徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
12月31日(土)

小さいけどとても大きな船 

30日付けのasahi.comの記事から

戦艦「三笠」再び脚光 ドラマ「坂の上の雲」人気で
2011年12月30日7時57分
 日露戦争の日本海海戦(1905年)で活躍した戦艦「三笠」が、NHKドラマ「坂の上の雲」をきっかけに再び脚光を浴びている。復元され、神奈川県横須賀市に展示されている記念艦の入場者は、39年ぶりに年間18万人を超える勢いだ。

 横須賀港近くにある三笠公園。今年最後の“開艦日”の27日、三笠の艦橋(艦長らが指揮を執る場所)の前には、記念写真の順番を待つ家族連れやカップルの列が出来ていた。足形に合わせて立つと、連合艦隊の司令長官・東郷平八郎の気分を味わえる。

 神奈川県鎌倉市の小学1年、相川剣里くん(7)は「意外と小さい船なんだね」と母の美絵さん(38)と顔を見合わせた。歴史マンガで興味を持ち、日露戦争をテーマにしたドラマ「坂の上の雲」に、両親と熱中した。「三笠を見たい」とねだり、連れてきてもらった。

 ロシアのバルチック艦隊を破った連合艦隊の旗艦だった三笠。1925年に保存が決まり、太平洋戦争後は大砲が撤去されるなどしたが、61年、有志の寄付で復元された。

 復元当初は全国から観光客が訪れ、見学者は年間30万人に上った。その後、減少傾向が続き、ここ10年は10万人前後で推移していた。

 だが、2009年に「坂の上の雲」の放送が始まると、人気は復活。今年度は12月末までに約15万人が訪れ、年間18万人を超えるのは確実という。司馬遼太郎が原作小説を新聞に連載していた72年度の水準だ。

 管理する「三笠保存会」事務局長の豊崎健二さん(66)によると、20~30代の見学者が目立つようになり、「歴女」が男性に説明するカップルが増えたのも最近の傾向という。

 豊崎さんは、「日露戦争の当時も、現在も大変な時代。『このままでは日本という国がなくなる』という危機感や、『がんばろう』という思いが共感を呼んでいるのではないか」と話している。

 新年は元日から見学できる。(矢吹孝文)

 全長131.7m、全幅23.2m、常備排水量15140tとまぁ、戦艦ではあるものの、第二次世界大戦の頃の戦艦とでは比較にならないサイズなので、確かに実物を見ると「意外と小さい船なんだね」という感想にもなるでしょう。

 何せ、日本が造った世界最大の戦艦、大和に比べると全長や全幅はほぼ半分、排水量に至っては1/4以下ですから。

 そして、全幅や排水量は兎も角、全長だけで見るなら第二次世界大戦時の日本の艦艇では軽巡にすら届きません。

 それどころか、大型駆逐艦の秋月(全長134.2m)や島風(129.5m)とほぼ同サイズ

 でも、いやだからこそというか、乗艦して主砲の30cm連装砲を見ると余りの巨大さに圧倒されます

 何せ大型駆逐艦程度の全長に、200mクラスの重巡が持つ主砲(20cm砲)と比較してすら1.5倍ものサイズになる巨砲が艦首と艦尾に鎮座しているのですから

 あの迫力は、確かに国家の軍事力の象徴となるのも、競い合って各国がより巨大な戦艦を求めたのも納得できる説得力を見せ付けていると思いますよ。

 それに、残念ながら日本海軍の軍艦は殆どが戦没かスクラップ処分で、船の科学館にある陸奥の主砲砲身など、部品として残っているものはあっても記念館として現存するものが全くないですから、とても貴重です。

 何せ他に日本で記念艦と言えば船の科学館にある南極観測船の宗谷とか青函連絡船の羊蹄丸、横浜にある客船の氷川丸などの非武装船舶だけですし。

 三笠は記事にもある通り、1925年に海軍軍縮会議で廃艦と決定した後に国民の強い要望で記念艦にすることが決まり、戦艦として復帰できないよう砂やコンクリートで現在の場所に固定されました。

 戦後、米軍による兵装の撤去などで荒廃していましたが、61年に復元されて現在に至ります。

 米軍の横須賀基地へ行く途中にあるので、そのついでで寄るにはいいんでしょうけど、そのためだけに行くにはちょっと場所が遠いんですよねぇ…横須賀で、しかも駅からもそれなりに離れているから。

 観覧料金は一般で500円と、下手な寺社より手頃なんですけどね。

 でも、日本人なら京都の寺社仏閣などと並んで一度は実物を見ておいた方が良いと思いますよ。

 世界最大の国土を持つ白人の大国を相手にちっぽけな島国、それも有色人種の国が始めて真正面からの戦争で打ち勝ったという、日本の、世界の近代史を創るのに貢献した大事な1ページが形として残っているのですから
スポンサーサイト
12月30日(金)

恥知らずの言論テロリスト 

27日付けの朝鮮日報の記事から

社会保障と税―オトナはわかってる?
2011年12月28日(水)付
 いま、政治をやっているオトナたちは、消費税率を上げるかどうかで、大騒ぎなんだって。

 「景気が悪いのに増税したら、国民の生活がたいへんだ」とか「ムダがあるうちは、国民に負担増を求められない」って叫んで反対するヒトが多くて、首相の「年内に決める」って約束が守れるかどうかビミョーになってるらしいね。

 でも、僕たちからすると「ちょっと待ってよ」だよ。

 聞いてくれる?

 いま、税金を上げようとしてるのは「お年寄りが増えて社会保障の費用がかかるから」ってことでしょ。お医者さんに診てもらったり、介護でヘルパーさんに食事を手伝ってもらったりするためのお金だよね。

 それは、いまのオトナたちが払うのが筋でしょう。同じ時代に、このニッポンにくらしてるヒトたちが助け合うってのが、社会保障なんだからさあ。

 サービスを受けてるのは僕たちじゃないよ。でも実は、あとから請求書が回ってくると聞いてびっくりだ。

 国の来年度の収入のうち4割ちょっとは「赤字国債」を売ってつくるんだって。何十年も使える学校とか橋をつくるためじゃなくて、単に「生活費が足りないから」って借金するわけ。

 つまり、29兆円近くを使う社会保障の費用も、12兆円ぐらいは借金頼みってことじゃない。それって、だれが返すのさ?

 あと、「ムダをなくすのが先だろう」っていうのも、ひどい話だと思わない?

 ムダがあるのかどうかは知らないけど、それも含めていまのオトナが責任もってほしいよ。自分たちでつくったムダをなくせないからって、僕らに払わせるって身勝手すぎるよ。

 そりゃあ、いまのオトナの生活も厳しいのはわかるよ。でもさ、だからって借金して後払いにされたら、将来、僕たちの生活はもっと苦しくなっちゃう。だって、僕らの数はいまのオトナより少ないんだから。

 永田町のオトナたちは、こんなキホンをわかってるのかな。自分たちが次の選挙で当選すればいいだけ、だったら僕たちに打つ手はないな。なにせ、まだ選挙で「怒りの一票」ってやつを投じられないしね。

 オトナたちが「いまの政治家がシンヨウできないから、増税はイヤ」っていうのも勘弁してよ。選んだのはダレなの?

 あっ、自己紹介が遅れたけど、僕たちは、いわゆる「将来世代」。これから生まれる赤ちゃんです。けっして、ザイムショウの回し者じゃないからね。

 朝日新聞はクオリティペーパーと自称していますが、その論拠は、会社の経営陣や大学教授、学校の教師など富裕層やインテリ層が多く顧客としているからというものです。

 そして、だからこそ受験や就職に読んでおけば役立つと喧伝しているわけですね。

 でも、その通りだというのなら日本の政治や学問など国の今や将来に多大な影響を及ぼしている存在が朝日新聞だと言える訳で、最も責任を負うべき「いまのオトナ」「ムダ」を繰り返して「借金して後払い」という現状を構築し、「怒りの一票」を投じれない「将来世代」に十字架を背負わせている極悪人が何をほざいているんだって思いません?

 何せ朝日新聞といえば130年にも渡る歴史を持つ新聞社であり、満州事変以降の戦争と軍部の賛美で大きく売り上げを伸ばして今尚圧倒的な販売部数を誇っている上に、朝日社員から首相の側近になったり、大臣になったりした人間だっているわけです。

 現状に問題があるというのなら、それは取りも直さずこれまでの朝日の言動に多大な欠陥があったことの証左であり、自らの悪行を棚に上げ、中年親父がこれから生まれる子どもに成りすましてそれを非難するなど言語道断ですよ。

 例えば、朝日が解散総選挙を自民党に求め、民主党政権誕生へグループ企業を挙げて協力していたのは周知の通りですよね?

 2009年8月1日という選挙1ヶ月前を切った時の社説『自民党の公約 気迫が伝わってこない』で朝日は自民党をこう非難して、同時に民主党をヨイショしています。

 「それに比べて、自民党マニフェストのあいまいさは政権党として恥ずかしい。これでは民主党を「財源が不明確」と攻撃はできまい。」「自民党は長く政権党であり続けた。800兆円を超す途方もない借金はその結果だ。さらに、この2年でふたりの首相が政権を放り出した。自民党の政権担当能力そのものに疑問符が突きつけられている。なのに、その危機感も反省も伝わってこない。」

 こうして自民バッシングを連日のように行う一方、自民と民主の2大政党対決という印象を読者に刷り込み、間接的な表現に留める事で違法を指摘されないように逃げ隠れしながら、民主党への交代こそ国が変わるための第一歩であるかのように世論を誘導しました。

 その結果がどうなったか?

 民主党政権では「この2年でふたりの首相が政権を放り出した」し、しかもそのたった2年間で国の借金は800兆円どころか1000兆円にまで膨らみ、無能どころか有害な閣僚の面々、普天間移設、尖閣事件、震災や原発事故など諸々での不適切な対応…

 ですが、朝日はこの事実に対して上記してあるような罵倒を民主党には投げつけませんし、政権担当能力に疑問符を抱かず、マニフェストを悉く反故にしていることの責任も問わず、解散総選挙をしろと言いません。

 「選んだのはダレなの?」

 よくもこんな白々しい台詞を吐けるものです。

 かつて国を戦争へと導いて滅ぼしたのも、今、民主党政権と言う売国政権を誕生させて再び滅ぼそうとしているのも一番の当事者はオマエだろうが!

 恥知らずの言論テロリスト、ここに極まれり、ですね。

 週プレニュース『借金1000兆円の日本。若い世代のためにも「早くデフォルトしたほうがいい」という意見』
 http://wpb.shueisha.co.jp/2011/12/12/8583/
12月29日(木)

津波被害の義援金はいい加減全額払ったのか? 

27日付けの朝鮮日報の記事から

在韓外交官車両、反則金未納額14億ウォン /ソウル
2011/12/27 13:11
 ソウル市にある在韓外国公館の車両の多くが、交通法規に違反しながらも反則金をきちんと納めていないことが、26日までに分かった。

 市によると、2000年1月以降の外国公館に対する交通違反反則金の賦課件数は4万1259件(16億5238万ウォン=約1億1180万円)で、このうち反則金が納付されたのは13.4%の5545件(2億3298万ウォン=約1580万円)にとどまった。違反内容は、主に違法駐停車やバス専用道路の走行だった。ウィーン条約により、外交官車両は差し押さえなどの強制執行対象から除外されているため、強制徴収が難しいのが実情だ。

 ロシアの次に反則金の賦課件数が多い国はフランス(2662件、納付率5.1%)で、次いでベトナム(1726件、4.7%)、リビア(1576件、0.4%)、アルジェリア(1415件、0%)、中国(1181件、3.8%)と続く。アルジェリアは、これまで全く反則金を払っていないことが明らかになった。

 ソウル市は外交通商部(省に相当)と連携し、在韓外国公館車両の反則金賦課・納付現況をリアルタイムで照会できる管理システムを構築し、来年2月から重点的に管理する方針だ。

キム・サンミン記者

 十八番の踏み倒しを他国にやられて怒るって…

 自ら表明した義援金を惜しくなって払うのを止めたり、関係ない話題を持ち出して支払うのを止めたり…そういう卑劣な真似って本来は朝鮮人が最も得意とする下種な方法ですから、他人にやられて金が入らないってのが相当に気に入らないんでしょうね。

 相変わらずトコトン器のちっちゃい連中です。

 大体我々からしてみたら、交通法規に違反しながらも反則金をきちんと納めていない位がなんだというのかと。

 お前らなんて他国で交通事故を起こした責任を認めないどころか日本人だと国籍を詐称する外交官一家すらいるくせに、人様をとやかく言える立場かと。

 基本的に海外で悪事を働く時は日本人のふりをしますからねぇ、この蛮族は

 で、自分が他人に働く悪事・悪行を他人からされると烈火の如く怒り狂うんですから、ホントに始末に負えません。

 最近も中国漁船の違法操業だの、入国時の指紋採取だのと自分達の過去を棚に上げた言動を平然と繰りかえしていますしね。

 つくづく下種な民族です。
12月28日(水)

呆れ返る野豚の無能さと、テロ政党の妨害 

27日付けのasahi.comの記事から

辺野古アセス提出阻まれる 市民団体抗議で引き返し
2011年12月27日21時20分
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古移設に向けて防衛省が発送した環境影響評価(アセスメント)の評価書は27日、沖縄県庁前で抗議を続ける市民団体などが運送業者の車を阻み、県に届けられなかった。政府は、沖縄防衛局の職員に直接運ばせるなどの方法を検討している。

 県庁入り口ではこの日、市民団体のメンバーらが荷物の宛先を一つ一つ確かめたため、一時騒然となった。白いワゴン車が県庁の搬入口に来たのは午前11時過ぎ。「提出阻止」のプラカードやのぼりを持った約50人が車を囲み、車内に積まれた10箱ほどの段ボール箱を見つけて中身を問うと、運送業者は「評価書だ」と答えた。

 県に渡さないよう詰め寄る市民団体と1時間ほど押し問答の末、業者は正午過ぎに立ち去った。県によると、混乱でけが人が出かねないことから、車を引き返させるよう防衛省に求めたという。

 コレ、県庁の警備員や県警の連中は何を遊んでいたんでしょうかね?

 明らかな威力業務妨害であり、被害者は県、政府、そして配送を行ったクロネコの3者に跨るのですから、即刻逮捕して牢へぶちこむべきでしょうに

 ましてやダンボール10箱って何部作成したのか知りませんけど、そんなもの今の時代にわざわざ配送業者を手配し、時期を告知した上で送るなんて妨害してくださいと言っている様なものであり、野豚や一川のバカさにつくづくは呆れますね。

 どうせ資料そのもの作成はOfficeとかでPC上での作成なんですから、そのままPDFファイルにして電子メールにすればいいだけですし、それ以外の方法を用いるにしても、Faxで送付して県庁側でコピーを刷らせればよいだけの話じゃないですか。

 無為な時間と無駄な税金を浪費して、挙句50匹のテロリストに妨害されている運送業者を助けもせずに放置しておいて目的を果たせませんでしたとか、どれだけ日本の行政は国も地方も無能なんだよと思いません?

 反原発を掲げて県庁に押し入った山本某らといい、ブサヨが武力行使してもそれが罷り通るなんて悪例を次々と創り上げて、日本を1940年代後半から~50年代のサヨクによるテロ全盛時代にまで戻させるつもりなんでしょうか?

 テロ全盛時代と言えば、この妨害事件には地元の労組関係だけでなく、日本共産党が参加しています

 拒絶の意志を示している人間の下へ無理矢理押し入ってビラを撒き、家の門前に不法に居座って何の咎もない人々を監視し、職務を遂行しているだけの配達員を包囲して業務妨害をやり…いやはや、流石は朝鮮人と結託して各地でテロを引き起こしてきた犯罪歴を持ち、今尚公安に監視対象指定されているテロ政党です。

 是非ともお前らのどこが平和な党なんだと志位和夫に聞いてみたいものですよねぇ?

 無能な政党に有害なテロ政党…こんなクズ集団が平然とのさばっているんですから、悪くなりこそすれど、国が良くなどなるわけありませんよねぇ、そりゃ。
12月27日(火)

アジ屋崩れのバカが震災直後にしていたこと 

23日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

「怒鳴り声ばかり」震災直後の菅前首相の言動とは
2011.12.23 23:32
 東京電力福島第1原発事故直後、政府の現地対策本部長を務めた池田元久前経済産業副大臣は、3月11日の事故発生から5日間を記した覚書を明らかにした。菅直人首相(当時)が原発視察に訪れた際、周囲に怒鳴り散らした様子などが生々しく記録されている。池田氏は産経新聞の取材に「現地対策本部がどう対応し、考えたか。ありのままを記録にとどめた」と語った。

 12日午前4時すぎ、菅氏の原発視察の連絡が入った。覚書は当時の池田氏の違和感をこう伝える。

 「こうした災害では人々の生存の可能性が高い初動の72時間が、決定的に重要だ。指揮官は本部(首相官邸)にとどまって対応にあたるべきだ…」

 原発に到着してバスに乗り込んだ菅氏は、隣に座った東電の武藤栄副社長(同)を攻め立てた。覚書には「初めから詰問調であった。『なぜベント(排気)をやらないのか』という趣旨だったと思う。怒鳴り声ばかり聞こえ、話の内容はそばにいてもよく分からなかった」と記されている。

 「何のために俺がここに来たと思っているのか!」

 菅氏は免震重要棟に入ると夜勤明けの作業員が大勢いる前で怒声を上げた。池田氏は「これはまずい。一般作業員の前で言うとは…」と感じた。

 2階の会議室でも、菅氏は第1原発のベント実施を求めて出席者に厳しく問い詰めた。吉田昌郎所長(同)は「決死隊をつくってでもやります」。菅氏の口調は、東電側にだけでなく、福島県の内堀雅雄副知事や班目春樹原子力安全委員長にも厳しかった。

 菅氏の振る舞いを見た池田氏は同行した寺田学首相補佐官(同)に「首相を落ち着かせてくれ」と頼み、同席した関係者に「不快な思いをさせてしまった」と陳謝したという。

 当時を「戦場の指揮官のような心境だった」と振り返る池田氏は、最高指揮官だった菅氏の言動について「僕もあきれた」と述懐する。覚書には「指導者の資質を考えざるを得なかった。指導者は短い時間であっても沈思黙考することが大事だ。大局観をもって事にあたらなければならない」と記している。

 原子力安全・保安院などの対応については「冷戦後いわれたデタント(緊張緩和)ぼけに陥っていた」「何となく原子力安全神話のムードに包まれていた」と指摘している。

 池田氏は5月19日に体調を崩して入院したが、菅氏は国会で追及されるまでこの事実を公表せず、10日間以上も現地対策本部長が不在となった。1月には菅氏は池田氏を経産副大臣から更迭し、中山義活政務官を昇格させようとしたが、国対の反対で撤回している。

 沈思黙考に大局観って、民主党のバカどもの中には片方たりとて備えている輩などいやしないじゃないですか(笑

 特にバ菅なんて喚き散らすことと逃げ足の速さしか取り得の無い単なるアジ屋ですもの、大震災に原発嬉々なんて極限状態での対応なんぞ出来るわけがない。

 それは、いきなり震災翌日の早朝から東電の現場に殴りこんで当たり構わず喚き散らしていたというこの話からも明らかで、諫早湾などに殴りこんで現場の下っ端に怒鳴り散らして自己陶酔していた頃、或いはそれよりも前の学生運動で安全な位置から他者を焚き付け、危なくなると真っ先に逃げ回りながら指導者ぶっていた頃から何ら成長していないことの証です。

 喚き、怒鳴り、責任は全て部下に擦り付け、非常に頭が悪いのに出しゃばりで目立ちたがる…まさに手に負えない愚物ですね。

 政府の事故調査・検証委員会が出した中間報告書でも指摘されている通り、東電側の無能と失策の数々は本当に救いようの無いもので、連中の対応の拙さが自体をここまで悪化させたのは紛れもない事実ですが、それに拍車を掛け、ミスを重ねて事態を更に拗らせた挙句に復興を延々と遅らせたのはバ菅自身の無能さと、出しゃばりな性格が原因ですからね。

 現地対策本部長の不在を隠蔽するなど、卑劣な保身ばかり行い、必要な対策を全く講じなかったその罪も早く明らかにして欲しいですし、出来る事ならばバ菅や枝野、海江田らを国を壊した重犯罪者として断罪して欲しいものです

 現在、首相を国会議員が選ぶのではなく、国民が選ぶ公選制に変えるべきだとの希望を持つ国民が増えているようですが、そもそも今回の件はその国民が民主党何ぞと言う無能集団を政府与党に据えたことが全ての発端にして元凶ですから、幾らそっちを変えたところで、国民の選別能力が改善されないままでは何の意味も無いと思うんですけどねぇ?

 何にせよ、パフォーマンス以外何も出来ないバカを総理大臣にした責任、民主党にはキッチリと取らせねばなりませんね。

 YOMIURI ONLINE『東電、初動で「誤った措置」…事故調中間報告』
 http://www.yomiuri.co.jp/science/
news/20111226-OYT1T01063.htm
12月26日(月)

詐欺塗れの予算案 

25日付けの毎日jpの記事から

12年度予算案 まやかしの「目標達成」
 政府が来年度予算案を閣議決定した。規模は過去最大に膨れ、3年連続で税収を借金が上回る異常さだ。借金依存度は過去最悪である。増税なしではもはや予算が組めない危機的現実が露呈したが、政府の財政再建への意思は一向に見えない。

 来年度新たに発行する国債(借金)の総額は今年度並みの約44.2兆円。「約44兆円以下」とした政府の財政健全化目標をほぼ達成したかに見えるが、実際は大幅な超過で不合格だ。震災復興費用をまかなう復興債と年金関連の借金を別ポケットに移すトリックを使ったのである。

 復興債については、所得増税など償還財源を確保する法律ができた。だが年金の方は実に問題だ。基礎年金の国庫負担を2分の1に維持するための財源(2.6兆円)を、すぐには歳出に計上しないで済む交付国債で処理することにしたのである。

 交付国債はもともと、いくらになるのかあらかじめわからない支出に活用する特殊な国債だ。戦没者の遺族への弔慰金・補償金や金融危機時の銀行に対する公的資金の給付用に使われた経緯がある。最近では原発事故の損害賠償費用に交付された。

 ところが今回は、毎年度いくら必要になるのかわかっている経費で性格が全く違う。将来の消費増税を財源に充てるというが、「見込みの収入」の先食いは不健全過ぎる。

 借金の“飛ばし”のような操作までせざるを得なくなったのは、増税を先送りしてきたツケである。今までは埋蔵金でつないできたが、震災復興用に使い、枯渇してしまった。

 消費増税待ったなし、の危機的状況だ。ところが今回の予算編成や、政府・民主党内の消費増税をめぐる論議からは、危機感が全く伝わってこない。国民に負担増を求める施策は相変わらず先送りで、歳出絞り込みも徹底しなかった。

 生ぬるさの象徴が20日に閣議決定した11年度の第4次補正予算案だ。国債の利払い費が想定より少なく済んだ一方で税収が上ぶれしたことから2・5兆円超の余剰が出た。もしこれを基礎年金の国庫負担用に回したら、来年度については交付国債という奇策を回避できただろう。ところが、“臨時収入”はたちまち4次補正でエコカー補助金などに消える。

 国民の間では、将来世代の負担を懸念し、消費税などの増税も「やむなし」とする意見が少なくない。だが、増税しても本当にそれが役立つのか、といった不信感が根強い。税と社会保障の一体改革を巡る政府・民主党内の議論が山場を迎えているが、消費増税への党同意を取り付ける見返りとして、新たなばらまきに流れるようでは、国民や市場の不信はますます強まるだろう。
2011年12月25日 2時32分

 国債発行過去最大…まやかしの目標達成…まさに売国詐欺政党の面目躍如と言えるものですね。

 いやはや、国債発行を30兆円以下に抑えないと国が破綻すると喚いていた連中が、この3年間ずっとその1.5倍もの国債を発行し続けているのですから、まさに詐欺であり、国を解体しようという売国精神が根底にあるとハッキリ分かります。

 既にばら撒き政策の殆どが破綻し、打ち切りや規模の縮小で形骸化しているにも関わらず今年は国債が実際には47兆円弱にもなる…

 そしてそれを支える為に増税をしようという浅はかさ。

 増税が必要だったとしても単純に消費税などを上げてどうにかなるかと言えば、そんなことは絶対にありえない。

 何故なら、以前から書いているように国民の所得自体が大幅に減っているのだから、財布の紐が一層硬くなるばかりでむしろ税収が落ち込む可能性の方が高いでしょうね。

 平均世帯収入は最近こそ大分緩やかになりましたけど、それでも下落傾向なのは変わらずで、最新の22年度版では549.6万円です。

 21年度よりも増えているのですが、これは高齢者世帯と児童のいる世帯の収入が10万円前後増えたことによるもので、子ども手当てなどのばら撒き政策による結果だと分かります。

 しかも平均所得金額以下の世帯は全体の61.4%と、以前記した自民党時代の2年前より悪化していますし。

 この状況で消費税が倍額になったらどうするかなんて言うまでも無く、必要最低限への大幅な買い控えが起こりますし、購入するにしてもより安価な大型量販店のものばかりが売れるようになり、町の小売店は軒並み消えて行き、経済の循環は一層悪くなる。

 しかも国家公務員の人件費は法を無視した一時的な給与引き下げを実施するというこれまた誤魔化しで対応したと突っぱね、代価に労使交渉権や、期間超過後の給与額引き戻しなどを約束する卑劣ぶり。

 国会議員の定数削減に至っては目処すら立たないままですし。

 結局は根底が詐欺でしか成り立っていないから、何をやるにしてもこうやって詐欺を繰り返して粘るしか術が無いわけです

 続けば続くほど国を壊していく売国詐欺の民主党政権。

 やはり間接民主制の仕組みを枠組みからして変える必要がありますし、それに併せて年齢だけを条件にした投票権というのも見直した方がいいんじゃないですかねぇ?

 少なくとも、こんな詐欺集団を押した衆愚に、次はマトモな判断が下せるとは思えませんし。

 厚労省HP『平成22年 国民生活基礎調査の概況』
 http://www.mhlw.go.jp/toukei/
saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa10/
12月25日(日)

極刑を視野に入れて 

24日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

信号無視注意され男性死なす…48歳男を逮捕
 信号無視を注意した男性に腹を立て、殴って死なせたとして、警視庁は24日、東京都品川区東大井、自称会社役員・山根基久夫容疑者(48)を傷害致死容疑で逮捕した。

 発表によると、山根容疑者は11月12日午後7時35分頃、同区のJR大井町駅前で赤信号を無視して横断歩道を渡り、それを注意した同区西大井、無職小牧信一さん(77)に対し、「うるせえんだよ」などと言って顔を殴って転倒させ、死亡させた疑い。

 小牧さんは頭の骨を折る大けがをして、搬送先の病院で今月20日に死亡した。

 事件当時、山根容疑者はその場を立ち去ったが、同庁が防犯カメラの映像などから割り出した。山根容疑者は事件当時、10代の息子と一緒に買い物に行く途中だったという。調べに対し、「注意された言葉に腹を立てて殴ってしまった」と容疑を認めているという。
(2011年12月24日21時25分 読売新聞)

 漸く捕まったんですね。

 信号無視自体も道路交通法違反の犯罪行為ですけど、それを子連れでやった挙句、注意されたことに立腹して80近い老人に暴力をふるい昏倒させ、そのまま逃亡…

 意識不明の重態で入院していた事も、今月20日に亡くなられた事もテレビや新聞などで把握していただろうに、逮捕されるまでそ知らぬ顔でいたというのですから、情状酌量の余地など一切ありません

 極刑を視野に入れて検察に対処してもらいたいと本気で思いますよ。

 それと、同行して一部始終を見ていながら同じく口を噤んで罪を隠してきたそのバカ息子にも何らかの処罰を与えて欲しいですよね。

 死亡してしまったのは偶発的だのたまたまだのと弁護士が馬鹿げた言い訳を弄し、軽微な罰で済まされ、バカ息子は無罪放免となったのでは余りに浮かばれませんし、こういった手合いをのさばらせることにも繋がりかねませんから。

 それにしても、注意された事に逆切れして人を殺し、出頭すらしないで逃げ回るとか、どれだけ性根が腐っていればそんな真似が出来るんでしょうかねぇ?
12月23日(金)

二度と選挙になど行かないで欲しい 

21日付けの中央日報の記事から

八ッ場「再開」:2年間何だったのか…住民、迷走に怒り
 群馬県長野原町で建設が進んでいた八ッ場(やんば)ダムをめぐる政府・民主党の迷走は22日、最終的に「建設再開」で決着した。「古里が水の底に沈む」。建設に反対する住民、やむなく受け入れた住民とも、ダム事業には痛切な気持ちを抱いてきた。「何のための2年間だったのか」。政治に振り回されてきた住民は怒りの声を上げた。

 「なめるのもいいかげんにしろと言いたい。マニフェストに書いてあることは二度と信じない。ダムを造るくらいなら、東日本大震災の被災者に予算を回してほしい」

 長野原町の公務員、高山彰さん(58)は22日、民主党政権がまとめた結論にこう憤った。一昨年夏の衆院選をきっかけに、問われれば、「ダム建設には反対だ」と公言するようになった。「政権交代で政治の流れは変わる」。そう期待した。

 ダムの建設計画が持ち上がったのは終戦から7年後の52年。高山さんが生まれる前のことだ。国は、首都圏などへの利水と治水を建設の目的に挙げた。

 だが、ダムができれば、住まいがある一帯は水没する。憤まんはあった。でも、「仕方ない」とも思っていた。「決着済み」との空気が町にあるのを感じていた。

 町には、むしろ旗を押し立てた住民たちが国を相手に激しい反対運動を続けた歴史がある。水没予定地にある川原湯温泉の旅館のあるじたちも国に抵抗した。だが、国は折れない。町は85年、国や県の意向を受け入れた。

 ところが、一昨年夏の政権交代直後、前原誠司国土交通相(当時)は「建設中止」を宣言する。民主党は衆院選のマニフェスト(政権公約)で、八ッ場ダムを「無駄の象徴」として掲げていた。前原氏の発言は、自民党政権からの政治の転換を印象づけた。

 報道陣が町に押し寄せ、高山さんは取材のテレビカメラに、こう話した。「故郷を水に沈めるなんて、賛成できるわけがない」。率直な気持ちだった。

 「余計なことを言わないで」。高校生の娘に、くぎを刺された。でも、考えは変わらなかった。「ダムの建設が止まれば、古里を娘たちに引き継げる」

 高山さんは今、肩を落とす。「政治を信じた自分が、ばかだったのか」

    ■    

 政治に気持ちをかき乱されたのは、やっとの思いで古里を離れた住民も同じだ。

 「許しがたい2年間だった」。茂木安定さん(76)は話す。水没予定地にある料理店を畳み、隣の群馬県中之条町に引っ越した。その2カ月後、政権交代とともに「建設中止」が発表された。

 「人生そのものだった店を、何のために明け渡したのか」。怒りがこみ上げた。計画が白紙に戻っても、店はすでに取り壊していた。中学を出て働き、32歳で持った郷土料理が自慢の店だった。

 「民主党は、住民の決断の重みを理解していなかった。住民の感情をこじらせただけの2年間だった」。茂木さんの店「ふるさと」があった場所には、ダム建設のための鉄筋コンクリート製の橋脚が立っている。

 国土交通省によると、八ッ場ダム計画の水没予定地には79年、340世帯が暮らしていた。今年3月までに、このうち314世帯が土地を国に売却した。【奥山はるな】

 ◇国交相の謝罪に知事ら万歳三唱

 前田武志国土交通相は22日夜、群馬県長野原町を訪れ、大沢正明知事や高山欣也町長、ダム推進派の町民ら約50人に(八ッ場やんば)ダムの建設を再開すると伝えた。出席者は万歳三唱で歓迎し、前田国交相は深々と頭を下げた。

 前田国交相は冒頭、「この2年間、大変ご迷惑をかけ、つらい思いをさせた。60年近く、3代、4代にわたり、みなさんの生活を翻弄(ほんろう)し、ご迷惑をかけた。心からおわび申し上げます」と謝罪した。

 大沢知事は「この2年間、地元は先が見えなかった。報告を聞いて、どんなにほっとしているか、計り知れない」と歓迎。高山町長も「心から感謝している。これで希望が持てる」と語った。【奥山はるな】
2011年12月22日 22時10分(最終更新 12月23日 11時07分)

 「長野原町の公務員、高山彰さん(58)」とやらについては、完璧に自業自得ですよねぇ?

 当人にしてみれば民主党の甘言を聞いてそれを鵜呑みにしたのは、「溺れる者は藁にも縋る」という心境だったとでも言うのかもしれませんけど、そもそも自分が縋ろうとしているものが浮きにならない藁であるか、それともなる木切れや浮き輪などなのかを確認もせず手にした己の愚昧が全ての元凶だろうと

 おまけに「ダムの建設が止まれば、古里を娘たちに引き継げる」とかってねぇ?

 「余計なことを言わないで」と高校生の娘に釘を刺されたというところからも分かるように、父親による勝手な考えの押し付けで正当化を図ろうなんて発想も呆れるものですし。

 公務員と言う立場でも故郷の問題ですから、ダムに沈む事に反対をしたいというのは分かりますし、すること自体はおかしな話でもなんでもないですけど、自分のやる事による影響を勘案できず、責任も負えずに民主党へ責任を転嫁して被害者ぶるとかってのはホント、バカじゃないのと

 単に目玉になるからとアレコレ政策を掲げていただけで、それが本当に必要なのか、実行できるか、そういった検討など全くしていない単なる詐欺集団が民主党であるってことなんて、最初っから分かりきっていたのに、自分でそれを知ろうとすらせずに、都合がいいことを言っているからと票を投じて裏切られたと騒ぐ…

 「政治を信じた自分が、ばかだったのか」って、政治じゃなく詐欺師の話を鵜呑みにしたのがバカだってんですよ。

 大体マニフェストを作った連中の中で、ダムを視察したりその効果などについて本当に検証した専門知識の持ち主がただ一人でもいましたかと。

 ちょっと考えれば簡単に分かる事を考えようともしないでこういう事態を招いたのですから、自業自得だと言っているんです。

 こういう手合いが増えた結果が今の日本政治の崩壊ですからねぇ?

 いやはや、ホントにこういう衆愚は二度と選挙になど行かないで欲しいものです

 茂木安定さん(76)なんて、こういう衆愚のせいで時間を無駄にされた本物の被害者ですものね。
12月22日(木)

安物買いの銭失いになるのでは? 

21日付けの中央日報の記事から

韓国造船企業、インドネシア潜水艦3隻を受注…1400トン規模
2011年12月21日14時27分
 大宇(デウ)造船海洋はインドネシア政府の1400トン規模の潜水艦3隻を受注したと20日、明らかにした。事業規模は1兆2000億ウォン(約820億円)で、防衛産業輸出史上、単一契約では最高額。

 大宇造船海洋は03年からインドネシア政府から潜水艦性能改良および装備廠プロジェクトを受注し、信頼を築いてきた。 今回輸出する潜水艦は魚雷・機雷・誘導弾発射が可能で、独自の技術で建造する。

 まーた出ましたよ、「独自の技術」って大法螺が。

 元々潜水艦の建造技術を持っていない韓国の一体何処から「独自の技術」なんてものが生まれたのか、是非とも中央日報に語ってもらいたいものですね。

 現在韓国が保有している潜水艦は209型と214型ですけど、これってどちらもドイツ製です。

 その証拠に、最初に導入した209型の1番艦でネームシップでもある『チャン・ボゴ』ドイツのHDW社のキール造船所で建造され、浮きドックで韓国へ送らており、韓国国内で建造されたのは2番艦以降です。

 今回韓国がインドネシアに売ろうとしているのもこの209型で、独自技術どころか実際には単なるライセンス生産品のまた売りです。

 よくドイツがこんな真似を認めているよなぁと思うんですけどね。

 いずれにしても安かろう悪かろうの韓国製軍事品に手を出すとは…インドネシアも命知らずですねぇ。
12月21日(水)

またばら撒きで対応する気か! 

21日付けのasahi.comの記事から

沖縄一括交付金1500億円 政権方針、軟化狙い上積み
2011年12月21日14時18分
 野田政権は21日、来年度当初予算案に盛り込む沖縄関係予算を2900億円超とし、うち約1500億円を補助金より使い道の選択肢が広い一括交付金とする方針を固めた。予算の大幅な上積みで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に対する沖縄側の軟化を促す狙いがある。

 今年度当初予算の沖縄関係予算は2301億円、このうち一括交付金は321億円だった。これに対し、沖縄県側は関係予算を3千億円まで積み増し、全額を自由に使える「沖縄振興一括交付金」とするよう要望していた。

 来年度予算案の閣議決定を24日に控え、藤村修官房長官らは先週から東京都内で仲井真弘多(なかいま・ひろかず)県知事と断続的に協議。政権側は当初、沖縄関係予算を2400億円以上、うち約1千億円を一括交付金とする案を示していたが、県側は納得せず、調整が続いていた。

 無駄金もいいところですね。

 金が無い、金が無いと騒いで増税路線まっしぐらなくせに、自分達の失政の尻拭いにばら撒くのはオッケーと来る…本当にクズ集団です。

 そんな無駄な金があるのなら、それこそマニフェストに掲げていたように運用して大金にして見せろって話ですよねぇ?

 それが出来ないのならせめて東北の復興に回すべきで、沖縄の我侭に付き合って無作為に与えるなんてただ溝に捨てるのも同然ですよ。

 沖縄のメディアはこの沖縄関係予算が国家予算ベースで計算した時に人口比の1%にも満たないことから、むしろ貰っている額が少なすぎるだのと馬鹿げた騒動を昨年起こしていました。

 しかし、実際にはそれは真実と全くかけ離れています。

 そもそも国家予算は都道府県分47に分割されたものの合計で成り立っているわけではなく、例えば東京関係予算なんてものはありませんし、何より東京と沖縄では予算に占める自主財源比率に天地の差があります。

 優等生の東京は、自主財源比率全国平均5割の中で何と9割弱という図抜けた数字を誇っており、実際に平成22年度普通交付税の都道府県分では唯一0が記されています(市町村分としては受け取っているが、それも全国で下から二番目という非常に少ない金額です)。

 それに対して沖縄はと言えば、自主財源比率ワースト3で3割を割り込んでいるという自分達だけではまったく経済が成り立たない無様さであるにも関わらず、地方債現在高比率では東京を越えてトップという優良な数字を記録しているのです。

 自分達だけでは立ち行かない経済状態であり、しかも国から満足に金を貰っていませんと言っているのにも関わらず、自主財源比率9割を誇る東京よりも借金を背負わずに経営が出来ているなんて、明らかに矛盾していますよねぇ?

 因みに先程東京のところで出した普通交付税ですが、沖縄は全体の3%弱を貰っており、連中の言い分に従えば3倍近い貰いすぎ(市町村分も2%近く、やはり貰いすぎ)なんですが、返納するなんて気はサラサラ無いんですよね。

 大体、国家予算って結構な割合が国債の支払いで消えていますしねぇ?

 で、実際にはそんな貰いすぎによって成り立っている沖縄は、一向にその状況が改善されないわけであり、結局は与えれば与えた分だけ無駄遣いに消えているって言えるわけです

 実際、直接の金だけでなく特措法による優遇措置もあるのですから、本来ならばもっとずっと自主財源比率が高くなっていていいはずなのに、日本への復帰からで見ても40年経とうというのに全く状況が改善されないのですから、そんなところに金を費やすのは無駄遣いだと非難されるのは当然だろうと。

 いやはや、集るばかりのヤクザの如き不出来な息子と、他人の金で失態の埋め合わせをしようとするバカどもと…こんなのが我々と同じ日本人だと言うのですから、頭を抱えたくもなりますよ、そりゃ。

 総務省HP『平成22年度普通交付税及び地方特例交付金の4月概算交付』
 http://www.soumu.go.jp/
main_content/000061213.pdf

 Hirobay氏HP
 http://www.geocities.jp/
yamamrhr/ProIKE0911-110.html
12月20日(火)

延命、保身の代価 

19日付けのasahi.comの記事から

韓国経済、ウォン安株安に 李大統領「動揺しないで」
2011年12月19日19時20分
 韓国の金融市場では19日、通貨ウォンや株価が下落。政府は対応に追われた。

 韓国証券取引所の総合株価指数(KOSPI)の同日の終値は1776.93となり、先週末の終値より63.03ポイント(約3.4%)下がった。聯合ニュースによると、外国の投資家らが2千億ウォン(約135億円)超の売りに出た。為替はウォン安ドル高が進んで先週末より16ウォン安い1ドル=1174ウォンとなり、約2カ月ぶりのウォン安水準となった。

 「国民のみなさん。動揺することなく、経済活動に専念してほしい」。李明博(イ・ミョンバク)大統領はメディアなどを通じ、いち早く国民にそう呼びかけた。中央銀行の韓国銀行や金融委員会、企画財政省などの経済官庁は金融市場や企業の生産活動への影響の点検作業を急いだ。

 そりゃあこの状況、北がどう動くか分からないのですから、ウォンなんぞ保有していたくは無いですよねぇ、投資家としては。

 しかもこの前日である18日に訪日した李明博は、よりにもよって日本側が最初に経済の話を持ち出したのを蹴っ飛ばし、韓国末期政権お約束の歴史問題を持ち出して執拗に金をせびるばかりでした

 これまでの政権同様に自らの延命と保身に終始し、結局何ら国益に結びつかない無駄な時間にしてしまったわけです。

 日本にとってというか、民主党外交の明確な惨敗を印象付ける一幕だったわけですが、元より日本の援助が無ければ自国の存亡すらマトモに制御できない劣等国家が、パトロンを蹴っ飛ばした挙句に戦争の火種まで抱え込んだとなれば誰がそんな危険牌を持っていたがるでしょう?

 少なくとも私なら手持ちを即座に処分するでしょう。

 多少損失を出したとしても、他人だってこうやって同じことを考えて手放しに掛かるのですから、むしろ北が動かなかったとしても時間が経てば経つほど価値が下落するだけですし。

 問題は野豚ですね。

 どれ程の被害が出たところで単なる自業自得ですから、面倒を見るなんて馬鹿な真似をしなければいいのですがねぇ…民主党のバカどもの場合、失点を取り戻すチャンスだとか錯誤してトンでもない行動に出そうで怖いです。

 それにしてもカダフィ大佐に続いて金正日とは…

 (誤字修正)
12月19日(月)

やっぱり破綻した対韓外交 

18日付けの時事ドットコムの記事から

政府の対韓姿勢「外交敗北」=安倍元首相
 自民党の安倍晋三元首相は18日、大分市内で街頭演説し、日韓首脳会談で韓国の李明博大統領が旧日本軍の従軍慰安婦問題解決を求めたことに関し「この問題はもう解決しているのに、またそれを蒸し返される。まさに民主党政権の外交敗北だ」と述べた。

 安倍氏はこの後の講演で、民主党政権が日本統治時代に朝鮮半島から持ち込まれた「朝鮮王朝儀軌(ぎき)」などの古文書を韓国側に引き渡したことについて、「(日韓両国の)請求権の放棄ということでこの問題は決着した。愚か者の菅直人首相と仙谷由人官房長官(いずれも当時)が、自分がいい人と思われたかったから、閉めたふたを気軽に開けて儀軌を出した。これで何か日韓関係が改善したかといえば、全く逆だ」と痛烈に批判した。
(2011/12/18-18:22)

 本当に、外交改善なんてほざいていたのが全く逆ですからねぇ。

 しかもアレもコレもと譲歩だけしている分、現状は悪化なんてレベルじゃないし。

 「日本政府がもう少し(慰安婦問題に)関心を見せてくれれば起こらなかった。誠意ある措置がなければ第2、第3の像が建つ」

 もはや言ってることは完全にヤクザの脅迫です。

 靖国神社へは一切閣僚が行かず、汚沢が李明博にパチスロ保護の約束をし、在日に選挙権を与えると宣言した上に学費無料にして子ども手当てまで付けてやり、併合100年だからとバ菅が「反省とおわび」を述べ、朝鮮王朝儀軌など多数の国有財産をただで恵んでやり、破綻しかけたウォンを助ける為に5兆円規模のスワップを組んでと、これでもかと売国外交を繰り返してやった結果がコレですよ。

 民主党の外交政策は、完全に失敗に終わり、残されたのは莫大な損失、不名誉に更に集られるだけの未来と来るんですから、国益を著しく損ねた罪で幹部連中は全員銃殺にでもして欲しいですね。

 ま、実兄の秘書に、夫人のいとこが逮捕され、支持率もヤバイ…典型的な韓国大統領の末期症状ですから、次に来るのは日本への歴史問題蒸し返しと強硬姿勢というのもパターンで分かりきっていましたけどねぇ?

 所詮連中が口にする未来志向なんてのは毎回こうなるのがオチなんですから、常識で考える頭があれば朝鮮人に幾ら施しをしようが頭を下げようがそんなもの何の意味も価値も無いなんてこと、最初から分かりきっている話なんですが、売国政党のバカどもには一生かかっても理解など及ばないのでしょう。

 結局今回の為に大慌てで朝鮮王朝儀軌などまで与えてやったのに何の外交成果も無く、逆にまた蒸し返して金をせびられただけで、内政の破綻に続き外交でも完全に破綻しきっていることを露呈させたわけですが、よくもまぁ、これだけ無様を晒しておきながら政府与党の地位にしがみ付き続けられるものですよねぇ?

 恐らくこの失態で急降下中の支持率は更に下降して、2割台に突入するものも出てくるんじゃないでしょうか?

 何せ時事通信が今月9~12日実施した世論調査では既に内閣支持率は32.4%と3割を切る寸前ですし、支持している理由も凄いんです。

 「他に適当な人がいない」が13.0%、「首相を信頼する」7.8%、「誰でも同じ」7.4%と、複数回答とは言え上位3つの内2つが当人の資質で選ばれているわけではなく、本当の意味で支持しているわけではないと来るのですから、言い換えれば少なくとも支持者の内の1割以上は簡単に不支持へと翻る候補者達ってことなんです。

 まったく、いい加減に首を挿げ替えたところで民主党そのものが期限切れなのだと理解し、解散して欲しいものです。

 時事ドットコム『慰安婦は平行線=大統領「障害」、決着済みと首相-未来志向で一致・日韓首脳』
 http://www.jiji.com/jc/
c?g=pol_30&rel=j7&k=2011121800046

 同『韓国重視戦略につまずき=「歴史」前面、かすむ未来志向-日韓首脳会談』
 http://www.jiji.com/jc/
c?g=pol_30&k=2011121800157

 同『【図解・政治】内閣支持率の推移(最新)』
 http://www.jiji.com/jc/
v?p=ve_pol_cabinet-support-cgraph
12月18日(日)

礼一つ言えず、逆にまた集るだけの礼節(笑)の国 

17日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

韓国大統領、日本に従軍慰安婦問題の解決促す
 野田首相と韓国の李明博イミョンバク大統領は17日、京都市の京都迎賓館で約20分間非公式に会談した。会談に先立ち、大統領は大阪市内で開かれた在日韓国人の懇談会に出席し、いわゆる従軍慰安婦問題について、「この問題を解決しないならば、日本は永遠に両国間にある懸案を解決できないという負い目を持つことになるだろう」と語り、日本側の対応を強く促した。

 大統領は約330人が出席した大阪市での懇談会で、「韓国国民は最近、慰安婦問題で心を痛めている。元慰安婦が生きている間に問題を解決することが韓日両国の未来のために役立つ」と強調した。また、日本側が日韓国交正常化の際の協定で、請求権問題は完全かつ最終的に解決されたとして、賠償はすべて終わったとの立場をとっていることを念頭に、「両国の未来のために、いくらでも解決できる問題だ」と語った。
(2011年12月17日23時00分 読売新聞)

 だったら、永遠に解決しなくてもういいんで、国交を断ちましょうよと

 朝鮮人なんぞむしろ国外追放して国交も無くした方が余程日本にとっては利益となりますもの。

 毎度毎度自分の尻拭いさえ出来ない低俗な乞食民族の介護をしてやっているのに、返ってくるのは感謝じゃなく捏造した妄想による恨み節と更なる集り要求なんですもの、冗談じゃありません。

 大体、売春婦の話でグダグタ言う前に、やり過ぎで制御できなくなった為替相場の面倒を見てもらった礼を言うのが先じゃないのかと。

 アレだけ巨額を融通してもらう立場にありながら、その礼一つ言えないんですから、こんな下卑た蛮族がよくも礼節の国だなどとほざけるものです

 日本が面倒を見なかったらこの蛮族は第二次世界大戦後に何度国を滅ぼしていたでしょうね?

 ま、米軍への基地の提供や物資の生産など後方の兵站基地として日本が協力しなければそもそも朝鮮戦争を引き分けに持ち込むことすら怪しかったでしょうけど。

 それにしても、「両国の未来のために、いくらでも解決できる問題だ」って、自助努力をする気が無いのは相変わらずなんですから、乞食との形容がホント、ぴったりですよね。

 元はと言えば自分達が貰ったにも関わらず使い込んだのが原因なんですから、自分達で補填して支払えってんですよね。

 何が悲しくて本来何の支払い義務も無いものを、それも二度も支払ってやらねばならないというのか?

 日本がハッキリ突っぱねているのは、やるべきことを既に済ませていると認識しており、そこに負い目など持っていないからなんですけどね。

 もっとも、世の中には売春婦の像を日本大使館前に建てるのに参加する下劣な日本人や、前原のように奴隷か尖兵かとなって朝鮮人の言い分を唯々諾々と受け入れ実行しようとする下種もいますけど。

 なんにしても野豚が何時も通りの優柔不断なままなら今回はいいのですけど、こういう時にだけリーダーシップを発揮しないかが心配ですねぇ…
12月17日(土)

余りに稚拙な言い掛かり 

16日付けのMSN産経ニュースの記事から

「震災復興の募金が調査捕鯨に」 日本大使館に苦情相次ぐ 不正確報道に日本側抗議
2011.12.16 19:50
 「東日本大震災の募金が調査捕鯨に使われている」とする苦情が、オーストラリアや英国の日本大使館に相次ぎ、大使館側は「一切、使われていない」などと対応に追われている。募金が調査捕鯨費に使われているとの印象をもたらす報道があったためで、大使館はこれらの報道をした豪州のメディアなどに抗議した。

 南極海調査捕鯨妨害のため16日、同国から抗議船を出港させた米反捕鯨団体、シー・シェパード(SS)はこうした状況に便乗して、「募金を返してもらおう」と呼びかける新たなキャンペーンを始めた。

 政府は第3次補正予算で、捕鯨基地の宮城県石巻市が被害を受けたことを理由に「石巻の復興につなげたい」として調査事業費などに約23億円を計上した。

 この予算計上を批判的に捉えた英豪の主要メディアが今月、「earthquake cash」(地震資金)「Tsunami relief fund」(津波救済資金)から支出されているなどと報道。この表現で、震災復興のための募金が転用されていると誤解した人々が大使館へ苦情を寄せ始めた。

 このため、豪州の日本大使館は「調査費に寄付金は一切使用されていない」と否定するコメントを公式サイトに掲載。オーストラリア放送協会などに「事実に反する」と抗議した。

 英国の日本大使館へも苦情が相次ぎ、担当官が英紙ガーディアンに「誤解を招く恐れのある見出しの記事」があったとして、反論文を寄稿。米国の日本大使館も対応に追われた。

 中国や北朝鮮、或いは韓国じゃあるまいし、世界で3指に入る経済大国にして礼節の国として世界に知られる日本が、たった23億円程度の支出に他国からの支援金を流用せねばならぬ道理が何処にあるというのか?

 問題の第三次補正予算案って総額12兆1025億円であり、その内復興費としては9兆2438億円という金額を組める国が、僅か23億円程度をちょろまかさないといけない理由ってのをむしろ教えて欲しいものですよね。

 下手な国の国家予算より遥かに多いんですよ、補正予算、それも3度目のものでさえ。

 それにしても、英国にオーストラリアに米国って…

 ものの見事に反捕鯨国である上に英連邦と元英国植民地の兄弟国で、人種差別がとっても根強い白人国家じゃないですか。

 何にしてもまぁ、実に悪質ですよね。

 地震資金だの津波救済資金だのと評すれば頭の悪い白人が簡単に乗せられるなんて分かりきっているんですから、タイミングからしても連携して悪意を持って報道しているとしか思えません。

 昨日、国内では漁の妨害をしようと不法侵入を試み、制止した人間に暴行をしたとして海犬のメンバーが一人逮捕されていますけど、本当に白人ってのは目的の為なら手段を選ばないですよね。

 時事ドットコム『シー・シェパード支援者を逮捕=クジラ搬入現場で暴行容疑-和歌山県警』
 http://www.jiji.com/jc/c?
g=soc_30&k=2011121600847
12月16日(金)

懲りも反省もしないバカ政党 

14日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

新提案なく調整難航=子ども新手当の費用負担-国・地方
 政府が来年度創設する子ども向け手当の費用負担などを話し合うため、野田佳彦首相や関係閣僚、全国知事会など地方6団体の代表は15日、「国と地方の協議の場」の会合を首相官邸で開いた。費用負担では国側から新たな提案が示されず、地方側は「意見のしようがない」と不満を表明、双方の溝は埋まらなかった。

 新手当の費用問題では、地方負担が今年度のほぼ2倍に増える厚生労働省案に地方側が反発、政府に新案を求めていた。
(2011/12/15-20:23)

 野豚だの小宮山だのと民主党の無能な人間に解決へと導く知恵や術など最初からあるはずも無く、政調会長による自公との話し合いも失敗、知事会など地方との話し合いも失敗と、ものの見事に時間と金を浪費しています

 と言うのも、新手当ての内容が成立させる気なんて無いだろ実はと突っ込みたくなる位酷いんですよ、本当に。

 (1)年収960万円超の世帯にも子ども1人当たり月5000円を支給
 (2)名称を「子どものための手当」に変更
 (3)年少扶養控除の廃止に伴う地方税の増収分を充て、地方分の負担をほぼ2倍に引き上げる


 (1)と(2)が自民と公明に提案して蹴っ飛ばされた内容で、(3)が今回の記事にある地方へ提案して蹴っ飛ばされた内容なのですが、読んでもらえば分かるようにこんな馬鹿げた内容で理解を得ようと本気で思っているのなら、首を吊った方がいいとしか言いようの無い低劣ぶりですよね?

 そもそも年収960万円超って、現在の一般的な世帯収入の倍近い額ですよ?

 一般家庭の倍近い収入を得ている家庭に子ども手当てを支給する必要性などあるわけが無く、それでも継続を目論んでいるのは票田確保とや増税による不満抑止など民主党の党利党略であり、野党が納得することは有り得ません。

 名称にしても結局は自動車の暫定税率の時と一緒で看板を架け替えただけ

 で、暫定税率の時とは逆に名前を変えただけで子ども手当ては残っているから、マニフェスト達成しましたよと強弁したいというのが本音だとモロ分かりです。

 しっかし、ビラの一件や小宮山の阿呆が以前に「ちょっと姿を変えたが継続した」と主張した件で自公から散々叩かれたのに、民主党のバカどもには反省って文字が頭に無いのかと言いたくなりますね。

 そして(3)ですが、これまで何度も記してきたように民主党は財源の組み直しで予算は十二分に確保できるから、子ども手当てはそもそも全額国費で支払うと主張し、橋下大阪知事(当時)ら地方の首長らからも支持を得て選挙に勝ちましたし、初年度に支給額半額、半分を地方負担とした際も初年度は制度の変更や財源の確保が間に合わないからであって、来年からは国が全額出しますと主張していたのに、実相はこの有様で、挙句は逆に地方負担が倍へ跳ね上げますなんて言ってるのですから…

 それこそ先日又絡んできた清高みたいな偏執的盲目的民主党支持者でも無ければこんな馬鹿げた、それも反省も謝罪も無い主張に同意する人間なんているわけがありません。

 分かりきった結果であり、先程も述べたようにこんな事を提案するなど時間と金の無駄でしかありません。

 だからこそさっさと自らのクビを切れってんですよね。

 毎日jp『3党協議:新子ども手当、自公が拒否…民主また成果なし』
 http://mainichi.jp/select/seiji/
news/20111216k0000m010100000c.html

 NHK NEWSWEB『子ども手当地方負担 閣僚折衝へ』
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/
20111215/t10014671421000.html
12月15日(木)

こんな粗悪な原発の何処を高く評価できるのやら? 

14日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

韓国で原子炉2基相次ぎ停止、電力供給支障恐れ
 【ソウル=中川孝之】韓国で13日から14日にかけ、故障により原子炉2基が相次いで停止した。

 韓国水力原子力が原因を調べているが復旧の見通しは立たず、電力供給に支障が出る恐れもある。

 韓国知識経済省などによると、13日、慶尚北道蔚珍ウルチン原発1号機(95万キロ・ワット)が故障し運転を停止。14日には釜山市の古里コリ原発3号機(同)の運転も止まった。
(2011年12月14日22時59分 読売新聞)

 どこぞの政商に教えてもらいたいものですよねぇ、こんなお粗末な国の原発の一体何処を高く評価しているのかを

 単に日本より地震が少ないところにあるってだけだったら、ロシアだろうが中国だろうが欧州だろうが何処でも一緒じゃないのかと。

 読んで分かるように、2日続けて起きたこの事故は韓国東部と東南部という、全く異なる場所で起きた別の事件であるにも関わらず、記事が掲載された時点でその停止理由すらどっちも分かっていないという呆れるまでの不始末

 大地震があったわけじゃ無いし、津波だって当然無いのに、突然止まり、原因すら分からない…確かにこんな危険な原発を造って運用できるなんて日本では考えられないことですよねぇ?

 ホーント、こんなお粗末な国のお粗末な原発の一体何処を見たら「安全に運営されている韓国の原発を高く評価している」なんて言えるのかと首を傾げたくなりますけど、ま、所詮は詐話師の孫が語った話ですから、ある意味当然の結果というか展開というか。

 「韓国は太陽光分野でサムスンとLGが、風力がヒュンダイがあり、韓国の勢いがあれば世界最強になれる」

 因みに孫は韓国の原発を評価するついでに、こんな発言もしていますが、政商よりビッグマウスの法螺吹き芸人へ転職した方がお似合いなんじゃないですかねぇ?

 韓国の産業は所詮輸出頼みで、しかも基幹部品を日本など先進国に頼らねばならない

 だから東日本大震災の余波で輸出産業がダメージを受けたし、現在は欧州危機でまた輸出に大きなダメージを負って、経済が落ち込んでいます。

 その一端が太陽光分野で、「韓国の太陽電池メーカー11社の平均稼働率は、年初に90%台だったのが10月末には23%にまで低下」しているそうです。

 当然ながら売り上げは予想値を大幅に下回っており、例えばヒュンダイなんて1兆ウォンの予想を立てていたのに、「上期(1~6月期)の売り上げは2178億ウォン」と現状ではその半分にすら届きそうも無いと。

 先程の政商の台詞は6月20日に訪韓して述べたものですが、エネルギー転換や国家間協力の為の情報収集をした上での発言なのですから、実際の状況は勢いなど当の昔に失速している事を把握しながら、自らの金稼ぎのために大法螺を吹いていたと分かります

 9月には大規模停電があったばかりですし、とてもじゃありませんが韓国のエネルギー事業なんてお粗末過ぎて真っ当な神経の持ち主には信用など出来やしませんよね?

 原発が突然止まり、原因不明で復旧の見通しも不明…日本よりよっぽど保有させるのは危険だと思いません?

 こんな国が一層原発依存を高めていきますとかやってるんですよ?

 やはり、朝鮮人なんて技術面でも人間性でも全くもって信用するに値しないですね。

 Searchina『孫正義社長、安全な韓国の原発を評価…「脱原発」は日本の話』
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?
y=2011&d=0621&f=national_0621_171.shtml

 中央日報『机を叩いた孫正義氏…経団連の「原発再稼働」要求に反発』
 http://japanese.joins.com/
article/672/145672.html

 MSN産経ニュース『韓国、太陽電池価格が暴落 欧州財政危機で市場縮小』
 http://sankei.jp.msn.com/world/
news/111206/kor11120618140002-n1.htm

 同『大規模停電で懲戒処分 韓国政府』
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/
110928/kor11092821340004-n1.htm
12月14日(水)

勝手にやってくれ 

13日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

韓国海洋警官殺傷、中国外務省が「遺憾」
 【北京=大木聖馬】韓国の排他的経済水域(EEZ)で中国漁船船長が韓国の海洋警察官を殺傷した事件について、中国外務省の劉為民・報道局参事官は13日の定例記者会見で「遺憾の意を表明する」と述べた。

 中国政府は、韓国での対中感情の悪化が国際社会の対中批判につながることを警戒し、遺憾表明による迅速な事態収拾が必要と判断したとみられる。

 劉参事官は事件について「一つの不幸な事件」と表現。「韓国側と積極的に協力し、できる限り早く、適切にこの問題を処理したい」とも語り、事件解決に向けて韓国との協力姿勢を強調した。

 劉参事官は前日の12日の会見では遺憾の意は一切表明せず、逆に「(中国漁民への)人道的な待遇を希望する」と注文をつけるなど、韓国国民の感情を逆なでするような態度を示していた。
(2011年12月13日21時03分 読売新聞)

 記事最後にもあるように事件が起きた後の最初の会見の折、中国は遺憾の表明をしないどころか、逆に強気に出て殺人犯の人道的待遇なんてものを要求しちゃいました。

 当然ながら翌日の韓国の新聞各社は大激怒。

 そりゃそうですよねぇ?

 単に違法操業を野放しにしているってだけでも相手に怒りを持つ問題なのに、近年武装及び集団化によって韓国側は人員の負傷や船体の損傷など直接的被害まで被っており、中国側に対応を幾度も求めていたにも関わらず、まともな目に見える対応も無いまま遂には殺人事件にまで発展しちゃったのに、詫びの一言も無いんですから。

 で、流石に対応を誤ったと翌日慌てて遺憾の意を表明したと。

 ただ、根源にあるのは乱獲による自国EEZ内の資源減少で、どうにかなるものじゃないんですよね。

 しかもそれは昨年の事件から分かるように日本も被害を受けているし、他にもベトナムやフィリピンなども被害を受けているけど、ご存知のように平気な顔で自らの正当性をアピールするんですよね、中国って。

 こんな国が太平洋西域の覇権を握ったらと思うとゾッとしますよね…

 因みに資源枯渇の問題ですけど、韓国自身日本海で同じ状態に陥っていて日本のEEZ内で、酷い時にはそれすら飛び越えて領海内で違法操業をやってます。

 まぁ自分達の行為を棚に上げて他人へは怒りを示すってのは朝鮮人のお得意ですしねぇ?

 どれ位の規模かと言うと、水産庁のHPにこんな記述があります。

 「平成23年11月15日、水産庁漁業取締船が韓国はえ縄漁船を漁業主権法違反(操業日誌不実記載罪)で拿捕しました。なお、本年の水産庁による外国漁船の拿捕は11件目(うち10件は韓国漁船)です。」

 日本人なら『人の振り見て我が振り直せ』となるところですけど、常識や理屈が通じないのもまたあの蛮族の性質ですからね。

 中央日報なんて社説で韓国は政府が補助金を出すなど動いて養殖業への転換を図ったから「韓国の漁民は他国の海で違法操業をする必要がなくなり、韓日間で漁業紛争も消えた」なんて言ってのけてるんです。

 でも、先程の記述を見れば分かるように未だほぼ毎月のペースで韓国による違法操業摘発が水産庁によって行われており、先月末にはその問題について日韓で話し合いも行われているんですけどねぇ?

 ま、どうせ連中に何を言ったって無駄なのですから、蛮族同士で取っ組み合いの喧嘩でも殺し合いでも好きにしてくれって感じですよね。

 水産庁HP『韓国はえ縄漁船の拿捕について』
 http://www.jfa.maff.go.jp/
j/press/kanri/111116.html

 中央日報『【社説】根本対策が必要な中国漁船の違法操業』
 http://japanese.joins.com/article/
422/146422.html?servcode=100§code=110
12月13日(火)

ここまで愚かな売国奴だったとは 

12日付けのMSN産経ニュースの記事から

民主、前原政調会長、靖国側は「A級戦犯」分祀を
2011.12.12 19:48
 民主党の前原誠司政調会長は12日、都内で講演し、靖国神社に合祀(ごうし)されているいわゆるA級戦犯について、「政治が分祀を求めることはないが、自主的判断で措置が取られることを望んでいる。そうなれば天皇陛下、首相が参拝していただける環境が整う」と述べた。

 前原氏は「歴史問題は被害を受けた立場に立って物事を考えることが大変重要だ」とも述べ、A級戦犯の分祀を求めている中韓両国への配慮も必要だと強調した。

 野田佳彦首相はA級戦犯について、「戦争犯罪人ではない」との立場を取り、9月の衆院本会議では中韓両国の分祀要求に「不当な内政干渉には断固とした態度を取るべきだ」と強調している。

 違法献金がバレたからか、朝鮮人の手先である本性を遂には隠そうとすらしなくなったみたいですね。

 大体、民主党政権になって以来総理大臣はおろか、閣僚の誰一人として参拝していない事から中国も韓国も丸っきり騒いでいない靖国神社について、何故今になって分祀がどうのと騒ぐのか?

 現状を見れば分かるように、中韓は日本政府が動かなければ外交カードとして機能しないから興味すら持たないのが靖国に対する本音、本質であると簡単に看破できるのに

 また、A級戦犯だけを悪とし、それを分祀すれば問題解決という根拠は何に基いているのか?

 第一、前原が相思相愛関係にある朝鮮人どもとA級戦犯には何の関係も無いのですから、最初から被害がどうのなんて話は存在しないのですがねぇ?

 以前『たかじんのそこまでやって委員会』で、在日中国人らを招いて靖国問題を取り上げた際、靖国神社からA級戦犯を分祀したら公式参拝しても許すとほぼ全員が認めたにも関わらず、じゃあA級とB級C級の違いって何ぞや、A級ってどういう意味だと聞かれて誰も答えられなかった

 唯一マイクを握った男は違いもA級の意味も知らないと白状し、罪の重軽だろうと述べる始末。

 これが中国人の程度なんですよ。

 共産党政府が騒ぐからそれに相乗りしてればいいと。

 北京五輪の時を思い出しても分かるように、自分たちの祖国が如何に狂った連中に支配されているのか、嘘を垂れ流しているのかを把握できる立場にいる在外者ですらこの程度の見識、知性しか有さずに喚き散らしてくるのですから、一々連中の言葉に耳を傾けるなど時間と労力の無駄でしかありません。

 ましてや与党の政調会長が「自主的判断で措置が取られることを望んでいる」なんて発言するのは明らかに政教分離を無視した政治介入、政治圧力であり、しかもそれが丸っきり根拠も論理も無茶苦茶と来るんですから、言語道断です

 それに、靖国神社に関係なく、中韓に媚び諂いながらも尖閣だ慰安婦だと問題を結局抱えて何の解決も出来ないどころか逆に状況を悪化させるばかりの民主党が口を挟む事かって話ですよね?

 わざわざ火の無いところを焚きつけようなんて馬鹿な真似をしている暇があるのなら、先に燃え上がっているところの消火をするのが先だというのに、相変わらず物事の優先順位すら定められないとは…

 まったく、一皮向けばトンでもないクズっぷりがボロボロと出てくるのですから、本当に民主党議員ってのは性質が悪いですね。

 YouTube『靖国神社におけるA級戦犯とBC級戦犯の違いを知らない中国人 』
 http://www.youtube.com/
watch?v=pci2kIPdNCI
12月12日(月)

そもそも常識が無い 

6日付けのMSN産経ニュースの記事から

正論1月号 慰安婦強制連行はなかった
2011.12.6 08:17
常識で考えればわかること

 韓国の民間団体がソウルの日本大使館前に「従軍慰安婦」の記念碑を建立する計画を韓国政府が承認した。日本では、ありもしない慰安婦の強制連行を事実上認める「河野談話」を平成5年に発表した河野洋平氏に桐花大綬章が与えられた。

 慰安婦たちは契約に基づいて商売をしていたにすぎず、その多くは朝鮮の業者によって集められた女性たちだ。しかし、宮沢内閣の謝罪と河野談話を根拠に、韓国は官民ともに「慰安婦問題」を外交カードとして利用し続けている。

 朝鮮総督府の事務官として仕え、当時の実情をよく知る大師堂経慰氏は、この問題を憂慮しつつ昨年11月に亡くなった。今回「正論」に掲載されたのは昨年8月15日に脱稿した遺稿である。

 ここで大師堂氏は、虚構がいかにでっち上げられ、独り歩きを始めたのかを整理して提示したうえで、自身の体験をもとにこう記す。「婦女子の強制連行がなかったと思う根拠の第一は、もしも婦女子の強制連行があったとすれば、その目撃者は強制連行された者の何倍もいたはずだし、いかに戦時中であっても大きな抗議運動が展開されて当然であるはずだが、目撃証言も抗議運動も一切なかった事実である」

 傍証として大師堂氏は昭和4年の光州事件を取り上げる。日本人中学生が朝鮮人女学生をからかったことが原因で、大規模な学生抗議運動が起こったのである。

 からかっただけで学生抗議運動が起こる土地で、婦女子を強制連行したらどうなるか。常識で考えればわかるではないか。(桑原聡)

 3・1独立運動やテロリストの英雄化などなど、韓国では反日と抗日を何よりも輝かしい併合時代の歴史として伝えているわけですが、何故かこの慰安婦に関しては強制連行があった、20万人以上の若い女性や少女が攫われたと喚くくせに、誰も抵抗した人間がいないんですよね。

 常識で考えればそれだけの人間が攫われた、それも若い娘だの年端も行かない少女だのというのが事実であったなら、朝鮮人は間違いなく暴動を起こしています。

 それは、記事にもあるようにからかわれた程度ですら抗議運動となる民族性を考えれば簡単に分かることですし、爆弾テロまで行って抵抗をしていた連中が自称亡命政権を置いているアメリカに対してそれを訴えたり、大規模なテロを起こすなどのリアクションを起こさない方が有り得ない話だと思いません?

 何せ戦後の日本でも共産党と結託して各地で事件を起こし、役所どころか警察署への襲撃事件だって幾度も起こしていたような蛮族ですよ?

 連中の主張通り日本が官憲まで動員して娘を攫うなんて真似をしていたのなら、間違いなく武装蜂起して警察署が襲われていたでしょうが、そのような事件があったという記録は全くありませんし、彼ら自身そんな抵抗の歴史を何一つ、誰一人として語っていない

 それどころか、戦後半島へ戻った慰安婦は故郷に戻れず隠れて暮らしたなんて話を持ち出す始末です。

 普通、攫われた娘達が戻ってきたら家族として会いたいと思うのが当然ですが、そんな状況で20万人の家族が娘達を探したなんて話も存在しないんです。

 仮に日本が攫ったと言う話を事実だとすると、朝鮮人は目の前で娘達がトラックに乗せられて集団で攫われていても誰一人気にも留めないし、その事に抗議する意思も持たず、それどころか漸く生きて帰ってきた娘達を誰も彼もが民族の恥だと感じて存在を無視し続けたということになるのです…

 そんな民族が今頃になって被害者だ、可哀想だ、救済しろ、謝罪しろと過去に自分達が行った非道な所業の数々を棚に上げて似非ヒューマニズムを翳しだしたってわけですよ。

 民族そのものの頭がイカレてるとしか言いようがないですよねぇ?

 ま、残念な事に常識で考えれば分かる事でも、イデオロギーで捻じ曲げて自民族を貶める活動に従事する異常者が日本人の中にさえいるんですよね…

 アメリカ人なんて歴史を学ぶ意志が無いくせに似非ヒューマニズムが大好きで、自称被害者が名乗りを上げると事実確認なんかせずにホイホイ信じて喚きだすから尚の事手に負えませんし。

 やはり、一度これらの問題は国際的な場でキッチリと討議し、捏造を暴いて蛮族を懲らしめねば何時までも繰り返され続けるでしょうね
12月11日(日)

路傍の石ころ 

10日付けの毎日jpの記事から

松田喬和の首相番日誌:「捨て石」には大局観
 衆参両院で多数派が異なる「ねじれ国会」の打開策は、今国会でも見いだせなかった。一川保夫防衛相と山岡賢次国家公安委員長の問責決議が参院で可決された9日夕、野田佳彦首相は記者会見で「襟を正して職務の遂行を」と、続投させる考えを示した。

 「ねじれ国会」の打開には、連立組み直しや法案ごとに野党の賛成を得るパーシャル連合など、国会での多数派形成がまず考えられるが、国民の多数の声を背景に、野党からの異論を抑え合意形成に持ち込む「国民運動型」という方法もある。だが、その前提として、野田首相ら政府・与党幹部が国民を説得する発信力を持つことが肝心だ。首相の発信力が弱く、国民に届かなかった感は否めない。

 今国会では東日本大震災の復旧・復興策を優先すべきだという民意が重しとなり、極端な党利党略は封じ込まれていたが、土壇場の問責決議で重しは飛んだ。拒否権としての問責決議は妥当としても、繰り返せば政治の停滞はひどくなる。来年の通常国会では、解散風にあおられ与野党の対決ムードが強まり、重しは一段と軽くなるだろう。一川、山岡両氏が現職にとどまるようでは、順調な国会審議は期待薄といえそうだ。

 野田首相は記者会見で、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉参加に向けた協議や税と社会保障の一体改革に関し「不退転の決意」を強調した。いずれも「一内閣一仕事」の難題だ。「捨て石になってけりをつける」と語る首相の気概は大いに買う。

 だが、これらの難問解決に向けた与野党協議が実現する可能性を記者会見でただされた野田首相は「これからだ」と、ポツリと口にした。問責決議可決で、協議実現の道筋は一段と立たなくなった。

 民主党と連立を組む国民新党の亀井静香代表は、問責決議への対応について「『泣いて馬謖(ばしょく)を切れ』と申し上げてきた」と語る。

 囲碁の世界で「捨て石」とは、大局的な利益を得るために、相手にあえて取らせる石を指す。「捨て石」作戦には、大局観が欠かせない。(専門編集委員、66歳)
2011年12月10日 東京朝刊

 まぁ、そもそも野豚が大局観なんてものを持った真っ当な政治家なら、一川や山岡のような人選はしませんし、する必要があったとしても最も不適格な地位に据えるなんて無意味どころか手番を無駄にするだけの愚劣な手は最初から打ちませんよね?

 しかも捨て石ってのはむしろ上級者の場合、それを取らせることで自らの有利な状況を作り出す、謂わば囮であり、勝つための大事な価値を持った布石ですが、野豚政権は民主党という無能集団が政府・与党としての立場を延命さえるために作り出しただけの存在です。

 故に相変わらず人選の無茶苦茶さ、問題への対応能力の欠如などがルーピー、バ菅の時代と何も変わっておらず、捨て石にすらなれないわけです。

 鼻息こそ荒く語れども、国会を延長するわけでもなく、与野党の共闘による問題解決と言うのも結局は上辺だけで相手の譲歩を迫るばかりで自らはしない専横ぶりも変わらず、結局徒に時間と税金を浪費するだけに終始する。

 捨て石どころか見向きもされない路傍の石ころ同然ですが、逆にその路傍の石ころのせいで日本国民は2年前の夏から大きく蹴躓いてしまい、未だ立ち上がることすら出来ずにいるわけです。

 漸くルーピーと言う最初の大きな石ころが消え、バ菅という石ころも違法献金問題で立ち消えそうになってきたところであの大震災。

 結局そのせいで延命したバ菅が混乱に拍車を掛け、漸く夏に消えたと思ったら今度は優柔不断でどうしようもない野豚が出しゃばってきた。

 それに、亀井が助言として三国志の名言を持ち出したようですけど、そのトンチキぶりも相変わらずで、協力体制にある政党もやはり無能なバカ集団であると知らしめているだけですよねぇ?

 『泣いて馬謖(ばしょく)を切る』

 北伐と呼ばれる魏への進攻に際し、己の才を過信して孔明の命令を無視して大敗を喫した馬謖を、自ら定めた軍命に従って涙を流しながら処刑した孔明の姿を元にした言葉ですけど、それは個人的な情愛、師弟関係が両者にあったが故の逸話であり、そもそも党内融和という優柔不断政策の賜物でしかない小沢派の両名は野豚にとっては単なる外様大名に過ぎないのですから、馬謖とは似ても似つかないんですけどね。

 あぁ、劉備が臨終の際にまで孔明に口先だけの男だから決して重用するなと戒めていたにも関わらず、重用して孔明が失敗し、結局は目的も果たせず当人を処刑したという件はこれから似るかもしれませんね

 国民や党内からの批判を無視して有り得ないポジションを与えて問責決議可決という敗戦を招き、今は庇ってこそいるものの、来年のことを考えれば首を挿げ替えるしかないのですから。

 因みに政治や軍事の天才と称えられ、劉備からは水魚の交わりと称されと言われる孔明ですが、晩年はどうにもなんですよね。

 関羽が殺された事に激怒した劉備を止められず結局は張飛、更には劉備の死をも招いて国力も大いに疲弊させてしまいますし、暗愚である息子の劉禅を王に据えて最終的に亡国へと至らせてしまいましたし、重用するなと言われた馬謖を用いての失態、逆に劉備が重用した魏延を疎んじての失敗と混乱を招き、結局は北伐とその失敗を繰り返し、馬謖の話が出る晩節には若い頃のような武勇伝は殆ど残っていません。

 精々か罠を用いて誰それを仕留めたとかその程度のものです。

 まぁ、馬謖を切った際に自らも職を辞そうとし、留められるも、責任を取る形で官位を落とした潔い点は、相も変わらず適材適所などと誰にも理解されぬ低俗な言い訳を繰り返して自らの任命責任から逃げ回るだけの野豚と違って好感が持てますが

 何れにせよ、どうせ何もで気無いし、本気でやろうという意志すらないんですから、さっさと消えて欲しいですよね。

 毎日jp『問責決議:辞めぬ大臣に反発…沖縄、消費者』
 http://mainichi.jp/photo/archive/news/
2011/12/09/20111210k0000m010060000c.html
12月10日(土)

朝日の物言いに絶句する 

10日付けのasahi.comの記事から

国会閉幕-動かぬ政治に絶句する
2011年12月10日(土)付
 ますます、政治の風景がすさんでいく。

 きのう臨時国会が閉幕した。震災復興に向けた第3次補正予算や、復興庁設置法などは辛うじて成立させた。

 だが、あと一歩のところまで来ていた重要法案は、ことごとく先送りした。

 懸案だった派遣法改正案は、衆院の委員会で可決したのに成立しない。国家公務員の給与引き下げは、与野党が同じ削減幅を掲げながら合意できない。

 会期を延長すれば成果もあがったかもしれないのに、与野党ともやろうとしなかった。

 さらに国会の「さぼり」を象徴したのが「一票の格差」をただす選挙制度改革だ。与野党が持論をぶつけあっただけで、ちっとも進まない。

 何という職務怠慢か。無責任さにあぜんとする。

 そしてまた残ったのが、参院での問責決議だ。一川保夫防衛相と山岡賢次消費者相に対する決議が可決された。

 振り返れば、昨年の臨時国会でも当時の仙谷由人官房長官らへの問責決議があった。それを機に野党は一部で審議を拒み、与党は混乱を恐れて国会延長を見送った。なんとも似たような展開ではないか。

 少し違うのは、一川氏の場合は職にとどまるべきでないことが明らかな点ぐらいだろう。

 野党は今回も一川氏らが続投すれば、来年の通常国会での審議に応じない構えだ。だが、法的拘束力のない参院決議を振りかざすのは、もうやめよう。

 震災復興、社会保障改革、欧州危機など難問が山積している。もっと建設的に政策論争をすべきだ。政局の駆け引きばかりの茶番劇を、テレビの再放送のように見せられても困る。

 ただ、こんな荒涼たる政治を招いた第一の責任は与党、とりわけ野田首相にある。

 ひとつは国会運営の失敗だ。復興増税に加えて消費増税にも取り組もうというときに、官の身を削る公務員給与の削減もできずに、どうやって国民に負担を求めるつもりなのか。これでは与党内の求心力を失い、国民にもそっぽを向かれる。

 ふたつめは、そもそも一川、山岡両氏を閣僚に起用したことだ。ともに小沢一郎元民主党代表に近く、党内融和に配慮した閣僚起用とされた。だが、山岡氏のマルチ商法関連の話など、広く知られた話だった。

 それを、いまさら問責理由にする野党にも驚くが、そんな人選をした首相も反省すべきだ。

 ここで政治を立て直せるか。首相の正念場だ。

 閣僚に起用した事自体が間違いだったとの朝日の見解はまさしくその通りですが、それ以上に問題なのが担当させたポスト、ですよね?

 例えば一川は農水省の官僚出身であり、奴の言う沖縄関係の経験と言うのもそちらでの話ですので、野豚が農水大臣として起用をしていれば少なくとも就任前からあのような失言を吐いて叩かれる事は無かったでしょうし、米兵による事件なども知らないのは不勉強だと叱られる程度で終わっていたでしょう。

 山岡にしても法学部出身で安田生命の外交員だったと言うのですから、全然経験と関係の無いところに据えた野豚の判断が如何に悪かったか分かるでしょう。

 加えてどちらも放言、失言などを繰り返しており、人間性の面で問題を抱えている事は以前から明らかでしたし、特に山岡のマルチ疑惑などは「広く知られた話だった」と朝日も記しているように以前から最大のウィークポイントになることは分かりきっていたのに、敢えてそれを消費者担当大臣に据えて適材適所などと強弁をしているのですから、自業自得もいいところです。

 一川にしても、何故か各紙は殆ど報じませんけど、米兵による少女暴行事件について奴はよりにもよって記者会見の場で「乱交事件」と述べ、それについて公の場に出て訂正と謝罪を一切していないんですよ?

 実際、今回一川に対して提出された問責決議案の理由その4の中でこう述べられています。

 「一川防衛大臣は、12月2日の記者会見で、95年の少女暴行事件を「乱交事件」と発言した。もはや、言い間違いですむ問題ではない。田中前局長を更迭した直後の大臣の発言としては、緊張感の無さや防衛省の姿勢が問われるものである。」

 因みに一川が即座に更迭した局長の発言についてですが、当人は「やる」とは述べたが「犯す」とは表現していないと弁明をしていますし、更にはオフレコ破りをやった琉球新報が普通ならするはずの各社への事前連絡などもしていないという不可解な点もあり、果たして報道されている内容が真実なのか非常に疑問があるのです。

 何せ、大手の報道を見ていてもその場に同席していたはずの他の記者の証言が全く出てこないまま、一方的に事実として垂れ流されており、果たして沖縄の2大朝日新聞(当然ながらもう片方は沖縄タイムス)とも言える誇大・虚偽報道の雄である琉球新報の報道が真実なのか、個人的には強い疑問を抱いています。

 ましてそれが本当の事だったとしても、単なる例え話を理由に部下を更迭した人物が、自らは実際にあった事件について全く事実と異なる、それも被害者を著しく傷付ける表現をしておきながら謝罪もしないどころか逆に開き直って致命的じゃないから辞めないなどと突っぱねる姿勢は、とても良識ある人間のソレではないですよね?

 あと笑えるのは朝日が「法的拘束力のない参院決議を振りかざすのは、もうやめよう」などとほざいている点ですね。

 2007年6月29日に安倍首相に対する問責と政権に対する不信任が捻じれ状態の参院で民主党によって行われた際、翌日の社説で朝日は民主党が出した事をこう評しています。

 「野党が安倍内閣に対する不信任案を出して抵抗したのは当然のことだ」

 2009年7月14日に麻生首相に対して民主党がやった問責に対しても翌日の社説で朝日は首相を一方的に責め続けるだけであり、問責提出と審議拒否を繰り返す民主党には一言の苦言も呈しておらず、それどころか逆に「国民生活にかかわる法案がいくつも消えてしまう。与野党協議が進んでいたものもあるだけに残念だが、総選挙後の新たな政権のもとで、よりよい内容をめざしたい」と、民主党による審議拒否で法案が潰れて先送りになってしまう事を上辺だけ悲観するふりをして実際には歓迎し、民主党ならよりよい内容が目指せるなどと馬鹿げた妄想を垂れ流していたのです。

 現状を見てもらえれば分かるように、元よりそんな知能も能力も、意志すらも無い詐欺師集団が政権を奪ったことによって国力は疲弊するばかりですし、官僚支配からの脱却どころか逆に特権化が一層酷くなる、国民の負担は増すばかりと朝日が望んだ新しい政権のせいでこの国はお先真っ暗です。

 それに「それを機に野党は一部で審議を拒み、与党は混乱を恐れて国会延長を見送った。なんとも似たような展開ではないか」などとも記していますけど、民主党が自民党に問責を提出しなかったのなんて2005年位のもので、問責と審議拒否は元々民主党の十八番技でした

 結局は全て自分達がやってきたことがそのままブーメランとして戻ってきているだけの話で、誰が悪いって、民主党そのものが全ての元凶なんですよね。

 「政局の駆け引きばかりの茶番劇を、テレビの再放送のように見せられても困る」なんてのにしても、民主党が散々やってきた自民党たたきの手法であり、それに協力していた自分たちの所業を棚に上げてよく言えるものですよねぇ?

 例えば麻生総理が感じを読み間違えることがどうだのと、実にクダラナイことを理由に叩く民主党に協力し、テレビや新聞で散々叩いていたマスゴミはなんだと言うのでしょう?

 逆に麻生総理が海外の首脳陣と通訳無しで談笑を交わすことを評価したマスゴミなんて一つも無いですよね?

 英語力、そしてコミュニケーション能力の高さが国際社会と対話する一国の首相として如何に大事であるかは、その後のルーピー及びバ菅の首脳会談で孤立、外交で失態を重ねる姿を見ればイヤと言うほど分かるでしょうが、そういう無様な姿を批判するマスゴミは存在しない…

 政治家に質の向上を求める前にお前達こそ質を上げてみろよって話ですよね。

 私はマスゴミの厚顔無恥ぶりにこそ毎回絶句させられますよ。

 MSN産経ニュース『「一刻も早い辞職が国益損失を抑えられる」 自公提出の一川防衛相問責決議案の全文』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/111209/stt11120911500005-n1.htm

 同『「マルチ商法に深く関わり、疑惑は多岐に」 自公提出の山岡国家公安委員長の問責決議案全文』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/111209/stt11120913040006-n1.htm

 BLOGOS『きれいごとで情報は集められないが…=受け手は「オフレコ」で情報の歪む可能性に注意を - 石井 孝明』
 http://blogos.com/article/26385/
12月09日(金)

予想外?しようとしなかっただけの間違いでは? 

8日付けのウォール・ストリート・ジャーナルの記事から

【オピニオン】米国は予想外の事態に備えよ―真珠湾、イラン、北朝鮮
ウォーレン・コザック
2011年 12月 8日 19:29 JST
 1941年12月7日、アメリカ合衆国は、諜報史上最悪の過ちを犯した--日本軍による真珠湾攻撃である。

 真珠湾攻撃に関して最も驚嘆すべき側面とは、米国が日本の暗号をすでに解読し、日本の通信を傍受していたことだった。アメリカは、海軍を中心に、暗号解読・言語専門家を数百人擁し、日本の無線通信を傍受していた。しかし、それだけでは不十分だった。

 「我々はわかっていた。12月7日の日曜日、ワシントン時間の正午頃に何かが起こるということを」--2年前、私が出席したニューヨーク市での講演で、ヘンリー・キッシンジャー元国務長官はこう述べた。「問題は、ワシントンの正午がハワイの午前7時頃だということを誰も認識していなかったことだ」

 つまり、当時の米国は、日本との戦時体制下にあり、日本が両国関係に影響を及ぼす大規模な事件を7日に計画しているとの情報を通信傍受から知ったにもかかわらず、太平洋最大の海軍施設、真珠湾への攻撃を予想すらせず、防衛策も取らなかった。

 これは、既成概念に捉われたことによる失敗だった。アメリカは、日本が劣った国で、そのような攻撃に出ることは不可能だと強く確信していた。真珠湾攻撃では、米戦艦8隻、巡洋艦3隻、駆逐艦3隻が損傷を受けたか沈没。188の戦闘機が(ほとんど応戦する間もなく)破壊され、2402名の米国人が犠牲となった。これらはすべて、わずか90分で353機の日本の小型機が成し遂げた。

 当時から遡ること20年、ビリー・ミッチェル少将は、海軍艦隊の空からの攻撃に対するぜい弱性をバージニア沖で証明した。1921年7月、ミッチェル率いる飛行隊は、ドイツから接収された余剰駆逐艦1隻、軽巡洋艦1隻および戦艦「オストフリースラント」を招待者数百人の眼前で撃沈した。

 招待者のなかには、大日本帝国海軍の軍人で日本の外交団随員、永野修身(ながのおさみ)氏が含まれていた。この演習の意味を永野氏は明白に理解した。しかし、第一次世界大戦後の米国は軍拡ムードには包まれておらず、孤立主義が国全体を覆い尽くしていた。

 今日の米軍がベトナム戦争の経験を糧としたように、真珠湾の教訓は1960年代まで米軍に生かされた。真珠湾攻撃から数カ月が経った1942年、カーチス・ルメイ大佐(当時)は、訓練不足の軍隊の実戦配備を余儀なくされ、数百人が犠牲となった。彼は米国が同じ過ちを繰り返すことは避けたいと考え、冷戦の初期段階に、米核戦力の柱となる戦略空軍(SAC)の構築に尽力した。

 第二次大戦当時の米国は1941年12月時点で不足していた陸海空の戦力を2年の歳月をかけて再構築したが、ルメイ大佐は、核戦争の時代にそのような時間的余裕がないことを理解していた。彼は、最初の任務を唯一の任務と考える必要性を兵士にたたき込み、常に臨戦態勢を取るよう教育した。その効果もあったせいか、米ソ間の核の応酬は一度もなかった。

 真珠湾から70年を経た今、米国は、第二次大戦前とかなり似た状況にある。(中略)

 懐疑派は正しいかもしれない。しかし、これと同じように、懐疑派は70年前、日本が米国に挑むような愚行に出るだろうかと考えていた--それはもちろん、真珠湾攻撃によって否定された。

 いきなり最後から入ります。

 「日本が米国に挑むような愚行に出るだろうかと考えていた」とありますが、むしろ愚行であってもせざるを得ない状況に米国自身が追い込んでいたことを理解していなかった点を問題視すべきではないでしょうか?

 屑鉄など資源の多くを輸入に頼っていた日本に対し、イギリスなどとタッグを組んで包囲網を形成してそれらを絶ったのですから…1941年当時の日本に残された道は討ち死にか座して死すかという、死に方を選ぶだけでした。

 特にガソリンなど石油が手に入らなくなったのが決定的で、当時は年々需要が増加するだけでなく、対米依存度が増しており、最終的に7割以上の石油をアメリカから輸入していたのが全て消えた上に、アメリカの裏工作によってサウジアラビアからの輸入交渉も決裂してしまい、1年もすれば江戸時代の生活にまで遡らねば生き残れない状態になるというところまで追い詰められていたのです。

 それでも一縷の望みを掛けて米国との首脳会談を申し入れるなどしましたが、アメリカが拒否し、逆に日本を戦争へと進ませる決定打となるハルノートを突きつけます。

 もはや隷属か死かと突きつけられたと受け取った日本は、最終的に開戦し、東南アジアから白人を放逐して新たなブロック経済圏を確立させることに決めました。

 そして、国力が米国に遥かに劣る日本が米国だけでなくイギリスやオランダ、オーストラリアなどまで敵に回して戦う為の手段として用いたのが、先制奇襲攻撃だったわけです。

 実際、これによってフィリピンのB-17が壊滅し、安全に輸送船団を送り込めましたし、アメリカも戦艦部隊が壊滅的被害を被って戦力の回復まで2年近い時間を取られました

 折角の増援として送り込まれたイギリス戦艦も航空支援が得られず、開戦直後に2隻とも撃沈され、イギリス東洋艦隊の壊滅で十二分な対艦戦闘能力を得られなくなったABDA艦隊も程なく日本海軍によって壊滅させられます。

 マトモにやっても勝ち目が無いからこそ、奇策や奇襲を用いるのであり、戦力に勝ることに胡坐をかいていればそりゃあ足元だって掬われますよ。

 それに真珠湾攻撃で戦艦部隊が壊滅した米海軍自身、空母機動部隊による日本の島嶼基地へのヒットアンドアウェイという奇襲戦法で序盤は日本に打撃を与えつつ、技術と経験を積んで自軍の戦力向上を図っていたのですから、寡兵による戦い方として奇襲はむしろ常道であることを理解していたと思うのですがね?

 まぁ、真珠湾は水深が浅くて魚雷攻撃が出来ない点やハワイが日本から余りにも離れていて遠い上にアリューシャン列島とミッドウェー諸島という哨戒線があるので普通なら接近する前に発見できる点、更にオアフ島自体が多数の飛行場を持っていて水上偵察機なども多数配備され、しかもレーダーまで備えていた点など、本来であれば絶対に奇襲攻撃など許さないはずという安心ならぬ慢心もあったのでしょうが、自ら戦争準備を始め、相手から手を出すように仕向けておきながら、勝手に安全地帯と思い込んで備えを怠ったのは明らかにアメリカの落ち度ですよね?

 それを予想外などと形容しているようでは、また同じ過ちを繰り返すぞと言いたい。

 暗号解読がどうだの、時間がこうだのなんてのは枝葉に過ぎません。

 経済的に追い詰め、しかも中立を装いながら中華民国に支援物資を送る利敵行為を行うのみならず、航空部隊を派遣して実際に日本と戦火を交えていながら、攻撃される事はないだろうと勝手にたかを括っていた代償ですもの。

 加えて国力で遥かに劣る日本が戦いを挑むにはどうするだろうかと考えれば、むしろ奇襲攻撃によって先手を取るなんてのは真っ先に出てくる戦法であり、その際に最も米軍が被害を被り、建て直しに時間を食う場所と言えばそれはフィリピンなどではなく、米軍が何十年も掛けて整備をし、物資を蓄えた太平洋最大の前線基地、ハワイのオアフ島であるなんて誰だって想像できます

 故にハワイ真珠湾攻撃は予想外でも何でもなく、むしろ最も可能性の高い攻撃予想地点でした。

 そして、オアフ島という強大な根拠地へ攻撃を行うとなればミッチェルの話のみならず欧州での航空機の目覚しい活躍からも、航空攻撃が最も相応しいのも誰にでも分かる話です。

 艦隊に壊滅的被害を被り、2000名以上の戦死者を出したのは、アメリカ合衆国の慢心と怠慢が招いた結果に過ぎません

 実際にハワイへの奇襲攻撃の危険性を唱えていた人々だっていたと言うのですしね。 
12月08日(木)

最低最悪のバカ、ルーピー鳩山 

1日付けのasahi.comの記事から

「辺野古以外探す努力を」 普天間移設で鳩山氏
2011.12.5 18:17
民主党の鳩山由紀夫元首相は5日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設計画に関して「(名護市)辺野古以外の所を探す努力を続ける必要がある」と述べ、新たな移設先を模索すべきだとの考えを示した。都内で開いた自身の会合で語った。

 鳩山氏は首相在任中、移設計画の見直しを表明。迷走の末に昨年5月、移設先を辺野古崎と隣接水域に決定し、米側と合意した。「当事者」だった鳩山氏の発言が変遷したことには批判が出そうだ。

 同時に「首相を務めた人間としての責任がある。『あとは野となれ』という立場は取るべきではない」と強調。「首相官邸から何の話もないが、何らかの形で関わらないといけない」と述べ、一議員として問題解決に尽力する考えも示した。

 あとは野となれと、政権を僅か8ヶ月で放り出して逃げたのは何処の誰でしたっけ?

 アレだけ野党時代に1年で総理大臣が変わるのはケシカラン、総選挙だと喚いていたくせに、その2/3で自らの放言癖によって自縄自縛に陥って全てを放り投げたのに、また引っ掻き回すんですか…

 しかもその放り投げた最大のものが、この普天埋設問題だったと思うのですが??

 「民主党が政権を取ったら、普天間基地を国外に移設します、最低でも県外に移設させます!」

 こう、沖縄県民に宣言したのが当時の民主党党首であったルーピーです。

 結果、沖縄で民主党は圧倒的な勝利を収め、自民党は惨敗どころか完敗を喫しました。

 しかし、ご存知のように政権を奪って総理大臣の椅子に座ったルーピーはこの約束を反故にします

 勉強をすればするほど他に選択肢は無かったなどと、全くの蒙昧さ故に根拠もなく出来もしない約束をしたことを認めて、結局は辺野古以外移設先は無いと丸一年を無駄にして元の鞘へ戻し、その責任逃れのために政権を放り出したのが2010年春の出来事です。

 その後、バ菅政権時代に今度は抑止力を理由に挙げたことを方便だったとのたまい、実は勉強すらしておらず、単に面倒になったから適当な理由をでっち上げただけだと暴露して国中に激震を走らせました。

 自国の新聞から「万死に値する」などと激怒・罵倒される、それも2社からも何て総理大臣はルーピーしかいません。

 原発事故でアレほど失態をかまして国民の怒りを買ったバ菅でさえここまで評されたことはありませんからね。

 それが今度は又も県外移設だと言い出したわけですから、今度は朝日辺りが「万死に値する」と言ってくれないものかと思ったのですが、そもそも社説で扱いすらしませんでしたね。

 県民にアレだけ最低でも県外に出しますと吹聴し、米国には「トラストミー」などとほざいておきながら実際には8ヶ月を無駄に過ごし、税金を浪費しただけで元の県内へと戻した当人が、再び県外…総理大臣時代にお前は何をやっていたんだと誰もが思ったことでしょう。

 しかも国として一度反故にした約束を再度結び直しておきながら、またも反故にしようと言っているのも同然なわけですから、国際感覚欠如どころか人としての常識すら全くもって欠落しており、ルーピーの称号は伊達でも酔狂でもないと改めて知らしめてくれましたね。

 いやはや、こんなバカを総理にさせてしまった衆愚には、ホント、今後一切の選挙権を放棄し、二度と選挙へ参加しないで貰いたいですね。
12月07日(水)

居座りがブームの民主と頭の悪い絡み 

6日付けのasahi.comの記事から

一川防衛相-更迭し、政権は出直せ
2011年12月6日(火)付
 一川防衛相がきのう、国会で続投の意欲を示した。野田首相も「襟を正して職責を果たしていただきたい」とかばった。

 驚くばかりの認識の甘さだ。

 野党が多数を占める参院で、防衛相の問責決議が確実視されているから言うのではない。

 かねて私たちは、問責決議で閣僚の首を取り、政権を追い込むような国会のあり方を批判してきた。いまも、その考えに変わりはない。

 だが、一川氏は問責以前に、もはや閣僚にふさわしくないことを、みずから実証しているではないか。

 まず、就任直後に「私は安全保障の素人」と述べて、防衛相としての資質が疑われた。国賓のブータン国王夫妻の宮中晩餐(ばんさん)会を欠席して、同僚議員の政治資金パーティーに出た。

 決定的なのは、今回の沖縄防衛局長の暴言、更迭問題への対応のお粗末さだ。

 「犯す前に、これから犯すと言いますか」という局長の暴言に関連して、米軍普天間飛行場の移設の原点である米兵の少女暴行事件を「詳細には知らない」と述べた。記者会見では、少女暴行事件を「ランコウ事件」といった。

 沖縄の人々が局長発言に憤ったのは、単なる言葉遣いの問題ではあるまい。基地の負担を沖縄に強引に押しつける政府の差別意識を感じ取ったからに違いない。その不信感を、一川氏の言動がさらに増幅させた。

 それなのに、野田首相はなおも「適材適所で選んだ」と繰り返す。信じられない。速やかに防衛相を更迭すべきだ。

 もちろん、責任者の首をすげ替えれば済む話ではない。この際、辺野古移設の政府方針を抜本的に見直し、年内の環境影響評価の提出も断念すべきだ。

 もともと一川氏は小沢一郎元民主党代表に近く、入閣は党内融和の象徴だった。消費増税などの難題を抱えて、首相が党内力学への配慮を優先するようなら、政権への信頼をさらに失うのは避けられない。

 首相には国会も忘れてもらっては困る。すでに会期末まで4日しかない。

 復興財源をつくる目的もある国家公務員の給与引き下げ法案や、労働者派遣法改正案などは、与野党協議があと一息のところまできている。衆院の「一票の格差」の是正も待ったなしだ。このまま国会を閉じて、先送りすることなどあってはならない。

 野田首相は即刻、防衛相問題を決着させ、政権を立て直し、法案成立にも尽くすべきだ。

 朝日さえも見捨てた大馬鹿者、一川を野田は続投させると国会で宣言しました。

 この記事を読んでも分かるように、私が以前から指摘している通り、政治家としての資質なんて全く無く、常識や良識すら欠けた人間を選ぶと言う最低の人選を自衛官の息子がやってのけたわけです。

 局長の犯す犯さないという誰も実在の人物が存在しない例え話を不適切と断じて更迭までしておきながら、移転問題の根源にある沖縄県民の不信や怒りが何故なのかを自らは知りもしない、知ろうともしないで平然と対応し、挙句には暴行事件を乱交事件と述べたのですよ?

 性犯罪の被害者を深く傷付ける暴言を吐いており、局長の例え話など比較にならぬほど悪質ですが、それでも辞任するほどの失態ではないと平気な顔で言って居座り続けるのですから、そりゃあ朝日だって庇わないどころか辞めろとシュプレヒコールを挙げるに決まっています。

 しかし、何処にでも変質的な思考やセンスを持った人間はおり、野田じゃありませんけど庇い立てをするんですよね。

 つい先日も、また、清高というHNの異常者が私にこの問題で絡んできました。

 以前のやり取りを見た事がある人には分かると思うのですが、この「清高」って知能レベルが小学生と同程度なんですよね。

 例えば今回絡んできた『最初から勉強なんてする気無いだろ』というエントリのコメントを見ると、奴はこう書き出しています。

 「公の場で「バカ」とか「クズ」とかいう人は「クズ」と言われても仕方ないですね、folkeさん。」

 で、コメントのタイトルはというと…「「クズ」はfolkeさん!」とある。

 クズって言った奴がクズなんだーって、丸っきり小学生の物言いですし、しかもそう宣言する自分がタイトルで人のことをクズ呼ばわり…一周して自分もクズだと宣言しているってことが分からないんですから、本当に可哀想な頭をしていますよね。

 大体、クズと言ったからお前がクズだなんて低脳過ぎて屁理屈にすらならない主張をされたって、幼稚過ぎてどうしようもありません。

 挙句に「官僚の自爆テロの可能性を考慮しないダメ発言」と意味不明なことをのたまい、「大臣辞任は、政治家辞任になり得るが、官僚の更迭は即辞任にはならない」などと平然と書き連ねる厚顔無恥ぶりには笑いが堪えられませんでした。

 さて問題です。

 民主党が政権を奪ってから早2年と3ヶ月ですが、この間に大臣を辞任した民主党議員は何人おり、その内政治家を辞任した、つまりはバッチを外した議員は何人いたでしょう?

 答えは藤井財務相、亀井金融・郵政改革相、柳田法相、前原外相、松本復興相、鉢呂経産相の6人が大臣を辞任していますが、政治家を辞任した人間はこの中にただの一人もいません

 むしろ全員現役の国会議員を続けているどころか、前原の政調会長職のようにそれぞれ重要な役職に現在もついています

 政治家辞任になり得るどころか、悠々と重役待遇のままでいるんですから、滑稽千万ですよね。

 庇う為だけに無理矢理理屈を捏ねようとするから、結局はこうやって話を歪曲するしかなくなるわけで、主張に整合性も無ければ知性のカケラすら見られなくなるのです。

 何より、今回更迭されたのは勤続27年、50前にして局長にまで上り詰めたエリート官僚であり、しかもオフレコの酒席で酔った状態で行った発言であるのに、そこからどう論理を飛躍させたら官僚の自爆テロなんて発想に繋げられるのかサッパリ常人には理解の及ばぬ脈絡の無さ。

 これまた、単に庇いたいから他者を悪人に仕立て上げていますという浅はかさがミエミエで、無い頭を捻ったところで無駄な努力に過ぎない、むしろ一層バカっぷりが露呈しているだけなのに、哀れかな、自分ではそれすら理解できないとくる。

 本気で自爆テロを起こすつもりだったら、そもそもオフレコの、それも酒席でなんてするわけが無いと思いません?

 騒動になったのは琉球新報がオフレコの約定を破り、知る権利を優先した結果であり、他紙はそれに追随する形で報道を始めたのですから、琉球新報がその気になっていなければそもそも問題として取り上げられすらしなかったのに、自爆テロの可能性がどうのとか、言い掛かりの付け方が本当に稚拙ですよね。

 何より凄いのは、自身のブログで一川の乱交発言を知っていながら「致命的なことしてない」という主張に同意をしているってことです。

 小学生を米兵が集団で拉致し、体を拘束した上で集団強姦した事件を乱交呼ばわり…平岡に勝るとも劣らぬ暴言を吐いたのに、致命的ではないとのたまう1974年生まれの37歳…

 もはや存在そのものが致命的ですよね。

 因みに当の沖縄がこの無能どころか害悪なだけの防衛相をどう思っているのか、気になりますよね?

 最も的確かつ簡潔に表していると思えるのが沖縄タイムスのコラム『大弦小弦』(12月5日『政治家の失言について…』)にありましたので、抜粋します。

 「氏自身こそ失言の荷作りを繰り返しているように映る。今や政権のお荷物状態。野党だけでなく、前原誠司政調会長ら身内からも批判が噴き出した。閣僚としてのみならず政治家としての適格性にも疑問符がつく」

 ご覧の通り私と全く同じで、政治家としての適正自体問題であるとの認識なんです。

 前原の名があるように党内からも辞任要求の声があるし、国民新党や共産党は問責に同意、社民党も反対出来ないと述べている上に、名護市長なども一川の辞任を求めており、狂信的な信者や取り巻き連中位しかもはや庇う人間はいません。

 ま、庇う方も居座るほうも揃って無様であり、見苦しいって話です。

 YOMIURI ONLINE『失言辞任、2年で3人…柳田・松本龍氏に続き』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20110910-OYT1T00807.htm

 沖縄タイムス『[大弦小弦]政治家の失言について…』
 http://www.okinawatimes.co.jp/
article/2011-12-05_26904/

 時事ドットコム『一川防衛相問責「反対せず」=福島社民党首』
 http://www.jiji.com/jc/
zc?k=201112/2011120200160
12月06日(火)

違法キャバクラ通いの何処が政治活動? 

1日付けのasahi.comの記事から

政治活動費でキャバクラ・ゴルフ 岩本・農水副大臣団体
2011年12月1日17時19分
 岩本司農林水産副大臣の資金管理団体「岩本つかさ後援会」が2010年に、キャバクラやバーなどの飲食代や、ゴルフのプレー代など総額70万円以上を「政治活動費」として支出していた。岩本氏の事務所は「議員が同席する後援会幹部との懇談のため。不正な支出とは思っていないが、今後は慎重に検討したい」としている。

 収支報告書によると、東京の赤坂や銀座、西麻布などのバーやナイトクラブが多く、支払いは年30回にのぼった。東京・六本木のキャバクラにも3万円を支払っていた。また、沖縄や福岡のゴルフ場のプレー代3回、計5万3450円も支出していた。

 呆れ返りますよねぇ、以前に民主党の議員でキャバクラ支出がバレて叩かれていたというのに、平然と違法ではないからと言い訳をして同じことを繰り返すのですから。

 しかも、この岩本って副大臣の場合、ただのキャバクラ通いの領収書じゃないんです。

 何と、風営法違反容疑で摘発された「違法キャバクラ」が2件も混じっていて、その営業内容と言うのが「ホステスの胸の谷間に客がチップの一万円札を挟み、奪い合わせるなど過激なサービスが売りだった」そうで、政治家も御用達という触れ込みで営業をしていたというのです。

 この朝日の記事と今の情報からも分かるように、この違法キャバクラに通っていたのが副大臣本人であったのはまず間違いが無く、常識や良識に欠け、法に問われなければ何をしても良いと考える傲慢で愚劣な民主党議員の特徴がよく現れています。

 また、性に対する認識の異常さも民主党議員はありますよね。

 前総理だったバ菅にしても不倫をしていましたし、虎退治だのと喚いていた姫井も然り、横峰の変態に至ってはもはや愚か過ぎてどうしようもありませんし。

 それにしても、キャバクラだのゴルフだのって、政治活動に絡めるというか、その名目を付ければ何をしてもいいとでも思っているのでしょうか?

 自民党政治を腐敗だの堕落だのと喚いて批判していた連中が政権を取って僅か2年で、大臣規範破りの1000万円どころか2000万円すら超える大規模パーティだの、汚職や不正、常識欠落の不祥事だのと余りに酷すぎますね。

 しかもこの連中、自分達のことは棚上げして辞める気も解散する気も無いんですから、つくづくとんでもないジョーカーを日本国民は自らの意思で引き当ててしまったものですね。

 MSN産経ニュース『違法キャバクラ、高級ブランド贈答品…センセイたちの奔放な政治活動』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/111201/stt11120109550002-n1.htm
12月05日(月)

強制搬出って…捏造大国には何も施すな 

3日付けの中央日報の記事から

日帝強制搬出図書1200冊、6日ごろ韓国に返還
2011年12月03日08時23分
 朝鮮王室儀軌など日帝強制支配期に日本に強制搬出された韓国の図書1200冊が6日ごろ返還される。

韓国政府の関係者は2日、「日本政府が朝鮮王室儀軌など宮内庁が所蔵する147種1200冊の返還時期を6日に最終調整中」と述べた。

図書は万一の事故に備えて2機の航空便(大韓航空)に分けて輸送されるという。日本は10月、野田佳彦首相の訪韓に合わせて、強制的に搬出した図書のうち3種5冊を返還している。

 まーた、捏造ですよ。

 今度は論拠も無く日本が強制的に持ち出したとか言い出してます

 だから朝鮮人のような下卑た蛮族に施しをするなってんですよね。

 恩を仇で返すことしか出来ないんですから。

 こうまでコケにされても日本の財産を勝手に譲渡してやろうとか、民主党の連中はどれだけ変質的なマゾヒストなんでしょうかねぇ?
12月04日(日)

泥棒に追い銭を与えて何とする? 

3日付けのasahi.comの記事から

緊急時の石油、韓国で備蓄 経産省が計画
2011年12月3日8時42分
 東日本大震災の直後に深刻な石油不足に陥ったことを受け、緊急時用の石油を韓国に備蓄する計画を経済産業省が立てていることが2日分かった。エネルギーの確保は安全保障につながる問題だけに、外国で備蓄するのは異例の試みだ。

 11月に経産省資源エネルギー庁が韓国知識経済省に非公式に申し入れ、了承を得た。具体的な方法は、早ければ年内に話し合いを始める。震災では、東北地方で道路網が寸断され、石油製品の供給が途絶えた。この反省から経産省が備蓄のあり方を見直していた。

 韓国で備蓄するのは、貯蔵施設が少ない日本海側で災害が起きた際に備えるため。施設の多い太平洋側から山を越えて運ぶより、韓国から船を使った方がスムーズに対応できると判断した。韓国南東部の釜山などが候補地となっている。

 災害時には原油ではなく石油製品が必要になるが、現在、国内の備蓄172日分の大部分が原油で、ガソリンや灯油といった石油製品は44日分しかない。このため韓国での備蓄は石油製品を想定している。(古谷祐伸)

 経産省の役人って本当に役立たずのバカ揃いなんですねぇ…

 山を越えるよりは海の方が楽だからと言うのなら、それこそ単に日本海沿岸部で貯蔵施設を作ればいいだけで、わざわざ他国、それもよりにもよって韓国みたいな下種な乞食の国に作る必要性が何処にあるのかと。

 あんなところに作る位なら北海道や九州、或いは四国、対馬で十二分だろと

 元より理屈や常識の通じぬあの蛮族は日本絡みになると特にソレが顕著になるんですから、そんな真似をしたら何をされるか分かったものじゃありませんし、コスト面から見たって非常に無駄としか思えません。

 施設の設営・維持費に加えて土地代だってボラれるのは確実ですし、それ以外にも置いてやるんだからと何がしかの代価を高値で吹っ掛けてくるのも確実ですし。

 被災地での石油不足にしたってバ菅政権による無為無策どころかむしろ足を引っ張ってばかりだったからの結果に過ぎず、震災後も海上輸送ルートそのものは生きていて、そこから陸揚げや或いはヘリなどでの空輸で届けていたのに、何でわざわざ国外に無駄な税金の浪費をしてまで用地を得る必要性があるのか?

 輸送ルートそのものにしても道路がダメなら飛行場を使って輸送機やヘリで必要最低量を輸送し、その間に太平洋側などから油槽船を回せばいいだけで、その程度の移動なんて精々1~2日の差でしかないんですから、それを解消する為というには余りにも無駄とリスクが多すぎます。

 避難所である学校のプールにガソリンを流し込めなんて愚劣な考えを開陳したバカすらいたのが民主党政権ですし、売国命の政党でもあるから、省庁も一層そっちの色にこの2年で染まってきたんですかねぇ?

 どうにも今回の考えもその延長線上の陳腐さを感じますよ。

 大体釜山にってねぇ?

 用地確保が出来るのか、それはどれ程高くつくのか、何よりも安全が確保できて非常時に使えるのかと、全面的に疑問です。

 ましてや韓国なんて戦争中の国の主要都市にそんなものを作ったら、北からの格好の攻撃目標にされかねませんし、戦争再開となれば理屈の通じない韓国によって接収される危険性もある

 当然ながら南北戦争再開となれば日本も攻撃対象にされる危険があり、その場合に使おうと思っても潜水艇が怖くて船が出せません、韓国軍に奪われちゃいました、或いは攻撃されて破壊されちゃいましたじゃ目も当てられません。

 哨戒艇事件や砲撃事件などに加え、食糧事情の相当の悪化など何時本格的に着火してもおかしくないほどにキナ臭いところにわざわざ葱と鍋を背負っていきましょうとか、バカじゃないのと思いません?

 それだったらまだ台湾の南部に作る方が余程安全ですし、信頼も置ける

 例え中国の侵略が始まって、万一接収なんてことになったとしても、それで台湾が防衛されるのなら日本にとってシーレーンの安全が維持されるのですから、非常に安い代価ですし。

 台湾と違って韓国なんぞ助けたところで得るものは全くと言っていいほどありませんしね。

 結局、災害と国外って言うミクロかつ一面的な事情からしか物事を考えていないんでしょうね。

 今ならそれこそ備蓄量増大の重要性を国民に強く認識させられるから、反対運動とかもある程度抑えられるというのに…

 あと、施設そのものが太平洋側に多いというのなら尚の事、日本海側に施設を増やす方が重要だと思うんですけどねぇ?

 特に北海道や九州に集中している反面、本州の日本海側や四国には殆ど施設が無いんですから。

 100~200万kℓ程度の施設を幾つか作るだけで十二分に事態は改善されると思いますし、そうすれば国内備蓄量も200日を越えてかなり安定しますしねぇ?

 何れにせよ、韓国に作るなんてのは泥棒に追い銭を与えるも同然の、下の下策であり、自らバカですと看板背負って歩いているのと同義ですよ。
12月03日(土)

最初から勉強なんてする気無いだろ 

3日付けのasahi.comの記事から

「勉強不足が過ぎる」 前原政調会長、一川防衛相を批判
2011年12月3日12時43分
 民主党の前原誠司政策調査会長は3日、1995年に沖縄で起きた米兵による少女暴行事件について「詳細には知らない」と発言した一川保夫防衛相に対して、「少し勉強不足が過ぎるのではないか」と苦言を呈した。大阪市内で記者団に語った。政権幹部が公然と批判し始めたことで、早期辞任論が一層広がる可能性もある。

 前原氏は、事件について「しっかりと過去の経緯くらいは勉強していただき、それが沖縄県民の気持ちの問題につながっているということも理解いただきたい。そうでないと安全保障、米軍との関係もうまくハンドリングできない」と指摘。そのうえで、一川氏の進退については「任命権者は総理」と語る一方、「出処進退は政治家が自ら決めるもの。人から言われて決めるものでもない」とも述べた。

 自民、公明両党は一川氏に対する問責決議案を提出する方針で、可決される公算が大きい。一川氏は2日、那覇市内での記者会見で「防衛相に与えられている職責を全うしたい」と続投する考えを示したが、民主党内には自発的な辞任を求める声も出ている。

 そりゃ無理ってものです。

 何せ、ド素人であることがシビリアンコントロールだと思っているような正真正銘のバカですもの。

 勉強して専門知識や歴史を学んじゃったらシビリアンコントロールが出来なくなると思っているのに、するわけがないじゃないですか(笑

 というか、一川のバカの場合、そもそも無知蒙昧であることこそが政治家として肝要だと思っているんじゃないかと疑える節がありますからね。

 単なる党員の政治パーティと国賓を招いた宮中晩餐会の優先度すら履き違え、民主党の政策に不信を抱く有権者にはそれなら応援しなくていいと暴言を吐くなど、防衛大臣云々以前に政治家としての適正そのものを著しく欠いているとしか思えません。

 もっとも、そんなクズが政治家になれ、あまつさえ国務大臣にまでのし上がれちゃう日本の衆愚政治そのものが一番の問題なんですけどね。

 それにしても、記事に寄れば「防衛相に与えられている職責を全うしたい」と当人は述べているそうですが、その為の努力は一切していないってのを恥ずかしく思えないんですから、相当な面の皮ですよねぇ?

 局長のクビは一度の失言で何とも軽々しく切り落としたくせに、自分のクビはどれだけ失言や暴言を繰り返そうとも何が何でも繋ぎ止めておきたいってんですから、やっぱり民主党の人間らしい生き意地の汚さです。

 侮蔑感しか込み上げてきませんものね。
12月02日(金)

躾すら不可能なケダモノ 

1日付けの中央日報の記事から

【コラム】‘馬鹿’な 韓国人を教えなければいけないだと?
2011年12月01日15時22分
今年5月、韓米両国の核専門家が小数精鋭討論のためにソウル市内のある大学に集まった。 ある米国人専門家Aが特別に目立った。 驚くほどの識見や誠実な態度で視線を引くのならいいが、それとは正反対だった。

 韓国人出席者が熱弁する間、何度もあくびをしたり、退屈そうに遠くの山を眺めたりした。 有名な米シンクタンク所属の研究員Aはついに隣の米国人同僚にメモを書いて渡した。 その内容を隠そうという最小限のマナーもなかったため、一部の出席者にそのメモが見えた。内容はこうだ。「韓国の専門家たち、やはり馬鹿だ(clueless)」。当時現場にいた複数の出席者が証言した内容だ。

 百歩譲って「clueless」について違う解釈をしようとしたが、英韓辞典に出ている意味は2つしかない。「とても馬鹿な」または「…できない」。どちらも聞く人間にとってうれしいものではない。当時、会議には韓国側から最高レベルの専門家が出席していた。この日の討論テーマは「核安保」だったが、韓国の専門家であるため自然に北朝鮮の核脅威に話が流れた。これを問題のAが「核安保について無知」と感じたのだ。

 研究員のこうした態度は今回が初めてではないという。米国で‘韓国通’といわれるAの口癖は「われわれは韓国人を教えなければいけない」(We have to educate Koreans)」だ。時々「韓国はわれわれ(米国人)が知っている方式の民主主義でない(Korea is not a democracy of the way we know democracy)」という発言もするというのが、ワシントンDC関係者の話だ。

もちろんA研究員1人が米シンクタンク関係者を代表するわけではない。実際にAは中身がなく騒がしいだけの人間に近い。

 核心はこの騒がしい人間を‘米国人専門家’として迎えている韓国内の一部の現実だ。米国の学界関係者は「韓国人はいつも米国人専門家を招請してこそ形になると思っているようだ」と指摘した。米国人専門家が必要ないフォーラムやセミナーにも米国人研究員を呼んでこそ箔が付くと考える傾向がある、という指摘だ。

問題はこうした認識をAのような人たちが悪用するという点だ。外国人の前では東方礼儀之国でなければならないという思い込みまでが重なり、韓国がカモにされるような状況が演出されるという声もある。

 今はもう米国現地専門家の玉石も分ける時代になった。米国人専門家だからといって無条件にもてなすべきではない。 同時通訳がいるフォーラムでも、不便を感じながら英語で話す韓国人をよく見る。しかしバターの発音で天気の話をするよりも、キムチの発音で核心問題を討論するほうがはるかに意味がある。

 少なくともAのような人たちが‘知りもせず’に韓国を見下すような状況をつくるのは避けなければいけない。 お金をかけてまでカモにされる必要はないではないか。

 Aの言動に過ちがあるとしたら、それは韓国人を教えてやれると思っている点でしょう。

 日本は100年前にそれをやって失敗していますし、北朝鮮よりも日本や米国を敵視する国民が多いという現状からも朝鮮人という民族そのものが教育だの躾だのでどうこう出来るレベルにすら至らぬ程度のケダモノである点を見誤っています。

 また、中央日報は韓国を知りもせずに見下しているとAを非難していますが、例えばアメリカ人のデモクラシーと何が違うと言われているのかという確認作業をしてもいない事は文面から簡単に推察できますよね?

 この時点で既に知りもせずに他人を見下しているのがどっちなのかってお話になりますけど、無能な中央日報に変わってアメリカと韓国のデモクラシー、民主主義がどう違うのか見てみましょう。

 まずはデモ。

 民主主義で許される国民の意思表明手段の一つですが、基本的にアメリカは日本同様平和裏に行われ、時折暴力的になって警官隊とぶつかる事があるという程度。

 一方で韓国はと言えば、デモとは暴力を持って暴れまわると言う意味に最初から変換されており、デモが行われると外国人はノイローゼになり、デモの過ぎた後はまるで竜巻にでもあったかのように周辺に甚大な被害が出ます。

 入り口のガラスが割られた、ゴミをぶちまけられたなんてのは当たり前ですし、それに反日が絡めば動物虐殺や日の丸への放火など、より悪質な犯罪行為を当たり前にやり、しかもバッチリやった犯人の顔が新聞に掲載されているのに警察は動かず、法律が形骸化する

 また、韓国の国会では与野党が対立すると直ぐに暴力沙汰へ発展し、それを飛び越えて凶器を持ち出すなんてことも珍しくありません。

 この間もFTAの件で催涙弾が投擲されましたし。

 加えて先日も書きましたように、テロリストを英雄と崇めてもいる。

 こんな有様なんですから、アメリカに限らず、マトモな民主主義国家であればあの蛮族のソレは同名の全く別物だと口を揃えて述べると思いますけどねぇ?

 しかも、暴力、差別が大好き、性犯罪も大好きで海外から嫌われまくっているのに、自分たちのことを「東方礼儀之国」だなんて言っているんですから(爆

 礼儀の国の人が外国人、特に黒人や東南アジアの人間を蔑視して問題化し、自国の新聞に幾度も態度を改めようなんて記事が載ることは普通、有り得ないと思うんですけどねぇ?

 インド人から人種差別で訴えられたりとかも無いでしょうしねぇ?

 連合ニュースの該当記事(ハングル)アドレスを載せるので是非とも見て欲しいのですが、呆れる事に「臭いがする」と韓国人から侮蔑を頻繁に受けていたというのです。

 全身からニンニク臭を漂わせ、それを他人に言われると文字通り火病を起こして大騒ぎする自分達を棚に上げてこういうことを他民族にやっている連中の一体何処が礼儀の国だと言うのか、どの口が言うのかと本当に呆れ果てますよね。

 こんな韓国如きが礼儀の国だって言うのなら、猿の惑星だって礼儀の星と言えるでしょう。

 ま、先程のように終始朝鮮人というケダモノは自らの愚劣振りが理解できず、むしろ自分達こそスタンダードであり、それを認めない人間は愚かだという狂った認識を持っているわけです。

 己を知らず、世界も知らぬ矮小な愚か者に、付ける薬はありません。

 聨合ニュース『<사람들> 인종차별 공론화한 후세인 씨』
 http://www.yonhapnews.co.kr/
bulletin/2009/07/28/0200000000
AKR20090728112100069.HTML
12月01日(木)

二枚舌、ド外道のクズ集団 

文字色30日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

朝食会で978万収入…大畠氏、経産相在任中に
 大畠章宏衆院憲法審査会会長(茨城5区)の資金管理団体が、経産相在任中の昨年12月7日、東京都内のホテルで開催した朝食会で978万円の収入を得ていたことが2010年分の政治資金収支報告書でわかった。

 「大臣規範」は大規模な政治資金パーティーの開催自粛を求めているが、大畠氏の事務所は「大臣になる以前から毎年パーティーを開いており、大臣規範を考慮して朝食勉強会に切り替えた。問題ないと考えている」としている。

 報告書によると、資金管理団体「地球エネルギー環境経済研究会」が政治経済セミナー朝食会を開き、大畠氏の国政報告会を実施。200人を超える参加者が集まった。
(2011年11月30日21時31分 読売新聞)

 何だこの馬鹿げた規模の違反行為は!

 そう思った貴方は、まだまだ民主党というクズ集団を甘く見ています。

 2010年の在任中に1回当たりの収入が1000万円を超える政治資金パーティを開いた民主党政権の閣僚は何と9名もおり、その内の3名に至っては2000万円をも超えている

 特にトップの前原なんて「まえはら誠司東京後援会」が10年5月19日に都内のホテルで開催したパーティーにおいて1373人から2743万円を集めていたというのです。

 かつて記したように、民主党は額賀財務大臣が開催した700人、1400万円の政治資金パーティを「大規模なパーティ」であり、「大臣規範に違反する」との認識を国会で示して追求していましたが、自分達が与党になり、閣僚となるや平然と自らが宣言した大臣規範違反の規模を逸脱するパーティを当たり前に誰も彼もが開催して金集めに奔走し、必要な事だからだの、前々から決まっていたからだのと愚にもつかぬ言い訳を弄して抵触しないんだと正当化しているのです。

 人数、金額がほぼ倍という、大規模どころか超大規模なパーティなのに、何で民主党内から今度は批判の声が上がらないんですかねぇ?

 まったく相反する態度を平然と示して恥じ入らないダブルスタンダード。

 これこそが詐欺師集団の真骨頂だと言わんがばかりの態度は実に卑劣です。

 無論、それは野豚政権に変わったからといって改善などされるわけも無く、今後予定している人間6名を含めると野豚政権で政治資金パーティを開いた、及び開く予定の人間は全部で16名に上るのです。

 加えて、マニフェストで誓っていた企業・団体献金も辞めるどころか政府・与党という立場を利用してがぽりと懐に納めているんですよね、民主党って。

 閣僚16人のうち12人が代表を務める政党支部で受け取っていた事が明らかになっている上に8月の代表選を戦った5人の候補のうち野豚を含む4人が昨年、企業や団体から計1800万円以上の献金を受け取っていたと。

 ま、口約束同然の最初から守る気が無いマニフェストなんてものを未だに信じているバカが国民の中にどれほどいるのかは知りませんけど、コイツらって一から十まですべてが嘘っぱちですよねぇ…

 いやはや、ド外道のクズ集団ですよね、ホント。

 asahi.com『大臣ら9議員、在任中にパーティー=前原氏ら3氏1回2000万円超-収支報告書』
 http://www.asahi.com/politics/
jiji/JJT201111300095.html

 時事ドットコム『代表選候補4人が企業献金=野田首相も、党方針に逆行-収支報告書』
 http://www.jiji.com/jc/zc?key=
%c2%e5%c9%bd%c1%aa%b8%f5%ca%e44%
bf%cd%a4%ac%b4%eb%b6%c8%b8%a5%b6
%e2&k=201111/2011113000794

 MSN産経ニュース『政党支部で企業団体献金 輿石幹事長「マニフェストと矛盾していない」』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/111130/stt11113018220010-n1.htm
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果