徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月30日(土)

有害売国外交の結果 

28日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

空自の緊急発進386回…中国機は2・5倍に
 防衛省は28日、2010年度に日本領空に接近する外国機に対して航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した回数が前年度比29%増の386回に上ったと発表した。

 過去20年間では、1991年度の488回に次ぐ多さだった。特に、中国機は前年度の約2・5倍の96回、ロシア機が3割増の264回と活発化した。

 同省統合幕僚監部によると、全体の割合では、ロシア機68%、中国機25%、台湾機2%(7回)、その他5%(19回)だった。前年度8回あった北朝鮮機はゼロだった。いずれも領空侵犯そのものはなかった。

 中国機は、軍用機が日中中間線を越え沖縄県の尖閣諸島に初めて接近。今年3月2日のケースで、Y8哨戒機とY8情報収集機各1機が東シナ海上空を南西諸島の方向に飛行し空自戦闘機が緊急発進した。2機は日本領空に約50キロまで近づいた。ロシア機は、3月21日に戦闘機スホイ27と電子戦機AN12の各1機が日本海上空で領空に接近した。
(2011年4月28日20時23分 読売新聞)

 スクランブル発信回数が386回ですから、ロシア機に対するスクランブルは3日間に2度以上のペースでかかっている計算です。

 中国機に対するものも百回弱ですから、3日に1度近いペースであり、マトモな友好国のやることじゃありませんよね?

 特にロシア機は記事最後にもあるように、大震災直後にも繰り返しの接近を図って救援活動の妨害をしていますし。

 それと謎なのはその他5%って何だよと。

 台湾と北朝鮮については回数が示されている以上、近隣国であと名前が挙がっていないのって、フィリピンと韓国、そして同盟国のアメリカ位ですよねぇ?

 もっとも、フィリピンは日本まで届くような足の長い軍用機を持っているとは思えませんし、距離がありすぎてやる意味も無いので、まず除外していいでしょう。

 となると、あとは韓国とアメリカであり、キチンと記せるはずなのになんでその他なんでしょうかね?

 特に韓国なんて私の友人の自衛隊員が実際に空軍戦闘機から撃墜するとの恫喝を受けるなど非常に攻撃的な真似をされており、野蛮さにかけては東洋随一と言えるレベルなんです。

 もっとも、操縦技術や整備技術のお粗末さでも北と並んで随一のレベルですが(笑)

 あそこまで毎年何件もの戦闘機による墜落事故が起きる国なんて韓国位のものでしょう。

 とまぁ、そんな野人の国が丸っきりしていないとは思えないんですが、何故か韓国に関しては数字を昔から公表しないんですよね。

 何れにせよ、今回の公表は2010年度のもの、つまりは民主党政権に完全になってからの1年間の記録であり、友愛だの配慮だのと売国外交をやった結果の数値として3割ものスクランブル増加なのです。

 民主党政権の外交方針が完全に腐っており、日本にとって害悪でしかない事を示す何よりの証拠と言えると思いませんか?

 侵略によって奪われた竹島を不法占拠と言うのさえ拒絶し、領海で不法行為を働かれても処罰一つせずにチャーター機で送り返し、ロシアの閣僚による北方領土訪問を阻止できないどころか情報収集すら満足に出来ない。

 こうも無能な上に弱腰とあれば強欲な周辺国が頭に乗るのも当然だと思いませんか?

 おまけに外国には卑屈なくせに、国内では権力の座にあるのをいいことに反省など一切せずに問い詰められても強弁をすると、見事なまでに内弁慶外地蔵ですし。

 日本もこのままでは、かつての清王朝みたいにいい様に蚕食されて滅んでいく事でしょうね…
スポンサーサイト
04月29日(金)

過去最大規模の情報流出とその対応の不手際 

28日付けのMSN産経ニュースの記事から

ソニー、賠償2兆円超える可能性も 次期トップ争いに大きな影響
2011.4.28 21:16
 ソニーのゲーム機「プレイステーション3」(PS3)などに向けて展開するネットワークが不正侵入とみられるサイバー攻撃を受け、世界で最大7700万人分の個人情報が流出した問題は、同社の将来に大きな暗雲となって広がりそうだ。「史上最悪の情報流出」(ウォールストリート・ジャーナル紙)の代償は2兆円を超えるとの指摘もある。経営責任への追及も避けられず、同社は未曾有の危機に直面している。(夕刊フジ)

 流出した情報は氏名、住所、メールアドレス、誕生日、パスワードなど。同社ではクレジットカードの番号や有効期限日が漏れた可能性も「排除できない」とし、クレジットカードの使用履歴について「定期的に確認してほしい」などと注意を呼びかけている。

 日本の登録者は約900万人で、日本企業の情報流出としては過去最大。賠償額も巨額になりそうだ。

 IT犯罪に詳しい紀藤正樹弁護士は、「損害賠償額は、漏れ出た情報の質によって変わる。住所や電話番号、カードナンバーといった基本情報だけなら1人あたり5000円から1万円程度だが、漏洩した内容に個人の名誉にかかわるような情報が含まれていれば、金額は跳ね上がる」と説明。「日本の美容関連企業のケースでは、1人あたり3万円の支払いを命じられた。これをソニーに当てはめれば2兆円を超える賠償がのしかかる可能性もある」と指摘する。

 被害者の中には米国人も多い。“訴訟国家”米国での訴えはさらに巨額になりそうな気がするが、「個人の情報漏洩に関する損害賠償請求は、米国ではあまり行われていない」と紀藤氏。ただ、仮に賠償を求められなくても、謝罪を含めた事後処理費用は、単純計算で登録者1人あたり「5000円は下らない」(IT関係者)。

 この金額をもとにした計算でも4000億円近くが“持ち出し”になる。

 また、ITジャーナリストの井上トシユキ氏は「オンラインの停止で、(利用者が)仮想通貨を使用したオンラインゲームのデータセーブに失敗した場合、損害を請求される恐れもある」といい、別の賠償を起こされる可能性もあるという。

 事業への影響も計り知れない。ゲーム機やテレビ、携帯端末などのハードをネットでつなぎ、映画や音楽、ゲームなどのコンテンツを配信するビジネスは、ソニーがいま最も力を入れている戦略だ。

 このビジネスを主導し、次期社長候補の筆頭に上りつめたのが平井一夫副社長(50)。同様の手法で先行する米アップルへの対抗策として、ネット戦略を拡大させようとした矢先に個人情報流出が起きた。消費者の信頼は大きく失墜し、事業プランの抜本的な見直しを迫られる。

 さらに深刻なのは情報開示に対する同社の「姿勢」。同社はプレイステーション・ネットワークを21日から停止していたが、その理由を「システム障害」とだけ説明していた。27日になって情報流出を発表したのも、「26日に、アップルのiPad(アイパッド)に対抗するタブレット端末の新商品発表があった。その発表が終わるのを待っていたのではないか」(ITジャーナリスト)との声がある。ユーザーの安全より自社の都合を優先した、との見方だ。

 いずれにしても、「事態の収束が長引けば次期トップ争いに大きな影響が出てくる」(同)。ソニーはこの危機をどう乗り切るのか。

 5000円…

 馬鹿げた話ですけど、それでも支払うとソニーが言うのならならまだマシな方ですよ。

 KDDIによる流出事件などでは支払いなんてありませんでしたからねぇ。

 要求した顧客に対しては番号の変更を無料で行うとかそんなだったと思いますよ、確か。

 まぁ、何にしても今回の対応の悪さは最低最悪ですね。

 赤坂にある会社は見事に静まり返って出入りする人の姿も見かけませんでしたけど、まさか民主党がこれだけ情報の隠蔽や対応の稚拙・遅延で非難されている最中に、日本の大企業が丸っきり同じことをやってしまったのですから、正直、弁解を今更幾ら重ねても遅きに失しており、無意味でしょうね。

 ただでさえネットワークを利用した阿漕な商売を展開してボロ儲けをしていたのですから。

 特定のゲーム内でのみ利用できるアイテムをダウンロードしようとすると、それ1個につき幾らですというMMOOPGなどのようなシステムを最近では当たり前にやっており、その金額が実に馬鹿げているんです。

 例えばPSPで発売されている『アイドルマスターSP』という3種類(ワンダリングスター、ミッシングムーン、パーフェクトサン)のゲームがあるのですが、友人が持っていたその課金アイテムの紹介が掲載されたゲーム雑誌を見てびっくり。

 アイドルの衣装が1個1000円、新曲がキャラクター毎に150円、アクセサリーが1個200円とそんな感じで、しかもそんなカタログが18回分も載っていたんです。

 PSPのゲームなんて普通定価で買っても6000円位ですから、全号の衣装を買っていればそれだけでゲーム3種類全て買うのと同額であり、衣装なども購入していれば総額幾らになるのか…

 そんな事をPSPのみならずPS3などでもやっているんですよね、現在のソニーって。

 ネットワークゲームみたいに常にサーバを動かし続け、バージョンアップをさせ続けねばいけないゲームなら兎も角、ロムデータを売るだけのゲームでそこまで露骨な金儲けは正直どうなのかと。

 しかもまぁ、無料のダウンロードでも利用には個人情報の登録が必要だし。

 おかげでモンハンのゲームクエストのダウンロードなど無料のものしか購入した事がない私も今回の情報漏洩で被害に遭いましたよ。

 で、その通知メールが『【重要なお知らせ】“PlayStation Network”/“Qriocity”をご利用の皆様へのお詫びとお願い』と題して送られてきたのですが、本文最初に「【重要なお知らせ】2011年4月27日“PlayStation Network”/“Qriocity”をご利用の皆様へのお詫びとお願い」と記しておきながらメールの到着日時は4月28日18:56であり、何だコリャとクエスチョンマークを浮かべながら送信日時をチェックすると28日16:40とある…

 馬鹿にしているのかと。

 不正アクセスがあったのが4月17~19日にかけて、障害発生と記しているのが21日、お知らせの雛形を作ったのがメールに記されているように27日で、実際に送られたのが28日の夕方なのですから、情報漏洩に対して如何に対応がルーズであったか分かるでしょう。

 メールには「障害が継続しており」なんて記されていますが、記事にもあるように21日にはネットワークそのものを停止させており、苦情も17日の段階から入っていたのですから、何も把握していなかったとは思えませんし、仮に21日の段階から見ても利用者への説明とクレジット不正利用などに関する注意の連絡が1週間も経ってからというのは余りにも遅すぎます

 それにしてもソニーは、自国の無能な詐欺師どもが情報の隠蔽工作や対応の不手際を晒してどれだけ非難を受けているのか理解できなかったんですかねぇ?

 記事にあるようにタブレット端末の発表だの次期トップ争いだのとクダラナイ事で対応が悪くなっているのなら、最悪ですね。

 いずれにしても、どうしたもんですかねぇ…
04月28日(木)

目指せ刑務所送り 

27日付けのasahi.comの記事から

「小沢氏側に裏金1億円」場面再現 ゼネコン元社長証言
2011年4月27日11時48分
 小沢一郎・民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件の公判で、中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)の元幹部への証人尋問が27日、東京地裁で始まった。川村尚元社長(53)が出廷し、公共工事受注への謝礼として小沢氏の元秘書で衆院議員の石川知裕被告(37)=政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で起訴=らに、5千万円ずつ2回に分けて計1億円の裏金を渡したと証言した。

 川村元社長は東京地検特捜部の捜査にも同じ内容を供述して調書が作成されており、検察側が今年2月の初公判で冒頭陳述として主張した内容に沿った証言となった。一方の石川議員らは、捜査段階から一貫して裏金の授受を全面的に否定している。

 検察側の質問に答えた川村元社長の証言によると、2004年9月に元秘書の大久保隆規被告(49)=同罪で起訴=と議員会館の事務所で2人きりになった際、小沢氏の地元の「胆沢(いさわ)ダム」(岩手県奥州市)工事を下請け受注するための条件として、「本体工事の(元請け)ゼネコンが決まった後に5千万円、岩石採取工事のゼネコンが決まった後に5千万円を納めて頂きたい」と要求された。その後の同年10月15日に大久保元秘書から代理として指定された石川議員に5千万円を、さらに05年4月中旬に大久保元秘書に5千万円を、それぞれ東京・赤坂のホテルで渡したという。

 石川議員に渡した際には、ロビーのソファで「大久保さんにお渡しください」と言い、「極力目立たないように紙袋をスライドさせた」という。

 川村元社長は小沢氏の事務所について「力が強く、我々下請け業者は施工実績があっても反対されると参入できないと聞いていた。それを阻止するために、事務所の方々に営業活動をした」とも証言。営業の対象は大久保元秘書で、03年11月に事務所を初めて訪れて胆沢ダムの受注を依頼した際には、「同業者よりも(あいさつが)遅い」と怒られたという。その後、お歳暮として松阪牛と現金100万円を渡したり、東京・向島の料亭で4、5回接待したりして関係を築いたという。

 石川議員らは、陸山会が04年10月29日に約3億5千万円で購入した土地について、購入原資となった小沢氏からの借入金4億円を04年分の収支報告書に記載せず、土地代金の支出も05年分にずらして記載したとして起訴された。検察側は、土地購入を実態通りに記載すると、同時期に受け取った裏金との関連が疑われることを恐れて虚偽の記載をしたと、事件の構図を描いている。

 ま、ドラマじゃあるまいし、議員へ直接渡すなんてのは流石に無いですよねぇ、そりゃ。

 ましてあの用心深い小沢じゃ、直接の関与をするなんて有り得ませんよね。

 やつの直接関与が明らかに出来れば公職追放ではなく、刑務所送りに出来るんですけどねぇ。

 とはいえ、今回の証言は非常に重要です。

 秘書が変わろうとも贈賄行為が小沢の下で続いていた事、そしてそれが巨額に上っている事は今回の証言でハッキリしました。

 しかも、「同業者よりも(あいさつが)遅い」なんて言われたという話がある以上、恒常的に入札への関与を行い、私服を肥やしていた事、複数の業者から贈賄を行っていた事もわかりますし、それ以外にも100万円を渡した話や接待を繰り返し行っていた話などからも、相当に腹黒い事を当然の事としてやっていたのが伺えます。

 秘書個人による議員の名や地位を利用した犯罪でないこともこの証言からわかりますし。

 この証言に関して、その向島の料亭への調査や、お歳暮の購入履歴など裏づけはどうなんでしょうかね?

 証拠の隠蔽、処分、捏造をやるような小沢の側には残っていなくても、そういったところには何がしかのものがあるんじゃないでしょうか?

 不正記載だけじゃ罪として余りにも軽すぎますから、何としても検察には違法な贈賄に関して暴ききってもらいたいものです。
04月27日(水)

無責任の権化が述べる「己を捨てる覚悟」 

26日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

鳩山・山岡氏ら「菅降ろし」勉強会、60人出席
 民主党の鳩山前首相、山岡賢次副代表ら菅政権に批判的な同党議員が26日午前、東日本大震災への政権の対応を検証することなどを目的とした勉強会「震災に対応できる連立政権に向けた総調和の会」を発足させ、国会内で初会合を開いた。

 党内では「倒閣目的の会」(幹部)との見方が強く、党内の「菅降ろし」がいよいよ公然化した。

 初会合には、原口一博前総務相、松野頼久元官房副長官、松木謙公前農林水産政務官ら小沢一郎元代表に近い議員を中心に約60人が出席。鳩山氏も出席し、顧問に就任した。

 会を主導する山岡氏は冒頭あいさつで、統一地方選での敗北に関し、「両院議員総会を開き、議員による真摯(しんし)な総括を行い、党を立て直していくべきだ」と述べ、執行部の責任を追及する両院議員総会の開催を求める考えを強調。会合では、開催に必要な党所属議員の3分の1以上の署名集めを急ぐ方針を確認した。鳩山氏は「己を捨てる覚悟を持った集団をつくりたい」とあいさつし、まとまって行動するよう呼びかけた。
(2011年4月26日11時59分 読売新聞)

 この状況でも醜い権力闘争による内部分裂にご執心なんですから、ホント、クズの寄せ集め集団は伊達じゃありませんね。

 このご時勢に小沢シンパの嘘吐きの寄り合いとは、よくやるものです。

 嘘吐きの代表格である原口や小沢の腰巾着である山岡、脱税の黒鳩らが中核というのですから、見事に民主党というクズ集団の中でも特に最低最悪な部類の掃き溜めが集まっているようですね。

 にしてもまぁ、「己を捨てる覚悟を持った集団をつくりたい」って…

 己可愛さに脱税の罪を全て秘書に押し付けて自分は一切責任を取らず、それどころか還付された金は全てそのまま己のポケットへと仕舞い込み、総理大臣としての職責も僅か8ヶ月で放り捨てて責任と自らが拗らせた種々の問題を後任に押し付けて知らぬ存ぜぬを貫いているクズが今更何をほざいているんでしょ?

 別に今の時代に宇垣纏や大西瀧治郎、阿南惟幾らを真似ろ(終戦前後にその責任を取って自殺や特攻をして死亡している)とまではいいませんけど、黒鳩の場合は富永恭次と同類(特攻隊の指揮官でありながら、米軍がフィリピンに迫ると軍命を無視して台湾に逃亡した)ですからね。

 因みにこの富永恭次は、「東條英機の腰巾着」と呼ばれており、まさにその虎の威を借る小物っぷりは山岡のクズも似ていると言えるでしょう。

 何れにせよ、万事に嘘をつき続けたルーピーが今更述べる「己を捨てる覚悟」

 これほど薄っぺらで信憑性絶無な言葉もありませんね。

 マスメディアには集まったバカどもがこれをどんな気持ちで聞いていたのか、是非とも確認して欲しかったですね。
04月26日(火)

差別大国韓国の言い掛かり 

22日付けのMSN産経ニュースの記事から

【コラム】孫正義が日本の首相になる日
2011/04/24 12:00:57
 日本で発生した地震と津波による悲劇は、逆説的ではあるが孫正義(ソフトバンク社長)という新たなスターを生んだ。メディアさえも十分に実像を伝えない日本独特の「沈黙カルテル」の中で、孫氏は直接的な表現で堂々と政府の無能さを指摘し、官僚主義を攻撃した。さまざまな壁に立ち向かう孫氏の姿に、日本の国民は熱狂した。(中略)

 だが、現実的に考えて「孫正義首相」というのは空想の話にすぎない。本人に政界進出の意思があるかどうかは別として、日本の政治・社会の構造を考えれば無理なことなのだ。日本は世界でもまれに見る閉鎖社会だ。グローバル時代になっても「純血主義」にこだわる日本社会が、韓国系の人間に権力を譲るなど、想像することさえ困難だ。

 在日韓国人に対する日本社会の拒否反応は、想像以上に根強いものがある。孫氏も幼少時代、石を投げられるなどして差別を受けた記憶があるという。在日3世の孫氏は、35歳で日本国籍を取得するまで韓国国籍を保有し、現在でも韓国の姓を名乗り続けている。

 日本での韓国系の活躍は、今に始まったことではない。かつては力道山や張本勲(韓国名・張勲〈チャン・フン〉)などの英雄がスポーツ界で活躍した。現在でもロッテグループ会長の重光武雄氏(韓国名・.辛格浩〈シン・ギョクホ〉)や「パチンコ王」ことマルハン会長の韓昌祐(ハン・チャンウ)氏、東京大教授の姜尚中(カン・サンジュン)氏、作家の柳美里氏など、多くの韓国系が日本でが活躍している。芸能界やスポーツ界は、韓国系の活躍がなければ成り立たないといわれるほどだ。

 だが、実力以上に家柄や出身地などが重要な政界だけは、韓国系の進出の道がぴたりと閉ざされている。唯一の例外は、1990年代に活躍した在日韓国人2世の故・新井将敬氏ぐらいだ。新井氏は政治家として将来を期待されていたが、選挙のたびに「朝鮮人」と中傷され続けた。新井氏は結局、違法な株取引をめぐる捜査中に自殺するという悲劇的な結末を選択した。まだまだ働き盛りの50歳だった。

 日本の政治は、派閥の力学によって舞台裏で権力が決まるシステムだ。国民からどんなに強く支持されても、多数派から推薦されなければ首相になることはできない。孫氏のように政界以外で権力を築き上げてきた外部の人間は、入り込む余地がないのだ。孫氏本人が政治に関心を示したことは一度もない。ただ、孫氏の目標がカネではないことは明らかなようだ。孫氏は4年前、記者とのインタビューで「富は道具にすぎない」と話していた。(中略)

 米国では黒人の大統領が誕生した。日本ではいつごろ韓国系の首相が誕生するだろうか。今の日本はこの質問に対する答えを出せない。このため、日本が「真のリーダー不在」という危機を克服する日は、遠い先のことにしか思えない。

朴正薫(パク・チョンフン)記事企画エディター

 世界で最も差別主義が根強く、反日意識もずば抜けている民族に、閉鎖社会だの拒絶反応が根強いだのと言われてもねぇ?

 偉そうな事をほざいてますけど、そもそも韓国に日本のような○○系議員ってどの位、いや、そもそも存在するのでしょうかねぇ?

 「グローバル時代になっても「純血主義」にこだわる日本社会」なんだそうですけど、じゃあ今大臣やってる蓮舫ってバカ女はなんなんでしょう?

 朝鮮ではなく台湾ですけど、帰化して日本人になって選挙権を得て、大臣にまでなっているんですけどねぇ?

 おまけに「純血主義」とやらに拘っているはずの日本で行われ選挙で、それも首都東京でぶっちぎりの一位で当選していましたが??

 「芸能界やスポーツ界は、韓国系の活躍がなければ成り立たないといわれるほどだ」…はい、毎度の誇張というか誇大妄想ですね。

 その程度の面々がいなくても問題なく成り立ちますよ。

 確かに姜尚中の本は何処が面白いのかサッパリ分からないし、ものによっては嘘の羅列で低俗すぎて呆れ果てる内容ですが、それなりによく売れていますけど、村上春樹などに比べれば全然大したことはありませんし、柳美里なんてとっくに枯れ果てた輩や力道山や張本勲みたいなもはやいない人間や引退した人間を例に挙げてそんな事を言われても説得力がカケラもありませんね。

 「実力以上に家柄や出身地などが重要な政界だけは、韓国系の進出の道がぴたりと閉ざされている」と言って、唯一の例外は新井将敬ぐらいだとか書いてますけど…白眞勲はじゃあ何処の出身者なの?

 元朝鮮日報日本支社長にして元韓国籍保持者だった参院議員殿を無視とは、流石過ぎます。

 第一、小沢や黒鳩、岡田は兎も角、総理大臣のバ管や前外務大臣にして元党代表でもある前原の家柄や出身地ってそんなに誇れるような素晴らしいものでしたっけ?

 それに白眞勲はバ管が抜擢した人間なのですから、派閥の力学云々で語るなら主流派の総理大臣に近しい人間という事になりますよねぇ?

 おまけに出身地で言うのなら白眞勲は東京の、それも新宿出身です。

 更に加えて言うなら2代前の麻生元総理にしたって派閥云々で言ったら総理大臣にはなれるわけは無かった。

 ここまで見て分かるように、朝鮮人らしく朝鮮日報の記事の内容は嘘と言い掛かりのオンパレードで、何処にも本当がありません。

 おまけに米国で黒人の大統領が誕生したんだからと、全然筋の違う話を持ち出すのもお約束。

 元々アメリカ生まれのアメリカ人であり、正確には黒人とも言えないオバマ大統領の件が、どうして他国籍からの帰化者が日本で国のトップになれるかという話と同一になるのか?

 まずは人に偉そうな事をほざく前に、韓国で○○系人の大統領なり首相なりを誕生させてみろと思いません?

 そんなクダラナイ理由で「真のリーダー不在」という危機を克服出来ないと言うのなら、むしろ朝鮮人こそ未来永劫そんなものは無理だろって話ですよね。

 少なくとも、新井将敬や白眞勲と言った朝鮮日報が記すところの韓国人に対して想像以上に根強い拒否反応を示す日本であっても法的に問題が無ければちゃんと国会議員になれるし、蓮舫のように帰化した人間であっても大臣にまでなれていますけど、韓国では日系人の大臣どころか議員だって存在しませんものね。

 それに拒絶反応とか言ってますけど、そもそも何で日本で、いや、日本に限らず世界中で朝鮮人が拒否されるのかを考えもしないで日本が悪いみたいな言い掛かりを付けているから、朝鮮人は何時まで経っても世界中の嫌われ者なんですよ。

 連中の場合、強盗団や売春婦の海外輸出、グリーンカード欲しさに子供が生まれる寸前でアメリカに妊婦を送り込んだり、移民してもその国へ溶け込もうとしないで問題ばかり起こし、相手が既に帰化していても何か良い事をすればあれは朝鮮人だと称え、逆に犯罪を犯せば関係ないとそっぽを向く卑劣さなどなど、マナーやモラルの無さが全部自分達に跳ね返ってきているだけですから。

 中東やアフリカではエコノミックアニマルと今時言われて嫌われ、オーストラリアやアメリカなどでは犯罪輸出国として嫌われ、東南アジアでは売春ツアーや妻にした女性を奴隷扱いする性差別主義者として嫌われ、欧州ではマナーやモラルがないと入店を断られる始末…

 朝鮮人の醜悪な差別意識についてこれまで幾度も自ら記事を掲載してきた朝鮮日報が、自らを棚に上げてこんな記事を掲載しているのですから、本当に朝鮮人ってのは程度が低くて嫌になります。

 最後にその一部を紹介しますが、朝鮮日報は1週間以上前の記事は会員登録をしないと見れないので注意を。

 朝鮮日報『「北で人権問題改善されず、韓国では外国人差別」』
 http://www.chosunonline.com/
news/20110411000044

 同『【萬物相】外国人エイズ患者追放』
 http://www.chosunonline.com/
news/20101117000040

 同『日本人ジャーナリスト、伊藤順子さん「ハーレムより怖い韓国」』
 http://www.chosunonline.com/
news/20011017000037

 同『【社説】「外国人侮辱」で初の起訴、偏見なくす契機に』
 http://www.chosunonline.com/
news/20090907000030

 同『【社説】「黒人? 黒人はダメです」』
 http://www.chosunonline.com/
news/20080821000041

 (2011年4月26日23:40 一部文章修正)
04月25日(月)

風評被害発生マシーン民主党 

22日付けのMSN産経ニュースの記事から

蓮舫氏、原発賠償で電気料金引き上げに一転、容認姿勢も
2011.4.22 11:09
 蓮舫節電啓発担当相は22日午前の記者会見で、東京電力福島第1原発事故の賠償問題で電気料金引き上げによる財源確保が取り沙汰されていることについて、「料金をどのようにしていくのか節電とのインセンティブという形で示すのが筋ではないか」と述べ、容認する姿勢を示した。

 蓮舫氏は値上げ議論について「まず東京電力が自ら最大限努力し、その先に財源が徹底的に足りないということであれば(いい)」と指摘した。蓮舫氏はこれまで「節電も我慢していただいている。電力料金を上げる話はあってならない」との考えを示してきた。

 一方、政府が今夏の電力不足に向けて打ち出した電力使用の削減目標を引き下げる検討をしていることには「目標値を下げることは望ましい」と述べた。

 現在流言飛語への対処を要請している民主党政権ですが、他ならぬ流言飛語、デマによる風評被害を広げている最大の輩が政府や民主党そのものなんですから、まずは自分達の言動に対して責任を取れよと。

 まずはこのバカ女代表、蓮舫。

 コロッコロ言ってる事が引っくり返るバカの見本としか言いようの無い輩で、震災以後のバカ発言については幾度も取り上げていますので今更詳細は記しませんが、このようにそれまでと相反する発言を当たり前にやってのけ、政府の主張から信憑性を奪う為に日夜弛まぬ努力を続けるクズです。

 ま、トップのバ管が誰よりも救いようの無い風評被害発生マシーンですね。

 ぶら下がりなどを拒絶して喋らないで逃げ回るくせに、日本が潰れるだの10年、20年住めないだのと口を開けば風評被害を招く暴言を乱発しています。

 おまけに民間には風評被害への対応を命じながら、自らは脳内妄想を垂れ流して首相の言葉を捏造したんだと責任を押し付けた参与の松本を罷免どころか処罰一つせずに放置しているのですから、つくづくリーダーシップや信頼感など絶無の輩です。

 で、今度は民主党議員の梶川ゆきことやらが何処のオカルト記事を読んだのかは知りませんが、東日本大震災は人工地震だと喚きだしました

 「「人工地震」でネット検索をかければ、実証データがでてきます」などと本人は記していますが、実際に出てくるのはそっちの知識がろくに無い人間が見ても胡散臭いと簡単に分かるこじつけ論ばかり。

 アメリカの陰謀論だのユダヤ人の陰謀論だのとまぁ、稚拙な上にステレオタイプ過ぎて話になりません。

 何より、どうやってそれを引き起こしたのかが何も書かれていないんですよねぇ。

 まさか爆発に関する情報を一切検知出来ない核爆弾を海底数10キロの地中で爆発させましたとでも言うのでしょうか?

 ま、中にはフィラデルフィア・エクスペリメントに比肩する戦時中の米軍の超科学系トンデモ計画を持ち出したりしている始末で、具体性は絶無です。

 そもそも核爆発などでの地震誘発であればその不自然な振動を海底の地震計が探知していますよ。

 加えて、三陸沖の地震は調べてみると実はその2日前、3月9日の11時45分に起こったM7.2の地震に端を発しているのです。

 この後、M4.6~6.6という規模の地震が数分から数十分程度の非常に短い間隔で三陸沖で頻発し続けるのですが、3月10日の20時30分におきたM4.5以降、急にペースが落ちます。

 11日へと変わって6時50分にM4.5といきなり8時間も開いたと思ったら7時44分にM4.8がおき、そして再び7時間の間を経て、あの14時46分の地震が発生します。

 つまり、2日前の地震から異変は起こっていたのであり、3月11日の地震を人工的に起こしたという主張がそもそも歪なんですよ。

 おまけに「今、日本は戦時下の非常事態にあることを認識すべき」だのとほざきながら、政府与党として非常事態宣言も出さなければ対応する為の立法も一切やらないという自分達の認識不足や血王の不備は平然と棚に上げていますし

 やっているのは相変わらず意味の無い会議をあっちこっちで、というだけじゃありませんか。

 それにしても、今時気象兵器の類を持ち出すなんてハリウッドの映画やコーエーのゲームじゃあるまいし、チープすぎます。

 あぁ、そういえば9・11テロの時もアメリカの自演説を騒いでいましたっけ、民主党って

 どうやら詐欺師なんじゃなく、真性の毒電波受発信機みたいですね、民主党の人間って。

 黒鳩も考えてみればよく謎の怪電波を受信してわけの分からぬ妄想を垂れ流してましたし。

 そりゃあ一貫性や責任なんて求められるわけがないですよねぇ、皆揃って精神を病んでいるんじゃ。

 いやはや、こんな精神異常者どもによくも投票した人間が大勢いたものだと、心底呆れちゃいますね。
04月24日(日)

中学からやり直せ 

22日付けのMSN産経ニュースの記事から

「日独決議は事実誤認」平沼氏代表の日本会議が本会議の採択退席を呼びかけ
2011.4.22 13:02
 日本とドイツの交流開始150年を記念した「日独友好関係の増進に関する決議」に対し、「日本会議国会議員懇談会」(会長・平沼赳夫たちあがれ日本代表)が、同会に賛同する衆院議員に対し、本会議退席を呼びかけていることが22日、分かった。

 決議では日本とドイツの両国が「1940(昭和15)年に同盟国になってから各国と戦争状態に入り、多大な迷惑をかけた」とある。同懇談会では、両国の友好増進にそうした過去の歴史認識は必要なく、「むしろ、東日本大震災でのドイツの災害支援に謝意の文言がひと言もないことが異常だ」と主張。先の大戦に突入した時期についても、ドイツは実際には1939年のポーランド侵攻から戦争を始めたという事実と食い違いがあると指摘している。

 同決議は22日午後1時に始まる衆院本会議で採択される見通し。

 朝鮮人じゃあるまいし、歴史の捏造を国会でやってのけるって…

 第二次世界大戦の勃発がドイツのポーランド侵攻に端を発するものである事、そしてそれが1939年の出来事である事はそれこそ中学の歴史教科書にだって記されている話なのに高学歴が当たり前の国会議員らがそれを疑問にすら思わず採択する…異常ですよ。

 おまけにこれには自民も賛成をしているというのですから、終わってます。

 ただまぁ、自民党では高市早苗議員や安倍元首相ら約40人が退席し、議場に残った議員の多くも起立採決の際に座ったままだったというので、まだマシだったようですが、トップがクズだとやはり自民党もどうにもならないみたいですね。

 加えて言うのなら、1940年の同盟締結から戦争状態に入ったとする場合、中国の扱いはどうするんでしょうかねぇ?

 日中戦争なんてものは無かったとの認識へ統一するってことでしょうかねぇ?

 ま、盧溝橋事件だろうが南京占領だろうがすべては宣戦布告が無いままの紛争であり、国民党による日本への宣戦布告が行われたのは日本がアメリカやイギリスなどに宣戦布告をして戦争状態となって以降(1941年12月9日)ですけど、政府の認識や見解にこれでは大幅な見直しが必要になるんじゃないですかねぇ?

 まして、戦争状態に日独が入ったから迷惑を掛けたとありますけど、そもそも戦争状態に入ったのがどちらからであるとか、何故戦争になったのかを無視して一方的な結論で結ぶのは幾らなんでも無茶苦茶すぎです。

 何せ、より正確には1939年9月にドイツのポーランド侵攻を受け、イギリスとフランスがドイツに宣戦布告をしたのが戦争の始まりですし、連合国側のソ連なんてその混乱に乗じてポーランドへ同じ様に侵攻して東側を占領し、その後もフィンランドへ侵攻して領土を割譲させたり、国際条約を破って日本へ侵攻し、戦争が終結した後も日本への侵略を続けるなど散々やっており、どちらかだけが悪いかのような表現は大いに問題があります。

 それに多くの国が云々って言いますけど、連合国側として参戦した国の大半(南米や中東の国々など)は実際には戦闘をしておらず、勝ち馬に乗って戦勝国として利益だけ敗戦国から得ているんですけどねぇ?

 ホント、サヨクが権力を握ると出鱈目なことしかしやがりませんね。

 MSN産経ニュース『歴史観めぐり不満噴出 自民「日独決議」で40人退席』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/110422/stt11042220450008-n1.htm
04月23日(土)

相手を思いやる気持ち 

22日付けの時事ドットコムの記事から

両陛下、津波被害の漁港で黙礼=被災者にも心痛める-茨城・北茨城
 天皇、皇后両陛下は22日、東日本大震災で5人が死亡、1人が行方不明となった茨城県北茨城市を訪問された。両陛下の被災地訪問は14日の千葉県旭市に続き2カ所目。大型連休前後には宮城、岩手、福島の被災地を訪問する。

 津波被害を受けた大津漁港を訪れた両陛下は、1人が行方不明になったと聞くと、岸壁で海に向かって黙礼。続いて地元の小学生ら市民と交流し、「大変でしたね」「元気でね」などと声を掛けた。その後、壊れた家が立ち並ぶ港裏の路地を歩き、52歳の女性が津波で亡くなったことを聞くと再び黙礼した。

 両陛下はその後、避難所となっている市民体育館に移動。床に両膝を突きながら、被災者を励ました。
(2011/04/22-19:23)

 結局天皇皇后両陛下や皇族の方々の姿勢からは何も学ばなかったどこぞのバカな首相は、適当な流し見で帰ろうとし、被災者に呼び止められて怒りの声をぶつけられていましたね、そういえば。

 対応をしっかりやっているのであれば、被災地で冷たい目で見られ、怒りの言葉を浴びせられるなんて事はありえないんですが、自らの過ちを認められない愚鈍なアジテーターは国会で反射的な反論を繰り返し、国民からも見放され、国会でも野党の協力を得られず、ついには自らがトップを勤める民主党どころか、閣僚からさえも見放されだしています。

 陛下が自ら膝をつき、被災者と同じ目線で声をかけてくれる、話を聞いてくれる…言葉にするととても簡単ですけど、してもらった側はとても嬉しいわけです。

 この人は本当に自分達のことを思ってくれているんだと、その対応で分かるから

 一方で、バ管の態度は逆に相手の気持ちを逆なでするだけです。

 もう帰るのかと被災者から呼び止められた時も、振り返っただけで相手の傍へ自ら歩み寄って話をしようという態度すら見せず、その場凌ぎの謝罪を述べるだけでしたし、人を煽り立てるのは得意でも思いやるのは丸っきり下手なようですね。

 まぁ、相手の事を思いやれる頭があったら「東日本つぶれる」だの「20年住めない」だのと、こうも無思慮で無神経な言葉を発し続けるなど有り得ませんが。

 お約束の食べるパフォーマンスをやった時にも「このまま食べても大丈夫ですか?」なんて馬鹿げた問いかけをメディアの詰め掛けているところで言ったと言うのですから…

 一方、両陛下はパフォーマーのバカと違って昼食として地元で水揚げされたアナゴやの唐揚げマコガレイの煮付けなどを当たり前に召し上がっていたそうです…

 ニヤニヤ薄気味の悪い笑い顔を終始浮かべ、下品なパフォーマンスに興じ、相手の気持ちを何も思いやれない…こんなバカが被災地に行ったって逆効果にしかならないのですが、バ管自身は人気取りになるとでも思っているんでしょうねぇ…

 詰まるところ相手の事を思いやれる人と、私欲でしか動けず、他人の事など分かろうともしない人との人間としての器の違いなんでしょうね。

 YOMIURI ONLINE『両陛下、被災地の北茨城市へ…昼食には地元の魚』
 http://www.yomiuri.co.jp/national/
news/20110422-OYT1T00911.htm?from=any

 MSN『「東日本つぶれる」「20年住めない」…首相は「歩く風評被害」』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/110422/plc11042223130035-n1.htm
04月22日(金)

国家であっても友人は選ぶべき 

21日付けのasahi.comの記事から

「日本、加油!」台湾、義援金144億円の一部を贈呈
2011年4月21日20時12分
 東日本大震災を受けて台湾で集まった義援金の贈呈式が21日、東京・六本木の財団法人交流協会であった。台湾外交部(外務省)によると、これまでに集まった義援金は官民合わせて144億円にのぼり、この日はその一部を日本赤十字社宛てに渡した。

 贈呈式のため訪日した台湾の王金平・立法院長(国会議長)は「(台湾での)地震や水害の際に日本が支援してくれたことを、我々は忘れていない。今回の被害を台湾の人々は自分のことのように受け止めた」と話し、「日本、加油(チアユー=がんばれ)!」と、あいさつを締めくくった。

 日本政府は義援金の国・地域ごとの内訳を集計していないが、各国・地域の赤十字に集まった寄付で比較すると、最も多い米国の約82億円(4月11日現在)に対し、人口が1割以下の台湾で56億円と際だっている。

 やっぱりこういう話を知ると、台湾って素晴らしい国だなぁって思いますよね。

 同じ日本の領土だった国でも、どこぞの蛮族どもとは大違いです。

 寄付額の大きさもさることながら、「地震や水害の際に日本が支援してくれたことを、我々は忘れていない。今回の被害を台湾の人々は自分のことのように受け止めた」と述べてくれる辺り、恩義や人情ってものを本当に理解していて、まさにどこぞの下卑た蛮族どもとは正反対の大違いです。

 これまで事ある毎に散々支援してもらった恩を忘れて、人類愛で助けてやるんだと居丈高な態度を取り、それすらも教科書の記述が自分達の意に沿わなかったなどと言う理由で人類愛(笑)を放り出して反日祭りに熱を上げ、助けてやったのに意に従わないとは何事だと恩着せがましい態度全開になっているのですから。

 この騒動で再び反日感情が燃せ盛り、ソウルの衿川区では集めた義援金の内、日本に送ったのは僅か2割だけ

 残り7割は不法占拠している竹島の守護を誓う団体への寄付に、1割は慰安婦団体への寄付としたというのです。

 更に、21日には在ソウル日本大使館前に刃物を持った無職の男が押し掛け、自らの指を切り、刃物を自らに突きつけながら大使に謝罪要求をするというまさにキチガイ民族に相応しい真似をやったというのです。

 台湾では以前記したように、この隙に尖閣諸島を占領しろなどとほざいていたバカは、徹底的に叩かれて失職しており、同じ様な近代史を辿った国でも良識のあるなしがハッキリと分かれています。

 ま、当時だって台湾人といえば勇猛な兵士の代名詞でしたけど、朝鮮人といえば役立たずとか不審者とかテロリストとかの代名詞ですものねぇ?

 あぁ、今も北では現在進行形でテロリストを養っているし、南はテロリストは英雄として称えていましたっけ。

 今回の震災を経て、やはり我々がこの北東アジアの中で友人として付き合っていくべき国が何処なのか、逆に友人関係なんて構築してはいけない国は何処なのか、ハッキリと分かりましたね。

 NEWSポストセブン『韓国の義捐金 20%を被災地に、70%を“独島守護活動”に』
 http://www.news-postseven.com/
archives/20110420_17938.html

 MSN産経ニュース『在ソウル日本大使館前に刃物男』
 http://sankei.jp.msn.com/world/
news/110421/kor11042120170002-n1.htm
04月21日(木)

追い出すべきじゃないのか? 

20日付けのasahi.comの記事から

生活保護申請の46中国人、資格取り消しへ
2011年4月20日14時0分
 多数の中国人が入国直後に大阪市へ生活保護を申請した問題で、大阪入国管理局は、日本での就職先を偽って申告したなどとして、生活保護が受けられる「定住者」としての在留資格を取り消す方針を決めた。これを受け、大阪市は支給した生活保護費の返還を求めることを検討する。

 大阪入管や大阪市によると、定住者の資格が取り消されるのは、同市内に住む中国残留邦人の親族として、昨年5~6月に入国した中国人53人。今後、入管は在留資格を「定住者」から、生活保護が受けられない「特定活動」に変更するという。

 大阪市によると、53人のうち46人は、入国1カ月以内に市に生活保護を申請し、26人が2カ月分の生活保護費計644万円を受給した。53人のうち4人は横浜市に申請していたという。

 大阪市は、中国人たちが生活保護の受給を目的に入国した疑いがあるとみて、入管と協議。入管の調査で中国人らが入国前に申告した引受先の企業を偽っていたことが判明したため、市が保護費の支給を凍結していた。

 資格の取り消しは当然ですが、在留資格はそのまま認めるんですか…

 この事件、既に昨年末の時点で大阪府警がDNA鑑定を行った結果、日本人姉妹の娘とされる51歳の女性と、孫とされる23歳の女性に血縁関係が無く、親子であると虚偽申告をしていた事、そして引き受け先企業を存在しない架空の企業を記載するという2重の虚偽記載をしていた事が判明しています。

 因みに、血縁関係が無い事が科学的に証明された後はそれまで一度も言っていなかった養子関係だったんだと言い出したそうです。

 そもそもたった2人の介護に53人も入国し、その大半が生活保護の申請を行う…この時点で普通の人間ならば十二分に異常だって分かりますよね?

 しかし、大阪では中国政府の書類があるからと満足な確認もせずに給付を実施し、後に追及されて調べてみたらこの通りとなったわけです。

 中国人らに費やされた生活保護費の返還を求めるのは当然ですが、DNA鑑定などに掛かったコストも請求するとともに、この粗雑な対応で税金を無駄に費やさせた職員に対しても相応のペナルティが必要だと思いません?

 信賞必罰が公務員にはキチンと適応されていないからこういうお役所仕事が罷り通るんだと思いますよ。

 それと、大阪は外国人の生活保護支給が異常なまでに多いのですから、他にもおかしなケースがないか、これを機にしっかりと確認すべきですよね?

 生活保護日として費やされているのは真っ当に働いている人間が納めた税金なんですから。
04月20日(水)

コキュートスの時代 

19日付けの東京新聞の記事から

民主、復興財源で消費増税検討 玄葉氏「被災地配慮も」
2011年4月19日 13時40分
 民主党の玄葉光一郎政調会長(国家戦略担当相)は19日の記者会見で、東日本大震災の復興費を調達する「復興再生債」の償還財源について「さまざまな税目の組み合わせがあり得る」と述べ、消費税率引き上げを含めて検討する意向を表明した。消費税増税が被災地の負担増を招くとの指摘には「被災地への配慮は技術的に可能だ」と述べ、軽減措置も併せて協議していく考えを示した。

 民主党内では消費税率を3年間、3%程度引き上げる案や、3~5%を引き上げた上で一定期間は復興財源に充てる案などが浮上。一方で増税対象から被災者を除外しやすい所得税増税の時限実施などを推す声も強い。

 枝野幸男官房長官は会見で、復興財源としての消費税増税に関して「民主党でさまざまな検討をしている。政府として具体的に何らかの特定の方法を検討している段階ではない」と指摘。党を中心に引き上げ幅や実施時期などの議論が進むとの認識を示した。

 消費税は1%分の税収が約2兆5千億円に上るため巨額の財源を得やすい。一部では、復興後に税率を維持したまま社会保障や財政再建目的に切り替える案もある。

 民主党は10兆円超を想定する2011年度第2次補正予算の財源として、通常の国債と別管理の復興再生債を発行する方針。自民党の主張を取り入れた形で、財源をめぐる与野党協議に結び付けたい考えだ。(共同)

 所得税の増税は、効果が限定的過ぎるから恐らくはやらないでしょうね。

 一方で、消費税ならば理論上は3%の増税でも3年程度で22兆円5000億円(1%で2兆5000億なので、3倍の7兆5000億円の3年分)と、必要な財源をほぼ確保できるそうですから、大いに乗り気でしょう。

 ま、何れにせよ民主党政権に任せた結果、待っていたのは連中が謳う様な薔薇色のパラダイスではなく、血と涙に彩られたコキュートスだったわけです。

 コキュートスとはギリシャ神話に出てくる煉獄の最下層に流れる嘆きの川の名前であり、ダンテの神曲によれば最も重い罪の「裏切り」を行った咎人が永遠に氷漬けとなっているそうです。

 まぁ、日本の場合は裏切られた国民が氷漬け同然の寒い時代を味わう事になるわけですけど。

 財源なんて幾らでもあるから増税なんか一切しないぜ。

 国債は国が持たないから政権を取ったら30兆円以下に抑えて減らしてやるぜ。

 補償や手当て、無料化を一杯実行して住みやすい国に変えてやるぜ。

 こんな見え透いた子供騙しと呼ぶのさえおこがましい嘘に、2年前の夏、日本国民は乗せられました。

 その結果、待っていたのは増税、国債の乱発、負担の増加、約束の一方的な改竄や破棄、そして天災を人災にまで引き上げて国情を不安定にさせる破滅的な政治でした。

 しかし、それでも尚、民主党やバ管を信じるゴミクズのような国民が朝日の調査によれば2割もいるのです。

 あれだけ騒いでいた年金問題も未だ解決せず、それどころか専業主婦にまで負担を負わせるぞとこちらも負担増の全く話が違う方向へと進んでいますし、東電の補償にしても税金の投入を行うか料金の値上げをするという国民への負担で賄う方針を打ち出していますが、それでもバ管や民主党を信じているというのですから…

 バ管政権は国会では対応をしっかりやっていると強弁をしていますが、余りの無能ぶりに民主党内の党員そのものが痺れを切らし、震災対策チームを政府を無視して次々立ち上げている始末で、小沢による反乱工作と相まってもはや瓦解寸前と言えるでしょう。

 それでも椅子にしがみ付く見苦しい真似を続け、国を悪い方向へとこうやって進め続けるバ管政権…最悪あと2年以上もこれを止める術が我々国民には無いままなんですよね…

 民主主義も所詮それを実行する国民の知性が足りねば衆愚政治に堕し、国を滅ぼす。

 日本が数年後にその悪しき見本となってなければいいのですがね。

 東京新聞『主婦も保険料負担検討 政府、民主党が年金改革で』
 http://www.tokyo-np.co.jp/s/
article/2011041901000457.html

 asahi.com『民主に震災対策チーム次々 菅内閣に不満、揺らぐ一元化』
 http://www.asahi.com/politics/
update/0419/TKY201104190495.html

 テレ朝news『【原発】海江田氏「原発補償は最終的に国民負担」』
 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/
news/web/html/210419028.html
04月19日(火)

民主党政権下で著しく悪化した天下り 

18日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

政府、天下り規制強化へ…半月足らずで方向転換
 枝野官房長官は18日の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の事故後、経済産業省幹部の東電への天下りに批判が強まっていることを受け、天下り規制を強化する方針を表明した。


 省庁による再就職あっせんを禁止する国家公務員法を抜本的に見直し、あっせんがない場合でも、再就職を規制する。

 政府は5日、あっせんによる再就職の禁止を前提に、事後的な監視体制を強化するとして、新機関創設を盛り込んだ公務員制度改革の「全体像」を決めたばかりだ。枝野氏の発言は、あっせんがない場合にも再就職を規制するという、さらに厳しい制度を目指すもので、半月足らずで方針を変更することになる。

 海江田経産相は18日、経産省幹部の電力会社への再就職の自粛を促すことを表明。しかし、枝野氏は同日午後の記者会見で「今回事故が起こって(経産省と東電の)関係に疑念を持たれている。今の法制度に基づく事後チェックで良いのかも含めて抜本的に考える」と述べ、電力業界に限らず、天下り規制全般を強化する意向を強調した。1月に東電顧問に就任した石田徹・前資源エネルギー庁長官については、自主的な退職を促した。
(2011年4月18日21時13分 読売新聞)

 あっさりと言を翻す。

 この節操の無さも無能な民主党政治の典型例と言えますが、出来る事をやらないで、いざヤバくなるとあっさり態度を180度ひっくり返して恥じもしないのですから、人間性が完全に崩壊しているとしか思えませんよね、民主党の連中って。

 周知の通り天下りに関して民主党は野党時代、与党自民党攻撃の手段として大いに活用し、自らが政権与党になった場合にはこれを根絶すると宣言していました

 しかし、郵政社長の天下りを自ら斡旋した人事を見れば分かるように、政権与党となった民主党が行ったのは公務員や省庁による斡旋の禁止だけで、政府主導の斡旋やOBの天下り、省庁などの介在しない天下りは良いという非常にふざけたものでした。

 事実、今年2月23日に衆院予算委員会で自民党の平将明議員が行った質問によれば、民主党政権発足後の09年9月19日から10年10月1日までという僅か1年間の間に「政府とつながりの深い法人に再就職した中央省庁出身者と現役出向した国家公務員が4240人に上る」という事が明らかになりました

 毎日10人以上が天下りをしていたのであり、「取締役相当の役員に就いたのは679人」もおり、今回の記事で取り上げられている経産省の天下りは国交省、文科省に次いで第三位の天下り数を誇る組織です。

 では、何故こんな馬鹿げた天下りの状況になっているのか?

 答えは簡単で、民主党が「官庁人事の停滞回避や、公共部門での知見の活用を根拠に、独立行政法人などに公務員が出向する「現役の天下り」を容認」し、その上で「次官や局長レースに敗れた高級幹部の受け皿として上級の「専門スタッフ職」を新設するなど公務員に手厚い内容となっている」『国家公務員退職管理基本方針』というものを出しているからです。

 元より労組などを支持母体としている民主党が、公務員にとって不利になるような政策など実行出来ようはずが無く、むしろ積極的にそれをやってのけていたわけですね。

 本来ならば震災対応で支持率が上昇してて当然なのに、最新の朝日の世論調査では丸っきりの横ばいです。

 震災対応では60%が評価しないと答えており、今回の件などはこのままでは自らの延命が図れないとの焦燥から対応しましたというのが丸分かり

 今回の前資源エネルギー庁長官への自主的退職勧告からも分かるように、自らの保身の為に責任を他者へ押し付けるのだけは迅速かつ得意ですものねぇ?

 ま、所詮は強化と言ったところで上記したように官僚と癒着して実際には天下りを大規模で推進してきたクズどもですから、またぞろ別の逃げ道を用意して内実は変わらないなんてオチも十二分に考えられます。

 何にせよ、民主党という卑劣漢を政治の舞台から早急に除去せねば根本の部分が腐ったままなのですから、どうにもならないって事です。

 YOMIURI ONLINE『根絶どころか…民主政権で天下り4240人』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/
news/20110224-OYT1T00041.htm

 asahi.com『世論調査―質問と回答〈4月16、17日実施〉』
 http://www.asahi.com/politics/
update/0417/TKY201104170338.html

 毎日jp『民主党政府、「現役の天下り」を手厚い内容で容認 昨夏の衆院選では「禁止」 改革に逆行』(既にリンク切れしてました)
 http://mainichi.jp/select/today/
news/20100622k0000m010132000c.html
04月19日(火)

のしをつけてプレゼントしてやりたいバ管の存在 

17日付けの時事ドットコムの記事から

韓国、被災企業の工場移転打診=部品・素材産業の高度化狙い
 東日本大震災後、韓国政府が被災で操業停止などに追い込まれた日本企業の工場を韓国に移転するよう促す案を、日本政府に非公式に打診していたことが17日、明らかになった。韓国では、主力企業のサムスン電子や現代自動車などを生産面で支える部品・素材産業の高度化が課題となっており、日本企業誘致のため造成した工業団地への進出を改めて訴えている。
(2011/04/17-17:01)

 人類愛なんぞ、所詮下賤な朝鮮人には建前に過ぎないという事をまたも証明してくれましたね。

 日本の復興よりも自分達の発展が第一という浅ましさが非公式の打診という事からも如実にわかります。

 こんな下種な連中と比較すれば堂々とシベリアへの移住を推奨したロシアにさえ好感が持てますね。

 ま、どんなに自国の技術力を誇張したところで、基幹部品も満足に製造できず、常に日本に依存してきた蛮族どもにしてみればこれは千載一遇の好機であり、この機に韓国は地震が少ないぞとアピールして技術力を手に入れようと画策していたって事です。

 元より日本と異なって劣化コピーしか出来ない連中ですから、オリジナルを手に入れられる可能性となればこれ位の恥知らずな真似はやってもおかしくありませんが、本当に卑しい連中ですね。

 媚び売りの民主党政権に対して裏工作でこんな破廉恥な要求をしているとは。

 しかしまぁ、相手がロシアの防空識別圏侵犯に対してすら援助してもらっているからと混同して抗議一つしないバ管政権ならば、このような事実を言われるがままに秘匿し続けるというのも納得です。

 クリーンでオープンな政治を謳いながら毎回その正反対を当たり前にやってのける。

 ホント、賤人どもと同様に卑しく愚かな民主党ならでは、ですよね。

 出来る事ならこの無能どもを纏めて朝鮮にでもプレゼントしてやりたいものですよ。
04月18日(月)

賤人の語る人類愛の実態は黒鳩の友愛と同じ 

17日付けのMSN産経ニュースの記事から

竹島「海洋基地」 こんな時に建設強行とは
2011.4.17 02:51
 韓国が不法占拠している竹島(韓国名・独島)付近の日本領海内で計画中の「総合海洋科学基地」建設工事の落札が終わり、近く基礎工事が始まることが分かった。

 基地は竹島の北西約1キロに建設され、韓国政府が300億ウォン(約22億円)かけ、2013(平成25)年の竣工(しゅんこう)を目指している。不法占拠の既成事実化を狙った不当な工事である。

 しかも、日本は今、東日本大震災の復旧・復興に向けて悪戦苦闘している最中だ。そのような時期に工事を始めるとは、隣国としての信義にももとる。

 松本剛明外相は衆院外務委員会で、ソウルの日本大使館を通じて韓国に抗議したことを明らかにし、「韓国の竹島への措置は到底、受け入れられない」と強調した。当然である。

 韓国は大震災直後の先月中旬にも、竹島で大型ヘリポートの改修工事に着手し、5月末に完了する予定だ。これも隣国の不幸に乗じた行為と言わざるを得ない。

 また、韓国の金滉植首相は今月7日の韓国国会で、竹島について「状況によっては、軍隊が駐屯する案も検討する価値がある」と述べた。この発言も見過ごすわけにはいかない。

 現在、竹島には、韓国の警察官による警備隊が常駐している。これ自体、不法な行為だが、さらに韓国軍が駐屯し、軍事基地化すれば、日本には少なからぬ脅威になる。厳重な警戒が必要だ。

 一方、自民党の「領土に関する特命委員会」(委員長・石破茂政調会長)は海洋基地建設計画の即時中止を求める決議をまとめた。超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」(会長・山谷えり子自民党参院議員)も、韓国に強く抗議し、建設計画の撤回、着工済み工事の即時中止などを求める決議を了承した。

 国会議員が固有の領土を守る運動の先頭に立つことが重要だ。

 大震災後、韓国からは100人を超す救助隊が駆けつけ、原子炉内の核分裂を抑えるホウ酸などの支援も受けている。また、中国や北朝鮮の核の脅威に対し、日本と韓国は安全保障面で連携を強めなければならない関係にある。

 だが、それらのことと領土問題は切り離して考えるべきだ。韓国の善意には感謝しつつ、主権にかかわる問題では譲らない断固とした対応が必要である。

 善意ねぇ…

 震災直後、韓国ではメディアが筆頭に経って人類愛を吹聴して日本を救援すべきだと主張していました

 しかし、教科書検定の発表が近づくとそれに対して日本側の譲歩を要求する声が出始め、結果が意に沿わないとなるや助けてやったのにけしからんとなり、集めた義援金を送るのを辞めるなど、結局は人類愛など建前に過ぎず、本音は見返りを求めるだけの恩着せがましい行為に過ぎなかった事が露呈しました。

 それどころか、逆に約束を違えて基地化を推進し続け、一方で国債司法の場での話し合いによる解決からは逃げ続ける何時ものセコイ姿勢をやっているのです。

 こんな時に建設強行とは、と産経はタイトルに記していますが、元より日本が対応のできない敗戦後の状況を利用して竹島を武力で奪ったのが韓国なんですから、機に乗じて悪事を為すのは連中の得意技と看做すべきですよ。

 いやはや、まさに賤人(鮮人)の名に相応しい蛮族っぷりです。

 政治主導を謳いながら実際には責任を下へ押し付け、政府として言明すべきものをボカして逃げる民主党のクズっぷりが結局は蛮族にこうやって付け込まれる事になるんですよね。

 政府として形だけの抗議に何の意味があるのかと。

 超党派だのと組織が作られても、そこのトップ、主導をしているのは記事にもあるように常に自民党であり、ブサヨ政権は姿かたちが丸っきり見受けられません。

 ま、不法占拠されているという簡単な事実すら認めずに答弁をはぐらかし、一方裏では朝鮮人と結託し、選挙支援の見返りに様々なばら撒きや選挙権付与などの優遇措置を実行し、或いはしようと目論んでいる売国政党にそんなものを求めたところで無理な話だとは重々承知していますけど。

 本格的に対応に乗り出さなければ、ロシアのように実効支配を一層強められて返還はより困難になるでしょうけど、何にせよ詐欺師どもを政治の表舞台から退場させねばどうにもならないでしょうね…
04月17日(日)

ゆすりの名人でなければ何だと言うのか? 

15日付けのMSN産経ニュースの記事から

全面否定「汚名返上したい」 沖縄県民侮辱発言のメア氏
2011.4.15 22:43
 沖縄県民を侮辱したとして米国務省を更迭されたケビン・メア前日本部長は15日、都内のホテルで産経新聞の電話インタビューに応じ、報道された「沖縄の人はゆすりの名人」との発言について「米軍基地再編を妨げようとするグループの歪(わい)曲(きょく)」と全面否定した。

 メア氏はまず、発言は昨年12月3日に行ったワシントン市内の大学生に対するオフレコの講義だったと指摘。報道は、出席した学生が講義から2カ月半後に作成した信憑(しんぴょう)性のないメモに基づくと否定した。

 メア氏は問題となった講義について、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を説明する際、一般論として米軍を大規模小売店舗法に、地元沖縄を周辺小売業に例えて話したという。大店法は、周辺小売り業への影響などを考慮、一定規模の出店を規制する法律。「日本の意思決定には良い点もあるが、弱点もあることを理解してもらうためだった」。

 講義では「大店舗の出店には地元商店街の理解が必要。(しかし、地元商店街側が大店舗出店を認めずに)ただ金をくれというのでは、日本以外では『脅迫』とみられる」と話したに過ぎないという。

 メア氏によると、共同通信が報じた3月6日夜(米国時間同日朝)は日曜の朝だったため、ルース駐日大使とキャンベル国務次官補に対し、報道を否定する電子メールを送信した。

 複数の関係者によると、メア氏のメールはキャンベル氏の理解を得て、東アジア局名で報道を否定する報告書が作成された。しかし、スタインバーグ副長官の指示でもみ消された。事実関係を報道機関と争っても埒があかず米側に不利との判断があり、「上層部から口止めされた」という。

 キャンベル氏は報道直後、「個人的に陳謝」したが、「米政府を代表して謝罪」と態度を変えた。これもスタインバーグ氏の指示だったという。同氏は親中派として知られ、対中融和外交の失敗が原因で退任が決まっている。

 メア氏は取材に応じた理由について「汚名を返上したかった。愛する日本で、一番嫌われ者の米国人になるのが耐えられなかった」と強調した。(ワシントン 佐々木類)

 社説において「どのような根拠があって、ここまで断言するのだろう」などと、メモの全文を入手していながらわざと根拠の部分を隠蔽し、薄汚いバッシングをしていた朝日新聞ですが、問題が報じられて既に一月以上経った現在でも産経新聞のようにメア氏本人にインタビューをして事実関係を明らかにする気は無いようですね。

 まぁ、朝日は同社説においてインタビューすらせずに「一連の発言は氏の本音に違いあるまい」と、自らこそが「どのような根拠があって、ここまで断言するのだろう」と首を傾げざるを得ない、マスメディアなどと名乗る事がおこがましい限りの真似を平然とやっているんですからねぇ?

 それどころか、ウォールストリートジャーナルのインタビューに答えたメア氏の発言に対しての仲井真のバカ発言を掲載している始末。

 「沖縄県の仲井真弘多知事は15日の記者会見で、前米国務省日本部長のケビン・メア氏が更迭の理由となった県民への差別的発言を否定したことについて「沖縄に(総領事として)おられたころからかなり個性的な発言をされていた。(差別的発言の報道後に駐日米)大使が来て謝罪に近いことを言われたが、この人物の謝罪は報道されていない」と述べ、不快感を示した。」

 分かりますか?

 先程記した朝日の社説同様、メア氏の弁明に一切耳を貸さず、不自然さの残るメモを憶測で事実だと断定して一方的な謝罪を要求し続けるという妄執としか言いようの無い態度を示しているのです。

 さすがは「ゆすりとごまかしの名人」の総大将、自らの主張を一方的に押し付けるだけで話し合いにすらならないんですから、丸っきりヤクザそのものな態度には呆れ果てますよ。

 因みに沖縄ではつい先日、14日にも普天間基地の周囲で「カマドゥ―小たちの集い」というサヨク団体が風船を浮かべるという危険行為をしており、それを沖縄タイムスが妨害行為を正当化する記事を書いて支援しています。

 「非常に危険性があるので、防衛局の方で対応していただきたい」

 米軍が沖縄防衛局にここまで強い要請をしたことからも分かるように、航空機にとってこの手の障害物は非常に危険です。

 規模こそ違いますけど対空兵器の一種ですよ、これ?

 航空機の攻撃から要地を守るために、かつて『防塞気球』という兵器がありました。

 その名の通り、空に浮かべる事で航空機の接近を妨害し攻撃を防ぐという防御兵器であり、航空機が接触すれば墜落の危険があります

 たかが風船程度でと思うかもしれませんが、そもそも航空機ってエンジンに小鳥が突っ込んだ程度でもストールして墜落するものですし、この風船は糸に釣り糸を使用しているとの事なので、ヘリのローターやエンジン内に取り込まれて絡まる危険性もあり、だからこそ米軍だってたかが風船に「非常に危険性がある」と述べて対応を要請しているのです。

 普天間基地の危険性を訴えながら、自ら墜落の危険を誘発するような兵器を持ち出し、メディアが法律上は問題ないからいいんだとそれを擁護する…もう本当にやる事が無茶苦茶であり、自らの要求を通す為ならこのような暴力的行為も辞さないんですから、これが「ゆすりの名人」でなければなんだと言うのか。

 メア氏の発言が事実であろうが無かろうが、沖縄特措法の事実を隠し、更にはこのような真似も平然とやってのける自らの野蛮さ、頭のオカシさを棚に上げ、身勝手な要求だけを突きつける沖縄県はまごう事なき「ゆすりの名人」ですよ。

 そういうわけですから、私は例えメモが真実でありメア氏が実際に述べていたのだとしても沖縄に対する侮蔑発言だなんてちっとも思いませんし、反日の人間だとも思いませんが、あくまでも個人の名誉の問題ですから事実関係はハッキリさせるべきだと思います。

 それと、メア氏が講演したのが「沖縄戦や基地問題を学ぶグループ」というアメリカのサヨクグループであり、訪日後には稲嶺やら沖縄タイムスの記者やらとサヨクと接触していた事や、グループ名を当初メア氏に知らされていなかった事などもキチンと報じるべきです。

 沖縄タイムスの謝花尚美なんて、沖縄戦に関する問題でも『証言 沖縄「集団自決」-慶良間諸島で何が起きたか』(岩波新書)を出版するなど散々嘘をばら撒き、偏向報道を繰り返してきた沖縄サヨク記者の代表的人間ですからね。

 asahi.com『沖縄差別発言は「でっち上げ」 更迭の元米高官が反論』
 http://www.asahi.com/international/
update/0415/TKY201104150096.html

 沖縄タイムス『風船抗議に米軍緊迫』
 http://www.okinawatimes.co.jp/
article/2011-04-14_16656/
04月17日(日)

お礼も満足に言えないバ管政権 

14日付けのMSN産経ニュースの記事から

政府、先月下旬には認識 お粗末対応で「日本不信」増幅
2011.4.14 00:13
 東日本大震災から1カ月以上経過した後に、福島第1原子力発電力の事故を国際原子力事象評価尺度(INES)で最も深刻な「レベル7」に引き上げた政府の対処方針に疑念が生じている。枝野幸男官房長官は13日の記者会見で、先月下旬には「レベル7」の可能性を認識していたと説明。13日にはほかにも政府の“お粗末な”対応が次々と明らかになり、事態収束どころか「日本不信」を増幅させる事態になっている。

1カ月遅れの追認

 「報告は受けていた」

 枝野氏は記者会見で、原子力安全委員会から3月23時点で今回の原発事故について「レベル7の可能性がある」と報告を受けていたことを明らかにした。

 半月以上も事態を放置したことになるが、枝野氏は「不確かなことを政府見解として報告していいかどうかの問題もある」と釈明。

 ただ、今回のレベル引き上げは3月15日ごろの放射性物質量が根拠。現在は1万分の1に減っている。事故発生から1カ月後の「追認」は、国際社会に「現在もチェルノブイリ事故と同じ状態」との印象を与えかねない事態を招いている。

放出後に「予定」通知

 13日の衆院外務委員会では、東電による低濃度放射能汚染水の海への放出について、外務省が各国の在京大使館への通知をすべて終えたのが「放出後」だったことが明らかになった。

 外務省は4日午後4時の外交団への説明で東電の放出方針を報告したが、出席したのは東京に大使館を置く149カ国中51カ国。東電はその後、7時すぎの放出開始を発表し、7時3分に放出を始めたが、外務省が各国大使館に「緊急」と題してファクスやメールを送り始めたのは7時5分。文面は「今夜遅く行われる予定」としたままだった。

 松本剛明外相は事実を認めて釈明したが、こうしたちぐはぐな対応が韓国首相の「日本は無能」発言につながった側面は否めない。

感謝広告も限定的

 菅直人首相名で11日付の外国紙に掲載した「感謝広告」にも批判が出ている。掲載したのは、国際英字紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンと米英仏中韓露の1紙ずつの計7紙。ドイツやイタリア、台湾、インドなど震災への支援を表明した134カ国・地域の大半に広告を掲載することができていない。

 ネックになっているのは広告予算。松本氏は衆院外務委で「復興にお金を振り向ける中で、ギリギリの範囲で予算の枠を設けた」と述べた。だが、広告の掲載がなかった在外公館からは「『日本に感謝されていない』との誤ったメッセージを与える」との不満が漏れている。

 過去の戦争がどうのこうのと悪し様に述べ、自民党をその亡霊か残滓であるかのように罵倒してきたくせに、政府与党になるや強権政治は行うわ、言論統制は行うわ、情報の隠蔽工作は日常茶飯事だわ、挙句には他国への重大事項の連絡遅延まで…どっちが過去の亡霊でしょうかねぇ?

 いやはや、韓国如きに無能呼ばわりされるのもこのバ管政権では致し方ありません。

 汚染水の放出自体が批判を招く重大事であるのに、通達が放出後だわ、しかも今夜遅くだなどと嘘は書かれているわ…何処まで日本の面汚しをやってくれれば気が済むんですかねぇ、ホント。

 今回の連絡の遅れは、果たして外務省とバ管内閣、どっちの怠慢なのやら?

 ま、どっちにしても日本政府の無能の結果と世界から受け取られる事に変わりはありませんけど

 それと、やはり広告の掲載紙は予想通りでしたね。

 台湾の義援金額は4月13日時点で48億5,374万台湾ドル、約140億円に上ります

 3月末の時点でアメリカが約90億円なので大体同規模と思われますが、韓国は約16億円中国は約3億4000万円に過ぎず、台湾を論外の扱いにするのが如何に無礼な対応であるか分かるでしょう。

 流石に何もしないのは拙いと思ったのか、財団法人交流協会に広告と同様のメッセージ(一部具体的な支援内容などを追記している)を出す形で対応してよしとしています。

 因みに、この特別メッセージは中国大使館宛のものにも入っているそうで、新聞を掲載できなかった台湾に対してだけの特別配慮ではないんですよね。

 一方で、特別メッセージが最も救援活動に尽力してくれているアメリカ大使館宛のものに対しては入っていないんだそうで、やはり出鱈目な対応をしている事が伺えます。

 台湾への配慮をしたけど、そうすると今度は民主党のご主人様である中国様のご機嫌を損ねるからとそっちにも追加で特別の配慮をと…本当に死ねばいいのにって感じですよね、このクズ政権の連中は。

 記事最後に、「広告の掲載がなかった在外公館からは「『日本に感謝されていない』との誤ったメッセージを与える」との不満が漏れている」とありますが、かつてクウェートに日本がソレをやられて、自民党を散々非難した連中が作ったのが今の民主党ですけど、それでいてこういう真似を平然とやってのける。

 心底過去から何も学ぶ事などなく、考えなしの場当たり的対応しか出来ない無能が透けて見えます。

 義援金をくれた国の中には、アフガン以外にも東ティモールやルワンダ、ボツワナ、パレスチナなどの到底そんな事ができる状況でないはずの国まであるというのに、お礼の一つも掲載しない…

 「シンガポールやベトナム、ミャンマーから「無料でも掲載したい」との申し出があった」のだそうで、タイでも実際に大使館が出したお礼のメッセージは各社が無料で広告を掲載してくれていました

 なのに、一部の国に対してだけこのような差別的な対応をするバ管…

 いやはや、余りの情けなさにこちらが世界に対して申し訳ない気持ちで一杯ですよ。

 外務省HP『東日本大震災:震災の現状と対応 詳細情報』
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/
saigai/index2.html#shien

 J-CASTニュース『菅首相の「謝意」各国の新聞に掲載
  http://www.j-cast.com/2011/04/12092867.html
?p=all100億義援金の台湾除いた理由』

 財団法人交流協会HP『台湾からの支援(東日本大震災)』
 http://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/Top/
6BE18444C925CE364925785C00299F24?OpenDocument
04月16日(土)

言われても改められないバ管の政治 

15日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

原発除外・官僚排除…復興構想会議、疑問相次ぐ
 東日本大震災の被災地復興を論議する「復興構想会議」が14日、初会合を開き、復興計画作りをスタートさせた。

 被災地から様々な要望が寄せられる中、どれだけ具体的な青写真を描くことが出来るか。官僚との調整や、広範な被害対応の財源確保など課題は山積しており、取りまとめは難航も予想される。

 「原発問題も扱うべきだ」「官僚をなぜ入れないのか」

 黙とうで始まった14日の初会合では、委員から会議のあり方への疑問が相次ぎ、波乱含みの幕開けとなった。

 委員から最も強い不満の声が上がったのは、福島第一原子力発電所事故は「あまりにも大きな問題」だから扱わないという、会議冒頭で五百旗頭真議長が示した菅首相の方針だった。会合後、赤坂憲雄・学習院大教授は「原発問題を引き受けずに会議が進めば、原発事故で苦しむ人から背を向けられる」と強調。脚本家の内館牧子氏も「津波、地震、原発の三つの災害だ。これを話さずに何のための復興会議か」と不満をあらわにした。このため、今後、原発問題も議論することに「転換」したという。

 復興計画の実現には野党の協力も不可欠だが、その見通しも立っていない。首相は12日の記者会見で「野党の皆さんにも青写真を作る段階から参加してほしい」と協力を呼びかけたが、自民党の大島理森副総裁は14日、「会議踊れど、実のあがるものになるかどうか」と突き放した。
(2011年4月15日09時54分 読売新聞)

 FC2において15日から16日の日中までずっと障害が発生しており、内容の更新が一切出来なかった為、結局表示時間を過ぎてからの修正になっちゃいました。

 その為、以下の文章は16日12時の公表文とほぼ同じ内容ですが、一部に修正及び追加がされていますので注意を。

 仲良しこよしのお友達内閣だなどと自民党政権を批判していたのは何時の事やら

 身内を次々要職に起用して社会主義国家さながらの独裁制を達成しているバ管政権ですが、元より無能が寄り集まった集団にマトモな仕事などできようはずもありません。

 初会合から批判の嵐とは。

 まぁそれも当然です。

 議長である防大校長がバ管の方針を撤回させるんじゃなく、そのままメッセージボーイをやっている始末じゃねぇ?

 復興をするにしても、原発問題が片付かなければ福島及び周辺地域の復興なんて取り掛かることさえ出来るわけがないなんて当たり前の話なのに、バ管が言ったからとそのまま原発問題を除外して復興を話し合おうだなんて…その上言われたんで総理大臣の指示をあっさり撤回しますとか、どれだけ適当で軽々な指示だったのかと。

 もっとも、この五百旗頭真って防大校長なんて立派な肩書きがありますけど、中身は低能バカサヨクの生き残りですからねぇ?

 小泉総理(当時)の靖国参拝批判なんぞ可愛いもので、阿比留氏のブログによればかつて北朝鮮による拉致事件について「拉致なんて小さな問題にこだわるのは、日本外交として恥ずかしいよ。こっちははるかに多い◯百万人も強制連行しているのに」とほざいていたそうです。

 これまで幾度と無く書いて来たように、戦争中は国家総動員法に基いた兵役義務である徴兵や勤労義務である徴用が日本人なら当たり前に科せられていたのであり、それを強制連行と言うのならば、今現在労働や納税の義務が憲法で規定されていることだって、強制労働だの強制徴収だのって話になりますよね?

 ましてや徴用の義務が朝鮮人にも科せられたのは1944年9月から終戦までの僅か11ヶ月間であり、対馬丸の悲劇などからも分かるようにボロ船を動員しなければならない程マトモな船も無ければ、護衛艦の燃料すら無くなっているご時勢に朝鮮半島から何百万人もの人間を連れて来ることが出来て、しかもそれだけの人間に食わせる食料と働かせる場所が当時の日本にあったとか…こんな事を真顔でほざく低脳な妄想サヨク野郎が学者で、防大の学長で、しかも復興構想会議の議長なんですから、本当に馬鹿げています。

 おまけに官僚がいないのに省庁との情報の共有や財源の取得方法、案が出た場合の実現性の検討など諸々を誰がどうやるのって話だと思いません?

 作家だの脚本家だの、どうして復興を検討するメンバーに加えたのか首を傾げざるを得ない人物が混じっているし、肝心の理系の人間は全体の半分どころか1/3もいないし。

 正直言ってこれだけ会議が乱立して機能不全に陥っていると批判をされている中で、わざわざ何がしたくて新たに立ち上げた会議なのかが丸っきり見えません。

 単に知事を加える事によって自分達へ直接の要求が来ないようにしただけなんじゃないのか、国民に復興の為に動いているとアピールするためのものなんじゃないのかと。

 バカ政党は何時まで時間と税金の無駄を続けるつもりなんですかねぇ?

 国を憂い、われとわが身を甘やかすの記『「拉致なんて小さな問題」と言い放ったという五百旗頭氏』
 http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2237021/
04月16日(土)

セコくて薄汚い連中 

15日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

自販機規制条例案…都議会民主が狙い撃ち
 夏場の電力不足が懸念されることから、都議会民主党は14日、自動販売機の冷却機能を止める時間帯を大幅に拡大して電力消費抑制を求める条例案を、6月までの都議会に議員提案する方針を明らかにした。

 石原知事が自販機を無駄な電力としてやり玉に挙げたことに続き、都議会からも自販機を狙い撃ちする動きが出てきたことに、飲料業界から反発もありそうだ。

 自販機向け飲料メーカーは、昨年夏、電力需要がピークとなる午後1~4時に自販機の冷却機能を停止し、節電に協力した。民主党が検討している条例案は、これを午前10時~午後9時へと拡大する。罰則規定はなく、努力義務を定めるとしている。

 10日の都議補選で、民主党は都議会第1党でありながら、野党勢力として過半数を割り込み、今後、与党側会派とも協議したいとしている。
(2011年4月15日10時50分 読売新聞)

 都知事の自販機を無くせは確かに行き過ぎな突飛過ぎる話でしたが、代替案一つ出さずに民間企業の収入がどうだ、働いている人がこうだと喚いて反発していた節電啓発担当相(笑)のバカ女がいたと言うのに、その僅か翌日には民間の経済活動を圧迫させる条例案を都議会でだそうとは、本当にやる事が狡すっからいですよねぇ、民主党の面々って。

 上手くいけば提案した民主党の手柄、失敗したら言いだしっぺの都知事の責任とでもするつもりなんでしょうね。

 しかしまぁ、時間を午前10時から午後9時に拡大って、つまりは誰もが自販機を利用する時間は完全に冷却機能が働かない状態であり、涼しい夜から朝の時間帯だけ冷やされるって、それはもはや昼間に設置しておく価値そのものが無いんじゃないですかねぇ?

 だったらそれこそ私が前回のエントリで提案したように台数そのものの削減をした方が遥かに効率的だと思いません?

 価値の無いものをコンセントを挿したままで放置し続けるより、必要最低限の台数を使用した方が。

 真夏にわざわざ自販機で正規の料金を払ってぬるい飲料を買うなんて実に馬鹿げているじゃありませんか。

 時間の制限を延ばすにしたって、そんな無茶な設定にするのではなく、13~16時を止めたなら、2時間動かして冷やし、また18時から21時の需要が最も増える時間帯を止めて消費を抑えるとか、もう少し柔軟な考え方は出来ないのかと

 それと、こちらも自販機だけ狙い撃ちにしてますけど、出すなら同じ様にパチンコ業界へも電力使用量削減の為の規制を掛ける条例案を出せと。

 こんな柔軟性のカケラも無く、おまけに不平等な扱いをすれば反発を招くのは当然ですし、あんなバカ女でも一応大臣である輩が「節電と経済効果への支障を最小限に抑える知恵は、同時進行で取り組むべきだ」と述べている以上、特定の業種や業界だけに負担を背負わせようなどと、どうかしていますよ。

 もっとも、バックにいるのが民主党の支持母体である在日ですから、そんな事が出来るわけがないのは百も承知ですけど。

 業界からの献金などだって一杯貰ってますもんねぇ?

 遣る事為す事、本当にセコくて薄汚い連中ですね。
04月15日(金)

またも支離滅裂な言い訳 

13日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

首相発言なかった?…原発周辺「当面住めない」
 菅首相は13日、首相官邸で松本健一内閣官房参与と東日本大震災の復興に関して意見交換した。

 松本氏は会談後、福島第一原子力発電所周辺の避難対象区域について、首相が「当面住めないだろう。10年住めないのか、20年住めないのか。そういう人を内陸部に住まわせるエコタウンのような都市を考えなければならない」と述べたと記者団に明らかにした。

 首相の発言が報道されると、松本氏は改めて記者団に「発言は私の推測だ。首相は言っていない」と述べ、訂正した。首相は13日夜、首相官邸で記者団に「私が言ったわけではない」と強調した。

 松本氏の訂正後の話によると、松本氏は首相に、避難区域には当分「住めない」との見通しを示したうえで、住宅を高所に移したり、自然エネルギーに頼った都市を作る「エコタウン構想」を説明。首相は「それがいいのではないか。内陸部に住む選択をしていかないといけない」と応じたという。松本氏は麗沢大教授で、アジア外交が専門。
(2011年4月13日20時41分 読売新聞)

 このバカどもは恒常的に嘘を吐き過ぎて、もはや自分達でも何が真実か見当が付かなくなっているんですかねぇ?

 もっとも、内容からして松本が暴露したところ、批判が出たので慌てて言ってないと何時もの裏での擦り合わせをした結果、こんな支離滅裂な会話になっているのでしょう。

 そもそもエコタウン構想は救助をおざなりにしたままバ管が先月から幾度も主張してきていたものであるのに、13日にわざわざ松本が説明して、バ管が同意って話があべこべじゃありませんか。

 しかも外交の専門家が?

 全く意味不明ですね。

 どうしてもこれが事実であり、松本による脳内妄想を垂れ流したのが真相だと言うのなら、総理大臣の発言を勝手に捏造してメディアに放言する人間なんて即刻罷免すべきだと思いませんか?

 ましてやその内容は居住の今後に関わる重大なものなのですから。

 でも、しない。

 取りも直さずそれこそが、バ管が本当に述べた発言だった事を裏付けているんですがね。

 まぁ、閣僚が国会で嘘をついてもオッケーだと公式に閣議決定している信じ難いクズ政府ですから、メディアに嘘を幾ら垂れ流しても気にするわけがないのかもしれませんけど、暴言、失言を連発するのが得意なバ管がまたも隠蔽工作に動いたと見るのが一番適切な回答でしょうね。
04月15日(金)

無駄遣い推進担当大臣蓮舫 

14日付けのMSN産経ニュースの記事から

蓮舫氏、自販機悪玉論に反論
2011.4.14 00:18
 蓮舫節電啓発担当相は13日の衆院内閣委員会で、東京都の石原慎太郎知事が節電のため自動販売機の不使用を求めていることに言及し、「石原氏がどういう思いで言ったのかは分からないが、節電と経済効果への支障を最小限に抑える知恵は、同時進行で取り組むべきだ」と反論した。両氏は事業仕分けで廃止判定とされたスーパー堤防や、節電をめぐる花見自粛論などで対立している。

 石原氏は「軒並み自販機が並んでいるバカな国は、世界中にない。便利かもしれないが自分の家で冷やせばよい」と自販機設置を強く批判している。一方、蓮舫氏は内閣委で「清涼飲料業界は主要19社で4・5兆円の売り上げがある。自販機での売り上げは1・9兆円で42%を占める。自販機をなくすのか。そこで働いている人もいる」と、石原知事の批判に反論した。

 何て言うか、取り敢えず役職名を無駄遣い推進担当大臣に改めろと

 取り敢えず国民の味方になるような発言を、反石原の発言をしていれば人気出るし、実力者に反発するアタシってカッコいいとか、そんな低脳な発想だけで生きてますよね、このサル女は。

 金額がどうの、働いている人がどうのとかほざいてますけど、じゃあお前が延期させたプロ野球は何の経済的な損失も無かったとでも思っているのかと

 この1ヶ月の開催遅延によって本来入るべき興行収入が東京ドームなどはゼロになっているのみならず、プロ野球が開催されている事を前提に掲載されている内部の広告について撤退や賠償が問題として上がっていますし、ドームで働いていた人間だってこの期間の仕事が完全に無くなっているんですけどねぇ?

 同じ様に震災以降休止しているディズニーも似たような状態で、こちらもその人員の多くをバイトで賄っていた事が大きく響いており、再開できても人員不足に陥る可能性があります。

 聞いた話では現在は出勤日に対して通常の6割の賃金支払いで対応しているそうですが、元より収入の少ないアルバイトの生活がそこまで減収しては続けるのも難しく、人事担当者は人員の維持、確保に相当汲々となっているそうです。

 となれば、東京ドームだって当然ながら似たような状態になっているはずですよね?

 「人のふり見て我がふりなおせ」と昔から言いますけど、そもそもが日本人でないバカ女はそんな言葉があるって事自体知らないんでしょうねぇ…

 単に気に入らない相手だからと自分がやった事を棚に上げ、更には自分の役職すら忘れた物言いを繰り返すんですから。

 ホント、余りにも幼すぎる。

 まるで反抗期の子どもそのものじゃありませんか、このバカがやってる事って。

 実際に自販機は都内だけで85万台も設置され、その消費電力は1日400万kwと言うのですから、確かに莫大な消費であり、無くなれば相当な節電になるのは事実です。

 無論、バカ女が述べるように企業の業績を圧迫させて雇用にも甚大な被害が出ますし、全部撤去と言うのは幾らなんでも無茶苦茶ですが、ある程度の台数削減などは出来るだろうとも思います。

 と言うのも、オフィスビルなんかでは無駄におきまくっているところとか、路上の一箇所に何台も置いているとか、コンビニが目の前にあるのにおいてあるとか、かなり無駄としか思えないところって結構あるんですよね。

 例えば都内にある某大手通信会社のビルなんて各フロアに自販機が複数台設置され、更には休憩室にも別個で設置されているなど、一つのビル内に何十台もあるなんてケースもあります。

 しかもそのビル、隣にコンビニが併設されていて、おまけに天井付きなので雨の日であろうが問題なく買い物に行けるんですよね。

 こういう状況を鑑みれば、少なくともある程度台数を減らすと言う形での節電には協力できると思いませんか?

 それと、都知事が触れたもう一点、より重要なモノには決して触れないのが如何にも詐欺師集団にして売国集団である民主党らしいですよねぇ?

 そう、パチンコです。

 震災後も自粛や節電ムードなど何のその、まるで我関せずとばかりに平常営業を続けて顰蹙を買う店もあり、ネット上でも新装開店も当たり前に続いていると批判がされたり、民潭が集めた義援金を被災地のパチンコ屋の再建に真っ先に注ぎ込んでいるなんて話も流れている状況です。

 パチンコ店って、総数では年々減少しているんですけど、一方でそれって設置台数の少ない小型店舗が減っているだけで、大型店舗は増え続けているんですよね。

 wikipediaの『パチンコ店』を見ると警察資料として、2005~2010年の6年間で総店舗数は3000店近く減っているのですが、500台以上の大型店舗に関しては増加し続けていますし、東京は国内最大の店舗数(2007年時点で1252店で、2位の大阪が1049店、3位の愛知が747店と圧倒的な数がある)を誇っています。

 東京電力管内で見るとその店舗数は約4000店舗だそうで、1日辺りの消費電力が415万kwだそうですから、自販機と同規模以上の消費であり、一般家庭換算だと40万世帯分以上となる。

 23区の住民は凡そ870万人なので、全世帯が一人暮らしだったと仮定してもこの2つの消費電力なら1割規模の世帯分が賄えると言う訳ですし、実際にはそんな事は有り得ないので、2割以上賄えるとなるわけですね。

 そんなわけでこれらをどうするかは検討に十二分に値すべき問題だと思います。

 特に自販機と違い、非生産的で怠惰の象徴でしかないパチンコなんぞは、正直この機会に全廃へ向けて動くべきだと思いますよ。

 実際に節電担当なんて名前を関しながら節電の為に何もしないどころか逆に無駄遣いを推奨するかの如き振る舞いをし、消費量を賄う為の分母の拡大に努めているわけでもなく、ただただ他人の出した話に駄目出しをしているだけのバカ女と一緒でパチンコなんぞ存在する価値はありませんもの。

 役に立たないどころかこうやって毎回足を引っ張る非生産的な真似しか出来ないのなら、本当に口を噤んでさっさとどこかへ消えろと願わずにはいられませんね。

 YOMIURI ONLINE『戸惑うパチンコ・飲料業界…石原知事に批判され』
 http://www.yomiuri.co.jp/national/
news/20110412-OYT1T00095.htm

 都道府県別統計『パチンコ店舗数 [ 2007年第一位 鹿児島県 ]』
 http://todo-ran.com/t/kiji/12001
04月14日(木)

民主党マニフェストとは何だったのか? 

13日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

子ども手当、10月以降廃止へ…復興財源を優先
 政府・民主党は12日、中学生まで1人当たり月1万3000円を支給している「子ども手当」について、支給期限が切れる10月以降は廃止する方向で調整に入った。

 東日本大震災の復興に多額の予算が必要となるため財源確保は困難と判断した。10月以降、自公政権時代の児童手当を修正した上で支給を継続する方針だ。

 子ども手当は時限立法である「子ども手当法」に基づいて支給されている。政府は、11年度は3歳未満児への支給額を月2万円とするための新たな法案を今国会に提出したが野党の反対で成立を断念し、10年度の支給額を9月まで延長する「つなぎ法」を共産、社民両党などの協力を得て成立させた。

 しかし、10月以降も支給を継続する場合、新たに約1兆1000億円が必要となるため、復興財源の確保を優先することにした。

 子ども手当が廃止されると、恒久法の児童手当法に基づき、所得制限のある児童手当が自動的に復活する。
(2011年4月13日03時03分 読売新聞)

 未来の為、子どもの為と喚いていたばら撒き法案をついに撤廃させて児童手当に戻すと。

 財源として真っ先に切り崩す決断をする程度のものでしかなかったわけですから、つまりは人気取りだけの無用な政策だったと認めたも同然です。

 にも関わらず、「つなぎ法」を可決させたのですから、心底呆れますよね。

 大方、今回の統一地方選への影響を懸念しての行動だったのでしょうが、元々の凋落振りに加えて震災と原発事故でそれすら瑣末事になるほどの無能振りをバ管政権が披瀝してくれていますので、結局は何の意味も無かったと。

 これで高速の無料化、暫定税率廃止、子ども手当てと軒並みマニフェストの看板政策がぶっ潰れたわけですが、それでも政権与党に居座り続けるって態度は改めないのですから、流石は詐欺師政党ですよね?

 普通はこれだけの約束を反故にしたら恥ずかしくてとても人前に顔なんて出せませんよ。

 ましてや原発事故の影響で電力確保の為には火力発電等を使わねばならないのですから、CO2の25%削減なんて誇大妄想としか言いようの無い国際公約も実現不可能どころかむしろ増加へと転じる可能性がありますし。

 マニフェストは完全に画餅と成り果て、政権運営能力はこの2年弱で皆無どころか絶無レベルである事が露呈している以上、民主党が政府与党であり続ける理由は完全に崩壊しています

 一刻も早く総解散を行って消えうせ、その後にバ管だ、汚沢だとクダラナイ内部抗争を人の迷惑にならない山奥にでも篭って好きなだけやり続けてろよと思いません?
04月13日(水)

頭のオカシイ政権 

12日付けのMSN産経ニュースの記事から

「震災の時にどうかしている」 自民・石原氏、郵政特別委設置強行に怒り
2011.4.12 11:56
 自民党の石原伸晃幹事長は12日午前の記者会見で、同日の本会議に出席し、郵政改革法案を審議するための特別委員会の設置に反対する考えを示した。

 特別委の早期設置を強く求める国民新党に配慮し、川端達夫衆院議院運営委員長が職権で本会議開催を決定した経緯から、石原氏は「東日本大震災の復興・復旧に全党挙げてやろうというときに、(国民新党との)連立政権を維持するためだけにこんなことをやるのはどうかしている」と述べ、民主党の国会運営を批判した。

 いやはや、震災から一月以上経ちましたが、11日、そして12日と連続で震度6を超える大きな余震が相次ぎ、まだまだ治まる気配がありませんね。

 普通であればM7クラスなんてそれ自体が大地震と呼べるもののはずなのに、この一ヶ月ほどの間に幾度あった事か…

 都内在住の身ですら繰り返される地震の揺れで軽い地震酔いのような不快な感覚になっているのですから、被災地である東北では相当でしょう。

 そして、未だ先が見えないと言えば原発の問題。

 復旧に向けて動いているはずなんですが、バ管政権による情報の改竄や隠蔽、小出しによってむしろ日を追うごとに状況が悪化しているようにさえ感じられます

 11日には原発から実は1万ベクレルの放射性物質が放出されていたと言い出し、レベルを一挙に最大の7、つまりはチェルノブイリと同等にまで引き上げました

 実に震災から丸一ヶ月も経ってからですよ?

 「最も驚いたのは、このような大量の放射性物質が放出されたと公的に認めるまでに1カ月かかったことだ」「日本の原子力災害、チェルノブイリと並ぶ」との見出しで「何人かの原子力産業関係者は数週間にわたり大量の放射性物質が放出されたと指摘してきたが、日本政府当局者は一貫してその可能性を低く見積もってきた」

 産経によるとニューヨークタイムズでこのような専門家の言葉(読売によるとこれは原発危機管理専門家マイケル・フリードランダー氏のものだそうです)が掲載されていたんだそうで、バ管政権の隠蔽体質が、見事に海外メディアの印象に対してまで悪影響を与えている事を教えてくれます。

 昨年秋の中国漁船による体当たり事件やその後の民主党議員による自衛官暴行事件に端を発する自衛隊法の濫用による言論弾圧事件など、民主党の隠蔽体質を示す事件は繰り返しで起きていたのですが、国民がろくに批判をせず倒閣運動へと繋げなかった結果、それでもいいんだ、やってもいいんだと勘違いしたバ管内閣がこの危機に対応する事となり、こういう事態を招いているわけです。

 そして、対応が遅い、悪いと国内外から散々に叩かれてもバ管は一生懸命やっているんだと、何の実も結んでいない無価値な努力の話をしたり、エコタウンがどうのと遥か未来のどうでもいい話を持ち出すばかり。

 おまけに本来震災と原発の対応を最優先でしなければならない状況であるのに、与党民主党が国会でやっている事はと言えば、中国人へのビザの更なる緩和だの、記事にある郵政改革がどうのだのと誰も望んでいない話題を勝手に推し進めているのです。

 前者はお得意のご主人様である特アへの媚び売りの為、後者は国民新党の亀井に媚び売りと、まさにクズのクズによるクズの為の政治をやっています。

 しかも郵政の方は民主と国民新、そして社民に加えて公明も賛成しているというのですから、本当に何を考えているのかと。

 かと思えば民主党の議員、それも国土交通政務官をやっている小泉俊明が議員会館を使って政治資金パーティをやって震災をテーマに金稼ぎしようと目論んでいた(衆院議院運営委員会理事会による中止要請とメディアによる批判で中止したそうです)のですから…

 それでも尚、バ管は総理の椅子にしがみ付いて放す気はないようですので、政権交代を実現しようと思ったらそれこそバ管が病気や事故、或いは暗殺などで死ぬような自体にでもならない限り無理なのでしょう。

 昨年の参院選、そして今回の統一地方選で敗北を繰り返しても民意など意に介するつもりは全く無いのですからね…

 いやはや、あのルーピーの時でさえ辞めろとは思っても死んでくれとまでは思いませんでしたけど、ここまで悪質かつ粘着質な輩では流石にそれを願わずにはいられませんね。

 MSN産経ニュース『「1カ月後の確認」に驚き 米紙、政府対応遅れを批判』
 http://sankei.jp.msn.com/world/
news/110412/amr11041213500003-n1.htm

 同『民主・小泉氏が国会でのパーティー中止』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/110412/stt11041221210014-n1.htm

 YOMIURI ONLINE『レベル7引き上げは当然…海外の専門家』
 http://www.yomiuri.co.jp/world/
news/20110412-OYT1T00985.htm?from=main3

 同『震源の南、M5以上多発「地盤への力が変化」』
 http://www.yomiuri.co.jp/science/
news/20110412-OYT1T00392.htm
04月12日(火)

海外メディアにまで税金のばら撒き 

11日付けのMSN産経ニュースの記事から

日本政府が韓国紙に感謝の「絆」広告 末尾に菅首相の署名
2011.4.11 09:23
 【ソウル=加藤達也】11日付の韓国紙朝鮮日報は、東日本大震災に対する支援を感謝する日本政府の広告を掲載した。広告は、漢字で「絆(きずな)」、英文で「絆に感謝します」と題し、縦29センチ横18・5センチで1ページの約3分の1の大きさ。末尾に菅直人首相の署名がある。

 地震や津波被害への支援に対し、「われわれは、全世界の皆さまが与えてくださった絆に、深く感謝しております。支援をしてくださったすべての国と地域、そして皆さまに、心から感謝の言葉を申し上げます」と表明。復旧状況にも言及し、福島第1原発については「全力を挙げて安定化努力を継続しています」と述べている。

 他人への配慮など丸っきり出来ない民主党内においてさえ空気の読めなさトップを獲得できる無思慮男のバ管ですが、こと特アの国に対してだけは類稀な配慮の能力を発揮します

 震災直後、即座に救援隊派遣の準備を整えた台湾に対して中国様が先だと、中国の救援隊が到着した翌日まで2日以上の足止めを行いました

 中国様、韓国様が救援隊を派遣してくださったぞと、中韓両国の救援隊に対してだけ外務副大臣2人が揃って空港までお出迎えに行き、他の国の救援隊とで明確な差別をしました。

 ロシアが偵察機や戦闘機で防空識別圏を侵犯しても、救援を受けているからと問題を混同させて一切の抗議をしないと決めました。

 そして今度は、朝鮮日報に総理大臣の署名入りで政府の広告を新聞掲載したというわけです。

 前線で救援活動をやってくれている米空母に対しては代理人として防衛大臣を送り込んで自分は官邸に居座り、タイへの感謝広告は現地の日本大使館にだけ対応させ、そして挙句には100億円以上の義援金をくれた台湾は存在を無視し続けているのによくもまぁ。

 第一、そんな事に使う金があるのなら、被災者への義援金が何時渡るのかも分からないのですから、一時金として支払うとか優先して使うべきものがあるとは思わないんですかねぇ?

 派遣村の対応を都に押し付けた挙句、一時金として1人辺り2万円も支払わせたくせに、そういう事に国の金を使おうって発想は無いんですから呆れますよね。

 当の朝鮮日報を見ると、「日本政府は予算上の都合から、支援してくれた国に感謝の気持ちを表す広告を、各国で最も代表的なメディアにだけ掲載することにしたという」と、韓国だけではないって事が書かれていますし、9日の毎日の記事にも「各国の新聞」「対象は米国、中国、韓国をはじめとする各国の有力紙」なんてあるわけですが、130を超える国から支援(自民党の小野寺議員の話に寄れば130どころか160カ国だそうです)の表明を受け、様々なメディアが日本への救援を呼びかけている状況で、どう対応したのかを、政府は隠蔽しているんです。

 今紹介した毎日の記事には、「実際に何カ国、何紙が首相メッセージを掲載するかは「寄稿文を受け取るメディア側の判断に委ねられるため、現時点では見通せない」(官邸筋)。政府広告も予算に限りがあるため、掲載は数紙程度にとどまるとみられる」と書かれており、実際に救援活動や支援、義援金など助けてくれた国の中でさえ差別的な扱いを日本国政府として行ったようであり、これでは大半の国へは恩を仇で返す真似にしかなりません。

 しかも11日の一斉掲載のはずなのに、話題が入ってきているのが韓国の朝鮮日報だけで、状況が丸っきり不透明ですし。

 まぁ恐らく、原発関係で助けてもらっているアメリカとフランス、そして特アの中国とそして既に掲載が判明している韓国に加え、あとは防空識別圏侵犯すらなかった事にするほど感謝をしているロシアに対してで、あとはイギリスなどが入っているかどうか程度でしょう。

 いずれにしても、震災は未だ余震が治まらず今月に入ってからも大きなものが続いていますし、原発も解決への目処が立っておらず、被災者は一時帰宅さえままならないのに、節目だから感謝の言葉って…盆と正月に手紙を出す感覚でのお役所対応とは、いやはや本当に素晴らしい政治主導ですよね?

 官僚主導と何処が違うのか、むしろ官僚以上に硬直化しているし、元々の能力は遥かに欠落していてむしろ足を引っ張り続けている分、遥かに有害だと言えます。

 最優先が売名と売国のパフォーマーを排除できないのなら、せめて誰かこのバカの頭に、今必要な事と、その優先順位のインプットをしてやる係りはいないんでしょうかねぇ?

 MSN産経ニュース『日本大使館がタイ紙に感謝の広告 新聞社の善意で無料に』
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/
110331/asi11033121000001-n1.htm

 朝鮮日報『東日本巨大地震:「韓国、ありがとう」 日本政府が本紙に広告』
 http://www.chosunonline.com/
news/20110411000003

 毎日jp『震災支援で世界へ感謝メッセージ 11日の各国新聞に』
 http://www.tokyo-np.co.jp/s/
article/2011040901000124.html
04月11日(月)

逆効果にしかならないバ管の視察 

10日付けのMSN産経ニュースの記事から

「がんばれしか言えないのか」 菅首相が視察の石巻で住民が不満の声
2011.4.10 12:35
 菅直人首相は10日、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市を視察に訪れた。被災地訪問は3回目となるが、同市の石巻商業高校に避難していた住民からは「がんばれしか言えないのか」「もっと具体的な対策を教えてほしかった」と不満の声があがった。

 午前11時15分ごろに同校入りした菅首相は、自衛隊と共同で周辺のガレキ撤去にあたっている米軍の兵士らに「ありがとう」と声をかけた。その後、約60人が避難している校舎内を訪れ、住民らに状況を聞いて回った。ほとんどの住民が家屋の片づけなどで外出しており、校舎内には15人程度しかいなかった。

 市関係者によると、5~6つの教室に別れて生活している住民を1カ所に集めるように、政府側から市に要請があった。しかし市側は「それでは避難所の実情が分かってもらえない」と拒否。当時は1教室に2~3人しかいない状態だったため、菅首相が訪問したのは2部屋だけだった。

 女川町から同校に避難していた漁師の男性(34)は「首相には笑顔で握手され、『がんばってください』と言われた。それしか言えないのだろうが、自分たちが欲しいのはそういうことではない」。

 自分のいた部屋に菅首相は来なかったという別の漁師の男性(38)は「1年なのか2年なのか、復興にかかる時間を明確に示してもらいたかった。石巻には一度来る予定だったのが流れていたから、来ないわけにはいかなかっただけだろう」と話した。

 バ管の面目躍如ですね。

 抽象論と、明日への不安で一杯の人間に意味の無い「頑張ってください」コール…不安と怒りを煽り、対応に奔走する現場へ迷惑を掛けに行っただけとは、いやはや、流石です。

 挙句住民を一箇所に集めろだのって、何を考えているんだか。

 せめてや両陛下や皇太子夫妻のような皇族による被災者への慰問を見習うとか出来ないんですかねぇ?

 被災者にしてみれば家も無ければ仕事も無い、まさに明日の事も分からない状態で頑張れなんて言われても、何をどう頑張ればいいんだと怒りたくもなるでしょう。

 迅速かつ適切にそこを解決するのが政府の仕事なんですが、最高権力者である総理大臣として被災地へ乗り込んでおきながらただ見て周り、頑張ろうと気炎を上げただけ…何処までも役立たずですね。

 「首相には笑顔で握手され、『がんばってください』と言われた。それしか言えないのだろうが、自分たちが欲しいのはそういうことではない」

 バ管の低俗さ、そして現状認識能力の絶無っぷりをこの言葉が全て表しています。

 何よりもまず安定した生活基盤を取り戻すのが大事なんですけど、政治主導を謳いながら無能すぎて何も出来ないものだから未だに仮設住宅の供給も安定していないし、職や生活費の問題も何ら解決の目処どころか取っ掛かりすら見つかっていない…

 復興への具体的な見通しが無いというのも然り。

 所詮は大前研一の論をそのまま使っているだけなんですから具体性が無いのも当然でしょうね。

 復興だと謳いながらも国民の方を向かず、輝く自らの未来に向かって我田引水をしているだけなんですから、批判の声が上がるに決まってますよ。
04月10日(日)

結局、民間で動くしかない 

7日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

東電、今夏5千万kw確保…計画停電回避目指す
 東京電力の今夏の電力供給力が、従来計画よりも350万キロ・ワット増え、5000万キロ・ワット近くに回復する見通しであることが7日、明らかになった。

 東電は今夏の電力消費のピークを5500万キロ・ワットと見込んでいる。供給能力の拡大と、政府による電力の使用制限や企業や家庭の節電による電力需要の削減を進め、計画停電をできる限り回避する考えだ。

 従来計画では再開を見込んでいなかった鹿島共同火力(茨城県鹿嶋市)について、今月にも4基ある発電機を順次、再稼働させる方針だ。同火力は、東電と住友金属工業の折半出資で、最大で140万キロ・ワットの電力を供給できる可能性が出てきた。

 また、タイ政府から三菱重工業製のガスタービン発電機2基を無償で借り受けるなど、国内外から発電機の調達を急ぎ、数か月で発電能力をさらに100万キロ・ワット以上上積みする。

 このほか、強力な自家発電装置を備えた製造業などからの余剰電力の買い取り、既存の火力発電所の稼働率向上などで、電力需要がピークとなる7月末前後の電力供給力を、従来計画の4650万キロ・ワットから5000万キロ・ワット近くに増やす。
(2011年4月7日14時39分 読売新聞)

 電力量確保に、どうやら東電は動いていたみたいですね。

 しかし、タイ政府からのガスタービン発電機のレンタルとかって、本来は外務省や経産省と言った政府が主導してやるべき事なんじゃないのかと

 まぁ、経産省のトップは安全地帯からハイパーレスキューを恫喝したあのクズですし、外務省は別名害無省の異名を持つ役立たず省庁の代表格ですから、関わっていなかったとしても驚くほどじゃないのかも。

 何よりそれを取り仕切っているのがパフォーマンスしか芸の無い民主党政権ですし。

 そういえば前回紹介した小野寺議員の話の中に、害無省がこの被災状況でまたも役立たずっぷりを示したエピソードがありましたっけ。

 東北の水産工場に勤務していて被災した中国人女性研修生らが帰国したいと希望していたため、小野寺議員が害無省に掛け合ったところ、なんと「それは中国政府の話です」と蹴られたというのです。

 その為、小野寺議員が直接中国大使館の領事に掛け合って、パスポートが無くても帰国出来るように手続きをし、空港へのバスまで自信の事務所で手配したそうです。

 つまり、外国人の救済に関して俺の仕事じゃねーよと害無省は突っぱねて何もしていないわけです。

 原発の汚水放出にしても、外務省、そして経産省や農水省が外国や地元の事業者に何の通達も無く行っており、丸っきり機能していない。

 元々役立たずなのに加え、舵取りをすべき船頭がその数ばかり増やして会議、会議と喚いているだけなのですから当然と言えば当然なんでしょうけど、余りにも粗末です。

 今回取り上げている電力の枠拡大同様、官僚主義のセクショナリズムと自らの保身第一という思考がこびり付いているところに、無能で独裁的、かつ保身最優先のクズ政党が取り仕切っていることから自らが国の、つまりは国民への奉仕者であるという事すら念頭に無くなってしまっているんじゃないでしょうか?

 今夏の必要予測値は5500万kw

 タイからのレンタルに加えて余剰電力の買い取り、火力発電の効率化などで従来より350万kw程度増え、5000万kw程度は供給できる見込みとはいえ、それでもまだ500万kwは足りないわけです。

 ならば、同様に他国から借り入れが出来ないか、或いは建造中のタービンの買い取りをさせてもらえないか交渉をするなど、国として出来る事があるんじゃないでしょうか?

 経済活動を権力が規制するのは云々とほざきながら、使用量に十把一絡げな制限を科すなんて阿呆な検討をする暇があるのなら、役立たずの害無省などを働かせて状況の調査位してみろと。

 小泉政権時代の民間の事は民間でという姿勢を批判していながら、この非常時においてまったく機能せず、結局支援も復興も民間が個別に対応している有様なんですから、何処までも役に立たない政府ですね。

 時事ドットコム『首相はパフォーマンス=飯島勲元首相首席秘書官-論客に聞く』
 http://www.jiji.com/jc/
c?g=pol_30&k=2011040800996
04月09日(土)

本気で国を潰しに来た民主党政権 

7日付けのMSN産経ニュースの記事から

政府の節電目標、大口は25%削減 小口、個人にも設定
2011.4.7 18:34
 今夏の電力不足に対応するために政府が策定中の節電計画案が7日、分かった。契約電力が500キロワット以上の大口需要家はピーク時に比べ25%削減、同50キロワット~500キロワットの小口需要家は20%減、50キロワット以下の家庭用は15%減の節電目標を設定する。日本商工会議所の岡村正会頭が7日の会見で明らかにした。政府は8日にも電力需給緊急対策本部を開き、この節電目標を正式決定し、週内にも公表する。

 節電目標について、大口需要家には実効性を担保するため電気事業法第27条に基づく電力使用制限を発動するが、小口や個人の電力使用量は強制にせず自主目標とする。

 この目標について岡村会頭は「自主的に節電を行わなければならない中小企業などの小口需要家は、昨夏の最大電力使用量を知らないと20%削減の目安が立たない」と指摘。このため、東京電力に対し「小口ユーザーに対し、昨夏のピーク時のデータを公表することを依頼した」と述べた。

 「権力で自由な行動や社会活動を制限するのは最低限にとどめるべきだ」

 こんな事を節電担当の大臣がほざきつつ、各公園の自主判断で行っている花見でのライトアップなどの自粛に政府として制限を掛けたり、プロ野球の開催に苦言を述べて延期をさせたり、電力会社の値上げを止めようとしたりと奔走してきた詐欺師政党ですが、今度は電力使用量を細かく制限しようと乗り出したようですね。

 はてさて、愚劣な節電担当大臣の台詞は本当に何処へ行ったのやら?

 この大雑把で適当極まりない設定の仕方、絶対に何も考えずただ数字を出すだけという無能政党の何時もの詐欺的な遣り口ですよね。

 二酸化炭素削減の25%目標だとか、マニフェストの財源や予算額などと一緒で設定にそもそもの論拠が何も無いし、何で単純な使用量で制限幅を設定しているのかだって考えてなどいないのでしょう。

 もしこれが実行された場合、どうなるか?

 例えば都内にある超高層ビルだった場合、電灯の使用時間を昼間明るい時は全面的に止めるとか、使用本数を半分以下に抑えるとか、或いは空調の温度設定を見直すなどで達成出来るでしょうけど、工場の場合はもはやそんなものではどうにもならず、操業そのものに制限を掛けねばならないって自体にもなるでしょうが、その結果、復興に多大な影響が出たり、人員整理や或いは倒産という状況を招く事になるかもとは、何で思わないんでしょうかねぇ?

 ただでさえ今時無駄な電気を好き勝手に使っている企業なんてまず有り得ない状況なのに。

 日本が誇る某大手企業の中には、普段から通常の節電対策だけでなく複数あるエレベーターの一部を停止するなど切り詰められるだけ切り詰めた対応をしているところもあり、政府の愚かで単純なノルマ設定に、現状の人員を維持したままの達成など難しい、不可能だというところも決して少なくないでしょう。

 経済にも大きなマイナスとなりますし、失業率だって大幅に悪化するでしょうね。

 むしろこの状況で使用可能な電力量の増加への対策をどれ程取っているのか疑問です。

 例えばロシアからは天然ガスの供給について、15万トンという大幅な提供の話がありましたよね?

 石炭も300~400万トンの追加について検討しているとありましたが、問題は貰ったそれを利用できるのかという点です。

 3月の段階ですら電力使用がオーバーしてしまうからと計画停電が必要だったのですから、夏場に足りなくなるなんてのはサルでも分かる話であり、だから切り詰めろと論理展開をするのでは、小学生に政治を任せるのと大差ないと思いません?

 むしろ、天然ガスなどの輸入量を増やし、それによる発電量そのものを増やさねば意味がありません。

 つまりは発電用タービンを大量に購入し、投入して使用量の安定を図ると。

 発電用タービンは日本なら三菱重工、アメリカならGEと、ジェットエンジンの開発を行っている企業の専売特許であり、ものによっては最短4ヶ月程度で造れるというのですから、国内のみならず欧米など海外からも買い漁っておけば中には8月頃には投入できるものがあるかもしれません。

 温暖化が問題になり、日本でも毎年熱中症による死者が出ているのに、政府の命令で冷房器具が使えませんとなれば今年の夏は欧州並みに死者が増えるかもしれませんし、夏場が終わっても数ヵ月後には冬場が来るのですから、何時までも使用量の抑制などで乗り越えられるものではありませんよ。

 そういう対策をどれ位やっているのかが丸っきり見えないんですよね、バ管政権には。

 出てくる話題はこういう頓珍漢なものや山を切り開いて町を造り、海へと通うエコタウンだのと愚劣かつ何時の話だと呆れ返る大言壮語ばかりで、今、そして明日をどうするかというまず最初に超えねばならない問題への対応が全く無い

 経済活動を制限するなというような事をほざく一方で、電力使用量に大幅な規制を設けて国民に負担を強いるなど意味不明な事を繰り返し、避難中の人々をどう導くのか、どう生活基盤を与えるのかなんて何も考えていないのですから。

 例えばエコタウンとやらを造るのにはまず、被災地を更地にし、更には山を馴らしてから家の建設を行い、更に更に港など沿岸の施設建設とそこまでの交通網の整備、そしてそこに住み、生活する人々の手配と、最低でも数年は掛かる話ですが、それまでその人々は何処で何をして生きていればいいのでしょう?

 余所へ移り住み、そこで生活基盤を新たに構築した人々に、街を造り終えたから戻って来いと政府としてソ連などの社会主義国みたいに居住や職業の強制でもするつもりですかね?

 取り壊しが決まっている赤坂プリンスホテルに被災者を受け入れる事になっていますが、宿泊費はタダなものの、食費は必要(確か朝が300円、昼夜が500円だったかと)であり、それとて利用できるのは6月30日までだと言うのですから、その間の生活費やその後の生活基盤の安定化が何より必要なのに未だ義援金の分配についてどうするのか決まっていないどころか漸く話し合いが始まろうって段階(状況の違いはあるものの、阪神淡路大震災の時には2週間後には第一次の分配が始まっているのに、今回は一月近く経った今でも話し合い前の段階)なんですから、連中の掲げた政治主導が如何に看板倒れの紛い物か分かります。

 他国からの支援も因縁を付けて受け取らないケースが多く、台湾の救助隊が2日も無駄に足止めを食らったり、フランスからの放射線防護服が使用されずに倉庫へ放り込まれていた、閣僚がちょろちょろと小出しにするように現場視察をしてその都度対応の人員を裂かねばならないのに、権限を持っていないために来ても邪魔なだけで何の役に立たない(何せ総理大臣からして、何をしにきたのかと問われる始末)など、呆れ返る話が幾つもありますし

 役立たずどころか混乱させる真似ばかりしている政府に対し、自民党の小野寺五典衆院議員や民主党の黄川田徹衆院議員ら実際に地元で実家などが被災している議員らが怒り、嘆くのも当然です。

 この混乱に乗じ、経済を完全に破壊しに来たとしか思えない振る舞いの数々ですからね…

 ニコニコ動画にBS11で先程記した小野寺五典衆院議員が、今回の震災での民主党の無能っぷりとその為に自民党が無駄な奔走までさせられている状況を40分以上に渡って述べていた動画がありますので、アカウントのある人は是非とも見て頂きたいです。

 ニコニコ動画『もはや人災 予想以上の無能っぷりを晒す民主党政府』
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm14098254
04月08日(金)

不満はあるだろう 

7日付けのMSN産経ニュースの記事から

沖縄「ゆすり名人」発言のメア氏が米国務省退職 更迭に不満漏らす
2011.4.7 10:53
 日本や沖縄に対する差別的発言をしたとして、米国務省日本部長を先月10日に更迭されたケビン・メア氏が4月6日付で同省を退職したことが分かった。国務省が同日明らかにした。

 退職理由は不明だが、関係筋によると、メア氏は報道された発言の内容は正確ではないとして、更迭に不満を持っていたという。

 メア氏は更迭された後、省内に設置された東日本大震災の対策本部に加わり、各国政府や非政府組織(NGO)などとの連絡や調整を担当していた。

 同氏は、昨年12月に米大学生らに省内で行った講義で、沖縄の人を「ごまかしとゆすりの名人」と発言していたことが発覚。先月訪日したキャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が、松本剛明外相との会談で米政府として公式に陳謝するなどの問題に発展していた。(共同)

 ま、満足な弁明の機会すらないままに更迭ですから、不満があったとしても不思議ではないですね。

 日本では沖縄の左翼新聞2紙に加えて朝日新聞という日本のサヨク御用達の偏向報道新聞社が大々的にバッシング記事を書き、更には社説で内容を一層歪めて差別思想全開のバッシングまでしていましたし

 それに、言ってしまった事自体は立場上非常に問題がありましたけど、実際に沖縄がゆすりやたかりによって現状を維持できているのもまた紛れもない事実ですしねぇ?

 米軍の基地移設に関して拒絶するけど、その件で出される金は寄越せと要求している姿などその典型ですし、さも自分達だけが常に被害者であるかのように主張する姿もまるで特アの人間に瓜二つです。

 基地の7割が沖縄にあるから被害はほぼ一手に沖縄が引き受けているだのってトリック、先日の朝日新聞社説の偽装工作など、幾度もそれらについては記してきましたけど、沖縄県民が「ごまかしとゆすりの名人」である最大の理由はなんと言っても『沖縄振興特別措置法』の存在について口外せず、自分達だけがその恩恵に肖り続けている事を当たり前のものだとしている事でしょう。

 最後に何時ものようにアドレスを記述するので気になる方は是非とも見て欲しいのですが、端的に言ってしまえば沖縄に関するあらゆることと言える位様々な事に、沖縄以外の日本に住む人間と隔絶した優遇措置や援助金が支払われるという法律です。

 航空燃料や自動車のガソリンなどの税金に対する減税などを始め、貿易品の減免措置、事業などを行う際の援助や支援など、実に120条にも渡る壮大なもので、条文の数で行けば日本国憲法が103条までなのですから、その1.2倍にも上る規模の沖縄を特別に優遇する為だけの法律と言えます。

 実際に沖縄に行った事がある人ならば、例えば欧州の高級化粧品などが税の減免措置によって沖縄以外の日本で買うのに比べて断然安くなっているというのを目にした事があるのではないでしょうか?

 或いはレンタカーを利用していて、途中で給油しようと思ったらガソリンの値段が異様に安かったとか。

 聞いた話ではガソリンの場合だと7円ほど他より安くなるそうですが、普通は離島などの場合、輸送コストが掛かる為ガソリンとかって高くなる(実際、日本で一番ガソリンが高いのは対馬です)んですよね。

 被害者ぶってはいるが、それに見合うだけの恩恵もまた十二分に受けているのであり、それにも関わらず主要産業が相変わらずの観光業であるとか、失業率や学力がダントツで悪いだとかってのは結局沖縄県民そのものに問題があるからって事です。

 特アの人間のように他人へ寄生して生きる生活に慣れ、しかも相手がそれを叱るどころか強く言われれば一層配慮だ何だと甘やかすからより調子に乗って自分達を正そうとしないし、如何に恵まれた環境にいるのかを理解しようとすらしない。

 現在も震災の救助や支援にあれほど米軍が頑張ってくれているのに、沖縄の2紙は丸っきりという位全然にその事実を報じておらず、「実際に支援活動をしている海兵隊の写真は1枚も掲載されていない」状況で、逆に米軍の救援活動が基地存続の為に政治利用される可能性がどうのと一層反米思想を強めているというのですから…

 産経の記事に寄れば、事実誤認(意図したものだという可能性もタイムスや新報なら十二分に有り得ますが)による批判などもしているそうですし。

 つまるところ、こういう風に沖縄は土壌そのものの段階で腐っているから「ごまかしとゆすりの名人だ」などと言われるんですよね。

 このように沖縄の方にも十二分に言われるだけの素地があるのに、それを隠匿して報じないメディアの腐敗もまた大きな原因ですし。

 加えて、朝日などは日本で、正確には沖縄で県民からメア氏がどのような体験をさせられていたかについて絶対に触れませんが、石垣島での一件など反米感情に彩られた県民やサヨク活動家から不快な思いをさせられた経験があるのですから、彼らについての説明で好意的な補正が掛からず、ありのままを語ったのだとしても不思議はありません。

 同じ在日でも、前原による違法献金事件での朝日社説とメア氏の発言に対する朝日社説の落差を見れば分かるように、それが中国人や朝鮮人などだとプラス補正が大幅に掛かった好意的な見方で擁護をされますが、米軍や米国政府の人間に対しては逆にマイナス補正が大幅に掛けられて卑劣な貶めをされるのですから尚の事、日本に対して、或いは沖縄県民に対してよい感情を抱くなど難しい限りでしょう。

 実際には中国人や朝鮮人は米軍など足元にも及ばぬほど犯罪を引き起こしており、存在する事自体害悪であって米軍のようにプラスになど何らなっていないのですがね。

 今回の震災と原発事故による一連の騒動でも、日本人と協力して助け合うとかではなく、中国人や朝鮮人の中には祖国へさっさと逃げ出しており、酷い例になると子どもを見捨てて自分だけ逃げ出している輩もいたと産経が報じていますし。

 まさに都合の悪い事実は隠蔽し、被害者面をして何時までも特別待遇を要求し続けるヤクザの如き「ごまかしとゆすりの名人」である沖縄県民と、それを支える朝日のようなクズの連携によって現在の腐敗しきって自立など夢のまた夢である沖縄という地方が出来上がっているのです。

 発言してしまった事そのものには立場上大きな問題がありますし、その責任を取らされるのは当然だと思いますが、しかしまぁ、そういう事をハッキリと述べたくなる心情については十二分に理解する余地はあると思いますよ。

 e-Gov『沖縄振興特別措置法』
 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/
H14/H14HO014.html

 MSN産経ニュース『沖縄、米軍への共感じわり 地元紙は「普天間問題に利用」主張』
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/
news/110407/dst11040700390001-n1.htm

 同『「原発怖い」永住中国人妻ら 子供置き去りで帰国相次ぐ』
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/
news/110326/dst11032601230007-n1.htm
04月07日(木)

より悪化するダーティでクローズな政治 

6日付けの時事ドットコムの記事から

菅首相の「ぶら下がり」、廃止を検討
 東日本大震災発生を機に中断している菅直人首相の「ぶら下がり」取材について、首相サイドが廃止を検討していることが6日分かった。もともと記者団との一問一答方式のやりとりに消極的とされる首相自身の意向を踏まえたものとみられる。

 ぶら下がりは、鳩山政権では1日2回だったが、菅政権になり1日1回に減った。さらに、3月11日以降は、内閣記者会の再三の要請にもかかわらず、「震災対応を優先する」との理由で、首相は一度も応じていない。

 枝野幸男官房長官は6日の記者会見で、首相のぶら下がりについて、震災対応に影響しない範囲で応じるよう首相に伝えているものの、首相から回答はないと説明した。首相は同日夜、官邸を出る際、「もうぶら下がりはしないのか」との記者団の問い掛けに、「ご苦労さん」とはぐらかした。
(2011/04/06-22:24)

 「開かれたクリーンな政治」…こんな文言を謳ったバ管内閣の1年経たぬ姿がコレですよ。

 民主党政権に幻想を抱けるバカって何を見て、何を感じてそんな妄想に浸っていられるんですかね?

 産経などは反民主の姿勢が強い為、記者会見でずっと無視されて一度も質問が出来ないなんて事もあるそうですし、都合の悪い演説をされたからと自衛隊法を捻じ曲げて民間人に濫用するなどの言論統制、中国漁船による領海侵犯と体当たりに関する事件での露骨な情報隠蔽と中国への媚び売り態度、気象庁の予測データの隠蔽や避難指示の二転三転…開かれてもいないし、クリーンなどとは正反対の政治を実行し続けた挙句、最後には国民との対話どころか仲介役とも言えるマスメディアとの接触すら拒絶とは、流石は独裁政党です。

 その一方で自らを高杉晋作に準えたり、ドゴールに準えたりと大物ぶるのは大好きな小物ですよね。

 記者会見はろくにしないし、しても予め決めていた3人程度と中身の無い質疑をして終わり、ぶら下がりはしない、米軍へのお礼は他人任せなくせに防大の卒業式での訓示には震災対応を放り出して出張る。

 おまけに天皇皇后両陛下が状況を鑑みて都内の武道館へ避難している人達の元をまず訪問され、今月8日以降に埼玉や福島の避難所を訪問する計画だと言うのに、バ管は無理に被災地の避難所へ行く事に固執し、挙句は言った先で「何をしにきた」と邪険にされる始末。

 無能な上に、パフォーマーとして生粋の目立ちたがりなものだから周りの邪魔ばかりしているんです。

 その最たる例である被災翌日の原発視察問題。

 これに関して政府が「3月12日実施の1号機の緊急措置「ベント」の開始時刻を、4時間余り早め、書き換えていた」との事実が判明しています。

 連日のように情報の隠蔽やこういった操作が判明しており、一部の愚かな有権者が何時までもこのダーティでクローズな政権を支援し続けた為に、現在の状況を招いた、そしてなおも悪化させ続けているのは間違いの無い事実であり、このままでは我々は何を信じていけばいいのかすら悩む事になりそうですね。

 スポーツ報知『官邸HP「ベント」開始時間を書き換え』
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/
news/20110407-OHT1T00034.htm
04月06日(水)

あってはならない政権 

4日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

蓮舫氏、節電対策の電力料金値上げ「あってはならない」強調
2011.4.5 10:29
 蓮舫節電啓発担当相は5日午前の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、夏場に向けた節電対策として電力料金の値上げが注目されていることについて、「現段階において電力料金を上げるというような話はあってならない」と述べた。

 蓮舫氏は、値上げによる節電効果について「平時であれば電力需給の抑制に一定の効果は一般的に出る」としつつも、「こういう事態において節電あるいは通勤通学の不便も我慢していただいている」と指摘し、値上げすべきでないとの考えを強調した。

 バカの考え休むに似たりと申しますが、それ以前に考えるという動作をしてもいないってのはどう表現すればいいんでしょうかねぇ?

 頭の中にあるのは国民へのアピールだけなんですから。

 つい先日、石原都知事が一杯飲んで歓談する状況じゃないと発言したことに対して、「権力で自由な行動や社会活動を制限するのは最低限にとどめるべきだ」とこの阿呆は噛み付きました。

 しかし、その前月にはプロ野球へナイトゲームの自粛のみならず、開催日の延期を要求していたのは他ならぬこの阿呆でした。

 そして現在、電力会社の値上げ検討に噛み付く一方、政府として「会社の始業時間を1時間程度早めるよう要請する考え」だと言うのです。

 阿呆の弁をもう一度書きますよ?

 「権力で自由な行動や社会活動を制限するのは最低限にとどめるべきだ」

 どうです?

 この女や、民主党政府が考えてものを述べているように見えますか?

 この状況で3月に東京などでプロ野球のナイトゲームを開催するだとか、花見が出来ないとか、電気代が値上がりするだとか、国民が不満を抱く事に取り合えず反発しておけば人気が取れるだろうとの浅薄な考えに基いているだけなのが丸見えですよね?

 それに、朝を1時間も早めたところで終業がその分1時間早まるなんて一部の優良企業だけでしょうし、そんな事をすれば現在の住居では仕事に間に合わなくなる人間も出てくるでしょうし、朝の通勤時間が無理矢理狭められるわけですからラッシュの混乱はトンでもないことになるでしょう。

 例えば千葉から東京までですが、8時出勤が7時になり、始発でも間に合いませんとか、7~9時のラッシュが6~9時になり、当然ながら混乱による遅延が早朝にシフトする分混乱と遅延も早くから始まって尾を引くと思いません?

 その混乱緩和の為に企業によっては始業時間を遅くしていたり、フレックスタイムだのと導入して勤務時間帯をずらしているのに、これでは制度を利用するのも憚られるようになるとは考えないのでしょうかねぇ?

 いやはや、どっちが「権力で自由な行動や社会活動を制限」しているんだか?

 「あってはならない」のは、こういう出鱈目を当たり前にやってのける民主党政権そのものこそですよ。

 47NEWS『企業の協力必要 節電効果限界も』
 http://www.47news.jp/CN/201104/
CN2011040401001057.html
04月05日(火)

心からの感謝を他人に述べさせるクズ 

4日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

防衛相、米空母訪問「心から感謝申し上げる」
 北沢防衛相は4日、東日本大震災を受けて米軍が展開中の「TOMODACHI(トモダチ)作戦」に参加し、三陸沖で活動中の米海軍原子力空母「ロナルド・レーガン」を訪問した。

 北沢氏は約2000人の米軍兵士らを前に、「今回の災害ほど貴国を友に持つことを心強く思ったことはない。心から感謝申し上げる」などとする菅首相の謝辞を代読した。その上で、「日米共同の救援オペレーションが両国民の胸に熱く刻まれ、今後の日米同盟のさらなる深化につながるものと確信する」と強調した。

 同行したルース駐日米大使は「皆さんが今後、様々な挑戦に立ち向かっていく際、我々を必要とするいかなる時でも、いかなる場所でも米国は日本の力になることを決して忘れないでほしい」と述べ、全面支援を約束した。
(2011年4月4日19時27分 読売新聞)

 流石は初の観艦式を代理人にやらせる民主党

 汚染の危険を冒しながらも助けてくれた友に、心からの感謝を述べるのさえも代理人の仕事で済ませるとは

 礼儀なんて概念そのものが欠落しているんでしょうね。

 あれだけあっちこっちと視察だなんだと我侭をこいて遊び歩く暇はあるくせに、救援に尽力してくれた同盟国へ直接感謝を述べに行く時間は無いってんですから。

 呆れますよ~。

 朝日の『首相動静-4月4日』を見ると、バ管はこの4日は朝9時に官邸に到着し、以降一切外出せず、7時18分に公邸へ帰っているんです。

 もっとも忙しい時期に平然と防大の卒業式に出張ったりしていたくせに、こんな暢気な日程でありながら、前線で救援を行ってくれている空母へ御礼を述べに行く時間は無いってんですから。

 おまけに、先程記したように勤務状況を既に通常業務へと切り替えていながら、バ管はぶらさがり取材を未だに拒絶し続けており、やりたい事だけやって、そうでない事は部下へ押し付けるという真似を続けているんです。

 いやはや、我侭放題でどうしょもありませんね、バ管のクズっぷりは。

 asahi.com『首相動静-4月4日』
 http://www.asahi.com/politics/
update/0404/TKY201104040272.html
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果