徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月30日(木)

新たな白人狂信集団現る 

29日付けのasahi.comの記事から

イルカ漁のいけす網切られる 和歌山・太地町
2010年9月29日21時22分
 イルカ漁が行われている和歌山県太地町の太地港で今月下旬、イルカが入れられた複数のいけすの網が切られていたことがわかった。いけすを管理する町開発公社や漁師から被害届を受けた県警は、威力業務妨害と器物損壊の疑いで調べている。

 県警などによると、イルカにエサを与えている町開発公社の関係者が28日午前7時ごろ、11のいけすのうち六つのいけすの網がいずれも1、2カ所ずつ約1メートルにわたって切られているのを見つけた。水族館へ販売予定のイルカ計約50頭がいたが、逃げ出すなどの被害はなかったという。

 一方、オランダに拠点を置くとされる団体がホームページ上に「イルカを逃がすために網を切った」との声明を掲載しており、県警は今回の事件との関連を調べている。(杉山敏夫、三島庸孝)

 この団体とは、その名も『The Black Fish』というテロ組織です。

 HPを調べると、構成員は緑豆や海犬で実際にテロに携わって経験を積んで来た人間とあり、ドイツの水族館に対するイルカ飼育の反対を訴えて抗議活動をやっており、その次の標的として日本が狙われてようです。

 イルカを崇める狂信団体だけあって生簀(いけす)の事を留置場呼ばわりしていましたが、破った個数そのものは6個と一致(cut the nets of six of these holding pens)しており、ご丁寧に作業中の写真まで掲載していますので、このテロ組織の犯行と見て間違いないでしょう。

 しかし、ドイツの水族館に対して日本で行ったような違法な暴力行為をしたとの記述は見受けられません。

 また、拠点がオランダにあるというのに、肝心のオランダの水族館に対しては何の活動もしていません。

 何せ、オランダにはその名もイルカ水族館(『dolfinarium』)と言うものが存在しており、イルカなど鯨類の開放を謳うのであれば絶対に見過ごせない標的が自ら活動する本国にあるにも関わらず、それを一切無視して地球の反対側にある日本まで来て、しかもドイツではやらなかったようなコソコソ隠れて刃物を使う卑劣な犯罪行為に走ったわけです。

 緑豆や海犬出身者による団体と言うだけあり、やはり主張の中に明確な人種差別が息づいているようですね。

 まぁ、実際に設立声明の写真も、ドイツでの活動記事の写真(海犬の船で汚らしい12人が髑髏をバックに、ボードを中心に持って写っている)も白人しか写っておらず、白人のエゴイスティックな思想を押し付ける為だけの活動である事がよく分かります。

 かつて白人はキリスト教の布教を口実に、世界中で侵略を繰り返し、植民地支配によって莫大な富を得ました。

 自らの信奉する神こそが絶対唯一のものであるとし、それ以外を邪教と弾圧し、インカの王様のように改宗を強要された挙句に惨殺されたなんて話も珍しくありませんが、今度はその神に鯨類を据えた白人が出てきたという感じですね。

 実際、連中の言い分を見るとイルカの捕獲やその水族館への輸出、そして飼育はそれ自体が違法行為(『illegal』と述べている)だと繰り返していますが、じゃあ実際に何処のなんて言う法律に触れているのかと、説明が一切ありません

 まぁ、実際にそんな法律は無いのだから当然ですが、連中の鯨教とも言うべき思想(妄想)の中ではそれら行為は違法と記されており、故に不法行為を働いている人間に対しては崇めている自分達がどのような行為を行ってもそれは正義だから良いのだと、トンデモ理論が当たり前に展開されるわけです。

 海犬の弁や、緑豆による鯨肉略取事件での主張を見ているとそれがよく分かりますよね?

 国家や国際社会の法秩序なんて、所詮はテロリストに過ぎない連中には一切通じないと言う事です。

 それにしても、海洋生物だけを特別視する連中の狂信ぶりは本当に晒される側としては堪りませんね。

 The Black Fish HP
 http://www.theblackfish.org/

 dolfinarium HP
 http://www.dolfinarium.nl/
スポンサーサイト
09月29日(水)

犯罪者の吹き溜まり政党 

28日付けのNHKニュースの記事から

民主 辻元氏を筆頭理事起用へ
9月28日 15時39分
 社民党を離党した辻元清美元国土交通副大臣が、臨時国会の召集にあたって、民主党の会派に入ることを28日、衆議院に届け出て、民主党は、辻元氏を衆議院国土交通委員会の筆頭理事に起用することになりました。

 辻元・元国土交通副大臣は、社民党が連立政権を離脱したことなどを理由に、ことし7月、社民党に離党届を提出し、先月、受理されたのを受け、現在は無所属で活動しています。

 来月1日に臨時国会が召集されるにあたって、辻元氏は、今後の国会活動について検討した結果、民主党に入党はしないものの、衆議院の会派の「民主党・無所属クラブ」に入ることを決め、28日、衆議院に届け出ました。

 これを受けて、民主党は、辻元氏が、さきに馬淵国土交通大臣とともに副大臣を務めていたことや、国土交通の分野での活動を希望していることを踏まえ、辻元氏を衆議院国土交通委員会の与党側の筆頭理事に起用することになりました。

 これについて、辻元氏は「政権交代を果たした今、自分の手で政策を具体化し、実現させたいと考えた。国土交通政策で取り組むべき課題は山積しており、法案の処理だけでなく、馬淵大臣に積極的に提言していきたい」とするコメントを発表しました。

 また、民主党の鉢呂国会対策委員長は記者団に対し、「副大臣としての経験も生かして、国会の場で活動してもらいたい」と述べました。

 流石は犯罪者の吹き溜まり政党。

 類は友を呼ぶの格言通り、同類が今も続々と集結中って事ですね。

 流れそのものも田中真紀子の時と似てますし

 しかしまぁ、クリーンだなどと未だに謳いながらこうやって政治家として犯罪を犯した人間を囲い込めるその神経の図太さは本当に凄いですね。

 鈴木宗男とだって過去に自分達がやってきた対応を無かった事にして平然と手を組みましたし。

 23日のエントリ『卑劣な二枚舌政党は今日も変わらず』で記したように、鈴木宗男が国会議員であり続ける事は「国会の権威を著しく汚しており、断じて許し難い」とまで言っていた管らが、平気な顔で与党として連立して徒党を組み、衆議院外務委員長の椅子を進呈していたのですから、黒鳩や小沢を筆頭とする民主党議員の汚職・不正問題のみならず、味方か敵かで言動が簡単にひっくり返るイカサマな連中であるのは昔からですが、与党になってもそれを恥とも思わず、外聞すらきにせずにやり続けられるって、完全に独裁者気取りの証ですね。

 俺様が正義、俺様が法律、そういう考えで善悪の判断そのものが自分の価値観が基準だと、歪みきっているのでしょう。

 楢床議員にも迂回献金疑惑が報じられていますし、民主党の幹部連中が偉そうに批判していた自民党の議員らと違ってクリーンだなどと言うのが如何に愚かな幻想であったかわかりますし、むしろこの1年間で如何に政治家としての程度が比べ物にすらならない程低いかを露呈させているのですから、先の衆院選での3割もの国民がした選択が最悪の間違いであったか分かると言うものです。

 常識も良識も備えず、己の欲得の為だけに奔走する民主党が政権を奪っている以上、早く次の衆院選が行われ、連中が失脚せねば日本は全てを失う事に何れなってもおかしくありません。
09月28日(火)

無為無策が更なる状況の悪化を招く 

27日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

中国強硬、根拠なき楽観論砕かれ手詰まり感
 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件は、中国政府が求めた「謝罪と賠償」に対し、菅首相が26日、拒否する考えを公に表明するなど、日中間の対立は長期化の様相を深めている。

 首相らは26日も今後の対応について協議したが、25日の中国人船長釈放後、中国側が態度を軟化させると見ていた日本政府は、中国の真意の見極めに苦心している。

 前夜に訪米から帰国した首相は26日、中国政府が求めた「謝罪と賠償」について、「尖閣はわが国固有の領土だ。謝罪や賠償は考えられない。全く応じるつもりはない」と述べた。都内で記者団に語った。首相はさらに「(日中)双方とも冷静になって、大局的な観点に立って行動することが必要だ」と強調した。

 これに対し、中国側は強硬姿勢のままだ。省エネ家電部品などに不可欠なレアアース(希土類)の輸出停止が続いていることから、外務省は26日も中国側に再確認を求めたが、前日同様、措置を否定したという。予想外の展開に「政府は事実上、手詰まり状態なのでは」(民主党関係者)との指摘が広がっている。

 船長釈放を発表した24日、首相官邸には楽観論が満ちていた。政府筋は「中国の反発は一気にしぼむはず」と語り、首相側近は「この先の中国の動きを見て評価してほしい」と自信たっぷりだった。

 だが、事実上の「政治決断」は外務省幹部らにも事前に相談されていなかったため、結果的に「首相らは中国側と落としどころを調整せず、根拠なく事態が収拾すると楽観していた可能性が高い」(外務省関係者)との見方も出ている。

 首相は26日夜、仙谷官房長官らと首相公邸で今後の対応を協議した。同日夕に訪米から帰国した前原外相も、そのまま外務省に直行し、政務三役や同省幹部らと協議。外相は三役に「日中関係の再構築が外務省の仕事だ」と語った。
(2010年9月27日08時36分 読売新聞)

 民主党が無為無策なのは昔からであり、今更何をか言わんやって感じですがね?

 この1年の成果を見ても、それは甚だ明らかであり、対米関係、経済・円相場は大きく悪化し、何十兆円も出てくるはずだった埋蔵金は10分の1すらも見つからない

 30兆円以下に抑えねば破綻すると自ら再三に渡って言っていた国債は大幅な超過発行を当たり前にやり、それで外国人まで対象にした大規模なばら撒きによる無駄遣いが実施され、国の借金が一挙に膨張

 普天間は解決の目処すら立たなくなり、600名もの訪中団を組み、実現のために天皇陛下への習近平による会談を慣例を破って捻じ込むなど必死に行った親中アピールすらまったくもって無意味・無価値だった事が露呈している始末ですからね。

 そして、民主党政権の無定見とは裏腹に、中国は更なる暴走をしています。

 既に尖閣諸島では24日より2隻の漁業監視船漁業監視船が跋扈しており、海保はその対応の為に6隻も出港させて監視に当たっていますし、「フジタ」社員開放の為、丹羽大使によって行われた中国外務省高官との会談要請は平然と、それも理由も明かさずに拒絶されました

 加えて、中国訪問中のメドベージェフと侵略者同士対日で意識共有を図る共同声明を発表。

 正しい事を正しいと貫く勇気すら持たない臆病な根性無し集団が、普天間を巡る米軍問題同様に先々を何も考えずに放言を繰り返した結果、より一層事態を悪化させるだけなのですから、そりゃあ中国だって頭に乗りますよ。

 それこそお前らの誇る、在日人民解放軍野戦司令官殿を働かせて向こうのトップと会談して来いよと言いたいですよね?

 日本人としての矜持をかなぐり捨て、侵略と弾圧を繰り返す軍隊の尖兵であると自らを評する下賎な売国奴にはこういう時位しか役立つ場面は無いだろうがと。

 莫大な税金を浪費して親中をアピールしてきた代価位は支払えってんですよね。

 でもまぁ、検察の判断だと責任を一検事に押し付け、挙句には政府として了だとまで言っておきながら、検察が勝手な越権行為をしているなんて批判までかますような卑劣な政党ですからねぇ?

 論理性に欠け、常識が通じないという点では連中も中国と何ら変わりませんね

 時事ドットコム『中国監視船、尖閣沖で活動=外務省が中止求める』
 http://www.jiji.com/jc/
c?g=pol_30&k=2010092700569

 同『歴史認識、中ロが協調=領土問題で日本けん制か』
 http://www.jiji.com/jc/
c?g=pol&k=2010092700769

 asahi.com『中国側、異例の会談拒絶 4邦人拘束巡り丹羽大使要請』
 http://www.asahi.com/international/
update/0927/TKY201009270156.html

 MSN産経ニュース『【中国人船長釈放】輿石氏が検察を批判』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
situation/100927/stt1009271800003-n1.htm
09月27日(月)

止まらぬ中国の暴走 

26日付けのasahi.comの記事から

日中間の貨物に遅れ 中国税関、一部で検査を厳格化
2010年9月26日21時10分
 【北京=吉岡桂子】北京や上海など一部の中国税関がここ数日、日本との輸出入に対する通関の検査を厳しくしている。このため自動車部品や機械などの輸出入に遅れが出始めた。日本企業の生産活動に影響を及ぼしかねず、日本政府や企業は情報収集を急いでいる。日本側には、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に絡んだ中国側の嫌がらせではないかと懸念する声もある。

 北京では25日から突然、日本向けの商業用航空貨物がすべて開梱(かいこん)検査の対象となった。通常は10~20%を抜き取り検査してすませており、検査の遅れから予定した便に載せられない貨物が相次いでいる。日本からの輸入品も検査率を引き上げられた。

 上海では21日、税関当局が大手運輸業者に対して、航空貨物を全量検査し、検疫の検査率も10%から50%に引き上げると通告してきた。上海港でも海運貨物の輸出許可が遅れ、日本向けコンテナの積み残しが出ている。天津港など各地で同様の事態となっている。

 日本の大手運輸会社の担当者は「多くの日本メーカーは部品の在庫をできるだけ減らし、空輸で相互に調達して両国の工場で生産しており、検査の厳格化が長引けば影響は大きい」と心配する。

 日中間の貿易では、中国政府は指示を否定しているものの、電化製品や電気自動車に必要なレアアース(希土類)の中国から日本への輸出が漁船衝突事件後に止まっている。中国漁船の船長を解放後も北京空港で貨物検査を強化し始めており、日本への対応を緩める気配はみられない。

 日本にとって中国は輸出入とも最大の貿易相手国。日本貿易振興機構(JETRO)によると、2010年上半期(1~6月)の貿易総額は1383億ドル(前年同期比34.5%増)で、半期ベースでは08年下半期以来3期ぶりに過去最高を更新した。日本からの輸出は建設機械や電子・自動車部品など、日本への輸入は電気機器の完成品などの伸びが大きい。中国にとっても日本は米国、欧州連合に次いで、東南アジア諸国連合と並ぶ貿易相手となっている。

 さてさて、この対応が何時まで続くか、ですね。

 愚かな民主党はこの期に及んでも話し合いだの冷静にだのと愚にもつかない発言を繰り返すだけで、拘束された「フジタ」職員4人の件も含め何の手立ても講じていません。

 それどころか岡田の無能が今更テレビに出て誰がどう見ても膝を屈したとしか形容しようの無い船長の釈放劇を、逆に騒ぐ事がそれを事実化して中国を利するとか、逆切れしていました

 唯一、釈放を「日中関係の今後を見据えた大局的な判断であり、苦渋の選択であったと言うほかない」と社説で非常に肯定的に評価した朝日ですらも「圧力をかければ日本は折れるという印象を中国側に与えた可能性もある」と、釈放が民主党外交の無様な敗北であった事を「可能性もある」などと口を濁しながらも認めています

 ましてや旧軍を常に悪し様に罵り、自衛隊員が個人で論文の懸賞に応募することを問題視したり、瑣末な発言を問題視して騒いだりしてきた新聞社が、検察官による独断専行、越権行為を評価しいてるのですから、これが如何に良識を欠いた間違った行為であったか分かります

 事実、これで増長した中国は態度を改めるどころか今度は謝罪と賠償を要求しており、大々的に国内にこの外交勝利と謝罪と賠償の求の話を喧伝し、国威発揚のプロパガンダとしている以上はここで手を緩めるとは思えません。

 もっとも、目先の利益だけに夢中となって相手国がどういうものかも考えずに依存関係ばかりを深めていった浅慮のツケですから、被害を被っている経団連や各企業に同情する気は毛頭ありませんがね。

 小泉政権時代に先祖への祈りや国家の威信よりも中国での商売を優先して連中の言い分に屈せよとやってきたバカどもへの代価としてはまだまだ生易しい位ですよ。

 大体、日本への輸入が制限されているなら他国企業を経由して輸入するとかって方法を講じる位、しないんでしょうかねぇ?

 理由の如何に問わず、当事国同士で取引ができない場合に第三国を経由するなんてのは昔から当たり前にやっている手段だと思うのですが、民主党の中にそういう対応能力や発想能力がある人間自体存在しないんでしょうね。

 貿易そのものだってこれまでの方針を改めて中国から他の国、例えばBRICsの残りの国々に対してへとシフトさせるとか。

 ロシアは兎も角、ブラジルとインドは日本との関係は良好ですし、特にインドは人口では中国に負けておらず、今後の発展性に中国と違ってまだまだ余地がある事を勘案すれば今後の生産拠点や観光誘致相手として中国なんぞよりも遥かに魅力があると思いますよ

 同じく中国の覇権主義に晒されているという意識面での共感も出来ます。

 中国がスリランカの港湾開発に金を出し、基地として利用しようとしている件などはインドにとって特に危機感を煽る話でしょうし、東南アジアも交えて経済交流を増すだけでなく、海自がインドや東南アジアの各国海軍と合同演習を実施できるようになれば中国の海洋進出に大きな障害となれます。

 遠交近攻なんてのは戦略の基本ですが、大局観なんて持たない日本の企業や民主党ではこういう無様が当たり前に今後も続く事でしょうね。
09月26日(日)

表六玉谷垣の世迷いごと 

25日付けのMSN産経ニュースの記事から

【中国人船長釈放】「即国外退去すれば良かった」自民・谷垣氏 大島氏は次席検事の国会招致要求
2010.9.25 18:14
 自民党の谷垣禎一総裁は25日、京都市内で講演し、沖縄・尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船に衝突した中国漁船の中国人船長が釈放されたことに関し「騒いで得をするのは中国で、問題を深刻化させないことが一番大事だ。直ちに国外退去させた方が良かった。最初の選択が間違っていた」と述べ、政府の対応を批判した。

 政府が釈放は検察独自の判断だとしていることについては「捜査機関に外交に配慮するようなことを言わせてはいけない。政権が国民に対して説明責任を果たさなければならない」と強調した。

 大島理森副総裁も25日、佐賀市の同党佐賀県連大会であいさつし、「政治が司法に介入した。臨時国会に参考人招致か証人喚問で那覇地検の次席を呼び、プロセスを明らかにすべきだ」と述べ、「日中関係も考慮した」と発言した同地検の鈴木亨次席検事の国会招致を求めた。

 流石です。

 中国のハニートラップに引っかかった売国奴は言う事が違いますね。

 最初から犯罪者を逮捕しなければ良かった、中国人だからそのまま追い出せばそれで良かったと。

 中国様に逆らうような事はしちゃなんねぇとか、民主党に勝るとも劣らぬ売国奴ぶりですよ。

 騒いで得するのが中国?

 日本があそこでバカな譲歩をしていなければ何も中国は得などしていません。

 体当たりによる公務執行妨害の記録映像を公開し、そのまま起訴していれば中国人船長の不法行為は世界に向けて立証できていましたし、それによって中国の主張に如何に正義が無いかも証明できましたし、レアアースを始めとした輸出の妨害などはWTOに提訴すれば良いだけです。

 「フジタ」職員の逮捕に関してもそれこそ国連人権委の無駄飯食らいどもを働かせればよい話であり、むしろ何千億円もの税金を溝に捨てるだけの無駄な遺棄化学兵器処理事業を中断、廃止に持ち込む絶好の機会でした

 本来、中国は騒ごうとすればする程に法や常識を無視した暴力的手段に訴えるしかなく、ジョーカーのみならずエースやキングまで持つ日本の方が圧倒的に有利になる状況だったのに、それをふいにした民主党が間抜けなバカ集団だっただけであり、最初から法を無視して屈するような真似をしろとか言える谷垣は、民主党に負けず劣らぬ恥知らずです。

 もっとも、こういう表六玉だからこそ丸っきり自民党が注目されず、先の選挙でもあれだけ民主党が失政・失策を重ねながらろくろく議席数を取り返せなかったんですがね。

 それにしてもまさか、田中真紀子みたいな事を言い出すとは思いもしませんでしたが

 奴が外務大臣時代に不法入国した北の長男を何もせずにそのまま追い返した時、世間から小泉政権及び奴自身がどんな評価を受けたか、覚えてもいないんでしょうね。

 いやはや、この屑政権の一刻も早い退陣、民主党の野党化を望んでやまないのは事実ですが、その代わりに出てくるのが自民党であった場合は谷垣の表六玉なのですから、何ら大差が無いままですよね…
09月25日(土)

最悪の選択と当然の結果 

25日付けのMSN産経ニュースの記事から

【中国人船長釈放】日本に謝罪と賠償要求 再び「強烈な抗議」
2010.9.25 08:13
 中国外務省は25日未明、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で起きた中国漁船衝突事件で、日本が公務執行妨害容疑で●其雄船長(41)を逮捕、拘置したことなどにあらためて「強烈な抗議」を表明、謝罪と賠償を要求する声明を発表した。那覇地検が処分保留で釈放した船長は同日未明、中国政府のチャーター機で福建省福州市の空港に到着した。

 日本側は船長の釈放、帰国を受け、中国による閣僚級以上の対日交流停止やレアアース(希土類)輸出制限の解除、河北省石家荘市で拘束された日本人4人の釈放などを早期に実施するよう働き掛けていく方針。しかし、中国が謝罪と賠償を要求したことで、対抗措置の解除は遅れ、日中間の対立が長期化する可能性も出てきた。(共同)

●=擔のつくり

 何度も書いてきたように、譲歩すれば更に付け上がるのが特アであり、この要求は当然の結果です。

 釈放に至った経緯について地検の次席検事が「わが国国民への影響や今後の日中関係を考慮した」と述べ、仙谷が「那覇地検が捜査を遂げた結果、そういう判断に到達した。それはそれとして了としている」と述べました。

 誰が見ても外務省や政府の圧力無しで拘留延長数日後に突如処分保留で釈放、しかも政治配慮なんて判断をたかだか地検の検事程度にできる訳がないのは明らかですが、ここで仮に本当に検事の独断による外交配慮だというのなら、逆に疑問に感じないでしょうか?

 地検の検事如きに何時から法を捻じ曲げて超法規的措置を講じる大臣クラスの法務執行権や外交権を行使するのがこの法治国家で許されるのか、そして、役人の独断専行・専横行為を政府が追従するという姿勢を了だと平気で述べる事に仙谷の戯けはサヨクとして恥じ入らないのかと。

 民主党と言えば昔から自民党を右派だと非難し、時には軍靴の音がどうの、何時か来た道がどうのと喚いていた連中ですが、満州事変以降の陸軍の暴走、それを追認する政府と言う戦争への道を辿ったのと同じ構図なぞっておきながらそれを平然と了だなどと述べる

 これこそ何時か来た道であり、役人主導ではなく政治主導だとほざいていた政権がやる事なのかと。

 法治国家日本の終焉ですね。

 ま、唯一の違いは戦争に至るのではなく、民主党の最終目標である国権の移譲へと向かうって点でしょう。

 実際、レアアースの日本への輸出停止や日本人4人の逮捕などに対して民主党政権は何らの抗議もしておらず、日本の権威を一方的に失墜させ続けており、この謝罪と賠償の要求にも遺憾の意と政治的、外交的配慮という形で従う可能性が高いと私は思っています。

 本来ならば尖閣諸島の領有権を内外に知らしめる絶好の機会であるとともに、中国に屈しない強い日本をアピールしてアジアとの連携を強め、連中の覇権主義の野望に楔を打ち込む事も可能でした。

 しかし、民主党のバカどものせいで同じく中国の侵略に晒されている東南アジアやインドなどにとって今回の件は激しい落胆と呆れを抱かれたのは確実であり、おまけに中国の増長を招いたのですからアジアの安定と平和を悪化させ、各国の信頼を損ねたのは確実です。

 しかも中国はこれでゴネれば日本(民主党政権)は折れると知り、今後は事あるごとにやってくるでしょうね。

 極端な話、日本国内で中国人が犯罪を犯してもゴネる、そして譲歩する可能性が出てきたわけです。

 無論、韓国などはこれを見て自国も右へ倣えだとなるのは考えるまでもなく、損なわれた国益が莫大なものであるだけでなく、今後にも甚大な禍根を残したわけです

 ブサヨ政権なればこその最悪の選択を見事にやってくれましたね。
09月24日(金)

24日も気温が急落 

23日付けの毎日jpの記事から

天気:23日、各地で最高気温10度以上下がる
 23日の日本列島は、前線が本州南岸に停滞した影響で、東北から九州地方で雨が降り、9月下旬から11月上旬並みの気温となった。東北や関東地方を中心に、厳しい残暑となった前日から最高気温が10度以上下がった地点も多かった。

 気象庁によると、各地の最高気温は▽札幌市17.6度▽仙台市14.6度▽名古屋市25.6度▽大阪市27.8度▽福岡市24.8度--など。東京都心も24.8度となり、21.9度を記録した16日以来、7日ぶりに25度を下回った。

 24日も前線が本州南岸に停滞する見込みで、関東から東海地方では雨模様の天気となる。24日からの1週間は、北日本から西日本にかけては前半は平年並みか平年より低い日が多いが、後半は平年並みか平年より高くなるという。【松本惇】
2010年9月23日 19時05分

 前日が30度越えだっただけに、まだまだ十二分に気温が高いはずの東京でも23日の朝などは肌寒く感じましたね。

 24日は東京でも更に6度下がるとの予報ですから、僅か2日で最高気温が12度程も一気に落ち込むわけで、タオルケットで寝ていたのが突如毛布で暖かくして寝ないと風邪を引いてしまうような状況になるってわけです。

 よく、雨が降って急に気温が下がると古傷が痛むなんて話がありますけど、私もそのクチなんですよね。

 傷ではないんですが、悪くしている足がこれを書いている現在でも痛みを訴えてて辛いですし、24日の朝は痛みで目が覚めて、ある程度小康化するまで悶えそうで既にウンザリしています。

 服装も明日はこれまでの夏服から晩秋位のものに変えねばならず、面倒ですね。

 記録更新の連続猛暑日だと思えば、今度は急激な気温の低下…体に気をつけねば簡単に変調を来たしそうな日々が続きますね。
09月23日(木)

卑劣な二枚舌政党は今日も変わらず 

22日付けのMSN産経ニュースの記事から

衆院、鈴木宗男氏の失職を発表
2010.9.22 19:44
 衆議院は22日、あっせん収賄罪などに問われた新党大地の鈴木宗男代表(62)が、国会法と公選法の規定に基づき、最高裁の上告棄却が確定した16日付で衆院議員を失職したと発表した。

 漸く失職と収監が決定しましたが、ふざけた事に管の大バカたれは「裁判所の判断に対して、私の立場でコメントするのは適切ではないと思う」と、鈴木宗男を衆院の外務委員長に起用し続けた自分の判断について責任を負うどころか国民に対する説明すら拒絶しています

 数の論理を翳す為だと犯罪者さえも平然と身内に引き込み、国家運営の要職に据えた以上は責任を取るのが当然ですが、この態度では自分達の行為を悪いとすら思っていないのでしょう。

 因みに、黒鳩を代表に据え、自らが幹事長だった2002年当時にこの阿呆はこんな談話を次々と発表しています。

 「鈴木宗男議員が、多くの疑惑を指摘されていながら、いまだに議員の職に居座り続けていることは、断じて許し難い。」(加藤紘一議員の議員辞職について)

 「鈴木議員を庇って二度にわたり議員辞職勧告決議案の本会議上程を拒んできた与党三党は、自らの非を認め国民に謝罪すると共に、鈴木議員の辞職勧告決議案の本会議上程とその可決を図るべきだ。」「国会自らが疑惑解明に全力を挙げるのか、それとも臭いものにフタをして、国会の責務を果たさず司法当局に解明を委ねるのか、国民の前に明確に示すべきだ。民主党は、国会の開会、閉会にかかわらず、疑惑の徹底糾明をめざす。」(鈴木宗男議員の逮捕許諾請求を受けて)

 「鈴木氏がいまだに議員の職にとどまり続けていることは国会の権威を著しく汚しており、断じて許し難いが、これを容認しているのは政治倫理確立に向けたリーダーシップを発揮しようとしない、小泉総理・自民党総裁の責任でもある。」(鈴木宗男議員の再逮捕を受けて)


 管直人が自ら吐いた唾を自らの顔に浴び続けるバカな真似を黒鳩と2代に渡って続けてきた真性の屑野郎である事がよくわかりますし、これで責任を取らないどころか説明すら拒絶しているのですから、アメリカのルーズヴェルト宜しくジャグラー気取りなのか、はたまた黒鳩宜しく自分の発言ですら3歩進めば全て綺麗に忘れて無かった事に出来る間抜けなのか?

 10月より国会が開かれるそうですから、野党各党にはこの二枚舌野郎を徹底的に追求し、言った事への責任としてキチンと腹を切らせて欲しいものです。

 何せ、鈴木宗男を議員にさせ続ける事は国会の権威を著しく汚す行為で断じて許しがたく、これを容認するのは政治倫理が確立されず、リーダーシップも発揮していない証拠であり、総理大臣の責任なんだそうですから、鈴木宗男の率いる政党と結託して与党を形成し、更には衆議院外務委員長の要職を与えていた黒鳩及び管直人の責任は総理大臣の辞任や議員辞職程度で免れるものではありませんものねぇ?

 MSN産経ニュース『【宗男被告収監へ】首相は「コメントしない」』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
100908/plc1009081901013-n1.htm

 民主党HP『加藤紘一議員の議員辞職について(談話)』
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=11346

 同『鈴木宗男議員の逮捕許諾請求を受けて(談話)』
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=11327

 同『鈴木宗男議員の再逮捕を受けて(談話)』
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=11310
09月22日(水)

変わらぬ米兵の質とモラル 

20日付けの時事ドットコムの記事から

市民を「気晴らし」に殺害=アフガンで米兵、5人訴追-Wポスト紙
 【ワシントン時事】19日付の米紙ワシントン・ポストは、アフガニスタン駐留米兵5人が今年1月から5月にかけて「気晴らし」にアフガン市民を殺害した容疑で訴追されていると報じた。

 訴追資料などによると、兵士は殺人のほか遺体を撮影したり頭蓋(ずがい)骨など人骨を収集したりした容疑でも訴追された。同紙は2001年のアフガン戦争開始後、「最も身の毛がよだつ事件」と批判している。

 同紙によれば、1月15日にアフガン人による攻撃をでっち上げて男性1人を射殺。これら計3件の殺人事件で5人が訴追された。事件はいずれもアフガン南部カンダハル州で起きた。米兵は酒や麻薬におぼれた揚げ句、ふざけて罪のない市民を殺害していたとみられている。
(2010/09/20-12:24)

 幾ら時代が変わろうとも、傲慢で野蛮なアメリカ人の本質は変わるものじゃないって事ですね。

 日本と戦争をしていた頃と丸っきり同レベルのモラル、人権意識なんですから。

 日本に対して欧州と一緒になって人権問題がどうのと偉そうに喚いていたって、所詮はほんの20~30年前まで差別の撤廃を法律の上ですら達成できなかったようなお国ですし、特に米兵と言えばそのモラルの低さは世界的に有名ですものね…

 ワシントン・ポストが「最も身の毛がよだつ事件」と批判している民間人の殺害や遺体の撮影、頭蓋骨の収集は、日本兵に対して第二次世界大戦の折に米兵がよくやっていた事です。

 一応米軍はこういった行為を禁止し、厳罰を処す方針ではいたようですが、ろくに実行されなかった為に丸っきり抑止効果が無かったようです。

 『SAPIO』の9/29号に丁度『スクープ!各地で頭蓋骨トロフィーが続々と発見 アメリカを彷徨う「旧日本兵の遺骨」』という在米ジャーナリスト武末幸繁氏の記事が掲載されていました

 これによれば在デンバー総領事館だけで年に数十件も元米兵が自らの死ぬ前に略奪した遺留品の変換を問い合わせる連絡をしているのだそうですし、マリアナ諸島で日本に送還された日本兵の遺体の約60%が頭部の無いものであったと言うのです。

 余りにも凄惨かつ残虐な内容なのでこれ以上の詳細は記しませんが、所詮連中にしてみればこういった野蛮極まりない行為をする事さえもが「土産」「戦利品」を得る程度の感覚しかないわけであり、あの戦争について今尚日本を偉そうに非難する一方で、自らの犯罪行為には上から下まで須らく目を背け、蓋をしてなかった事にしてきた傲慢で身勝手な性根がこうやって今も米兵の中に根付き続けているのでしょう。

 連中の中には勲章感覚で子や孫など周りの人間に見せびらかし、その来歴を語った馬鹿者もおり、今回の事件を起こした米兵もトロフィースカルの存在をそういった理由から知っていた可能性が高いと思います。

 もっとも、アメリカの場合には『プレデター』って映画があるのでそっちが原因かもしれませんが。

 アレも戦いに勝った勲章として頭蓋骨の収集をやっていたので、元は第二次世界大戦での米兵の悪癖に基づいているのかもしれませんね。

 何にせよ、過去の総括が必要なのは日本ではなく、非難してきた米国の方だって事だけは確かでしょうね。

 しない限り、今後も米国が戦争をする度に「最も身の毛がよだつ事件」が起こり続ける可能性はあるでしょう。
09月21日(火)

ローテクなステルス 

17日付けのMSN産経ニュースの記事から

北朝鮮に「ステルス機」布と木製で「レーダー感知せず」と米国防次官補
2010.9.17 08:08
 【ワシントン=犬塚陽介】グレグソン米国防次官補(アジア・太平洋安全保障担当)は16日、上院軍事委員会に提出した書面で、財政難もあって北朝鮮がいまだに使用する旧式のプロペラ機が、レーダーで捕捉することが難しく、事実上の“ステルス機”として機能しかねないと懸念を示した。

 グレグソン次官補は、北朝鮮のプロペラ機「AN-2コルト」は「ほとんどが布と木でできており、実質的にレーダーに痕跡を残さない」と指摘。約10万人と推定される特殊部隊員の輸送などに使用されれば、「真の脅威となる潜在力を持つ」としている。

 米韓両軍は装備の近代化で北朝鮮よりも優位に立っているとの見方が一般的だが、北朝鮮が旧式装備を逆手にとった戦法を構築し、脅威の度合いを増しているとグレグソン次官補は警告している。

 それ、なんてソードフィッシュ、と聞きたくなりましたが、調べて見ると旧ソ連のアントノフ設計局製小型輸送機で、ソ連や北朝鮮以外にもポーランドや中国など東側の国で使われていたみたいですね。

 軍用機ではない上に、データを見ると小型と言ってもソードフィッシュよりは大分大柄(一回り以上大きく、重量も1000t以上勝る)であり、痕跡を残さないと言う程の、そこまでのステルス性って果たして本当にあるのかと少々疑問に思いますが。

 ただまぁ、乗客12名となっているので、装備を固めた分隊程度の規模は1機で送り込めるわけですから、確かに夜間低空飛行での特殊部隊の輸送に使われるのは怖いですね。

 もっとも、航続距離が僅か900kmだそうですから、日本への攻撃に用いられる可能性はほぼないでしょうが。

 それにしても、幾ら良い機体だと言っても戦後すぐの1947年初飛行と言うのですから、既に70年以上も…何とも息の長いことですね。

 中国だけでなく北もまた大分雲行きが怪しくなって来ているだけに、これから先数年は特に注意が必要でしょうね。
09月20日(月)

沖縄の腐敗そのものが一番の原因 

17日付けの沖縄タイムスの記事から

女子中学生への集団準強姦容疑で19歳2人を逮捕
2010年9月17日 21時47分
 泥酔状態の女子中学生(14)に乱暴したとして、県警は17日までに、集団準強姦(ごうかん)容疑で、本島南部の19歳の無職少年2人を逮捕した。少年のうち1人は容疑を認め、もう1人は「合意の上だった」と否認しているという。

 関係者によると、被害者の女子中学生は事件の翌日、自殺したという。

 県警の調べでは、少年2人は7月11日午前7時30分ごろ、本島南部にあるグラウンド内の公衆トイレで、泥酔して抵抗できない女子中学生に乱暴した疑いがある。少年らが短時間で被害者を酔わせようとした疑いもあるという。

 この事件、19日に更に集団準強姦容疑で17歳の少年が逮捕されて逮捕者は合計3人になりました。

 ただ、この記事を見ただけでは何がなんだかわかりませんよね?

 何で日曜日の早朝から僅か14歳の女子中学生が泥酔して、しかもグランド内の公衆トイレにいたのかとかが。

 米兵の強姦事件ではアレだけ連日姦しく騒ぐ沖縄の二大新聞ですが、琉球新報は探しても記事すら見当たらず、沖縄タイムスにしてもこの通り肝心の部分が綺麗サッパリと抜け落ちています

 理由については後述するとしてまずは経緯ですが、この女子中学生、何も攫われたとか、無理矢理酒を飲まされたわけではありません。

 7月11日の朝5時に豊見城市の公園内にこの少女や逮捕された少年らを含む10代の男女計10人が集まり、早朝から酒盛りをしていたのです。

 女子中学生と少年らは別のグループで面識が無かったそうで、何故かそんな複数のグループが集まり、泥酔するまで酒を飲み、朝の7時半から2時間半以上も公衆トイレで強姦が行われていたと。

 で、その後に女子中学生は自殺をし、母親が警察に届け出て「中学生の少女に意識がもうろうとするまで酒を飲ませ、卑劣な行為をするような者は絶対に許せません。娘は明るい笑顔を絶やさない家族思いの子でした。私たち家族はまだ娘を失った悲しみから抜け出せずにいます」とコメントをしたそうです。

 結局、沖縄ってこういう程度の地方なんですよね。

 言っちゃ悪いですけど、どうみたって自業自得です。

 やって良い事と悪い事の分別も子供に教えていなかったから事件が起こったのであり、娘を失った最大の原因は中学生でありながら、不良グループの一員として群れて酒を飲むなんて真似をした女子中学生自身と、それを見過ごした親の監督不行き届き以外のなんだと言うのか?

 加えて、日曜の早朝から公園内で未成年が10人も集まって酒盛りをしていたら、普通は即座に通報されて警察が飛んできますよね?

 成人であっても集団で公園で酒を飲んだりしていれば近所迷惑だから場所を変えてと普通は警察が言ってきます。

 しかし、朝5時に始まり、強姦が終わったのが10時10分だというのですから、都合5時間もありながら友人連中にも、地域にも、警察にもその間何の動きも無かったと。

 まぁ、何せ全国平均に対して飲酒が5.2倍、深夜徘徊が2.6倍とぶっちぎりのワーストですからねぇ?

 未成年者の深夜徘徊や飲酒に寛容という狂った社会風土がこういう事件を引き起こしているわけです。

 大騒ぎした米兵の一件と今回も丸っきり一緒で、県民意識の腐敗、改善意欲の無さがこういう事件が後を絶たぬ一番の原因であり、事件が起こっても今回の件の母親の弁に現れているように悪いのはやった人間だと、それだけで済ませようとする思考そのものが間違いだと、気付きもしない。

 米兵の一件の時にも書きましたが、騒ぐんだったら何で親、学校、そして地域社会そのものが深夜徘徊や飲酒と言った未成年による違法行為を止めさせようと、無くそうと努力をしないのか、不思議でなりません。

 もっとも、今回の件に対して琉球新報は報じず、沖縄タイムスも詳細が丸っきり分からない簡素なベタ記事で済ませている事からも分かるように、沖縄県民そのものが自分達の愚かさを認め、向き合う勇気が全く無いのでしょう。

 集団自決の問題や靖国神社の名簿の問題を見ても分かるように、人の話は聞かず、自分に都合よく話を捻じ曲げたりが当たり前で、まるで中国人でも相手にしているかのような感じです。

 先日、とある事からYouTubeで集団自決の証言について沖縄県民と論争しましたが、どうしようもありませんでしたねぇ…

 非論理的な感情論を罵倒を交えて繰り返すだけで、こちらが論理的に追い詰めてやると何も言えなくなって、最後には全てのコメントを削除して逃亡しましたから。

 こうやって都合の悪いものには臭い物だとばかりに蓋をして済ませようとする

 こういう大人ばかりの地域なんですから、そりゃあ子供だって非行に走る輩が後を絶たず、ワースト記録は例年更新し続けるし、成人式ではもはや名物として取り上げられる位に低俗な真似が毎年繰り返され、マトモに育つ方が珍しいなんて状況になるんでしょうね。

 MSN産経ニュース『共犯の疑いで17歳少年逮捕 沖縄の女子中学生乱暴事件』
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/
100919/crm1009191022003-n1.htm

 毎日jp『集団準強姦容疑:飲酒後乱暴され14歳自殺 少年2人逮捕』
 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100918k0000m040084000c.html

 琉球新報『未成年飲酒補導、全国の5.2倍 5年連続ワースト』
 http://ryukyushimpo.jp/news/
storyid-159305-storytopic-1.html
09月19日(日)

最低最悪のサプライズ 

18日付けのMSN産経ニュースの記事から

仰天人事、岡崎国家公安委員長 反日デモに参加、在日朝鮮人から献金…
2010.9.18 01:35
 菅改造内閣のサプライズ人事といえば、警察の「総目付」役である国家公安委員長に、岡崎トミ子参院議員が就任したことだ。首相経験者の一人は「仰天した」というが、岡崎氏の過去の“特異な”言動を振り返るとそれも納得できる。

 岡崎氏は通常国会の会期中の平成15年2月、ソウルの日本大使館前で韓国の慰安婦問題支援団体主催の反日デモに参加し、韓国人と一緒に大使館に向かってこぶしを振り上げた。このデモに日本の国会議員が加わったのは初めてだった。

 岡崎氏は当時、「反日デモではなく、日本政府に謝罪と補償を求めるデモだ」と釈明したが、現場では日の丸に「×印」をつけた看板も並べられていた。このときは、民主党の役職停止処分となっている。

 16年3月には、女性国会議員のメールマガジンで、こんな独特の見解も表明している。

 「外国人犯罪が増えているというが、日本人が犯した場合には立件もされないような軽微な犯罪が多い」

 同年4月には、岡崎氏の政治団体が13年に、外国人からの寄付を禁止した政治資金規正法に違反し、北朝鮮籍で朝鮮学校理事長の男性と、韓国籍のパチンコ店経営者からそれぞれ2万円ずつ寄付を受け取っていたことも発覚した。

 岡崎氏は当時、この理事長とは、朝鮮学校の運動会に出席するなどで「日ごろから懇意にしていた」と説明した。パチンコ店経営者からの寄付は、産経新聞の指摘を受けるまで「違法と気付かなかった」としたが、こんな国家公安委員長で本当に大丈夫?(阿比留瑠比)

 本当にサプライズですよねぇ、最悪の意味で。

 岡崎の悪行の数々を産経が記していますが、コイツはそういえば参院だから未だ生き残っていたんだと、すっかり存在を忘れていましたよ。

 ここのところとんと名前を聞きませんでしたし、お仲間のブサヨ女性連とでも言うべき面々は次々消えているんですもの。

 同じ民主党の円より子と千葉景子は先の選挙で見事に落選しましたし、田嶋洋子や川橋幸子は既に引退しており、共産党の吉川春子も前回の埼玉県知事選で落選、唯一生き残っている社民の福島みずほも民主党政権との連携失敗及び選挙での大敗による責任問題に追われてすっかり落ち目と、同類が丸っきり残っていないんです

 そんな中、もっとも凶悪な経歴を持つ岡崎がよりにもよって国家公安委員長に着いたのですから、これ以上のサプライズ人事はありません。

 まず語られている反日デモ参加の件ですが、岡崎は国費で韓国に渡航・滞在し、更には公用車を使って日本大使館へ出向き、反日活動に勤しむ朝鮮人と一緒にこぶしを振り上げていたという信じられない真似をやっています。

 産経がこの一件を記すと記事にもあるように岡崎は愚にもつかぬ言い訳をしましたが、上記記事が記しているように奴の真後ろに日の丸を×印で汚し、日本反対と記したプラカードが写っており、「過去の問題に決着を着けて真の友好関係を築くこと」が目的のデモだなどと見え透いた嘘を平然と述べるその厚顔無恥ぶりは、自称被害者らの言い分同様、何処までも愚かしい限りでした。

 次いでメルマガの「外国人犯罪が増えているというが、日本人が犯した場合には立件もされないような軽微な犯罪が多い」と言うのも、相変わらず論拠を示していません。

 それもそのはずで、単に外国人犯罪を庇いたいだけでついた嘘だからです。

 先月警察が公表した最新の『来日外国人犯罪の検挙状況』(平成22年上半期)を見てみると、21年、22年どちらの上半期逮捕者も半分が窃盗犯でした。

 次いで、粗暴犯と入管法違反がそれぞれ1割ちょっとで、この時点で全体の約8割になります。

 更に凶悪犯と知能犯が合計で約10%と、これも加えれば既に9割…さて、こういった犯罪の中で日本人が犯した場合には立件もされない軽微な犯罪ってどれでしょう?

 まさか、万引きは外国人は立件されるけど日本人だとされない軽微な罪だとでも思っているんでしょうかねぇ?

 因みにそのメルマガでは不法滞在についてを議題にしており、警察が留学の取調べを厳格化しても意味が無く、逆にそれでストレスを抱いた外国人が犯罪に走る可能性があると、相も変らぬぶっ飛びまくったトンデモ理論を証拠一つ掲げずに主張しています。

 ましてや自身、朝鮮学校理事長やパチンコ店経営の韓国人から違法な金を受け取っておりながら、返したからと違法行為をしておきながら罰を受けてもいない。

 外国人犯罪について、そして政治資金に対してこのようなトチ狂った認識を持つブサヨ女の中でも最悪最凶の愚物を国家公安委員長の座に着かせる…流石は内容を確認もせずに拉致実行犯釈放の為のサインをしちゃいましたとか言ってのける大バカ野郎の管直人だけはあります。

 これに北への食糧援助に夢中だった官房長官の仙谷も加わって、北と昵懇の中の人間が政府の要職をまとめて支配しちゃうんですから、そりゃ北だって今後の展開に期待しちゃいますよ、そりゃあね。

 警察庁HP『来日外国人犯罪の検挙状況(平成22年上半期)』
 http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/
kokusaisousa/kokusai/H22_Z_RAINICHI.pdf
09月18日(土)

脱中国を目指す時 

18日付けのMSN産経ニュースの記事から

北京や上海で反日デモ 「日本に旅行する人々は非国民」
2010.9.18 11:15
 【北京=矢板明夫】北京の日本大使館や上海の日本総領事館周辺に18日早朝、反日団体のメンバー50~60人が集まり、沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近の日本領海で今月7日に起きた中国漁船と海上保安庁の巡視船との接触事件をめぐる日本側の対応に抗議の声を上げた。

 北京の日本大使館前では、抗議メンバーが国歌を歌い、「釣魚島から出ていけ」などと書かれたプラカードを掲げながら行進。「不法拘留中の中国人船長を返せ」「日本に旅行に行く人々は非国民だ」「日本軍国主義を打倒せよ」などと叫んだ。

 現場付近では数百人の警察、武装警察による厳重警戒態勢が敷かれた。当初、メディア関係者と、事前にデモ参加許可を得たとみられる抗議メンバー以外、通行禁止となっていたが、一般の通行人がデモに参加する光景もみられた。デモは約30分間で終了した。

 9月18日は、満州事変の発端となった柳条湖事件(1931年)から79周年にあたる日。ネットでは10日ごろから、反日デモを呼びかける書き込みであふれている。

 現状を鑑みれば、公海上での公務執行妨害による逮捕を殊更に煽りたてて外交問題化する事は中国にとってデメリットの方が遥かに大きいから問題化させないだろうと思っていたのですが、この状況で反日を煽らねばならないほどに内政の悪化が顕著なのか、それともそんな事も考えられないほどに愚かなのか。

 他国の船舶への体当たり、それも警察権を持つ海上保安庁の船2隻に対して行ったのですから公務執行妨害による逮捕は当然であり、日中の立場が逆だった時にじゃあお前らは何もしないのかよと普通はなる話ですが、まぁ中国人の場合は基本的に思考がジャイアニズムですから理屈や常識は通じませんものね

 中国政府が抑えるどころか逆に先頭に立って煽り、しかも体当たりによる公務執行妨害を筋違いの領土・領海の問題に摩り替えて自国民の行った不法行為の事実を隠匿しているのですから、単純バカな中国人が反日で盛り上がるのも当然で、遂には日本への旅行自体を非国民だとやり始めたわけです。

 既にその効果は出ており、宝健日用品有限公司という中国の会社が社員及びその家族の観光を中止し、1万人もの団体旅行が消えたわけですが、会社曰く「参加者の(日本での)安全や感情の問題も考えて取り消した。いかなる政府の圧力もなく、会社自らで決めた」「中国人の尊厳を守り、日本の行為に抗議する」と、嫌がらせや恫喝の電話があった事と、中国政府からの圧力もあった可能性が伺えます

 普通の国であればこのような問題で政府の圧力がどうのなんて話がそもそも出るわけが無いのですが、そこは一党独裁国家、一々そんな事を発表せねばならないわけであり、逆にソレが圧力の可能性を示唆しているわけですね。

 民主党政権が中国人の観光客を増大させるなどと言う最底辺の下策を弄した結果が、こうやって何かあれば日本経済への恫喝行動へと直結する事態を招いているわけです

 無理を通せば道理が引っ込むと言いますが、それをやってのける為に中国は日本の中国への経済依存が高まる事を期待していて、いざとなれば平然とこうやってそれを利用してくるわけです。

 よく、経済依存の関係が深まれば深まるほど仲良くなれる、戦争などにはならないと錯覚するバカがいますけど、逆です。

 かつて日本がアメリカ主導の禁油政策を取られて戦争か服従かを選ばざるを得なくなったように、このまま中国への依存度が高まれば、いざと言う時の被害もそれに応じて大きくなっていくだけです。

 ましてや中国は今や日本の国債まで買い漁り始めており、将来的に大規模な経済戦争を仕掛ける事が益々可能になってきています

 だから私は昔から脱中国を主張してきたんですよ。

 言わば中国なんてのは河豚と一緒であり、処置の仕方も満足に知らぬ経団連だの民主党だのと言った愚鈍な板前が調理したその身を考えもせずに美味い美味いといい気になって食らっていればいずれ毒にあたるのは当然というより必然です

 己の金儲けしか頭に無い俗物どもを排除しない限り、この国は一向に良くはならないどころか、こうやって自ら危機を背負い込んで崩壊への道をひた走り続ける事になるでしょうね。

 asahi.com『ホテル「当てにしてたのに」 中国客1万人キャンセル』
 http://www.asahi.com/international/
update/0917/TKY201009170504.html
09月17日(金)

本当にばかだ 

16日付けのMSN産経ニュースの記事から

「仙谷氏は本当にばかだ」為替介入で渡辺喜美氏
2010.9.16 14:43
 みんなの党の渡辺喜美代表は16日、都内のホテルで開かれた日本商工会議所の総会であいさつし、政府・日銀の為替介入に関連し、仙谷由人官房長官が15日の記者会見で1ドル=82円台が政府の「防衛ライン」と認める発言をしたことに対し、「わたしが投機筋なら『82円までは大丈夫だ』と必ず狙う。本当にばかだ。国家経営をやったことのない人たちに国家経営任せると日本が滅ぶということだ」と批判した。

 産経の記事によれば、82円が防衛ラインなのかとメディアに問われて「財務相のところでそういうふうに考えたのでは」と、仙谷が答えたんだそうで…

 確かにこの返事は事実上82円が防衛ラインだと認めたも同然ですね…

 みんなの党の代表じゃないですけど、本当に仙谷はバカですよ。

 僅か5年そこいら前、韓銀が防衛ラインをあっさりと読まれて過去最大の大赤字を出した一件を、仙谷は覚えてどころか知ってすらいないんじゃないでしょうか?

 売り時、買い時がバレバレだった事から連日ほぼ同じところで山と谷を作り、まるで2ちゃんねる用語の「w」(ワロス)を幾つも記しているように見えた事から「ワロス曲線」と呼ばれ、笑いのネタにされていました

 日本で、これからソレが再現されるのかもしれないわけです。

 韓銀が2005年に出した赤字が、1兆8776億ウォンだそうですから、無為無策で全てに後手後手な民主党政権は同程度の期間、またはそれ以上の期間赤字を出し続ける可能性もあり、数百億円単位で国益を損なう可能性があると言う事です。

 国家経営をやったことがある無いというより、純粋に、考えてものを話せる奴が一匹もいないバカの群れであるから、と言うのが原因じゃないでしょうかねぇ…

 まさに衆愚政治の体現者集団ですね。

 因みに、為替介入された米国では反発の声が上がっており、関係の深化どころか更に悪化の一途を辿っているようで、内政のみならず外交までも一度に悪化させる無策ぶりにはただただ呆れるばかりです。
09月15日(水)

さっさと判決を 

15日付けのasahi.comの記事から

「ネット嫌がらせ、殺されたのと同じ」 秋葉原事件被告
2010年9月15日1時36分
 東京・秋葉原で2008年6月、7人を殺害し10人を負傷させた無差別殺傷事件で、殺人などの罪に問われた元派遣社員・加藤智大被告(27)の第21回公判が14日、東京地裁であり、被告の精神鑑定を担当した精神科医が検察側証人として出廷した。18回、計約44時間にわたった面接で被告が見せた心の内を、医師としての分析を交えて明らかにした。

 精神鑑定は起訴前の3カ月間実施され、面接や心理テストなどをもとに「犯行当時、被告に精神疾患はなかった」との結論が出ている。

 加藤被告はこれまで、事件の動機について「ネット掲示板上の(自分への)成りすましなどの嫌がらせをやめて欲しいとアピールしたかった」と語ってきた。検察側からこの点を「動機と犯行に飛躍があるのでは」と問われると、医師は「飛躍はあるが、それなりに筋が通っていて理解は可能だ」と説明。被告が面接で、たとえ話として、大リーグのイチロー選手に成りすました偽者が試合に出て凡打の山を築いたら……という話をし、「イチロー選手はだまっていないでしょ。自分が殺されたのと同じなんです」と語ったことを説明して、「被告にとってネットでの嫌がらせは、とてつもなく大きな意味を持っていた」と述べた。

 攻撃の矛先が、見ず知らずの第三者に向けられたことについて見解を求められると、医師は「ネットの場合、行動を起こそうにも相手がどこにいるか分からない。メディアを通じて大勢に訴える手段を選んだのは必然だったが、危害を加えた点は自分も答えが出せない」と話した。犯行前や犯行時の被告の記憶が一部途切れている点については「犯行を思いついた瞬間を思い出せないのはよくあること。犯行時も無我夢中だった」と述べた。

 次回期日は来月5日。弁護側が請求している精神鑑定について、地裁が採否を判断する。(山本亮介)

 お前らは一体何を言っているんだと。

 イチロー選手が成りすましに取って変われれて凡打の山を築くとかって、状況自体が有り得ず、例えが余りにも下手過ぎますし、よしんばそのような状況になったところでイチロー選手が加藤のバカみたいにシアトルの大通りで人を引き飛ばした後、無差別に刃物で通行人を襲いまくるとでも言うのでしょうか?

 イチロー選手への侮辱も甚だしいですね、この鑑定医は。

 ましてやたかだかなりすましなんて、文章の癖でも分かるし、IPを調べても簡単に分かるものであり、その程度の事で無差別殺人を起こしたなど、荒唐無稽もいいところで、筋など何処にも通っていませんし、そういいながら医師自身が話を理解出来ないのは加藤の荒唐無稽な話を真実だと鵜呑みにして頭から信じているからってだけじゃないのかと。

 まず、ネットで否定された、殺されたような気分に勝手になったと言いながら犯行まで小まめにネットで行動を記しているなど、殺されたという場に相変わらず居付き、依存しきっているんですから、本当にそう感じていたのかすら怪しいものです。

 それに、何処の掲示板に何と言うハンドルネームで書き込んでて、どんななりすましの書き込みをされたのか、こういう詳細をメディアが報じなければ、ただの頭のイカレた無差別殺人犯が逮捕されたと言う話で終わり、なりすましの問題は誰にも気付かれぬまま、解決せぬままになりますよねぇ?

 結局は頭のおかしい奴に一般人の常識や倫理、論理性など求める事そのものが端から間違っているってだけの話でしょう。

 それこそネットの掲示板での成りすましだと言うのならその場で自らそれを立証するなり、出来ないならば第三者に救いを求める書き込みをするなり遣り口は幾らでもあるのに、現実の世界へ持ってきて、しかもまったく無関係な人達への無差別殺人で己の存在証明?

 頭のイカレたバカ、これ以外にどう論評する必要があるのやら?

 ネットが嫌になった、殺されたからとリアルに逃げ口を求めたとするならば、先程も記したように犯行直前までの依存している意味が分かりませんし、肝心のなりすましの問題は何処へ行ったのか?

 現実がたえられないからとネットに逃げたが、そこでも思うようにいかなくて、歴史に残るようなでっかい犯罪を犯して自分の存在をアピールしてやるんだとか、大方そんな中高生が取り付かれる類の妄執を抱いて実際に犯行に及んだが、逮捕されて冷静になるとありのままを語るのが余りにもバカ過ぎると漸く理解し、保身の為に自分は被害者だとアピールしているだけなんじゃないのかと。

 これなら肝心のなりすましの話が行動に全く結びつかない理由も、殺されたはずの場に自縛霊の如く何時までも粘着していた理由も説明がつきますよねぇ?

 何れにせよ、精神鑑定だの何だのとこれ以上無用な時間は重ねる必要ありませんから、さっさと死刑にしてくれませんかね?

 事件発生から既に2年以上経つのに未だ地裁でダラダラ、デレデレ…時間と税金の無駄ですよ。
09月13日(月)

本当に社会的偏見なのか? 

12日付けのasahi.comの記事から

ホームレスに向け打ち上げ花火 名古屋で被害相次ぐ
2010年9月12日21時27分
 名古屋市昭和区の鶴舞公園で7月、野宿生活を送るホームレスたちが打ち上げ花火を撃ち込まれる被害が相次ぎ、男性1人が首に1週間のやけどを負った。少年グループによる襲撃とみられる。ホームレスを狙った襲撃事件が各地で後を絶たない中、被害者の男性は「放置すれば、どうエスカレートするか分からない」と、刑事処分を求めて愛知県警に傷害の容疑などで告訴した。

 最初の事件が起きたのは7月12日午後10時すぎ。公園内の市公会堂の軒先で休んでいた6人のホームレスの男性に、いきなり花火が撃ち込まれた。

 被害に遭った44歳の男性は、携帯電話ですぐ110番通報。さらに支援団体の知人に連絡している間に、花火に右の首筋を直撃され、やけどした。男性は「飛んできたのはまるで火の玉。目に入っていたら失明していたかもしれない」と憤る。59歳の男性もタオルケットが焦げた。

 花火は20~30メートル先の暗がりから男性らに向けられた。確認できたのは、自転車に乗った数人の人影だけ。連発の打ち上げ花火を手に持ったまま、10分間ほど無言で水平に撃ち込んできた。

 2日後の14日午後9時すぎ、再び、襲われた。遠くで花火遊びをしていたグループのうち3、4人の若い男が近づいてきた。花火を向けられた男性らが逃げまどうと、若い男らは笑い声を上げながら追いかけてきた。

 たまりかねた男性たちが、逆に若い男の1人を取り押さえ、通報で駆けつけた警察官に引き渡した。昭和署によると、中学生のグループで、取り押さえられた少年の親が現場に来て謝罪したため事件化をいったん見送ったが、被害者の男性が今月になって提出した告訴状を受理し、「粛々と捜査を進める」と話す。

 支援団体によると、現場周辺では7月以降、鉄パイプで脅されたり、石を投げつけられたりしたという情報も寄せられているという。

 ホームレスを狙った事件は全国で頻発する。愛知県岡崎市の河川敷では2006年、69歳の女性が殴り殺され、強盗殺人罪などで有罪判決を受けた主犯格の男とともに、中学生3人が強盗致死の非行事実で初等少年院に送致された。東京都内で起きた連続襲撃事件では昨年、30代の男が殺人などの疑いで逮捕され、江戸川区で昨年あった別の襲撃事件では中学生が傷害などの疑いで逮捕された。神戸市ではホームレスに花火を発射してやけどを負わせたとして高校生3人が傷害容疑で今月、逮捕された。

 ホームレス支援団体「笹島診療所」の藤井克彦さんは「背景には、野宿者は怠け者、存在価値がないなどといった根強い社会的偏見がある」と指摘する。

 やけどを負った44歳の男性は「一体、どんな気持ちでやったのか、直接聞けない以上、警察にきちんと捜査してもらうしかない。いたずら心でやったとしても、高じれば危険だ。このままでは弱い人が狙われ続ける」と話す。(兼田徳幸)

 やった事の是非は兎も角、「背景には、野宿者は怠け者、存在価値がないなどといった根強い社会的偏見がある」と言うのは、果たして本当に偏見なんでしょうかね?

 民主党の黒鳩政権下で行われた派遣村行政がどのように間抜けで無駄な末路を辿ったかを思い出して見れば、野宿者は怠け者、存在価値がないとの考えは社会的偏見でもなんでもなく、少なからぬ事実だと思いますがねぇ?

 真面目に汗水流して働いた人の税金を使わせてもらっている寄生虫の身分でありながら好き勝手に暴れ、金を渡されるやいなくなって酒とギャンブルに浪費する…あの馬鹿げた民主党主催の饗宴で100億円以上の税金が浪費された事を忘れてはいけません

 中には怪我や病気を患ってマトモに働く事も叶わず身を窶しているという人間もいるでしょうし、そこから這い上がりたいと思っている人間もいるかもしれませんが、それって全体の半分でもいるのでしょうか?

 多くは国や支援団体の庇護を受け、ただ漫然と甘えた生活を続けているだけですよね、河川敷や公園などを不法占拠して

 今回の記事の主題になっている事件にしても舞台である舞鶴公園をGoogle Earthで見ると、緑が多く、更には公会堂や噴水、池などもあって非常に景観の良い大きな公園である事が分かります。

 そのようなところに浮浪者が屯して起居している…最悪ですね。

 私の地元近くにも似たような公園があり、やはり浮浪者が大量に居ついているので様相が簡単に想像出来ますし、自分の住む街からそういう、ハッキリ言って汚物も同然の連中を排除したいと言う気持ちも分かりますよ。

 昼日向から河川敷や公園に群れ成して居座って、酒飲んで大騒ぎしたり、汚い格好でゴミ籠を漁っていたり…ハエや野犬などの害虫・害獣とどう違うというのか?

 むしろ人間である分危険性は遥かに高いですし、その汚染域も広く、子供たちにとって何より存在自体が有害であるこの連中が怠け者ではなく、存在価値が何処にどうあるのかと支援団体に説明を求めたいものです。

 まぁ、どうせ下らぬヒューマニズムを振りかざすだけだろうって気がしますけどね。

 それに何よりも、警察が傷害事件を起こした学生らを逮捕する、或いは逮捕する為に動くのは当然ですけど、そもそも原因である浮浪者の公共施設・公共地の不法占拠を止めさせるのが先じゃないのかと

 根本原因である悪を見過ごしておきながら暴力沙汰はやっちゃいけないんだとか言ったって、若者が納得出来るわけないと思いますよ。

 尺度の違いはあれど、同じ悪なのに片方は免罪され片方は罰せられるとあれば、そこに対する不満が溜まるのは当然ですし、そのような状態で収まりなどするわけがありません。
09月12日(日)

戦後最大の過誤 

12日付けの共同通信の記事から

鹿島が支援企業名義貸しに関与 民主党の下条氏サポーター
 民主党の下条みつ衆院議員が、サポーター水増し分の年会費を党支部の収支報告書に虚偽記入したとして政治資金規正法違反容疑で告発された問題で、名義貸しに、大手ゼネコン鹿島が関与していたのが11日、関係者への取材で分かった。
2010/09/12 02:02

 6日に記した下条みつの水増し不正事件ですが、やっていたのはまた、鹿島なんですね…

 年初には小沢の不正にも関わっていたとして強制捜査を受けていますし、やっぱり他の民主党議員とも同じような不正をやっていたんですね。

 世襲を悪だと散々批判していた民主党が、小沢だの黒鳩だの、そしてこの下条だのと世襲議員による不正を連日繰り返していながら誰一人として責任を取らないし、取らせない。

 何よりも今回の件、Wikipediaの情報が正しいのなら、下條の伯父は石川六郎。

 鹿島建設の元社長ですから、身内関係を利用した犯罪だった可能性も出てきます

 これこそ民主党が批判していた最悪の世襲政治の典型例じゃないのかと。

 親からだけでなく親族関係まで利用して利益を得ていた可能性があるんですから。

 ですが、これだけ問題が報じられているのに民主党は処罰どころか調査すらマトモにしていないんですよね。

 総理大臣を外国人が選べるという問題についても結局はそ知らぬ顔でやってのけるつもりのようですし、参院選の大敗すら責任問題に発展しないのですから、もはや次の衆院選まではやりたい放題で暴走に歯止めを掛ける術が無いままでしょうね。

 独裁政党を与党の座につけてしまったのは日本にとって戦後最大の過誤と言えるでしょう。
09月11日(土)

反省出来ない幼い市長 

10日付けの河北新報の記事から

「さくらんぼ小学校」 東根市が校名変更を決定
 来年4月に開校する山形県東根市のさくらんぼ小学校と同じ名前のアダルトサイトが存在する問題で、土田正剛市長は9日、市役所で緊急の記者会見に臨み、校名を変更する考えを明らかにした。新しい校名は、9月定例市議会最終日の28日に提案される見通し。

 土田市長は「子どもたちへの影響を考え、変更を決断した。市民から投票で選ばれた名前とはいえ、ネット社会に対する認識が足りなかったと反省している」と述べた。

 さくらんぼ小の校名は市民から公募し、市民投票で全候補中約17%の票を集めて決定した。新たな校名は、公募で最終選考に残った五つの候補を中心に協議する。既に完成している校歌などは作り直すという。

 市教委によると、この問題が報じられた8日から9日にかけ、市役所などに計93件の電子メールが届いた。大半が校名の変更を求める内容で、中には入学予定の児童の保護者から「自分の子が通う学校名が、アダルトサイトと同じなのは嫌だ」との意見もあったという。

 会見の最後に土田市長は「同名のアダルトサイトがあるとは夢にも思わなかった」と話し、「交通事故に例えるなら、(向こうから)ぶつかって来たような感じだ」と渋い表情を浮かべた。
2010年09月10日金曜日

 正直、数日前からこれ関連の記事は見ていたんですけど、結果がどうであろうと関係無いのでどうでもいいやってのが正直な感想だったんですよね。

 ただまぁ、この市長が余りにもロクデナシ過ぎるんで黙っていられなくなりました。

 この東根市そのものが様々な施設の名前にさくらんぼと付ける、正直その安直で品の無いネーミングセンス自体私は呆れるものですが、確認もせずに名付けておいて「校名を変えれば、かえってアダルトの世界を正当化することになる」とか最初から相手が悪いと敵意剥き出しにするその姿勢が人としてどうなのかと。

 しかも、こう発言した僅か2日後に校名を変更すると言い出してあっさりとアダルトの世界を正当化してしまう間抜けぶり

 で、更にその翌日に「同名のアダルトサイトがあるとは夢にも思わなかった」「交通事故に例えるなら、(向こうから)ぶつかって来たような感じだ」ですよ。

 そもそもこの小学校名は昨年の12月に公募で最も最多得票数だったものという事ですが、市側の当初の説明であった2月に匿名の連絡があって初めて知ったと言うのが嘘で、12月28日に職員がその事実を知り、報告していたというのですから、敢えて知りながら事実を隠蔽してまで強行しようとしていたわけです。

 12月中に対応をしていれば校章も校歌も変更する必要など無く、市側の傲慢が結局は無駄な税金の浪費にも繋がったわけであり、こういう失態を追求されるのが嫌で無駄に強硬な姿勢を示していたのではないかと思いますね。

 でも、ここにきてニュースで取り上げられて批判が増えてきて変えざるを得なくなったけど、素直に非を認めたくないという実に幼く愚かな考えから、最後まで悪いのは相手だとの姿勢を続けていると。

 内容はどうあれ相手の方が先にその名を使っていた以上、確認もせずに名付けてトラブルを引き起こしたのは東根市の側なんですから、どうみたって交通事故で例えるならば東根市が信号停止している車に前方不注意で突っ込んだって感じですよね?

 一方でサイト側は話し合って、必要ならば子供の為にサイト名を変更しますと発表したのですから、尚の事この市長の幼稚さが際立っています。

 見下しているアダルトの世界よりも遥かに稚拙な対応しか出来ない東根市とその市長…こんなんで大丈夫なんですかね、ここは?

 読売の記事ではネットセキュリティー会社が「企業名や製品名を考える際は、ふさわしくない類似の名称がないか必ず調査する。小学校の名称なら、なおさら細心の注意が必要」と話しており、実に当たり前の事をやらない、わかっても対応をしないという思慮の浅さが今回の騒動を招いたと、市長らが反省する日はくるのでしょうか?

 山形新聞『「さくらんぼ小」校名変更へ 東根市、児童への影響を考慮』
 http://yamagata-np.jp/news/201009/
09/kj_2010090900546.php

 YOMIURI ONLINE『さくらんぼ小学校、アダルトサイトに同じ名が』
 http://www.yomiuri.co.jp/national/
news/20100907-OYT1T01203.htm
09月10日(金)

慢心強めるロシア 

10日付けのMSN産経ニュースの記事から

対日史観で共闘 露大統領訪中へ 「ソ連、対戦終結早めた」
2010.9.10 01:33
 【モスクワ=遠藤良介】ロシアのメドベージェフ大統領が今月末にも中国を訪問し、第二次大戦での中ソ共闘の歴史認識を再確認する方向で調整されていることが9日、中露関係に詳しい専門家の話で分かった。ロシアは今年、日本が第二次大戦の降伏文書に署名した9月2日を事実上の対日戦勝記念日に制定。「ソ連の対日参戦が第二次大戦終結を早めた」とする歴史観で中国などと連携し、日ソ中立条約を破っての対日参戦や北方領土の占拠を正当化する動きを強めている。

 元外交専門誌編集長のタブロフスキー氏によると、メドベージェフ大統領は北京、上海のほか、日露戦争(1904~05年)の激戦地だった大連・旅順口を訪問。第二次大戦での中ソ犠牲者に加え、日露戦争でのロシア人戦没者を追悼する行事に出席する見通しだ。

 クレムリン(露大統領府)は訪中日程を確認していないが、大連では訪問に向けた共同墓地の修復などが進められているという。

 ロシアは終戦65年にあたる今年、9月2日を「第二次大戦終結の日」に制定。記念日の正式名称から「対日戦勝」の文字は外されたものの、根底には「ソ連が中国東北部と朝鮮、サハリン(樺太)、クリール諸島(千島列島と日本の北方四島)を解放した」(有力議員)との歴史観がある。

 在露中国大使館は2日、ロシアの新記念日に同調して「占領者日本に対する中国人民の勝利65周年」と冠する数百人規模の祝賀パーティーを開催し、ロシアの政官界や在モスクワ外交団の関係者が集まった。

 中国の胡錦濤国家主席は今年5月、ロシアの対ドイツ戦勝65周年に合わせて訪露した際に「(対独、対日の)歴史の真実を守り抜くために連携を強める」ことで露首脳部と一致しており、この流れがいっそう強まっている形だ。

 中露の対日戦勝史観がさらに広がる兆候もある。

 サハリンでは今月2~3日、対日戦勝行事の一環で州主催の国際学術会議が行われ、「反日」色の濃い内容となった。この会議には中国や韓国、モンゴルなど7カ国から外交官や研究者が参加、在露英国大使館も第二次大戦の極東戦線でソ連が果たした役割を評価するメッセージを寄せた。

 AP通信も8月、米国の一部研究者に「米国の原爆投下よりもソ連の対日参戦が日本の降伏を決断させた」とする見方が出ているとの記事を配信した。

 ま、社会主義をやめたと言っても所詮は力で無理矢理事を成し遂げるしか芸の無い蛮族、同類と一緒になって自らの恥部に目を瞑って正当化しあおうなんて、相も変わらず発想が貧相かつ低俗ですね。

 そもそも9月2日の降伏文書署名後も侵略を続けていた国家が2日を記念日だとか言ってる時点で滑稽ですよ。

 加えて、日ソ中立条約の不正な破棄、情報の遮断による宣戦布告隠蔽の意図的な奇襲、民間人への強姦や虐殺、強制連行による不当な労働、墓の破壊など強制連行の事実隠蔽と、平和の為なんて微塵も伺えない強欲な赤熊の本性が随所に見られます。

 しかもこれら事実についてロシアは一切触れず、今回の記念日を祝っており、それで南樺太や千島列島の略奪を正当化しているのですから、中国同様、連中には何を言ったところで無駄でしょう

 自分達が作ったシナリオが唯一不変の事実なのであって、歴史がどうであったか、自分達が本当は何をしたかはどうでもいいことなのですから。

 本来ならば日本政府が強力な抗議活動を行って阻止に動き、それでも辞めないならば制裁や協力活動の全面停止、更にはソ連のやってきた事を詳らかにして何処にも正当性など無い単なる侵略活動であった事の世界規模での宣伝活動などをすべきですが、元より事勿れ主義なのに加え、今は特アに媚びる・諂うが信条の民主党政権下ですから、何もやるわけがありません…

 結果、ロシアや中国はこうやってより増長していくと。
09月09日(木)

配慮などしようの無い案件 

8日付けのasahi.comの記事から

中国漁船船長逮捕「外交的配慮なし」 仙谷官房長官
2010年9月9日2時27分
 仙谷由人官房長官は8日午前の記者会見で、中国漁船船長の逮捕について「外交的な配慮はなかった。粛々と手続きを進めた。そもそも尖閣諸島には領土問題は存在しないというのが日本の立場なので、日本の国内法で対処していく」と説明した。

 逮捕に対する中国側の反発で東シナ海ガス田の共同開発をめぐる交渉が停滞する可能性については、「影響が出るとは考えていない」との見方を示した。その上で「事態をエスカレートさせないようにしようということが中国大使らとの話し合いで出ている。日本国内でもヒートアップせず、冷静に対処していくことが必要」と語った。

 ま、幾ら管政権とは言っても配慮なんか出来るわけがありませんね。

 領海内での違法操業、これが逮捕理由であればまだ領有権を主張する中国や台湾への配慮を訴える勢力が出てくる事もあるでしょうが、海保は基本的にそれを理由にしての逮捕はやっていないようです。

 というのも、場所が係争地である事に加え、周辺海域に集まっている漁船の数が100~200隻以上になる事もあるような状態らしく、昨日見たニュースによると基本的には領海内に入ってきた場合には警告しての立ち退きをさせているんだとか。

 しかし、今回の中国漁船は警告を無視した挙句、海保の船に体当たりをしました

 この為、公務執行妨害で追跡をされたのに停船せず、それどころか更に別の海保の船に体当たりをして逮捕されたのであり、ここで見逃せば、日本の警察権そのものを国そのものが否定するような事になりますから、外交的配慮なんてものを介在させるわけにはいきません

 ましてや今は大事な党首選の真っ最中。

 近年、露骨に中国に媚び諂う姿勢を見せる人民解放軍の野戦司令官殿と言えど、ここで政府が及び腰な対応をすれば間違いなく其処を突いて来るでしょうから、尚の事弱気な態度は見せられないですしね。

 まぁ、中国側も当然そこら辺の事情は察しており、強気の姿勢で日本を非難してこそいますが、日本大使館前に集った抗議デモの人数が僅か100人そこいらだったとの話からも大きくする気がないと分かります。

 この件に関しては恐らく、ほっといても全く問題ないでしょうね。
09月08日(水)

有罪以外あるわけがない 

6日付けのasahi.comの記事から

グリーンピースメンバー2人に有罪 鯨肉窃盗事件で地裁
2010年9月6日21時4分
 調査捕鯨船の船員らが土産名目で自宅に送った鯨肉を運送会社から持ち去ったとして、窃盗と建造物侵入の罪に問われた環境NGO「グリーンピース・ジャパン」(GPJ)のメンバー2人に対し、青森地裁(小川賢司裁判長)は6日、懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。GPJ側の「不正告発のための正当行為であり無罪」との主張は退けた。2人は「有罪判決は不当」として即日控訴した。

 判決によると、GPJメンバーの佐藤潤一(33)と鈴木徹(43)両被告は2008年4月16日、青森市の西濃運輸青森支店の配送所に侵入し、塩漬けの「ウネス」と呼ばれる鯨肉(23.1キロ)が入った段ボール箱を盗んだ。

 GPJ側は鯨肉を持ち出した事実は認めたが「船員が鯨肉を無断で持ち帰る『横領行為』を告発するための正当行為」と主張。「NGOの調査活動はジャーナリストの取材と同様、国際人権規約や憲法21条で保障された表現の自由」として無罪を訴えた。

 判決は、両被告が箱を開けて肉を取り出したことを「所有者でなければできない利用・処分」として、不法に自分のものにする意思があったと認定。「公益目的の正当なものでも、刑罰法令に触れて他人の権利を侵すことは是認できない」と断じた。「表現の自由」については「他者の権利や公の秩序、道徳の保護のため一定の制限を課せられる」と述べ、GPJ側の主張を退けた。

 GPJが主張する「船員による鯨肉の横領」をめぐっては、GPJ側の証人として調査捕鯨船の船員や元船員らが公判で証言。ある船員が「鯨肉を別の船員に譲った」と述べた相手の船員が「もらっていない」と言うなど、証言に食い違いが見られ、土産の量も証人によって差があった。判決で小川裁判長は鯨肉の取り扱いについて「一部不明朗な点があったのは確か」と指摘。「本件の鯨肉の存在を公表したのを契機に、取り扱いが見直された」と述べた。

 判決後の記者会見で佐藤被告は「鯨肉に不正な点があったと裁判所が認めたことは評価する」と述べたが「不正を指摘した人を厳罰に処するのは不公正。知る権利を侵す不当な判決」と批判した。

 事件をめぐっては、国連人権理事会の「恣意(しい)的拘禁に関するワーキンググループ」が「メンバー2人の逮捕・勾留(こうりゅう)は人権侵害」との意見を日本政府に伝えたほか、5月に来日したピレイ国連人権高等弁務官が朝日新聞の取材に「言論と結社の自由の問題だ」と懸念を表明するなど、国際的にも注目されていた。(有近隆史、藤原慎一)

 国連は、本当に役立たずどころか有害なだけの組織ですね。

 北やイランには何ら有効打を打てず、それどころかコンゴでは目と鼻の先に駐留しながらみすみすテロリストに村を襲撃させ、なんと240人を超える女性らが集団レイプされるなどという事件を起こしています。

 犯罪国家やテロリストには好きにさせ、凶悪犯は殺すなと喚き、窃盗団を自由にやらせろと述べる…こうしてみると国連こそが法治国家に敵意を示す犯罪結社じゃないのかと思えますね

 今回の事件だって立証不能どころか素人が聞いても一発で嘘だと分かる証言を元にGPJが暴走しただけであり、何処にも言論や表現の自由、人権がどうのとするような部分はありません。

 簡単に分かる嘘を自らの暴走を正当化させるのに都合が良いからと利用し、建造物侵入の上に窃盗を働いて、挙句が正義を実現する為と窃盗したはずの鯨肉を勝手に食して、不正に受益したGPJによる犯罪です。

 こんな馬鹿げた話が通るなら、銀行強盗をして奪った金を適当に使った後で残りを警察に届け、あの銀行は不正をしていたので金を奪いました、これが証拠ですとやっても正義だから無罪だとなるんですがね?

 事実、GPJ側の主張は立証されてすらおらず、訴えそのものが退けられており、荒唐無稽な妄想による言いがかりであった事が判明しています。

 この、奪った後に一部を警察に届けて相手を犯罪者扱いすると言うプロセスを踏むだけで正義だ無罪だとなるんであれば、それこそ海賊だろうがピンクパンサーだろうがちょっと遣り口に手を加えるだけで簡単に義賊として無罪放免になれちゃいますよねぇ?

 しかし、こんな馬鹿げた主張が法治国家で罷り通るわけがありません。

 まして、国際人権規約なんぞは国法の上に置かれるようなものではありませんし、日本国憲法21条もNGOやジャーナリズムの暴走を容認する免罪符ではありません。

 例えば、表現や言論の自由が憲法で保障されているのに、性や差別に関する表現や言論には強い規制があり、無視した場合には訴えらたりする事だってありますよね?

 例えば、素っ裸どころか下着姿でだって外を歩けば逮捕されますし、それを表現の自由だなんぞと主張したって警察は許してくれませんよね?

 憲法で保障されているはずなのに、刑法など下位に属するはずの法令や条例などで罰せられます。

 何故なら憲法はあくまでも大枠であり、そこに書かれているからと無制限の自由が保障されるわけでは無いなんて、法治国家に住む人間であれば常識中の常識だと思うのですがねぇ?

 例えば、Oと言う政治家が4億円を不正に蓄財したと言う話を元お手伝いさんから聞いたジャーナリストが、それを立証する為にOの自宅に忍び込み、盗聴や盗撮、Oの持ち物を盗み出すなどの真似を行ったら、それは正当行為だからと無罪になるでしょうか?

 こういう真似が罷り通るならNGOやジャーナリズムはその肩書きを背に国を裏から好きに操れちゃいますよ。

 何せ警察ですら出来ない捜査を正義の名の下に無制限で出来ると言う事なのですから、敵対勢力に対して無制限攻撃を仕掛けて弱みを握って脅迫するなり、強請るなり、やりたい放題にやれちゃいますから

 まぁ、テロリストの分際で自らを正義だと称するような頭のイカレた勘違い集団や、分別の欠片もない似非人権主義の国連人権委の言い分なんぞ取り合う価値は一片も無いって事ですね。

 時事ドットコム『PKO対応遅れに批判=コンゴの大規模レイプ事件』
 http://www.jiji.com/jc/
c?g=int_30&k=2010090500065
09月07日(火)

この政党の何処にクリーンの要素があるのか? 

5日付けの毎日jpの記事から

民主代表選:投票用紙取りまとめ依頼 小沢派の高松議員
 民主党代表選を巡り、小沢一郎前幹事長を支持する高松和夫衆院議員(比例東北ブロック)が後援会に対し、党員・サポーターから投票用紙を回収し、自身の事務所に集めるよう依頼していることが4日、分かった。秋田県北部の男性サポーターが毎日新聞の取材に、白紙のまま提供を求められて断ったと証言。高松議員は「回収を秘書が指示した。白紙とは言っていない」と依頼を認めた。民主党中央代表選挙管理委員会規程に違反する可能性がある。

 男性サポーターによると、小沢氏が正式に出馬を表明した8月31日、高松議員の後援会員の元地方議員から「うちの先生は小沢(支持)だ。秘書が回収に来るから、投票用紙を白紙のまま自宅に持ってきてほしい。他の支持者は応じている」と電話があり、男性の妻と別のサポーターと合わせて3枚の投票用紙の回収を求められたという。男性は「手法に疑問を感じる。正々堂々と選挙をやってほしい」と語る。

 高松議員の政党支部が集めた党員・サポーターは約500人。秘書は「数枚の投票用紙が事務所に届いた。まだ投函(とうかん)していない」と、投票用紙を取りまとめていることを認めた。中央選管規程では不正投票を防ぐため有権者が直接、投票用紙を郵送すると定めており、「何人も複数の投票券をまとめて送付してはならず、中央選管はこれらの投票券を受け付けない」と明記。同党秋田県地方選管は4日夜、「選挙違反が疑われる行為」として、中央選管に届け出た。

 代表選は1人2ポイントの国会議員票824ポイントのほか、地方議員票(100ポイント)、党員・サポーター票(300ポイント)の計1224ポイントの過半数を争う仕組み。国会議員の色分けが進み、党員・サポーター票の動向が焦点となっている。

 過去には、小沢氏と羽田孜元首相が立候補した95年の新進党党首選で、企業や議員事務所が投票用紙を取りまとめる手法が使われ、「不正投票」が疑われた。当時、同党議員だった自民党の石破茂政調会長は4日のTBS番組で「同じ筆跡で名前が書かれた用紙が段ボール(箱)で届いた。(開票後に)燃やされた」と証言した。【野口武則】
2010年9月5日 2時30分

 流石は民主党議員の、それも小沢派だけありますね。

 やる事の姑息さ、言い訳のセコさ、どちらもホント、流石としか言いようが無い低脳ぶりです。

 最後の段に新進党時代の不正の話がありますが、結局幾らクリーンな政治だ、クリーンな政党だと嘯いたところで汚濁しきった金権政治、勝てば官軍という増上慢な本質は昔から変わっていないのが民主党ですもんね。

 本人の同意なく水増しの為に勝手に党員やサポーターに登録していたかと思えば今度は、勝つ事が全てと白紙用紙収集なんて不正投票を公然とやってのけようとするんですから。

 こんなクズ連中が叫ぶ外国人参政権付与が如何に危険な事態を招くか、常々分かるというものです。

 それにしてもこのする高松和夫という民主党議員は、そもそも何故直接有権者がポストに投じねばならない票を回収する必要があったのか?

 「回収を秘書が指示した。白紙とは言っていない」と、白紙回収をして小沢の名を書くつもりは無かった、やったのは秘書だと言い訳をしていますが、それならば回収した名入りの票を秘書はどういう理由で集め、それをどうする気だったのか?

 小沢票に書き換えるか、さもなくば管票は全て処分してしまうか、何れにせよ小沢の勝利に貢献しようと不正を働く意図であった事に違いないのであり、回収支持を出した時点で公正な選挙を行う気が無かったわけです

 スターリンや毛沢東らの例が示すように、独裁者の下では独裁者に如何に取り入るかが生き残れるか、出世出来るかとなるので、単なるイエスマンだけでなく、積極的に悪事に手を染める輩が続出します。

 今回のこの高松某はまさにその典型的な下っ端の例でしょう。

 先日行われた街頭演説でも小沢には熱烈なコールが行われる一方で、管には罵倒の声だけが響くと言う世論調査の結果と全く正反対の現象が起きており、小沢信者の動員が疑われています。

 無能な管が続けば経済の悪化や更なる特アへの媚売りが懸念されますし、小沢が勝てば不正とそれを力づくで正当化させる強権独裁政治…どちらに転んでもこの国の未来は真っ暗ですね。
09月06日(月)

民主党による個人情報不正利用事件 

5日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

私が民主党サポーター?覚えなし7都県で
 民主党代表選に絡み、党員やサポーターに登録した覚えがない人に投票用紙が送られてきた問題で、東京、茨城、福島、千葉、埼玉、滋賀、兵庫の7都県で同様の投票用紙が送られていたことが4日、読売新聞の調べでわかった。

 兵庫県伊丹市の無職男性(46)の自宅には今月3日、投票用紙が届いた。男性は「自分の個人情報が勝手に使われていて気持ち悪い。総理を選ぶことになる選挙でいいかげんなことはしないでほしい」と話した。長女夫婦を含め3人分の投票用紙が送られてきた千葉県市川市の無職女性(80)は「私は自民党支持者」と憤慨していた。
(2010年9月5日03時03分 読売新聞)

 何故こんな通常有り得ない事件が起きるのか?

 この民主党マジックの正体は、まず間違い無く黒鳩の故人献金事件と同じ事を民主党の各議員が当たり前にやっているからと言う事でしょうね。

 事実、この記事が掲載される僅か2日前に秘書給与のピン撥ねやパワハラなど幾つもの問題を起こして度々新聞や週刊誌を賑わせている民主党の下条みつが、支援企業の名義を借りてサポーター900人分を登録し、年会費を収支報告書に虚偽記載したとして政治資金規正法違反で元秘書らに告発されました

 この名義貸しについては建設会社である事までしか公表されていないので詳細は不明ですが、恐らくはこういう自身の勤める企業ぐるみでされていたり、あとは黒鳩のように知り合いだのとかって事から勝手に名義が使われていたと言う事でしょうね。

 何れにせよ、本人に断り無く個人情報を勝手に収集・利用していたのですから、個人情報保護法違反であるのは確実でしょう

 個人情報の扱いについてかつては国民総背番号がどうだのと大騒ぎしていた政党が、実は裏で国民の個人情報を不正に収集し、利用していた…これを見ても何処にもクリーンさなど無い、卑劣な汚濁塗れの連中だと言うのがよく分かります。

 ま、今では反対していた過去なぞ何処へやら、むしろ積極的にITを利用した国民管理に乗り出していますしねぇ?

 気付いたら国民情報が民主党に全て握られていて、従わない人間は情報を故意に漏洩されたり、恫喝に用いられたりなんて世の中も、ヤクザ紛いの輩が当たり前にいる政党ですから、何れはあるかもしれませんね。

 MSN産経ニュース『「サポーター会費、900人分水増し」民主・下条議員元秘書らが告発状』
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/
100903/crm1009032355022-n1.htm
09月05日(日)

考えて喋れないバカ 

4日付けの時事ドットコムの記事から

01年の再来狙う?=小沢、田中真紀子氏が街頭演説-民主代表選
 民主党代表選に立候補した小沢一郎前幹事長は4日午後、東京・JR池袋駅前で、田中真紀子元外相とともに演説した。小沢氏は「(菅直人首相は)いろんな話をああしたいこうしたいと言うが、実行できるかどうかだ。今までの経験、知識をすべて結集し、全力を挙げたい」と経験の差をアピールすると、田中氏も「政治は決断、そして結果だ」と小沢氏を持ち上げた。

 田中氏はまた、首相が「クリーンな政治」の実現を訴えていることに触れ「クリーン、クリーンって、クリーニング屋さんじゃないんだから。長いこと人間やってれば、人間も靴の底も汚れるの」などと述べた。

 田中氏は、2001年の自民党総裁選で支持する小泉純一郎元首相とともに街頭に立ち、党員・党友の支持で他候補を圧倒する原動力となり、劣勢が伝えられた小泉氏の勝利に貢献した。小沢氏としては、党員・サポーター票の掘り起こしに向け、田中氏の「発信力」に期待したようだ。
(2010/09/04-20:49)

 汚物コンビとでも言うんでしょうかね、この組み合わせは。

 北京ダックに至っては自ら汚れである事を認めていますし

 まぁ、親父に続いて自身もまた政治家として汚職に手を染めた文字通りの汚れた人間ですが、だからと言って自分達親子みたいなロクデナシを一般論化されるのは人間に対する侮辱もいいところです。

 幾ら自分が秘書の給与を横領したり、脱税したりと犯罪行為に手を染めているからって犯罪を奨励するかのような応援の仕方をするとか、本当に民主党のバカなボンボン議員は常識やモラルが欠如してますよね

 何よりも、その言い分だと小沢が実際に自分同様、犯罪に手を染めていますと認めているって事だと分からないんですかねぇ?

 まぁ、安部さんを頭が悪いだのと罵るくせに自分は考えて喋る、行動するって事がいい歳して未だに丸っきり出来ない口先だけの女ですから、しょうがないんでしょうけど、バカですよね。

 そもそも民主党がクリーンを謳っているのが何でなのかも思い出せないんでしょう、きっと。

 クリーンな政治を掲げ、問題続出の自民党を非難・罵倒し続け、それをメディアが煽ったお陰で目先のものしか見えない衆愚に支持されたと言うのに、ここにきてその現実を無視する発言を平然とやってのけるんですもの。

 加えて、クリーニングの話に例えながら出てくるのが「靴」って、話のセンス悪すぎです

 服だのズボンだのとクリーニング屋の話を出すなら例えるのもそっちで統一するべきでしょうに、言ってる間に自分で何の話をしていたのかも分からなくなっているんでしょうねぇ…ホントにバカ過ぎます。
09月04日(土)

不要なのは小沢自身 

3日付けのMSN産経ニュースの記事から

【民主代表選】小沢氏「海兵隊不要」に防衛省困惑 事実誤認も数々
2010.9.3 21:00
 民主党の小沢一郎前幹事長が在日米海兵隊は不要だとの認識を示したことを受け、政府内から批判と困惑の声が上がった。海兵隊不要論は、極東での米軍の抑止力は「第7艦隊だけで十分だ」という小沢氏の持論を改めて印象づけたが、在沖縄海兵隊の兵力数など事実誤認も少なくない。

 この発言を受け、岡田克也外相は「米海兵隊は抑止力として必要だ」と批判。北沢俊美防衛相も「(日米合意の見直しと)疑念を持たれる可能性がある」と強い懸念を示した。

 「現実にいるのは2千人(に過ぎない)」。小沢氏は在沖縄海兵隊の兵力数をこう説明したが、実態とはかけ離れている。米国防総省の資料によると、日本駐留の海兵隊は約1万7千人で、岩国基地(山口県)の約3千人を除く約1万4千人が沖縄に駐留。このうち常時1千人程度がアフガニスタンとイラクに派遣されているが、1万3千人程度は沖縄にいる。

 小沢氏は「海兵隊の実戦部隊はいらない。米国もいらないと思うから引き上げている」とも述べたが、これも誤りだ。在日米軍再編でグアム移転を予定する海兵隊の8千人は司令部や後方支援部隊で、実戦部隊は沖縄に残るからだ。

 「第7艦隊だけで十分だ」との持論も、第7艦隊は整備などの後方支援にあたる在日米海軍の存在がなければ活動できないことを理解した上での考えなのか疑問が残る。

 「日本は日本の領土・領海の防衛でみているが、米国はもっと広い範囲でみているから…」。小沢氏は3日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜(ぎ)野(の)湾(わん)市(し))の代替施設を沖縄県内に求める米側の意図をこう指摘したが、この認識も危うい。

 ある自衛隊幹部は「『広い範囲』として朝鮮半島・台湾海峡有事を念頭に置いているのであれば、それらが日本有事に直結しかねないとの認識が欠落している」と指摘。防衛省幹部は「事態拡大を防ぐため迅速に出撃し、日本人救出にもあたるのは在沖縄海兵隊だ。その輸送手段が普天間のヘリだと理解しているのか」は不安を隠さない。

 小沢は昔から軍事音痴の大バカですもんねぇ…

 もし現実に沖縄にいる海兵隊が2千人に過ぎないのであれば、一体何処から8000人もの移転計画が出てくるのか?

 ましてや、記事にもある通り元々この8千人と言うのは司令部や後方支援部隊という話だったのであり、2千人程度の規模だったら、負担だの騒音だの騒ぐ程の規模になるかどうか。

 因みに、現在米軍は司令部を完全に撤退させると運用に支障が出ると考えを改め、司令部機能の一部を残し、代わりに同数規模の実働部隊を移す事で訓練の縮小、及び事故の発生率低下など沖縄の負担軽減を図るという話になっているそうです。

 大体からして、その程度の規模では実働部隊が余りにも少な過ぎて何かあっても対応が出来ないと普通は分かると思うのですがね?

 かなりいい加減に計算すると、総数14000マイナス8000人でざっと6000人位実働部隊及びそれを支える支援部隊で旅団規模のはずが、小沢の理屈で行くとその10分の1程度、600人位の大隊規模しかいなくなってしまい、出来る事の範囲が非常に狭まります。

 まして、普天間の移設についてこの大戯けは僅か数日前に話し合いをまたやり直して、米軍にも地元沖縄にも納得してもらうベストの案を出してみせると吹聴したばかりなのに、あっという間に不要だから出てけって…

 そもそもそういうバカな発想を掲げた黒鳩が、8ヶ月に及ぶ迷走の末出した答えがやっぱり辺野古沖の移転しかないというものだったのに、そこから何も学ばず、考えればいい案が出るだの、いらないから出てけだの、黒鳩に勝るとも劣らぬ逸材(バカ)ですね、小沢って。

 台湾や朝鮮で戦端が開かれれば、日本の安全保障に大きな影響を及ぼすのは言うまでもない話ですし、そうでなくても尖閣諸島や沖縄を狙う中国、対馬侵攻を目論んでいた韓国などの存在を思えば、即応できる米海兵隊の存在はどれだけ重要である事か。

 ロクデモナイ妄想に囚われて視野狭窄に陥っているのは自分だと気付かないし、気付かせられる側近もいない…まさに裸の王様ですね。

 まぁ、取り巻きが山岡や谷みたいなヨイショしか出来ない愚鈍で無知無能なクズだから当然でしょうけど。
09月03日(金)

情けない輩 

2日付けのNHKニュースの記事から

爆薬は自殺用 道連れも
9月2日 14時21分
 東京・足立区に住む45歳の会社員の男が、爆薬の原料となる薬品などをすぐに爆薬を作れる状態で所持していたとして、爆発物取締罰則違反の疑いで書類送検されました。男は「爆薬を実際に作って自殺し、ほかの人も道連れにしようと思った」と供述しているということで、警視庁で詳しいいきさつなどを調べています。

 書類送検されたのは、東京・足立区に住む45歳の会社員の男です。警視庁の調べによりますと、男は、爆薬の原料となる硝酸アンモニウム900グラムを、爆発の威力を高めるのに使うアルミニウムや、殺傷能力を増すボールベアリングとともに自宅に所持していたとして、爆発物取締罰則違反の疑いが持たれています。

 硝酸アンモニウムは、軽油と混ぜると爆発しやすくなる薬品で、警視庁は、男が、この薬品をインターネットで購入し、起爆剤の材料も集めるなど、すぐに爆薬を作れる状態で所持していたとして書類送検しました。警視庁によりますと、男が持っていた硝酸アンモニウムなどを使った場合、車1台がほぼ吹き飛ぶ威力の爆薬が作れるということです。調べに対して、男は「好きな女性に相手にされず、爆薬を実際に作って自殺し、ほかの人も道連れにしようと思った」と供述しているということです。

 警視庁は、ことし秋に横浜市などで開かれるAPECに向けて爆弾を使ったテロへの警戒を強めていて、爆薬の原料となる薬品の売買の実態を把握するとともに、業者などに呼びかけて管理の徹底を図っていく方針です。

 いやはや、「警視庁GJ!」と言いたくなる逮捕ですね。

 45にもなった男が、たかだか女に相手にされなかったからなんぞと言う実にクダラナイ理由で自爆テロを画策するなど、気を違えるにも程があります。

 しかもボールベアリングまで使おうとするなんて、異常すぎます。

 つまりはただの爆弾ではなく、炸裂弾を作ろうとしていたと言う事なんですから。

 この手の兵器としてもっとも分かりやすいのは人気ゲーム『メタルギア・ソリッド』でもお馴染みの指向性対人地雷、クレイモアでしょうか?

 爆発すると同時に内包したボールベアリングが爆発の勢いでショットガンの如く飛散するのがクレイモアですが、自爆テロ用というのですから恐らくこの会社員は全方位に飛散する形で作るつもりだったんじゃないかなと。

 何れにせよ、既に起爆剤の材料まで集めていたというのですから、警察が気付かない、或いは気付くのが遅れた場合には場所次第で非常に多くの死者が出ていた事でしょう。

 何せ車1台がほぼ吹き飛ぶ威力というのですから、満員電車の中ででも使っていたら周囲の人間は軒並み蜂の巣になって吹っ飛んでいたでしょうから。

 いやはや、死にたいなら勝手に一人で無様に死ねと。

 人身事故も後を絶ちませんし、傍迷惑なバカが多すぎますね。
09月02日(木)

言を違えるのがもはや生き甲斐なのでは? 

1日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

罰金刑確定の芳賀氏、再び鳩山氏の政策秘書に
 鳩山前首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の偽装献金事件で、政治資金規正法違反(重過失による虚偽記入)で略式起訴され、30万円の罰金刑が確定した芳賀大輔氏(55)が、再び鳩山前首相の政策秘書に就任していたことがわかった。

 今年6月9日付で、首相辞任の翌日だった。

 偽装献金事件では、芳賀氏のほか、同会の事務担当者だった勝場啓二・元公設第1秘書(59)(執行猶予付きの有罪判決が確定)が起訴された。勝場元秘書は2004~08年、鳩山前首相や母から提供された資金約3億5900万円を個人献金などと偽り、政治資金収支報告書に虚偽の記入をした。芳賀氏は同会の会計責任者でありながら収支報告書に目を通さず、虚偽記入を見逃したとして同法違反に問われた。
(2010年9月1日21時22分 読売新聞)

 格闘技ならバーリトゥード、俗に何でもありと呼ばれる総合格闘技がありますが、それとて実際にはキチンと定められたルールの中で争うものであり、反則などがちゃんとあります。

 しかし、民主党においてはバーリトゥードは本来の意味である「何でもあり」として使われているのでしょうね。

 黒鳩はこの不正事件について、当初から証言が二転三転し、対応も同様に二転三転していました。

 何人もの弁護士を掻き集めてその弁護士団に全てを調べさせ、まとまったら実態を公表するとしていたのが、総理大臣になるや今度は裁判があるから影響を与えないようにそれが結審してからだと進展状況についてすら口を閉ざし、そして職務を放り出して逃亡した後はプライバシーだと説明を拒絶しました

 そして、実は一度責任を取らせると言う事で首にしたはずの人間をコソコソと裏で再雇用し、更には首相の座を放り出した後に復権させていたと。

 あれあれ?最近どっかで似たような話を聞いていますよね?

 そう、小沢の復権を目論んでいる件です。

 そもそも小沢が西松の一件で秘書が逮捕され、その責任を取らされる形で代表を退いたのが昨年の5月でした。

 しかし、その後も代表代行という地位に留まり、衆院選での勝利後には幹事長職に就きます。

 その間に黒鳩の故人献金事件が明らかになり、クリーンな政党を謳っていながら実際には代表と幹事長が揃って政治とカネの問題を抱え、しかも野党時代に喚き続けていた説明責任を一向に果たさず、内政・外交の面でもマニフェストの嘘が次々と明らかになっていった事から急速に内閣支持率を失う一方、説明を求める国民の声は常に高いままでした

 その結果、追求と責任から逃れる為にこの俗物らが取った手段が、逃亡でした。

 これをメディアなどが愚劣にも責任を取ったと褒めそやしていましたが、秘書の罪は政治家の罪であり、その責任の取り方は議員の辞職だとのたまい、安部総理辞任の折には病気での辞任であっても途中で放り出すなら議員辞職しろと求めていた連中の遣り口なのですから、何処にも褒める点などありはしません。

 しかも、この直後に裏で有罪が確定していた人間を再び政策秘書に復権させ、自身らも僅か3ヶ月での復権を目論んで策動しているのですから、これほど悪質な人間はそういませんよ?

 挙句、最初は「党の首相である菅氏を応援するのは当たり前」と言っていたのが、次には「私の一存で入っていただいた小沢氏を応援するのが大義」と反転し、そしてその次には「トロイカ+1で挙党態勢を」と相も変わらず口を開く度にコロッコロと言う事が引っくり返る黒鳩の迷走ぶり…

 まぁ、そもそもが左にしか進まない、真っ直ぐ走れない、協調を知らずただ真っ直ぐに独走する、そんな駄馬が3頭群れている状態でソリがまともに走るわけが無いんですよね。

 特に管と小沢の犬猿ぶりは昔から有名でしたし。

 無理矢理に協力をしている風に取り繕っていても、所詮こうやって化けの皮が剥がれれば国の事、国民の事など二の次、三の次で醜くドッグファイトを繰り広げるのですから。

 それにしても、この醜悪極まりない争いを引き起こした迷走バカである黒鳩が「ボクはいったい、何だったんでしょうね」などと言っていたというのですから、つくづくコイツの学歴の信憑性を疑いたくなりますね。

 まったく、60越えて知能レベルが小学生と同等以下なんてのが代表を務め、未だに強い影響力を保持できるし、国民を無視した振る舞いを繰り返しても誰も諫言出来ないとかって、つくづく民主党は良心も良識も持たない連中の群れであると教えてくれますね。
09月01日(水)

愚かな内紛と卑劣な風見鶏 

30日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

よみうり寸評
 政界の常識は世間の非常識。民主党代表選に向けた動きを見ていると、そんな皮肉も言いたくなる

 ◆民主党が衆院選で大勝し、政権交代の悲願を果たしたのは、ちょうど1年前のきょうのことだった。それがわずか1年でこのていたらくは何とも情けない

 ◆菅直人首相と小沢一郎前幹事長が対決するという。首相が短期間でころころ代わるのはよくないと言ったのはどこの党だったか。「政治とカネ」の問題と失政で当時の鳩山首相と小沢幹事長がともに退陣したのはわずか3か月前ではなかったか

 ◆退陣した前首相はあまり影響力を行使しない方が望ましいと言ったのは鳩山前首相ではなかったか。その人が菅氏と小沢氏の間を動き回っているのは異様に見える

 ◆(菅氏67%、小沢氏14%)--どちらが次の代表にふさわしいか。本社世論調査の結果。他紙でも同様な結果が出ている。無論、世論調査が万能ではないが、民主党内の世論とは違いすぎないか

 ◆ぶれ続けて首相を辞めた人に「大義」などと言われても???だ。
(2010年8月30日13時55分 読売新聞)

 結構辛口で、社説より面白いのがこの夕刊掲載の『よみうり寸評』です。

 7月の参院選の大敗で責任を取って辞任していればまさしく細川・羽田の2内閣時代の再現だったわけですが、相変わらず無責任なこの連中は誰も責任を取らぬままでスルーしました。

 しかし、これで場合によっては2ヶ月延命しただけという結果になる可能性が出てきました。

 民主党の愚劣な内部事情は兎も角、この分裂騒動の原因を作ったのは他ならぬ黒鳩と小沢という細川・羽田という最悪の迷走時代を作った連中なのですから、存在そのものが如何に日本にとって害悪な連中か分かりますね。

 マニフェストの達成どころか自ら口にした事を何一つ守れず、如何に自分が口先だけのバカなボンボンであるかを国内外に示した挙句、国民が自分の声を聞かないから悪いんだと1年どころか僅か八ヶ月という中途で無責任に全てを放り出して逃げたのが黒鳩でした

 1年でコロコロ総理が変わると批判していたくせに自らはその1年すら持たせられず、秘書の責任は政治家の責任であり、自分だったら政治家を辞めると言いながら、実際に自分の巨額な政治資金不正がばれれば秘書に全ての罪を被せて知らぬ顔をし、散々政府与党に対して喚いていた説明責任も任命責任も自らは果たさず、やらないと宣言していた強行採決は乱発、普天間問題も自体を悪化させ、日米同盟そのものにヒビをいれました。

 そして放り出して逃げた後はほとぼりが冷めるのをこそこそ隠れて待ち、このタイミングでまた風見鶏の如く振舞っているのですから、下種と呼ぶのも生ぬるい位の、ホンモノのド外道ですよね。

 寸評では「退陣した前首相はあまり影響力を行使しない方が望ましいと言ったのは鳩山前首相ではなかったか」と疑問を呈していますが、そもそも黒鳩は首相就任前から先程少し記したように嘘を繰り返し、自らの故人献金という汚職問題では幾たびも証言を翻すわ、過去の自らの主張と相反する真似を繰り返すわとした挙句、最後には説明責任すら放り捨てたようなクズです。

 文字通りの鳥頭で、3歩歩けばもはや過去を綺麗さっぱり忘れて180度反対の真似が出来るのですから。

 実際、今回も管支持を打ち出しておきながら翌日には変節して小沢支持を打ち出すなど、相変わらず出鱈目な真似を繰り返しており、コイツには反省も無ければ進歩もありません

 そも、政治とカネの問題を理由にして小沢にも幹事長職からの引責辞任を求めたはずが、それに対する説明責任すら果たさぬまま僅か3ヶ月で復帰させ、それも一足飛びに代表として総理大臣へと出世させようと画策し、その為に活動する事を「大義」と称する

 自らが行ってきた8ヶ月のぶれまくりの迷走も、政治とカネに対する責任も、何ら悪いと感じていない事がよくよく分かります。

 この結果、世論調査では無能なサヨクの方が、傲慢で犯罪者な独裁主義者よりはマシと考える人間が大勢を占める結果になっているのでしょう。

 ただ、調査が二者択一ではなく、「どちらもアウト」とかって選択肢があったらそれが一位の座を余裕で取りそうですけどね

 何れにせよ、寸評が記す通り民主党には世間の常識など通用しませんし、連中には良識だってありはしないのですから、結局は連中が内部崩壊をして潰れるのが先か、日本が壊れるのが先かという事になるでしょうね。
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果