徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
06月19日(火)

自分は一度として「隠蔽の罪深さ」なんて自覚などしたことが無いくせによくほざけるもので。 

18日付け朝日新聞デジタルの記事から

自殺調査メモ 隠蔽の罪深さ自覚せよ
2018年6月18日05時00分
 わが子が自ら命を絶った無念と疑問、真相を知りたいという遺族の思いに向き合うことが出発点なのに、調査メモを隠蔽(いんぺい)するとは言語道断だ。自殺した生徒の尊厳も傷つける背信行為である。

 再調査を徹底し、その結果を遺族に包み隠さず説明する。一連の取り組みを通じて、学校や行政への信頼を取り戻していかねばならない。

 2016年秋、神戸市の市立中学校に通う3年の女子生徒が自殺した問題で、神戸市が再調査に乗り出す。自殺直後に中学校の教員らが生徒6人と面談し、いじめをうかがわせる聞き取りのメモを作っていたのに、市教育委員会の担当者が主導してメモを隠していた。

 遺族がメモの開示を求めていたが、市教委の担当者は「情報開示は終わっており、今さら出せない」と隠蔽を指示し、当時の校長も従った。自殺を受けて設置された外部有識者による調査委員会は昨年夏の報告書で「メモは破棄された」としたが、後任の現校長がメモの存在を把握し、市教委に報告。今年春に隠蔽が発覚した。

 自殺直後の聞き取りメモは、中学校の複数の教員らが共有していたという。現校長からの指摘を受けた市教委の当時の教育長も、調査を指示しながら報告を求めず、事態を放置した。

 隠蔽について調べた弁護士は、市教委の担当者と当時の校長によってメモは存在しないことにされたと結論づけたが、学校ぐるみ、市教委ぐるみだったと言われても仕方がないのではないか。

 神戸市は、これまでの調査は不十分と判断し、市長部局で再調査を進める。昨年夏の報告書は、いじめがあったことを認定しつつ自殺の原因は特定しなかったが、改めていじめと自殺の因果関係を調べる。報告書の作成過程でメモの隠蔽が行われ、調査への信頼が損なわれただけに、当然の対応だろう。

 まず問われるのは、市が新たに置く調査委員会のあり方だ。委員の人選を通じて「第三者」の目を徹底し、多角的、専門的に情報を精査する。市議会も当時の教育長らの参考人招致を検討しており、連携しながら真相を解明してほしい。

 文科省のいじめ調査に関するガイドラインは、事実関係を明らかにしたいという保護者の切実な思いを理解し、対応することを基本姿勢に掲げている。

 丁寧に事実を積み上げ、事実に真摯(しんし)に向き合う。それが遺族の求めることであり、失った信頼を回復する道である。

 確かに言語道断の話であり、実行した当時の委員や校長らは名前入りの顔写真を晒して、自分達の罪を贖わせるべきだと思いますけど、それをお前が言うのは違うだろって話ですよね?

 隠蔽どころか、捏造と歪曲も日本では並ぶ者がいないほどのパイオニアであり、バレても恥とすら感じず、責任も取らないゴミクズ組織の朝日の分際で、何を居丈高に上から目線でほざいているんだっての。

 自分達なんて原発の吉田調書歪曲や慰安婦の捏造報道を何年、何十年と認めずにきたくせにねぇ?

 それどころか、その話題について記事にするな、本にして出版するなと出版社のみならず記者や作家個人にも訴訟をチラつかせて恫喝を繰り返し、必死に隠ぺい工作を繰り返してきたこと、自らデマを認めた今でさえ被害者へ謝ってすらいないのに、こんな居丈高な態度で他人を罵っているんですよ?

 秘密情報保護法が可決されれば情報が戦前みたいに黒く塗り潰されるぞとかって社説で国民に対して嘘で恫喝をする一方、週刊誌などの雑誌が都合の悪い記事を広告見出しに使う時は検閲して、自社名を黒く塗り潰すといったまさに戦時中の軍さながらの検閲を朝日自身は今もやりながらのたまう、隠蔽・捏造・歪曲当たり前のペテン師集団ですからね。

 しかも社会正義や道徳心なんて欠片も持たず、保身のために動くのが当たり前なので、悪事を犯した社員に対しても、ある程度の立場ならほとぼりが冷めるまで子会社に出向させて世間が忘れた頃に素知らぬ顔で復帰させる、なんてことも平然とやります。

 挙句に第三者委員会?

 お前らが散々首相をバカにする時使っていた、身内、お友達を第三者だと偽って招き、自分達に都合がいいだけの調査報告というただの弁護話を並べ立てた吉田調書と慰安婦記事の話かっての。

 人様にどうこう講釈垂れる前に、嘘で塗り固められたその醜悪な己の顔をどうにかしてから人前に出ろって思いませんか?
スポンサーサイト
06月17日(日)

不適切なのはお前達だろ 

15日付け産経ニュースの記事から

LGBTめぐる島根県議の発言は「不適切」 支援団体代表、謝罪求める
2018.6.15 18:39
 国に性同一性障害特例法の改正を求める陳情を島根県議会に提出した市民団体代表が15日、島根県庁で記者会見し、昨年9月の審議の場で男性県議が「女性の風呂に男性のものをぶら下げた人が入ったら混乱する」と発言したのは不適切だとして謝罪を求めた。

 会見したのは性的少数者(LGBT)を支援する市民団体「のりこえねっと紫の風」の上田地優(ちひろ)代表。性別適合手術を受けなくても性別変更を認める法改正を国に請願するよう陳情で求めた。

 昨年9月26日、建設環境委員会で審査した際、この県議は、男性として生まれたLGBTが、手術をせずに「女性の風呂に入り中でひげでもそったら、(周囲の女性は)びびると思う」と発言した。取材に対し「心と体の性が一致する人にも配慮しなきゃいけないという趣旨だ。意見を変える気も謝る気もない」と答えている。

 上田代表は「県議は笑いながら発言していた。発言のレベルはネット上の誹謗中傷と同じで、同席の県の人権問題関係者から発言に反応や擁護がないこともショックだった」と話した。審議後、陳情を取り下げた。

 上田代表は、LGBTのコントラバス奏者の公演ポスターに「おネエ系」という言葉が使われたのは「不快」だと指摘。9日開催予定だった公演は中止となり、会見はその経緯を説明するとして開かれた。

 価値観なんてものは時代とともに変遷していくものですけど、このLGBTってのは正直気持ち悪くて仕方ない。

 見た目云々も一般人の感覚からしてみればそうなんですけど、それ以上にこの自分達を特権階級だと錯誤してアレコレ配慮されて当たり前、特別扱いされて当たり前って威張り散らしている姿に、心底反吐が出ます

 妊娠や病気、障害や老いによる身体機能の低下への配慮とは全然方向性が異なる上、それ以上の特別待遇を毎回要求しているんですもの。

 例えばこの風呂の話。

 実際に一般女性の観点からみた場合、どう見ても身体上男性にしか見えない者が当たり前の顔をして脱衣場に現れ、そのまま浴場に入ってきたらどうなるでしょうか?

 普通は悲鳴が響き渡り、パニックが起きますよね?

 スマホで撮影したり、警察を呼ぶ人も出てくるでしょう。

 だって、女性からしてみたら変質者が入ってきたようにしか見えないのですから。

 逆にパターンだってそうです。

 男性の方に身体上女性にしか見えないのが入ってきたら、普通は大騒ぎになるか、それこそ皆近寄らないように遠巻きにして、とてもじゃないが、浴場を満喫なんてできない状態になります。

 じゃあ、予め番台の人なりがこの人はLGBTですと大声で皆にアナウンスをすれば済む話か?

 そんなことになれば、されたら当事者が差別だのなんだのと騒ぐのは確実ですし、されたからって身体特性上異性であることが明白なのに浴場へ入ってきて気にならないなんて人はそうそういませんし、特に女性ならそうでしょう。

 まっとうな頭をしていれば簡単にわかる話であり、性がどう以前に頭がイカレている異常者の傲慢な戯言なんぞ、一顧だの価値もありません。

 ましてや、こんなイカレきった主張をしているのはどこの馬鹿かと思えば、あの極左テロ組織「のりこえねっと」の関連団体だというのですから、正直納得しちゃいましたよ。

 何せこのゴミクズ集団、沖縄で犯罪活動に従事するのみならず、アイヌがどうの、ジェンダーがこうの、貧困が、鮮人が、戦争がと、片っ端から騒ぎまくるブサヨの集まりであり、テロの実行部隊であるしばき隊関連組織もその傘下に加わっている上、沖縄の関連の報道でわかるように半島のケダモノどももテロの実行犯として加わっており、幾度も逮捕者を出していますが、その自分たちの犯罪行為からは目を逸らして無いものとしながら、偽善を掲げて更に社会を混乱へ陥れる極めて危険な反社会勢力です。

 例えば上記の騒動を見てわかるように、自分達を特権者として認めろ、一般人は特権者様に配慮しろと主張するだけで、自分達は大多数の一般人へ譲歩、配慮を一切していませんよね?

 共生を謳いながら実際には強請と寄生をすることしか考えていない傲慢で下劣な連中故、どんなに表面を美辞麗句で覆い隠そうとしても醜悪な本性が駄々洩れになるわけです。

 実際、のりこえねっとの共同代表なんて性犯罪と差別大好きの上野千鶴子とか、前回の都知事選では変態バカ爺にパヨチン政党の支持を奪われて出馬できなかった上に変態を応援しないのが気に食わないと元仲間から罵声を浴びせられて内ゲバを起こしていた宇都宮健児とか、デマゴーグ発信機の雁屋哲、捏造大好きレイシストの佐高信、朝鮮テロリストの辛淑玉などなど、本来互いに罵倒し、詰りあう立場だろうってはずのお互い主義主張が全く相いれない連中が、平和だ友好だ平等だと、心にもないことを主張しているのですから、これほど滑稽なものは無いでしょう。

 例えば佐高信は放火による全焼事件の犯人を根拠もなく小泉純一郎だと捏造した話をばら撒き、コレクターの趣味を変態呼ばわりし、人をサルに見立てたり、がん患者を嘲笑う劇を行い、橋下への批判のためなら部落差別も当たり前にするなど、本来であれば反差別を掲げて加わっている大半の組織、共同代表らとは絶対に相いれない思想の活動家ですが、不思議なことにその参加を批判するどころか佐高の言動を問題視したことのある者すら、のりこえねっとには一人もいないんですよね。

 松岡徹なんて、部落解放同盟大阪府連合会特別執行委員という肩書なんですし、被差別部落解放運動をしていた元自治労中央本部執行委員の西田一美らなんて、本来佐高を蛇蝎のごとく嫌っていてもいい輩でしょうにねぇ?

 また、朝日新聞で男子中学生は熟女に性の相手をしてもらえと、性犯罪を斡旋していたり、コミュニケーションスキルのない男はマスターベーションしながら死ねなどと差別も大好きな暴言婆の上野千鶴子にしても、日弁連会長だった宇都宮健児とか、法律を守れだの差別をするなだのと主張していた連中からしてみれば、こんなレイシスト、絶対に加えちゃいけないはずでしょうに、実に不思議ですよねぇ?

 ま、とどのつまり、これが連中の掲げる正義…正しいことの正体であり、本性だってことです。
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果