徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
11月21日(火)

暴走婆と蝙蝠男 

17日付けの産経ニュースの記事から

山尾志桜里氏&倉持麟太郎氏「改憲論」に左派陣営が猛批判なワケ
2017.11.20 10:58
 週刊文春に「禁断愛」のお相手と報じられた倉持麟太郎弁護士(34)を政策顧問に起用するという、常識では考えにくい行動が物議を醸している山尾志桜里衆院議員(43)だが、肝心の政策面でも炎上状態だ。倉持氏とのコンビで憲法改正を急ぐ姿勢を打ち出したことで、味方のはずの左派やリベラル勢力から猛批判されているのだ。(夕刊フジ)

 山尾氏は9日付の神奈川新聞の「山尾志桜里氏が語る(下)」の中で、改憲論議について《やはり本丸は「9条」》《仮に自衛隊を書き込むのであれば、きちっと歯止めとなる条文が必要となる》などと指摘。《与党に先行し、論点を網羅する形で示すことが重要になってくる》《勝負は年内だと思っている》との見解を示した。安倍政権を批判しつつも、改憲論議でリードすることに意欲を示す内容だ。

 憲法問題は子育て支援と並ぶ山尾氏の得意分野で、倉持氏を政策顧問に起用する理由についても「首相案をはねのけるためには、今後も倉持氏からサポートを受ける必要があると判断した」と同紙に述べている。

 「山尾さんは間違っている」と批判するのは、日本共産党の愛知県委員会の幹部だ。今回の衆院選で、山尾氏が無所属で戦った愛知7区で、共産党は独自候補の擁立を見送り、自主投票とした。これが事実上の山尾氏支援となり、辛勝につながった。

 前出の幹部は「倉持さんを政策顧問にすることについては、私たちがとがめるようなことではないが…」とあきれるだけだったが、改憲論には危機感をあらわにする。

 「われわれは改憲そのものに反対だし、(山尾氏を応援した)市民連合愛知も安倍政権下での改憲には反対の立場を示している。安倍政権を押さえ込むための考えなのかもしれないが、議論に乗れば改憲を許すことになりかねない」

 山尾氏は当選後、立憲民主党の衆院会派に参加し、憲法審査会の委員に就いた。

 愛知県弁護士会の川口創弁護士はツイッターで、山尾氏と倉持氏が作った改憲試案は「とても評判が悪いものでした。もう動かないでほしい」と指摘したうえで、「一議員とその法律顧問の個人的見解で憲法審査会に臨まれるなど、到底許されることではないと思います」と立憲民主党の姿勢をただしている。

 ツイッターでは「安倍改憲につきあってる」「こんなこと選挙中ひとことも言ってなかった」など、主に左派やリベラル系のユーザーも批判の声が多い。

 立憲民主党の公式マスコットキャラクター「立憲民主くん」が山尾氏の記事を紹介したツイートについても、好意的なコメントに交じって「9条改正試案については危険だと思います」「公明党すら9条改正に乗り気でないのになぜ?勝算あるの?」などの懸念も寄せられた。

 身辺の問題以外にも十分な説明が求められそうだ。

 たまに、この下卑た婆が頭はいいなんて何をトチ狂ったのと言いたくなる言説があるんですけど、基本他人の受け売りとその場の勢いで喚いているだけなので、知性なんてそれこそ欠片も無いのが実態なんですよね。

 例えば、言動の一貫性とか整合性が、頭が悪過ぎて、この婆には一切取れない。

 甘利への罵倒が跳ね返ってきたガソリンプリカ問題で、甘利に対して行っていた主張、報告書の中身を確認した上で判を押しているだの、秘書の責任は政治家の責任だのと言っていたのに自分はソレを全てひっくり返し、秘書がやった事で自分は知らなかっただのとほざいて責任を一切取らず、弁済したから刑事には問わないだの、言っていることが出鱈目三昧であった上、当該の秘書が辞めた数年後でも同じく高額のガソリンプリカの購入が続いている事については知らぬぞんぜぬを通しており、整合性が微塵もない

 不倫騒動にしても自民の議員に対しては罵声を吐いていたくせに、自分のダブル不倫になった途端、ダブルベッドしかない部屋で朝まで政策論争していましただの、週の半分以上を泊まりがけで会うために5歳の子供を放り出しておきながら、プライベートに口を挟むなと恫喝紛いの主張ですからね…

 また、この憲法問題にしても改憲論議でリードするって理屈、相手の土俵に乗ったフリをして延々議論だと時間稼ぎの遅滞戦術で行くしか、改憲阻止方法は無いって言ってる小林の主張そのまんまなんですよね。

 何より後援組織のトップが話を聞かないと匙を投げて辞任するようなロクデナシですし、これまでの問題行動からも分るように法理も道理も弁えぬ下賎の徒ですから、協力関係にある共産党を裏切ることに対しても恐らく何ら悪びれていないんじゃないでしょうか?

 まぁ、肝心の改憲試案とやらがどんなものであったのかは分りませんが、元々パヨク系野党って民珍だろうが共産だろうが社民だろうが憲法の改正そのものに反対し、議論すら封殺する言論弾圧を対抗手段に掲げていますので、この愚劣な婆の行動は内容がどうであるかに関わらず、迷惑千万な独断専行でしか無いのは確かでしょう。

 まるで自殺拳銃の如き暴発っぷりで味方に被害ばかり齎すこの間抜けですが、どちらかというと最近はこのノータリンを総理になんて喚いている小林よしのりって老害の方が反応は面白いんですよね。

 最近トチ狂いっぷりに磨きが益々掛かる小林は、先の選挙では共産党も保守だと喚きながら、共産党を絶賛し、投票しろと国民に愚かな要求をしていました。

 それだけに、今回の共産党らの反応に対し、どう対応するのかが見物です。

 もっとも、毎度の如く条件反射で激怒しての反発から、態度を一片させての罵りという展開の気がしますけど。

 西部との時とか、基本的に小林って自分の意見に同意してもらえないと敵扱いして叩くという、自らがかつて批判していた田中真紀子そのままなスタイルですからね。

 手の平がロボットの如くクルクル回る節操無しなだけでなく、癇癪持ちの我慢知らずだけに、今頃顔を真っ赤にしているんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト
11月18日(土)

極々僅かな公共性とオークションを拒否して電波の独占継続を求める公平性が自慢の民放連 

17日付けの産経ニュースの記事から

民放連会長は「電波オークション」に反対「公共性」「ライフラインとしての自負」
2017.11.17 19:09
 日本民間放送連盟(民放連)の井上弘会長は17日の定例会見で、政府の規制改革推進会議で議論が進められている、電波の周波数帯の利用権を競争入札にかける「電波オークション」導入について、「われわれは多かれ少なかれ公共性を担っており、金額の多寡で決まる制度には反対する」と批判した。

 その上で、「われわれへの批判はあると思うが、公平性を保ち、ライフラインとしてやってきた自負がある」とも語った。

 公的なモノである電波を利用するのに少ない公共性で何の意味があるのか丸っきり分りませんし、捏造・歪曲しか垂れ流さないデマゴーグの塊(TBS代表)が公平性を保っているだのライフラインとしてやってきただの、何を言っているんでしょうかね、この阿呆は。

 と言うか、民法の場合、最も公共性と公平性を保たねばならないニュース番組をバラエティにして知識ゼロの雛壇芸人がトンチキな回答をしたり、デマや捏造を垂れ流したり、著しくバランスを欠いた差別的報道や自分達の主義や思想に沿いさせすれば犯罪行為させ英雄的行動のように報じる等、何処にも公共性や公平性なんて存在しないと思うのですがねぇ?

 例えば今月6日。

 ウジと最近では呼ばれるテレビ局の番組で、藤本何たらという見るからに頭の足りないバカ芸人が来日したトランプ大統領に1,200円のハンバーガーを安倍総理が提供したことに対し、安易だの高くないだのと罵声を浴びせる事件がありました。

 当然ながらこれには批判が噴出。

 と言うのも、トランプは偏食な上にマックのハンバーガーが大好物で、専用機の機内食にまでソレと似た味のハンバーガーを求める程であり、一方和食が嫌いとも公言している事から事前に日米政府間でメニューの吟味がされた結果なのは丸分りなのに、事前知識を全く持たないまま馬鹿発言をしたわけです。

 何より他ならぬトランプ自身が「ベリーグッド!」と舌鼓を打って日本のもてなしに喜んでいたのに、事前勉強もせず全国放送で的外れなバッシングをした上、謝罪もマトモに出来ないわけですから、このバカ芸人、相当に頭がおかしいんじゃないのかと。

 まして、別の局とは言え、かつて総理が自民党の総裁選前に行った決起集会で3,500円のカツカレーを食べた際、その値段を高すぎると、庶民感覚がないだの罵っていたのがマスゴミだと言うのに、今度はハンバーガー1,200円が高くないから駄目だそうで、じゃあ幾らのならバッシングをお前らはしないんだって思いません?

 無論、故人献金等で判明しているだけでも数千万円の不正蓄財を行っていたルーピーが、毎晩その程度の額など鼻で笑える位の豪遊をし、年会費だけで100万円を軽く越えるスポーツクラブの会員だった事など、連中は批判しませんでした。

 散々、安倍・麻生はお坊ちゃんだ、庶民感覚なんて分らないと言い罵っていたのに、その両名を軽く越える文字通り億万長者のルーピーが総理になっても同様の批判をしないのが、阿呆の言う所の公平性の程度なんですよね。

 また、同局がウジと呼ばれるようになった韓流の悪質なゴリ押し騒動の際には大規模なデモが繰り返されたのに、行動としてあらわれた国民の意見すら無視し、挙句は同局を主要な活動の場とする芸人らが「嫌なら見るな」と、自分達が公共の電波を使わせてもらっている事すら理解できずに暴言を吐いた結果、同局はかつての三冠王の座から視聴率最低、副業で減収を補うという有様ですが、それでも改善をする気は微塵もないまま。

 そも、安価で永続的に電波を独占し、何処からも擁護の声が上がらない、お得意の(偏向した)世論調査もしない…これで公共性だの公平性だのとほざかれてもねぇ?

 まぁ、言った当人が朝日と双肩の捏造メディア、TBSの代表取締役である事を考えれば、言う所の公共性や公平性のレベルなどたかが知れたものですが。

 サンジャポ等で悪質な捏造・歪曲報道を散々繰り返し、モリカケ、モリカケと最近では壊れたラジカセのように繰り返し呪詛を呟くだけの局などに、むしろ何の存在価値があるのやら?
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果