徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月30日(水)

速攻の不協和音 

28日付けのMSN産経ニュースの記事から

鳩山首相「モラトリアムまで合意していない」 亀井金融相の主張拒否?
2009.9.28 20:49
 鳩山由紀夫首相は28日夜、亀井静香金融相が提唱している中小企業向け融資や個人向け住宅ローンを3年程度猶予する「モラトリアム法案」について「連立与党でモラトリアムまで合意しているわけではない」と述べ、亀井金融相の主張は受け入れがたいとの姿勢を示した。

 一方で首相は「中小企業が資金繰りに困っており、何らかの手だてが必要というのは事実だ。担当閣僚と担当者を中心にしっかり議論して政治主導でいい答えを見いだすことができると思う」とも指摘し、中小企業対策を早急に取りまとめるべきだとの考えも表明した。

 首相官邸で記者団に答えた。

 亀井氏は自身が提唱するモラトリアム法案に対し政府内で異論が出ていることに反発しており、「(首相も反対なら)私を更迭すればいい」などと発言している。

 早くも醜い内輪揉めを開始した犯罪者内閣ですが、更迭なんぞ出来やしないと嘲笑う亀井と、それを苦々しく感じながらも本当に何も出来ない愚かな黒鳩

 滑稽千万ですね。

 ベストな面子とやらが速攻で奏でる不協和音には呆れますが、実際に中小企業が資金繰りに困っていると述べながら、でもモラトリアムはしない、おまけに最低賃金は平均1000円まで吊り上げると…

 つくづく意味不明ですよね。

 で、肝心の中小企業への資金繰りへの対応はそのうち答えを出しますと、また何時もの曖昧模糊な先送り

 亀井への対応も結局言及すらできやしない。

 これが自民党の時代だったなら、これ幸いと首相の指導力が、実行力が云々とバカみたいに嬉々として大騒ぎしていたというのに、自らは恥じ入りすらしないのも何時もの事ですし。

 無能は所詮何時まで経っても無能に過ぎずって事ですね。
スポンサーサイト
09月29日(火)

宇宙人の妄想と米国の目 

28日付けのMSN産経ニュースの記事から

米政府、鳩山首相の「東アジア共同体」に強い反対 不信と懸念強める
2009.9.28 18:40
 【ワシントン=有元隆志】鳩山由紀夫首相が国連総会の一般討論演説で表明した「東アジア共同体」構想に対し、米政府高官が米国抜きの構想だとして強く反対する意向を日本側に伝えてきたことが28日、分かった。日米関係筋が明らかにした。

 就任直後の訪米で、オバマ米大統領との信頼関係の醸成に自信を示した首相だが、首相の外交政策への米側の懸念がかえって強まっていることを示している。

 同筋によると、構想に反対し懸念するとの意向は、24日の首相の演説直後に米政府高官が日本政府高官に伝えた。

 首相は23日に行われたオバマ大統領との初会談では、アジア政策は日米同盟なくしては成立しないとの認識を強調したものの、「東アジア共同体」構想については説明しなかった。

 ところが、翌日の国連演説で、首相は「FTA(自由貿易協定)、金融、通貨、エネルギー、環境、災害救援など、できる分野から協力し合えるパートナー同士が一歩一歩協力を積み重ねることの延長線上に、東アジア共同体が姿を現すことを期待している」と述べ、構想の実現に強い意欲を表明した。

 首相は21日に中国の胡錦濤国家主席とニューヨークで会談した際も、「東アジア共同体」構想に言及し、「日中の違いを認めながら、違いを乗り越えて信頼を築き、構築したい」と語っていた。

 首相は16日の就任記者会見では「米国というものを(構想から)除外するつもりはない。米国抜きで必ずしもすべてできるとは思ってもいない」と語ってもいる。しかし、かねてから同構想への警戒感を抱く米側は、日米首脳会談で首相の「真意」を確認できないままに終わり、構想の説明については米国は“外された”格好にもなったことから、不信感と懸念を強めたものとみられる。

 米政府はブッシュ前政権時代から、「東アジアから米国を排除するようなもの」(アーミテージ元国務副長官)とするなど、同構想への反対姿勢を鮮明にしてきた。



【用語解説】東アジア共同体構想

 民主党がマニフェスト(政権公約)に、アジア外交を強化する枠組みとして明記。具体的には(1)中国、韓国などアジア諸国との信頼関係強化に全力を挙げる(2)通商や金融、エネルギー、環境、災害救援、感染症対策の各分野で協力体制を確立する(3)投資、労働、知的財産分野を含む経済連携協定(EPA)交渉を積極的に推進する-など。

 かつて、日米が干戈を交えたのも元を辿れば東アジアにおける権益争いが原因でした。

 そして、世紀は変われどもアメリカの東アジアにおける野心そのものは変わっていません。

 第二次世界大戦の勝利によって日本や韓国に軍隊の足場を作り、更には日本の領土や委任統治領を併呑して今に至っているのがアメリカ合衆国という国です。

 そのアメリカが、東アジアから追い出されるかもしれないと思ったら、当然反発します。

 黒鳩は慌てて就任直後の記者会見で弁明をしましたが、常にお山の大将でなければ気がすまないアメリカと中国を加えた共同体なんぞ、そもそもが夢物語と呼ぶにも壮大稀有に過ぎます。

 ましてやEU各国と違って国家間の軋轢が大きく、領土問題、軍事などの分野で常にいがみ合い続けている東アジアでそれを為そうという無謀さは、考えるという事を常にせず、思い付きをただ即座に口にしてきた無責任政党でなければ到底述べられるものではありません。

 アジアの癌とも呼ぶべき特アの三国が存在している時点で不可能ですもの。

 強請り、集りしか出来ない乞食の南北朝鮮に、周辺国全てから嫌悪される侵略国家中国。

 この特ア三国の為に各国がどれ程迷惑を被り続けている事か。

 黒鳩のバカはアジア・オセアニア地域で現在始まっている軍拡がこれら特アのせいである事を知りもしないし、知っても気にもしないでしょうね。

 そして、米国の不審を募らせているのが黒鳩のこういう状況を理解し、対応する能力を欠いた無能さプラス、優柔不断さでしょう。

 常に曖昧模糊としてハッキリとせず、誤魔化に終始し、かと思えば温暖化ガス削減25%など非常識な目標の断言(これもいざと言う時の言い訳用詭弁付きだが)など、突飛で理解不能な暴挙に出るまさに宇宙人的思考

 理系出身なのに常に理論も式も無しに答えだけ出すというその姿勢は、恐らく米国の本音として到底信頼に足る人物ではないというものなのでしょう。
09月28日(月)

中共には関係無い話 

26日付けのMSN産経ニュースの記事から

新たな抗日記念館オープン 中国南京市
2009.9.26 20:49
 中国国営新華社通信によると、抗日戦争で戦死した中国国民党の空軍パイロットや、対中支援のため参戦し死亡した米軍などのパイロットらの功績をたたえる「南京抗日航空記念館」が26日、中国江蘇省南京市にオープンした。

 旧日本軍による南京占領から70年の2007年12月13日には、南京大虐殺記念館が面積を拡張して再オープンしており、新たな抗日記念館開館で南京の「愛国主義教育基地」としての機能が強化される。

 抗日航空記念館の建築面積は約2千平方メートルで、「勇猛抗戦」「国際支援」など四つの展示室を設置。当時の空中戦の状況について紹介しているほか、パイロットの遺品も多数展示されているという。(共同)

 でもこれ、本来中共には関係無い話ですよね…

 記事にもあるように当時日本が相手にしていたのは中華民国の空軍と、それに中立を無視してアメリカ陸軍航空隊であって、ゲリラ戦やってた共産党じゃありませんから。

 因みに、事変では日本の爆撃に関する用兵術が確立されておらず、戦闘機の援護も無いままに基地へ突入した艦攻や艦爆、陸攻が敵戦闘機部隊によって大損害を受けています。

 惜しむらくは日本がその後の対米戦においてここでの戦訓を、新型機開発に十分に反映出来なかった事ですね。

 機体の防弾能力の低さ、装備の攻撃力不足、格闘戦に強い一方で一撃離脱戦に弱いなどの日本機の欠点が、その後の開発にフィードバックされていればと思わずにいられない一方、用兵に関しては実戦での経験が十分に反映され、真珠湾での米艦隊及び航空基地の壊滅やインド洋での英艦隊に対する高命中率へと繋がりました。

 文春文庫から出ている渡辺洋二著(わ-8-10)の『必中への急降下 海軍爆撃機戦譜』を読むと、急降下そのものが暗中模索の時代であった事変当時、海軍航空隊による急降下爆撃が橋などの固定目標に対しても散々たる命中率だった事が分かります。

 話がそれましたが、この大陸での戦いはやがて昭和12年頃より南京でも連日空陸双方で繰り広げられるようになり、この時には既に海軍は戦闘機を新鋭の九六艦戦へと更新を始めていたため、中華民国空軍の使用していた米カーチス社のホークⅢなどは蹴散らされる一方になっていました。

 その後は九六艦戦による敵戦闘機の一掃、艦爆や艦攻による基地や重要施設の破壊という手順で中華民国を圧倒していき、零戦の登場によって中華民国空軍は完全に手も足も出ない状態へと追い込まれて、零戦が出撃してきたら逃げるという有様に陥ります。

 何せ機体性能で劣り、更にはパイロットの技量でも劣るんですから、多少数の有利がある程度じゃ話になりませんものね。

 中華民国空軍が使っていた機体はアメリカのホークⅢ(資料が無くて速度不明ですが、複葉である事や登場時期などから400km/h台前半と推定)以外だとボーイング281(P-26Cの輸出モデル)(最大速度377km/h)やソ連のI-16(455km/h)であり、格闘戦では九六艦戦に歯が立ちませんし、零戦とでは速度性能も圧倒的に劣ります。

 そんな状況でしたから、恐らくはこの反日記念館は爆撃機相手の撃墜記録自慢に終始しているか、さもなくばお得意の捏造に溢れかえっているかでしょうね。

 丁度いい具合に当時の資料として『空軍史話』という間違いだらけの空軍史が彼らにはあるとのことですし。
09月27日(日)

悪党は悪党を呼ぶ 

27日付けのasahi.comの記事から

下条議員、辻元事件後も「問題ない」と秘書給与
 民主党の下条みつ衆院議員(長野2区)の元私設秘書2人が選挙区内の建設会社2社から給与の支払いを受けていた問題で、元秘書の1人が、2002年に他の国会議員の秘書給与詐取疑惑が発覚した後も、下条議員(当時落選中)から「特に問題はない」との説明を受け、建設会社からの給与受け取りを継続していたことが分かった。

 元秘書らが読売新聞の取材に証言した。

 下条議員の事務所は26日、建設会社による私設秘書の給与の支払いを認めた上で「後から返金した記憶はあるが、仮に返金していなければ速やかに修正したい」とのコメントを出した。

 元秘書や関係者の話によると、下条議員の元私設秘書2人は、議員の初当選前の2000年11月から当選後の04年4月までの間、勤務実態がない建設会社2社からそれぞれ毎月20万円前後の給与を受け取っていた。総額は1000万円を超えるとみられる。

 この間の02年3月、後に刑事事件に発展した社民党の辻元清美衆院議員(現国土交通副大臣)の政策秘書給与の詐取疑惑が発覚、辻元議員は議員辞職した。当時、長野県東筑摩郡の建設会社から給与を受け取っていた元秘書は、辻元議員が辞職した際、下条議員に対し「私の件は大丈夫なんですか」と尋ねたという。

 元秘書によると、その際、下条議員から「問題ない。建設会社が払った給与の相当分を後からバックしている」と言われ、給与の受け取りを続けていた。元秘書は「正当な行為なのかと疑問に思っていた」という。もう1人の秘書も03年2月まで松本市の建設会社から給与を受け取っていた。

 総務省によると、政治家側が企業から秘書給与を受け取った場合、後から返金するしないにかかわらず、寄付として政治資金収支報告書に企業名と給与相当分の金額などを記載しなければならない。その上で、返金した場合には支出の欄に返済分を含めた支出金額を記載する必要があるという。

 下条議員の政党支部の収支報告書には、そもそも建設会社が支払った秘書給与に見合う記載がなく、仮に返金していたとしても、政治資金規正法違反(不記載)にあたる可能性がある。

 下条議員の事務所は26日、「(返金について)現在正確に裏付ける資料を調べており、調査が終わっていない。9~5年前のことであり、保存書類も少ない。当時の事務担当者も退職しているため、鋭意調査している」としている。
(2009年9月27日03時07分 読売新聞)

 また、民主党議員による政治資金規正法違反の不記載ですよ。

 しかもこの下条という議員、私設秘書に対するだけでなく東京新聞の記事に公設秘書の給与をピンハネして己の政治団体の活動資金に回していたという元秘書の証言が掲載されており、相当悪質な荒稼ぎを立場を利用してやっていたようですね。

 それにしてもまぁ、調査に時間が掛かっているだの、担当者がいないだの、報告書を修正するだのと、どこぞの大将がやっていた不正がバレた時と全く同じような対応じゃありません?

 蛙の子は蛙ならぬ、犯罪者の仲間も犯罪者って事ですかね?

 そういう意味ではむしろ民主党こそが類は友を呼ぶってやつなのでしょう。

 総理を始め閣僚、更にはその外枠の副大臣や委員長にまで犯罪者が居並ぶ現内閣、そしてそれを愚劣にも期待のまなざしで見つめられる脳足りんな国民達

 己の欲のため、平然とその地位を利用して悪事を働いてきた連中を支持できる、そしてその理由がこれまた己の経済的改善が多くを占めるというのですから、まさに「上下交々利を取れば国危うし」という孟子の言葉が現実となろうとしていると言えるでしょう。

 誰も国家の未来の為とか、子ども達の将来の為とか、大局的な国家像を描かずにただただ目先の己の利益のみを追求しているんですもの。

 そりゃあ投票権どころか国権すらも売り渡そうと画策するような売国奴に国会を乗っ取られもしますよねぇ…

 因みに、私設秘書の件では議員側が調査中、建設会社が記録が残っていないとしていますが、給与を受け取っていた私設秘書二人は会社からの給与明細も受け取っていたとの事ですので、不記載、違法行為である事に間違いは無いようです。

 さてさて、自らの足元から自らと似たような不正が明るみになったわけですけど、コレに対して元祖犯罪者の黒鳩総理はどうコメントし、どう対応するんでしょうかねぇ?

 放置や無視はいきなり信頼が揺らぐ失態になるし、さりとて自らの犯罪がまだ片付いてすらいないのに厳罰処分は出来ないと、初手から飛車角取りのピンチになってしまったようですがね。

 東京新聞『元秘書『給与ピンハネされた』 下条議員、寄付強制か』
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/
news/CK2009092602000232.html

 YOMIURI ONLINE『民主・下条議員、秘書給与を建設会社支払い』
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/
20090926-OYT1T00044.htm?from=top
09月26日(土)

自称最強戦車の大嘘 

 今を遡る事2年半前、中央日報に一本の記事が掲載されました。

 そのタイトルは…『世界最強の韓国型戦車・XK2が登場』という呆れ果てたもので、内容は粗末極まりないものでした(エントリ『また世界最強だそうで』にて当時の段階で思った事を記しました)が、そこで、こんな事が書かれていたんですよね。

 「ADDのキム・ウィファン戦車部長は90%が韓国独自の技術であり、残りもあえて国内で開発する必要がない部品」とし「ついに戦車先進国の製品より優秀な戦車を開発した」と述べた。」

 で、これが何処まで事実なのか当時は分からなかったのですが、今月24日にとある一冊の本が発売され、その内容を見た時に愕然としました。

 ソフトバンククリエイティブ社発行のサイエンス・アイ新書、SIS-130『M1エイブラムスは何故最強といわれるのか』という本なのですが、この190~191ページにかけて『M1エイブラムスの好敵手⑫―XK-2フクピョ(韓国)』という項目があり、上の発言を含めて韓国の自称最強戦車の散々な出鱈目ぶりが明らかになりました。

 何せ90%が独自技術で、残りは国内で開発する必要が無い部品だとの事ですが、同書によると何と、実際は全くの逆で、要素技術は殆ど外国製なのだそうです。

 まず、記事中では最高の貫通力を持った砲と新型弾、更には自動装填装置付きだと自慢していますが、実は砲はドイツのラインメタル社製55口径120mm砲とあるので恐らくは90式にも採用されているRh120(90式は44口径なので、正確にはレオパルド2A6採用のRh120/L55が同じ)でしょうし、自動装填装置もドイツのネクスター社製で、それぞれを単にライセンス契約して生産しているだけだそうで。

 更に、最高の装甲と褒めそやしていた反応装甲はフランスとロシアの技術で、エンジンユニットはドイツのMTU社、対戦車ミサイルを感知・迎撃するアクティブ防御システムはロシアKBM社製であり、何と「韓国が独自に設計した部分は、サスペンションを含む車体のみ」というお粗末さ…

 更にはP191の写真説明に、こんなコメントも…「走行試験の映像を見るかぎり、サスペンションの制振能力に難があり、停車直後や連続射撃の精度に支障があると推定される」

 …主要部分はほぼ全て外国産な上に、ほぼ唯一の独自部分は欠陥品じゃん!?

 とまぁ、そんな具合に愕然となったのです。

 何より可哀想なのは、こんな欠陥品の購入を決定してしまったトルコです。

 改修車両の導入とありますが、こんなキメラな欠陥品では近隣のロシアやヨーロッパ、イスラエルなど戦車先進国に囲まれて笑いものにされるのがオチでしょうね。

 そういえば、韓国車そのものがイギリスでは余りの出来の悪さに徹底的に叩かれる番組まで作られて嘲笑されていましたっけ。

 そりゃ、車体部分の製造能力が低いわけだと納得する位に徹底的に叩かれていますので、気になる人は最後に字幕版のアドレスを記すので実際に見てください。

 何にしてもまぁ、中央日報の「「反応装甲」の技術は最高の秘密だ」とか、「主砲の破壊力、装甲の防護力、機動性、潜水渡河の能力などで最高のレベルだ」とか、自称世界最強戦車の実態はやはり虚しい限りでしたね。

 因みに、独自技術で世界唯一と大威張りしていた4.1mの渡河能力も、日本のように護岸工事が為された河川では上陸できないので全く無価値です。

 You Tube『お笑い韓国車 KOREAN CAR 字幕版 前半』
 http://www.youtube.com/
watch?v=W-tjhPqgw8c
09月25日(金)

おかしいのは民主支持者の頭 

24日付けのMSN産経ニュースの記事から

【八ツ場ダム】群馬・長野原町に抗議電話が殺到「推進おかしい」
2009.9.24 20:35
 前原誠司国土交通相の八ツ場ダム(群馬県長野原町)建設中止方針に対し、高山欣也町長や地元住民が強く反対していることをめぐり、同町役場に「推進なんておかしい」など抗議の電話が殺到していることが24日、分かった。

 同町は電話の本数について明らかにしていないが、職員は「いつも鳴りっぱなしの状態」と疲れ切った表情だ。

 17日未明に前原国交相がダム中止を明言してから連日、「ダムは中止すべきだ」などの電話があるという。中には「このまま進めた方がいい」という意見もあるが、中止に反対する職員の発言を紹介した新聞報道に関し「一職員がどうこう言うのはおかしい」と1時間以上抗議する人も。

 ある職員は「新政権に住民が逆行しているように見えるのか。いろいろな意見があるのはわかるが、地元対国ではなく、下流が水を必要としているのに」と困惑していた。

 民主党及びその支持者ってのはカルト染みてて本当に怖いですよねぇ…

 この脅迫紛いの業務妨害は民主党というカルトではもはやお馴染みになってきています。

 中止を断言した前原大臣自身、かつて小沢を批判したとしてその取り巻きの下っ端連中から辞めろと脅迫文を党内に送られていますし、国会議員から名古屋市長に転出した河村たかし市長の条例案を見送った市議会に対してもまたこの町役場同様の執拗かつ悪質な抗議が為されていた事も以前紹介しました。

 そもそもこのダム建設は数十年に及ぶやり取りの末、国家方針を地方、そして地元が受け入れて協力する事に同意した結果、着工されたものであるのに、政権を取った民主がその国家としての約束を話し合いすらせず一方的に反故にした事が全ての原因です。

 今更の如く話し合うと言ってはいますけど、それはあくまでも自分達の主義を主張するというだけの意味でしかなく、建設中止と言う方針そのものは絶対に変えない事を前提としているんですから、それで相手がテーブルに着くなんて余りにも考えが独善的過ぎます。

 しかし、抗議している連中なんてのは反対活動していた市民団体同様にこの問題が他人事でしかないから俺様の応援する民主党様の方針に逆らうとは何事だ、という阿呆な態度を露骨に出来るんでしょうね。

 得てしてこの手のクレーマーってのは論理や常識の通じないバカだというのが相場であり、自分がお代官様か、さもなきゃ印籠や免罪符を持っていて何をやっても許されるんだというような下種な発想を素で出来る類のクズですから、そんな連中の相手を一日中やらされれば職員だって神経を磨耗しますよ。

 何十年もかけて反対を続け、でも最後には折れて国の要求を受け入れ、そして移転を始めた矢先に、「俺さぁ、金勿体無いからダム造るの止めるわ」なんて無責任な真似をされて、誰がそんなふざけた真似をあっさり受け入れられると言うのか?

 第一、地元や地方への補償、謝罪、そして途中まで進めた建設事業への対応など、やらねばならない事は山積みですが、民主党は一方的に中止を断言しただけでまだ何も具体的な対応をしていませんよね?

 地方へ建設費を返す予定だとはいいましたけど、それが何時になるのかすら不明であり、口先だけの政党が本当に何処までやるのか非常に疑わしい限りです。

 まったく、気狂い連中はろくな事をしやしませんね。

 asahi.com『「河村市長を批判するな」 名古屋市議にクレーム続々』
 http://www.asahi.com/national/update/
0708/NGY200907080001.html
09月23日(水)

下調べ一つすら、相変わらずまともに出来ぬ民主 

27日付けのMSN産経ニュースの記事から

日中首脳会談説明、「政治主導」のはずが官僚に「助けて」
 【ニューヨーク=小林弘平】鳩山首相と中国の胡錦濤国家主席による日中首脳会談が21日夜(日本時間22日午前)に終了した後、松野頼久官房副長官が会談内容の説明を行った。民主党が推進する「政治主導」を示す狙いもあった。

 だが、松野氏は冒頭、「鳩山外交のスタートの会談としては、いい中身だった」と感想を一言。記者団から首相と胡主席の具体的な発言について質問が相次いだが、松野氏からは不十分な回答が相次いだ。首相が「村山談話」を踏襲する考えを示したことについての胡主席の反応を聞かれると、松野氏は「非常に好意的な言葉があった」としか答えられず、「ちょっと待ってください。事務方でメモしていますか」と外務省幹部に助けを求める場面も見られた。

 自民党政権下でも、官房副長官が首脳会談の中身を記者に説明することはあった。ただ、冒頭、テーマごとに会談のやり取りを詳細に説明し、説明に先立って外務省側と綿密な打ち合わせがあった。

 「政治主導」を強調する民主党政権の方針に沿って、松野氏は「自分の言葉」で説明しようとしたが、準備不足は否めなかったようだ。
(2009年9月23日00時47分 読売新聞)

 当たり前の結果ですよねぇ…

 官僚と言うのは元々勉強の出来るエリートがなる職業ですし、そこで何年、何十年と専門の仕事をこなしている人間です。

 一方、政治家なんてのはバカだろうがチョンだろうがなれる(この「チョン」って言葉を朝鮮人の蔑称と勘違いする人が多いそうですけど、正しくは「程度が軽い」とか「一人前以下」などと言う意味です)。

 実際、ヤクザと仲良しの不倫大好き親父や変態不倫妻、エログラビア女、破産隠蔽親父などなど、常識欠乏のロクデナシが一杯いますよね?

 で、そういう連中を下調べ一つせずに平然と仲間に加えるような頭足らずな連中が政治の実権を握り、官僚排除を謳ったのですから、これが当然の帰結と言わずなんと言うのか

 下調べも確認も、何にもせずにのほほんと記者会見の場に出て、どうにかなるというその思い上がりと言うよりも無能ぶりが、民主党という集団の無知蒙昧さを何よりも如実に表しているじゃありませんか。

 万事が往事コレなんですから、こんな連中に期待などする奴はバカと言うものです。

 ただただ自民党と敵対して権力を得る事しか頭に無かったから、いざその立場に立った時に何をやればいいのか、やっておかなければならないのかすら分からないんですよ。
09月22日(火)

暴君としての素顔を早速見せ始めた民主 

27日付けのMSN産経ニュースの記事から

【私も言いたい】永住外国人への地方参政権付与 「反対」圧倒的な9割超
2009.8.27 19:47
 今回のテーマ「永住外国人への地方参政権付与」について、25日までに1万8455人(男性1万3878人、女性4577人)から回答がありました。「付与に反対」「容認すれば国益が損なわれる」と回答した人がともに9割超と圧倒的で、「帰化条件を緩和すべき」という人も約1割にとどまりました。

 (1)永住外国人へ地方参政権付与を容認すべきか

 YES→5%、NO→95%

 (2)むしろ帰化の条件を緩和すべきか

 YES→11%、NO→89%

 (3)容認すれば、国益が損なわれると思うか

 YES→94%、NO→6%

 ◯違う視点で参政を

 大阪・男性自営業(50)「永住外国人は同じ税金を払い生活している。同じ人間なのに虐(しいた)げられてきた人も少なくないはずで、参政権もないのはおかしい」

 神奈川・女性会社員(40)「国籍を超えて、1人の人間(地球人)として、生活環境にかかわる政治権を持つべきだ」

 愛知・男性会社員(42)「日本に税金を納めている外国人に選挙権があって当然だ。外国人に選挙権を認めたところで国益が損なわれることはあり得ないと思う」

 埼玉・女性会社員(35)「参政権がないということは、自分の住む土地に対して意見も言えないということだ。新しい目で意見をしてもらえる機会なのにもったいない」

 大阪・男性会社員(64)「国籍は無関係ではないか。むしろ日本国籍でも日本にほとんど住んでいない人の参政権の方が問題だ。もちろん、帰化条件を緩和することも大切。少子高齢化の日本で外国人の労働力が必要とされている中、参政権を与えるのは当然と思う」

 ●まず帰化すべき

 熊本・男性会社員(37)「その国の政治は、その国の国民によってなされるべきであって、外国人が参加すべきではない。参政権の容認は内政干渉を認めること。日本の政治家には、もっと日本人のことを考えて政治をしてほしい」

 大阪・女性自営業(48)「参政権が欲しければ帰化して日本人になるべきだ。日本の将来を決めることにもなるのに、他国籍の人に参政権を与えるべきではないと思う」

 パキスタン在住・男性会社員(63)「そもそも永住外国人とは何か。なぜ永住していながら帰化しないのか。そういう生活態度や信条に違和感を覚える」

 北海道・男性教師(48)「税金払ってるから参政権をよこせというのはおかしい。間借りしてる人間が家賃を払ってるからといって、その家の建て替え時に間取りなどの決定権を主張するようなものだ」

 神奈川・男性弁護士(37)「国家の根幹にかかわることで、一度付与してしまえば領土問題などで取り返しがつかないことにもなりかねない」

 アメリカ在住・男性自営業(69)「米国に永住権で20年住んでいるが、参政権がないのは当然。欲しければ帰化すべきだ」

 大阪・男性公務員(23)「容認すると在日外国人が一部の地方自治区を牛耳ってしまう可能性が高い。日本国民には何のメリットはないと思う。選挙権が欲しければ帰化してほしい」

 【永住外国人への地方参政権付与】 永住者の在留資格を持ち、日本の居住する外国人に地方参政権を与えようというもの。これまでに民主、公明、共産の各党などが付与法案を出しているが、その対象者や付与する権利は微妙に違う。ただ、地方参政権については、地方自治体の議員と首長を選ぶ権利(選挙権のみ、被選挙権はない)に限っているケースが多い。

 平成19年末の法務省の統計によると、永住者の在留資格を持つのは約87万人。このうち、在日韓国・朝鮮人が多数を占める「特別永住者」が約43万人。このほかの「永住者」(約44万人)の中で最も多いのは、中国の約13万人となっている。

 先月末の選挙寸前と少し古い記事ですが、20日に亀井静香から「地域によって在日外国人比率が高い地域がある。日本人が少数民族で、自分たちの意志が地方政治に反映されないという心配、不満が出てきても困る」という発言があったので、実際にアンケートで国民がどういう反応を示しているのかもっとも近しいものを探してみたところ、この記事が。

 参政権問題では決して民意は得られない

 至極当たり前のこの事実を理解していた民主党は先の選挙でマニフェストから民潭や韓国政府と交わしていた外国人参政権早期付与という話を外して隠しました

 しかし、実際には隠蔽工作を行っただけで、権力を奪ったらやる気満々であり、その事を知っていたから先の選挙では民潭が組織を挙げて民主党への選挙協力を行っていたのです。

 そして愚かにも衆愚が権力を与えた結果、小沢が早速李明博大統領の実兄のハンナラ党議員とあって、次の通常国会で法案を提出するという話をしたと産経がすっぱ抜く事態になったわけですね。

 しかも、実はその1週間前にも小沢は民潭と党本部であって、同様の主張をしていたんだそうで、鳩山自体もニコ動で知れ渡ったように奇奇怪怪な宇宙人理論でこれを推進していますから、恐らく通常国会に法案を提出し、アレだけ野党時代に毛嫌いしていた数の暴力を使って無理矢理国民の意思を無視して法案を可決する事でしょう。

 因みに、この民主を名乗る独裁政党のその姑息な隠蔽体質を批判した同党都議会議員が倫理委員会に掛けられ、処分をされるというのです。

 まぁ、自民党に対して公明党との関係やその支持母体である創価を取り上げ、あれだけバッシングをしていながら、裏で自分達は在日朝鮮人らと結託して資金・人員双方の面で蜜月関係を築いてきたんですから、今更無碍になど出来様はずありませんよねぇ?

 それにしてもこの問題、記事の賛成派と反対派の意見を見比べても分かるように反対派の論理的な理由に対して、賛成派の意見は鳩山ら同様何としょぼくれた粗末な内容である事か。

 的外れな税金根拠論に、憶測論、果ては地球市民論など、一々相手取る価値もありませんね。

 男性教師の「税金払ってるから参政権をよこせというのはおかしい。間借りしてる人間が家賃を払ってるからといって、その家の建て替え時に間取りなどの決定権を主張するようなものだ」という意見、これで唯一論理的と言える範疇の税金論も片付いてしまいますし。

 亀井も上げている地域支配の問題への対応などは民主党は一切ありませんが、これは元々そうなる、そうさせる事を前提で小沢や鳩山らが動いているからなのでしょう。

 実際、もし実行されれば以前にも書いたように大阪などで現実に起きる可能性がありますし、そうでなくても在日は朝鮮系だけで40万人以上、中国系でも10万人以上いますのでその気になれば地方都市の乗っ取りだって十分可能です。

 大好きだった民意を無視し、大嫌いだった数の暴力を当たり前に用いる

 どこまでも二重基準なコイツらが権力を手にした以上、もはやその暴走は止めようもありません。

 そういえば、国土交通省の副大臣にまたも犯罪者を選出しましたし。

 何と、あの辻元清美ですよ…

 総理大臣就任から一週間と掛からずにこの体たらくの数々…

 これからこの国は一体何処まで落ち続けるんでしょうね?

 MSN産経ニュース『「在日外国人多い地域も」 亀井氏、外国人参政権に慎重』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/
090920/stt0909201929010-n1.htm

 同『副大臣就任に「やだ、やだ、やだ!」 社民ドタバタ劇に民主が溜息』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/
090920/stt0909201806007-n2.htm
09月22日(火)

どれだけ被害を拡大させるの? 

27日付けの47ニュースの記事から

八ツ場ダム中止手続きしない 国交相「地元の理解得るまで」
 前原誠司国土交通相は21日、八ツ場ダム(群馬県)の建設中止問題で「白紙の状態の意見交換」を求めた高山欣也・同県長野原町長らの要請文に対し、「地元や関係都県の理解を得るまでは基本計画廃止に関する法律上の手続きは始めない」とするコメントを発表した。

 建設中止方針に関係自治体は強く反発しており、理解を得るのは難しい状況。国と自治体の協議は長期化が必至で、民主党がマニフェスト(政権公約)に掲げたダム計画中止がいつ実現するかは不透明となった。

 コメントは「建設事業を中止する方針は変わらない」とした上で「中止に向けては最大の被害者ともいえる地元住民や関係都県、利水者などとの合意形成が不可欠」とする認識を表明。「じっくりと話し合う姿勢を堅持し、生活再建事業も中断しない」としている。

 要請文は高山町長らが19日に住民代表者らと協議、前原国交相に送付していた。
2009/09/21 19:14

 結局、政権の座についてもやる事はその内やる、いつかやるって、何時ものやるやる詐欺のまんまって事ですか…

 しかも現実問題として既に移住や建設作業が進行中なのに、それを止めます、理解を得られるまでそのままですとかって、一番最悪の結論ですよ。

 既に移住した、或いは近日中に移住予定という住民だって大勢いますし、ダムの両岸を繋ぐ橋などだって既に建設中なんですよ?

 金は負担義務のない分まで含めて地方に返すそうですけど、仕事を中断されている業者やその建築物を延期状態で何時までも放置できるとでも思っているのでしょうか?

 確か中央に掛かる予定の第二の橋が既に橋脚が完成し、橋を繋げる途中の段階まで来ており、このまま放置されれば重量によって先端から垂れ下がり、道路が直線で繋がらなくなる為に一旦解体して再び作り直さねばならなくなるとかって建設業者の話を先日テレビの報道でやっていたのですが、そういう事も前原大臣は考えているのでしょうか?

 どうにも単に党の方針だからと現在の政府は硬直した思考しか出来ないように凝り固まっているとしか思えませんね。

 そもそも大好きだった民意を無視し、地方との連携も放棄し、一方的に己の都合を押し付けているだけのこの八ツ場ダム建設中止問題。

 民主党の言行不一致を如実に表していますよね?

 あっちにも金を出します、こっちにも出します、でも完全な中止予定だけど即実行はせず。

 これで本当に完成させるより金が浮くんでしょうか??

 建設業者だって違約金やら何やら相当な額を当然ながら要求するでしょうし。

 まさか、これから更に「理解」とやらを得られるまで何年も時間を掛けるなんて気なんでしょうか?

 自らが混乱を引き起こした加害者であるという認識を持っている点だけは評価できますけど、それならそれでお得意の相手の声に耳を傾けて、民意に沿った対応を自ら政府となった以上やってみせろと言いたくなりますね。
09月20日(日)

朝日も突っ込むデタラメ人事 

19日付けのasahi.comの記事から

国会人事-鈴木委員長への疑問
2009年9月19日(土)付
 総選挙を経て、衆院の常任委員会の新しい構成が決まった。民主党がおもだった委員長ポストをずらりと占め、巨大議席の威力をみせつけた。中にひとつ、異様な人事があった。鈴木宗男議員の、外務委員長への就任である。

 鈴木氏はかつて自民党に所属し、外務政務次官や北海道開発庁長官、内閣官房副長官などをつとめたことのあるベテラン議員だ。02年、あっせん収賄事件で逮捕され、一審で懲役2年の実刑、二審で控訴棄却の判決を受け、最高裁に上告している。

 疑惑が発覚して離党し、逮捕されたあと、新党大地をつくって代表として衆院議員に返り咲き、さきの総選挙でも北海道比例区で当選した。民主党と選挙協力し、民主党・無所属クラブという会派に加わっている。今回の委員長就任は、300議席を超すその巨大会派の意向によって可能になった。

 だが、最高裁で実刑判決が確定すれば、そのまま刑務所に収監される立場である。議員も失職する。そうした可能性のある人物が国会の要職にふさわしいとは思えない。

 自民党などの野党が「国会の歴史で刑事被告人が役員についた例がない」と反対したのは当然だろう。

 二審の東京高裁が認定し、鈴木氏が争っているのは次のような事実だ。

 北海道開発庁長官だったころ、建設業者から600万円のわいろを受け取った。製材会社から林野庁への働きかけを頼まれ、500万円のわいろを受け取った。衆院に証人喚問された際に偽証した--。

 もちろん、被告は有罪が確定するまで無罪と推定されるのが刑事司法の大原則だ。加えて鈴木氏は逮捕されて以来、一貫して無罪を主張し、有罪判決に対して「国策捜査をした検察と裁判所が一体となった、司法の危機だ」と反発してきた。

 そんな鈴木氏が有権者の支持を得て議員として活動するのはむろん自由だ。だが、この人事を押し通した民主党の見識を疑う。

 来年の参院選挙に向け、新党大地との連携を深めたいとの思惑かもしれない。だが、少なくとも無罪が確定するまでこうした人事は控えるのが筋ではなかったか。民主党としてはむろんのこと、国会の倫理観が問われる。

 鈴木氏は自民党時代、外務省とのかかわりが深く、人事や政策にも強い影響力を持ったといわれる。小泉政権では当時の田中真紀子外相らと激しい確執を繰り広げ、衆院議院運営委員長を辞任したこともあった。

 そうした過去を思えば、なおさら今回の人事への疑問は膨らむ。これが政権交代で目指した「変化」なのか。党首としての鳩山由紀夫首相に説明を求めたい。国会のことは小沢一郎幹事長に任せたという釈明は通用しない。

 朝日もやれば出来るじゃん、と言いたくなってしまう位にまともな社説ですよね?

 何よりも素晴らしいのが最後の段です。

 腐敗、不正の追及・糾弾を執拗にやって、自分達が政権を取ったらそれを一切改めると主張してたはずなのに、始まった途端にこの権益確保最優先のデタラメ人事強行です。

 それに対してお前達の主張した「変化」がコレかよと突っ込み、最後に説明責任など他人の責任追及が二言目には出て来るほど大好きなくせに、自らの責任については常に他人に押し付けて逃げ回る黒鳩を皮肉って小沢にバトンを渡して逃げるなよと言う辺り、ホント、朝日もやれば出来るじゃんって感じです。

 何せこれまでも、小沢の違法献金問題では一緒に責任を取ると言いながら実際には逆に出世し、自らの不正がバレれば罪を秘書に全て擦り付けた上で俺の個人献金が少ないからやったんだと大嘘を垂れ流し、挙句はこの問題は弁護士に任せたから後は知りませんと頬っ被りして逃亡ですからね。

 そして、そんな黒鳩が今回連携優先で選んだのが鈴木宗男という犯罪者なのですから、流石の朝日も看過できなかったのでしょう。

 大体、民主党はコイツの偽証(島田建設からの資金提供、同社からの秘書給与肩代わり、モザンビークへの緊急援助隊の派遣の延期の3件)に対して刑事告発をする事を決めた2002年の衆議院予算委員会で同意しましたよねぇ?

 民主党のHPにも『【衆院予算委】鈴木宗男議員の偽証告発を全会一致で議決』と、全員が起立している写真とともに書かれていますし。

 民主党にとってもこの男は犯罪者であるという認識で定まっていたんじゃ無かったのでしょうか?

 まぁ、前回も書いたように「己の都合で白も黒となり、かと思えば朝令暮改で今度は黒から赤くなる」のが民主党と言う集団ですから、7年前の事など都合よく忘却してしまったんでしょうね。

 また、今回の選挙でも支持者の松山千春が唄って応援する姿が報道されており、またもや公職選挙法を犯していたのに、それが外務委員長ですからね。

 法律を破り続ける犯罪者政権ならではの人事と言えばその通りですけど、これで支持率7割とか、本当にこの国の衆愚政治も極まったものです。

 民主党HP『【衆院予算委】鈴木宗男議員の偽証告発を全会一致で議決』
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=2931
09月19日(土)

犯罪者の犯罪者による犯罪者の為の国家運営 

18日付けのMSN産経ニュースの記事から

鈴木宗男氏の外務委員長選任に自民反発「刑事被告人の前例はない」
2009.9.18 14:11
 自民、公明両党は18日午前の衆院議院運営委員会理事会で、民主党が衆院外務委員長に受託収賄罪などで公判中の鈴木宗男新党大地代表を内定したことをめぐり「刑事被告人の委員長指名は前例がない」と批判、反対の意思を示すため、委員長選任を議長指名ではなく、起立採決とするよう求めた。

 この結果、午後の衆院本会議では、外務委員長について選挙の手続きを省略することを起立採決し、民主党などの賛成多数で可決。鈴木氏も他の委員長と同様、議長から指名された。与野党協議が一時難航したため、正午からの予定だった本会議は約1時間ずれ込んだ。

 鈴木氏は2008年2月、東京高裁で実刑判決を受け、上告している。

 流石は犯罪者の寄り合い所内閣、トコトン身辺の人間は犯罪者で固めたいようです。

 この鈴木宗男、収賄以外にも2005年の選挙で未成年の娘にマイクを持たせて演説をさせたり、応援を宜しくとティッシュを配るなどの明確な公職選挙法違反(137条2『未成年者の選挙運動の禁止』)も犯しており(テレビにまで映されているのに何故か逮捕されず)、何処までも最低な男です。

 てか、そもそも実刑判決を受けているような人間が控訴中で結審していないからって政治家を続けられる事自体異常ですし、そんなバカを政治家にする北海道の選挙民もバカですよね。

 まぁ、北海道も黒鳩とか、横路とかそういうロクデナシ連中の出身地ですからねぇ…

 しかしまぁ、これではどうやら北方領土問題はロシアと売国犯罪者らだけが喜ぶ形で片付けられそうですね。

 そして、あれだけ野党時代に多数決による決定を横暴だのなんだのと喚いてたバカどもが、早速論理的な反論もしないで数を頼みとした強攻策で犯罪者を重職に着かせたわけです。

 え~っと、国策捜査とか、権力の濫用とか、数の暴力とかって言葉は、もう早速みんなまとめて忘れちゃったんですかね?

 そういえば世襲がどうの、総理が世襲続きだからどうのとか、そういうバカな事を言ってたのも現在の与党連中でしたけど、それも見事になりを潜めちゃいましたねぇ

 いやはや、己の都合で白も黒となり、かと思えば朝令暮改で今度は黒から赤くなる民主党らの詐欺師ぶりにはホント、並ぶもの無しって感じですね。

 それにしてもまぁ、見事なまでにハイペースで犯罪者らが私腹を肥やす下地作りが進んでいるようです。

 この国が民主党らによって食い物にされ、ダシガラにされて切り捨てられる日はそう遠くなさそうですね。
09月18日(金)

犯罪者内閣にはムダじゃない 

16日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

2日で230万円!新議員8月歳費…戸惑いも
 わずか2日で230万円--。特別国会初日の16日は、今回の衆院選で当選した議員に、8月分の歳費などとして1人230万1000円が支給される。

 480人分の総額は約11億円。議員として法的な身分が確定したのは投開票日の同30日で、在任期間は月末までの2日間だけ。それでも法律では日割り支給が認められていないため、1か月分が全額支払われる。衆院事務局は「現行の支給を続けるしかない」としているが、初当選した議員の側からも、法改正を望む声があがっている。

 歳費などは「国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律」に基づいて支給され、「任期が開始する当月分から歳費を受ける」と規定されている。今回の衆院選は投開票日が8月30日だったため、在任期間がたった2日でも、歳費130万1000円と、文書通信交通滞在費100万円が支給される。

 1955年2月27日に投開票された衆院選でも2月分が全額支給され、議論を呼んだが、日割り支給にするには法改正が必要なこともあって実現しなかった。現状では、受け取りを拒否して国庫に寄付すると、公職選挙法で「寄付行為」とみなされるため、これもできない。

 衆院選後、自己破産を申請していたことが発覚した民主党の渡辺義彦議員(53)は「きょう歳費が出るんですか? 知りませんでした」と戸惑った様子だった。
(2009年9月16日14時33分 読売新聞)

 2日と言ってますけど、8月の30日って選挙当日であり、開票が行われたのが夜の8時からだったわけですから、実際には31日のたった一日だけですよねぇ?

 無駄を無くす、だからアレも止めるこれも止める、どうするか?そんなものは後で決めればいいんだ、まずは結論ありきなんだよ!

 とまぁ、バカの一つ覚えそのままに、大臣となった各議員が早速マニフェスト実行の為、話し合いの余地さえ持たずに各所で公言を繰り返している民主党ですが、この件に関しては誰一人として見向きもしませんね。

 まぁ、国家公務員の給与や人員の削減は掲げても自分達議員の給与や人員の削減はおくびにも出さないし、元々が違法行為を犯してでも金集めが大好きって人間が集まっているんですから、そりゃ言うわけがありませんよねぇ?

 折角の大好きなぼろ儲けが出来たんですもの。

 民主党のHPを見れば分かりますが、民主党は党員及びサポーターに外国人でも可と記しており、外国人からも党費・会費という名目で資金集めをしています。

 更にその呼びかけのページにはこうあります。

 「あなたも民主党に参加しませんか?民主党の運営と活動を支え、ともに行動する<党員・サポーター>を募集しています。」「党員は、民主党の運営や活動、政策づくりに参画することができます。」「サポーターは、代表選挙で投票することができます。」「サポーターは、民主党で主催する講演会や勉強会・イベント・選挙ボランティアに参加することができます。」

 しかし、政治資金規正法22条では外国人や外国法人からの寄付を禁じており、これは党費だから、会費だからという名目で収集し、それを政治資金として用いるのは果たして問題が無いと言えるのでしょうか?

 民主党の活動を行う運営費として金を集めている以上、立派な寄付金ですよねぇ?

 また、そういう姑息な政治資金集め以外にも、民主党議員は違法献金などの犯罪行為をやっている人間が大勢いますよね?

 故人献金の黒鳩を筆頭に、秘書の給与をピンハネしていた小沢鋭仁、労組による票の取り纏めを行っていた千葉景子、疑惑ながらもやはり後暗いものを持っている藤井裕久、光熱費等の違法支出問題を起こした中井洽、小沢と同じく西松問題で名が挙がっている亀井静香、秘書を保険に加入させず、その金を浮かせていた福島瑞穂、言わずと知れた愛知の違法献金男赤松広隆と、まぁ、実に18名中8名と、約半数が犯罪或いはその疑いを持った人間という顔ぶれであり、その大半が金に絡んだものなんですから、彼らにムダだからどうにかしろなんて言うのが無理な話である事がよく分かるでしょう。

 ま、結局は以前から述べているようにコイツらの目的はどうやって私腹を肥やすかであり、政権を握るのはその為の手段に過ぎないんですからね。

 だから無駄を徹底的に省くと言いながら実質たった1日の身分で総計11億も出費をしたことを、決してムダだとは思わないんでしょうね。

 日割り計算と言う事で単純に1/30とすれば、1人当たり7.6万円程なので480人で3648万円であり、10億6000万円以上が浮く計算になるんですがねぇ?

 民主党HP党員・サポーター・ボランティア
 http://www.dpj.or.jp/sub_link/
volunteer/index.html
09月17日(木)

何を考えて記事載せたの? 

16日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

全国交通事故遺族の会、週刊朝日に抗議
 交通事故の遺族でつくる「全国交通事故遺族の会」(井手渉会長)は16日、8月25日発売の週刊朝日に掲載された「憂いの熱弁 飲酒運転の厳罰化が日本を滅ぼす」と題した記事について、「筋違いの暴論」などとして、週刊朝日編集部に抗議する公開質問状を送ったことを明らかにした。質問状は15日付。

 この記事は、作家の堺屋太一さんのインタビュー記事で、堺屋さんは「官僚の統制の害悪のわかりやすい例が、飲酒運転の過度の取り締まり強化です」などと指摘している。

 週刊朝日の山口一臣(かずおみ)編集長の話「いただいた質問に対して、真摯(しんし)に対応させていただきます」
(2009年9月16日18時39分 読売新聞)

 週刊朝日なんて普段絶対に読まないんで、記事を直接見たわけではないのですが…

 「このところ飲酒運転だけでなく、道路交通法違反の取り締まりがやたらと厳しくなっています。まさに官僚統制が強くなっていると言うことですが、さらに注目すべきなのは、飲酒運転規制にかかる情報統制です。」「日本で飲酒運転による現行犯逮捕の基準は、呼気中のアルコール濃度が1リットルあたり0.15㍉グラムですが、フランスやアメリカなど世界で一般的なのは0.4㍉グラムまで認めています。お手洗いに行くと、「ワインは2杯まで」なんて言うビラが貼ってあります。ところが日本はコップ一杯のビールでも駄目、このことを言うと、官僚が必ず引き合いに出すのが、例外的に厳しいノルウエーの0.1㍉グラムです。」「その結果、地方の飲食店は軒並みに潰れています。いまや人口20万以下の都市に行くと、夜7時を過ぎたら全く人が歩いていない。この悲惨な状況をつくった大きな原因の一つが、飲酒運転の取り締まり強化、厳罰化なのです。」

 ネットを調べてみたところ、このようなデタラメ理論を展開していたようです。

 そりゃ、こんな主張を展開すれば抗議を送られるのは当然ですよ。

 そもそも飲酒運転などの道路交通法違反への取り締まり強化は官僚主導の政策ではなく、被害者やその家族らによる再三の請願の結果ですよね?

 しかも、日本と欧米で呼気中のアルコール濃度基準が違うのが情報統制だとかって点に至っては、この人アメリカ人やフランス人が日本人と同じだとでも思ってるのかよ…と呆れ返りました。

 モンゴロイドは、白人や黒人と違ってアセトアルデヒド脱水素酵素に欠損を持つタイプがいます。

 アセトアルデヒドが低濃度時に働く『ALDH2』を日本人の約半分は活性が弱いか欠けており、活性能力が安定している『NN型』が56%(白人、黒人は100%NN型)(酒に強い)、NN型の1/16程度しか働かない低活性の『ND型』が40%(酒に弱い)、全くの不活性である『DD型』が4%(全く飲めない)という割合です。

 要するに、酒に対する遺伝形質的に全く異なる特性を持つ民族である日本と欧米を同列視する事そのものが単なる言い掛かりに過ぎないのです。

 ましてや、夜7時を過ぎると人口20万人以下の都市は人が歩いていない、悲惨な状況だから飲酒運転の取り締まりは日本を滅ぼす、なんてのは暴論もいいところでしょう。

 たかだか地方の飲食店が幾らか潰れた程度で日本がどう滅ぶと言うのか?

 ましてや、本当に飲酒運転に対する取締りで潰れた飲食店がどれ程あると言うのか?

 更に、それが事実ならこれまでその犯罪助長行為を行ってきた飲食店にはむしろ相応の制裁が必要だとは思わないのか?

 そして、飲酒運転事故による損失に、果たして日本の救済の為だと黙殺できるような経済的根拠や倫理的・法的価値があるでしょうか?

 全体の記事を見ていない為、こういった疑問について答えや明確な統計データがあるのかは分かりませんが、恐らくこの内容では推論というか根拠の無いままに主張だけが暴走しているって感じなのでしょうね。

 「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」…昔から言われている当たり前の事。

 これが出来ないから福岡の警官による飲酒ひき逃げ事件など、愚かな事件が相も変わらず起きているんじゃないのか、その悲劇は飲食店の違法な営業利益の為に犠牲に出来るようなものなのかと。

 大体、加害者だって被害者への治療費や慰謝料の支払いに加えてまず間違いなく仕事はクビ、更には裁判を経て投獄となる可能性もあるですから、飲酒運転なんて事故を起こせば経済損失の方が遥かにデカイと思うんですけど、違うんですかねぇ?

 外で飲みたいならタクシーなりバスなり、地方でだって交通手段は幾らでもありますし、金そこまで無いけど飲みたいって言うなら酒屋なりスーパーなりで買って普段は家で飲めばいいだけの話です。

 法を犯してまでという根性そのものがそもそもの間違いなんですから。

 にも関わらず、犯罪及び犯罪者を擁護して、そうしなきゃ日本が滅びるなどと言う非論理的な主張を展開したのですから、そりゃ当然抗議されますよ。

 キリンビールHP 『飲酒の基礎知識 代謝能力は人それぞれ 日本人の約半分はお酒に弱い!?』
 http://www.kirin.co.jp/about/knowledge/
knowledge_3_1.html
09月16日(水)

何を考えているのか 

16日付けのasahi.comの記事から

幻に終わった「加藤・鳩山邦連合」 自民総裁選
2009年9月16日7時29分
 自民党総裁選で、加藤紘一元幹事長(70)を鳩山邦夫前総務相(61)が担ぐという幻の構想があった。超ベテランコンビの挑戦が「出直し総裁選」に彩りを添える可能性があったが、推薦人が集まらず、あえなくついえた。

 構想が芽生えたのは9日。加藤氏の事務所を極秘に訪ねた鳩山氏が「小泉政権以降、主流から距離を置いてきた人が総裁になるべきだ」と出馬の意向を聞くと、加藤氏はうなずいた。

 若手の一部に「民主党の小沢一郎氏に勝てるのは、キャリアのある加藤氏しかいない」といった声もあり、加藤氏は一時、出馬を検討。鳩山氏も当初は支援に前向きだった。

 だが、加藤氏が派閥領袖(りょうしゅう)のころの後輩の谷垣禎一元財務相が13日に立候補を表明。谷垣氏は政策的にも加藤氏と近く、対決を避けたい空気も加藤氏周辺で強まった。14日夜に鳩山氏に近い議員が開いた鳩山氏を囲む会合は「加藤支持」でまとまらず、鳩山氏自身も静観の構えに転じた。

 加藤氏は15日、谷垣氏の訪問を受けると「(谷垣氏を)支援する」と記者団に明言。担ぎ手の鳩山氏自身も出馬しない意向を周囲に伝え、構想は幻に終わった。

 なんか最近は鳩山弟も阿呆な事を繰り返していますよねぇ?

 こんな時代遅れの売国奴を今更総裁として持ち出したら、今度は残っていた保守系支持基盤まで全滅するでしょうよ。

 「麻生さんを総理に」と言う国民の声を無視して自民党がチンパンジーを担ぎ上げた結果どうなったか?

 案の定、国民の声を無視して暴走を繰り返し、挙句は1年と持たずに政権を放り投げて逃亡したチンパンジーの一件から、鳩山は何も学んでいないんでしょうかね?

 よりにもよってあのチンパンジーと同じ穴の狢を担ぎ出そうなんて、理解しかねます。

 ましてや小沢と勝負して勝てる??

 キャリアは確かに当選12回とありますけど、それ以外に何があるんでしょう?

 売国奴としての才覚や実績なら確かにあの小沢に負けず劣らずでしょうけど(笑

 まぁ、最近の自民党は中でこういう連中が引っ掻き回してたせいで更に墓穴を掘ったところがありますので、本当に再生をというのであればまずは党内異分子の放逐から始めなければどうにもならないんじゃないでしょうかね?

 何せ今回の選挙でも残ったのってチンパンジーだの加藤紘一だの中川秀直だの武部勤だのとまぁ、今回の大敗北へ繋げた連中ばかりですし。

 これからは歯止めとならねばならないはずの自民がこの有様ですから、この国の未来を一層暗くしてくれますよね。

 まぁ、落選運動の結果、山崎拓が落ちた事などは喜ばしい話ですが。
09月15日(火)

始まる前からブレブレ民主 

13日付けのNIKKEI NETの記事から

国債発行「ありうる」 民主・藤井氏
 民主党の藤井裕久最高顧問は13日のテレビ朝日番組で、秋に経済状況が悪化した場合の国債発行を伴う景気対策について「ありうる」と述べた。ただ同氏は「借金はもっとも避けるべきこと」とも強調し、2009年度補正予算の組み替えにより生じた財源での対応が先決だとした。

 民主党が検討している補正予算の一部執行停止が地方財政に影響するとの懸念に関しては「地方自治体に回す分は減らすべきではない」と語った。
(13日 22:11)

 リーマンショック以来の世界金融危機。

 これを乗り切る為に政府は国債の大幅発行量増加(09年は補正予算も含めて44兆円)による景気対策を講じて来ました。

 これに対して民主党の鳩山は「増やさない。増やしたら国家が持たない」「これほど増やしておきながら、この程度、国内総生産(GDP)が戻ったと喜べる話ではない」と、この麻生政権の対応を非難してきました。

 それがいざ政権の座に着く事になったら、発言から僅か半月程度でコレですよ。

 しかも、補正予算を止めるのは何の問題も無いとか岡田の阿呆が強弁したせいで知事会を始め地方自治体に反発の声が上がり始めたら、それについても記事の様に、地方自治体分は別枠ですとか…

 そういえば温暖化ガス25%削減もまともにやっては実行不可能だと漸く鳩山が理解出来たようで、海外から排出枠を買ったり、森林の吸収分も計算に含めるだとか、かなり姑息な手段に出てきましたね。

 計算式を都合よく組み替えたり、金で無い物をある事にしてしまったりって、本質的改善がされておらず実際には全然25%の削減が出来ていないって事なんですが、もはや数字先行でやった結果、そんなイカサマでもせにゃ達成不可能ですもんねぇ?

 でもって結局はその海外枠購入分の資金獲得に更なる課税が必要となって環境税が導入される事でしょうから、最終的に我々一般人が不利益を被る事に何ら違いはないでしょう

 ホント、予想通りというか何と言うか。

 因みに、高速道路の無料化はそれによって渋滞が減ってCO2の排出量が減るから温暖化ガス削減にむしろ繋がるだの、利用増加によって経済効果が高速道路の年収分とほぼ同じだけ(2兆7000億)あるから平気だとか、もはや妄想染みた論理を展開しだしています。

 そもそも混雑する首都高などは民主の予定では無料化しないという話ですので、都内など肝心の渋滞してCO2を大量に排出している地域が例外化していますし、普段からスカスカな高速道路が無料化されたからって何処に2.7兆円もの金が落ちるというのかも理解しかねますよね

 何というか民主党って、数学の宿題で計算をせずに答えだけ適当に書いて提出し、教師にじゃあどうやったらこの答えになるかここで計算式を書いてみろと言われ、デタラメな答えを正当化するために更にデタラメな計算式を幾度も指摘されて延々書き直し続けている落ちこぼれ学生って感じがしません?

 言うなれば、そんな不出来で不良な落ちこぼれ達を生徒会メンバーにしてしまったのが今の日本です。

 予算編成はデタラメ、行事の計画性は無し、都合が悪くなると直ぐに言を翻す…これから嫌と言うほどに大多数の学生がその場のノリだけで考え無しにバカな真似をしたツケが回ってくるでしょうね。

 YOMIURI ONLINE『国債増やさぬ、抑制に努めると鳩山代表強調』
 http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/
news2/20090823-OYT1T00558.htm
09月14日(月)

弾が無くても威嚇的 

12日付けの47NEWSの記事から

佐世保商店街で武装パレード 陸自駐屯地が創立記念
 陸上自衛隊相浦駐屯地(長崎県佐世保市)の隊員約200人が12日、迷彩服姿で小銃や機関銃を抱えながら同市中心部のアーケード街をパレードした。駐屯地の創立記念行事だが、市民団体メンバーらが「子どもに武器を見せるな」などと抗議の声を上げた。

 午前11時半、赤いスカーフを首に巻いた隊員が音楽隊の演奏に合わせてスタート。買い物客らが見守る中、約1キロのアーケード街を約20分かけて行進した。

 佐世保市の男性会社員(63)は「昔の軍国主義のようだ。武器を持って行進する必要はない」と指摘。子ども2人を連れて来た同市の主婦(34)は「珍しいし、街の活性化になっていい」と述べ、笑顔で見物していた。

 パレードは2002年から実施し、銃を持った行進は6回目。毎年、市民団体が「威嚇的なパレードを市中で行う必要はない」と中止を求めるが、陸自側は「隊への理解を深めてもらうため真の姿を見てもらいたい」との理由で続けている。
2009/09/12 13:24

 市民団体?

 私は騒いでいたのは社民党佐世保総支部佐世保地区労という相変わらずなブサヨ集団だったと聞いていたんですが、他に市民団体とやらもいたんでしょうかね?

 また、自衛隊だって交戦権を持った国の武装組織なんですから武器を携行するのは当たり前でしょうに、それで軍国主義とかって述べる意味不明な男性とか、ホント変な国ですよね、日本って。

 じゃあSWATが武器もって行進してたらこれもまた軍国主義になるのかよ、パレードやってるほかの国の軍隊は全て軍国主義なのかよ、と

 市民団体とやらにしてもこの男性とやらにしても軍国主義とやらを実際に目にした事も無い人間が妄想で言い掛かりつけてるだけじゃありませんか。

 因みに社民党に至っては「実弾が入っていなくても事故が起きないとは限らない。わざわざ市中で銃を持って威嚇的なパレードをする必要があるのか」とか、その妄想の逞しさを更にパワーアップさせて抗議していたそうです。

 ま、今の社民党の弁からも分かるようにこのパレード、あくまでも行進姿を見せるだけの余興なので銃器には一切弾が装填されておらず、事故とやらは起こりえませんし、ある意味「たまに撃つ、弾が無いのが玉に瑕」などと自嘲する自衛隊の姿に相応しいのかもしれません。

 また、このパレードには当然ながら商店街も市も協力的であり、ブサヨが一人で反対と喚いているだけです。

 てか、記事の市民団体の言葉、やはり先日掲載された社民党の弁と瓜二つなんですけど、本当に政治団体じゃなく市民団体なんですかねぇ?

 そして、中国とか北朝鮮とか、或いはロシアなどのホンモノを見た後でも同じように、「威嚇的なパレード」って台詞を自衛隊に言えるんでしょうかね?
09月13日(日)

打ち出の小槌か宝の下駄か 

13日付けのNIKKEI NETの記事から

補正基金事業の75%、地方予算に反映済み 民主の「凍結」難航も
 麻生政権が経済危機対策として2009年度補正予算に盛り込んだ基金事業で、都道府県向けの約2兆1300億円のうち、75%に当たる約1兆5900億円が地方予算に反映済みであることが12日わかった。民主党は基金を一部凍結し、選挙公約に盛り込んだ政策の財源に充てたい考えだ。ただ、すでに1兆円超が地方議会の議決を終え、国の事情だけで基金を回収するのは厳しい状況にある。基金を使う事業の準備も本格化しており、都道府県からは戸惑いの声が上がっている。

 日本経済新聞社が47都道府県の予算編成の担当者にアンケート調査を実施した。国が09年度補正予算に計上した46基金(4兆3674億円)のうち、地方自治体を対象に新設・拡充する15基金(2兆1318億円)の予算への反映状況などを尋ねた。
(07:01)

 八ツ場ダムと言いこっちと言い、元々ありもしない埋蔵金を無理矢理掘り出そうとするからこんな軋轢ばっかり生まれるんですよね。

 どっちも既に強行すれば地方から訴えられる賠償問題に発展する可能性が大という状況にまで来てしまっていますし、その場合は間違いなく止める以上の出費となるんですから、無能が考え無しに口先を弄する事の愚かさをよくよく教えてくれるものです。

 高速道路の無料化負担を誰が負うのか?

 子ども手当ての不足分は?

 高校までの無料化費用は?

 CO2削減に掛かる費用は?

 特定職業へのばら撒きは?

 どれもこれも話題先行で、まるでCMだけ立派で中身がスカスカの自称大作映画そのものじゃありませんか。

 しかも、これだけ誇大妄想染みた案を幾つも掲げていながら国債の発行を控え、減らすとも主張している(鳩山が選挙前にテレ朝で「増やさない、減らす努力をする」と宣言している)んですから、つくづく救いようがありません。

 暮らしを良くする、景気を良くする、その為にばら撒き案は幾らでもぶちまけて強行するけど、でも国債は減らすし、消費税も上げません

 …本当に打ち出の小槌なり、宝の下駄(天狗の下駄で、履いて転ぶと小判が出るが、代わりに背が縮んでしまうという御伽噺のアイテム)なり持っているとでも言うんでしょうかねぇ?

 未だに財源はあると強弁しながらどれ一つとしてそれを満たせたと証明できていないって事はそうとでも思わなきゃただのペテンですものね。

 結局、三人拠らば文殊の知恵と言いますけど、民主党の場合、300人集まろうが、500人集まろうが所詮元々がロクデナシによる烏合の衆ですから、マイナス足すマイナスにしかなりえないんでしょうね。

 当選直後から早速今回も地位に値しないろくでもない議員が幾人もいる事が報じられていますし。
09月12日(土)

役人の呆れた処分 

11日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

農水ヤミ専従、告発見送り「処分、返金済み」と
 農林水産省のヤミ専従問題などを巡り、関係職員の刑事告発の是非を検討していた同省の法令遵守(じゅんしゅ)委員会(秋山昭八委員長)は11日午前、「既に処分を受けており、告発の必要はない」とする意見書をまとめ、石破農相に提出した。

 読売新聞の取材に対し偽造文書を示した前秘書課長らの行為についても「虚偽公文書作成・同行使の各罪が成立する」としながら同様に見送りを勧告した。石破農相もこれを受け、「自らの責任で、ぎりぎりで判断した」と、刑事告発を見送ることを発表した。

 同様にヤミ専従が発覚した社会保険庁の場合、厚生労働省が昨年12月、計40人の刑事告発(いずれも東京地検が不起訴)に踏み切っており、告発見送りの判断には批判も出そうだ。

 同委は弁護士や元検事など5人で構成。ヤミ専従をしていた職員199人と上司、取材に虚偽説明をした松島浩道・前秘書課長らの行為について、刑事告発の必要性を検討してきた。

 意見書では、ヤミ専従行為者と上司については「詐欺罪か背任罪のどちらかが成立する可能性がある」としたが、全農林労働組合がヤミ専従期間中の給与相当額に金利を加えた約34億円を今月7日に返還しており、財産的被害は回復されたとした。全農林委員長ら幹部が責任を取って辞任していることや省内で処分を受けていることなども考慮すべきだとしている。

 一方、取材を巡り文書を偽造した松島前秘書課長らについては、「知る権利を侵害する行為で極めて責任が重い」とし、「虚偽公文書作成・同行使の各罪が成立する」と断罪しながら、減給3か月(10分の2)などの処分を受けたことや、最終的に正規の文書を記者に示したことなどを考慮したとしている。
(2009年9月11日12時12分 読売新聞)

 ホント、国会議員と役人ほど気楽な商売はありませんね。

 犯罪犯しても平然と続けられ、しかも訴えられる事も滅多に無い。

 財産的被害が回復されたから訴えません?

 文書偽造でも減給処分だけでオッケーです?


 そういうバカな考えを国が平然とやってるんですもの、そりゃ万引きだって遊び感覚でやるバカが年齢、性別、職業と言った差異無く大勢出てくるわけですし、マスメディアだって捏造を平然とやって恥じ入るわけがありませんよね?

 上がこんななら下だって発覚しても、3倍の金を払えばいいんだろ、謝ればいいんだろ、というような世間をバカにした態度になるのも当然です。

 やはり、憲法そのものを改正しなくてはダメでしょうね。

 そこに、公務員及び議員の犯罪に対する罰は一切の執行猶予無しで、罰そのものも常人より遥かに厳罰となるという形で規定しなくては

 無論、このように犯罪である事を認識しながら訴えませんでしたなんてふざけた真似は一切認めません。

 罰の重さとしては例えば、政治資金規正法違反なら、問答無用で議員資格を剥奪し、給与は全額返納、執行猶予無しで10~20年の禁固とか。

 どこぞの卑怯な間抜けが言っていたように、秘書がやったと言うのが事実でも最終責任は政治家自身に帰すわけですから、当然ながら本人の指示かどうかは関係ありません

 モラルを保てないなら、もはや法で縛って保たせるしかないでしょう。

 何せこれからは犯罪者が総理大臣や与党のトップに立って行く時代なんですから。

 まぁもっとも、例えこの考えを公の場で民主党に言えたとしても、自らの首を絞めるだけであるこういう法改正など民主党には絶対に出来るわけがありませんけどね
09月11日(金)

そりゃ勝てませんよ 

10日付けのMSN産経ニュースの記事から

インドネシア住民ら敗訴 ODAダムで国の責任を否定
2009.9.10 17:02
 日本の政府開発援助(ODA)でインドネシアに建設された多目的ダムをめぐり、8396人の現地住民らが移住を強制されたとして国や国際協力機構(JICA)などに1人当たり500万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は10日、請求を全面的に退けた。

 ODAに絡んだ現地トラブルに日本政府が責任を負うかどうかが最大の争点だったが、中村也寸志裁判長は「インドネシアの内政問題であって、日本政府などが現地住民らに注意義務を負うものではない」と判断した。

 原告側は控訴する方針。

 問題となったのはスマトラ島中部のメランギン村に建設された「コトパンジャン・ダム」で、堤の高さ58メートル、満水時の表面積は約124平方キロ、有効貯水容量は15・45億トン。

 わけがわかりませんって感じですよね。

 実際、調べてみても日本を訴え、そしてその訴えが勝利する可能性って何処にもあるとは見受けられませんでした。

 日本でお約束的に活動を支援している団体がおり、そのHPなどがあったので主張を確認してみたのですが、まぁ、簡単に言ってしまえば日本の企業が金儲けの為に適当な数字を挙げ、私腹を肥やしたいインドネシア政府の官僚らが賛同して大規模公共事業をODAで行い、そのせいで住民が無理矢理移転させられた、その後の補償が不十分だというような理由での訴訟なんですが…

 1)移転した住民の生活は移転する前の生活と同じか以前よりよくなるということを補償する。
 2)象の移転を含む環境に配慮する。
 3)住民のための補償金は公正なものとする。


 ODAに際し、日本はこの三つの条件をインドネシア政府に要求したそうで、これをちゃんと履行していないのはインドネシア政府側の一方的落ち度ですよね?

 でも、訴えている側はそこに監督責任が発生するから日本が金を出せと、そういう事のようです。

 しっかしまぁ、約8396人で1人500万円ですから、満額なら総額419億8000万円ダム建設に掛かったODAの総額すら軽く超えている(311億7700万円)じゃありませんか、どんだけぼったくるつもりなのやら?

 なんか、こうなってくると結局金が欲しいだけじゃんって思えません?

 しかも、自国政府相手じゃどうにもならないから貰えそうなところを変わりに訴えようって、そういう考えはなんともねぇ?

 実際、約束を履行しなかったからと言って日本政府がインドネシア政府の代わりをしなければならない義務も法も何処にもありません。

 やるとしたら契約不履行を理由にしてインドネシアに対する今後のODA廃止を通告したり、国際的な場で人道問題などとして問い詰めるなどの制裁的行為でしょうし、訴えるべきも代わりに金寄越せじゃなく、インドネシア政府が契約履行するように圧力掛けろ、でしょう。

 ダムを造る造らないを選んだのがインドネシア政府なら、その際に約束をしておきながら履行していないのもまたインドネシア政府なんですから、義務があるのは誰がどうみたって日本政府じゃなくインドネシア政府じゃありませんか

 だから、この裁判判決は至極当然の話です。

 ま、こんなトラブル起こす位だったら、以前から述べているように本当にODAは基本廃止すればいいんじゃないのと思いますけどね?

 他国の貧しい人間を救うため、他国の発展のためなんて言って費やされる莫大な税金を、巻き上げている自国民を救うためにこそ投じる方がよっぽど有益だと思いますよ、こんな言い掛かりつけられていて、それで税金を更に浪費されそうになっているとなれば尚の事。

 今後のODAは技術支援や人材派遣を基軸にして、建設関係は橋とか学校のような必要不可欠なものを最低限度造るだけに限定すればこんなトラブルは起こらなくなるでしょうし、その分浮いた税金を内政に回せますしねぇ?

 コトパンジャン・ダム被害者住民を支援する会HP
 http://www.kotopan.jp/
09月10日(木)

史上最凶人事 

9日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

衆院議長に横路氏、民主が起用方針
 民主党は8日、衆院議長に横路孝弘・前副議長(68)を起用する方針を固めた。

 横路氏は7月の衆院解散まで約4年間、副議長を務めており、横路氏が引き続き議会運営に当たるのが最適任と判断した。

 横路氏は当選10回で、党副代表なども歴任した重鎮であることも考慮された。また、幹事長に起用される小沢代表代行との関係も良好で、国会運営の司令塔となる小沢氏の意向も反映されたものとみられる。横路氏は衆院北海道1区の選出。党内では、旧社会党系グループに所属している。
(2009年9月9日03時04分 読売新聞)

 漸く河野の大馬鹿者が消えたと思ったら、今度はそれと50歩100歩なロクデナシが後釜に…

 何せ中国の軍拡を危険視したり、憲法の改正を口にしたら途端に「戦前の青年将校」呼ばわりですからね。

 愚かしい限りですけど、恐らくこのボケ老人の頭の中では、憲法改正を考えるという事が既にクーデターと同義なんでしょうね。

 ま、流石は元社会党出身で、北の独裁政権マンセーな議員様で。

 更には同レベルな福島みずほも閣僚入りだそうですから、売国奴&犯罪者による史上最凶の政権&国会が誕生しそうですよねぇ。

 9条教の亡者にして軍事音痴の極みとでも言うべき無能でありながら、安保などに口出しするのが大好きな福島の入閣とかバカな事を繰り返し、成立前から混乱しているんですから、ホント、停滞程度で済めば儲け物でしょうね、これからの数年は。

 因みに福島の軍事関係バカ発言に関して今日はこんなのを。

 『出口のない海』という映画を見た事に関して、以下のようなバカ発言を繰り返していました。

 「先日、社民党の千鳥ヶ淵墓苑検討委員会に読売新聞主筆の渡辺恒雄さんに来てもらった。そのとき渡辺さんは、戦争の悲惨さを存分に語り、「回天(人間魚雷のこと)には内側から鍵はかけられず、外側からしか鍵はかけられなかった。内側からはあけることもできなかったのだ」と怒っていらした。そのことが頭にこびりついている。内側からはもはやあけることはできないのだ。弾のなかに人間がはいり、大きな弾丸となって飛んでいく。戦争で人が死ぬことはありうることだけれど、人間魚雷や特攻隊では必ずその人間は死ぬのである。この人間魚雷やそして特攻隊を発明した人間は、わたしの記憶では裁かれていない。」「しかし、こんな映画を見るたびに知らないことが多すぎる、いろいろな人と共有しなくっちゃということを感ずる。わたしの希望は、こんな映画を見た人が憲法9条を変えないほうがいいという気持ちを持ってくれることである。しかし、この映画を見た安倍総理は全くそう思わないのであるから、「なんというこっちゃ」と思う。」

 とまぁ、同志である読売の怪異と大嘘をばら撒いておいて、何が「なんのこっちゃ」なのやらと。

 Wikipediaの『回天』を調べてもらえば右の写真下にある説明ですぐ分かるのですが、実際には戦闘に参加した回天(実戦参加は1型のみ)の扉は開閉が内側からしか出来ません

 何故ならば、「攻撃に際してハッチから脱出できるようになっていた」(イカロス出版発行ミリタリー選書9『最強!連合艦隊オールスターズ』P148『回天』より抜粋)からなんですね。

 更に、特攻イコール死というのはイメージとしては間違っていませんけど、必死ではありません。

 震天制空隊や水上特攻であった菊水作戦などは生存者がちゃんといますし。

 そして、人間魚雷や特攻隊の発明者が裁かれていないと言うのも馬鹿げた話です。

 裁かれる訳がありません。

 何故なら、人間魚雷の発案者である黒木博司大尉は回天の訓練中に殉死、仁科関夫中尉は回天で出撃し、米油漕艦を撃沈して戦死、特攻隊の生みの親と言われる大西瀧治郎中将は終戦翌日に介錯無しでの割腹自殺を行い、長時間苦しみながら亡くなっています

 その際の遺書には特攻隊員とその家族へ自らの死を持って詫びる事と、生き残った若者に早まらず、日本の復興と世界平和に尽くせという事が書かれており、福島の如きバカとは器が違います。

 何せ福島は己の秘書がセクハラ救済の場でセクハラをして、ともに被害者から訴えられても知らん顔ですからね。

 福島のバカ丸出しの物言い、振る舞いこそ、「なんのこっちゃ」だと思いませんか?

 しかもコイツ、同じ戦争映画でも日本以外のものだと評価が正反対になります。

 レッドクリフⅡは、戦争の悲惨さを強調したという点で出口のない海に近しい作品のはずなのに、それに対する論評ではネガティブな記述は一箇所も無し

 それどころか「とことん戦いというふうに、手に汗を握る闘争劇のほうがすっきりするのでは。」「それにしても日本では卑弥呼の時代に中国はこうだったのだとあらためてビッグさに驚く。」「戦略が大事ということを教えてくれる映画。」とまぁ、悲惨さを伝えようと製作陣が造ったはずの作品なのにこの通り。

 「しかし、この映画を見た福島は全くそう思わないのであるから、「なんというこっちゃ」と思う。」って感じですよね。

 こういう異常思考のバカどもが、これからの日本を牛耳り、好き勝手やっていこうというのです。

 お先真っ暗ですよ。

 GAL 『映画ウォーキング 出口のない海』
 http://www.geocities.jp/gender_law/
eiga/eiga111606.html
09月09日(水)

永久に不可能でしょ 

7日付けの朝鮮日報の記事から

【社説】「外国人侮辱」で初の起訴、偏見なくす契機に
2009/09/07 10:30:14
検察当局はこのほど、人種差別的な言葉で外国人を侮辱した男性(31)に刑法上の侮辱罪を適用し、略式起訴した。被告は2カ月前、京畿道富川市の路線バス車内でインド人の大学研究教授、ボノジット・フセインさん(28)に「臭い、汚い、お前アラブ人だろう」などと数回にわたり侮辱したとして起訴された。被告はフセインさんと一緒にいた女性にも侮辱的は発言を行った。耐えられなかったフセインさんは、被告を警察に告訴した。

 今回の事件は、外国人に対する人種差別的言動に侮辱罪を適用して起訴した初のケースだ。米国、英国、ドイツなどは人種差別規制法を別に定めているが、韓国にはそんな法律はない。ノ・ムヒョン政権下で法務部が差別禁止法案を国会に提出したが、論争の末成立しなかった。しかし今回のケースは、既存の刑法でも人種差別行為を処罰できることを示した。刑法311条が定める侮辱罪の処罰対象は「公然と他人を侮辱した者」で、韓国人か外国人かで差別を設けてはいない。

 フセインさんの話を聞くと、韓国社会に人種差別的な固定観念がどれだけ深く存在するかを実感するとともに、恥ずかしさと驚きを感じる。フセインさんは「数多くの人種差別を受けた。バスで寝過ごして終点まで行ったところ、運転手に足でけられ、降りろと言われた」と話した。フセインさんは「経済的に貧しい人に対する韓国人の優越感の発露だ」と指摘した。フセインさんが言うように、韓国社会では白人に対しては非常に親切でも、有色人種は無視し、差別するという二重の偏見が根深い。エチオピア出身の女性教授は昨年8月、KBSの外国人トーク番組『美女たちのおしゃべり』に出演し、「韓国のある会社に履歴書を送ったところ、『黒人か、黒人は駄目だ』と言われ、涙を流した」と語った。移民女性15万人が生んだ2世は10万7700人に達するが、学校でいじめられる子供たちが多い。

 国連人種差別撤廃委員会は2007年、「韓国社会は外国人や混血の人が増え、多民族社会になった。教育、文化などさまざまな面で適切な措置を取るべきだ」と指摘した。韓国に滞在する外国人は既に110万人を超えた。2050年には10人に1人が帰化者か外国人になるという。しかし、人々の意識はそうした社会の変化について行っていない。人種的偏見と差別が残ったままで多民族化が進めば、差別を受ける少数の外国人の不満が爆発することもあり得る。

 見た目や皮膚の色が異なるとして差別、侮辱する行為は法律違反である以前に、恥ずかしく野蛮な行動だという意識を確固としたものにする必要がある。無意識のうちに人種差別の原因になってきた「単一民族」概念も再検討すべき時が来た。

 無理でしょ、永久に。

 都合の悪い歴史は塗り潰し、捏造するのが当たり前の民族、朝鮮人に、どうして他者との相互理解による共存なんて未来が望めると?

 日本に対する竹島、対馬、沖縄などの領有権主張だけで飽き足らなくなった韓国は、今度はなんと中国に対して間島の領有権を主張して国際紛争を引き起こそうとしている(既に議員50名によって決議案が提出済み)そうじゃありませんか。

 隣人と話し合いをしようという努力すら満足に出来ない連中に、どうして大好きな偏見や差別を無くさせる事が出来るというのやら?

 散々援助を受けて今の自国を形成出来たというのに、反日を国是として捏造史による差別・侮蔑を繰り返す民族の代表である朝鮮日報がこんな事を言ったところで説得力ありませんよ。

 例えば、記事に出てくる「エチオピア出身の女性教授」って、丸一年前の2008年08月21日に朝鮮日報が社説で書いた『【社説】「黒人? 黒人はダメです」』のメザ・イシュトゥ大学講師の話ですよね?

 その社説にはまた、「韓国内に住む外国人の数は100万人、全国民の2%を超えている。にもかかわらず、スイス国際経営開発研究所(IMD)は「外国文化に対する開放性」の評価で韓国を「55カ国中最下位」としている。」ともありましたが、一年前のこの訴えに効果があったかと言えば…「外国人労働者に対する規制が最下位となった」と中央日報の記事、『韓国の国家競争力27位、大学教育は最下位圏』に記されるように何の変化も無いままです。

 まぁ、国旗を毀損したら罰するという法律を作りながら、日本国旗を毀損しても平然と黙認し、新聞社も平然とその写真を掲載するようなお国ですから当然と言えば至極当然の評価ですがね。

 このような差別・侮蔑を公然とやるような国家・国民が、どうして格下だと看做す他国の有色人種に対してまともな観念を持ちえると言うのか?

 肌の色や宗教での差別が無くなって来ているこの21世紀においても時代錯誤の差別感を持っている自らの愚かさも自覚できないから、本当は自分達民族こそが世界各国で嫌われているんだと言う事すら気付けないんでしょうね。

 中央日報『市民団体「間島を取り戻そう」』
 http://japanese.joins.com/article/article.php?aid
=120172&servcode=400§code=400

 朝鮮日報『【社説】「黒人? 黒人はダメです」』
 http://www.chosunonline.com/news/
20080821000041

 中央日報『韓国の国家競争力27位、大学教育は最下位圏』
 http://japanese.joins.com/article/
article.php?aid=115537
09月08日(火)

早くも始まった民主の暴走劇 

7日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

温室ガス25%減、鳩山代表が明言
 民主党の鳩山代表は7日午後、東京都内で講演し、日本の2020年までの温室効果ガスの削減目標(中期目標)について「1990年比で25%削減を目指す」と述べ、衆院選での同党の政権公約(マニフェスト)通りに実行する考えを表明した。

 鳩山代表が中期目標について衆院選後に明言するのは初めて。民主党の公約の「25%減」には経済界から「省エネの進んだ日本には過大な負担。経済に悪影響を及ぼす」との強い反発が出ており、今後さらに論議を呼びそうだ。

 鳩山代表は今月下旬の国連の会議で新政権の温暖化対策について表明する方針。この日の講演で鳩山代表は「(25%削減は)我々の政権公約であり、政治の意思としてあらゆる政策を総動員して実現を目指す」と明言した。さらに「我が国のみが削減目標を掲げても気候変動を止めることはできない。すべての主要国の参加による意欲的な目標の合意が我が国の国際社会への約束の前提となる」と述べ、各国にも高い目標による削減行動を促していく考えを強調した。

 中期目標を巡っては、麻生首相が6月、「2005年比15%減(90年比8%減)」を表明していた。
(2009年9月7日13時29分 読売新聞)

 このバカな民主党の考えに、批判の声を上げているのは何も経済界に限った事ではありません。

 相反する政策を掲げる各政党のマニフェストに対して25のNGOによる共同声明で、批判の声が上がっており、気候ネットワークのHPにその声明文が掲載されています

 コレは一応各政党に対するマニフェストの見直し要求という形になっていますが、読めば分かるように随所にそれをもっとも極端にやろうとしている民主党への強い非難が見受けられ、高速道路の無料化や自動車関連税率廃止などCO2排出量を増加させる促進政策を掲げる一方で、麻生政権案と比較してさえ無謀としか言いようの無い90年比25%削減と言う途方も無い数字を実行するとのたまいながら、具体策を今尚何一つ掲示しない夢想家の妄想に警鐘を鳴らしています。

 現政府案は05年比15%削減で、90年比だと8%の削減となっており、それでも経済産業省で開かれた総合資源エネルギー調査会需給部会の発表に拠れば一家庭辺りの負担額は年間7万7千円にも上るというのです。

 因みに、以前書いたように民主党案の場合だと負担額は36万円にまで跳ね上がります。

 この事を報じている産経記事には、「民主党のマニフェストでは、太陽光だけでなく、風力などを含めた再生可能エネルギーをすべて電力会社が購入する仕組みを求めている。「民主党案では、標準家庭の料金上乗せ額は政府の新制度の2倍をはるかに上回る」(経済産業省幹部)という負担増が指摘されている」とあり、これまた何時ものように言い訳ばかりで具体的にどの程度の国民負担がどのような形で課せられるのかを一切明らかにしないままです。

 本当にセコイ詐欺師集団ですよね。

 友愛でリーダーシップを取るとか、言語明瞭意味不明な妄言垂れ流してないで、具体的な話をしてみろよ、頭のイカれた黒鳩がと。

 高速が無料になれば当然ながら下を通るより上を通った方が長距離移動には近道なんですから利用者は増えますし、ましてや一家庭年36万円も増えれば車の利用者は益々効率と時間を優先するようになりますし、一方で貧乏人はその莫大な増税を賄う為に生活をギリギリまで切り詰めねばなりません。

 その結果何が起こるか?

 言うまでも無く消費の低迷であり、回復しかけた経済の完全失速と、失業率の増大です。

 民主党案を実行した場合、我が国全体では何と190兆円に上るという省エネ対策費用を、一体誰が、何処から、どうやって捻出するというのか?

 無論、これは高速道路の無料化や道路特定財源の暫定税率撤廃が実施された場合のCO2増加という状況を考慮しない数字なので、両政策をどちらも実行した場合の家庭負担はもっと跳ね上がる事でしょう。

 因みに神戸商工会議所の水越浩士会頭はこの民主党の暴案に対して「荒唐無稽(むけい)もいいところだ」「国益に反するのは間違いなく、(国内では)生産活動ができなくなる」と、国内の生産拠点が一斉に海外へ逃げ出し、経済が一挙に衰退する可能性を示唆したそうです。

 しかし、バカな黒鳩が記事にあるように公の場で断言しちゃいましたもんねぇ…

 就任前から無能ぶりをこれでもかと言わんがばかりに見せ付けてくれる黒鳩ですが、これでは政権とってからの暴走が一体どれ程酷い事になるのかと、恐ろしくてたまりません。

 ま、連中の根底にある考えが、やれば出来るさ、出来なきゃあやまりゃいいのさ、ですから、選挙で勝ってしまった以上もはやどうしようもありませんね。

 気候ネットワーク『NGO共同声明』
 http://www.kikonet.org/iken/
kokunai/2009-08-05.html

 MSN産経ニュース『【温室効果ガス 30%削減の衝撃】(1)民主案 36万円家計負担増』
 http://sankei.jp.msn.com/life/environment/
090826/env0908260823000-n1.htm

 時事ドットコム『「信じがたい」「荒唐無稽」=鳩山代表の「25%減」に産業界』
 http://www.jiji.com/jc/
c?g=pol_30&k=2009090700552
09月07日(月)

後の祭り 

5日付けのNIKKEI NETの記事から

「北朝鮮、870万人が食糧難に」 国連人権理事会が報告書
 国連人権理事会は4日、北朝鮮の人権の状況に関する報告書を総会に提出した。人口の約3分の1とみられる「870万人が食糧難にひんし、支援を必要としている」と述べ、食糧危機の深刻化に懸念を示した。日本人拉致問題についても「2008年8月に日朝間で再調査で合意しながら、未解決のままだ」などと指摘。問題解決への早期協力を促した。

 報告書は04年から毎年作成され、今回は09年半ばまでの1年間が対象。

 今回の報告では、09年に入って北朝鮮が米国や非政府組織(NGO)からの食糧支援を拒む姿勢を強めていることを問題視。支援が200万人にしか行き渡っていないと推定し「北朝鮮によるミサイル発射や核実験が、国際社会からの援助不足を招いたことは疑いの余地がない」とした。
(05日 13:15)

 未だに繰り返される北のミサイルの発射ですが、あのミサイルを造って発射する為に掛かった費用を国内の食糧問題に充てていたらどれだけの国民が苦しまずに済んだのでしょうね?

 まぁ、これからの日本はバカな黒鳩が率いてしまいますので、北朝鮮に対しても失敗に終わった韓国の太陽政策を今更なぞる様なバカな真似が繰り返される事でしょうから、僅か2400万人以下の国で870万人もの食糧難を出していてもそんなに北としては心配していないのかもしれません。

 この期に及んでも制裁よりも対話を重視して来たのが黒鳩ですし、そうでなくても民主党の中にはもと社会党崩れが大勢いるだけあって、自民党以上に北朝鮮シンパがいて、連中から金を貰ってきた輩も珍しくないですからね。

 因みに自民だとチンパンジーを筆頭に加藤紘一、エロ拓などがいますね。

 しかも今回の選挙で民主党が大勝した結果、近藤昭一ら朝鮮シンパの犯罪者ら(北から違法献金を受け、南北朝鮮へのシンパ発言を繰り返している)が平然と当選し続けているのですから、北朝鮮としては大喜びでしょうね。

 実際、産経の5日の記事に拠れば選挙前から民主の勝利を見越して篭絡活動を始めていたそうで、「民主党の支援組織の労組に影響力を使え」「本国への往来を希望する在日朝鮮人の人権問題として(万景峰号入港)禁止措置解除を働きかけろ」などと朝鮮総連へ指令を出していたとの事です。

 もはや政権を奪い、衆参両院で過半数を占めてしまった民主党がどのような法を作ろうと、それを止める手立てはありませんし、仮にその法が北などを利するものであれば社民党が拒むわけも無く、むしろ諸手を上げて賛同するのですから、それは当然ながら北としては期待しますよね。

 話し合いのテーブルに着く為にはまずはコメを寄越せ、そんな事を北が言い出したら、元々日和見の鳩山は勿論、今後幹事長として党の実権を再び掌握する小沢も北へのばら撒きがしたくてウズウズしていた人間ですから、党内のシンパからも要望が上がれば一も二も無く喜び勇んで飛びつくでしょう。

 で、また延命を果たした北朝鮮は更なる軍拡に突き進み、日本は逆に軍縮で人員も装備もボロボロとなり、まともに動けなくなってしまうと

 後の祭りとはよく言ったもので、参院選に続き今回の衆院選でもマスメディアの垂れ流す情報操作、印象操作にまんまと乗せられてお祭り騒ぎ気分で日本人がやった事のツケは、祭りの後でジワジワと、しかししっかりと自らの身を蝕んでいく事でしょう
09月06日(日)

その主張こそ「大うそ」だ 

5日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

子ども手当に強い意欲…民主・藤井最高顧問
 民主党の藤井裕久最高顧問は5日のNHKの番組で、民主党が掲げる「子ども手当」に対する「ばらまき」批判について、「大うそだ。普通の人の経済基盤を作ることで、経済が伸びていく。次の世代で少しでもお子さんが増える地盤にもなる」と反論した。

 その上で、「これをやらなかったら、うちの党はつぶれる」と述べ、実施に強い意欲を示した。

 また、藤井氏は、2009年度補正予算に盛り込まれたエコカー補助、エコポイント制度に関し、「良い政策なら続ける」と述べ、経済効果があると判断すれば継続する考えを示唆した。
(2009年9月5日21時08分 読売新聞)

 誰かと思えば、少し前に元大蔵大臣の身で「財源にはそこまで触れなくていい。どうにかなるし、どうにもならなかったら、ごめんなさいと言えばいいじゃないか」と、何とも民主党議員らしい無責任論をかました輩じゃありませんか。

 で、今度はばら撒きの目玉、「子ども手当て」で大ウソばら撒いているんですか…ほとほと呆れ果てる人間ですね。

 その主張は、「ばら撒き何てのは大嘘だ、子ども手当てをやれば普通の人の経済基盤が出来て経済が伸びるから子どもが増えるんだ」、というもののようですが、これこそ世紀の大嘘じゃありませんか。

 これについてはまず、次の記事を見てください。

2008/11/6日付けの公明党チャンネルの記事から

「民主党『子ども手当財源論』のウソ」衆院議員 富田茂之
投稿:議員ブログ2008/11/6 11:00
民主党の菅直人代表代行が10月7日衆議院予算委員会で「子育ての手当などを導入することによって、今の子供のいわゆる税の体制も変わりますので、そういうものを含む租税特別措置の見直しで1年間平均3.3兆円を捻出」と発言。
予算委員会の理事として、横の席で質問を聞いていたが意味がわからない。

民主党の政策を調べてみた。
民主党の税制改革大綱に「社会全体で子育てを支援するという考えに立ち、『控除から手当てへ』の原則に基づいて『子ども手当』を創設し、所得税の『配偶者控除』『扶養控除』から転換する」との記述あり。要するに、所得税の配偶者控除(38万円)、扶養控除(38万円)を廃止し、子ども手当の財源とする考え方のよう。

この考え方では、夫婦・子ども2人の標準世帯の課税最低限が325万円から211万円に下がることになり、中・低所得者世帯への大増税に他ならないのでは?
子どものいない夫婦には、増税になるだけ。こんなの財源論と言えるのか?

また、財務省資料の「所得税の各人的控除の減収見込額(平成20年度予算ベース)」によれば、配偶者控除を廃止しても7千億円程度、扶養控除を廃止しても9千億円程度の財源にしかならず(合計1兆6千億円程度)、子ども手当の支給に必要とされる財源5兆6千億円に対して4兆円も不足する。

民主党は、4兆円をどこから捻出するというのか?
そもそも「控除から手当へ」の原則というのなら、何故、児童手当の4度の拡充に反対したのか?

 「大うそだ。普通の人の経済基盤を作る」と言うのならば是非ともこの公明党議員の問いかけに元大蔵大臣にして民主党の最高顧問である藤井議員には明朗快活な回答を行って欲しいものですよね?

 子どものいない家庭どころか、いる家庭ですら配偶者控除と扶養控除によって大増税…

 その落差ナンと114万円(配偶者38万円+扶養2人で38×2=76万円)です。

 これは確かに中・低所得世帯、それも子どものいない夫婦や、或いは対象年齢以上になってしまった子どもを抱える世帯には大変な負担ではないのでしょうか?

 果たしてこれでどうやって普通の人の経済基盤が出来ると言うのか?

 ましてや最も金が掛かる高校・大学世代の子どもを抱える家庭にとってこの大増税がどれ程の影響を与える事になるか…

 何せ子どもが高校生になった途端、手当てが一切消えて、これまでのツケとばかりに差し引かれるだけの生涯になる(年収が手当て分で30万円以上減算する事になる)わけですから、かなり計画的に貯蓄でもしてなければ低所得者は一挙に生活苦に陥るでしょうね。

 国立大学の文系ならば学費が年60数万円なんてケースもあるでしょうが、私立だと80~100万位は文系でも行きますし、理系なんてなればもっとずっと掛かるところや学科は幾らでもありますが、そういった家庭にとって控除額が年間100万円以上下がったらどれ程苦しくなる事かなんて、それこそ普通の人間ならば考えずとも簡単に想像できるでしょう。

 また、今度はその場合ただでさえ定員割れで喘いでいる大学側にとっても経済的事情で通えないなんて学生が増える事は死活問題に直結しますよね?

 バカの考え休むに似たりとはよく言ったもので、無能が口先だけのばら撒きをやれば、それは実際には国内経済にも、個人の財政にも逆効果にしかならないって事です。

 ましてやそれでもまだ4兆円も年間の財源が足りていないのであり、その分は何処から持ってくるのか未だに民主は「財源はある」とのたまうばかりで一向に何処にあるのかを明かしません

 私は以前から書いているように、足りない分は結局消費税などの増税で無理矢理捻出するだろうと見ていますが、連中がこうやって根拠を示さずに強弁をすればするほど疑いは強まっていきます。

 それを相も変わらず、この状況に及んでも尚具体的な数字を挙げて根拠を示さずに「大うそ」などと言ってのけるんですから、流石は無責任一代男、一代女の巣窟、民主党ですよ。

 結局は自らが権力の座を奪う為だけに広げた大風呂敷に収拾がつかなくなり、でもその風呂敷を畳んだら党が持たないと、自ら首を絞めた間抜けである事を公言しているんですから、ホントにバカな連中です。
09月05日(土)

また流言蜚語で暴れる漢民族 

4日付けのMSN産経ニュースの記事から

ウイグル自治区で再びデモ 胡演説集中学習キャンペーン中
2009.9.4 21:15
 【北京=野口東秀】中国国営新華社通信によると、3日に漢族による数万人規模のデモが発生した新疆ウイグル自治区ウルムチ市で4日、再び1千人規模のデモが起き、武装警察部隊が催涙弾を使って鎮圧した。治安悪化の原因を政府とウイグル族に求める漢族の抗議行動は、10月1日の建国60周年を前に胡(こ)錦濤(きんとう)指導部が展開する民族団結キャンペーンの限界を露呈した。

 デモのきっかけは、8月中旬からウルムチ市で多発していた注射針を使ったとみられる刺傷事件だ。新華社通信によると、公安当局は3日までに容疑者21人を拘束。ロイター通信が地元テレビの報道として伝えたところによると、被害者476人のうち433人が漢族だという。

 7月5日のウルムチ暴動後の治安悪化に対する不満が、デモの引き金になったとの見方があり、漢族の間では一連の刺傷事件はウイグル族の犯行だとの憶測が広がっていたとの指摘もある。5歳の子供に針でけがを負わせた犯人を住民らが取り押さえたことが騒動の発端だった、との情報もある。

 8月下旬には、胡主席が4日間をかけてウイグル自治区を視察したほか、温(おん)家宝(かほう)首相と習(しゆう)近平(きんぺい)国家副主席が内モンゴル自治区を、李(り)克強(こつきよう)副首相が青海省のチベット族自治州を視察するなど、中国共産党政治局常務委員が相次いで、少数民族地域を集中的に訪問した。

 指導部による異例の訪問は、建国60周年を前に当局が進める民族団結キャンペーン本格化の合図だった。胡主席は視察中、「少数民族地域での経済発展を基本に社会の安定を維持し、民族団結を堅持せよ」と訴えた。ウイグル、寧夏回族、広西チワン族などの各自治区では、政府や軍、企業が「学習会」を開き、胡主席の「重要講話」の周知徹底に努めた。

 生活水準向上に向けた多額の支援といった懐柔策を主とする少数民族政策には限界がある。ウイグル族の企業家は「一時しのぎに過ぎない。漢族主導の統治策が問題」と指摘する。

 3日、群衆の説得にあたった自治区共産党委員会の王(おう)楽泉(らくせん)書記(党政治局員)はデモ参加者から退任を求める罵(ば)声(せい)を浴びせられた。多数の市民が党高級幹部の辞任を公の場で叫ぶことは異例で、利権を甘受してきた漢族からも不満の矛先を向けられるなど、指導部の威信が揺らいでいる。

 何故か産経では「一連の刺傷事件はウイグル族の犯行だとの憶測が広がっていたとの指摘もある」なんて非常に曖昧な書き方をしていますけど、今回のこの漢民族による暴動は毎度のデマによる扇動に乗せられたものです。

 9月4日の読売朝刊の7面国際に『漢族数万人デモ ウルムチ』という記事があり、そこには「漢族、ウイグル族や回族など9民族の被害者が出ており、公安当局は容疑者21人を拘束したが、身元などは公表していない。漢族の間では「被害者が数百人に達した。狙われているのは漢族で、犯人はウイグル族だ」などと流言が広がっていた。」とあり、産経の曖昧な記事とは異なって漢民族が今回もまた同じバカな真似を繰り返している事がわかります。

 尚、供に掲載されている写真を見ると今度は男性だけでなく女性も大勢参加している事や、前回のように刀や鉄パイプなどの武装をしている人間は見当たりませんでしたが、同日の読売夕刊にはこれが単なる抗議デモでは終わらず、ウイグル族の商店を襲い、破壊した暴動へと発展した事が報じられています

 それにしてもまぁ、少数民族がやれば暴動でも、漢民族がやるとデモになるとは呆れ返りますよねぇ、日本のマスメディアには。

 産経にしてもウイグル族のそれは【ウイグル暴動】という括りで報じていたと言うのに、直接的に暴力を振るい、武装警察による鎮圧まで受けても漢民族がやったのは『暴動』とは記さないんですから。

 タイトルは『再びデモ』となっていますが、これではそのデモが指すのもまた【ウイグル暴動】の時にあった漢民族による暴動を指しているのではないかと勘繰ってしまいます。

 現状では単なる通り魔事件なのか、政治目的の事件なのか、単独犯なのか複数犯なのか、それすらも分かりませんが、ハッキリしているのは被害者に民族の別は無く、今回もまた漢民族が流言蜚語に惑わされ、暴れまわったという事です。

 本当に野蛮で愚かな連中ですね。
09月04日(金)

曖昧表現で今日も逃げる民主 

2日付けのYahoo!ニュースの記事から

将来の消費増税あり得る=鳩山民主代表が連合で言及
9月2日16時9分配信 時事通信
 民主党の鳩山由紀夫代表は2日午後、都内で開かれた連合の中央執行委員会であいさつし、消費税について「政治不信が払しょくされたときには国民の皆様にもご負担をお願いするようなことも将来出てくる可能性があろうかと思う」と述べ、将来の税率引き上げはあり得るとの考えを示した。

 同党は消費税は4年間は引き上げない方針。これに関し、鳩山氏は自公連立政権では「国民の皆様が政治に対する不信感を強めている段階で、消費税増税のことなど実現するべくもなかった」と指摘。その上で「真剣にこの問題を取り上げ、将来の年金などを含めて社会保障の議論を進めて、結論を見いだしていきたい」と語り、議論自体は封印しないことに理解を求めた。

 お得意の曖昧表現で今日もまた茶を濁していますね。

 社民との連立の火種になりかねない外交・安保でもやはり曖昧表現で逃げていますけど、本当に無能ですよねぇ。

 結局この消費税だってこうやって上げる事になるわけですよ。

 4年間は~なんて言ってるのも精々今のうちだけで、2年も経った頃には財源不足でアップアップしだして、もう不審は払底されたから10%いや、15%に増税だ!とかバカを言い出すんじゃないでしょうかね?

 何せ子ども手当てだけで概算年4兆円程の財源不足なんだそうですから、増税しても足らないなら、更に他を増税するという真似を繰り返すしかありませんもの。

 で、年金やらの財源も消費税を当てにしている以上、中途半端な上げ額では足りない、だからもっともっとあげなきゃとなると。

 まぁ、投票した国民の2/3は民主党の大増税も大歓迎って事だからいいんでしょうけど、こっちは迷惑千万な話ですね。

 さてさて、1年と持った事が無い連中の政権運営、果たして今度はどれ位でボロが出て終わるんでしょうかねぇ?
09月03日(木)

党利党略の結果 

1日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

北朝鮮の貨物検査法案、民主提出へ…政府案と同内容
 民主党は1日、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議の内容を実行するための北朝鮮貨物検査特別措置法案を秋の臨時国会にも提出する方針を固めた。

 新政権として北朝鮮に厳しい姿勢を示すのが狙いで、先の通常国会で廃案となった政府案とほぼ同じ内容で改めて提出する方向だ。

 党幹部は1日、「北朝鮮問題での外交姿勢を明確にするためにも、なるべく早く法案を成立させる必要がある」と述べた。民主党の衆院選政権公約(マニフェスト)では「北朝鮮の核保有を認めない」としたうえで、「貨物検査の実施を含め断固とした措置をとる」と明記していた。

 同党の鳩山代表は首相就任後の9月後半に訪米し、米側にこうした方針を伝える方向だ。

 提出する法案は、廃案となった政府案と同様に、北朝鮮に出入りする船舶や航空機が禁輸品を積んでいる疑いがある場合、海上保安庁と税関で検査する内容。焦点となる自衛隊の関与については、情報収集など現行法で可能な範囲にとどめる方針だ。海上保安庁が対応できない「特別の必要がある場合」は、自衛隊法82条の海上警備行動を発令して自衛隊が対応する。

 ただ、連立政権を組む予定の社民党は自衛隊の海外派遣に難色を示しており、自衛隊の取り扱いを巡って、両党の調整が難航する可能性もある。
(2009年9月1日14時39分 読売新聞)

 党利党略で妨害しておいて、自分が政権取ったらコレですもんね。

 意味の無い反対や問責決議。

 民主党はこれまで国会運営の妨害を散々繰り返してきましたが、予算の無駄遣いを省庁に問うならばまずは己がやってきた無駄遣いの全てを反省し、費やされた無駄な予算を党として国庫に返還してみたらどうなのかと。

 ま、強欲な犯罪者の群れである民主党にそんな真似できるわけがありませんが。

 読売の調査によれば73%もの人間が鳩山の故人献金に納得できぬと述べているそうですし、この問題は東京地検特捜部が本格捜査に乗り出したそうですので、既に違法である事を自ら認めている以上は訴えられ、有罪判決が出るのも時間の問題でしょう。

 それにも関わらず犯罪者を国家の代表として抱こうと思える国民性…危なすぎませんかね?

 更に鳩山は自らがこれまでやってきた国政妨害工作の数々を棚に上げて、国政が滞らないように政権移行に協力しろとか政府に要求しているんですから、恥知らずここに極まれりって感じです。

 まぁ、記事最後にもあるように早速社民党と醜い内輪揉めを始めたようで、海外派遣されている自衛隊の即時撤退や北朝鮮の船舶検査反対など、相変わらず愚劣な事しか言えない社民に政権発足前から足を引っ張られているようです。

 自党内の左派にも阿らないとならないし、連立予定の社民とも…まさに呉越同舟。

 烏合の衆ならではの醜さが早くも露呈していますね。

 ま、政権取ったらとか言いながら未だに財源を明かさないデタラメ政党が、公約を全て実行できると信じる衆愚が5割以上いるってんですから、こういう愚かな展開にもなりますよねぇ?

 YOMIURI ONLINE『民主圧勝「よかった」68%…読売調査1』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/
20090902-OYT1T00048.htm

 YOMIURI ONLINE『「故人献金、納得できぬ」73%…読売調査3』
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/
20090902-OYT1T00059.htm
09月02日(水)

問題は実行力 

31日付けの時事ドットコムの記事から

最大の「空母型」護衛艦配備方針=ヘリ14機、洋上給油も-防衛省
 防衛省は31日、海上自衛隊に最大規模のヘリコプター搭載護衛艦(基準排水量19500トン)1隻を配備する方針を決め、2010年度予算の概算要求に1166億円を盛り込んだ。艦首から艦尾まで甲板がつながる「空母型」で、ヘリ5機の同時発着艦のほか、他艦への洋上給油が可能。

 同じタイプの「ひゅうが」(13950トン)から機能は大幅にアップするが、予算を見直すとしている民主党政権の下、無事「船出」できるかは不透明だ。

 新たな護衛艦は全長248メートルで、哨戒ヘリ3機が同時発着できるひゅうがより51メートル長い。甲板と格納庫でヘリ14機を搭載する。

 輸送力も増強し、陸上自衛隊のトラック約50台、人員約4000人を運ぶことができる。

 護衛艦「しらね」(5200トン)の後継だが、洋上給油もでき、周辺海域での継続的な警戒監視、海外派遣や大規模災害時の物資、邦人輸送など、さまざまな場面で中枢艦の役割を果たすという。 

 新型艦導入について、海上幕僚監部は中国海軍の近代化も背景にあるとし、「(中国は)巡航ミサイルなど艦艇からの攻撃力を向上させており、ヘリによる監視の強化が必要」(幹部)と強調する。

 一方、戦闘機などの発着艦について、同省は「その考えはない」としている。
(2009/08/31-15:15)

 凄いですねぇ…8月21日に「ひゅうが」型護衛艦の2番艦である「いせ」が進水したばかりだと言うのにその10日後には一回り以上スケールアップした新型艦の予算請求に入るとは。

 基準排水量で5550tの増加ですから、護衛艦で行けば代替となる「しらね」型(5200t)丸一隻分以上、旧海軍艦艇ならば軽巡「川内」型(5195t)か「香取」型(5890t)丸一隻分も排水量が増加するわけです。

 当然ながらヘリの搭載能力だって跳ね上がりますし、輸送能力だって上がるでしょう。

 ただ、トラック約50台、人員約4000人という記述が気になりますね。

 この新型護衛艦、最もサイズの近しい艦艇で考えると、日本なら「翔鶴」型航空母艦(基準排水量が25675tと大分上回ってしまうが、全長は257.5mと最も近い)ですが、日本に固執しなければもっと近しいものとして米海軍の「ヨークタウン」型航空母艦があります。

 ヨークタウン型は基準排水量19875t、全長251.38m、乗員2175名、搭載機数90~100機という当時の米海軍の主力空母であり、珊瑚海海戦やミッドウェー海戦、第二次ソロモン海海戦、南太平洋海戦と前半の主要な空母同士の戦闘に参加し、3隻中ネームシップのヨークタウンとホーネットが沈没し、エンタープライズも被弾を繰り返すという激戦を日本海軍と繰り広げました。

 まぁ、何十年も昔の艦艇とでは一概に比較できるものではありませんが、このヨークタウン型の人員と搭載能力を元に考えて見ましょう。

 まず人員ですが、「ひゅうが」型で350名程ですので、新型は恐らく行っても500名程でしょう。

 つまり、ヨークタウン型よりこの時点で1700名程の差が出ます

 次に搭載機はSH-60Jで考えるならば全備重量は約10tですので、最大で14機だから140tとなります。

 ヨークタウン型の場合、南太平洋海戦でエンタープライズがグラマンF4Fワイルドキャットを36機、ダグラスSBDドーントレスを36機、グラマンTBFアベンジャーを15機の計87機搭載していたという記録がありますので、これで考えましょう。

 F4Fが全備重量3359kg、SBDが全備重量3780kg、TBFが全備重量6200kgですので、それぞれ120924kg、136080kg、93000kgで合計350004kg、つまりは約350tとなります。

 結果、航空機搭載能力では約210tの差が出ます

 新型の航空燃料や弾薬などの搭載能力は不明ですが、幾らなんでも最大100機程も運用する空母より多いと言う事は無いでしょう(ヨークタウン型の場合航空燃料を17800ガロン、約70t弱を積み込め、6回に渡る全力出撃が可能だった)から、そちらでも余裕はあるでしょう。

 陸自の大型トラックが約8tなので50台で400t、人員が仮に荷物なども入れて一人100kgで考えれば4000人で400t、合計800tです。

 人員の差分を同じ計算で170tとすると航空機搭載能力と併せて約380tの余剰能力が新型にはある事になり、トラックか人員かのどちらかならば収容可能ですが、双方同時に積むには全然足りません。

 ただ、エンタープライズの航空機搭載能力は戦場での運用値で余裕がありますし、新型にしてもヘリ及びその装備や燃料、関連人員を搭載しなければその分の余裕も生まれるので、輸送だけを考えるならばかなり一杯一杯数字の気がしますが、不可能ではないんじゃないでしょうか?

 むしろその場合はそれだけの車両と人員を何処に収容するのかって方が問題になりそうですが…

 やるとしたらトラックは飛行甲板に、人員は大半が格納甲板にとなって、それこそ戦時の陸軍の兵員輸送船ばりの悪環境となりそうな感じですね。

 まぁ、そんな計算以前に民主党が政権を取っちゃいましたので、予算が下りず、建造できないって可能性が十二分にあると思いますけど。

 海外の主要新聞社からも民主党の財源不透明ぶりを痛烈に批判されており、帳尻あわせに本当に5000億円の防衛予算削減とかバカな真似をやりそうですからねぇ。

 いやはや、海外の人間でも簡単に分かる無能ぶりが、やってみなければ、やらせて見なければわからないと自分で考えようともせず平然とのたまう日本人って、ホントにもうダメなのかも知れませんね。
09月01日(火)

歴史を塗りつぶす事でしか己を保てない悲しい習性の民族 

31日付けの朝鮮日報の記事から

【社説】チャン・ジヨンをめぐる「親日派」騒動
2009/08/31 11:23:17
 1905年に第2次韓日協約が締結されるや、皇城新聞主筆のチャン・ジヨンは「是日也放声大コク」と題する社説で、「あの犬や豚にも劣るわが国の大臣たちは、わが身の栄達と利益ばかりを願い、威嚇にはぶるぶる震え、国を売り渡す盗賊となった」「ああ悔しい、二千万の同胞よ、死のうか、生きようか」と書き記した。

 それからおよそ100年後、張志淵の名前は、彼自身が「犬や豚にも劣る」とののしった李完用(イ・ワンヨン)やソン・ビョンジュンら売国奴と並ぶ「親日反民族行為者」に挙げられた。2005年に発足した大統領直属の親日反民族行為真相究明委員会は、チャン・ジヨンが1914-18年に書いた幾つかの文章を「親日傾向」とみなし、今年1月に同氏を親日行為の調査対象者に選定した。これに先立ち、慶尚南道民主言論市民連合はチャン・ジヨンの墓を慶尚南道の文化財から取り除くよう要求し、馬山市は市内にあった「チャン・ジヨン路」という通りの名前を改名した。一方2004年、国家報勲処は張志淵を「今月の独立運動家」に選定した。ある時は民族言論の精神のようにあおり立て、またある時は「反民族行為者」としてどん底に突き落とすという、矛盾と混乱が続いた。

 親日反民族行為真相究明委は今年6月22日付で、ウィアム・チャン・ジヨン先生記念事業会(ウィアムはチャン・ジヨンの号)あてに、「幾つかの状況から、(チャン・ジヨンに対し)日帝強占下反民族行為真相究明に関する特別法を厳格に適用するにはやや不十分で、選定を取り消した」との通知文を送ったという。今では地の底で骨となり土となった張志淵は、かつて命をかけて守り取り戻そうとした祖国で自分をめぐりこんな騒動が起きているのを見て、どんな思いを抱くことだろうか。

 あの時代は、日本帝国主義がわが国を軍靴と銃剣、拷問と懲役で踏みにじり、2000万人もの韓国国民の首を締め上げていた。そんな時代に生活を営んでいた人々の一生を、100年もの歳月が流れた後に今の基準で裁断するというのは、かくも危険で、より一層慎重であるべきことだ。歴史上の人物に対する評価は、その人物の部分的な行跡に引きずられるのではなく、生涯すべてにわたってその人物が行った言動を総合し、公平に観察した上で行わなければならない。

 チャン・ジヨンの場合、1910年代の日帝統治下で親日傾向のある文章を書いたとされる一方で、20年代には武装独立運動に参加している。解釈によっては親日の素地があるともいえる数本の文章を取り上げ、例の社説の執筆や独立運動参加といったほかの功績には目をつぶったまま、李完用に比肩する「親日反民族行為者」のらく印を押すというのは、公平に歴史を見る姿勢ではない。

 民間団体の「民族問題研究所」は、チャン・ジヨンや「愛国歌(韓国の国歌)」を作曲した安益泰(アン・イクテ)など4430人を収録した『親日人名辞典』の出版を年内に強行するという。政権や権力が歴史上の人物に対する評価に介入し、大韓民国の歴史を屈折した視点から見る特定の理念傾向にある学者や市民団体が徒党を組み、自分たちの色で歴史を塗りつぶす、ということをいつまで繰り返すのか、考えてみるべきだ。

 本当にこの民族は見栄や誇張が大好きですよねぇ?

 100年前の人間でさえこうも荒唐無稽なウソを平然と垂れ流し、子孫がそのウソを丸呑みして更に裾野を広げるんですから、そりゃまともな判断力なんて何十世紀経っても身につくわけがありません。

 「ああ悔しい、二千万の同胞」「日本帝国主義がわが国を軍靴と銃剣、拷問と懲役で踏みにじり、2000万人もの韓国国民の首を締め上げていた」とか、社説で掲載出来る蒙昧さにはホトホト嫌気が差しますね。

 先月28日のエントリ『隣人は気を違えた異常者』で記したように、朝鮮人は1905年どころか1910年の段階ですら1300万人しかいません

 貧民窟をそのまま国家にしたような半島の悲惨な状況は、半島を訪れた外国人の手記や現存する写真が示す通りであり、半島で朝鮮人が2000万人に達するのは昭和7年、西暦にして1932年と日本が散々投資をして近代国家へと変えた遥か後の時代です。

 むしろ増加の割合から考えれば1905年の時点で朝鮮人は恐らく精々が1000~1100万人程度、最大でも1200万人弱だったのでは無かろうかと。

 まさか朝鮮日報は併合までの5年間で日本によって朝鮮人が700万人も殺害され、併合された途端にそれが止んで逆に産めよ増やせよとなったとでも言うんでしょうかねぇ?

 それに半島の場合、軍人とか警官には朝鮮人が少なからずいたって事を知らないんでしょうか?

 というよりどちらも朝鮮人には大人気の職種で、上記エントリで軍への志願者が多数に上り倍率が50倍にもなったと書きましたが、警察もまた似たような状況で、巡査への募集が1920年代中盤以後10倍以上になったと韓国の連合ニュースが今年の5月に報じています

 要するに軍靴と銃剣、拷問と懲役で踏みにじったと言うのなら、それをやったのは他ならぬ自らの同胞という事です。

 ま、そもそもそんな圧迫された状況下で人口が爆発的に増加しているわけがないだろうって話も上記のエントリでしましたし、彼らの陳腐な話を真に受けていては何れ同じ様に精神を病んでしまうでしょう。

 因みに、日本の統治下に入った事で朝鮮では女性に労働権や戸主相続権などが認められたり、再婚を認めないという因習が廃止されたり、女性を拉致したり売春婦として働かせる朝鮮人から守ったりと女性の権利向上、及び安全の保障の為に警察は頑張っていました。

 無論、法を犯した人間には懲役が科せられるのは何時の時代だって当たり前ですし、当時の時代背景を考えればテロリストや共産主義者に拷問などが行われてもいたでしょう。

 しかし、それこそ「今の基準で裁断するというのは、かくも危険で、より一層慎重であるべきこと」というものです。

 当時はそれが当たり前の時代であり、日本人であっても特高に容疑者として捕まれば拷問を受けるのは当然の事だった(特高に捕まったらどうなるのか知っている人間なら捕まるより自殺を選ぶ、なんて話を『ジパング』でやってましたね)のですから。

 「大韓民国の歴史を屈折した視点から見る特定の理念傾向にある学者や市民団体が徒党を組み、自分たちの色で歴史を塗りつぶす、ということをいつまで繰り返すのか、考えてみるべきだ」と言いつつも、上記のように朝鮮日報自身が歴史を自らの色で都合よく塗り替える真似を何時までも繰り返しているのですから、もはやこれは朝鮮人の悲しい習性ですよ。

 連合ニュース『日帝時代、朝鮮総督府は羨望の職場(?)』(ハングルです)
 http://www.yonhapnews.co.kr/culture/2009/
05/14/0906000000AKR20090514142000005.HTML
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果