徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
12月09日(金)

凶悪犯罪組織、日本共産党の異常さが実に良く分かる 

8日付の産経ニュースから

長野・大町市も庁舎内の「赤旗」勧誘・配布・集金規制へ 市長が表明 共産市議のページ抜き取り配達問題受け
2016.12.8 15:43
 長野県大町市の共産党市議会議員が一部のページを意図的に抜き取った党機関紙「しんぶん赤旗」日曜版を同市本庁舎内の購読者約60人に配達した問題を受けて牛越徹市長は8日、市庁舎管理規定を見直し、市庁舎内での赤旗はじめ政党機関紙の勧誘、配布、集金行為を規制する方針を表明した。共産党議員による自治体庁舎内での赤旗の勧誘、配布、集金行為が全国で慣例化するなか、大町市は、平成26年にそれらを禁止した神奈川県鎌倉市の対応にならい、具体的な措置を決定する。

 (中略)質問に立った堀議員は「家でどんな新聞を読むかは個人の自由だが、市庁舎という職場で政党の新聞を購読することは(公務員の)政治的中立性に疑問を抱かせる」と強調。「新聞記事を1枚抜き取るという行為は知る権利への冒涜(ぼうとく)であり、民主主義の根幹を揺るがす大問題だ」と指摘した。

 大町市によると、共産党市議らが市職員に赤旗の購読を勧誘する状況は40年以上にわたり続いている。同党市議らは「係長以上は取ってもらう」などと言って、一部では強引な勧誘行為を続けていたという。ある市職員は「悪しき慣習と言わざるを得ないが、議員に頼まれると断りにくかったのだろう」と話した。

 平林氏は問題発覚後、市議会で「十分に反省している。申し訳ない」と謝罪した。一部議員からは、引責辞職を強く求める声が上がっているが、平林氏は応じない考えだ。市議会としての対応は、一任されている二條孝夫議長が今定例会中にも判断を下す見通し。

 平林議員は8日、産経新聞の取材に「議員を辞職する気はない。あなたたちには何も言うことはない」と述べた。共産党中央委員会広報部は「党は地方自治であり、地方のことは地方組織の責任で対応することになっている」とコメントした。

 共産党なんていう下劣な犯罪組織を野放しにしているから、こうやって問題ばかり起こすんですよ。

 というか、「取ってもらう」ってのはもはや強引な勧誘などではなく、市議という立場を使った脅迫・強要であり、犯罪組織のアジビラなんて便所紙にすら使えないただのゴミを何千円もの高額で、それも毎月購入させていたんですから、立派な犯罪行為でしょ?

 まして、今回の事件の首謀者は謝罪せねばならない行為をしていたにも関わらず、一切責任は取らないし、取材にも応じず国民や市民への説明もしないのに、共産党もまた一切責任を取らず、処罰もしないわけですから、まさに犯罪組織なればこその腐敗っぷり。

 こんなゴミ虫どもが国会で任命責任がどうだの、説明責任がこうだのと民進党のバカどもと連日馬鹿騒ぎを繰り返しているのですから、呆れ果てますよねぇ?

 それに情報統制だ、規制だのと秘密情報保護法にも散々罵声を浴びせていたというのに、自分達の所属議員が都合の悪い情報を意図的に遮断し、読者に不利益を与えてもその事への批判や罰が無いんですから、やっぱり上っ面だけの批判であり、むしろ自分達ならば他者に対してどのような卑劣な事も、悪辣な事もしてもよい特権階級だと錯誤しているのがよーくわかります。

 ま、そもそもそういう異常者でなければリンチ殺人や拷問殺人さえ当たり前にやってのける犯罪組織になんて、加入するわけがありませんか。

 元より結党当初から活動資金欲しさに美人局で一般市民から莫大な財産を脅し取ったり、銀行強盗を行ったりなんて真似を、市民の味方を僭称しながらやってきた連中ですから、都合の悪い情報を与えぬよう情報操作をして知る権利を奪い、売買契約として見ても不完全なものを同額で売ると言う詐欺行為をし、バレた後も虚偽の証言で罪を免れようと謀ってさえも、組織として何ら処罰する理由にならないというのですから…

 挙句、地方自治だから責任は無いとまで言ってのけている。

 これが普段、慰安婦騒動でケダモノの主張だけを一方的に入れて、立証されてもいない日本兵の悪事を理由に日本人が悪い、日本政府が悪い、だから謝罪しろ賠償しろと、何処までも拡大して国家や民族そのものの罪だとほざいている連中の言い分です。

 知る権利を奪ってもいい、詐欺を働いてもいい、脅迫・強要行為をしてもいい、責任は取らないし取らせもしない。

 これら連中の言動の何処がまっとうな国会政党だと言えるのでしょう?

 ホント、さっさと破防法適用して壊滅させろよ、こんな犯罪者の巣窟。
スポンサーサイト
12月08日(木)

毎日の偏向の酷さが如実に解る歪曲記事 

7日付の毎日jpの記事(Yahoo!版)から

質疑かみ合わず 志位氏「最悪の答弁態度だ」
2016年12月7日 21時38分(最終更新 12月8日 00時21分)
 ◇蓮舫代表「暴走」に安倍首相は「民進党内、ばらばら」

 7日の党首討論は、「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)を巡る自民党主導の国会運営を巡り批判の応酬となった。民進党の蓮舫代表は「(同法案に自主投票で臨んだ)公明党を捨て置いて暴走した」と批判し、安倍晋三首相は民進党内にカジノ法案の提案者がいるとして「ばらばら」と反論した。【樋口淳也】

 蓮舫氏は「カジノは負けた金が収益になる。新たな付加価値は全く生み出さず、国家の品格を欠く」と指摘し、「どこが成長産業なのか」と追及。首相は「議員立法なので法案の中身を説明する責任を負っていない」と答弁を避け、蓮舫氏の重ねての質問にも「IRへの投資があれば雇用につながる」と述べるにとどめた。

 一方で首相は民進党批判を繰り返した。同党の柿沢未途役員室長が旧維新の党時代に同法案の提案者に連なったと指摘し「蓮舫氏の側近だ。役員室の中でもばらばらなのか」と切り返した。また、蓮舫氏が、時間外労働の上限規制などを盛り込んだ民進党などの提出法案の審議を求めると、首相は「上限規制が一番大事だが、皆さんの法案では厚生労働省が省令で決める。丸投げだ」と反論した。

 今年度の税収見通しの1・9兆円下振れも追及された首相は、要因を「円高」と説明。「税収は皆さん(民主党政権)の時代より21兆円増えた。反省から始まらない限り皆さんへの支持は戻りませんよ」と挑発した。

 蓮舫氏は「首相の答えない力、逃げる力、ごまかす力は『神ってる』」と流行語を引用して首相を批判。過去に首相が「強行採決をしようと考えたことはない」と答弁した後に環太平洋パートナーシップ協定(TPP)承認案の採決が強行されたことを念頭に、蓮舫氏は「首相は『強行採決をしたことがない』と、息をするようにうそをつく。気持ちいいまでの忘れる力だ」と重ねたが、事前の準備をうかがわせる首相を追い込めなかった。

 共産党の志位和夫委員長は南スーダンに派遣された自衛隊と南スーダン政府軍が衝突する可能性を指摘したが、首相の経過説明が長く、質疑は2往復で終了。志位氏は討論後の記者会見で「最悪の答弁態度だ」と激しく批判した。

 噛み合ってないのはこの毎日の記事そのものですよねぇ、答弁云々以前に。

 何せこんなタイトルを付けておきながら、その志位に関する部分は記事の一番最後の段落だけ、全体で見れば文章の1割そこいらしか、割いておらず、内容の殆どは蓮舫のバカ発言擁護と総理の侮辱に当てているんですよ?

 ここまでタイトルと内容がチグハグな酷い記事も中々ないでしょうよ。

 で、せめて主として割いているペテンババア蓮舫と総理のやりとりはどうかと見れば、これまた実に酷い。

 毎日ですから反自民で偏った内容になるのはわかりきってはいますが、ここまで意味不明な内容ではねぇ?

 まずはカジノについて、総理はIR法案はカジノを含む統合型リゾート施設であり、ホテルや劇場、ショッピングモール、水族館、テーマパーク等で構成されており、カジノは敷地面積の3%であること、安倍政権が力を入れている外国人観光客の誘致にプラスとなること、それだけの大きな複合施設が造られて運用されるには投資と雇用面で大きなプラスとなること、問題については今後も議論していくことなどを語っていますが、この記事では反論が出来ないから逃げただけとしか読めない、悪意溢れる構成になっています。

 しかも、一方でと、蓮舫の側近が提案者の一人であることをその後に持ち出したかのようにこれまた順番を意図して入れ替えて悪印象を読者が持つよう操作していますが、実際には側近が内容を確認した上で提案者の一人となっているのに、やり方がおかしいからやめろというのはおかしい、そもそもやり方の部分は議員立法なのだから議会で議論するもので、閣法ではないのだから総理大臣が説明する責任を持っていないので、議会で専門家に質問をしてくれと、単に当たり前のことを述べているだけです。

 また、この際に蓮舫は「公明党の山口代表は夏、キューバのカジノ施設をご覧になられた後に言っています」と、ここでも大嘘を述べており、その後当の山口代表が、キューバでカジノ施設の視察はしていないと、否定をしています

 因みにまた順番を意図的に毎日は操作していますが、実際にはこの発言の直前に総理大臣に対して、「総理のその答えない力、逃げる力、ごまかす力、まさに神っています」と調子に乗って流行語大賞になった言葉を用いてのブーメランな侮蔑発言をしたわけです。

 どうやらこの発言時、議会でもお前が言うなと失笑がおきていたようですが、生中継をしていた動画サイトでもやはりお前が言うなと大量の草が生えていたようですね。

 二重国籍で偽装工作を重ね、口を開く度に嘘をついて、最後には日本国籍選択の宣言を証明する戸籍謄本の開示を拒否して勝手に終わった話だと逃げた下衆ババアがこんな事を言ったわけですから、マトモな人間なら誰だって呆れて言いますよね、お前が言うなって。

 税収見通しの話も挑発と、これでもかって悪意満々で毎日は書いていますけど、総理は「我々が政権を取る前は10万人の雇用が失われていた。我々は100万人の雇用を作り、そして税収は21兆円、皆さんの時代よりも増えました」と、具体的な数字を挙げる事もないままに経済政策を失敗だと批判された事へ反論しただけなんですよねぇ。

 と言うか、安倍政権側としてはむしろアピールすべき実績を虚言の羅列で貶されたわけですから、事実を列挙して反論するのは討論として当然の事であり、経済を悪くする事しか出来なかった民進党のバカどもでは相手になりませんので、そもそも挑発にすらなりません。

 続く、「強行採決をしようと考えたことはない」『強行採決をしたことがない』とではまったく別の意味であるのは言うまでも無いにも関わらず、「息をするようにうそをつく。気持ちいいまでの忘れる力だ」等と平気な顔でほざくペテンババアに突っ込みも入れない、毎日新聞社の言葉を記す者としてのプロ根性には脱帽ですね。

 因みに民主党時代、政権詐取直前にルーピー自ら民主党政権が誕生したら強行採決はしないと断言しておきながら、ルーピー時代の僅か8ヶ月そこいらだけで11回も強行採決を行い、あの子供手当てなどを無理矢理議論もしないまま可決させていますので、虚言だけでなく己の悪事さえも棚に上げて他者を罵倒する記憶力等絶無の腐った脳味噌をしているのが、蓮舫というクズであることは疑いようのない事実です。

 尚、記事にはありませんが他にも有効求人倍率の改善を東京一極集中の結果で、地方に仕事がないという、呆れた大嘘をついていますが、これも総理に、民主党政権時代に1を超えた県が8つしか無かったのを安倍政権で全ての都道府県で1を超えさせたと反論されており、税収についてはここで円高となったため、思うように伸びなかったと説明しています。

 加えて民進党議員が散々総理の一言一言に野次を飛ばして妨害をすることについて総理が注意したことに対しても、「私は気にしません」と、かつて総理が野次を行ったと大騒ぎして喚いていたことを見事に忘れ、愚劣なダブルスタンダードを示します。

 その後に時間外労働の話となるのですが、民進党案について総理は中身は厚生労働省がやると丸投げになっているのでは意味が無い、そこが一番大事なのだから議会でちゃんと話し合えと。

 実際、昨年より始まったマイナンバーとか、いい加減な法案でやられた挙句、一年そこいらの間に二転三転されると企業や個人が大迷惑を被るんですよねぇ。

 実際、マイナンバーの運用では細部の見解が質問を受けた担当者で違うなんてことが平然と起きていますし、助成金や補助金などでも、他の法令とかみ合わず運用に齟齬をきたしているとか普通にありますし。

 なので、とりあえず国民受けしそうだから適当にやっておこうという民進党みたいなゴミクズ集団が出てきて暴れだすと、企業としては大迷惑ですし、企業が混乱すれば当然ながら雇用される一般人も被害に遭うわけです。

 ホント、有害無益なだけでなく、口を開けば常に虚言をばら撒き続けるこんなクズババアが日本人を称するとか、ふざけるのも大概にしろって思いますね。
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果