徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月17日(火)

何処まで理解しているのか… 

16日付け時事ドットコムの記事から

自民・石破氏、避難に空き家活用を
2018/07/16 14:57
 自民党の石破茂元幹事長は16日、愛知県豊田市で講演し、西日本豪雨の被災者の避難先について、「いま全国に空き家がいっぱいある。全国にどんな空き家があってどう整備していくかだ」と述べ、空き家の活用を求めた。

 また、地元鳥取では豪雨で観光客のキャンセルが相次いでいるとして、「空いている旅館に速やかに入ってもらう態勢があちらこちらで共有されないといけない」と語った。

 基本的に空き家って民間人の所有物であり、勝手に自治体や国が使っていいものじゃないってことを理解しているのか、この記事の部分だけで見るとすっごい心配になりますよね。

 ましてやどんな空き家があるかって、基本的に固定資産税とかの問題からでないと登記の情報って役所でも勝手に調べられず、そのために各自治体がゴミ屋敷や崩落寸前の家なんかをどうにかしようと条例で対応策を講じていたと思うんですが…国がこの状況でどうやって空き家の詳細を知るつもりなんでしょう?

 賃貸として出ている空き家なら普通に不動産で賃貸契約が必要ですし、それ以外の空き家の場合、そもそも手入れをしていないで放置というケースも珍しくないため、住めないなんて状態が多々あると思うのですが??

 床や天井が腐ってないかや水道やガス、電気が使えるか(水道管やガス管、電線なども年単位で使っていなければどこかで損傷している可能性もある)、むしろそういう諸々を確認して居住可能なように修繕や法律上の手続きをしてとかって、仮設住宅に移り住むより遥かに手間も時間もかかると思うんですがね…

 もしそれを承知してそれでも尚やるとしても、個人所有の資産を税金で整備してやるのかって話になりますし、下手に政府が買い取るなんて形にすればその後入居する避難者との折衝も非常に煩雑になる上、出ていくことになればその後の管理はどうするのかって問題にもなります

 潰して公園にするなんて真似を国がするわけにもいきませんし、地方自治体に買わせるのは負担が大きすぎますし、かと言って空き家のまま保持し続けるのは管理の手間と金の無駄だから、いらなくなったので売りますとなった場合、まず間違いなく購入時よりかなり安い売却価格となって大損を税金で出すでしょうし。

 正直、空き家に手を出すことにデメリットは幾らでも思い浮かぶのですが、それを補って余りあるようなメリットが何も思い浮かばないんですがね。

 どうしても仮設住宅等ではダメというのなら、それこそ売り出し前のアパートやマンションそのものを購入でもした方がまだいいと思います。

 それこそ、避難者がいなくなったら普通の公営住宅にでもすればいいわけですし。

 記事ではどういう意図での発言なのかまでわかりませんけど、民珍系の馬鹿どもみたいに考えなしの突拍子もない意見をそのまま思ったから口に出した、なんてのでなければいいのですが…
スポンサーサイト
07月16日(月)

エクストリームでエキセントリックな言い掛かりをする極左集団 

12日付けLITERAの記事から

立川志らくと八代弁護士が「赤坂自民亭」をエクストリーム擁護!「宴会は悪くない」「自民党の人が飲むわけない」
2018.07.12
 西日本各地に甚大な被害をもたらし、現在も行方不明者多数、大勢の人が避難生活を強いられている西日本豪雨。安倍首相の初動の遅さはついに海外メディアからも批判があがったが、そんななか、昨日11日放送の『ひるおび!』(TBS)では、安倍首相が5日夜に例の宴会に参加したことに関し、安倍応援団コメンテーターの八代英輝弁護士らが徹底擁護する一幕があった。

 まず番組はVTRで「赤坂自民亭」に批判の声が集まっていることを紹介。周知の通り「赤坂自民亭」とは、十数万人に避難勧告が出されるなど警戒が高まっていた最中、自民党の中堅・若手議員らが開いた宴会のこと。この飲み会には安倍首相のほか、災害対応を指揮する立場の小野寺五典防衛相や西村康稔内閣官房副長官らが多数参加し、西村官房副長官に至っては安倍首相を囲む面々が赤ら顔でグラスを傾ける写真を嬉々としてTwitterにアップしていた。

 すでに5日14時の時点で、気象庁は「記録的な大雨となるおそれ」と大雨では異例の緊急会見を開き、17時台には「厳重な警戒」を呼びかけていた。にもかかわらず、安倍首相ら政権幹部は内輪の酒盛りで騒いでいたのだ。

 安倍首相は政府の初動対応の問題を一切認めていないが、誰がみても、政権幹部がなすべきことをやらずにいたのは明白。一部メディアは被災地の人々からも「赤坂自民亭」に対する批判の声があがっていることを伝えている。

 ところが、VTR開けの『ひるおび!』のスタジオでは、そうした政府の初動を批判するのではなく、逆に、エキセントリックな政権擁護トークが繰り広げられたのである。まず、立川志らくがこんなことを言い出した。
「ただ、酒を飲んだことを非難してもしょうがなくて、なぜ自民党の人が呑気に酒を飲むような状況になってしまったのか、もっとこういう被害になるっていうことは、あらかじめ、もっともっと推測できなかったのか、その問題を解明、究明しないと意味がないですよね。『なんだ!酒を飲んで!このやろう!』って感情だけで怒っててもね。もっと早くに、これだけの雨が降ったんだから、自民党の人たちだって国民の命を無視してこうやって飲むわけがないですから。そこらへんをちゃんと究明しないと。ただただけしからんって周りが怒っても」

 志らくの頭は大丈夫なのだろうか。繰り返すが、気象庁は昼には異例の記者会見を開き、18時までにたとえば京都では河川の増水などによる14万人に避難指示が出されていた。にもかかわらず、自民党の面々は宴会をひらいて、20時すぎには安倍首相もその輪の中にはいっていたのだ。志らくは「自民党の人たちだって国民の命を無視してこうやって飲むわけがない」と断定するが、事実として、安倍首相は「国民の命を無視して飲んでいた」のである。

 これだけでも呆れるが、さらに志らくはこう続けた。
「野党の人たちなんかも『国民を無視してる、冗談じゃない!』って言うけどいまそんなときじゃない。みんな一緒になって、与党も野党も一緒になって災害対策する、今後の復旧・復興を考えなきゃいけないのに、揚げ足をとっている場合ではないですね」

 クラクラしてくる。確認するが、今回、飲み会に参加していたのは、行政の長である安倍首相や自衛隊の陣頭指揮を担う防衛省トップである小野寺大臣ら政府幹部だ。そうした政府の災害対応の杜撰さを批判するのは当然だ。

 にもかかわらず、志らくは批判の声をまるで野党の党利党略かのように言って、「揚げ足をとっている場合か」と封じ込めようとする。どうかしているとしか思えないが、さらに志らくは「一番間抜けなのはこういう写真をあげる議員がいること」「こういうのを残しておいたらみんな怒るもん」などと愚痴をこぼす。いったい誰目線なのか。あんたは政権の危機管理でも担当しているのかと聞きたくなってくるではないか。(以下略)

 実際にはこの3倍ほどの分量があるのですが、タイトルの志らくに関する部分はここで終わり、あとは全然関係ないので以下略です。

 因みにこのイカレパヨク集団、外にも『赤坂自民亭めぐり立川志らくが自民擁護してないとインチキ反論! 桂春蝶は「政権批判は火事場泥棒」と安倍ポチ全開』というタイトルなどで繰り返し口汚く他人を罵っている上、記事が2つ掲載されると片方は必ず安倍が、安倍がと罵倒記事という粘着ストーカーっぷりで非常にキモチワルイ。

 ま、それもそのはずで、「本と雑誌のニュースサイト」を謳いながら連載しているのは室井佑月やら野間易通と言った詐欺師やテロリストといった極左が当たり前にやっている上に紹介しているのは同類のものだけなので、実態が極めてレイシズムに満ちたものだと想像できるでしょう。

 実際、文章を見てわかるようにこの時期、野党による酒盛りが同日にあったこと、そして7日の災害中に蓮舫が遊び惚けていた事は丸っきり気にも留めていないんですよね、毎度ながらパヨクって。

 「国民の命を無視して飲んでいた」と自民党は批判するけど、野党なら記しもしないで無問題って、ねぇ?

 東日本大震災の時の自民党のように、だったら野党が主導権を握って被災地の救援や支援を行えばって話ですけど、政府も自治体もまともに機能している上、野党が災害のために何をしているってのもなーんもない。

 また、民主党が政権詐取以降、コンクリートから人へなどと言ったり、公共事業費を大幅削減して保育士の給与に回せなどと、無思慮な公共事業軽視した繰り返した姿勢は、熊本や今回の決壊などで見てもわかるように大間違いだったにも関わらず、人命がどうだのと騒ぎ立てるパヨクでその振る舞いを問題視したことのある輩は存在しません。

 おまけに、「誰がみても、政権幹部がなすべきことをやらずにいたのは明白」と書きながら、そのなすべきこととやらが具体的に何なのかを一切書いていない卑劣っぷりも毎度のことです。

 「気象庁は昼には異例の記者会見を開き、18時までにたとえば京都では河川の増水などによる14万人に避難指示が出されていた。にもかかわらず、自民党の面々は宴会をひらいて、20時すぎには安倍首相もその輪の中にはいっていたのだ」

 だから安倍が悪い、酒盛りが悪いというのなら、具体的にやらずに、或いは参加せずに誰が何処で何をどうやっていればどう変わったのかを説明しろって話なんですけど、低能蒙昧のパヨチン達にそんな具体的な根拠などないため、そこを指摘できるのがいないんですよね。

 例えば、東日本大震災で原発事故発生時、ベントの問題があったのに、バ菅は遊覧飛行に出かけて指示が数時間単位で滞ったことで批判を受けましたが、そういう具体的な問題点がなーんにも示されていないんです。

 尚、内閣府による情報対策室の設置が7月6日13時58分ですが、その1時間以上前に内閣府情報先遣チームを広島や岡山、愛媛に派遣しています

 そして、広島県知事から消防庁長官に対し、緊急消防援助隊の応援要請が行われたのが6日の20時半でした。

 自衛隊に対しては京都府が6日1時10分に早くも災害派遣要請を行っていますが、これは堤防補強のための土嚢積みというものであったため、終了した7時5分に撤収要請を受けて撤収しているんですよね。

 他には高知、福岡から午前中に孤立者や行方不明者の救助要請が個別に行われています。

 また、地方自治体の災害対策本部設置も、愛知、広島、高知は5日中でしたが、それ以外は6日乃至7日になってからです。

 例えば最も被害の大きかった倉敷市がある岡山では6日の16時半であり、広島と岡山の次に死者の多かった愛媛は7日の7時になってからですが、これも遅いだのと批判するんでしょうかねぇ?

 ついでに言えば総理のお膝元である山口は死者3名、床上床下浸水合わせて800棟となっていますが、災害対策本部設置の記載は見当たりませんでしたが、これについては人命を謳う野党やパヨク連中はどう評しているんでしょうかねぇ?

 まぁ、それを言いだすと兵庫、佐賀も死者と住宅の倒壊や浸水といった被害が大きく出ているけど災害対策本部は設置されていないのですが。

 それぞれがそれぞれの状況に応じて行動をしていたのはこの流れを見てもわかる通りで、むしろ個々の状況も弁えずに総理大臣が現場や自治体を無視して十把一絡げにあーだこーだと間違ったリーダーシップを発揮するのはバ菅のように混乱を招き、自然災害を人災に拡大するだけです。

 それに自衛隊や警察、消防の投入が遅れたとか、支援物資が幾ら要望を出しても届かないとか、そういう具体的な不備があり、それが大臣クラスの落ち度によるものだとでもいうのなら兎も角、「政府の災害対応の杜撰さ」とやらの具体的なものを何も出さずに批判が当然とかほざかれても、それはただのいちゃもんだって話です。

 ましてバ菅なんぞ自民が東日本大震災の時に超党派での対応を拒否したとか罵っているくせに、今回の災害では与党に罵声を浴びせるだけで一切協力どころか具体的な救助・支援活動を行ってすらいないんですから、むしろこれこそ批判されて当然だろって話ですが、Twitterには気持ちの悪いマンセーをやっている異常者サヨクが沸いているだけなんです。

 おまけに「宴会は悪くない」「自民党の人が飲むわけない」だなんて、当人が言ってもいないことを記したり、言った内容を悪意的に改変して別の意味にするような真似をしながら、「頭は大丈夫なのだろうか」「呆れる」「どうかしているとしか思えない」とまぁ、繰り返し罵声を浴びせているんですから、全部お前らブサヨのことじゃねーかって思いますよね?

 結局、何処まで行っても中身のない低俗な連中だからこういうデマをばら撒いて他人を害することしか出来ないのでしょうけど、こんな連中が本やら雑誌と言った本来は知を広めるものを悪用するとか、本当に性質が悪いですよね。
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果