの時間が経ってからであったらどうでしょう?

 例え直後の謝罪と同じ遣り方であったとしても、今までの期間は何だったのか、自らの不利益が出るのが嫌だから取り合えず形を取り繕おうとしているんじゃないのか、などと、少なからず不信感や猜疑心を抱くと思いません?

 ましてやそれが詳細を語らずに、取り合えずやりますとだけであれば尚の事です。

 だからこそ今回も発表した直後から野党に叩かれる。

 しかも、山岡によるバカ発言の後にこの話が出てきたものですから、尚の事手に負えなくなっただけ、庇いきれなくなっただけだろうと感じられる

 ましてや人はいても、これまでの3人の総理大臣及び閣僚を見れば分かるように政権運営が出来るような政治家はひとりもいないのが民主党という組織であり、内部分裂及び内部抗争まで起こしている現状で、野豚曰く適材適所として選ばれた現内閣以上のものを改造によって創りだせる道理がどこにあるんでしょうかねぇ?

 少なくとも、適材適所で選んだ人材を変える、しないと言っていた改造を今になってやるというのは、野豚の言ってきた適材適所の実態が、「最適な人材を最適な場所へ配する」のではなく、「適当な人材を適当な場所へ配する」ものであったということです。

 まぁもっとも、後者であった事はこの4ヶ月の実績を見れば何よりも明らかですがね。

 するべきは内閣改造ではなく、総辞職による衆院の解散と詐欺だけの犯罪政党の解体ですよねぇ?
01月07日(土)

マニフェスト破りに加えて国際公約破りまで 

6日付けのMSN産経ニュースの記事から

CO2、25%削減撤回へ 政府、現実的な目標提示
2012.1.6 08:25
 政府は、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減するとした現在の目標を下方修正する作業に本格的に着手する。東京電力福島第1原子力発電所事故を受けたエネルギー政策の見直しで、発電中に二酸化炭素(CO2)を排出しない原発の推進が困難になったためで、現実的な目標を提示する方針だ。

 昨年末の国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)では、12年に期限を迎える京都議定書の延長が決まったが、日本は削減義務を負うことを拒否する方針。自主的な削減努力を進めると同時に、今後本格化する延長後の「ポスト京都」の枠組み議論で主導的な役割を果たす上でも、目標の撤回が不可欠と判断した。

 日本は、09年に鳩山由紀夫元首相が国連での演説で25%削減目標を表明し国際公約とした。しかし昨年3月の福島第1原発事故を受け、政府は「脱原発依存」へと方針を転換し、目標達成の大前提が崩れた。政府は今月30日に開く中央環境審議会地球環境部会で、削減目標の妥当性についての議論を本格化させる。適正な電源構成などを示すエネルギー基本計画の見直しと並行して進め、来夏に策定する「革新的エネルギー・環境戦略」に反映させる。

 新目標とともに30年時点の排出量の見通しも示すほか、目標達成のための方策も示す考えだ。

 脱原発依存に伴う火力発電の増加による排出量の増大を、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの上積みや節電推進などでカバーし、どれだけ排出量を削減できるかが焦点となる。

 日本は13年以降、延長された京都議定書に基づく削減義務を拒否するが、「画餅」となった目標を掲げたままでは、自主的な削減努力の障害になりかねない。25%削減には産業界の反発も根強く、官民一体の取り組みを進めるためにも見直しが急務となっている。

 また、新たな枠組みについて議論する作業部会も6月までに設置される予定。

 今更ですよねぇ。

 最初から出来っこない誇大妄想だったことは分かりきっており、原発事故なんてそれを正当化するための言い訳でしかありませんよ。

 何せルーピーが宣言したのって、総理に就任した直後、同じ9月にあったサミットでのことですよ?

 原発事故があった昨年の3月までで見ても1年半も時間はあったのに、何にもされていませんでしたよねぇ?

 原発の増産以外は精々が海外からの排出枠買い取りという金で誤魔化す真似を画策しただけで。

 そして、現在は原発事故から10ヶ月ですよ?

 ましてや事故後には原発の停止だ、テストだ、将来的な廃止だと馬鹿げた話ばかり次々出して火力発電を拡大させていたのが昨年夏の話であり、原発をどうするかという将来像を全く描かないままにやっていたんですもの、そもそも25%どころか減らすことそのものが出来るかって話だったのに、それを現在まで放置していたわけです。

 何れにせよ、これによって民主党政権はまた一つマニフェストを破ったわけですし、加えて国家として行った国際公約も一方的に破ったわけです

 それでも、やっぱりその責任を取るつもりは無いのが民主党なんです。

 かつての社会党といえど、政府与党時代にコレほど破廉恥な真似はしていませんよ。

 恥を知らぬバカどもは何処までも手に負えませんね。
01月06日(金)

最も危機感を欠いたバカ、山岡 

5日付けのMSN産経ニュースの記事から

「ユーロは破綻する」「金融・経済の大津波」山岡氏、失言連発
2012.1.5 17:35
 山岡賢次国家公安委員長・消費者問題担当相は5日、内閣府職員への年頭の訓示式で「ユーロは破綻するんじゃないかと内心思っている。そうなると中国のバブルも破裂する可能性がある」と述べた。欧州債務危機の拡大で単一通貨ユーロ圏が崩壊する可能性を指摘したとみられるが、日本を含む関係諸国が危機回避に取り組む中、不適切な発言との批判は免れない。野田佳彦首相は参院で問責を受けた山岡氏をなお擁護しているが、適格性に改めて疑問符がつき、1月下旬召集の通常国会を前に更迭は避けられそうにない。

 山岡氏はさらに「金融・経済の大津波がやってくる」などと金融・経済危機を3度も「津波」にたとえた。それらの危機に備える際、「政治の混乱が一番良くない」と問責を受けたことを人ごとのように表現した上で、「(危機に)対処できる政治体制を与野党問わず整えていかなければいけない。危機感を強く持っている」と続投に意欲を表明した。

 「今年も良い年でありますよう改めてお願い申し上げる」と締めくくったが、「今年も良い年」との認識も東日本大震災の被災者への配慮に欠けていると受け取られかねない。

 訓示式には山岡氏のほか、藤村修官房長官ら6閣僚が参加した。

 単なる経済アナリストだの、コメンテーターだのって無思慮かつ無責任な連中が放言したと言うのなら誰も気に留めませんけど、世界で3指に入る経済大国の大臣がこんな馬鹿げた事を論拠も無く述べたらどうなるか…

 ただでさえ先日のエントリで記したように年明け早々からユーロ安が進み、ドル安に加えてそっちまで円高になって国内経済が大打撃を受けている状況だと言うのに、余りにも馬鹿すぎます。

 ましてや経済破綻が連鎖で、それもEUと中国と言う非常に大規模な形で起きたらどうするのかと危機感を持って対応を講じているとかって話じゃないですよね、明らかにコレは。

 単に政治の混乱が良くないだのと呆れ果てる戯言をほざいているだけで政府としてどう望むかという姿勢は全く語っていませんし、何よりも与野党が対立している現状最大の理由である自分達問責大臣の存在を全く度外視している姿は余りにもエゴイスティックであり、流石は汚沢の腰巾着だけはあると親分似のクズっぷりにある意味感嘆しますよ。

 何よりも「金融・経済の大津波」などと3度も津波と連呼って…どこまでバカかをそんなにアピールせねば気が済まないんですかね?

 昨年あの東日本大地震とそれによって発生した大津波で1万5千人以上が亡くなり、3千人以上が未だ行方不明となっている中で、しかも民主党政権が爆発させた原発被害なんて何時収束するのか未だ明確な見通しも経たないのに、1年と経たずに全てを忘我して新年挨拶で繰り返し連呼しておいて危機感を持っているなんぞと臆面も無く言えるその鳥頭には脱帽ですよ。

 しかも締めに「今年も良い年でありますよう」とか……そんなに昨年は良い年だったんですかと誰もが問いたくなりますよね?

 先述した天災と東電&民主による人災以外にも世界規模の経済不況に金融不安、民主党のばら撒きによって国債は1000兆円を超え2年と経たずに民主党政権の総理大臣は3人目になり、その3人目も3ヶ月で支持率は3割、閣僚2人が問責可決と、戦後の日本でここまで悪い年って無かったと誰もが思うはずなんですがね。

 大方、山岡のクズは自分が大臣になれたし、問責も野豚が突っぱねているから辞めずにふんぞり返っていられるとそれだけで良い年だったってことで、上記したような国内及び世界の状況などどうでもいいことなんでしょう。

 考えて見て下さい。

 天災と人災以外にも民主党は野党時代、国が破綻するから国債は30兆円以下の発行に抑えろと再三に渡り自民党政権へ要求していたと言うのに、政府与党になって以来2年連続で1.5倍もの額を発行し続け、次は更に増額されるんですよ?

 そんな状況を良い年なんて言えるんですから、流石は日本解体を目論む売国政党の大臣ですよね。

 これで危機感を持っているなどとほざくのですから、始末に負えないバカですよね、ホント。
01月05日(木)

金に汚く約束を守らない民族 

4日付けのMSN産経ニュースの記事から

高速鉄道の約束ほごか 平昌五輪で韓国政府「建設計画初めからなし」
2012.1.4 11:20
 韓国北東部の平昌で2018年に開催が決まっている冬季五輪に絡み、MBCテレビは3日夜、同国の五輪招致委員会が招致活動時に確約した仁川国際空港から平昌までの高速鉄道建設を韓国政府が行わないことを決めたと伝えた。

 韓国政府は「建設計画は初めからなく、招致委が(政府との)協議もなく発表した」と主張しているという。

 平昌開催を決めた昨年7月の南アフリカ・ダーバンでの国際オリンピック委員会(IOC)総会には李明博大統領も出席、韓国の招致委は「高速鉄道で仁川から68分で会場に着く」と説明し、誘致に成功していた。

 MBCによると、韓国政府は、仁川-平昌間の約250キロの高速鉄道建設には約10兆ウォン(約6700億円)かかり、五輪終了後は客が減り採算が取れないと指摘。既存の鉄道網を活用する方針だ。(共同)

 流石は朝鮮人、やることが相変わらず卑劣ですねぇ~。

 半年も経ってから招致委が勝手に発表した事って…

 大統領自身が出席している総会での発表であり、しかも一切の訂正をせずに決定をしてほとぼりが冷めてからって遣り口は、明らかに北の同族が支援獲得のために毎度やっているのと同じ口約束&反故のパターンじゃないですか。

 やっぱり北だからおかしいんじゃなく、朝鮮人だからオカシイんですよね。

 例え本当に発表が国内で協議を経ていないものだったとしても、大統領がいながら何の訂正もしなかった以上は認めた国際公約となるというのに、恥じらいも無く反故にしようって言うんですから。

 ま、韓国と言えばスマトラの津波災害の時だって日本に対抗して義援金額を最初たったの60万ドルしかださなかったのに、調子に乗って5000万ドル出すなどと喚きだし、でも後々になって1/9の610万ドルに減額、挙句にそれすら半分の310万ドルしか支払わなかったような真性の下衆ですからね。

 当時、5億ドルを支払った上に技術の無償供与なども行った日本では到底考えられないような暴挙であり、恥さらしですけど。

 因みに韓国は2010年9月時点で国連分担金も1億2000万ドルを未納で、外務省HPの情報によれば昨年の韓国の分担金は5310万ドルとのことですから、実に丸2年分以上の金額を平然と滞納しているわけです。

 事務総長をやっている人間の母国なのに

 このように、非常に金に汚くだらしないのが韓国の実態であり、そういう国だからこそオリンピック選定という場でも公然と嘘をつき、約束を反故にするんですよねぇ。

 伊達に朝鮮と中国に名付けられてはいないってことですね。

 連合ニュース『韓国の国際機関分担金滞納、9月現在1億2千万ドル』
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/
Politics2/2010/10/03/
0900000000AJP20101003000200882.HTML

 外務省HP『2009-11年国連通常予算分担率・分担金』
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/
gaiko/jp_un/yosan.html
01月04日(水)

今年もスタートから経済不安 

3日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

ユーロ売り止まらず、一時98円71銭
 【ロンドン=中沢謙介】欧州危機への懸念から、外国為替市場で円買い・ユーロ売りの流れが止まらない。

 ロイター通信によると、2日の海外市場で、ユーロが円に対して急落し、一時、1ユーロ=98円71銭まで円高・ユーロ安が進んだ。2000年12月以来、約11年ぶりの水準だ。日米やロンドン市場が休場で、取引量が少ない中、電子取引システムの売買で値動きが大きくなった。その後、値を戻し、ロンドン時間の午後3時(日本時間3日午前0時)現在、1ユーロ=99円45銭前後で取引されている。
(2012年1月3日01時05分 読売新聞)

 欧州危機による流れなのは間違いないんですけど、それにしても昨年後半は大体103~104円前後で推移していただけに、年明け直後からコレというのはなんとも不安になりますねぇ…

 行き過ぎた円高への対応を民主党政権が迅速かつ適切に取っていればこんな状態にはならないのですが、何せ財務大臣があのバカ坊や、安住ですからねぇ…

 昨年も口先ばかりで対応が遅れに遅れ、過去に類を見ない額を投じたものの一時凌ぎにしかならなかった。

 ユーロはご覧の通りですし、ドルも3日時点で76円台後半で推移という状況ですから。

 これがせめて日本の復興による経済興隆でとかっていうのならいいんですけど、読売が主要企業30社のトップに行ったアンケートによると、「踊り場(足踏み)状態にある」が16人、「緩やかに悪化している」が3人と、約2/3が現在の日本経済は停滞もしくは悪化状態にあると答えており、その理由を複数回答で尋ねた答えも「円高の進行」(28人)「欧州債務危機」(18人)「新興国経済の悪化」(13人)という状態であり、政府の無能さが現状を改善出来ない最大の理由であると分かります。

 新興国経済の悪化は欧州危機による世界経済の悪化が影響を強く及ぼしていますし、円高の進行もユーロに関してはそれが理由なのですが、欧州危機に対して民主党政権が何か具体的な対策を取っているでしょうか?

 その答えは、円高に対してすら口先でピーチクパーチク姦しく騒ぐばかりで後手後手な対応しか出来なかったのですから、言うまでもありませんね。

 年始早々から、今年も経済は悪いのだろうな、もっと悪くなるのだろうなと思わせる最悪な状況ですね。

 NHKオンライン『ユーロ 100円挟んだ値動き』
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/
20120104/k10015030131000.html

 YOMIURI ONLINE『「景気が停滞」…主要30社トップの過半数』
 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/
news/20120102-OYT1T00385.htm
01月02日(月)

間抜けな将軍の自爆 

31日付けの時事ドットコムの記事から

日本は「空母建造」と批判=「こっそり軍拡」-中国将軍
 【香港時事】31日付の香港各紙によると、中国軍系の学術団体・軍事科学学会副秘書長の羅援少将は30日、日本の防衛力整備について、「ヘリコプター搭載護衛艦」と称して実質的には軽空母を建造するなど「こっそりと軍拡を進めている」と批判した。30日にインターネット上で行ったネット利用者との交流で語った。

 羅少将は、海上自衛隊のヘリ搭載護衛艦「ひゅうが」は排水量が約1万4000トン、近く建造される同種の護衛艦は約2万トンもあると指摘した上で、「(日本以外の)どこにこれほど大きな護衛艦があるのか」と艦種の名称に疑問を呈した。

 さらに、日本が事実上空母を保有することは「アジア人民の敏感な神経に触れる」と主張し、日本政府に「軍事的透明性」を示すよう要求。また、日本はいずれ、憲法を改正して本格的に武装する可能性があると懸念を示した。
(2011/12/31-15:50)

 かつて、『ひゅうが』が建造された折にTBSで関口のバカが似たようなことをほざいていましたが、アレは単なる無知蒙昧なバカサヨクの戯言で済みましたけど、軍系の学術団体で相応の地位に着いている現役少将が言うって…

 ま、所詮は外洋での活動実績もろくにない田舎海軍の国、この程度の質なんでしょうねぇ?

 特に清国時代から海軍の質の低さは有名です。

 対日を意識して『定遠』『鎮遠』と名付けた強力な戦艦による砲艦外交、そしてその過程で起きた清国水兵による狼藉事件、長崎事件などは海軍として非常に恥ずべきものですが、逆に力の差をかさに来て日本を威圧した結果、日本は清国との戦争へと舵を切っていきます。

 そして、その結末と言えば艦隊旗艦の定遠は追い詰められて自沈、2番艦鎮遠は座礁して鹵獲され、日本海軍へと編入、戦争そのもの敗北して多額の賠償金と領土の割譲をさせられるという無様を喫しました

 敵を知らず、己も知らぬならどうなるか、孫子にちゃんと記されていると言うのに、奢った愚かな中国人はものの見事にそれをやって負けました。

 そして現在、少将という将軍位にある人間がまたも同じように己の事も相手の事も知らぬままに放言をしています。

 「こっそりと軍拡を進めている」とか言ってますけど、小泉政権以来の防衛予算縮小は未だに続いていて、今では総額4兆6625億円であり、24年度の概算要求は更に減って4兆6453億円です。

 最高が平成14年の4兆9560億円ですから、来年にはそこから3000億円以上も削減されることが分かります。

 これの一体何処が軍拡でしょう?

 しかも自衛隊の場合は拳銃1丁の購入ですら明示をキチンとしており、中国の如き不透明さは一切ありません。

 何処が不透明なのか仮にも軍人で専門家なら具体的に指摘してみろと。

 また、「どこにこれほど大きな護衛艦があるのか」と僅か1~2万トン程度の護衛艦で騒いでいますけど、中国が今試験航海をやっている最中の『ワリヤーグ』なんて基準排水量で5万トンを軽く超えているんですがねぇ?

 そのワリヤーグを侵略目的ではなく自国の防衛と権益保護の為の力だと述べている…つまりは護衛の為の艦だと言い張っているわけですから、この愚かな少将は自身の自衛隊批判によって間接的に中国の空母保有が自国を守る為で無いと認めてしまったわけです。

 まぁそもそもがテーマパークにすると言って民間企業として買い取ったはずのものを平然と軍が空母として就役させるなんて真似をする卑劣千万な国ですから、道理なんて通じるわけがありませんよねぇ?

 何より、『ひゅうが』の搭載は対潜ヘリと救難ヘリの2種であり、基本的に対艦・対地戦闘能力のある機体が存在しないんですけど、それで軍拡になるなら、Su-27など攻撃機を搭載させ、自艦もまた巡航ミサイルを搭載できるワリヤーグなんて侵略戦争のため以外のどんな理由で存在しているのか是非とも説明して欲しいものですね。

 因みに『ひゅうが』自体は対空・対潜ミサイルや機銃以外では精々短魚雷があるだけで、まともな対艦戦闘能力はありません。

 主砲どころか対艦ミサイルすら搭載していないのですから。

 また、先の東日本大震災の折に救援物資や人員の輸送に従事していたことからもその能力が自衛隊においてどのように活かされるものであるかは明白ですし、艦自体もそもそもが老朽化した『はるな』及び『ひえい』が退役するための代替艦に過ぎず、艦数は増えていませんし、装備も対艦・対地能力がほぼ無くなっている分他国が脅威を感じる必要性もむしろ無くなっていると思うのですがねぇ?

 第一、「アジア人民の敏感な神経に触れる」って、侵略と軍拡の繰り返しで周辺各国から最も危険視されているお前ら中国人がどの口で言ってるのって感じです。

 最近の東南アジアなどに伝播している軍拡の流れは中国に対する危機感から来ているんですから。

 いやはや、言い分は的外れな上に自分を完全に棚に上げていると、こんな阿呆が将軍をやっていられるようでは、相変わらず中国海軍は質が低いままだと分かりますね。
01月01日(日)

増え続ける無駄と削減する気の無い野豚政権 

31日付けのasahi.comの記事から

19年ぶり死刑ゼロ、慎重な法相 是非の議論は深まらず
2011年12月31日13時2分
 今年は年間を通じて1件も死刑が執行されない年となった。法相に就いた3人がいずれも執行を見送ったためで、「執行ゼロ」は19年ぶり。もっとも、平岡秀夫・現法相が進める「死刑の存廃も含めた国民的議論」が高まりを見せたわけでもなく、凶悪犯罪の被害者遺族らは「先送り」に厳しい目を向け始めている。

 法務省によると、27日現在で確定死刑囚は129人。2007年に100人を超え、鳩山邦夫元法相の時代に減ったものの、その後は戦後最多を更新している。

 昨年7月、死刑廃止派ながら執行に踏み切った千葉景子元法相は省内に勉強会を設置した。その後の法相は次々と交代。柳田稔氏は2カ月で昨年11月に辞任し、今年の年初は官房長官と兼務の仙谷由人氏だった。廃止派の江田五月氏が1月に就き、9月に代わった平岡法相になっても執行は途絶えている。

 あけましておめでとうございます。

 新年早々不快な話題で申し訳ないですけど、M7という大きな地震が元旦から起こるなど相変わらず先行き不安が拭えぬ現状、衆愚政治が齎しているものを再確認する事で今年こそ民主党による日本解体からの脱却を目指そうという思いを新たにする為の臥薪嘗胆としたいと、選びました。

 死刑囚はこれまでも述べてきたように労働などを免除されます。

 それは、日本の刑務所と言うのが罰を償う場ではなく、犯罪者更生施設であることから、更生の必要性が無い死刑囚には労働をさせる意味が無いためです。

 よって、死刑囚は自らの食費など諸生活費を稼ぐ必要性も無く、漫然と死刑執行日までそこに存在すればよいだけです。

 無論、基本的人権や文化的生活が憲法で保障されているため、通常の服役者よりはずっとグレードが落ちるものの食事はちゃんと出ますし、病気になったり怪我を負えば適切な治療を国持ちで受けられます。

 と言う事は、死刑囚が増えると、それだけその死刑囚、つまりは自らの命を持ってしかその罪を購えないと断じられた凶悪殺人犯を生かし続けるために、我々国民は税金を多く支払い続けなければならないという事です。

 国家を維持する為に必要だから増税するんだと騒ぐ野豚ですが、こういう明らかな無駄を削減しようと努力する気が無いことは明らかです。

 129人…自民党政権時代と比して実に30人以上、3割も死刑囚が増加しているわけですから、その為の施設維持費、人件費など諸経費は一体どれ程嵩んでいるでしょう?

 刑務所の維持費は年間2000億円規模の赤字、つまりは税金を投じて犯罪者の面倒を見ている状態なのに、それに加えて死刑囚はたった2年で3割増ですよ?

 そもそも江田や平岡、千葉など民主党政権は誕生以来死刑反対派を据え続けており、言い訳として用いている「死刑の存廃も含めた国民的議論」など全くせず、省内での調査・検討すら途中経過が全く情報としてメディアに流れない状態、つまりは口先だけで職務を全く遂行していないわけです。

 一方で不法入国者やテロリスト、果ては隣国の不法行為にまで便宜を図らせるなど、民主党政権下では法治国家の根幹である法を専管大臣自らが蔑ろにするという呆れ返る振る舞いが続けられています

 日本は現在、このように国家の根底部分から否定され、壊されていっているのです。

 今年こそこの唾棄すべき衆愚政治との決別を図りたいものですね。
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果