徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月08日(日)

鬼畜生の所業 

7日付けのasahi.comの記事から

盧溝橋事件70年―もう一歩、踏み出す勇気を
2007年07月07日(土曜日)付
 ちょうど70年前の1937年7月7日、北京郊外の川にかかる橋の近くで発砲事件が起きた。盧溝橋事件である。この争いをきっかけに日中戦争は拡大の一途をたどり、太平洋戦争を経て、日本は敗戦を迎える。

 いまも盧溝橋は健在だ。建造されたのは12世紀と言われる。当時のものがどこまで残っているのかは分からないが、重厚な石造りや欄干に並ぶ獅子像は長い歴史を思わせる。

 そのほとりの村に、抗日戦争記念館がある。事件をはじめ日中戦争の歴史についての展示が並んでいる。先生に連れられた子どもたちや人民解放軍の兵士たちが学習に訪れる。時折、日本からの観光客も足を延ばす。

■日中戦争の「起点」

 「七七事変」。盧溝橋事件を中国ではこう呼ぶ。満州事変が起きた9月18日と並んで、7月7日は民族屈辱の日として記憶されている。その後、45年まで続く悲惨な日中戦争の起点との認識だ。

 いま多くの日本人が戦争を振り返る時、思い浮かべるのは真珠湾攻撃の12月8日であり、敗戦の8月15日だろう。中国人にとって今日という日は、それに匹敵する記憶を呼び起こす。七夕を祝う日本とは大違いだ。

 その日に、私たちがこの社説を掲げるのは、この1年が日中両国にとって特別の意味を持つと考えたからだ。

 盧溝橋事件から70年、そして12月の南京大虐殺からも70年。中国や米国で最近、南京大虐殺などの映画がいくつも作られている。米議会では、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる決議案が本会議でも可決されようとしている。好むと好まざるとにかかわらず、今年は歴史と向き合わざるを得ない年なのだ。

■記憶にずれがある

 少し、歴史をおさらいしておこう。

 日本の中国侵略は、盧溝橋事件の6年前、1931年の満州事変が一つの起点だった。翌年、満州国が建国され、それらが原因となって国際連盟からの脱退につながる。日本は国際的な孤立への道を突き進む。

 戦争が本格化したのは、盧溝橋事件の後からだった。日本軍は戦闘を中国各地に拡大していった。さらに日独伊三国同盟を結び、インドシナ半島を南下するなどして、英米などとの対立は極まった。その結果、太平洋戦争に突入し、最後の破局に至る。

 日中戦争の歴史は、そのまま中国の近代史に重なる。国家存亡の危機であったのだから当然のことなのだが、一方、日本にとっては米国との戦争、とりわけ広島と長崎への原爆投下といった被害の方が深く記憶に刻まれがちだ。

 この記憶のずれが、友好をうたいつつも、ぎくしゃくしてきた日中関係の根底に影響しているのは間違いない。

 抗日戦勝利と言っても、被害の大きさは日本とくらべものにならないし、中国が日本を屈服させたわけでもない。戦後、賠償を放棄して「ゆるした」のに、日本はその重みを受け止めていないのではないか。中国は軽んじられている。そんな屈辱感も重なっているのを見逃してはならないだろう。

 反日デモの嵐が吹き荒れた一昨年春。デモ参加者の怒りには、さまざまな要因が絡まっていたことだろう。その一つに、江沢民時代に強化された「愛国教育」の影響があると言われた。

 揺らぎだした共産党支配の正統性を立て直すために、抗日戦争を学習させ、結果として日本への怒りを再生産することになった、という見方だ。

 その面があるのは確かだろう。中国の歴史研究にしても、政治権力から独立して自由に行われているとは言い難い。しかし、だからといって、日本による侵略を自らの近代史の中心テーマと受け止め、記憶し、世代を超えてそれを受け継ごうという中国人の心情を批判することはできない。

 いまの中国では、知日派の人々でさえ、戦争の歴史の話になると表情を変えることが少なくない。民族感情の渦が代々受け継がれていることを、私たちは意識しておかねばならない。

■首相の南京訪問を

 残念な世論調査結果がある。米国のピュー・リサーチセンターの今春の調査によると、中国を「かなり嫌い」「どちらかと言えば嫌い」とする人が日本では67%にのぼった。調査の対象となった47カ国・地域で最も高かった。同じように中国人にも日本を嫌う傾向が強い。

 今年は、日本と中国が国交を正常化して35周年にもあたる。盧溝橋事件からの70年間の半分は、関係正常化の年月でもあったのだ。それなのに、こんな数字が出てしまうことを私たちは深刻に受け止めなければなるまい。

 政治の役割は大きい。安倍首相になって、両国関係が修復の方向に動き出したのは歓迎すべき動きだが、もう一歩、勇気を持って踏み出せないものか。

 例えば、南京大虐殺をめぐる論争を建設的な方向へ押し出す。犠牲者数について中国は30万人と主張するが、いくら何でも多すぎないか。一方、あれは虚構だと言われれば、中国側が反発するのは当然だ。両国の歴史共同研究で冷静に検討が進むことを期待したい。

 そうした中で、日本の首相が南京を訪れてはどうだろう。小泉前首相や村山元首相は在職中、盧溝橋の抗日戦争記念館を訪れた。論争は専門家に任せ、現地を訪ねて慰霊する。中国の人びとからも、国際社会からも歓迎されるはずだ。

 この年を、感情と怒りがぶつかり合う年にしてはならない。

 中国から日本に伝わった四文字熟語の中でも特に私の好きなものに、『温故知新』という言葉があります。

 古きを温め、新しきを知るというこの言葉は、過去を忘れずにそれを糧として新しいことを知っていく、学んでいく或いは関係を築いていくというような意味ですが、当の中国やそれに媚び諂う連中がこの言葉を忘我し、過去を捻じ曲げつつ何時までもそこにへばり付く事でしか今を生きられぬ浅ましく愚かしい姿を見ると、これがかつての聡明な先史文明国家の成れの果てかと哀惜の念を抱かずにはおられませんね…

 7月7日の盧溝橋事件が民族屈辱の日なんて、よくもまぁと思いますよ。

 そもそもこの盧溝橋事件とは、盧溝橋において演習中の日本軍兵士に行方不明者が発生し、その捜索をしている途上で共産党の劉少奇指揮下の抗日救国学生隊が発砲したことが発端、つまりは中共自身が日本軍と国民党軍の戦闘を引き起こそうと画策し、実行した事件です。

 後に共産党の最高指導者に上り詰めた毛沢東は国民党軍と日本が戦争を開始したお陰で今の地位を得られたと逆に謝辞を述べたほどであり、現在の中国にとって国家形成のもっとも大事なプロセスを助けた(正確には共産党によってそのように利用された)日本に対して屈辱などと言うのはお門違いも甚だしいという話です。

 それに、歴史をおさらいと言いながらも満州国建国まで遡りながら、その後、国際連盟脱退に僅かに触れただけで突如話が盧溝橋へと話が飛ぶのでは何の為のおさらいなのやら?

 インドシナ半島進駐は英米による日本への敵対と蒋介石の国民党支援を目的とした所謂援蒋ルート遮断が目的であり、それに反発した英米のルート変更という過程を経て更に三国同盟や日本に対する経済制裁という流れが続くのですがね…

 それに何より、そもそも何故6年もの空白を置いて突如日本が戦火を起こし、それを全土へ拡大していったのかがこの場合一番重要なのにそれを敢えて無視するのが如何にも売国の徒、朝日らしい手法です。

 都合の悪い事実は遮断し、それによって読者の意識を自分の論調に沿うよう誘導しようと悪意が漲っていますからね。

 では、朝日が隠す一番重要な空白部分とは何か?

 これが今回のエントリーのミソですが、長くなるのでまずは結論から述べますと、当時の日本は列強の中で唯一の話し合い第一主義であり、その結果頭に乗った中国人による虐殺や陵辱、暴行、略奪が散々に繰り返され、その後もエスカレートしこそすれ、収まることは無かったのです。

 例えば1927年3月に北伐中の蒋介石は抱えていた共産派による暴徒の排外暴動を各地で起こし、外国の権益や領事館、居留民を襲っては虐殺、暴行、略奪の限りを尽くし、激怒した英・米・仏の軍艦が城内に向けて砲撃を行いました。

 しかし、その中で同じく襲われていた日本は政府の命令で動かず、日清汽船のハルクが破壊され、駆逐艦も砲撃され、水兵は武装解除された後に暴行を受け、居留民もまさに阿鼻驚嘆たる目に遭わされたのです。

 2007年7月1日に文庫化された『「南京事件」の総括』(小学館発行 田中正明著)より、それに直面した佐々木到一氏の記録を引用して見ましょう。

 「領事(森岡正平)が神経痛のため、病臥中をかばう夫人を良人(おっと)の前で裸体にし、薪炭車に連行して二十七人が輪姦したとか、三十数名の婦女は少女にいたるまで陵辱され、現にわが駆逐艦に収容されて治療を受けた者が十数名もいる。根元少佐が臀部を銃剣で突かれ、官邸の二階から庭上に飛び降りた。警察署長は射撃されて瀕死の重傷を負った。抵抗を禁ぜられた水兵が切歯扼腕してこの参上に目を被うていなければならなかった」

 常に護衛のいるはずの警察署長が襲われ、領事の夫人や左官が官邸で襲われても日本は一切反撃をしない、一部の野党や左翼団体が掲げる平和主義、無抵抗主義を実践した結果の惨状がこれでもかと言うほどに見受けられますね。

 これはあくまで満州成立前の話ですが、それ以前にも尼港事件、済南事件などの中国人による非道かつ残虐な不法行為があり、満州建国後も中山水兵射殺事件や仙頭事件、萱生事件、長沙事件、成都事件、北海事件と虐殺事件は相次いでおり、そこに加えて日本軍に対する中国側の様々なテロが起きます。

 農民や町民と思っていたら突然背後から銃や剣、中には機関銃や手榴弾まで持って襲ってくる事件があちこちで続発し、しかもその中には老人や女性、それどころか子供さえもが当たり前にいるのです。

 こういった過去全てを無かったことにし、自分達が一方的な被害者面をして「ゆるした」と言いながら賠償金代わりだと毎年莫大なODAを受け取って当たり前という顔をする連中を誰がどうして好きになどなれるというのか?

 まして南京など、未だ白髪三千丈の言葉そのままに誇大化する中国の妄想の何よりの産物であり、被害者数を記した記念館の板はこのままなら恐らくあと数年、拡張終了と同時に40万人と摩り替わるのではなかろうかという有様で、そんなものに日本国の首相が訪れてどうしろというのか?

 明白な嘘と分かっている百人斬りのパネルを前に故人を罵倒したり、どこから持ち出した誰の骨かも分からぬものに「御免なさい」と誤れと言うのだろうか?

 以前週刊新潮の記事についてエントリーを上げた際に朝日が大量に南京に人員を配置していたと言う話をしましたが、南京の総面積は僅か40平方km(因みに前回比較にした世田谷は54.81km)足らずであり、そこに80人と言うことは平均500平方kmに一人というとても小さな割り当てとなるわけで、まさに「電信柱が1~2本倒れても気付く取材制度」であり、例え小規模だろうが組織だった虐殺や陵辱、略奪などが起きていながら誰も気付かないなんてことは有り得ないわけです。

 誰よりも真実に近い場所にいながら、それ明らかにする役目を他人に押し付けて自らは頬被りし、一方で首相に訪れて事実認定をしろと言うとは、まさに中共にも負けず劣らぬ鬼畜生の所業ですよ。

 「人としての良心が僅かなカケラでも残っているなら今直ぐ廃刊し、腹を切って詫びて見せろ!」といってやりたい気分ですよ、まったく…
スポンサーサイト
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果