徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月12日(月)

思い通りに行かないからと他人の悪口で自慰行為の下等動物 

9日付けの中央日報の記事から

<平昌五輪>李舜臣将軍は却下で自由の女神像はOK?
日本の顔色うかがうIOC
2018年02月09日07時34分
韓国男子アイスホッケー代表チームのマット・ダルトン(DALTON Matt、32、韓国名ハン・ラソン)のマスク(ヘルメット)には忠武公李舜臣(チュンムゴン/イ・スンシン)将軍が描かれている。しかし、国際オリンピック委員会(IOC)がこの絵を「政治的」と判断したためオリンピックで使うことはできない。ダルトンは李舜臣将軍の絵をテープなどで隠して試合に出場する考えだ。

 IOCは選手の「政治的表現(political statement)」に敏感に反応する。オリンピック憲章第50条3項には「オリンピック関連施設やオリンピック競技が開かれる場所では、政治的・宗教的・人種差別的デモや宣伝活動を禁ずる」と明記されている。

 大韓アイスホッケー協会によると、IOCは「韓国だけではなく、すべての国に同じ規定が適用され、米国の自由の女神像の絵も政治的なので規定違反」と説明した。

 しかし、7日のトレーニングで米国女子アイスホッケーのGKは自由の女神像の絵が描かれたマスクを使用した。米国関係者は「我々GKのマスクが問題になるという話は聞いたことがなく、自由の女神像は米国人の『自由精神』を象徴する。全く政治的ではない」と主張した。

 自由の女神像はフランスが1886年に米国独立100周年を記念してプレゼントした。政治的な意味があるともみることができる。李舜臣将軍も同じだ。韓国人の臨戦無退精神の象徴だが、日本との歴史的・政治的関係がからまっていたりもする。

 以前もIOCの規定には一貫性がないという批判があった。2012年ロンドン五輪で日本体操代表チームが軍国主義を象徴する旭日旗がデザインされたユニホームを着たが制裁がなかった。反面、韓国サッカー代表の朴種佑(パク・ジョンウ)が日本を破って銅メダルを獲得した後、「独島(ドクト、日本名・竹島)は我々の土地」というプラカードを持つパフォーマンスをすると、「メダル剥奪」まで検討するほど敏感に反応した。

 あるアイスホッケー界関係者は「今回の決定は日本の顔色をうかがうIOCが規定解釈に二重規範を押し込んでいるのではないか」と語った。

 相変わらずご都合主義で歴史をコリエイトする下等動物どもですね。

 確かに、独立戦争100周年の時にフランスが寄贈したのが自由の女神像ですが、女神像の意図するところは政治的なものではなく、自由と民主主義です。

 だからこそ、フランスのパリにあるものから形取りをした女神像が日本のお台場にも置かれたわけですし、イギリスがアメリカやフランス、日本などの女神像について何かを言うようなこともありません。

 旭日旗についてもご存知の通り、南のケダモノがサッカーでゴールを決めた際に行った日本への侮辱アピール正当化の言い訳が発端であり、それ以前にはただの一度として騒いだ事はなく、そもそも南のケダモノども以外に同意する国も存在しないのですから、相手にする価値さえありません。

 一方で、独島だの李舜臣はどうか?

 日本の領土を武力侵略で奪ったものであり、領有権主張には微塵も正当性が無い上、それを主張する事が政治的なものでなければ何が政治的なのかって話ですよねぇ?

 そして残る李舜臣ですが、南朝鮮においては偶像化が年々酷くなる虚構の英雄です。

 しかも、ドラマや映画も近年では毎年のようにやっている上、駆逐艦のネームシップにもしています。

 揚陸艦に「独島」なんて付ける連中が、軍艦に日本と戦争した将軍の名前を付けた意味なんて、反日以外あり得ませんよね?

 大体、「韓国人の臨戦無退精神の象徴」ってナンでしょう?

 延坪島砲撃事件における滑稽無様な対応、脱北した敵兵に気付きもしない上、敵の射撃にマトモな反撃も出来ないお粗末な国境線警備、複数国の調査で北朝鮮の魚雷に沈められたと断定されたコルベットを座礁だの自前の機雷への接触だのと否定して北を擁護して内部対立に走る…いやはや、粗末で間抜けな精神をしている民族なのはこの数年の歴史からでさえよーく分りますけど。

 ましてや李舜臣なんて、日本の船舶に対する不意打ちの奇襲、つまりはヒットアンドアウェイをやって、相手が反撃体制を整える前に逃げるって戦法で緒戦に幾度か戦果を得ただけの軍人としてはド素人と言えるレベルですよ?

 何せ日本側が不意打ちと海上戦闘に備えた途端、手も足も出なくなって逆に日本の反撃で損害を被っては逃げるだけであり、何処が無退なんだか理解出来ません。

 後に釜山で決戦を挑んだ時などは滑稽なまでの大惨敗となり、日本が秀吉の死で撤退するまで二度と釜山に近寄る事も出来なくなった上、その後は和平交渉中に襲い掛かる騙まし討ちという朝鮮のケダモノらしい姑息な真似をしたのに、それとて敗北。

 内ゲバで一般兵に身分を落され、漸く将軍に復帰した後、最後には明と講和して撤退をする日本を後ろから襲うという下劣極まりない真似をするも返り討ちにあって戦死という、不要な戦闘を仕掛けて文字通りの犬死をした単なる間抜けであり、むしろ朝鮮のケダモノどもの姑息さと卑劣さ、そして愚劣さの象徴と言えるでしょう。

 因みに、軍艦の方も南朝鮮お得意の共食い整備によって2011年9月には6隻もありながら、稼動可能なのはたった1隻だけという滑稽かつ無様な有様であり、おまけに無駄に武装を詰め込みすぎてトップヘヴィーなのを誤魔化す為にアルミを多用していて燃え易いという見事な欠陥品であり、政治的ではあっても日本から見れば、むしろ南朝鮮の愚劣さの象徴として笑い話の種程度しか価値を持たないんですよね。

 大体、スポーツに置いてさえ毎回不正に嫌がらせ、買収等悪事の限りを尽くす愚かな連中が贔屓されているだのと騒いだところで、一層恥の上塗りにしかならないのにねぇ?
スポンサーサイト
02月10日(土)

お粗末な言葉のチカラで自滅するテロ朝 

9日付けのニコニコニュースの記事から

自衛隊の除雪は「わずか1.5キロ」 報ステの福井大雪報道に批判殺到「どれだけ大変か…」「やってから言え」
2018/02/09 13:12BIGLOBEニュース
 テレビ朝日の「報道ステーション」が、記録的な大雪に見舞われている福井県での自衛隊の除雪について、除雪できた距離は「わずか1.5km」と伝えたことに批判が殺到している。

 7日の番組では、大雪の影響で多くの車が立ち往生している国道8号と中継を結び、富川悠太アナウンサーが状況を説明。1100人の自衛隊が集まり、前日の夜から作業を続け、220台の車を救ったと伝えた。しかし、その直後、「ただ、24時間で除雪できたのは、手作業がメインだったということもあって、わずか1.5kmほど」と付け加えた。

 この日の国道8号は、金沢方面・福井方面合わせて24キロに渡り車が立ち往生。復旧にはまだ時間が掛かることを伝えたとも取れるが、ネットでは雪かきの過酷さを理解していないとして批判が殺到。地元の住民や雪国出身者らからは、「人の手で1日であの高さの積雪を1.5kmもする事がどれだけ大変か…現場のリポーターにスコップ渡して1mでもやらせてみろ」「東北在住ですが、他人事のような言葉に苛立ちを感じます」「テレビ朝日の社員でやってみろ。やりもしないで自衛隊を批判するな」「1.5kmでも相当のスピード」といった声が寄せられている。

 一方、「なんで自衛隊は重機を持ってこなかったんだろう」とのコメントも寄せられているが、自衛隊は重機が入れる場所では重機を使って人命救助活動や除雪作業を行っている。

 「言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。それでも私たちは信じている、言葉のチカラを」

 このチープな物言いは、かつて系列の朝日新聞がやっていたジャーナリスト宣言というものです。

 同じ系列、しかも同じ報道機関であるテレ朝の報道番組で、まさかそれを忘れ、軽んじて「わずか1.5kmほど」なんて物言いをするわけ、ありませんよねぇ?

 気温は氷点下、しかも吹雪が続いて除雪する傍から降り積もる中、24時間作業した結果の1.5km除雪を、「わずか」と評した場合、受け取った側にどう響くか…こんなことも分らないで言っていたのなら、それこそ言葉のチカラなんぞ理解していない馬鹿の所業ですから、ジャーナリストやジャーナリズムを名乗る資格なんぞありませんね。

 もっとも、理解すらしていないものを信じるなんぞ、北朝鮮や中国、ソ連を盲目的に崇拝してきた朝日らパヨク系の異常者どもらしいといえばその通りですし、ましてや富川悠太と言えば、これまでにも珍妙な発言をして安倍総理にも呆れられるなど、頭の出来が極めて悪い事で有名な41歳児ですから…

 何より相手は朝日ですから、むしろ意図的に貶めようとそれっぽっちしかできなかったぜという意味で使った可能性は大いにありますし、ネットで朝日を批判している人達は、まず間違いなくそう受け取ったのでしょう。

 これに対して朝日が弁明するとすれば、「自衛隊を卑下する意図は無かった。ただ雪の猛威を伝えるために自衛隊でも「わずか1.5kmほど」だったと伝えた。言葉が足らず誤解を与えた」とまぁ、こんなところでしょうし、実際Twitter等ではパヨクがそのように頭の悪い擁護と批判への反発を必死にしています。

 そも、実際に雪かきをやっている地方の人は実感としてどれだけ大変な事か理解していますし、そうでなくても雪の原料が水であることを理解出来る科学、というより理科レベルの基礎知識があれば、数十cm程度であっても非常に重い事は理解できますよね?

 水はリッター1kg。

 雪という個体時の立方体にした場合の質量は液体の時よりも減少しているとは言え、それでも1㎥辺り新雪時で150kg、根雪になると水の半分の500kg以上になるそうです。

 写真を見るに自衛隊員の腿から腰辺りまでの深さがありますので、最低でも50cm以上(隊員の実際の足の長さや靴底の厚さや踏み固められた雪の厚さ等鑑みれば実際には70cm以上の可能性有)になっているのは確実であり、そう考えると1㎥の半分以上…どんなに少なく見積もっても1㎡辺り75kg以上の雪が積もっていると言えます。

 仮に高さ50cm、幅1mとして見積もっても、1.5kmとなれば…750㎥相当の雪を除去したわけです。

 重さにして実に、112.5t

 実際には高さはもっとあるし、幅も作業者と車両が通れるように3m程度は確保せねばならない上、除雪中も降り続いているので、この数倍となるわけです。

 しかもその数百トン単位の除雪へ1,100人の自衛官はシャベルで挑んだ。

 それに対して賛辞や感謝、或いは労いの言葉を送ることなく、貶めていると受け取れる物言いだけをしたわけですから、言葉を操る者として批判を浴びるのは当然の結末です。

 バカヒらしく受け取り手の問題などとほざくのかも知れませんけど、騒動になるほど大勢の人に自分の意図するところを正確に説明できなかった時点で言葉を操る者としてはやはり失格としか言えない訳です。

 交代して休息を取りながらだったとしても丸一昼夜、吹雪が舞う屋外、しかも人力で懸命に救助活動をした人々に対して、なんでお疲れ様とかご苦労様のたった一言さえ言えないのか…傲慢さと愚劣さばかりで人の情も知らず恥さえ知らずって蒙昧さこそがパヨクと呼ばれる所以ですよねぇ。

 上記したようにTwitterで擁護しているパヨクどもの言う通りなら、それこそキチンとした言葉を使わねば間違ったチカラの働き方をしてしまう事を言葉の専門家が理解できないわけが無いので、普通に有り得ない話(故にそれでごり押しするならジャーナリストやジャーナリズムを名乗る資格は無い)ですし、普段から自衛隊について悪意を持って批判を重ね、そのためのデマさえ公然と行ってきたテロ朝とまで呼ばれる犯罪組織が今回に限って自衛隊を擁護するような意図で発言していましたとかほざかれても、頭の悪いパヨク以外の人々がどうしてそれが信じられるのかと

 オツムの程度に合わせて、狼少年の童話でもパヨクにプレゼントしてやればいいんですかねぇ?

 自信満々に主張するなら最低限その証拠となる何かを見せろって話ですけど、上記の通り貶めていると受け取れる発言以外していないわけですから、そんな意図は発言の何処からも読み取れず、パヨクどもお得意のご都合主義に基いた手前勝手な脳内補完でしかありません。
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果